騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>13-メイン州:マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす…出席したすべての会合で騒音は「問題ではない」と言われました~私たちの隣人は頭痛や睡眠障害に苦しんでいます…ウェンディ・トッド |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 




2009年8月12日




13-メイン州
◇Mars Hill windmills prompt civil lawsuit
マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす

(バンゴア・デイリー・ニューズ|2009年8月12日)
http://bangordailynews.com/2009/08/12/news/mars-hill-windmills-prompt-civil-lawsuit/




ジェン・リンズ(BDNスタッフ)




マーズヒル、メイン州‐



ウェンディ・トッド氏は、
彼女と夫のペラン・トッド氏は、
2005年後半にマーズヒルの東側に
家を建てる前に
風力タワーが建てられる可能性があることを
知っていたと
火曜日の午後に認めました。




「可能性が高いことは分かっていた」と
彼女は語った。

「しかし、私たちは
プロジェクトについての知識を持っていました。

我々は、プロジェクトが始まる前に
少なくとも2回の情報会合に出席し、
プロジェクトの許可が承認されるまでの
別の会合が承認されました。」




「これらの会議のすべてで」と彼女は続けました。

「騒音は問題ではなく、
風車は『穏やかな巨人』であると言われました。


何かを聞くには500フィート以内に
いなければならないと言われました。
※ 500フィート = 152.4 メートル 

プロジェクトの視覚的な側面は
乗り越えるのが最も難しいことです。

私たちはそれを越えることができると感じたので
我々は準備ができていると思っていました。」




それは間違っていたと、
トッド氏は火曜日に言いました。


そして今、トッド氏は
風車の近くに住む他の人たちと一緒に
この状況を修正しようとしています。




一家と16人の隣人は、
最近、カリブーの
アルーストック郡上級裁判所に
ファーストウィンド(First Wind)社、
2社の建設会社、
そしてマーズヒルの町に対して
民事訴訟を起こしました。






同グループの弁護士のピーター・ケリー氏は、
火曜日に、風力発電所が建設される前に
経験したクオリティ・オブ・ライフを
顧客が理解していると述べた。

彼は、顧客が建設工事に伴う
すべての事実について
適切に通知されていないと主張しているという。





ウェンディ・トッド氏は
火曜日には問題ではないと語った騒音は、
風力発電所から反響し続けています。

トッド氏によれば、
頭痛や疲れた神経が問題になっており、
プロジェクトの影響を受けているとされている
家々の間の不動産価値は低下しています。





ケリー氏は、
顧客が平和、享受、生活の質の低下、
財産価値の低下、
風力発電所が稼動して以来対処している
感情的および肉体的ストレスに対する
補償を求めていると述べた。





マサチューセッツ州に本拠を置く
ファーストウィンド社は、
メイン州のエバーグリーン風力発電所も
運営しています。

マーズヒルの28台のタービンは
2006年後半に回転を開始しました。

また、ファーストウィンド社は
ワシントン北部のステットソン・マウンテン
(Stetson Mountain)で
産業風力発電設備を運営しており、
進行中のいくつかのプロジェクトがあります。




トッド氏は、
経済的利益と再生可能エネルギーの
積極的な環境効果のために、
彼女と彼女の夫は
当初プロジェクトに賛成していたと言いました。

彼女と彼女の家族が出席したすべての会合で、
騒音は「問題ではない」と言われました。





「彼らが最初の風車を始動するとすぐに、
彼らは間違っていることがわかった。」と
彼女は思い出した。

「ここの人々は本当に焦りました。

私たちはすでに土地を爆破し
皆伐している騒音に対処していました
それから、風車を聞きました。

私たちは間違いを犯したことがわかりました。」




トッド氏は、
最初の風車がオンになったときに
「phfoop ... phfoop ... phfoop」というノイズが
聞こえると説明しました。

2007年1月、町当局に騒音問題が起きました。




「騒音は悪化している」とトッド氏。

「私たちの隣人は頭痛や睡眠障害に苦しんでいます。」





夫婦は3人の子供を守るための措置を講じている。




「子供達は騒音から最も遠い部屋に住んでいる」と
彼女は言った。

「子供達は肉体的な症状は一度も見せていないが、
騒音が怖いと訴えている」





トッド氏は、最大の問題の1つは、
誰も「プロジェクトの深さを
認識していない」ということだと語った。

彼女は、町の住民は、
タワーの音と大きさと視覚効果が
どのようなものかは分からないと
付け加えました。




「これまでに、
ここでこれほどのことは起こっていない」と
彼女は付け加えた。



訴訟の前に、トッド氏は
町とファーストウインド社の関係者と話をした。

自宅やオーガスタで議員と会いました。

彼らはまた、
オーガスタの立法委員会にも出席しました。




「しかし何も起こりそうになかった」と
トッド氏は語った。




マーズ・ヒルの居住者は、
彼女と他の人たちは、
引っ越しを考えていたと言いました
そして、トッド氏は家の防音について
騒音の専門家と話しました。





しかし、それでも、
私はそれが緩和されるとは思わない」と
彼女は付け加えた。






ファーストウインド社のスポークスマン、
ジョン・ラモンタグネ氏は、
火曜日の午後、
係属中の訴訟についてコメントできないと述べた。

しかし、彼は、マーズヒルの他の人たちが
このプロジェクトに満足しており、
同社が風力発電所を建設するために
必要なすべての手順を完了したと強調した。

マーズヒル・プロジェクトは、
州環境保護省と詳細なプロセスを経ています。


同氏は、風力発電所が
雇用と環境・経済的利益をもたらしたと付け加えた。







マーズ・ヒルの町当局は
火曜日遅くにコメントに達することができなかった。




トッド氏は、
州の風力発電所の設立のためのより厳しい規則と、
マーズヒルの状況を改善する方法を求めていると語った。





その間に、彼女は火曜日に言った、

「私たちの生活は保留の状態です。」




「私たちが愛する家を出るのですか?」と
彼女は尋ねました。

「風車の長期的な影響はどのようになるのだろうか?
非常に多くの質問があります。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果
(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

-----------------------------------

著者:
Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム

メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション


メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。
被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。
平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。


風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。
53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。
20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。


73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;
「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;
「人々は私たちを信じていない」;
「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」
「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」
2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。


20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。
20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。
全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。


100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。
「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;
「外に出たくない」;
「追い詰められていると感じる」;
「夢が破れた」;
「私たちには平和と静寂がありません」;
「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」
「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」


100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。
最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。


ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。
それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。


※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/


※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました (おとしん)

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-20 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒12-メイン州:マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果~メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション…著者 マイケル・ニッセンバウム博士 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2009年3月20日




ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/




著者:

Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム




メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション




メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。

被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。

平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。





風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。

53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。

20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。




73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;

「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;

「人々は私たちを信じていない」;

「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」

「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」

2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。





20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。

20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。

全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。




100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。

「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;

「外に出たくない」;

「追い詰められていると感じる」;

「夢が破れた」;

「私たちには平和と静寂がありません」;

「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」

「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」




100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。

最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。




ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。

それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。






※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/






※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました

(おとしん)





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-19 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒11-意見、メイン州:建ち上がったら、それらは決して降りて来ません |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2008年6月5日



ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません

(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/



By Carol Cowperthwaite



私は近くのUPC風力発電所によって
個人的な人生と地域社会の生活に
深刻な影響を与えているマーズヒルの居住者です。




ここに私の話があります:




私の夫と私はマーズヒルから離れました。

私たちの引退の夢は、古い友人、平和、静けさと
田舎の生活に戻ることになっていました。

ここに戻って
私たちの家を建てた最初の年は天国でした。

私たちが耳が聞こえなくなったと思ったほど、
静かでした。

私たちの芝生の野生動物はとても楽しいものでした。




私たちは風車について聞いていましたが、
しかし、私たちが土地を買った場合、
それらが私たちに
どのような影響を与えるか尋ねたところ
町の管理者は
私たちにもそれが見えないと言いました
まして、彼らは山の正面にいるので
それほど聞いていません。




私たちは彼を信じました。

それが私たちの最大の間違いでした。

当時、町の父親は
共同署名した申請書を読まず
弁護士を雇って説明をすることも知らなかった。

彼らは彼らが同意したことも全く知らなかった。

彼らはUPCが彼らに言ったすべてを信じていました。




すべての最大の嘘は騒音がないということでした、
または何かを聞くためには
500フィート以内に
いなければならなかったということでした。

私はそれがまだプロパガンダだと信じています。




私たちは静かな孤独の冬を過ごし、
春には巨大なブルドーザーが来て、
クレーンが私たちの山を引き継ぎましだ。

3車線の幅の道路は木々を切断しました。

爆破が始まりました。

彼らはいつ爆破するのか分からなかった。

窓は揺れ、
彼らはマットを使わないので岩塊は芝生に落ちます。

重機は昼間に始動し、夜には遅くなる。




彼らが山の端を吹き飛ばしたとき、
それは私たち全員にとって驚きでした。

巨大な傷跡が大きくなりました。

それから、私たちの美しい山の向こう側に
もっと大きな傷跡がありました。

全体の地形は荒廃していた。






私たちは、山々の頂上を横切って
巨大なサークルを見て、
何世代もの人々が山岳地帯でスキーをしたり、
ハイキングしたり、ピクニックをしたり、
イースターの朝に日帰りサービスを開催し
狩りと四輪駆動をしていました。
私たちが知っていた
マーズヒルマウンテンは消えてしまった。

美しさと尾根へのアクセスは決して再びありません。





私たちの親しい友人は、1軒分の宅地のために
私たちから10万エーカーの土地を買いたいと
思っていました。

彼は何が起こっているのか見た後、
間違いなく彼の前庭の風車と一緒に
暮らしたくないと決めました。

残念ながら、私たちは彼に同意しました。

残念ながら、
若干の余分な退職金の夢が消えてしまった。




巨大な白い巨人たちは回り始めて、
2007年3月にオンラインになった。

その日、私たちの生活は大きく変わりました。

私たちは、山の荒廃と目障りと
爆破のために動揺していましたが
騒音に比べたら何でもありません。

彼らがオンラインにより多くの風車を加えたので、
もっとうるさくなりました。




私たちは夜中に起きたなら、
眠ることができませんでした。

私たちは窓、ドアを閉じましたが、
炉の稼動とドラム演奏は決して止まらなかった。

曇りや雪の日には、それは常にもっと悪かった。

私たちのテレビは、
ブレードのそれぞれの回転でちらつきます。





私たちは寝ることができなかったので、
その冬の夜は家の周りを歩き回って過ごしました。

それから、私たちは眠れず、
状況のために怒りを覚えます。

正面玄関を出て行ったとき、
私が以前に知らなかった怒りの感覚がこみ上げてきました。

30年の教職の後でさえ
2人の男の子を養子にして離婚したことでさえ
風車が激しくなったときに
私が感じるような激怒をもたらしたことはありません。




私たちの自閉症発作傾向の孫娘が訪れると、
シャドーイング効果とストロボ効果のために
屋外で過ごす時間がありません。

シャドーイングおよびストロボ発光は、
発作を誘発することが知られています。

私の夫と私は両方とも、
睡眠不足からのうつ病と土地投資などの不安を抱えていました。

不眠症は私のための生き方になっています。

私たちはまだこれらの問題のための投薬に取り組んでいます。




私たちは本質的に、アウトドアの人間です。

私たちの日々のほとんどは
屋外でガーデニング、犬、
またはポーチでお茶を飲んで過ごしました。

今私たちは自分がしなければならないことを
しなければなりません。

私たちには選択肢がありませんでした。

私たちはこのライフスタイルを
強制的に私たちに与えました。





町民の税金控除について話しますと、
私たちは151ドルになりました。

私たちは永遠に私たちの生活様式を失いました。

風車の人々は税金のために
町に3から4の工場を支払っている。

私たちは20の工場を支払っています。

そう、はい、私たちの生活は大きく変わります。

孤独と財政計画の夢が変わった。

私たちは今選択肢があります
- それを置く、憎む、しかしそれに慣れる、

大幅に削減された価格で販売するか、
まったく販売しないでください。

損失を吸い込んで動かす。




私たちのプライバシーが侵害されたり、
嫌がらせを受けたり、
私たちの土地に侵入者があった場合、
それは違法となります。

それは騒音なので、
私たちができることはそれに耐えることです。

あなたが2〜3マイル以内に住んでいるならば、
私は騒音のためにあなたに同情します。

あなたが50マイル以内に住んでいるならば、
私は目障りのためにあなたに同情します。




もう一つ
- あなたの尾根を娯楽用に使用すること、
それがなくなります。

私たちはその山にまったく許可されていません。

すべてのアクセス・トレイルは、
誰かがそこに起きた場合に備えて、
どこにでも侵入の兆候がなく、
山の頂上にもかかわらず、
ゲートまたは連鎖しています。

彼らはあなたが賃貸する土地所有者までであると
あなたに伝えます、それは別の嘘です。

所有者からの署名付きの許可書でも、
方法を見つけようとします。




私たちの政府は、お金を受け取るので、
あなたはこれらと戦うのが難しいでしょう。

私たちの州は、
メイン州が「グリーン」の先駆者であり、
環境保護省が州のために働き、
その上司が知事であるという
自慢する権利のための風力発電の100%です。

DEPは許容ノイズレベルに
余分な5デシベルを追加したため、
UPCはアプリケーションに準拠します。

政治は戦うのが難しいことです。




しかし、1つのことは確かです!

彼らが立ち上がって走ったら、
あなたが何をしても、
彼らは落ちるまで落ちることはありません。




私たちは風力発電に抗するわけではありませんが、
影響が少ない場所に
タービンを配置する必要があることを
強く感じています。

それらは住居の5マイル以内に
あってはいけません。

また、収入がなくなった場合、
または修理には高価すぎる場合は、
エスクローでお金を取り除く必要があります。

私はメイン州が
風車の墓場になることを心配しています。
なぜなら、小さな町は
それを取り除く余裕がないからです。




Carol Cowperthwaite







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-18 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒10-ブログ, カンザス州,メイン州:産業用風力タービンとの生活…メイン州がマーズヒルの問題が見直され解決されるまで一時停止することを要請しています…山の地主協会 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2007年4月30日




ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html



以下は、家族と一緒に
「風力発電所」の近くに住んでいる
ウェンディ・トッド氏の
2007年4月30日に
メイン州議会委員会に提出された証言です。


マーズヒルは
今年の冬にオンラインになりました。

私たちのグループ、
『エリス郡環境意識連合』は、
エリス郡の人々とトッド氏の証言を
共有することによって、
風力発電所が地域社会の近くに
建設されることを許可されているならば、
私たちは私たち自身の住人にとって
ここに存在するであろう問題を
想像することができることを望みます。

エリス郡の住民が
トッドさんが経験した苦難に
決して耐える必要がないことを願っています。

ここに彼女の言葉があります:




上院議員、代議員、および委員会メンバー





私に話すことを許して下さってありがとうございます。

私の名前はウェンディ・トッドです。

私はアルーストック郡出身です。

私はマーズヒルの居住者で、
マーズヒルの風力プロジェクトから
2600フィート先に住んでいます。
※ 2600フィート = 792.48 メートル

私は今日、プロジェクトの周りの住人が
苦しんでいる証言を提供するためにここにいます。

私が知っている18の家族は、
タービンからの騒音、ストロボ効果、
影のちらつきから定期的に悪影響を受けています。

これらの18家族のほとんどは、
タービンから3000フィート未満に住んでいます。
※ 3000フィート = 914.4 メートル

425 エースとリッジロードから
212 マウンテンロードまでで
私が知っている人の中では誰も
問題が騒音であることに同意しない人はいません。


住民が山の周りの人生に対する考え方を変えている問題。

私たちは、情報を共有し、
このサイズと世代のタービンに近いところに
住んでいる問題のスピードを上げるために、
『山の地主協会』という団体を結成しました。


私たちはインターネットから、
そして同じ問題を扱っている他の町から
膨大な量の証拠資料を潜り抜けるために
もがかなければなりませんでした。







私たちは試しました、
そして、私は多くの質問に対する答えを
見つけることに成功したと信じていますが、
それはすべて私たちの努力によるものです。


私たちは町や風車を設置している会社から
ほとんど助けを得ていません。


メイン州環境保護局のニック・アーチャー氏は
有益な情報源でした、
しかし、州に風力タービンの長所と短所、
そしてプロジェクトの最適な立地を教える方法を
持っていると彼なら言えるのではないかと思うのです。

私たちのグループからの推薦は、
カリフォルニアと他の州で長年にわたり
これらの問題に取り組んでいる州や、
長年の研究から多くの情報を収集してきた国々を、
土地だけでなく、
近くに住む住民を保護するガイドラインを
作成するのに役立ちます。
私たちの前に行った人から学ぶべきです。

我々は車輪を再構築する必要はありません。







私たちのグループの誰も
風力タービンに反対していないことを
はっきり表明させてください。

私たちは
代替の再生可能エネルギーに賛成です。

私たちのグループのメンバーの一部は
このプロジェクトを最初からサポートしていました。

一部の人はプロジェクトを最初から
嫌っていましたが、それでもやります。

何人かはフェンス上にあったが、
再生可能エネルギーの点から、
地元住民の権利と、
町、郡、州の提案された利益は、
プロジェクトの建設段階の混乱で
マーズヒルマウンテンの
貴重な眺めと静かなものを犠牲にしました 。

誰も実際に何が起きようとしているのか、
そしてそれが私たちの生活を
どのように変えていくのかを、
実際には知りませんでした。






私の夫と私は結婚した後、
メイン州南部に移住しました。

私たちは冒険と
良い報酬の仕事のために出発しました。

私たちは2年間ポートランドに住み、
メイン州バクストンで最初の家を購入しました。

その家はルート22
(ポートランドからに出入りする主要ルート)の端から
約40フィートのところにあり、
直接ポートランド国際空港への通り道の
進路に当たっていました。

その小さな家の騒音は
信じられないほどのレベルに達する
可能性があり、
どういうわけか
我々はそれらを扱うことを学びました。

10年の計画と貯蓄の後、
私は生まれ育ったマーズに帰りました。

願望は、企業の世界の狂気、
私たちを取り囲む騒ぎから逃げて、
孤独と子供を育てる場所を求めることでした。




私の家族は
マーズヒルの山をほぼ100年間所有しています。

私の父と祖父はジャガイモの農家でした。

私は非常に若い時期から、
両親の土地と密接な関係を持つことを学んだ。

それらは私たちが家族の牧場の中心に
小さな塊を切り開くことを可能にし、
私たちは夢の家を建てるプロセスを始めました。





そのプロセスの一部は、
提案された風力発電所についての
質問をすることでした。

我々は町の住宅が
この5500万ドルのプロジェクトに
投票する機会を持たないことを早期に学びました。


私は、2004年の11月に
マーズヒルの
Evergreen / UPC TIF会議に出席しました。

会議では、騒音の問題が提起されました。

答えは文書化されています。

基本的には、騒音は静かで
ほとんど無音であると説明されていました。


耳にするには、
サイトから500フィート以下にする必要があります。
※ 500フィート = 152.4 メートル

印刷された文書と
UPCのEvergreenのWebサイトによれば、
「山の底には何の音も聞こえません。」

TIF会議の後の朝、
私は町のオフィスにいて、
UPCのピーター・ギッシュ氏と直接話をしました。

私は両親がどこに住んでいたか、
どこに建設したいのかを記述し、
騒音が問題になるかどうかを聞いた。


彼は言った、
「あなたはこれらから何も聞こえません。」


私たちの町長は、カナダのサイト内を訪れ、
サイト内から騒音がほとんど聞こえなかったので、
これが正しいことを確認しました。






ペリンと私はPEIを訪れて、
そこのタービンの下に立つために
北岸をドライブをして、
それらが侵入していないことを発見しました。

私たちが先に進んで
私たちの家を建設したという十分な証明を
騒音の問題の上に持っているのを感じました。

私たちが美観と
建設段階に取り組むことができれば、
それは大丈夫だろうと考えました。

私たちが今知っていることが分かっていた場合、
またはRSEからの音響分析で
許可の騒音の部分がわかっていた場合、
私たちが行った所に決して建てませんでした。


RSEからの報告によれば、
一部の住居はDEPレベル限界以上の
騒音レベルを経験するであろうと
明確に述べられています。


私の両親は200エーカー以上の土地を
所有していますが、
その多くはタービンからさらに離れています。





皆伐は2005年の秋に始まりました。

私はその図は消え去った
150エーカーの土地であると信じています。

重機が道路開発のプロセスを開始し、
2006年4月に爆破が開始されました。

北の端のピークが文字通り吹き飛ばされたので、
私たちは、打ち沈んで見ていました。

誰も私たちに
爆破を知らせたことはありませんでしたが、
私たちの家屋は揺れ、
銀器や食器が揺れ、岩石の塵が落ちました。


すぐに巨大なトラックが
風力タービンのコンポーネントとともに到着しました。

通行が中断され、毎日の出入りが困難になりました。

クレーンが到着し、タワーが上がり始めました。

人々は全面的に見守って来ました。

車は、光景を見るために、道の中央で止まりました。

人々は、繰り返し車に乗って、
近づいてくる交通にも気を配らずに写真を撮りました。

小さな子供がいる居住者は、
増加した交通量の不確実性のために、
彼らを内部に閉じ込め始めました。





12月上旬に#9タービンが始動し、
一部の住民は間違ったことがすぐに分かりました。


その1つのタービンからの騒音は信じられませんでした。

それは、住民が
最初にUPCに、次に町に、
次にDEPに電話をかけ始めたときです。




理由は分かりませんが、
風力発電所の騒音レベルには慣れません。


理由を調べるために、
私たちはインターネット上の話題を研究し始め、
マサチューセッツ州の騒音専門家を呼んで、
風力タービンの騒音が
なぜそんなに攻撃的であるのか教えてくれました。


もし誰かがそれらを見たいなら、
私はそれらの文書を持っています。





風力タービンに他の問題はありますか? はい。

風力タービンがすでに設置された後に
発見されたものがほとんどです。

騒音が最大の問題ですが、
住人の中にはシャドーフリッカーや
ストロボ効果がかなり遅れて出ています。


上昇する太陽と夕日が
タービンのブレードを貫通し、
居住者の家の一部で
ストロボのような効果を作り出します。

何人かにとって、それは目をくらまします、
最高のカーテンやブラインドでも
全影響を取り除くことはできません。

何人かは、
それが彼らをめまいにして混乱させます;
他の人は頭痛や吐き気を
引き起こすことがあることを知っています。


その年の季節によっては1日20〜40分
(太陽が輝いている時)だけです。
しかし、それはサイトの近くに住む人々の
家庭や生活への侵入です。

ストロボ効果は、
あなたが運転しているときの
樹木の間を通過する太陽と似ています

(太陽の影 - サンーシャドー)。




シャドーフリッカーは、ブレードからの影が
サイトの1マイル以内に住む人々の
土地や家を通過するときです。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル

それも人々に混乱を招くようにすることができます。

何人かの人々は、
動きが陰になっている道路を駆け抜けて
(左か右に)動き回ると、
間違った車線に向きを変えているのに気づきます。






居住者は、その資産の価値が
大幅に低下していることを非常に懸念しています。


これは私たちが家が資源のほとんどを縛っているので、
私たちの多くに恐怖をもたらします。

私たちの子供のために何がありますか?

それはタービンの前にあったのと同じですか?

一部の住民は、プロジェクト以来、
彼らの生活様式が劇的に変わった
彼らが1分間の間に投資を回収できると思ったら
彼らは引っ越すだろうと話していました。


これらは山の背後に住むことを
夢見ていた人々だということに留意してください。


永遠に離れるつもりはなく、
多くのことを犠牲にして夢の家を建てました。

隣人によってあなたの家から追い出されると
想像してください。

あなたが、頼りにならないような気持ちと、
あなたがそれについて
何もすることができないことを想像してみてください。




上昇し続けている他の問題は、
タービンが火災を起こすリスクです

(地面から200フィートの火災に対処することを
検討してください)。

乾燥期に、山に火がついたら、
私たちの多くは家を失います。





別の問題は、冬に氷や雪が
ブレードに蓄積する可能性があることです。


溶融プロセス中に
何百フィートも投げ飛ばされることがあります。

(ビッグロックのスキーリゾートの
2人のティーンエイジャーがこの冬にアイススローを目撃しました)




不適切に固定されたタービンが転倒したり崩壊したり、
翼が壊れたり飛んだりするケースも報告されています。


これらは非常にまれなケースですが、
住民がその可能性について
気分が良いと感じることはありません。

これらの居住者の一部は、
エースとリッジロードに非常に近い
タービン#1から約700フィートしか離れていません。
※ 700フィート = 213.36 メートル

それが道路に向かって落ちれば、
それは道路にある可能性が高い、それほど近い。

また、壊れやすく、
近くの庭や家に投げられる可能性のあるブレードが危険です。





私たちはこのサイトの運営に
わずか5ヶ月しかたっていません。

私たちはほぼ毎日何か新しいことを学んでいます。

『山の地主協会』
(Mountain Landowners Association)は、
メイン州がマーズヒルの問題が見直され解決されるまで、
州内の風力発電所のすべての立地について
一時停止することを要請しています。






私の夫は言います”¦




企業が小さな町や小さな町の政府を
犠牲にするのは悲しいことです。





会社が、
彼らに作り事を信じさせることによって、
情報の発表を控えることによって、
そして、メインの住民が苦しむことで
会社のゴールを達成するために真実を誇張して
住民をはっきりと利用するために地域に押し入り、
彼らの道を邪魔することができるはずがないと
彼は信じています。






私たちは、メインの環境保護局から、
音響分析が実施され、見直されている間、
忍耐を保つように求められました。


メイン州ブランズウィックの
リソースシステムエンジニアリング(RSE)は、
音の分析を行っています。


彼らはまた、UPC / Evergreen
(マーズヒルの風力プロジェクトを担当する会社)によって
契約されています。

この事実は、
分析が公平であるかどうかに関して、
我々のグループ内で疑問を提起しています。


私たちはDEP(メインの環境保護局)によって、
これが公正なプロセスであることが保証されています。

残念ながら、
私たちは多くのことに懐疑的になってきました。


DEP(メインの環境保護局)と
UPC(リソースシステムエンジニアリング)の両方から、
解決には時間がかかることがあると説明されました。


マーズヒルの住人たちは辛抱強く頑張りますが
解決の希望は見えず
私たちの忍耐が短くなっていることを
皆さんに知っていただきたいと思っています。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-17 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<8、9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>8-メイン州:マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する |9-メイン州:ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2007年2月9日




8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する

(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/




クレイグ クロスビー

スタッフライター
ケネベックジャーナル&モーニングセンチネル




フリーダム -


マーズヒルの風力タービンの近くにある
ペリン・トッド氏の家は、
泥棒や害虫ではないが
同じように迷惑なものに侵略されています。




トッド氏は、木曜日の会合で、
町の裁定委員会に「非常に厄介な騒ぎだ」と語った。

「それは動揺させる騒音だ」





ビーバーリッジに3基の発電用タービンを許可する
計画委員会の12月の決定を訴えている
スティーブ・ベネット氏と他の人たちを
代表する弁護士のエド・ベアー氏は
木曜日に彼の議論を終わらせました。
そして、裁定委員会の手で
計画委員会決定を覆すべきかどうかの決定を残しました。

最も近いタービンから2,100フィート離れた土地は、
提案されたビーバーリッジのタービンに
最も近い家の距離の2倍以上で、
マーズヒルの町役人よりも注意を払うように
委員会に促した。

※ 2100フィート = 640.08 メートル




「私の言葉は注意点です。

デューデリジェンス※おとしん:注)
考慮に入れてください。」

しかし、3台のタービンを建設することを
望んでいるポートランドに拠点を置く
コンペティション・エネルギー・サービスの
パートナーであるリチャード・シルクマン氏は、
マーズヒルでのトッド氏の経験は、
フリーダムの住宅所有者が経験することを
必ずしも反映していないと述べています。

マーズヒルプロジェクトの前に実施された
音響調査では、
その地域の45の住宅が
45デシベルのしきい値を超える騒音レベルを経験し、
そのうち18の家庭では
55デシベルを超える騒音が発生すると
結論付けました。





さらに、条例執行官のジェイ・グーバー氏
(Jay Guber)は、
2つのコミュニティにある土地の敷地は、
比較ができないことを示している。




「地形は、
フリーダムで見たようなものではありません。」




「私たちがマーズヒルに入ると、
フリーダムと区別する
何百もの事実を見つけることができるだろう」と
シルクマン氏は付け加えた。





計画委員会は、
科学者アンソニー・ロジャーズの報告書に基づいて、
ビーバーリッジのタービンで発生する騒音が
町の限界内に入るとし、
ロジャーズ氏の報告書を学んだダイアン・ウィン氏は、
ロジャーズ氏が
周辺騒音を少しも考慮しなかったために、
訴訟委員会に調査結果が不完全であると述べた。





「音響調査では、
このプロジェクトが騒音規制を満たすことはできません」と
ウィン氏は述べています。

ベアラ氏は他の面でも
このプロジェクトに対して反対していた。

アシスタント消防署長のデーヴ・ベネット氏は、
ナセル、タービン発電機やその他の機器を
搭載したセルが
空中で200フィート以上離れているため、
町では法令で要求されるように
火災や救助のサービスを提供することはできませんと
11月の計画委員会宛ての書簡に書きました。






「私たちは、その高さのナセルで火と戦う方法がない」と
デーブ・ベネット氏は語った。






「これはかなり単純なものです」と
ベアラ氏は付け加えました。

「条例では、開発者が
町で火災や救助サービスを
提供できるようにする必要があります。

シルクマン氏は、
ナセルには独自の消火装置が付いており、
消防士のためのトレーニングを提供すると反論した。


「火災抑制と救助サービスの問題は、
町が対応できるものだ」とシルクマン氏は語った。






クレイグ クロスビー

スタッフライター

ケネベックジャーナル&モーニングセンチネル





※ おとしん:注

デューディリジェンス

デューディリジェンス(Due diligence)とは、
ある行為者の行為結果責任を
その行為者が法的に負うべきか
負うべきでないかを決定する際に、
その行為者がその行為に先んじて
払ってしかるべき正当な注意義務及び努力のこと。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------



<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 



2007年3月29日




9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る

(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/




マサチューセッツ州の
風力発電会社であるUPC Wind社は、
JPモルガンとウェルズ・ファーゴ社からの
出資を受けたことを発表した





メイン州のUPCのプロジェクト
メイン州のUPCのプロジェクトマーズヒル風力発電所の
UPCのプロジェクトは
月曜日に稼働したが、
それに付随する負債が多いと
ボストン・グローブは報じました。




「マーズヒルプロジェクト風力発電所は、
ニューイングランド初の
ユーティリティ規模の風力発電プロジェクトです。

この革新的でよく配置されたプロジェクトは、
JPモルガンとウェルズ・ファーゴの
非常に評判の高い株式パートナーを集め、
マースヒルウィンドファームの安定性と
長期的な健康を強調しています」と
UPCウインドの社長兼最高経営責任者(CEO)の
ポール・ゲイノー氏は述べています。




JPモルガン・キャピタル・コーポレーションと
WFCホールディングス・コーポレーションは、
UPCに4,400万ドルの資金を提供した。

マースヒル風力発電所は昨年初めに建設され、
42メガワットのエネルギーを生み出し、
年間65,00トンの炭素排出を削減しました。




ゲイナー氏は、
「この投資は、再生可能な発電資源の開発と
資金調達への金融界の真剣な取り組みを
示すものであり、重要である」と述べた。




メイン州は、ニューイングランドの
すべての州の中で最も風力発電能力が高く、
米国風力エネルギー協会の
風力パターンマップに基づいています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-16 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR