騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<住民勝利⇒⑨メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>ぜひ⇒⑨社説、メリーランド:私たちの勝利:裁判官はダンズマウンテンの風力発電所に「ノー」と言う…ロミーヌ判事の提案した判決は、風力発電所の悪影響- 騒音とシャドーフリッカーは、「ダンズマウンテンとその周辺の地域社会の美観」の利益を上回るだろう / Facebook 『Save Dan's Mountain』 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 









<住民勝利⇒⑨メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>




2017年1月27日




ぜひ!⇒
⑨社説、メリーランド
◇A win for us: Judge says ‘No’ to Dan’s Mountain wind farm
私たちの勝利:裁判官はダンズマウンテンの風力発電所に「ノー」と言う

(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2017年1月27日)
http://www.times-news.com/opinion/editorials/a-win-for-us/
article_127f1189-ccf3-5953-ba74-4024ee1e1428.html





古代の諺の現代版がある

「The wheels of justice turn slowly, but grind exceedingly fine.」

「正義のホイールはゆっくりと回るが、非常によく回ります。」

※「The mills of God grind slowly, yet they grind exceeding small. 」

《諺》 天の報いは遅いかもしれないがどんな悪事も必ず罰せられる

《諺》 天網恢々疎にして漏らさず




それらはどれくらいゆっくり回りますか?

風力タービンのブレードほど
ゆっくりですか、おそらく?

いく日か、私たちの界隈では、
ブレードはまったく回転しません
...帆の時代の船員が
「大なぎ」と表現していた間。




プロセスが開始されてから1年半以上経過した後、
メリーランド州公益事業法裁判官は、
ダンズ・マウンテン・ウィンド・フォース社の
ダンズ・マウンテン(Dan's Mountain)にある
17基の風力発電所の計画を
効果的に停止させる命令を出しました。





これは、自治権を行使する
アレガニー郡の権利を強化するため、
私たちにとって
有利な働きをする正義の行為です。





風力発電所の建設許可が却下された
法的手続きの各ステップの後、
ダンズ・マウンテンは次のレベルに進みました。




前回の記事では、これを、
若い人たちが一般的に使っているものと
比較しました。
彼らは、お父さんの許可を
得ることができないとき、
もしよければママに尋ねるために横に行く

(終わり:2016年2月24日、
会社は風力発電所の州承認を求めています)を
参照してください。





アリゲイニー郡のコミッショナー、
アリゲイニー郡控訴裁判所、
アリゲイニー郡巡回裁判所判事
W. Timothy Finanは
すべてダンズマウンテンに「ノー」と言った。

彼らの決定は、
アレガニー郡の規範、規則、法律に基づいていました。





その後、ダンズ・マウンテンは
メリーランド公益事業委員会に、
「公共便益・必然性認可証」を要求した

- 名言

「彼らがそれを好まないとしても
とにかくそれをすることができると
我々に話してください。」





審理は、昨年8月に
PSCの公共事業判事、
テリー・ロミーヌ(Terry Romine)によって
行われた。

何人かはプロジェクトに賛成すると語った。

他の人々は、健康上の懸念を述べるか、
ダンズ・マウンテンに有利な決定は、
アレガニー郡の統治権を濫用することになると述べた。




彼女の提案した判決は、
ロミーヌ氏は風力発電所の悪影響
- 騒音とシャドーフリッカーは、
「ダンズマウンテンとその周辺の地域社会の美観」の
- 利益を上回るだろう。





ダンズ・マウンテンは、
提案された判決には失望し、
控訴のオプションを考慮していると言いました。






この地域に風力発電所を設置する計画は、
最近の何よりも声高な反対派を
生み出したかもしれない。


天然ガスの水圧破砕法への反対に似ているが
風力発電所に抗議します
– 計画段階に、そして、完成の後に
– より長時間、続けてください。




ダンズ・マウンテンに
風力発電所を設置することが提案される数年前、
近くのペンシルバニア州と
ウェストバージニア州の住民は、
風力タービンに問題があると答えました。


彼らは影、騒音、振動が
心身の健康上の問題を引き起こし、
その財産の使用、楽しみ、
価値の低下につながったと言いました。





ある夫婦は、私たちの記者、
イレイン・ブレイズデル氏に、
「暗く深い地獄」に住んでいたようだと語った。





ダンズ・マウンテンは、
風力発電所が最初の20年間に
アレガニー郡に年間約72万ドルの財産税を生み出すと
予測した。




それはたくさんのお金のように
思えるかもしれませんが、
『ロッキー ギャップ カジノ & リゾート』からの
2016年度の賭博収入の予想されるシェアは、
ほぼ2倍です。

140万ドル。

すべてのリゾートは、
邪魔にならないようにそこに建てられています


- 人をイライラさせたり、
追い払ったりするのではなく、人をそれに引き付ける。






風力発電所への反対派は他の地域でも増えている。

インディアナ州ココモは、
昨年、風力発電所の開発者たちが、
「それらのタービンが
景色にはびこるのを恐れるコミュニティから、
抵抗にぶつかっていた」と
トリビューン(CNHIの新聞)は報じた。





『CNHI』の州の記者である
モーリーン・ヘイデン氏は、
「巨大なタービンが登場するのに伴い、
騒音、健康への悪影響、心配の恐れ
その家の価値は激減するだろうという懸念を
反対派に引き起こしている。」と言います。






ラッシュ郡農村部
居心地の良い住宅に住む住民は、
65本の風力タービンの開発案が
永続的に損なわれていると言います。

ブレード付きタービンは、
600フィートの空中に達し、
郡の最も高いビル、裁判所より約3倍高い。」





このプロジェクトの熱心な反対者である
ハンク・キャンベル氏(Hank Campbell)は、
「『私は風力発電所の隣に家を建てたい』と
誰かが言うのを聞いたことがありますか?」と
ヘイデン氏(Hayden)に尋ねられました。





私たちの地域の
キャンベルのカウンターパートは、
タイムズ・ニュースに
ヘイデン氏の物語の内容を
実質的に反映した編集者と
読者のコメントに手紙を送った。




風力発電所は、
今日の環境に配慮した世界で
重要な役割を果たしています。

調査では、ほとんどの人が
風力発電をサポートしていることが
繰り返し示されており、
一部の地域では施設が歓迎され、
生産性が高く、
成功していることが証明されています。




トリックは、それらの人間の隣人と
互換性を持つようにすることです。




私たちの丘や谷の自然の美しさを大事にして、
平和と静けさに大きな価値を置く
私たちの州の地域では、やることがあります。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



■Facebook

『Save Dan's Mountain』
https://www.facebook.com/SaveDansMountain/


1月25日13:45・
..

我々は勝ちました!!!

メリーランドPSCチーフ公益事業判事、
テリー・J・ロミーネは、
Dan's Mountainに
59.5MW風力発電所を建設するための
Dan's Mountain Wind Force、LLCの
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)を拒否しました。



このリンク
http://webapp.psc.state.md.us/newIntr.../.../CaseAction_new.cfm...
裁判官が提案した命令書を読むことができ、
Item#81までスクロールして
「もっと見る」をクリックしてください。

そこからpdfファイルをダウンロードして
見ることができるはずです。



『ANCHOR』
(『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』)は
産業用風力タービンの脅威から
Dan's Mountainを救うための
私たちの努力を支持して下さった皆様に
感謝したいと思います!




-------------------
関連記事
-------------------

<住民勝利⇒①メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2014年11月25日

①メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Force requests a third construction delay
ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2014年11月25日)
http://www.times-news.com/news/
dan-s-mountain-wind-force-requests-a-third-construction-delay/
article_f8a445aa-74d6-11e4-b20c-1ba8c0eff543.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年2月22日

②メリーランド州
◇Dans Mountain files application to move forward with wind farm project
ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年2月22日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
dans-mountain-files-application-to-move-forward-with-wind-farm/
article_ced6bf33-f8f4-5ada-89a6-4911e7aac58b.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒③メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年3月7日

③メリーランド州
◇County, citizens fight wind project at state level
郡、市民は州のレベルで風力プロジェクトと戦います
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年3月7日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
county-citizens-fight-wind-project-at-state-level/
article_830d1cfc-d2d4-5d23-9128-a6cc21ab960f.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒④メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年5月31日

④メリーランド州
◇Allegany commission moves to nix wind farm
アレガニー委員会は風力発電所を拒否することを促がす
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年5月31日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
allegany-commission-moves-to-nix-wind-farm/
article_f8eafe01-4bb2-595d-aab6-45a5defcfa59.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑤メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年8月10日

⑤メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者は提案された風力発電プロジェクトの反対の支持を表明する
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑥メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年3月7日

⑥メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Farm dispute continues
ダンズマウンテン風力発電所の論争は続きます
(WCBCラジオ|2016年3月7日)
http://www.wcbcradio.com/?archiv=dans-mountain-wind-farm-dispute-continues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑦メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年8月10日

⑦メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者の声は、提案された風力発電プロジェクトに対して反対を支持する
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4480.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑧メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2017年1月25日

ぜひ!⇒
⑧メリーランド州
◇Judge plans to deny Dan’s Mountain wind farm permit
裁判官はダンズマウンテンの風力発電所の許可を否定する予定
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2017年1月25日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
judge-plans-to-deny-dan-s-mountain-wind-farm-permit/
article_d2cda3d1-5463-5cb3-9cc2-e0c9485dd60d.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4480.html


■Facebook 『Save Dan's Mountain』
https://www.facebook.com/SaveDansMountain/


1月25日13:45・
..

我々は勝ちました!!!

メリーランドPSCチーフ公益事業判事、
テリー・J・ロミーネは、
Dan's Mountainに
59.5MW風力発電所を建設するための
Dan's Mountain Wind Force、LLCの
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)を拒否しました。

『ANCHOR』
(『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』)は
産業用風力タービンの脅威から
Dan's Mountainを救うための
私たちの努力を支持して下さった皆様に
感謝したいと思います!

---------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-19 : ▲住民勝利⇒メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝利⇒⑦、⑧メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>⑦メリーランド州:居住者の声は、提案された風力発電プロジェクトに対して反対を支持する…アレガニー郡には住民をこのようなプロジェクトから保護する法律があります。住民の健康、安全、福祉を脅かす例外は認められてはならない…ビル・ダドリー | ぜひ⇒⑧メリーランド州:裁判官はダンズマウンテンの風力発電所の許可を否定する予定 / Facebook 『Save Dan's Mountain』…我々は勝ちました!!! |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<住民勝利⇒⑦メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>



2016年8月10日




⑦メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者の声は、提案された風力発電プロジェクトに対して反対を支持する

(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html




エレイン・ブレイスデル




カンバーランド –




水曜日
メリーランド州アレガニーカレッジでの
メリーランド州公共サービス委員会の聴聞会で
アリゲイニー郡の住民は、
ダンズマウンテンの2,800エーカーに提案された
17基の風力発電所について
賛成と反対の両方を話しました。




反対派と支持者たちは、
主席公益事業法判事の
テリー・ロミーネ氏(Terry Romine)前に
交代で話しました。




製鉄業従事者を代表する
クリフ・ウェンドリック氏は、
それが作り出す雇用のために
プロジェクトに賛成すると語った。




「私はすべての保護が問題なくされることを
確認するために適当であると思います。

私はまだ家の価値が下がって
健康への影響があるかどうかについて
信頼できる議論を聞いていません」と
山麓に土地を所有している
ウェンドリック氏は述べました。

「私はまだ信頼できるものを聞いたり、
読んだことがありません。」




このプロジェクトに反対した人々の中には、
健康上の懸念が挙げられています。





「私は、地域住民や野生生物にとって
有害な健康への影響を懸念します。」と
ベル・エアの分譲地に住む
スー・ダドリー氏は述べた。


「騒音は睡眠を妨げ、頭痛を引き起こし、
耳圧の問題を引き起こし、めまいを起こし、
高血圧、心臓病、うつ病などの
重大な健康問題を引き起こします。」






12月、アリゲイニー郡ゾーニング裁定委員会は、
風力発電事業の逸脱と適用除外の申請を却下した。





「彼らはアリゲイニー郡の法律や規制を
満たすことができないときに、
政治的環境がこれを達成すると確信して
彼らはそれを(プロジェクト)常に変えています
私はそれは非難されるべき行為であると思います
メリーランドPSC(公共サービス委員会)が
アレガニー郡の自治権を支配することを
願っています」と、
このプロジェクトに反対している
ダナ・ハイツ氏は述べています。




このプロジェクトに反対している
ビル・ダドリー氏(Bill Dudley)は、
ハイト氏の感想を繰り返し​​た。




「アレガニー郡には、
住民をこのようなプロジェクトから
保護する法律があります。

住民の健康、安全、福祉を脅かす例外は
認められてはならない...」と
ダドリー氏は述べています。


「このプロジェクトの設立を禁止する
既存の法律が支持され、
うまくいけば、プロジェクトを
禁止する判決が下されるはずです。」と述べた。





提案された地域に住むロナルド・ブラウン氏は、
ダンズ・マウンテン・ウィンドフォースLLCが
道路をアスファルトで舗装して
維持することに合意したため、
このプロジェクトに賛成だと言いました。



ブラウン氏は、
「アスファルトの道路を維持することは、
私たちの大きな利益です。」と
ブラウンは言った。


「反対を理解しているが、私はそれを支持している」




ダンズ社は、
「公共便益・必然性認可証」を
PSC(公共サービス委員会)に提出した。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------



<住民勝利⇒⑧メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>




2017年1月25日




ぜひ!⇒
⑧メリーランド州
◇Judge plans to deny Dan’s Mountain wind farm permit
裁判官はダンズマウンテンの風力発電所の許可を否定する予定

(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2017年1月25日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
judge-plans-to-deny-dan-s-mountain-wind-farm-permit/
article_d2cda3d1-5463-5cb3-9cc2-e0c9485dd60d.html




カンバーランド –



水曜日に、裁判官が
効果的にプロジェクトをつぶすだろう
提案命令を出したとき
ダンズ・マウンテンに
17基の風力発電所を建設する計画は、
大きな打撃を受けました。







主席公益事業法裁判官テリー・J・ロミーネが
必要な許可を否定する
提案された命令の概要を説明する前に、
125ページの命令書は、
双方の法的主張を検討しました。






「全体的に、
利益を軽くすることができない悪影響と
比較考量する際に
… 私は、風力プロジェクトの建設によって
一般に発生する可能性のある利益は、
風力プロジェクトの建設
および運営に起因する悪影響を
地域社会に与えることを正当化
または相殺しないことがわかりました。」と
ロミーネ氏は提案命令に書きました。






一般に、公共サービス委員会は
提案命令を修正または逆転することができるが、
約1ヵ月後に命令は最終決定される。





アリゲイニー郡の関係者は、
以前はこのプロジェクトの許可を
拒否していましたが、
開発者はPSC(公共サービに員会)で
より良い成果を得ることを望んでいました。






ダンズ・マウンテン・ウィンドフォースLLCは、
裁判官の提案命令に応じて声明を発表した。

「ダンズ・マウンテン社は、
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)の
許可を拒否する命令に失望している。

アリゲイニー郡には、
このプロジェクトが作る仕事と税収が必要です。

われわれはまだ
命令全体を見直す機会を得ておらず、
控訴に関しては選択肢を模索している」と述べた。

プロジェクトの建設費は、
開発者が90〜100億ドルと見積もった。

この声明によると、
このプロジェクトのメリットの中で、
最初の20年間にわたり、
年間約72万ドルの資産税を
支払うことになる」と述べた。





このプロジェクトの反対派は、
風力発電所に異議申立てをする市民団体
ANCHOR
(『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』)を結成し、
近隣地域の騒音や破壊などの懸念を表明している。

組織の代表は、判決に満足していた。





「プロジェクトに反対した
この1年半の戦い(2つの異なる審理)で
証言するのに多大な時間を費やした
何百人もの人々に、
そして、
ダンズ・マウンテンを救うための請願書に署名し、
ポストカードと手紙で郵送し、
『ANCHOR』に寄付をして下さった何千人もの人々に
私は喜んでおり、たいへん感謝しています。

どうもありがとうございます、
私たちすべてが
この時点でどのように安心しているのか
表現する言葉が見つかりません。

神様
私たちの祈りに応えて下さって
ありがとうございます。」と
K. ダーリーン・パーク氏は、
水曜日のメールで述べました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






■Facebook

『Save Dan's Mountain』
https://www.facebook.com/SaveDansMountain/


1月25日13:45・
..

我々は勝ちました!!!

メリーランドPSCチーフ公益事業判事、
テリー・J・ロミーネは、
Dan's Mountainに
59.5MW風力発電所を建設するための
Dan's Mountain Wind Force、LLCの
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)を拒否しました。



このリンク
http://webapp.psc.state.md.us/newIntr.../.../CaseAction_new.cfm...
裁判官が提案した命令書を読むことができ、
Item#81までスクロールして
「もっと見る」をクリックしてください。

そこからpdfファイルをダウンロードして
見ることができるはずです。



『ANCHOR』
(『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』)は
産業用風力タービンの脅威から
Dan's Mountainを救うための
私たちの努力を支持して下さった皆様に
感謝したいと思います!




=============================


Congratulations, everyone!

We are also pleased!


(From Otosin)






-------------------
関連記事
-------------------

<住民勝利⇒①メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2014年11月25日

①メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Force requests a third construction delay
ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2014年11月25日)
http://www.times-news.com/news/
dan-s-mountain-wind-force-requests-a-third-construction-delay/
article_f8a445aa-74d6-11e4-b20c-1ba8c0eff543.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年2月22日

②メリーランド州
◇Dans Mountain files application to move forward with wind farm project
ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年2月22日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
dans-mountain-files-application-to-move-forward-with-wind-farm/
article_ced6bf33-f8f4-5ada-89a6-4911e7aac58b.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒③メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年3月7日

③メリーランド州
◇County, citizens fight wind project at state level
郡、市民は州のレベルで風力プロジェクトと戦います
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年3月7日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
county-citizens-fight-wind-project-at-state-level/
article_830d1cfc-d2d4-5d23-9128-a6cc21ab960f.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒④メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年5月31日

④メリーランド州
◇Allegany commission moves to nix wind farm
アレガニー委員会は風力発電所を拒否することを促がす
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年5月31日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
allegany-commission-moves-to-nix-wind-farm/
article_f8eafe01-4bb2-595d-aab6-45a5defcfa59.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑤メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年8月10日

⑤メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者は提案された風力発電プロジェクトの反対の支持を表明する
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒⑥メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え>

2016年3月7日

⑥メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Farm dispute continues
ダンズマウンテン風力発電所の論争は続きます
(WCBCラジオ|2016年3月7日)
http://www.wcbcradio.com/?archiv=dans-mountain-wind-farm-dispute-continues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html

---------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html







2017-02-18 : ▲住民勝利⇒メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝利⇒⑤、⑥メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>⑤メリーランド州:居住者は提案された風力発電プロジェクトの反対の支持を表明する…アレガニー郡には住民をこのようなプロジェクトから保護する法律があります。住民の健康、安全、福祉を脅かす例外は認められてはならない…ビル・ダドリー |⑥メリーランド州:ダンズマウンテン風力発電所の論争は続きます…ロミーネ裁判官は、住民に手紙や電子メールを書き続けることを奨励します;彼女は自分自身で全ての文書を読んだと強調しました  |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<住民勝利⇒⑤メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>



2016年8月10日



⑤メリーランド州
◇Residents voice support, opposition for proposed wind power project
居住者は提案された風力発電プロジェクトの反対の支持を表明する

(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年8月10日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
residents-voice-support-opposition-for-proposed-wind-power-project/
article_4e6ec25d-74e8-5ca1-9c7b-f1b680dc45a2.html



エレイン・ブレイスデル



カンバーランド –



アレガニー郡の住民は、水曜日の
メリーランド州のアレガニー大学の
メリーランド公共サービス委員会の聴聞会で、
ダンズ・マウンテンズの2,800エーカーに
17タワー風力発電所を提案した。




反対派と支持者たちは、
チーフ公益事業判事の
テリー・ロミン氏(Terry Romine)の前で
交代で話しました。





製鉄業従事者を代表する
クリフ・ウェンドリック氏は、
それが作り出す雇用のために
プロジェクトに賛成すると語った。





「私はすべての保護が
安全に行われていることを確認するための
場所にあると思う。
私はまだ家の価値が下がって
健康への影響があるかどうかについて
信頼できる議論を聞いていない」と語った。

「私は信じられないものを
まだ聞いたり、読んだことがありません。」




このプロジェクトに反対した人々の中には、
健康上の懸念が挙げられていました。





「私は、地域住民や野生生物にとって
有害な健康への影響を懸念しています」と
ベルエアー分譲地に所在する
スー・ダドリー氏は述べています。

「騒音は睡眠を妨げ、頭痛を引き起こし、
耳の圧力の問題を引き起こし、
めまいを起こし、高血圧、心臓病、
うつ病などの重大な健康問題を引き起こします。




12月、アレガニー郡ゾーニング裁定委員会は、
風力発電事業の逸脱と適用除外の申請を却下した。





「彼らはアレガニーの法律や規制を
満たすことができないときに、
政治的環境がこれを達成すると確信して、
いつもそれを変えている(プロジェクト)。

私はそれを非難し、
メリーランドPSCが
アレガニー郡の自治権を支配することを願っています」と、
このプロジェクトに反対している
ダナ・ハイツ氏は述べています。





このプロジェクトに反対している
ビル・ダドリー氏(Bill Dudley)は、
ハイト氏の感想を繰り返した。




「アレガニー郡には、
住民をこのようなプロジェクトから
保護する法律があります。

住民の健康、安全、福祉を脅かす例外は
認められてはならない...」と
ダドリー氏は述べています。

「このプロジェクトの設立を禁止する
既存の法律が支持され、
うまくいけば、
プロジェクトを禁止する判決が下される」と述べた。





提案された地域に住むロナルド・ブラウン氏は、
ダンス・マウンテン・ウィンドフォースLLCが
ブラックタウンに
道を維持することに合意したため、
このプロジェクトに賛成です。





ブラウン氏は、
「ブラックトップの道路を維持することは、
私たちの大きな利益です。

「反対を理解しているが、私はそれを支持している」




ダンズ社は、「公共便益・必然性認可証」を
PSCに提出しています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------



<住民勝利⇒⑥メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>



2016年3月7日



⑥メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Farm dispute continues
ダンズマウンテン風力発電所の論争は続きます

(WCBCラジオ|2016年3月7日)
http://www.wcbcradio.com/?archiv=dans-mountain-wind-farm-dispute-continues




カンバーランド -


2016年2月29日の月曜日、
『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利 Ltd.』
(『ANCHOR』)は
ダンズマウンテンに
59.5メガワットの風力タービンファームを建設する
ダンズ・マウンテン・ウインドフォース社
(Dan's Mountain Wind Force)の
メリーランド公共サービス委員会(PSC)への
「公共便益・必然性認可証」の申請(第9413号)に
介入するために申し立てを起こしました。






2016年3月2日水曜日、
DMWF(ダンズ・マウンテン・ウインドフォース社)は
『ANCHOR』
(『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』)の
介入に反対してPSCに動議を提出しました。

添付ファイルが含まれています。






Case No. 9413の事前聴取会議は、
2016年3月3日木曜日、
MD、ボルチモアのPSC事務所で開催されました。

PSCの公益事業法判事である
テリー・ロミーネ氏は、
介入する請願者として
『ANCHOR』を取り除くという彼らの要求を否定しました。


ロミーネ裁判官は、
『DMWF』の「公共便益・必然性認可証」の
交付に対する多くの手紙と電子メールを
受け取ったと述べた。

彼女は、人々が審理で
声を出す必要があると感じ、
『ANCHOR』の手紙を見て、
私たちがアリゲイニー郡の住民を
代表していたことに気づきました。

しかし、『ANCHOR』は、審理で
自分たちを代理する弁護士がいなければなりません。

これは、戦いを続けるために
資金を調達する必要があることを意味します。






『DMWF』はまた、
PSC(公共サービス委員会)が
プロジェクトを開始するための
2年間の通知要件を撤回するよう要請しました。


裁判官はこの要請を承認しませんでした。

後の審理で、
この動きに対する支持と反対で法的議論が提出されます。





7月下旬に、PSC(公共サービス委員会)は
アリゲイニー郡の住民から2日間の証言を行い、
MD、ボルチモアの代わりに
アリゲイニー郡で審理の証拠を持つ予定です。

ロミーネ裁判官は、住民に
手紙や電子メールを書き続けることを奨励します;

彼女は自分自身で全ての文書を読んだと強調しました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<住民勝利⇒①メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2014年11月25日

①メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Force requests a third construction delay
ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2014年11月25日)
http://www.times-news.com/news/
dan-s-mountain-wind-force-requests-a-third-construction-delay/
article_f8a445aa-74d6-11e4-b20c-1ba8c0eff543.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年2月22日

②メリーランド州
◇Dans Mountain files application to move forward with wind farm project
ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年2月22日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
dans-mountain-files-application-to-move-forward-with-wind-farm/
article_ced6bf33-f8f4-5ada-89a6-4911e7aac58b.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒③メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年3月7日

③メリーランド州
◇County, citizens fight wind project at state level
郡、市民は州のレベルで風力プロジェクトと戦います
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年3月7日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
county-citizens-fight-wind-project-at-state-level/
article_830d1cfc-d2d4-5d23-9128-a6cc21ab960f.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒④メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年5月31日

④メリーランド州
◇Allegany commission moves to nix wind farm
アレガニー委員会は風力発電所を拒否することを促がす
(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年5月31日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
allegany-commission-moves-to-nix-wind-farm/
article_f8eafe01-4bb2-595d-aab6-45a5defcfa59.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4478.html

---------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-17 : ▲住民勝利⇒メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝利⇒③、④メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>③メリーランド州:郡、市民は州のレベルで風力プロジェクトと戦います…木曜日の聴聞会で裁判官が市民組織を訴訟から撤回させるという開発者の要求を否定しました…ダレーネ・パーク氏(市民団体代表) |④メリーランド州:アレガニー委員会は風力発電所を拒否することを促がす…アレガニー郡は、ダンズ・マウンテンにある公衆安全通信やその他の公共および民間の通信施設への影響について深刻な懸念を抱いています  |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<住民勝利⇒③メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>




2016年3月7日




③メリーランド州
◇County, citizens fight wind project at state level
郡、市民は州のレベルで風力プロジェクトと戦います

(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年3月7日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
county-citizens-fight-wind-project-at-state-level/
article_830d1cfc-d2d4-5d23-9128-a6cc21ab960f.html




Matthew Bieniek




カンバーランド –



『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』が
州公共サービス委員会に
風力プロジェクト開発者がPSCに直接行くことによって
地元のゾーニング決定を回避しようとする試みに
抗議する申立てを提出したことで、
ダンズマウンテンに提案された
風力発電所の戦いが続いている。





『アリゲイニーの住民と住宅所有者の権利』は、
国家が正式にそれらを事件に認める旨の
請願を提出した。






市民団体の代表、ダレーネ・パーク氏は、
裁判官は、独立して確認することはできないが、
木曜日の聴聞会で
裁判官が市民組織を訴訟から撤回させるという
開発者の要求を否定したと述べた。


3月3日の聴聞会からのオーダーは、
現在PSCのウェブサイトでは入手できません。

しかし、市民団体は更なる手続で
代理人を代理するために
弁護士を雇う必要があるとパーク氏は述べた。

同組織は現在、同弁護士を雇うための資金を
調達しようとしているという。





ダンズ・マウンテン・ウィンドフォースLLCは、
承認されればダンズ・マウンテンに
17タービンの風力発電所を建設することを許可する
メリーランド公共サービス委員会に
「公共便益・必然性認可証」を提出した。





「ダンズ・マウンテンは、
CPCNがこのプロジェクトだけでなく、
アリゲイニー郡で提案されている
同様の再生可能風力エネルギープロジェクトを
禁止する地方のアリゲイニー郡の
土地利用条例
を優先するため、
委員会からCPCNの申請を具体的に提出しています。」と
同社はPSCへの応募で同社を語った。





ダンズ・マウンテン・ウィンドフォース社は、
8人の住民のセットバック距離の逸脱と、
2か所のセットバック要件の免除を許容するよう、
地方委員会に尋ねた。


郡法では、風力タービンは
専用住宅から2,000フィート
最小離隔距離と
敷地境界線からの955フィートの後退距離が必要です。

※ 2000フィート = 609.6 メートル
※ 955フィート = 291.08400 メートル





12月、アリゲイニー郡ゾーニング委員会は、
プロジェクトの申請を却下しました。





郡は2月26日に
PSCに介入するよう求める申立書を提出した。





ボルチモア法律事務所ファンクとボルトンの、
郡弁護士ビル・ラッドと一緒に郡を代表している
マイケル・フォリーニ氏によって
起こされる申し立てによると
「アレガニー郡は、
アレガニー郡の土地利用条例が
このプロジェクトに適用されないという
明示的な指示を求める申請者の要求に反対します。」





具体的な費用は言及されていないが、
郡の書類は、重要な公共資源と人員の時間が
現地の公聴会でも、
現在は州レベルのものでも
使用されていることに気づいている。




ダンズ・マウンテン・ウィンドフォースは
すでにプロジェクトに5百万ドル以上を投資しています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------




<住民勝利⇒④メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>



2016年5月31日



④メリーランド州
◇Allegany commission moves to nix wind farm
アレガニー委員会は風力発電所を拒否することを促がす

(カンバーランド・タイムズ-ニュース | 2016年5月31日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
allegany-commission-moves-to-nix-wind-farm/
article_f8eafe01-4bb2-595d-aab6-45a5defcfa59.html



スタッフ報告




カンバーランド –



アレガニー郡のコミッショナーは、
ダンズマウンテン風力発電所の要求を却下し、
ダンズマウンテンの
17タワー風力発電プロジェクトに
必要な証明書を要求する旨を
メリーランド州公共サービス委員会に申立てました。





ダンズ・マウンテンは、
プロジェクトの
「公共便益・必然性認可証」を提出しました。

委員会の解任理由の1つは、
メリーランド公共サービス委員会の文書によると、
ダンズ・マウンテンにある
ラジオ・タワーを備えた
郡の公共安全通信システムに対する懸念があることです。





同文書によれば、
「アレガニー郡は、
ダンズ・マウンテンにある公衆安全通信や
その他の公共および民間の通信施設への
影響について深刻な懸念を抱いています。」





PSCの文書によると、
公共安全通信システムは
2017年に州の新しい相互運用可能な
無線システムのハブになるだろう。




ダンズ・マウンテン・ウインドフォース社
(Dan's Mountain Wind Force)は、
コミッショナーの却下の申立が拒否されるよう
要求している。





「...ダンズマウンテンが
「公共便益・必然性認可証」を
取得する必要性から免除された後に
風力発電に敵対的な土地利用条例を採択した時に、
このフォーラムで
ダンズマウンテンの努力に反対する際に向き合う
負担に対する
郡の行政責任者の苦情はうつろに聞こえます。」と
委員会の要請に応じて
ダンズ・マウンテン・ウインドフォース社の
弁護士は述べている。




ダンズマウンテンウインドフォース社はまた、
PSCが建設を早期に開始するために
2年の通知要件を撤回するよう要求している。





「申請者の要求に応じて
2年間の要件を撤回することは、
申請の検討を急いで、
アレガニー郡とPSCの限られたリソースを
無駄にするだけです...」とPSCの文書は述べています。




12月、アレガニー郡ゾーニング裁定委員会は、
ダンズマウンテンウインドフォース社が
「証明の負担を怠ったため」、
プロジェクトの異議申し立てと
適用除外の申請を却下しました。





ダンズ・マウンテン・ウインドフォースは、
8人の住人のセットバック距離の変動と、
2か所でのセットバック要求の特例許可を
要求していたとの見解を示した。

郡法によると、
風力タービンは住宅の構造物から2,000フィート、
不動産ラインから955フィートの距離の
最小離隔距離を有することが要求されている。




PSCの文書によると、
郡にはゾーニング裁定委員会
およびダンズ・マウンテンの申請に関する
役割についての問い合わせが氾濫している。




「...単に郡のコミッショナーが
2つの面で戦っているということは、真実ではない。

実際には、郡コミッショナーは、
土地利用の司法審査手続きの当事者ではありません」と
PSC文書で
ダンズ・マウンテン・ウインドフォース社の弁護士は
述べています。




審査官の証明を却下するよう要請されたのは、
ボルチモアで5月26日に口頭弁論が予定されていました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<住民勝利⇒①メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2014年11月25日

①メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Force requests a third construction delay
ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2014年11月25日)
http://www.times-news.com/news/
dan-s-mountain-wind-force-requests-a-third-construction-delay/
article_f8a445aa-74d6-11e4-b20c-1ba8c0eff543.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------

<住民勝利⇒②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>

2016年2月22日

②メリーランド州
◇Dans Mountain files application to move forward with wind farm project
ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします
(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年2月22日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
dans-mountain-files-application-to-move-forward-with-wind-farm/
article_ced6bf33-f8f4-5ada-89a6-4911e7aac58b.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4477.html

---------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-16 : ▲住民勝利⇒メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝利⇒①、②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>①メリーランド州:ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します |②メリーランド州:ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<住民勝利⇒①メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>



2014年11月25日



①メリーランド州
◇Dan’s Mountain Wind Force requests a third construction delay
ダンズマウンテン・ウィンド・フォースは、3回目の建設遅れを要請します

(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2014年11月25日)
http://www.times-news.com/news/
dan-s-mountain-wind-force-requests-a-third-construction-delay/
article_f8a445aa-74d6-11e4-b20c-1ba8c0eff543.html




エレイン・ブレイスデル, TIMES-NEWS WRITER




カンバーランド –



CUMBERLAND -


ダンズ・マウンテン・ウィンドフォースLLCは
最近、メリーランド公益事業委員会に、
その著名なアレガニー郡の稜線の上にある
19台の風力タービンの
3回目の建設遅延を尋ねました。

ダンズ・マウンテンはまた、
PSCの可能な限り早期の行政会議の議題に
建設遅延の申立てを置くよう求めている。





「このプロジェクトは、1億ドル近くの費用がかかり、
毎年1億ドル以上の新規財産税収入が
郡にもたらされると予想されています」と
Laurel Renewable Partners、LLCの
管理パートナーである
デイビッド・フレンド氏は述べています。

また、数百の建設雇用と、
一度完了したばかりの新しく賃金の高い運営
および維持管理業務を支援します。




11月20日、土地所有者の許可と
プロジェクトの微調整の後、
PSCの文書によると、
ダンズ・マウンテンは、
風力発電所の「公共便益・必然性認可証」申請書を
アレガニー郡ゾーニング裁定委員会に
提出しました。





「個々の不動産所有者との議論は
単純なプロセスではありませんでした。


不動産所有者の一部は
非常に扱いやすいものでしたが、
何人かは単に議論に参加することを拒否し、
数カ月間交渉が続いた」と
PSCの宣誓供述書にフレンド氏は記している。




ダンズ・マウンテンは、
23のリースと25の分散認証の実行に成功しました。


PSCの文書によると、
昨年PSCが締結した16ヶ月の延長期間の大半は、
交渉の過程で費やされ、
建設開始期限は2014年12月31日まで延長されました。





プロジェクトを
改正ゾーニング条例に適合させるために、
風力タービンの数を29から19に減らし、
場所を調整しました。


PSCの文書によると、
現時点では、プロジェクトのキャパシティは
69.6メガワットから47.5メガワットに
削減されています。





ダンズ・マウンテン社はその後、
アレガニー郡のゾーニング規則に
合致するように
プロジェクトを再構成するために
勤勉に努力しました。




ダンズ・マウンテン社は、
郡のゾーニングプロセスを完了し、
郡から建物と勾配の許可を得るために、
2016年12月31日まで2年間の延長を求めています。

PSCの文書によると、
1台の風力タービンは、
2018年12月31日に運転開始予定です。




「当然のことながら、
両方の規制機関
(PSCと郡ゾーニング裁定委員会)と
協力して
プロセスをナビゲートする予定です」と
フレンド氏は述べています。

「必要な承認が得られれば、
建設プロジェクトを準備することができます。

この貴重な経済開発プロジェクトを
結実させることに非常に興奮しています」





2009年3月、PSCは
ダンズ・マウンテンプロジェクトの建設承認と
「公共便益・必然性認可証」を取得するための
免除を承認した。


フレンド氏によると、
郡の厳格な新しいゾーニング規制によって、
計画されていた25台のタービンのうち
24台が効果的に廃止されたため、
プロジェクトは遅れていました。




郡のセットバックは、
タービンの高さに応じて段階的に変化します。

例えば、以前のタイムズ・ニュースの記事によると、
300フィートより高いタービンは、
不動産ラインから900フィートになる必要があります。

影響を受けた不動産所有者の承認を得て、
その距離を最大50%まで減らすことができます。


※ 300フィート = 91.44 メートル 
※ 900フィート = 274.32 メートル






さらに、タービンは、
ダンズ・マウンテンが所有していない建物から
1000フィート
居住地から2,000フィートの距離にある必要があります。


※ 1000フィート = 304.8 メートル
※ 2000フィート = 609.6 メートル





PSCの文書によると、
ダンズ・マウンテンは310万ドルを
プロジェクトに投資しているという。

シカゴに本拠を置くExelon Corp.は、
特定の開発マイルストーンを満たしている場合、
プロジェクトの資金調達と
購入を手助けすることに合意した。




タービンは、フロンスブルクの南東4キロ、
カンバーランドの南西7マイルのところにあると
記載されている約1,700エーカーの
ダンズ・マウンテンのために提案されています。




ダンズ・マウンテンは、
ペンシルバニア州グリーンズバーグの
Laurel Renewable Partnersが所有しています。




ダンズマウンテンの元親会社であった
米ウィンドフォースLLCは、
グリーンマウンテンのニューページにある
55.2MWのピナクル風力発電所の開発者でした。

昨年、風力発電所が
住宅の価値の損失だけでなく
心身の健康問題を引き起こしたと主張して、
32件の訴訟が提起されました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------



<住民勝利⇒②メリーランド州:ダンズマウンテン/ゾーニング委員会への訴え>



2016年2月22日



②メリーランド州
◇Dans Mountain files application to move forward with wind farm project
ダンズマウンテンは、風力発電所プロジェクトとともに前進したいという申し込みを起こします

(カンバーランドタイムズ-ニュース | 2016年2月22日)
http://www.times-news.com/news/local_news/
dans-mountain-files-application-to-move-forward-with-wind-farm/
article_ced6bf33-f8f4-5ada-89a6-4911e7aac58b.html




スタッフ報告




カンバーランド -



ダンスマウンテンウインドフォースLLCは
メリーランド州公共サービス委員会に
「公共便益・必然性認可証」を提出しました、
承認されればダンズマウンテンに
17タービンの風力発電所を建設することができます。





「ダンスマウンテンは、
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)
地元のアリゲイニー郡の
土地利用条例
よりも優先するため、
委員会から
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)の申請を
具体的に提出していました
そしてそれはこのプロジェクトだけでなく
アリゲイニー郡で提案されている
同様の再生可能風力エネルギープロジェクトも
禁止します。」と、
同社はPSCへの適用について述べている。





12月、アリゲイニー郡ゾーニング裁定委員会は、
プロジェクトの逸脱と適用除外申請を却下しました。





委員会の決定によれば、
「申請者は、この問題
(セットバックと離隔距離の逸脱)において、
申請者の立証責任を果たしていないことが判明し、
この逸脱の申請は却下されなければならない。」




ダンズは、
委員会は8人の住人の離隔距離の逸脱と
2つの場所で
セットバック要件の逸脱の許可を要求しました。

郡の規則によれば、
風力タービンは専用住宅から2,000フィート
敷地境界線から955フィート
距離を置くことができます。

※ 2000フィート = 609.6 メートル
※ 955フィート = 291.08400 メートル





ダンスマウンテンはまた、
PSC(公共サービス委員会)が
秋に工事を開始するための
2年間の通知要件を撤回するよう要求している。





PSC(公共サービス委員会)の申請書に
記載されているように、
「この委員会がすでにプロジェクトを見直し、
CPCN(「公共便益・必然性認可証」)の
免除を認めた場合、
2年前の通知の必要はありません。」と
同社はPSCの申請に言及している。



「このプロジェクトは、
環境への影響を最小限に抑え、
国に経済的利益をもたらし、
電気システムの安定性と信頼性に重​​要
かつ肯定的な影響を与えます。」




ダンス・マウンテン・ウィンドフォースは
既にプロジェクトに
5百万ドル以上を投資していました。




3月3日、委員会の前に
免除についての事前審問が設定され、
LaValeのHoliday Inn and Expressで
3月22日に公聴会が開催されます。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-02-15 : ▲住民勝利⇒メリーランド州:ダンズマウンテン/公共サービス委員会への訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR