騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<可決⇒⑨ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>⑨ネブラスカ州:郡区:風力タービンの開発を制限する規則は無効にならない | フェイスブック‐市民団体 ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<可決⇒⑨ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>



2016年1月7日



⑨ネブラスカ州
◇Townships: Regulations to limit wind turbine development won’t be voided
郡区:風力タービンの開発を制限する規則は無効にならない

(バナープレス|2016年1月7日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
townships-regulations-to-limit-wind-turbine-development-won-t-be/
article_69c7f567-46dc-5423-8ff2-f33fd01e1673.html




ラリー・パース|バナープレス





風力タービンの開発に制限を加える
郡区の権限に関しては
バトラー郡監督委員会の正式な要請に反対する
彼らの立場をしっかり守っています。





それは単純な状況ではありません。




10月に、6つの郡区が風力タービンの開発を
制限する規則を可決した後、
郡委員会は、
新しい規制が郡の権限を超過したことを
郡の17郡のすべての郡区に通知する手紙を送りました。


郡の弁護士ジュリー・ライター氏の手紙によれば、
郡区はゾーニングのような規則を可決し
そして、
その規則が「影響を受ける可能性のある他の組織に」
混乱を招いていると言います。






手紙は6つの郡区に尋ねました
- フランクリン、サバンナ、リンウッド、
スカルクリーク、オーククリーク、リチャードソン

- 9月に圧倒的に承認された規則を無効にすること。

規制は安全規則として提案されたと、支持者は述べました。

町の道路の地下で最初に禁止された高電圧送電線。

2番目に設定された
風力タービンから最寄りの郡区道と
参加していない財産までの1,640フィートのセットバック制限。

2番目に設定された規則はまた、
調査で決定されたように、
夜間のタービンの騒音限度を低く設定しました。

※ 1640フィート = 499.87200 メートル 




リンカーンの弁護士のグレッグ・バートン氏
(リンウッド、オーククリーク、リチャードソン郡)は、
ライター氏に応じて手紙を送りました。

バートン氏は、手紙について尋ねられて、
彼が「プレスのケースを訴訟に持ち込まない」のを
好むと述べましたが、
しかし、彼は郡区が彼らの権限を逸脱していないと
説明しました。





彼は、郡委員会の手紙はまた、
郡区に非常に困難なことをするよう尋ねたと言いました

———郡区の有権者によって承認された方針を
ひっくり返すこと。





郡区では、委員会メンバーは
記録保持と請求の支払いを担当していますが、
政策に関しては、多数の投票によって政策を開始し、
承認または否認するのは個々の有権者の責任です。


問題をさらに複雑にするのは、
郡区の方針に関する質問は、
秋の年次総会で、その年の間に一度だけ
投票のために提起されるということです。






バートン氏は、電話でのインタビューで
「これは郡区のそれぞれの年次総会で採択された。」と
述べました。

「私の見解では、(郡区の)委員会は、
町の有権者が採用したことを無効にすることはできません。

それができるなら、それは次の郡区(年次会議)の
議題を上程する人でなければならないでしょう。」







バートン氏(郡区の弁護士)の手紙は、
規則を無効にするという複雑さを指摘するだけでなく、
道路の地下に設置された送電線を制限する規則が
「ゾーニング規制のゾーニングと同じではない」と
主張しました。





そのテーマをさらに踏まえて、
バートン氏は、郡区は「安全」規則を可決して、
居住、商業、工業、農業であるように
郡区の中にある所有地を分類しようとしていないと
指摘しました。

同氏は、2012年のバトラー郡酪農場と
バトラー郡のケースを引用しました。

そこでは、裁判官が地下の肥料パイプラインの
リーフ郡区の規則への異議申し立てを却下しました。





「2006年と2007年に3つの規則を
サミットとリード(郡区)がそれぞれ制定したとき、
郡レベルの誰も興奮しておらず、
サミットとリードの規則は
構造的にはその3つの2015年の規則に匹敵する」と
バートン氏は書いています。






バートンは、郡の「終わりの試合」が
郡区の政策を無効にする要求であった理由について、
まだ説明を受けていないと書いています。




リンウッド、オーククリーク、リチャードソンの
各郡区の委員会は、
「3つの2015年の規則を無効にするために
何らかの未定義の行動を取るという郡の要請を
謹んで拒否しなければなりません。」と
バートンは手紙で締めくくりました。





郡区の郡に対する反応は、
一部の郡区の住民の状況を明らかにするのに役立ちました。




事実、規則を無効にするよう郡区に求める
10月の手紙を郡委員会が出したとき
いくつかの混乱があったと
規則を作成するのを手伝った市民のグループである
『ボヘミアン・アルプスウインド・ウォッチャーズ』の
メンバーであるジョン・スターナーは言った。




彼は、一部の郡区の住民は、
郡委員会が規則を効果的に覆す権限を持っていると
考えていると述べた。

『ウインド・ウォッチャーズ』は
それが本当でないと言って居住者を安心させたと
スタナー氏は述べた。




郡委員会と郡区は政策上の矛盾にもかかわらず、
問題を解決するための緊急の必要性はないようである。





月曜日、ライター氏は、
問題を強いる裁判事件など何もないと述べました。

郡はそれ以上の行動を取っていないと
彼女は言いました。





フロリダ州に本拠を置く
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社は、
北部および東部のバトラー郡
および西部のサンダース郡に
最大112の風力タービンを建設することを検討しています。

昨年、同社は12以上の不動産を買収しました。




ネクストエラ社のほかに、
フランクリン郡区の規則も
オマハに本拠を置くブルーステム・エナジー社に
影響を与える可能性があります。

同社はデイビッド・シティの東に
2つのタービンを建設することを提案しています。

ブルーステム社は、
ネブラスカ州電力公社による代替案
またはグリーン・ソースからの電力の割合を考慮して
プロジェクトを開発しています。





ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------
関連記事
-----------------------

<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年3月2日

①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

------------------------------

<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年4月20日

ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755

------------------------------------

<可決⇒③ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

③ネブラスカ州
◇Butler County township passes wind turbine regulations
バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します

(The Columbus Telegram|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/news/local/
butler-county-township-passes-wind-turbine-regulations/
article_9f37ff4e-881a-5a66-aa3f-5c036163dade.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

------------------------------------

<可決⇒④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

④ネブラスカ州
◇Franklin Township approves wind turbine limits
フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認

(The Banner Press|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/banner-press/franklin-township-approves-wind-turbine-limits/
article_9c323412-c2ba-59dd-bef1-84de0c992c45.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

-------------------------------------------

<可決⇒⑤ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月17日

⑤ネブラスカ州
◇Savannah, Skull Creek townships approve wind turbine regulations
サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認

(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4442.html

---------------------

<可決⇒⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月17日

⑥ネブラスカ州
◇Richardson and Oak Creek townships approve wind turbine regulations
リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認

(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4442.html

-----------------------------

<⑦可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月23日

⑦ネブラスカ州
◇Townships line up against wind development
郡区は、風力の開発に反対して団結する

(The Banner-Press | 2015年9月23日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
townships-line-up-against-wind-development/
article_8be33e8e-4ecd-5d6b-9049-ab7449f18244.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4443.html

---------------------

<可決⇒⑧ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年10月7日

⑧ネブラスカ州
◇County: Nix township wind regs
郡:郡区の風力規則を拒否

(バナー-プレス | 2015年10月7日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
county-nix-township-wind-regs/article_199d6bd4-811e-5f23-b1ac-09ce149e36f9.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4443.html

ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755

---------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-09 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<可決⇒⑦、⑧ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>⑦ネブラスカ州:郡区は、風力の開発に反対して団結する |⑧ネブラスカ州:郡:郡区の風力規則を拒否 | フェイスブック‐市民団体 ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<可決⇒⑦ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月23日




⑦ネブラスカ州
◇Townships line up against wind development
郡区は、風力の開発に反対して団結する
(The Banner-Press | 2015年9月23日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
townships-line-up-against-wind-development/
article_8be33e8e-4ecd-5d6b-9049-ab7449f18244.html



By Larry Peirce The Banner-Press




リンウッド郡区の29人の住民が
9月17日にアビー消防署に集まるまでに、
風力タービン開発の規制に対する支援の流れは明らかでした。



リンウッドの住民は
この傾向に追いつくために圧倒的に投票しました。



フランクリン郡区の9月8日の会議、
そしてサバンナ、スカル・クリーク、
オーク・クリーク、リチャードソンの会合では、
郡区の住民は、郡区の資産や住民の財産を
安全に保つための規制を承認することに
圧倒的に投票しました。




オーククリークは
ブレインナードでの9月16日の会合で
118人の登録有権者の中で最大の投票率を記録しました。




2つの規制が可決されました。

最初は郡区の地下に
高電圧の送電線を設置することを禁止しています。

もう1つは、風力発電プロジェクトに
関連していない私有地と同様に、
タービンと郡区道の間に
1,640フィートのセットバックを必要とします。

また、夜間にタービンの最大騒音限度を設定しました。

騒音限度は建設前の調査に基づきました。

※ 1640フィート = 499.87200 メートル




▽出席している風開発者



オマハの弁護士のダビド・レビ氏のように、
ネクストエラ・エネルギー・リソース社の
プロジェクトマネージャである
リサ・サリヴァン氏は、
風力発電開発業者に話をしました。




ネクストエラ社は、北部と東部のバトラー郡と
西ソーンダース郡に
112の風力タービンを複合して建設することを
検討しています。

同社はこれまでに約12件の不動産を取得している。




サリバン氏は、風力開発者はすでに
家庭、灌漑ピボット、空港、電気通信塔に近接して
建設することができないため、
タービンの設置場所が限られていると述べた。

他の制限要因には、ワシの巣の位置や
他の野生生物への影響が考えられます。





サリバン氏は、
ブルーノのスカルクリークでの会合で、
1,640フィートのセットバックが
「この地域の風力発電を制限することになる」と述べた。




5時の会合で、レヴィー氏は、
州法のもとで、郡区にゾーニング規則を
制定する権限がないという議論をしました。

フランクリン郡区の弁護士、
ジム・エグル氏は、
9月8日のデイビッド・シティでの会議で
同じ意見を述べました。





この規制は、昨年春に予定されていた
風力発電計画が策定された際に組織された
懸念する市民集団である
『ボヘミアン・アルプス・ウィンドウォッチャー』によって
策定されました。




州議会が道路の所有権や道路利用に関する措置を
とることを排除するものではないと述べ、
リンカーン弁護士のグレッグ・バートン氏は、
レヴィ氏の議論に反論しました。

双方は、郡区のレベルの会議で
問題が解決されないことに同意しました。




オーククリークとリチャードソン郡区の会議では、
ネクストエラ社と物件リースを行う
土地代理店のヴェラ・マティス氏が
オーククリークとリチャードソンの有権者に対し、
ネクストエラ社の契約の下の
1,400フィートのセットバックが
タービンメーカーの推奨するものを
上回っていると語った。

彼女はまた、ネクストエラ社と協力している
土地所有者との契約には、
土地所有者の利益のための廃止計画や
その他の保障措置が含まれていると述べた。




マティス氏はまた、土地所有者は、
風力タービンのために支払われる不動産税の
長期的な利益が、
その地域の納税者全員の税金を引き下げていると
考えなければならないとも言いました。




「本当にぜひあなたは来て、私たちの契約を見直し、
この法律に投票しないことを検討すべきです。」と
マティス氏は語った。




スルールクリーク在住の
ジム・リーチャ氏(Jim Rerucha)は、
9月15日のブルーノでの会合で、
隣人に風力タービンが何十年にもわたって
設置されることを検討するよう促した。




「もしこれらのタービンが入っていれば、
彼らはここにいます(長期間)」と、
税収が入るかもしれないと説明して、
彼は言いました、
しかし、農家は作物に農薬散布機を使用できず、
狩猟などの他の活動が
悪影響を受ける可能性があります。




「それらはここにいますが、
変化することはありません」と彼は言った。

「これらの風力発電所が来ると、
あなたは終わりです。」




電力業界のエンジニアとしての
35年の経験を語ったローマの住人
ジャン・Bostelman氏は、
安全規制は最悪の場合の
タービン故障のシナリオに基づく必要があると
述べています。

彼女は、郡区に規則を承認することを勧めました。




ブレインナードの東に住む
『ウインド・ウォッチャー』のメンバーである
ジョン・スターナー氏(John Stanner)は、
タービンタワーのセットバックに関して、
ブレードの上部まで
400フィート以上に達する風力タービンは、
1,700フィートまで
氷塊を投げることができることを示したと
言いました。

ブレードも破損し、
ブレードの破片が投げ込まれます。

風力発電所に関連していない近隣の町の道路や
財産を保護する必要があると彼は言いました。




所有者の選択によって
風力発電所に資産が含まれている場合は
セットバックは適用されません。




「これは安全性に関するものであり、
風力タービンを持たないことではありません。」と
スターナー氏は述べている。




ネクストエラ社を除いて、
フランクリン郡の規制は、
オマハに本拠を置く
ブルーステム・エネルギー社に
影響を与える可能性があります。

同社はデビッド・シティの東に
2つのタービンを建設することを提案しています。

ブルーステム社は、
ネブラスカ州電力公社による代替案
またはグリーン・ソースからの
電力の割合を考慮して
プロジェクトを開発しています。





▽規則:



可決された法規の概要は、ここにあります。



•郡区の中の町道、
通行権の与えられた通路と溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。


•各タービンは、プロジェクトに関連付けられていない
所有者の敷地境界線から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル


•規制はまた、タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。
この制限は、建設前の騒音調査によって設定されます。


•また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。
代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。


•タワー支持台間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の間隔でなければなりません。


•各タワーには、廃止の1年以内に除去と修復を保証するために、
タービンおよび関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある資源について
概説する廃棄計画がなければならない。






ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐市民団体 ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------



<可決⇒⑧ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年10月7日




⑧ネブラスカ州
◇County: Nix township wind regs
郡:郡区の風力規則を拒否
(バナー-プレス | 2015年10月7日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
county-nix-township-wind-regs/article_199d6bd4-811e-5f23-b1ac-09ce149e36f9.html




ラリー・パース|The Banner-Press




バトラー郡監理委員会は、
風力エネルギー開発に関して
6つの郡区が通過した最近の規制に関して、
月曜日に公式に意見を発表しました。




この問題について委員会に助言した
郡の弁護士ジュリー・ライター氏は、
郡の委員会が
風力エネルギー開発を支持しているのか
それとも反対しているのかは問題ではないと
述べました。




その問題は、
彼女は、月曜日の委員会の会議で、
2週間前に提案した意見だったと述べました。

郡区ではなく、郡には、
ゾーニング規則に達することを制定する権限があります。





郡の委員会は、
郡の17の郡区のスーパーバイザーに手紙を送ることを
6-1で評決しました。
第6地区スーパーバイザーの
グレッグ・ヤナック氏はNOを投票しました。

この規制は、フランクリン、サバンナ、
リンウッド、スカル・クリーク、オーク・クリーク、
リチャードソンの6つの町で9月に可決されました。




ライター氏の手紙には、
郡区の有権者に一定の権限を与える州法が
挙げられています。




「あなたの郡区で有権者によって
可決される法規はこれらの権限を超えています。

それらは、ネブラスカ州 Rev. Stat。に記載されている
ゾーニング規則の性質を帯びています。

23-114(2)は、構造の高さ、セットバック、騒音レベル、
土地利用を規制しています。」と、ライターは書きました。




彼女は郡区にはゾーニング規則を採用する
権限があるわけではなく、
さらに、その規制は、
包括的な開発計画を任命し、承認し、採用した後、
郡の委員会によって制定されるだけであると
付け加えました。




バトラー郡の関係者は作業を続けましたが、
最終的に包括的な計画を棚上げし、
計画委員会を解散させました。




この手紙はさらに、
規制が「影響を受ける可能性のある
他の事業体に混乱を招く」と
郡区に取り消しを求める行動をとるよう求めていると
述べている。





書簡は、風力発電所ではなく
規則が懸念事項であると強調した。




「郡委員会は、
商業風力エネルギー変換システムに関する
あなたの懸念を尊重します;

しかし、可決された規則は法律上執行できません。

委員会は、関係するすべての関係者の
懸念と関心事が
相互の協力によって解決されることを期待しています。

委員会はまた、バトラー郡で探し求めている
風力発電所への懸念に対処し、
すべてに有益な優良な解決策への協力を支援します。





懸念する市民のグループである
『ボヘミアンアルプス・ウィンド・ウォッチャー』よって
策定された規則は
安全規則として提案されました。

最初は、郡区道の地下で高圧線を禁止しました。

2番目に設定された
風力タービンから最寄りの郡区道と
参加していない資産まで1,640フィートのセットバック制限。

2番目に設定された規則はまた、
調査で決定されるように、
夜間に低い騒音限度をタービンに設定しました。

※ 1640フィート = 499.87200 メートル





リンカーンの弁護士のグレッグ・バートン氏は、
リンウッド、オーククリーク、
リチャードソンの郡区を代表して、
反対意見を提示しました。

彼は、規則は郡の権限の追求でないと述べました。




「これらの規則を制定することによって、
郡区は郡の権威を
奪回したり妨害しようとしていなかった。

私はこれらの規則はすべて、
2006年と2007年に
サミットとリード郡区(のもの)の後に
構造的にパターン化されていると
あなたに話すことができます。」と
述べました。




リードとサミット郡区は
液体肥料を灌漑に使用するために
回転散水機にポンプ圧送するための
パイプラインの使用に関する
バトラー郡酪農場の使用に関する規制を制定しました。

郡区は、郡区道の地下でパイプラインを禁止しました。

規制にはまた、それらのセットバックも含まれていたと
バートン氏は言いました。





「リードあるいはサミット郡区が郡の権威を奪回すると
主張していた人は誰もいなかった」と
バートン氏は語った。




バトラー郡の酪農場対バトラー郡のケースは、
酪農場とリード郡区を含むケースとして
始まりましたが、
酪農場の所有者トッド・Tuls氏が
村の肥料パイプラインの禁止を却下するよう
郡委員会に要請したため、
バトラー郡は必要不可欠な当事者として
引き込まれました。

最高裁判所は郡区の規則を支持し、
酪農家は道路の向こうの土地に通行するために
長いパイプラインを建設しなければなりませんでした。




バートン氏によると、
メリー・ギルブライド地裁判事は、
郡区の規則は違法なゾーニングではないと
決定する点に注意したと、バートン氏は言いました。。




バーティン氏は、忙しいスケジュールが
彼とライター氏の間の会談を妨げていることを
明らかにしました。

そして、弁護士がしばしば意見に同意しないと指摘し、
彼は 「戦いを始めるつもりはなかった」と言いました。




「(ライター)と私は、
これに関して見解の相違を認めることに
同意する必要があるだろう。」と
バートン氏は言いました。



それでも、規制は6つの郡区で承認されていると
バートン氏は言いました。



「ここの最終戦は何ですか?
膨大な得票差によって
規則が制定されました。」と述べた。

「その列車は駅を出ました。」




彼はまた、町の委員会は
規制を元に戻すことが制限されていると述べた。

政策票決は、9月に行われた
郡区の年次総会でのみ行われます。

規則を廃止するためには、
選挙人はこれを行う動議を
提出しなければならないと彼は言った。



彼はまた、
規則は「アンチ風力発電所」ではないと
指摘しました。

規則の起草者は、
この規則は郡区、その財産、近隣の地主
および住民の安全のためのものであると
述べている。



郡委員会議長のデイブ・マッハー氏は、
この規則がどのようにして
一つの風力開発を選び出すことができるか
尋ねました。

彼はまた、騒音制限が設置されているかどうかは、
騒音の多い穀物乾燥機とコンバインを持つ農家に
影響を与えるかどうかを尋ねました。




『ウインド・ウォッチャーズ』の
メンバーであるブルース・Bostelman氏は、
州の『Right to Farm Act』が
農業機械に対するそのような制限を
排除していると言いました。

Bostelman氏は、風力騒音の制限は、
ランカスター郡で提案されたものに由来し、
健康研究に基づいていると述べた。





▽危険な先行き



コミュニティプランナーとして働いている
デイブ・ポッター(Dave Potter)
スーパーバイザーは、
郡区の道路の地下における電力線の禁止の合法性に
疑問を呈したと語った。

彼は、より低いレベルの電圧も
有害である可能性があると述べた。

そして、彼はまた、酪農場裁判で
電気がどのように
肥料の「有害物質」と比較されるかを
見ていませんでした。



ポッター氏は、郡区には道に沿った
ユーティリティ配管を管理する
最初の権威がいつもあったと
マッハ氏は同意したと、言いました。

マッハー氏は 委員会の主な問題が
送電線ではなく、セットバックだと語った。



ライター氏は反対しました。



地下送電線に関する条例は、
「郡区の権力の範囲内にはないかもしれない」と
彼女は語った。




何人かのスーパーバイザーは、
その手紙は彼らの権限についての
郡区への「一般的な」メッセージであると言いました、
しかし、ヤナーク氏は反対しました。




「彼女が彼らにそれを無効にするよう頼む。
私は、それがそれほど一般的かどうか
わかっていません」と、彼は言いました。


彼が出席したオーククリーク会議では、
投票は圧倒的に規制を支持していたと付け加えた。

集計は、規則の1つに関して168-1でした。



ヤナーク氏は、彼が有権者から
問題の代表に選ばれる必要があると言いました。



ライター氏は、上司は
「あなたが与えられた権力の下で」
彼らの有権者を代表することができると述べた。



「これは、(規制する)権限を持つ委員会です。
包括的な計画を通じて」と彼女は言った。



ライター氏は規則を制定している町の
「危険な先行き」に取り組みましだ。



「すべての郡区が制定(規制)を
開始できるようにするならば。
誰がこれらのことを強制するのですか?



ポッター氏は、
彼の計画の背景を引用して続けました
「あなたはそれを望んでいません。
あなたはそれを持つことはできません。」



委員会が投票する前に、
ポッター氏は風力タービン規則の郡区の採用は
「郡にメッセージを送ります。
何人かの人々は
いくつかの規則を求めています。」と述べました。




▽規則の背景




6つの郡区のそれぞれで、
ほんの一握りの人が規制に反対して投票しました。



ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社は、
北部および東部のバトラー郡で
最大112の風力タービンの複合体を建設することを
目指しています。




ネクストエラ社を除いて、
フランクリン郡の規制は、
オマハに本拠を置く
ブルーステム・エナジー社に
影響を与える可能性があります。

同社はデビッド・シティの東に
2つのタービンを建設することを提案しています。

ブルーステム社は、
ネブラスカ州電力公社による代替案
またはグリーン・ソースからの
電力の割合を考慮して
プロジェクトを開発しています。




可決された規則の概要は、ここにあります。



•郡区の中の町道、
通行権の与えられた通路と溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。


•各タービンは、プロジェクトに関連付けられていない
所有者の敷地境界線から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル


•規制はまた、タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。
この制限は、建設前の騒音調査によって設定されます。


•また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。
代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。


•タワー支持台間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の間隔でなければなりません。


•各タワーには、廃止の1年以内に除去と修復を保証するために、
タービンおよび関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある資源について
概説する廃棄計画がなければならない。





ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------
関連記事
-----------------------

<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年3月2日

①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

------------------------------

<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年4月20日

ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755

------------------------------------

<可決⇒③ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

③ネブラスカ州
◇Butler County township passes wind turbine regulations
バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します
(The Columbus Telegram|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/news/local/
butler-county-township-passes-wind-turbine-regulations/
article_9f37ff4e-881a-5a66-aa3f-5c036163dade.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

------------------------------------

<可決⇒④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

④ネブラスカ州
◇Franklin Township approves wind turbine limits
フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認
(The Banner Press|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/banner-press/franklin-township-approves-wind-turbine-limits/
article_9c323412-c2ba-59dd-bef1-84de0c992c45.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

-------------------------------------------

<可決⇒⑤ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月17日

⑤ネブラスカ州
◇Savannah, Skull Creek townships approve wind turbine regulations
サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認
(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4442.html

---------------------

<可決⇒⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月17日

⑥ネブラスカ州
◇Richardson and Oak Creek townships approve wind turbine regulations
リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認
(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4442.html

-----------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-08 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<可決⇒⑤、⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>⑤ネブラスカ州:サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認…ヨーロッパ諸国は風力発電の経験が豊富でセットバック距離が大きい‐例えばドイツは1,000メートルのセットバックを作り出しています…ダン・シュミット |⑥ネブラスカ州:リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<可決⇒⑤ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月17日





⑤ネブラスカ州
◇Savannah, Skull Creek townships approve wind turbine regulations
サバンナ、スカルクリーク郡区は風力タービンの規則を承認

(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html



ラリー・パース | The Banner-Press



ネクストエラ社代表:

セットバックは、
地域の風力エネルギー開発を排除します





さらに2つのバトラー郡の郡区の有権者は、
風力タービンの開発を制限する規則を制定しています。





火曜日の夜、
サバンナとスカルクリーク郡区の有権者は、
昨年春に風力発電計画が発表されたときに
組織された懸念する市民団体である
『ボヘミアンアルプス・ウィンド・ウォッチャー』によって
策定された安全規則を圧倒的に支持しました。





ベルウッドでは、
約30人のサバンナの有権者が
ベルウッド・コミュニティ・ホールに集まりました。

その後、ブルーノでは、
約50人のスカル・クリークの有権者が
ブルーノ・ファイヤーホールに詰めかけて
同じことをしました。

9月8日、デイビッド・シティを取り囲む
フランクリン郡区が規則を承認しました。





この規則はまた、
水曜日に集うように設定された
リチャードソンとオーククリーク郡区、
木曜日の夜にアビーに集う
リンウッド郡区でも提案されました。




議論の最中に、規則が裁判所で
疑問を呈されるという可能性があります。


フランクリン郡区の弁護士、
ジム・エグル氏は、
郡区はゾーニング規則を
可決できないという意見を述べた。




2つの規則が可決されました。

一つは郡区の地下に
高電圧の送電線を設置することを禁止しています。

もう1つは、風力発電開発や
郡区道に関連していない物件からの
1,640フィートのセットバックの要求で、
夜間にタービンで発生する騒音も制限されています。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル




サバンナの有権者は、
そのセットバック規則に改正案を追加した。


この決定は、風力発電所開発者に
風力発電所を運転する前に
郡区道を元の状態に戻すことを要
求することであった(19-2)。




ブルーノでは、
NextEra Energy Resourcesの代表
リサ・サリバン氏(Lisa Sullivan)が、
同社の厳格な安全ガイドラインについて語った。

彼女は、より安全な規制が必要であると言った
人々の主張に対抗しようとした。




風力エネルギーの世界最大の開発者である
ネクストエラ社は、
北部と東バトラー郡と西サンダース郡に
112台の風力タービンを建設することを
提案しています。

同社はこれまでに
約12の財産権を取得しています。





サリバン氏によると、
風力開発者はすでに、
タービンを、家庭、灌漑ピボット、空港、
電気通信塔に近接して建設することが
できないため、
タービンの建設には限られた領域しか
持っていないという。

他の制限要因には、ワシの巣の位置や
他の野生生物への影響が考えられます。





サリバン氏は、1,640フィートの地点で
「この地域の風力発電開発を
廃止するであろう」と述べた。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル




ネクストエラ社のプロジェクトはまた、
地方政府の財産​​に年間90万ドルの
財産税収入をもたらす可能性があると
彼女は言った。

資金は、学校や道路などの
公共のニーズを改善するのに役立ちます。




ネクストエラ社を代表する
オマハの弁護士のダビド・レビ氏は、
収益の影響はプロジェクト全体に及ぶため、
サンダース郡とバトラー郡に
分割されることを明らかにしました。





風力発電所のメンバーである
ブルース・ボステルマン氏は
ウェブスター郡のネクストエラ社の
コットンウッド・プロジェクトに言及して、
同社が気象レーダーサイトから
2マイル以内にタービンを建て、
その干渉が
人々を暴風雨の危険にさらす可能性があると
指摘した。

タービンは2マイル以上離れて
建設されるべきだと彼は言った。


※ 2マイル = 3.218688 キロメートル

 


レヴィ氏は、レーダー基地の運営者である
国立海洋大気局
(National Oceanic and Atmospheric Administration)が
タワーを承認し、
それらからの干渉を受けていなかったと
ボステルマン氏のコメントに反論した。




「レーダーサイトを運営している人々は
まったく問題はなかった」とレビー氏は語った。




スカルクリーク居住者のジム・Rerucha氏は、
隣人に風力タービンが
何十年にもわたって
存在すると考えてもらうよう促した。




「もしこれらのタービンが入ってくれば、
それらはここにいます(長期間)」と、
税収が入るかもしれないと説明したが、
農家は作物に農薬散布機を使用できず、
狩猟などの他の活動が
悪影響を受ける可能性があります。





「彼らはここにいるが、変化はない」と
彼は言った。
「これらの風力発電所が来ると、
あなたは終わりです。」




電力業界のエンジニアとしての
35年の経験を語ったJジャン・BBostelman氏は、
安全規制は最悪のタービン故障のシナリオに
基づいている必要があると述べました。





ドワイトのダン・シュミット氏は、
この規制を支持すると述べた。

彼は、ヨーロッパ諸国は
風力発電の経験が豊富で、
セットバック距離が大きいと述べた。





例えば、ドイツは
地方自治体の規制で
設定されている距離の約2倍の
1,000メートルのセットバックを作り出しています。






▽規則:


渡された規制の概要を以下に示します。


•郡区の中の町道、
通行権の与えられた通路と溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。



•各タービンは、プロジェクトに関連付けられていない
所有者の敷地境界線から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。

※ 1640フィート = 499.87200 メートル


•規制はまた、タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。
この制限は、建設前の騒音調査によって設定されます。



•また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。
代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。



•タワー支持台間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の間隔でなければなりません。



•各タワーには、廃止の1年以内に除去と修復を保証するために、
タービンおよび関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある資源について
概説する廃棄計画がなければならない。






ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------




<可決⇒⑥ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月17日





⑥ネブラスカ州
◇Richardson and Oak Creek townships approve wind turbine regulations
リチャードソンとオーククリーク郡区は風力タービンの規則を承認

(The Banner-Press|2015年9月17日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/
richardson-and-oak-creek-townships-approve-wind-turbine-regulations/
article_99764771-d6ed-5c0b-bc59-347f70ec4154.html




By Larry Peirce The Banner-Press




リチャードソンとオーククリーク郡区は、
風力タービンの開発に関連する安全規制を
大いに歓迎しました。

彼らの動きは、サバンナ、スカル・クリーク、
フランクリン郡区の有権者の例に続きました。





ドワイトでの水曜日の夜に、
リチャードソン郡区委員会は、
登録された有権者の69人が出席して
ドワイト消防館に集まりました。




その後、ブライナードでの
オーククリーク郡区の会合では、
117人の有権者と、
議事録を見たり、
見守ったりする20人ほどの人が、
米国在郷軍人協会ホールを満たしました。

リチャードソン郡区はバトラー郡の南東にあり、
オーククリークは北に隣接しています。




どちらの町でも、少数の人々だけが
規制を施行することに反対しました。





ブレインナードでは、
3つの異なる決定について
114-3、114-1および113-1の投票の発表に伴い
大きな歓声が寄せられました。




2つの規制が可決されました:
1つ目は、郡区の資産の地下で
高電圧の送電線の配置を禁止する。


もう1つは、風力発電所開発と関連していない
どんな資産からでも、そのうえ、郡区道からも
1,640フィートのセットバックの措置が必要で、
夜間にタービンで発生する騒音も制限されています。





別の措置が採択され、
郡区に規制を制定する権限が与えられました。


議論の最中に、
規制が裁判所で疑問を呈される可能性があります。





オマハの弁護士のダビド・レビ氏
NextEra Energy Resourcesの
プロジェクトマネージャである
リサ・サリヴァン氏も出席しました。

両方の会合で、レヴィー氏は、
州法の下で、郡区にゾーニング規則を
制定する権限がないという議論をしました。





郡区に助言していたリンカーンの弁護士の
グレッグ・バートン氏は、
州法では町の財産と道路へのアクセスについて
措置を取ることを
排除するものではないと反論しました。

両者は、この問題が郡区レベルの会議で
解決されないことに同意しました。





この規制は、昨年春に予定されていた
風力発電計画が策定された際に組織された
懸念された市民グループである
『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャー』によって
策定されました。




ネクストエラ社と協力している
土地代理店のヴェラ・マティス氏は、
ネクストエラ社の契約の下のセットバックは
タービン製造業者が推奨するものを
上回っていると言いました。

彼女はまた、ネクストエラ社と協力している
土地所有者との契約には、
土地所有者の利益のための廃止計画や
その他の保護手段が含まれているとも述べています。



マティス氏はまた、
土地所有者は、風力タービンのために
支払われる不動産税の長期的な利益が、
この地域の納税者全員の税金を引き下げていると
考えなければならないとも述べています。




「本当にぜひあなたは来て、
私たちの契約を見直し、
この法律に投票しないことを検討すべきです。」と
マティス氏は語った。



ネクストエラ・エネルギー・リソース社は、
北部および東部のバトラー郡で
最大112の風力タービンの複合体を建設することを
目指しています。





▽規則:



渡された規制の概要を以下に示します。


•郡区の中の町道、
通行権の与えられた通路と溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。


•各タービンは、プロジェクトに関連付けられていない
所有者の敷地境界線から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル


•規制はまた、タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。
この制限は、建設前の騒音調査によって設定されます。


•また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。
代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。


•タワー支持台間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の間隔でなければなりません。


•各タワーには、廃止の1年以内に除去と修復を保証するために、
タービンおよび関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある資源について
概説する廃棄計画がなければならない。




ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー 

https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------
関連記事
-----------------------

<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年3月2日

①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

------------------------------

<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年4月20日

ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755

------------------------------------

<可決⇒③ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

③ネブラスカ州
◇Butler County township passes wind turbine regulations
バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します
(The Columbus Telegram|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/news/local/
butler-county-township-passes-wind-turbine-regulations/
article_9f37ff4e-881a-5a66-aa3f-5c036163dade.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

------------------------------------

<可決⇒④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年9月10日

④ネブラスカ州
◇Franklin Township approves wind turbine limits
フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認
(The Banner Press|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/banner-press/franklin-township-approves-wind-turbine-limits/
article_9c323412-c2ba-59dd-bef1-84de0c992c45.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4441.html

-------------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-02-07 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<可決⇒③、④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>③ネブラスカ州:バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します…『ボヘミアン・アルプス・ウィンドウォッチャー』グループは、ゾーニング規制のないバトラー郡が風力発電の開発に何ら制限を加えることができなかったことを知った後、町にアプローチをしました。この規則は、5つの他の町でも予定されています。 |④ネブラスカ州:フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認 / ぜひ⇒フェイスブック‐市民グループ『ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー』 |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<可決⇒③ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月10日




③ネブラスカ州
◇Butler County township passes wind turbine regulations
バトラー郡の郡区は、風力タービン規則を可決します

(The Columbus Telegram|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/news/local/
butler-county-township-passes-wind-turbine-regulations/
article_9f37ff4e-881a-5a66-aa3f-5c036163dade.html




By Larry Peirce / David City Banner-Press




デイビッド市 –


バトラー郡区の住民は、
火曜日の夜に
圧倒的に風力発電開発者のための規制を
加えることに投票しました。





36平方マイルをカバーし、
デビッド・シティーを北、東、南に囲む
フランクリン郡区の有権者は、
風力タービンの制限を
郡区委員会の年次総会で
3-1のマージンで支持しました。





村と市のレベルで行われた決定とは異なり、
選挙委員会ではなく、
町の登録有権者は
政策問題を決定するよう求められている。




郡区の住民は、高電圧の電力線が
道路で走ることを禁止する33-13と、
開発に参加する誰かが所有していない風力タービンと
最寄りの郡区道路または不動産の間に
1,640フィートのセットバックを要求する33-11に
投票しました。


規制はまた、
夜間に必要とされるより低いレベルで、
タービンによって生成される騒音に制限を課します。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル




この制限は、昨年の春、
バトラー郡で発生した風力発電計画の後に組織した
地域住民のグループである
『ボヘミアン・アルプス・ウィンドウォッチャー』によって
策定されました。

郡区レベルで、
規制が正式に地方住民によって提案されました。





この規則は、5つの他の町でも予定されています。
サバンナ、ベルウッドの火曜日。
オーククリーク、ブレーナード水曜日。
ベルウッドのスカル・クリーク、火曜日。
リンウッド、木曜日にアビー;
リチャードソン、ドワイトの水曜日。






『ボヘミアン・アルプス・ウィンドウォッチャー』グループは、
ゾーニング規制のないバトラー郡が
風力発電の開発に
何ら制限を加えることができなかったことを
知った後、町にアプローチをしました。





風力エネルギー開発者は、
バトラー郡のタービン・サイトのために
1年以上にわたり領域を探しています。

フランクリンの郡区では、
オマハに本社を置くBluestem Energy Solutionsは、
デビッドシティの電気グリッドに電力を供給する
2つの風力タービンを設置することを検討しています。

ブルーステムは、
ネブラスカ州電力公社による代替案
またはグリーン・ソースからの
電力の割合を考慮して、
プロジェクトを開発中です。

フロリダ州に本拠を置くNextEra Energy社は、
北部および東部バトラー郡と西部ソンダーズ郡に
最大112の風力タービンを設置する予定です。

同社はこれまでに約12件の不動産を取得しています。

ブルーステムのアダム・Herink副社長は、
デビッド・シティーの東約1.6kmに
2つのタービンを建設すると発表したが、
約2.5km圏内に
24エーカーの住宅区画が計画されていました。

同社はデビッド・シティーから離れたサイトを
探して調整しています。





火曜日の夜の会議では、
町の弁護士を務める
デイビッド・シティの弁護士のジム・エグル氏は、
出席者に対し、
町にはゾーニング規制を
可決する権限がないと話しました。





しかし、彼はまた、2013年のケースを参照しました
- バトラー郡の酪農家対バトラー郡
- ネブラスカ州最高裁判所は、
郡が道路の下に
肥料パイプラインを許可することに対する
郡区の拒否を強制することができないとの
判決を下しました。





その場合、最高裁判所は
ゾーニング規則を制定する
町の権限に基づいて判決を下さなかったと
エグル氏は述べました。





裁判所は「ゾーニングの観点から
郡区のためのゾーニングと
ゾーニングではないことについて述べませんでした」と、
エグル氏は語った。

「一方で、地方裁判所と最高裁判所は、
この項目(肥料パイプライン)を
規制する権限があることに同意しました。」





風力タービン規制の支持者は、
安全性の懸念と、
その議論における
不動産価値への潜在的な悪影響を挙げています。




裁判所で疑問を呈される可能性のあるこの規則はまた、
風力発電所の開発者に、
発電所の発電が停止した後に
タービンとタワーを取り外すための
廃止計画を持つことを要求しています。





ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------



<可決⇒④ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年9月10日





④ネブラスカ州
◇Franklin Township approves wind turbine limits
フランクリン郡区は風力タービンの制限を承認

(The Banner Press|2015年9月10日)
http://columbustelegram.com/banner-press/franklin-township-approves-wind-turbine-limits/
article_9c323412-c2ba-59dd-bef1-84de0c992c45.html




ラリー・パース | The Banner-Press



郡区委員会の年次総会は、
住民と有権者46人の集まりはもちろんのこと
余分に市民が集まることはめったにありません。




しかし、火曜日の夜、
フランクリン郡区の148人の登録有権者のうち
46人が集まり、
電気を発生させる風力タービンの開発に関する
規制を制定すべきかどうか検討しました。





36平方マイルをカバーする町は、
デビッドシティのバトラー郡の中心地を
北、東、南に囲んでいます。

会合の結果、
郡区は風力タービン農場を造ることを
望んでいる開発者に、限界を置きます。

そのような制限が
裁判所で疑問を呈されるかどうかにかかわらず、
バトラー郡東部の他の5つの郡区に関して
同様の提案を待っています。





村と市レベルで行われた決定とは異なり、
選挙委員会ではなく市町村の登録有権者は、
政策問題を決定するよう求められています。

この場合、この票は条例を支持して3-1でした。




この会議を指揮するのは、
書記のロジャー・スボボダ(Roger Svoboda)、
会計のR.J Treasurerと共に
郡区委員会議長
レーン・サバタ(Lane Sabata)がいました。




町の住民は、郡区の道路の下で、
より大きな送電網に電力を運ぶために必要な
高圧線を禁止するために、
33〜13を投票で決めました。





居住者はまた、33-11の投票で、
タービンと最寄りの郡区道、
または所有者が開発に参加していない
近隣の不動産との間に
1,640フィートのセットバックを要求しました。

規制はまた、
タービンによって生成される騒音に
夜間制限を設けました。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル 




この規制は、昨年春に
風力開発業者の計画が発表された後に組織された
市民団体のグループである
『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャー』によって
調査され、策定されました。

郡レベルでは、
この郡の居住者によって規則が正式に提案されました。




この規制は、今後開催される
5つの郡区で提案されています。


サバンナ、9月15日ベルウッド;
オーククリーク、9月16日ブレーナード;
スカルクリーク、ベルウッドの9月15日。
リンウッド、9月17日、アビー、
リチャードソン、ドワイトの9月16日。

BAWWグループは、
郡全体のゾーニングがないバトラー郡が
風力発電開発に何ら制限を加えることが
できなかったことを知った後、
郡区にアプローチをしました。





風力エネルギー開発者は、
バトラー郡のタービン・サイトのために
1年以上にわたり領域を探しています。



フランクリン郡区では、
ブルーステム・エネルギー社が
デビッドシティの電気グリッドに
電力を供給する
2つの風力タービンを設置する予定です。

ブルーステム社は、
ネブラスカ州電力公社による代替案
またはグリーン・ソースからの
電力の割合を考慮して
プロジェクトを開発しています。




ネクストエラ・エネルギー社の資源は、
北部と東部のバトラー郡と
西ソーンダース郡の全域で
112の風力タービンの複合体を
建設することを目指しています。

同社はこれまでに
約12件の不動産を取得しています。




▽郡区のゾーニング?



規制の議論が始まる前に、
町の住民の一部は、
町が提案を検討することさえできるかどうか尋ねました。




町の弁護士を務めている
デビッドシティの弁護士のジム・エグル氏は、
郡区委員会が提案を断ることができたと言いました、
しかし、彼は郡区の居住者の何人かが
提案を準備する作業をたくさん行っていたことに留意し
有権者はそれを聞いて、
考慮することができなければなりません。




エグル氏は、
バートル郡酪農連盟対バトラー郡の
2013年のケースを挙げている。

ネブラスカ州最高裁判所は、
郡が郡区の道路の下で
肥料パイプラインを許可することに対する
郡区の拒絶を却下することは強制できないとの
判決を下しました。




しかし、その場合、
最高裁判所はゾーニング規則を制定する
町の権限に基づいて判決を下さなかったと
エグル氏は言った。




裁判所は、ゾーニングの観点からの
郡区のためのゾーニングと
ゾーニングでないことについて述べませんでした」と
エグル氏は言いました。

一方、地方裁判所と最高裁判所は、
このアイテム(肥料パイプライン)を
管理する権限があることに同意しました。」




反対の視点を代表する弁護士は、
地下送電線に関する議論を行った。




ブルーステム・エネルギー・ソリューションズを
代表するオマハの弁護士のダビド・レビ氏は、
州法は郡区にゾーニングを法律にする権限を
与えなかった、
そして、送電線の設置は
州のハイウェイの下で許されたと述べました。





BAWWを代表する弁護士のグレッグ・バートンは、
問題の道路は州の高速道路ではなく、
郡区道であると語った。




ブルーステム社の代表アダム・Herink氏は、
同社がデビッド・シティーから約1.6km東に
2本のタービンを提案していたが、
24エーカーの住宅区画が
タービンサイトの約半マイル以内に
計画されていたことを知りました。

同社はデビッド・シティーから
より離れたサイトを探して調整しています。




郡区の住民ジェフ・Struck氏は、
ダブリン市へのメタンのパイプラインと一緒に、
郡区の埋立地であるバトラー郡の埋立地で、
既に「社会にかなり与えられている」と語った。
風力タービンは、
この地域の不動産価値に悪影響を及ぼしていると
彼は言った。




規制に反対する女性は、
一部の人々が好まない構造物の規則を
制定することに対して警告しました。

次に、大穀物倉庫エレベーターや
農家の灌漑ピボットに関する規則が
頼りになるだろうと彼女は尋ねました。




もう1人の相手は、
バトラー郡の郡全体のゾーニングの欠如が
要因かどうかを尋ねました。




町の弁護士であるエグル氏は繰り返し言いました:

「私は、郡区にはゾーニング規則を
可決する権限がないという意見です。」



ローマの近くに住むBAWWのメンバーである
ブルース・ボステルマン氏は、
地下送電線の規則は厳密に安全問題であると述べた。

この規則は、公益事業者が
ラインを地下に置くことを妨げるものではない。

しかし、タービンの送電線は、
郡区道の溝で働いている誰にでも、
危険をもたらすでしょう。




「本当の危険があり、
この規制は長い道のりになります。

これらの規制に対するあなたの投票は、
より安全な郡区を確実にします」と
ボステルマン氏は述べています。




ブレーナードの東方に住む
BAWWのメンバーであるジョン・スターナー氏は、
タービン・タワーのセットバックに関して、
ブレードの最上部まで
400フィート以上に達する風力タービンは、
1,700フィートまで
氷塊を投げることができることを示したと
言いました。

ブレードも破損し、
ブレードの破片を投げつけていると彼は言った。

風力発電所に関連していない
近隣の町の道路や財産を保護する必要があると
彼は言いました。




所有者の選択によって
風力発電所に資産が含まれている場合、
セットバックは適用されません。




「これは安全性に関するものであり、
風力タービンを持たないことではありません。」と
スターナー氏は述べている。




スターナー氏によると、
郡区道の1,640フィート以内に
風力タービンを設置することは、
タービン故障の危険にさらされた車両を
道路に乗せることだと言います
道路を走っている人は誰でも
まずい時間に間違った場所にいる危険があります。

このため、ネブラスカ州道路局は、
州高速道路の範囲内でタービンを許可しないと述べた。

※ 1640フィート = 499.87200 メートル 




ブレーステム社のHerink氏は
スターナー氏が15年前の風力タービンに基づいて
議論を行っていると語った。

同氏は、業界が設計を進めており、
氷の検出能力を向上させ、
氷嵐でタワーは閉鎖されていると述べた。

氷嵐の間に、
道路上の交通量も少なくなりますと
彼は付け加えました。




電力業界のエンジニアとしての35年の経験を語った
ジャン・ボステルマン氏は、
安全規制は最悪の場合の
タービン故障のシナリオに基づく必要があると述べました。




規制の反対派は、夜通しの騒音レベルの上限値に
記載されている騒音レベルの出典を尋ねました。


この規定は、世界保健機関(WHO)の調査と
一致していました。







▽規則:




渡された規制の概要を以下に示します。




郡区の中の町道、通行権の与えられた通路と
溝を含む町の資産の地下に
高電圧(480ボルトより大きい)送電線の設置の禁止。





各タービンは、
プロジェクトに関連付けられていない
オーナーの敷地境界から
1,640フィート以上離れていなければなりません。
各タービンはどの町道からも
1,640フィート以上離れていなければなりません。


※ 1640フィート = 499.87200 メートル



規則はまた、
タービンが午前7時から午後10時の間に
発生する騒音の量を制限し、
午後10時から午前7時の間の制限を下げます。





また、タービンは、照明や干渉の問題を含む
連邦航空の要件を満たさなければなりません。

代替照明が許可されている場合は、
ストロボ照明を避ける必要があります。





タワー支持台の間の距離は、
最大ローターのサイズで計算された
最低限ローター直径の5倍の距離だけ
離間していなければならない。





各タワーには、廃止の1年以内に
除去と修復を保証するために、
タービンおよび
関連するすべての支援基盤の除去手段、手順、
および債券またはそれに準ずる強制力のある
資源について概説する廃棄計画がなければならない。







ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年3月2日

①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

------------------------------

<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>

2015年4月20日

ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4440.html

ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755

------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-02-06 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<可決⇒①、②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>①ネブラスカ州:風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める |ぜひ⇒風力発電所の反対派は組織化する / ぜひ⇒フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー…風力発電所は農業ベース・エリアの中心に配置される大規模な『コンビナート』である // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  










<可決⇒①ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>




2015年3月2日




①ネブラスカ州
◇Wind farm developer turns attention to Butler County
風力発電所の開発者はバトラー郡に注目を集める

(columbusnewsteam.com |2015年3月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2015/03/03/wind-farm-developer-turns-attention-to-butler-county/




ケイティ・モリアーティ



バトラー郡  -



風力エネルギーの開発者は、
東バトラー郡の土地所有者に注目しています。

今週のバトラー郡上級委員会の会議では、
これが主要な話題となりました。





「ネクストエラ・エネルギー」と呼ばれる組織は、
土地をリースし、約100〜112の風力タービンを
郡の一部に設置することを望んでいます。

ネクストエラ(NextEra)社は、
郡の一部にタービンを設置し、
既存の土地所有者から土地を賃借し、
エネルギーを購入する大規模な商業顧客を
見つけることができます。

組織の代表は、風力発電所の位置は、
典型的には風速が高いことが知られている
特定の地域を示すデータに基づいていると語った。





ネクストエラ社開発ディレクターの
リサ・サリヴァンは、
プロジェクトに関する詳細を説明するために、
月曜日の委員会に会議に出席しました。

彼女は組織がまだ
プロジェクトの初期段階にあると述べ、
土地所有者と協力して
タービンに関する詳細を提供する予定です。

彼女はまた、彼らが土地所有者に提供する
非交渉可能な価格があることに注意し、
彼らはプロジェクトに力を入れる
十分なスペースを確保するために
33,000エーカーを得ることを目指しています。





サリバン氏は、
厳格なセットバックの規則もあり、
変更の対象にはならないと説明を続けます。

ネクストエラ社は湿地を避けたいと考えており、
各タービンは建物や道路から
約1,400フィート離れている必要があります。

30年以上の平均耐用年数を持つ構造物も、
電力線から430フィート離れている必要があります。


※ 1400フィート = 426.72 メートル
※ 430フィート = 131.06400 メートル





委員会の会議では、多くの出席者が
負債に関する懸念を表明し始めました。

例えば、構造物の1つが損傷した場合に、
誰が責任を負うのかについて
多くの疑問が浮かび上がった。


出席者は
土地所有者かネクストエラ社かを知りたがっていました。


サリバン氏は、法的懸念事項の多くに、
同社がその構造物について保険を保有していると
述べることで対処したが、
それぞれのケースが異なる可能性があります。






第6地区バトラー郡監督者
グレッグ・ジャナク氏(Greg Janak)は、
風力発電所が
納税者にどのような影響を与えるかを説明し、
「税金を徴収すれば、
資産税によって生み出される収入については
郡にとって巨額の税金を引き上げることになり、
経済的利益があれば、
プロジェクトに参加することを決めた土地所有者は
風車で稼ぐことができる」と述べた。






会議は、これらの風力タービンの
アクセス道路を中心とした会話に発展しました。


サリバン氏は、ネクストエラ社は
郡の役人とアクセス道路の建設に協力し、
地方道路に加えられた変更は
必ずしも永久的ではないと説明した。


これは、出席者の間で懸念を引き起こしました。


なぜなら、タービンからの落下する破片が
切迫しすぎる可能性があるからです。


一人の紳士は、
タービンブレードの6フィートの破片が
因果関係を引き起こす例があることを書き留めました。

しかし、ネクストエラ社は、
そのリスクを最小限に抑えるために、
そのセットバックが計算されていると言います。






ジャナク氏はまた、ネクストエラ社によって
アプローチされた人に
いくつかのアドバイスを提供しました。

「誰かがこれに参加する前に、
自分の権利が保護されていることが
本当に重要だと思うので、
ネクストエラ・エネルギー社との契約を
見てもらうことをお勧めします。
ネクストエラ社は彼らの最善の利益を探しています。
土地の所有者は、
彼の最大の利益を捜す必要があります。」と
ジャナク氏は語った。





ネクストエラ社は、
これらのタービンの設置場所を決定しましたが、
土地所有者の同意を得て
プロジェクトを進めるまで、
その情報を公開しません。


タービンは、
東バトラー郡からサンダース郡に伸びます。





影響のある範囲内の土地所有者のために、
3月18日に
「オープンハウス」と呼ばれる会議が開催されます。

会議の出席者は招待状のみで選定され、
ネクストエラ社の代表者と会うことができます
ネクストエラ社は風力発電所の建設を
進めるために必要な土地所有者に
詳細を提供すると述べています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------




<可決⇒②ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則>



2015年4月20日




ぜひ!⇒
②ネブラスカ州
◇Wind farm opponents organize
風力発電所の反対派は組織化する

(The Banner-Press |2015年4月20日)
http://columbustelegram.com/banner-press/news/wind-farm-opponents-organize/
article_63e2aaaf-1c8e-5bdc-b985-d19a6db4d76e.html




4月14日には、
110台の風力発電所の開発に反対するグループが
40名のメンバーで構成されました。





月曜日の夕方、
100人以上の土地所有者と住民を数えた
『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャーズ』は
彼らはNEXTera Energy、LLCが提案した
ジュービリー風力発電所プロジェクトを
中止することができれば幸いですと
主催者の1人であるジョン・スターナー氏は語った。






同グループは、4月23日(木)午後8時、
ブルーノ、96エルムセントの
ブルーノ市民センターで会議を予定しています。

この会合は事実上情報の提供になるでしょう。




グループのミッション・ステートメント:

『ボヘミアンアルプス・ウィンドウォッチャーズ』は、
工業規模の風力発電施設と農村景観、地域経済、
野生生物への悪影響についての
意識を高めることに専念している
地元のボランティア団体です。





新聞に送付されたリリースによれば、
グループは「バトラーとサンダース郡の将来に
プラスの方法で影響を与えることを意図しています。

我々は、その地域の人々に、
短期的にも長期的にも、
提案された産業風力発電プロジェクトがもたらす
マイナスの影響についての
事実上の情報を提供することによって
それを達成しようとしています。」と述べました。





ネクストエラ社がプロジェクトを成功させると、
タービンはビジネスと
コミュニティの成長を制限するため、
経済が即座に、
そして将来的に悪影響を受けることになるという。




「この地域の野生生物は、
巣作りをするハクトウワシ、
ソウゲンライチョウの飼育、
その他の湿地や湿地をホームにする
絶滅危惧種などに悪影響を及ぼすだろう」と
同グループは主張した。


「最後に、それは永遠に農村の景観を変え、
私たちの地域社会と農村の生活様式を損なうでしょう。」





風力発電所は
農業ベース・エリアの中心に配置される
大規模な『コンビナート』であると
同グループは述べている。





「景観を変えるだけでなく、
我々が交流する方法も変わるでしょう。

私たちのメンバーの何人かのなかでは、
それがすでに始まったことを示しています。」と
このリリースは述べています。






▽オプションの提出





今日まで、
ネクストエラ社には電力購入契約はありません
- エネルギーのバイヤー
- 提案されたプロジェクトによって作成される。




バトラー郡書記官事務所には、
ネクストエラ社と土地所有者の間に
約12の選択肢があり、
開発者は現在ブルノ地区の土地所有者と
面会していると述べている。




厳密な地図は公開されていませんが、
検討中のエリアは
ベルウッドからバルパライソまで伸び、
バルパライソからリンウッド北から
東に伸びる別のストリップがあります。

この地域の約3分の2はバトラー郡にあり、
残りはサンダース郡にあります。




フロリダ州ジュノビーチに本社を置く
ネクストエラ社は、
全国で最大の風力発電所の建設会社で、
19州でプロジェクトを展開しています。

同社はまた、太陽光発電、水力発電、
原子力発電所を有しています。




このプロジェクトには、
最大200メガワットの電力を発電するのに
十分な100〜112台の風力タービンの建設が含まれる
- 40,000戸の家庭に十分な電力。




面積が広がりますが
ネクストエラ社のリサ・サリバン代表は
2月に、
プロジェクトは
1タービンにつき1エーカー半を必要とし
そして、ネブラスカ州の
パブリック・パワー・ディストリクトに
属する電力網に
地下送電線を接続するためには、
地役権が必要であると述べました。





彼女は、プロジェクトが
環境や野生生物への影響を決定するために
厳密な調査を受けることになると説明した。

同社は土地所有者だけでなく、
地域内のすべての事業者を募集し、
紛争を最小限に抑えるよう努める予定です。




サリバン氏は、競合他社とは異なり、
ネクストエラ社は風力発電施設を建設し、
保有しているという。

ネブラスカ州の他の地域では、
ジェファーソンとゲージ郡に
44タービンの
スティール・フラット・プロジェクトを設立し、
カンザス州のウェブスター郡に
89タワー以上の敷地を持つ
コットンウッド・プロジェクトを
設立しようとしています。




反対派が2月以来提起した話題は、
セットバック距離、
納税者の​​費用でNPPDの電力線を
アップグレードするコストと
契約の長期的性質です——100年にわたる

反対派はまた、風力タービンは、
新しい住民が
その地域に建設することを思いとどまらせ
地域の住民やタービン周辺の農業生産者の
やっかいな問題を引き起こすと述べた。






サリバン氏は2月に
同社は郡を適切に待遇したいと考えていることを
郡の委員会に保証しました。





「我々はこれに長期的にかかわる。
私たちはこれを使って関係を構築しています。
われわれは不慣れなことをしようとはしていない」と
彼女は語った。

「それは景観の永久的な部分になります。
それは多くのことに影響します。」




サリバン氏は、
風力エネルギーの開発には異議申し立てや
コストがないわけではないが、
地方自治体の歳入は1億5000万ドル、
土地所有者への支払いは1600万ドルと
多くのポジティブな結果をもたらしたと説明した。





建設期間は2017年から始まり、
6ヶ月から9ヶ月続くと推定され、
150〜175人の労働者がその地域に移動し
経済に貢献すると推定されている。

建設後、このプロジェクトには
5人の従業員が必要となります。

サリバン氏はそれが直近の地域には
住んでいない可能性があると認めています。





サリバン氏によると、
同社は個々の土地所有者に対して
異なる契約をしていないという。





「我々は入札戦争に入りたくない。
誰もが同じ言葉を得ます。

十分な土地を得られない場合は、
プロジェクトをシフトするかどうかを検討するか、
私たちが本当にサインアップできなければ、
店を閉じてどこかに移動する」と
彼女は2月に言った。





[ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャーの
Facebookはここをクリック。]



ぜひ!⇒
■Facebook‐Bohemian Alps Wind Watchers
フェイスブック‐ボヘミアンアルプス・ウインドウォッチャー
 
https://www.facebook.com/pages/Bohemian-Alps-Wind-Watchers/818230531585755






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html






2017-02-05 : ■可決⇒ネブラスカ州バトラー郡:風力開発を制限する各郡区の規則 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR