騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<19-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>ぜひ⇒19-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンは、再びテストする…シチュエート風力タービンで発生する騒音を検討するために、独立したコンサルタントを雇う予定です |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<19-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>




2017年10月18日




ぜひ!⇒
19-マサチューセッツ州
◇Scituate Wind turbine to be tested again
シチュエート風力タービンは、再びテストする

(The Patriot Ledger | 2017年10月18日)
http://www.patriotledger.com/news/20171018/scituate-wind-turbine-to-be-tested-again/1



By Ruth Thompson



SCITUATE シチュエート -



シチュエート風力タービンで発生する騒音を
検討するために、
独立したコンサルタントを雇う予定です。





これは、火曜日に
タービン騒音の悪影響を受けている住民との
長い議論の末、
都市行政委員による全会一致の決定でした。





「我々は、各方面からかなりの情報を聞きました。」と、
都市行政委員議長の
モーラ・カラン氏(Maura Curran)は言いました。

「タウンミーティングで風力タービンが承認されたため、
触れ合いの話です。
私たちは、町のニーズと
住民の福祉のバランスを取ろうとしています。」




隣人は、2012年春の初めにオンラインになって以来、
400フィートの高さのタービンからの
騒音とちらつきについて苦情を言っています。





シチュエート保健委員会は、騒音の苦情を追跡し始め、
それらが通常
晩春、夏、および秋の終わりの夜間に
発生したことが判明しました。

ほとんどの苦情は、
南西部から風が10mph未満で到着したときに報告されました。





2016年に町はパイロットプログラムを開始し
風が南西部から10マイル未満で来るとき
午後11時〜午前6時の間にタービンを停止しました。





保健エージェントのジェニファー・キーフ氏
(Jennifer Keefe)によると、
苦情は65%減少したが、それらは止まりませんでした。





タービン近くに住み、
タービンの騒音を追跡していたデイビッド・ダルディ氏
(David Dardi)は、次のように述べています。

タービンは「睡眠を妨害し、私の隣人と
私自身の生活と健康に悪影響を及ぼし続けました。」






▼事実




今月初め、都市行政委員ジョン・Danehey氏は、
コストが10月15日を通して4月15日の期間の間に
午後11時から午前6時までタービンを止めることによって
納税者にかかる費用を尋ねた。




町の行政官代理人アル・バンガート氏
(Al Bangert)は、
この夏の納税者への費用は162,855ドルになると述べた。

過去5年の間、年間コストは、
風とエネルギー価格に従う1年につき25,000ドルの
増減150,000ドルであったと、彼は言いました。




「これは、平均年間で
タービン運転から受け取った
純納税者便益の約3分の2に相当する」と
バンガート氏は述べた。




5年間のデータに基づいて、
4月から9月の6ヶ月間における
タービンからのエネルギー生産は、
平均130万kWh(250,000キロワット時)でした。

最近の6月の4月15日から10月15日までの期間では、
生産は平均よりも高く、
夜間の生産量は午後11時から午前6時の間に
190万kWhをわずかに上回りました。
午後11時から午前6時までは
571,126kWh(生産の30%)でした。




過去6ヶ月間の削減が増加した場合、
町は失われた生産量に基づいて
シチュエート・ウィンドを
67,964ドル所有していたであろう。

さらに、この同じ期間、
ナショナル・グリッドによって
町に支払われたリベートは、
1kWhあたり16.62セント、
すなわち94,921ドルでした。




この夏に発生した
納税者への162,855ドルの総費用は、
削減の増加による
過去12ヶ月の純納税者給付の64%に相当します。




バンガート氏はまた、
西から風が吹いている状況下でのみ
タービンを停止するコストについて質問した
第2の質問に対する答えを提供しました
‐  すなわち、SSWからNNWまで?




この過去6ヶ月の期間中、
午後11時の間 〜午前6時の間にSSWからNNWへ
約68%になる風が吹きましたと述べた。

したがって、納税者への費用は、
町への過去12ヶ月の純便益の110.562ドル
または46.5パーセントでした。




「それらは事実です。」と彼は言った。




カラン氏は2番目の質問を支持できると言いました。




「私は個人的に、あなたが誰かの健康と福祉に
与えることができる大きな費用はないと
個人的に考えている」と彼女は言いました。




都市行政委員のカレン・キャンフィールド氏
(Karen Canfield)は、
夏に午後11時から午前6時まで
タービンの使用を削減することを支持すると述べた。




都市行政委員のトニー・Vegnani氏(Tony Vegnani)は、
それは「非常に困難な状況」であることに同意した。




「町はそれに投票した、
彼らはそこにいることを望んだ;
だから、それは、そうです。」とVegnani氏は言った。
彼はデイビッド・ダルディ氏(David Dardi)と
数回の会話をして
タービンが気がかりなことが報告された地域に
行ったと言いました。



「私にとって、騒音は最小限です」と
Vegnani氏は述べています。

「時々聞くのは難しいです。

私たちはそこに住んでいる人々の中には
何も影響を受けていない人が
たくさんいることを知っています。

しかし、影響を受ける人々がいます。

これは難解です。 」





Vegnani氏は
「短期的な修正がある可能性がありますが、
町はその問題をしばらく扱うだろうし、
このタービンで何が起こるのかを決める必要がある。」と
述べました。




「長期的に考えようとしている」とVegnani氏は語った。

「私たちはそれを止めるつもりはありません。
もしそれを止めれば、
町にとって大きな財政的影響を与えるでしょう。」





都市行政委員のショーン・ハリス氏(Shawn Harris)は、
可能性のある緩和や
ある種のバッファを調べることを提案しました。

彼はまた、新しい会社に
タービンに関する別のテストを実行させる考えを
呼び起こしました。





ハリス氏は、
「みんなは、それを望んでいる」と述べ、
タービンとそれが町にもたらす経済的利益について語った。

「私たちは皆、住民が混乱しないようにしたい。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<1-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2010年11月17日

ぜひ!⇒
1-マサチューセッツ州
◇Scituate council rejects wind turbine ordinance
シチュエート議会は、風力タービン条例を拒絶します

( Valley Breeze |2010年11月17日)
https://www.wind-watch.org/news/2010/11/18/
scituate-council-rejects-wind-turbine-ordinance/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4372.html

----------------

<2-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2011年8月12日

2-マサチューセッツ州
◇Wind turbine construction begins in Scituate
風力タービン建設は、シチュエートで始まります

(Boston.com|2011年8月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2011/08/turbine_construction_begins_in.html?camp=pm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4374.html

----------------

<3-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2012年10月4日

ぜひ!⇒
3-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine: Neighbors speak out on health impacts
シチュエート風力タービン:隣人は、健康影響に関して意見を述べます

(Wicked Local Scituate | 2012年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/x354107538/Scituate-wind-turbine-Neighbors-speak-out-on-health-impacts

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4375.html

----------------

<4-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年4月11日

4-マサチューセッツ州
◇Scituate town meeting rejects resolution to shut down wind turbine
シチュエートのカップルは保健委員会に対する風力タービンの訴訟を取り下げる

(The Patriot Ledger | 2013年4月11日)
http://www.patriotledger.com/x196664465/Scituate-town-meeting-rejects-resolution-to-shut-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<5-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月10日

5-マサチューセッツ州
◇Scituate residents testify on health effects of wind turbines
シチュエート・タウンミーティングは、風力タービンを停止する決議を拒絶します

(The Patriot Ledger |2013年7月10日)
http://www.patriotledger.com/x1293263001/Scituate-residents-testify-on-health-effects-of-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<6-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月24日

6-マサチューセッツ州
◇Scituate resident says state’s wind turbine noise review not good enough
シチュエートの住民は、風力タービンの健康影響について証言する

(The Patriot Ledger | 2013年7月24日)
http://www.patriotledger.com/x273440019/Scituate-resident-says-states-wind-turbine-noise-review-not-good-enough

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<7-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年1月12日

7-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine study shows shadow flicker more than predicted
シチュエートの住民は、州の風力タービンの騒音のレビューは十分ではないと言います

(Boston.com|2014年1月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2014/01/
scituate_turbine_study_shows_shadow_flicker_more_than_predic.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<8-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年8月6日

8-マサチューセッツ州
◇Test results show Scituate turbine noise within state regulations
シチュエート・タービン研究は、予想以上のシャドーフリッカーを示します

(The Patriot Ledger | 2014年8月6日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20140806/NEWS/140808314

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

----------------

<9-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年6月24日

9-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine passes fourth state noise test
シチュエートタービンは4回目の州の騒音試験に合格する

(The Scituate Mariner | 2015年6月24日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150624/NEWS/150628535

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

------------------------------

<10-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年9月12日

10-マサチューセッツ州
◇Neighbors of Scituate turbine call noise ‘unbearable’
シチュエート・タービンの隣人は、騒音を『耐えられない』と言います

(The Scituate Mariner | 2015年9月12日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150912/NEWS/150919640

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

--------------------------------

<11-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年10月16日

11-マサチューセッツ州
◇Need remains to relieve turbine noise
タービンの騒音を緩和する必要がある

(The Scituate Mariner | 2015年10月16日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20151016/NEWS/151017814

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

-----------------------------------------------

<12-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

都市行政委員は、
6月1日から10月15日の午後11時から午前6時までの間に
10mph未満の南西風の発生中に
運転を中止するというタービンのプログラミングを承認しました


==============================

2016年10月19日

12-マサチューセッツ州
◇Turbine noise complaints dip during Scituate pilot program
タービン騒音の苦情は、シチュエートの試験的プログラムの間に下がる

(The Patriot Ledger | 2016年10月19日)
http://www.patriotledger.com/news/20161019/turbine-noise-complaints-dip-during-scituate-pilot-program

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

--------------------------------

<13-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2016年10月22日

ぜひ!⇒
13-手紙、マサチューセッツ州
◇Another erroneous story in The Mariner
マリナーのもう一つの間違った話

(2016年10月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/22/another-erroneous-story-in-the-mariner/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

---------------------------------------------

<14-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年3月9日

14-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine hits $1 million in revenue
シチュエート風力タービンは、風力タービンは100万ドルの収益を上げる

(The Patriot Ledger | 2017年3月9日)
http://www.wickedlocal.com/news/20170309/scituate-wind-turbine-hits-1-million-in-revenue

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4977.html

それが設置されてから何年もの間、
住民は400フィートのタービンからの
騒音とちらつきが、頭痛、めまい、
吐き気、睡眠不足の原因であったことを
保健委員会に訴えています。

----------------------------------------------

<15-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年9月22日

ぜひ!⇒
15-マサチューセッツ州
◇Scituate Wind turbine noise still a problem for some
シチュエート風力タービン騒音は、まだ何人かの問題です

(Scituate Mariner | 2017年9月22日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20170922/scituate-wind-turbine-noise-still-problem-for-some

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4978.html

By Ruth Thompson

シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
ニューサンス(生活妨害)法と州の騒音規制の両方で
防護措置を取るために必要な証拠を収集するために、
町当局に、
タービンの独立した騒音コンプライアンス調査に
同意するよう求めています。



「何も変わっていない。」と
タービンの近くに住んでいる
デイビッド・ダルディ氏(David Dardi)は、
言いました。
「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し続け、
隣人と私自身の生活と健康に悪影響を与え続けている。」


2012年春の初めに、
400フィートの風力タービンが
ドリフトウェイに設置されました。
それがオンラインになった直後に、
近隣の人々は、タービンに関連する騒音と
ちらつきについて苦情を言うようになりました。



「程度の異なる不快と睡眠中断が
この5年の間にありました」と、ダルディ氏は言いました。
「タービンが作動している間に
私の耳は絶え間なく鳴り響きます
それは、耳鳴りとしてよく知られています。」

私は素敵な夏の夜に窓を閉めることを
余儀なくされていて
バックグラウンドミュージックを演奏して
寝ることができます。
それは容認できませんし
騒音を軽減するための生活妨害法と矛盾します。
多くの夜私は睡眠のために
処方箋の睡眠薬を服用せざるを得ません。」



ダーディ氏は5年前に、25人の住宅所有者が
シチュエート保健委員会に
激しい騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。



「苦情はいくつかの理由で散逸しています、
しかし、それは
騒音が耐えられるようになったからではない 。」と
彼は言った。

「何人かの隣人は引っ越し、
何人かは寝室の場所を移動し、
何人かは、タービンからの騒音のために、
彼らは窓を開くことができないので
セントラルエアコンを設置しました、
町当局は状況の深刻さを無視し、
申し分のない調査プロセスを
支援することを拒否したので
ほとんどの隣人は敗北したと感じました。」と述べた。



エレン・キャスパー氏(Ellen Kasper)は
タービンの近くに住み、騒音の影響を受けます。


「夜間に睡眠を妨げたり
目を覚ましたりするほど
タービンは非常にうるさいです。
私は眠ることができません。」と彼女は言った。
私はしばしば耳鳴りで目を覚まします。
私はボストンで働いており、
午前7時までにそこにいる必要があります。
私は、風車の妨害による恐ろしい夜の後に
ちかくで居眠りの事故に遭っています。」


キャスパー氏とダーディ氏の両方とも
都市行政委員の会議に出席し、
シチュエートの保健委員に接触しました。



「都市行政委員は、
影響を受けている多くの方々の声に耳を傾け、
騒音対策プログラムを実施しており、
そのプログラムは、
継続中の騒音攻撃から近隣住民を保護するうえで
成功していません。」とダーディ氏は語った。

その結果、騒音の苦情が引き続き起こります。


タービンはあらゆる種類の気象条件で聞こえると
キャスパー氏は語る。



「風速が低く、そして、暗騒音が少ない夜間に
それは最も騒々しいです。」



数年間タービンによって引き起こされた妨害を
文書化しているキャスパー氏(Kasper)は、
一年中午前6時まで
タービンが午後10時からオフになることを望んでいます。



「それが私に影響を与えていないなら、
私はそれが他の場所の隣人に
影響を与えていると確信しています。」


ダーディ氏は、
『風力産業との政治的または財政的関係がない』
独立した専門家によって
研究が行われることを望んでいます。



「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。



この会社が許可が承認された事前建設報告書を
作成したにもかかわらず、
シチュエート保健委員会がタービン所有者に
Tech Environmentalを雇用して
建設後のコンプライアンス・テストに
従事できるようにしたことを、彼は指摘します。


「隣人は、Tech Environmentalが
利益相反を持っていたということで
この決定が間違っていたと主張する権利があった。」と
彼は言った。

「近所のグループはこの取り決めに反対したが、
保健委員会はコメントなしで利益相反を許しました。」



隣人が誠実さに懸念を表明したことをサポートする
試験会社の方法に深刻な欠陥を示すために
収集された重要な証拠があると、
ダーディ氏は付け加えました。


シチュエートに存在する条件は例外的ではないと
ダーディ氏は述べている。


ダーディ氏は、キングストン、プリマス、
ボーンなどの他のコミュニティの中で、
風力タービンが住宅地に近すぎて
苦情が寄せられていることを挙げています。



「許可を受けている間に
町があさはかなアドバイスを受けたのは明らかです。」と
彼は言いました。
「町は、これらのタービンが無害で
州法に従うことを保証しましたが、
それは真実ではありません。
例えば、
ファルマス、フェアヘイブン、キングストン
(Falmouth、Fairhaven、Kingston)の音響試験では、
建設前に保証された音響パワーレベルが
著しく過小評価されていることが証明されています。
仮に独立した音響試験がここシチュエートで
許可されたなら
ここにも同じことが書かれていると私は確信しています。」



誰もが風力タービンの始動を楽しみにしていたと
キャスパー氏は語った。
しかし、それがやって来ると、
彼らは「私たちの生活や健康にとって
どれほど破壊的なものかということに
全く準備ができていませんでした」。


「私たちは代替エネルギーに
反対しているわけではない」と彼女は語った。
「この大きさの風力タービンは、
住居の近くに設置しないでください。」


タービン問題は、都市行政委員会議長の
モーラ・カラン氏(Maura Curran)によると、
10月3日の都市行政委員会の議題に置かれる予定です。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

----------------------------------------------

<16-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年10月4日

ぜひ!⇒
16-マサチューセッツ州
◇Selectmen meet with neighbors over Scituate Wind turbine complaints
都市行政委員は、シチュエート・ウィンド・タービンの苦情について隣人に会う

(Scituate Mariner | 2017年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20171004/
selectmen-meet-with-neighbors-over-scituate-wind-turbine-complaints

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4980.html

----------------------------------------------

<17-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年10月4日

ぜひ!⇒
17-マサチューセッツ州
◇Scituate selectmen consider shutting down wind turbine
シチュエートの都市行政委員は、風力タービンをシャットダウンすることを考える

(The Patriot Ledger | 2017年10月4日)
http://www.patriotledger.com/news/20171004/
scituate-selectmen-consider-shutting-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4981.html

----------------------------------------------

<18-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年10月6日

ぜひ!⇒
18-マサチューセッツ州/動画
◇Neighbors say noise from wind turbine has made them miserable
隣人は、風力タービンの騒音が彼らを惨めにしたと言います

(Boston 25 News | 2017年10月6日)
http://www.fox25boston.com/news/neighbors-say-noise-from-wind-turbine-has-made-them-miserable/620750571

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4982.html

動画: ←ぜひ!

スウォッシュ音が聞こえます。
(おとしん:注)

=========================================



SCITUATE シチュエート、マサチューセッツ州 -


風力タービンの近くに住む住民は、
生活の質を損なうと主張しています。



多くの人は、風力タービンが吐き気、めまい、
耳鳴り、睡眠不足を引き起こしていると言います。



デイブ・ダルディ氏(Dave Dardi)は
シチュエートに40年間住んでいます。

彼は町を愛していますが、
彼は最終的に良い夜の睡眠を得ることができる
フロリダで冬を過ごすのを待ちきれません。

ダルディ氏の家は発電用タービンから約3,200フィート
※ 3200フィート = 975.36 メートル



「...時々朝の1,2時に起きます。
ウッシュ、ウッシュ、」とダルディ氏は言います。

「私は頭痛を覚え、
彼らが話しているこの超低周波音からの圧力を感じます。
ウッシュ、ウッシュ。」




彼は、ジェットエンジンと呼ぶ
タービンから来る騒音が、
彼と他の人たちにあらゆる種類の健康問題を
引き起こしていると主張しています。





「それは、朝晩、数時間続きます。

あなたの家で生き延びるには
これはかなり異常なことです。」とダルディ氏は語ります。



400フィートのタービンは5年前に設置され、
発電して電力網に入ります。

2012年に建設されたとき、
マサチューセッツ州クリーンエネルギーセンターは、
タービンがシチュエートを
電気代にして約20万ドル節約すると主張しました。



過去2年の夏の間、
町は、風が南西部から10mph未満になる予想の時
午後11時と午前6時との間に
タービンの電源を切りました。
しかし隣人は十分ではないと言います。




約25人の隣人が町の保健委員会に
騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。




「誰かがエネルギー工場を設置し、
あなたの家の近くに建設したようなものです。
しかし、これは、
彼らはただそれを建設し、一晩中運転させました。 」と、
隣人ジョアン・ビアンチーニさん
(Joann Bianchini)は言った。

「あなたは眠ることができません
- それはあなたを目覚めさせ、
あなたは眠りに戻ることができず、
あなたは、それが再び起きるのではないかという
不安と恐れを抱きます。」




ビアンチーニさんは、
彼女がマスターベッドルームから、
タービンから離れた
後ろのベッドルームに移動したと言いました。



『ボストン25ニュース』は、
町のアドミニストレータ代理、都市行政委員会、
そして町の保健所に接触しました。




金曜日の午後遅くに
1人の委員会メンバーだけが、
隣人の健康状態を懸念しており、
町は騒音レベルの調査をさらに実施すると答えました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


2017-11-09 : ☆マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<18-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>ぜひ⇒18-マサチューセッツ州/動画:隣人は、風力タービンの騒音が彼らを惨めにしたと言います…ジェットエンジンと呼ぶタービンから来る騒音が、自分と他の人たちにあらゆる種類の健康問題を引き起こしている…(発電用タービンからおよそ975メートルに住んでいる)デイブ・ダルディ |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<18-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>



2017年10月6日




ぜひ!⇒
18-マサチューセッツ州/動画
◇Neighbors say noise from wind turbine has made them miserable
隣人は、風力タービンの騒音が彼らを惨めにしたと言います

(Boston 25 News | 2017年10月6日)
http://www.fox25boston.com/news/neighbors-say-noise-from-wind-turbine-has-made-them-miserable/620750571


動画: ←ぜひ!

スウォッシュ音が聞こえます。
(おとしん:注)

=========================================



SCITUATE シチュエート、マサチューセッツ州 -


風力タービンの近くに住む住民は、
生活の質を損なうと主張しています。



多くの人は、風力タービンが吐き気、めまい、
耳鳴り、睡眠不足を引き起こしていると言います。



デイブ・ダルディ氏(Dave Dardi)は
シチュエートに40年間住んでいます。

彼は町を愛していますが、
彼は最終的に良い夜の睡眠を得ることができる
フロリダで冬を過ごすのを待ちきれません。

ダルディ氏の家は発電用タービンから約3,200フィート
※ 3200フィート = 975.36 メートル



「...時々朝の1,2時に起きます。
ウッシュ、ウッシュ、」とダルディ氏は言います。

「私は頭痛を覚え、
彼らが話しているこの超低周波音からの圧力を感じます。
ウッシュ、ウッシュ。」




彼は、ジェットエンジンと呼ぶ
タービンから来る騒音が、
彼と他の人たちにあらゆる種類の健康問題を
引き起こしていると主張しています。





「それは、朝晩、数時間続きます。

あなたの家で生き延びるには
これはかなり異常なことです。」とダルディ氏は語ります。



400フィートのタービンは5年前に設置され、
発電して電力網に入ります。

2012年に建設されたとき、
マサチューセッツ州クリーンエネルギーセンターは、
タービンがシチュエートを
電気代にして約20万ドル節約すると主張しました。



過去2年の夏の間、
町は、風が南西部から10mph未満になる予想の時
午後11時と午前6時との間に
タービンの電源を切りました。
しかし隣人は十分ではないと言います。




約25人の隣人が町の保健委員会に
騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。




「誰かがエネルギー工場を設置し、
あなたの家の近くに建設したようなものです。
しかし、これは、
彼らはただそれを建設し、一晩中運転させました。 」と、
隣人ジョアン・ビアンチーニさん
(Joann Bianchini)は言った。

「あなたは眠ることができません
- それはあなたを目覚めさせ、
あなたは眠りに戻ることができず、
あなたは、それが再び起きるのではないかという
不安と恐れを抱きます。」




ビアンチーニさんは、
彼女がマスターベッドルームから、
タービンから離れた
後ろのベッドルームに移動したと言いました。



『ボストン25ニュース』は、
町のアドミニストレータ代理、都市行政委員会、
そして町の保健所に接触しました。




金曜日の午後遅くに
1人の委員会メンバーだけが、
隣人の健康状態を懸念しており、
町は騒音レベルの調査をさらに実施すると答えました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<1-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2010年11月17日

ぜひ!⇒
1-マサチューセッツ州
◇Scituate council rejects wind turbine ordinance
シチュエート議会は、風力タービン条例を拒絶します

( Valley Breeze |2010年11月17日)
https://www.wind-watch.org/news/2010/11/18/
scituate-council-rejects-wind-turbine-ordinance/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4372.html

----------------

<2-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2011年8月12日

2-マサチューセッツ州
◇Wind turbine construction begins in Scituate
風力タービン建設は、シチュエートで始まります

(Boston.com|2011年8月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2011/08/turbine_construction_begins_in.html?camp=pm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4374.html

----------------

<3-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2012年10月4日

ぜひ!⇒
3-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine: Neighbors speak out on health impacts
シチュエート風力タービン:隣人は、健康影響に関して意見を述べます

(Wicked Local Scituate | 2012年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/x354107538/Scituate-wind-turbine-Neighbors-speak-out-on-health-impacts

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4375.html

----------------

<4-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年4月11日

4-マサチューセッツ州
◇Scituate town meeting rejects resolution to shut down wind turbine
シチュエートのカップルは保健委員会に対する風力タービンの訴訟を取り下げる

(The Patriot Ledger | 2013年4月11日)
http://www.patriotledger.com/x196664465/Scituate-town-meeting-rejects-resolution-to-shut-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<5-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月10日

5-マサチューセッツ州
◇Scituate residents testify on health effects of wind turbines
シチュエート・タウンミーティングは、風力タービンを停止する決議を拒絶します

(The Patriot Ledger |2013年7月10日)
http://www.patriotledger.com/x1293263001/Scituate-residents-testify-on-health-effects-of-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<6-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月24日

6-マサチューセッツ州
◇Scituate resident says state’s wind turbine noise review not good enough
シチュエートの住民は、風力タービンの健康影響について証言する

(The Patriot Ledger | 2013年7月24日)
http://www.patriotledger.com/x273440019/Scituate-resident-says-states-wind-turbine-noise-review-not-good-enough

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<7-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年1月12日

7-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine study shows shadow flicker more than predicted
シチュエートの住民は、州の風力タービンの騒音のレビューは十分ではないと言います

(Boston.com|2014年1月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2014/01/
scituate_turbine_study_shows_shadow_flicker_more_than_predic.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<8-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年8月6日

8-マサチューセッツ州
◇Test results show Scituate turbine noise within state regulations
シチュエート・タービン研究は、予想以上のシャドーフリッカーを示します

(The Patriot Ledger | 2014年8月6日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20140806/NEWS/140808314

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

----------------

<9-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年6月24日

9-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine passes fourth state noise test
シチュエートタービンは4回目の州の騒音試験に合格する

(The Scituate Mariner | 2015年6月24日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150624/NEWS/150628535

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

------------------------------

<10-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年9月12日

10-マサチューセッツ州
◇Neighbors of Scituate turbine call noise ‘unbearable’
シチュエート・タービンの隣人は、騒音を『耐えられない』と言います

(The Scituate Mariner | 2015年9月12日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150912/NEWS/150919640

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

--------------------------------

<11-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年10月16日

11-マサチューセッツ州
◇Need remains to relieve turbine noise
タービンの騒音を緩和する必要がある

(The Scituate Mariner | 2015年10月16日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20151016/NEWS/151017814

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

-----------------------------------------------

<12-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

都市行政委員は、
6月1日から10月15日の午後11時から午前6時までの間に
10mph未満の南西風の発生中に
運転を中止するというタービンのプログラミングを承認しました


==============================

2016年10月19日

12-マサチューセッツ州
◇Turbine noise complaints dip during Scituate pilot program
タービン騒音の苦情は、シチュエートの試験的プログラムの間に下がる

(The Patriot Ledger | 2016年10月19日)
http://www.patriotledger.com/news/20161019/turbine-noise-complaints-dip-during-scituate-pilot-program

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

--------------------------------

<13-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2016年10月22日

ぜひ!⇒
13-手紙、マサチューセッツ州
◇Another erroneous story in The Mariner
マリナーのもう一つの間違った話

(2016年10月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/22/another-erroneous-story-in-the-mariner/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

---------------------------------------------

<14-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年3月9日

14-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine hits $1 million in revenue
シチュエート風力タービンは、風力タービンは100万ドルの収益を上げる

(The Patriot Ledger | 2017年3月9日)
http://www.wickedlocal.com/news/20170309/scituate-wind-turbine-hits-1-million-in-revenue

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4977.html

それが設置されてから何年もの間、
住民は400フィートのタービンからの
騒音とちらつきが、頭痛、めまい、
吐き気、睡眠不足の原因であったことを
保健委員会に訴えています。

----------------------------------------------

<15-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年9月22日

ぜひ!⇒
15-マサチューセッツ州
◇Scituate Wind turbine noise still a problem for some
シチュエート風力タービン騒音は、まだ何人かの問題です

(Scituate Mariner | 2017年9月22日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20170922/scituate-wind-turbine-noise-still-problem-for-some

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4978.html

By Ruth Thompson

シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
ニューサンス(生活妨害)法と州の騒音規制の両方で
防護措置を取るために必要な証拠を収集するために、
町当局に、
タービンの独立した騒音コンプライアンス調査に
同意するよう求めています。



「何も変わっていない。」と
タービンの近くに住んでいる
デイビッド・ダルディ氏(David Dardi)は、
言いました。
「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し続け、
隣人と私自身の生活と健康に悪影響を与え続けている。」


2012年春の初めに、
400フィートの風力タービンが
ドリフトウェイに設置されました。
それがオンラインになった直後に、
近隣の人々は、タービンに関連する騒音と
ちらつきについて苦情を言うようになりました。



「程度の異なる不快と睡眠中断が
この5年の間にありました」と、ダルディ氏は言いました。
「タービンが作動している間に
私の耳は絶え間なく鳴り響きます
それは、耳鳴りとしてよく知られています。」

私は素敵な夏の夜に窓を閉めることを
余儀なくされていて
バックグラウンドミュージックを演奏して
寝ることができます。
それは容認できませんし
騒音を軽減するための生活妨害法と矛盾します。
多くの夜私は睡眠のために
処方箋の睡眠薬を服用せざるを得ません。」



ダーディ氏は5年前に、25人の住宅所有者が
シチュエート保健委員会に
激しい騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。



「苦情はいくつかの理由で散逸しています、
しかし、それは
騒音が耐えられるようになったからではない 。」と
彼は言った。

「何人かの隣人は引っ越し、
何人かは寝室の場所を移動し、
何人かは、タービンからの騒音のために、
彼らは窓を開くことができないので
セントラルエアコンを設置しました、
町当局は状況の深刻さを無視し、
申し分のない調査プロセスを
支援することを拒否したので
ほとんどの隣人は敗北したと感じました。」と述べた。



エレン・キャスパー氏(Ellen Kasper)は
タービンの近くに住み、騒音の影響を受けます。


「夜間に睡眠を妨げたり
目を覚ましたりするほど
タービンは非常にうるさいです。
私は眠ることができません。」と彼女は言った。
私はしばしば耳鳴りで目を覚まします。
私はボストンで働いており、
午前7時までにそこにいる必要があります。
私は、風車の妨害による恐ろしい夜の後に
ちかくで居眠りの事故に遭っています。」


キャスパー氏とダーディ氏の両方とも
都市行政委員の会議に出席し、
シチュエートの保健委員に接触しました。



「都市行政委員は、
影響を受けている多くの方々の声に耳を傾け、
騒音対策プログラムを実施しており、
そのプログラムは、
継続中の騒音攻撃から近隣住民を保護するうえで
成功していません。」とダーディ氏は語った。

その結果、騒音の苦情が引き続き起こります。


タービンはあらゆる種類の気象条件で聞こえると
キャスパー氏は語る。



「風速が低く、そして、暗騒音が少ない夜間に
それは最も騒々しいです。」



数年間タービンによって引き起こされた妨害を
文書化しているキャスパー氏(Kasper)は、
一年中午前6時まで
タービンが午後10時からオフになることを望んでいます。



「それが私に影響を与えていないなら、
私はそれが他の場所の隣人に
影響を与えていると確信しています。」


ダーディ氏は、
『風力産業との政治的または財政的関係がない』
独立した専門家によって
研究が行われることを望んでいます。



「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。



この会社が許可が承認された事前建設報告書を
作成したにもかかわらず、
シチュエート保健委員会がタービン所有者に
Tech Environmentalを雇用して
建設後のコンプライアンス・テストに
従事できるようにしたことを、彼は指摘します。


「隣人は、Tech Environmentalが
利益相反を持っていたということで
この決定が間違っていたと主張する権利があった。」と
彼は言った。

「近所のグループはこの取り決めに反対したが、
保健委員会はコメントなしで利益相反を許しました。」



隣人が誠実さに懸念を表明したことをサポートする
試験会社の方法に深刻な欠陥を示すために
収集された重要な証拠があると、
ダーディ氏は付け加えました。


シチュエートに存在する条件は例外的ではないと
ダーディ氏は述べている。


ダーディ氏は、キングストン、プリマス、
ボーンなどの他のコミュニティの中で、
風力タービンが住宅地に近すぎて
苦情が寄せられていることを挙げています。



「許可を受けている間に
町があさはかなアドバイスを受けたのは明らかです。」と
彼は言いました。
「町は、これらのタービンが無害で
州法に従うことを保証しましたが、
それは真実ではありません。
例えば、
ファルマス、フェアヘイブン、キングストン
(Falmouth、Fairhaven、Kingston)の音響試験では、
建設前に保証された音響パワーレベルが
著しく過小評価されていることが証明されています。
仮に独立した音響試験がここシチュエートで
許可されたなら
ここにも同じことが書かれていると私は確信しています。」



誰もが風力タービンの始動を楽しみにしていたと
キャスパー氏は語った。
しかし、それがやって来ると、
彼らは「私たちの生活や健康にとって
どれほど破壊的なものかということに
全く準備ができていませんでした」。


「私たちは代替エネルギーに
反対しているわけではない」と彼女は語った。
「この大きさの風力タービンは、
住居の近くに設置しないでください。」


タービン問題は、都市行政委員会議長の
モーラ・カラン氏(Maura Curran)によると、
10月3日の都市行政委員会の議題に置かれる予定です。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

----------------------------------------------

<16-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年10月4日

ぜひ!⇒
16-マサチューセッツ州
◇Selectmen meet with neighbors over Scituate Wind turbine complaints
都市行政委員は、シチュエート・ウィンド・タービンの苦情について隣人に会う

(Scituate Mariner | 2017年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20171004/
selectmen-meet-with-neighbors-over-scituate-wind-turbine-complaints

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4980.html

----------------------------------------------

<17-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年10月4日

ぜひ!⇒
17-マサチューセッツ州
◇Scituate selectmen consider shutting down wind turbine
シチュエートの都市行政委員は、風力タービンをシャットダウンすることを考える

(The Patriot Ledger | 2017年10月4日)
http://www.patriotledger.com/news/20171004/
scituate-selectmen-consider-shutting-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4981.html

By Mary Whitfill




SCITUATE シチュエート -


ドリフトウェイに
風力タービンが建設されてから5年後、
住民は、タービンブレードが回転すると、
騒音と光と影のちらつきについて
保健委員会に苦情を言いました。





彼らはまた、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、
睡眠不足などに苦情を言いました。





火曜日に、都市行政委員は
町の保健ディレクターの
ジェニファー・キーフ氏と
町のアドミニストレータ代理アル・バンガート氏に
町がタービンの運転を止めた場合、
町が失う金額を決定するよう頼みました。





委員会はまた、
タービンの初期設置以来行われていない
騒音レベル調査を実施するように頼みました。





「私は個人的には、
住民が自分の健康とウェルネスに
悪影響を与えるのを見たくない」と、
都市行政委員のモーラ・カラン氏は語った。

「しかし、毎晩私たちの町がオフになると、
その影響は何かを確認する必要があると思う」




2015年にこの町で調査が行われ、
住民からの苦情が
夏の間に
風が10mph未満で南西方向に吹いていたとき
午後11時と午前6時の間が
最も一般的であることが判明しました。





過去2年の夏の間に、6月から10月の間、
町はその条件が満たされたときにタービンを停止させた。





火曜日の都市行政委員の
会議でのプレゼンテーションで、
キーフ氏は夏の苦情は当初下がったと語った。

2015年から2016年の間に、
苦情があった日数は25日から9日に減少した。

しかし、今夏、この住民は
18日タービンについて苦情を申し立てた。





「我々が確立した条件は
十分ではないかもしれない」とバンガート氏は語った。





キーフ氏の調査によると、
昨年、苦情は
午後11時から午前6時の間で最高でしたが、
必ずしも南西風に限定されませんでした。




彼女の調査は、
タービンが一年中夜に閉鎖された場合、
町で約163,000ドルの収入が失われるとの
コスト分析が含まれています。




町はナショナルグリッドに
エネルギーを売ることによって
タービンからお金を稼ぐが、
タービンを運営する会社にも支払わなければならない。




住民は、窓が開いたままの夏には騒音がひどいと言います。




「ここに36年間住んでいた家がありますが
それはかつてほど平和な場所ではありません。」と
ドリフトウェイに住んでいる
ヴァレリー・ヴィタリー氏は語った。




「私はあなたに叫んで
私の人生を送ることができないので、
毎晩電話して苦情を言わないことを選びました。

私は私の家を愛し、
私は私の資産が大好きですが、それは問題です。...

それは決して着陸しない飛行機です、そして、振動です。」






都市行政委員のジョン・ Danehey氏は、
キーフ氏に
4月中旬と10月中旬の間で2つの追加費用研究を行って
都市行政委員に戻ってくるよう頼んだ。





彼は、風がどんな方向から来ても
町が夜にタービンを止めれば、
どのくらいの収入が失われるのかを
そして、風が特定の方向から来たときにのみ
夜間にタービンが停止した場合の
収益損失の内訳を知りたいと思っています。




都市行政委員のアンソニー・Vegnani氏は、
「あなたが何かもっと劇的なことをしたら、
町への支出になるだろう」と語った。




都市行政委員は、
いつ問題を再訪するかは言わなかったが、
キーフ氏は次の会合で
彼女の研究が完了するとは考えにくいと述べた。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


2017-10-20 : ☆マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<17-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>ぜひ⇒17-マサチューセッツ州:シチュエートの都市行政委員は、風力タービンをシャットダウンすることを考える |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<17-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>



2017年10月4日




ぜひ!⇒
17-マサチューセッツ州
◇Scituate selectmen consider shutting down wind turbine
シチュエートの都市行政委員は、風力タービンをシャットダウンすることを考える

(The Patriot Ledger | 2017年10月4日)
http://www.patriotledger.com/news/20171004/
scituate-selectmen-consider-shutting-down-wind-turbine




By Mary Whitfill




SCITUATE シチュエート -


ドリフトウェイに
風力タービンが建設されてから5年後、
住民は、タービンブレードが回転すると、
騒音と光と影のちらつきについて
保健委員会に苦情を言いました。





彼らはまた、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、
睡眠不足などに苦情を言いました。





火曜日に、都市行政委員は
町の保健ディレクターの
ジェニファー・キーフ氏と
町のアドミニストレータ代理アル・バンガート氏に
町がタービンの運転を止めた場合、
町が失う金額を決定するよう頼みました。





委員会はまた、
タービンの初期設置以来行われていない
騒音レベル調査を実施するように頼みました。





「私は個人的には、
住民が自分の健康とウェルネスに
悪影響を与えるのを見たくない」と、
都市行政委員のモーラ・カラン氏は語った。

「しかし、毎晩私たちの町がオフになると、
その影響は何かを確認する必要があると思う」




2015年にこの町で調査が行われ、
住民からの苦情が
夏の間に
風が10mph未満で南西方向に吹いていたとき
午後11時と午前6時の間が
最も一般的であることが判明しました。





過去2年の夏の間に、6月から10月の間、
町はその条件が満たされたときにタービンを停止させた。





火曜日の都市行政委員の
会議でのプレゼンテーションで、
キーフ氏は夏の苦情は当初下がったと語った。

2015年から2016年の間に、
苦情があった日数は25日から9日に減少した。

しかし、今夏、この住民は
18日タービンについて苦情を申し立てた。





「我々が確立した条件は
十分ではないかもしれない」とバンガート氏は語った。





キーフ氏の調査によると、
昨年、苦情は
午後11時から午前6時の間で最高でしたが、
必ずしも南西風に限定されませんでした。




彼女の調査は、
タービンが一年中夜に閉鎖された場合、
町で約163,000ドルの収入が失われるとの
コスト分析が含まれています。




町はナショナルグリッドに
エネルギーを売ることによって
タービンからお金を稼ぐが、
タービンを運営する会社にも支払わなければならない。




住民は、窓が開いたままの夏には騒音がひどいと言います。




「ここに36年間住んでいた家がありますが
それはかつてほど平和な場所ではありません。」と
ドリフトウェイに住んでいる
ヴァレリー・ヴィタリー氏は語った。




「私はあなたに叫んで
私の人生を送ることができないので、
毎晩電話して苦情を言わないことを選びました。

私は私の家を愛し、
私は私の資産が大好きですが、それは問題です。...

それは決して着陸しない飛行機です、そして、振動です。」






都市行政委員のジョン・ Danehey氏は、
キーフ氏に
4月中旬と10月中旬の間で2つの追加費用研究を行って
都市行政委員に戻ってくるよう頼んだ。





彼は、風がどんな方向から来ても
町が夜にタービンを止めれば、
どのくらいの収入が失われるのかを
そして、風が特定の方向から来たときにのみ
夜間にタービンが停止した場合の
収益損失の内訳を知りたいと思っています。




都市行政委員のアンソニー・Vegnani氏は、
「あなたが何かもっと劇的なことをしたら、
町への支出になるだろう」と語った。




都市行政委員は、
いつ問題を再訪するかは言わなかったが、
キーフ氏は次の会合で
彼女の研究が完了するとは考えにくいと述べた。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<1-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2010年11月17日

ぜひ!⇒
1-マサチューセッツ州
◇Scituate council rejects wind turbine ordinance
シチュエート議会は、風力タービン条例を拒絶します

( Valley Breeze |2010年11月17日)
https://www.wind-watch.org/news/2010/11/18/
scituate-council-rejects-wind-turbine-ordinance/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4372.html

----------------

<2-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2011年8月12日

2-マサチューセッツ州
◇Wind turbine construction begins in Scituate
風力タービン建設は、シチュエートで始まります

(Boston.com|2011年8月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2011/08/turbine_construction_begins_in.html?camp=pm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4374.html

----------------

<3-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2012年10月4日

ぜひ!⇒
3-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine: Neighbors speak out on health impacts
シチュエート風力タービン:隣人は、健康影響に関して意見を述べます

(Wicked Local Scituate | 2012年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/x354107538/Scituate-wind-turbine-Neighbors-speak-out-on-health-impacts

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4375.html

----------------

<4-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年4月11日

4-マサチューセッツ州
◇Scituate town meeting rejects resolution to shut down wind turbine
シチュエートのカップルは保健委員会に対する風力タービンの訴訟を取り下げる

(The Patriot Ledger | 2013年4月11日)
http://www.patriotledger.com/x196664465/Scituate-town-meeting-rejects-resolution-to-shut-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<5-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月10日

5-マサチューセッツ州
◇Scituate residents testify on health effects of wind turbines
シチュエート・タウンミーティングは、風力タービンを停止する決議を拒絶します

(The Patriot Ledger |2013年7月10日)
http://www.patriotledger.com/x1293263001/Scituate-residents-testify-on-health-effects-of-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<6-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月24日

6-マサチューセッツ州
◇Scituate resident says state’s wind turbine noise review not good enough
シチュエートの住民は、風力タービンの健康影響について証言する

(The Patriot Ledger | 2013年7月24日)
http://www.patriotledger.com/x273440019/Scituate-resident-says-states-wind-turbine-noise-review-not-good-enough

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<7-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年1月12日

7-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine study shows shadow flicker more than predicted
シチュエートの住民は、州の風力タービンの騒音のレビューは十分ではないと言います

(Boston.com|2014年1月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2014/01/
scituate_turbine_study_shows_shadow_flicker_more_than_predic.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<8-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年8月6日

8-マサチューセッツ州
◇Test results show Scituate turbine noise within state regulations
シチュエート・タービン研究は、予想以上のシャドーフリッカーを示します

(The Patriot Ledger | 2014年8月6日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20140806/NEWS/140808314

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

----------------

<9-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年6月24日

9-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine passes fourth state noise test
シチュエートタービンは4回目の州の騒音試験に合格する

(The Scituate Mariner | 2015年6月24日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150624/NEWS/150628535

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

------------------------------

<10-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年9月12日

10-マサチューセッツ州
◇Neighbors of Scituate turbine call noise ‘unbearable’
シチュエート・タービンの隣人は、騒音を『耐えられない』と言います

(The Scituate Mariner | 2015年9月12日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150912/NEWS/150919640

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

--------------------------------

<11-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年10月16日

11-マサチューセッツ州
◇Need remains to relieve turbine noise
タービンの騒音を緩和する必要がある

(The Scituate Mariner | 2015年10月16日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20151016/NEWS/151017814

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

-----------------------------------------------

<12-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

都市行政委員は、
6月1日から10月15日の午後11時から午前6時までの間に
10mph未満の南西風の発生中に
運転を中止するというタービンのプログラミングを承認しました


==============================

2016年10月19日

12-マサチューセッツ州
◇Turbine noise complaints dip during Scituate pilot program
タービン騒音の苦情は、シチュエートの試験的プログラムの間に下がる

(The Patriot Ledger | 2016年10月19日)
http://www.patriotledger.com/news/20161019/turbine-noise-complaints-dip-during-scituate-pilot-program

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

--------------------------------

<13-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2016年10月22日

ぜひ!⇒
13-手紙、マサチューセッツ州
◇Another erroneous story in The Mariner
マリナーのもう一つの間違った話

(2016年10月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/22/another-erroneous-story-in-the-mariner/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

---------------------------------------------

<14-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年3月9日

14-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine hits $1 million in revenue
シチュエート風力タービンは、風力タービンは100万ドルの収益を上げる

(The Patriot Ledger | 2017年3月9日)
http://www.wickedlocal.com/news/20170309/scituate-wind-turbine-hits-1-million-in-revenue

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4977.html

それが設置されてから何年もの間、
住民は400フィートのタービンからの
騒音とちらつきが、頭痛、めまい、
吐き気、睡眠不足の原因であったことを
保健委員会に訴えています。

----------------------------------------------

<15-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年9月22日

ぜひ!⇒
15-マサチューセッツ州
◇Scituate Wind turbine noise still a problem for some
シチュエート風力タービン騒音は、まだ何人かの問題です

(Scituate Mariner | 2017年9月22日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20170922/scituate-wind-turbine-noise-still-problem-for-some

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4978.html

By Ruth Thompson

シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
ニューサンス(生活妨害)法と州の騒音規制の両方で
防護措置を取るために必要な証拠を収集するために、
町当局に、
タービンの独立した騒音コンプライアンス調査に
同意するよう求めています。



「何も変わっていない。」と
タービンの近くに住んでいる
デイビッド・ダルディ氏(David Dardi)は、
言いました。
「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し続け、
隣人と私自身の生活と健康に悪影響を与え続けている。」


2012年春の初めに、
400フィートの風力タービンが
ドリフトウェイに設置されました。
それがオンラインになった直後に、
近隣の人々は、タービンに関連する騒音と
ちらつきについて苦情を言うようになりました。



「程度の異なる不快と睡眠中断が
この5年の間にありました」と、ダルディ氏は言いました。
「タービンが作動している間に
私の耳は絶え間なく鳴り響きます
それは、耳鳴りとしてよく知られています。」

私は素敵な夏の夜に窓を閉めることを
余儀なくされていて
バックグラウンドミュージックを演奏して
寝ることができます。
それは容認できませんし
騒音を軽減するための生活妨害法と矛盾します。
多くの夜私は睡眠のために
処方箋の睡眠薬を服用せざるを得ません。」



ダーディ氏は5年前に、25人の住宅所有者が
シチュエート保健委員会に
激しい騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。



「苦情はいくつかの理由で散逸しています、
しかし、それは
騒音が耐えられるようになったからではない 。」と
彼は言った。

「何人かの隣人は引っ越し、
何人かは寝室の場所を移動し、
何人かは、タービンからの騒音のために、
彼らは窓を開くことができないので
セントラルエアコンを設置しました、
町当局は状況の深刻さを無視し、
申し分のない調査プロセスを
支援することを拒否したので
ほとんどの隣人は敗北したと感じました。」と述べた。



エレン・キャスパー氏(Ellen Kasper)は
タービンの近くに住み、騒音の影響を受けます。


「夜間に睡眠を妨げたり
目を覚ましたりするほど
タービンは非常にうるさいです。
私は眠ることができません。」と彼女は言った。
私はしばしば耳鳴りで目を覚まします。
私はボストンで働いており、
午前7時までにそこにいる必要があります。
私は、風車の妨害による恐ろしい夜の後に
ちかくで居眠りの事故に遭っています。」


キャスパー氏とダーディ氏の両方とも
都市行政委員の会議に出席し、
シチュエートの保健委員に接触しました。



「都市行政委員は、
影響を受けている多くの方々の声に耳を傾け、
騒音対策プログラムを実施しており、
そのプログラムは、
継続中の騒音攻撃から近隣住民を保護するうえで
成功していません。」とダーディ氏は語った。

その結果、騒音の苦情が引き続き起こります。


タービンはあらゆる種類の気象条件で聞こえると
キャスパー氏は語る。



「風速が低く、そして、暗騒音が少ない夜間に
それは最も騒々しいです。」



数年間タービンによって引き起こされた妨害を
文書化しているキャスパー氏(Kasper)は、
一年中午前6時まで
タービンが午後10時からオフになることを望んでいます。



「それが私に影響を与えていないなら、
私はそれが他の場所の隣人に
影響を与えていると確信しています。」


ダーディ氏は、
『風力産業との政治的または財政的関係がない』
独立した専門家によって
研究が行われることを望んでいます。



「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。



この会社が許可が承認された事前建設報告書を
作成したにもかかわらず、
シチュエート保健委員会がタービン所有者に
Tech Environmentalを雇用して
建設後のコンプライアンス・テストに
従事できるようにしたことを、彼は指摘します。


「隣人は、Tech Environmentalが
利益相反を持っていたということで
この決定が間違っていたと主張する権利があった。」と
彼は言った。

「近所のグループはこの取り決めに反対したが、
保健委員会はコメントなしで利益相反を許しました。」



隣人が誠実さに懸念を表明したことをサポートする
試験会社の方法に深刻な欠陥を示すために
収集された重要な証拠があると、
ダーディ氏は付け加えました。


シチュエートに存在する条件は例外的ではないと
ダーディ氏は述べている。


ダーディ氏は、キングストン、プリマス、
ボーンなどの他のコミュニティの中で、
風力タービンが住宅地に近すぎて
苦情が寄せられていることを挙げています。



「許可を受けている間に
町があさはかなアドバイスを受けたのは明らかです。」と
彼は言いました。
「町は、これらのタービンが無害で
州法に従うことを保証しましたが、
それは真実ではありません。
例えば、
ファルマス、フェアヘイブン、キングストン
(Falmouth、Fairhaven、Kingston)の音響試験では、
建設前に保証された音響パワーレベルが
著しく過小評価されていることが証明されています。
仮に独立した音響試験がここシチュエートで
許可されたなら
ここにも同じことが書かれていると私は確信しています。」



誰もが風力タービンの始動を楽しみにしていたと
キャスパー氏は語った。
しかし、それがやって来ると、
彼らは「私たちの生活や健康にとって
どれほど破壊的なものかということに
全く準備ができていませんでした」。


「私たちは代替エネルギーに
反対しているわけではない」と彼女は語った。
「この大きさの風力タービンは、
住居の近くに設置しないでください。」


タービン問題は、都市行政委員会議長の
モーラ・カラン氏(Maura Curran)によると、
10月3日の都市行政委員会の議題に置かれる予定です。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

----------------------------------------------

<16-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年10月4日

ぜひ!⇒
16-マサチューセッツ州
◇Selectmen meet with neighbors over Scituate Wind turbine complaints
都市行政委員は、シチュエート・ウィンド・タービンの苦情について隣人に会う

(Scituate Mariner | 2017年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20171004/
selectmen-meet-with-neighbors-over-scituate-wind-turbine-complaints

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4980.html

Ruth Thompson




シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
10月3日火曜日に
タービン騒音に関する苦情に対処するために
都市行政委員と会見しました。



400フィートの風力タービンは
2012年初めにドリフトウェイに設置され、
隣人はタービンに関連する騒音とちらつきについて
苦情を言っています。




その結果、シチュエート保健委員会は、
タービンの隣人からの騒音の苦情を追跡し始めました。




「苦情は通常、夜遅くまで春、夏、初秋に発生し、
ほとんどの苦情は
南西部から風速10マイル未満で発生しています。」と、
保健エージェントのジェニファー・キーフ氏
(Jennifer Keefe)は述べています。





町は、2016年6月に
風が南西部から10mph未満で到着したとき
午後11時から午前6時まで
タービンの電源を切るための
パイロットプログラムを開始しました。





キーフ氏によれば、この試験期間中、
妨害が報告された地域からの苦情は65%減少しました。





結果として都市行政委員は
6月1日から10月15日まで
10 mph未満の南西の風の発生中
午後11時から午前6時の間
稼働を中止することを決定しました。




苦情が消えたが、それらは止まらなかった。




「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し、隣人と私自身の生活や健康に
悪影響を与え続けている」と
デイビッド・Dardi氏(David Dardi)は
10月3日火曜日に都市行政委員に語った。





タービンの近くに住んでいるDardi氏は、
隣人の一部のスポークスマンになっています。
いくつかの理由で苦情が消えてしまっていると
指摘していますが、
騒音が許容できるようになったためではありません。




「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。





タービンは、町がクリーンなエネルギー源を
提供することを可能にしました。

エネルギーはナショナル・グリッドに販売され、
町の市のエネルギー需要の半分をカバーしています。

2016年末までに、
ナショナル・グリッドからのエネルギークレジットで、
町が100万ドル以上を集めました。




しかし、都市行政委員は、
特に夏季には、夜間の特定の時間に
ノイズが問題になることに同意します。





都市行政委員のトニー・Vegnani氏は、
苦情が発生した特定の日時に
タービンを停止する必要がある場合、
町の費用の問題を提起しました。




2016年10月16日から2017年5月31日までに
収集されたデータに基づくコスト分析は、
10月16日から5月31日まで午後11時から午前6時まで
タービンを停止する必要があることを示した。
WNW(西北西)とNW(北西)からの風と、
22度のマージンでタービンで測定した場合、
28 mphまでスピードアップすると、
町の費用は111,815ドルになります。




町への費用は、
2017年6月1日から8月29日までに収集された
データに基づき、
タービンが6月1日から10月15日まで
午後11時から午前6時まで閉鎖された場合
SW(南西)からNW(北西)までの風で
マージンが22度で最大22mphのタービンで測定した場合、
51,360ドルとなります。




都市行政委員のジョンDanehey氏は
タービンが4月15日から10月15日に
午後11時から午前6時まで
どんな風でもオフにされた場合、
町にかかる費用はいくらですか? と尋ねました。

彼はまた、同じ日時に
北西方向から南西方向に向かって風が吹いているとき
タービンを停止する必要がある場合の
コストについて尋ねました。




キーフ氏はその情報を調べ、
今後の選択会議で発表すると述べた。





議論は進行中のままです。



カラン氏は、
「我々はすべて問題を解決するためにここにいる」と述べ、
彼女はマイナスの影響を受けた
住民の健康と幸福を見たくはありませんでしたと
付け加えました。

「夏時間に毎晩オフにすると、
私たちの町にどのような影響があるかを
確認する必要があると思います。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html

2017-10-19 : ☆マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<16-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>ぜひ⇒16-マサチューセッツ州:都市行政委員は、シチュエート・ウィンド・タービンの苦情について隣人に会う |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<16-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>




2017年10月4日




ぜひ!⇒
16-マサチューセッツ州
◇Selectmen meet with neighbors over Scituate Wind turbine complaints
都市行政委員は、シチュエート・ウィンド・タービンの苦情について隣人に会う

(Scituate Mariner | 2017年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20171004/
selectmen-meet-with-neighbors-over-scituate-wind-turbine-complaints



Ruth Thompson




シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
10月3日火曜日に
タービン騒音に関する苦情に対処するために
都市行政委員と会見しました。



400フィートの風力タービンは
2012年初めにドリフトウェイに設置され、
隣人はタービンに関連する騒音とちらつきについて
苦情を言っています。




その結果、シチュエート保健委員会は、
タービンの隣人からの騒音の苦情を追跡し始めました。




「苦情は通常、夜遅くまで春、夏、初秋に発生し、
ほとんどの苦情は
南西部から風速10マイル未満で発生しています。」と、
保健エージェントのジェニファー・キーフ氏
(Jennifer Keefe)は述べています。





町は、2016年6月に
風が南西部から10mph未満で到着したとき
午後11時から午前6時まで
タービンの電源を切るための
パイロットプログラムを開始しました。





キーフ氏によれば、この試験期間中、
妨害が報告された地域からの苦情は65%減少しました。





結果として都市行政委員は
6月1日から10月15日まで
10 mph未満の南西の風の発生中
午後11時から午前6時の間
稼働を中止することを決定しました。




苦情が消えたが、それらは止まらなかった。




「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し、隣人と私自身の生活や健康に
悪影響を与え続けている」と
デイビッド・Dardi氏(David Dardi)は
10月3日火曜日に都市行政委員に語った。





タービンの近くに住んでいるDardi氏は、
隣人の一部のスポークスマンになっています。
いくつかの理由で苦情が消えてしまっていると
指摘していますが、
騒音が許容できるようになったためではありません。




「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。





タービンは、町がクリーンなエネルギー源を
提供することを可能にしました。

エネルギーはナショナル・グリッドに販売され、
町の市のエネルギー需要の半分をカバーしています。

2016年末までに、
ナショナル・グリッドからのエネルギークレジットで、
町が100万ドル以上を集めました。




しかし、都市行政委員は、
特に夏季には、夜間の特定の時間に
ノイズが問題になることに同意します。





都市行政委員のトニー・Vegnani氏は、
苦情が発生した特定の日時に
タービンを停止する必要がある場合、
町の費用の問題を提起しました。




2016年10月16日から2017年5月31日までに
収集されたデータに基づくコスト分析は、
10月16日から5月31日まで午後11時から午前6時まで
タービンを停止する必要があることを示した。
WNW(西北西)とNW(北西)からの風と、
22度のマージンでタービンで測定した場合、
28 mphまでスピードアップすると、
町の費用は111,815ドルになります。




町への費用は、
2017年6月1日から8月29日までに収集された
データに基づき、
タービンが6月1日から10月15日まで
午後11時から午前6時まで閉鎖された場合
SW(南西)からNW(北西)までの風で
マージンが22度で最大22mphのタービンで測定した場合、
51,360ドルとなります。




都市行政委員のジョンDanehey氏は
タービンが4月15日から10月15日に
午後11時から午前6時まで
どんな風でもオフにされた場合、
町にかかる費用はいくらですか? と尋ねました。

彼はまた、同じ日時に
北西方向から南西方向に向かって風が吹いているとき
タービンを停止する必要がある場合の
コストについて尋ねました。




キーフ氏はその情報を調べ、
今後の選択会議で発表すると述べた。





議論は進行中のままです。



カラン氏は、
「我々はすべて問題を解決するためにここにいる」と述べ、
彼女はマイナスの影響を受けた
住民の健康と幸福を見たくはありませんでしたと
付け加えました。

「夏時間に毎晩オフにすると、
私たちの町にどのような影響があるかを
確認する必要があると思います。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<1-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2010年11月17日

ぜひ!⇒
1-マサチューセッツ州
◇Scituate council rejects wind turbine ordinance
シチュエート議会は、風力タービン条例を拒絶します

( Valley Breeze |2010年11月17日)
https://www.wind-watch.org/news/2010/11/18/
scituate-council-rejects-wind-turbine-ordinance/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4372.html

----------------

<2-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2011年8月12日

2-マサチューセッツ州
◇Wind turbine construction begins in Scituate
風力タービン建設は、シチュエートで始まります

(Boston.com|2011年8月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2011/08/turbine_construction_begins_in.html?camp=pm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4374.html

----------------

<3-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2012年10月4日

ぜひ!⇒
3-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine: Neighbors speak out on health impacts
シチュエート風力タービン:隣人は、健康影響に関して意見を述べます

(Wicked Local Scituate | 2012年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/x354107538/Scituate-wind-turbine-Neighbors-speak-out-on-health-impacts

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4375.html

----------------

<4-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年4月11日

4-マサチューセッツ州
◇Scituate town meeting rejects resolution to shut down wind turbine
シチュエートのカップルは保健委員会に対する風力タービンの訴訟を取り下げる

(The Patriot Ledger | 2013年4月11日)
http://www.patriotledger.com/x196664465/Scituate-town-meeting-rejects-resolution-to-shut-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<5-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月10日

5-マサチューセッツ州
◇Scituate residents testify on health effects of wind turbines
シチュエート・タウンミーティングは、風力タービンを停止する決議を拒絶します

(The Patriot Ledger |2013年7月10日)
http://www.patriotledger.com/x1293263001/Scituate-residents-testify-on-health-effects-of-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<6-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月24日

6-マサチューセッツ州
◇Scituate resident says state’s wind turbine noise review not good enough
シチュエートの住民は、風力タービンの健康影響について証言する

(The Patriot Ledger | 2013年7月24日)
http://www.patriotledger.com/x273440019/Scituate-resident-says-states-wind-turbine-noise-review-not-good-enough

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<7-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年1月12日

7-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine study shows shadow flicker more than predicted
シチュエートの住民は、州の風力タービンの騒音のレビューは十分ではないと言います

(Boston.com|2014年1月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2014/01/
scituate_turbine_study_shows_shadow_flicker_more_than_predic.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<8-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年8月6日

8-マサチューセッツ州
◇Test results show Scituate turbine noise within state regulations
シチュエート・タービン研究は、予想以上のシャドーフリッカーを示します

(The Patriot Ledger | 2014年8月6日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20140806/NEWS/140808314

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

----------------

<9-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年6月24日

9-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine passes fourth state noise test
シチュエートタービンは4回目の州の騒音試験に合格する

(The Scituate Mariner | 2015年6月24日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150624/NEWS/150628535

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

------------------------------

<10-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年9月12日

10-マサチューセッツ州
◇Neighbors of Scituate turbine call noise ‘unbearable’
シチュエート・タービンの隣人は、騒音を『耐えられない』と言います

(The Scituate Mariner | 2015年9月12日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150912/NEWS/150919640

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

--------------------------------

<11-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年10月16日

11-マサチューセッツ州
◇Need remains to relieve turbine noise
タービンの騒音を緩和する必要がある

(The Scituate Mariner | 2015年10月16日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20151016/NEWS/151017814

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

-----------------------------------------------

<12-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

都市行政委員は、
6月1日から10月15日の午後11時から午前6時までの間に
10mph未満の南西風の発生中に
運転を中止するというタービンのプログラミングを承認しました


==============================

2016年10月19日

12-マサチューセッツ州
◇Turbine noise complaints dip during Scituate pilot program
タービン騒音の苦情は、シチュエートの試験的プログラムの間に下がる

(The Patriot Ledger | 2016年10月19日)
http://www.patriotledger.com/news/20161019/turbine-noise-complaints-dip-during-scituate-pilot-program

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

--------------------------------

<13-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2016年10月22日

ぜひ!⇒
13-手紙、マサチューセッツ州
◇Another erroneous story in The Mariner
マリナーのもう一つの間違った話

(2016年10月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/22/another-erroneous-story-in-the-mariner/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

---------------------------------------------

<14-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年3月9日

14-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine hits $1 million in revenue
シチュエート風力タービンは、風力タービンは100万ドルの収益を上げる

(The Patriot Ledger | 2017年3月9日)
http://www.wickedlocal.com/news/20170309/scituate-wind-turbine-hits-1-million-in-revenue

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4977.html

それが設置されてから何年もの間、
住民は400フィートのタービンからの
騒音とちらつきが、頭痛、めまい、
吐き気、睡眠不足の原因であったことを
保健委員会に訴えています。

----------------------------------------------

<15-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年9月22日

ぜひ!⇒
15-マサチューセッツ州
◇Scituate Wind turbine noise still a problem for some
シチュエート風力タービン騒音は、まだ何人かの問題です

(Scituate Mariner | 2017年9月22日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20170922/scituate-wind-turbine-noise-still-problem-for-some

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4978.html

By Ruth Thompson



シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
ニューサンス(生活妨害)法と州の騒音規制の両方で
防護措置を取るために必要な証拠を収集するために、
町当局に、
タービンの独立した騒音コンプライアンス調査に
同意するよう求めています。





「何も変わっていない。」と
タービンの近くに住んでいる
デイビッド・ダルディ氏(David Dardi)は、
言いました。

「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し続け、
隣人と私自身の生活と健康に悪影響を与え続けている。」




2012年春の初めに、
400フィートの風力タービンが
ドリフトウェイに設置されました。

それがオンラインになった直後に、
近隣の人々は、タービンに関連する騒音と
ちらつきについて苦情を言うようになりました。





「程度の異なる不快と睡眠中断が
この5年の間にありました」と、ダルディ氏は言いました。

「タービンが作動している間に
私の耳は絶え間なく鳴り響きます
それは、耳鳴りとしてよく知られています。」


私は素敵な夏の夜に窓を閉めることを
余儀なくされていて
バックグラウンドミュージックを演奏して
寝ることができます。
それは容認できませんし
騒音を軽減するための生活妨害法と矛盾します。

多くの夜私は睡眠のために
処方箋の睡眠薬を服用せざるを得ません。」





ダーディ氏は5年前に、25人の住宅所有者が
シチュエート保健委員会に
激しい騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。





「苦情はいくつかの理由で散逸しています、
しかし、それは
騒音が耐えられるようになったからではない 。」と
彼は言った。


「何人かの隣人は引っ越し、
何人かは寝室の場所を移動し、
何人かは、タービンからの騒音のために、
彼らは窓を開くことができないので
セントラルエアコンを設置しました、
町当局は状況の深刻さを無視し、
申し分のない調査プロセスを
支援することを拒否したので
ほとんどの隣人は敗北したと感じました。」と述べた。





エレン・キャスパー氏(Ellen Kasper)は
タービンの近くに住み、騒音の影響を受けます。


「夜間に睡眠を妨げたり
目を覚ましたりするほど
タービンは非常にうるさいです。
私は眠ることができません。」と彼女は言った。

私はしばしば耳鳴りで目を覚まします。

私はボストンで働いており、
午前7時までにそこにいる必要があります。

私は、風車の妨害による恐ろしい夜の後に
ちかくで居眠りの事故に遭っています。」




キャスパー氏とダーディ氏の両方とも
都市行政委員の会議に出席し、
シチュエートの保健委員に接触しました。




「都市行政委員は、
影響を受けている多くの方々の声に耳を傾け、
騒音対策プログラムを実施しており、
そのプログラムは、
継続中の騒音攻撃から近隣住民を保護するうえで
成功していません。」とダーディ氏は語った。


その結果、騒音の苦情が引き続き起こります。




タービンはあらゆる種類の気象条件で聞こえると
キャスパー氏は語る。





「風速が低く、そして、暗騒音が少ない夜間に
それは最も騒々しいです。」




数年間タービンによって引き起こされた妨害を
文書化しているキャスパー氏(Kasper)は、
一年中午前6時まで
タービンが午後10時からオフになることを望んでいます。






「それが私に影響を与えていないなら、
私はそれが他の場所の隣人に
影響を与えていると確信しています。」




ダーディ氏は、
『風力産業との政治的または財政的関係がない』
独立した専門家によって
研究が行われることを望んでいます。





「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。





この会社が許可が承認された事前建設報告書を
作成したにもかかわらず、
シチュエート保健委員会がタービン所有者に
Tech Environmentalを雇用して
建設後のコンプライアンス・テストに
従事できるようにしたことを、彼は指摘します。




「隣人は、Tech Environmentalが
利益相反を持っていたということで
この決定が間違っていたと主張する権利があった。」と
彼は言った。


「近所のグループはこの取り決めに反対したが、
保健委員会はコメントなしで利益相反を許しました。」





隣人が誠実さに懸念を表明したことをサポートする
試験会社の方法に深刻な欠陥を示すために
収集された重要な証拠があると、
ダーディ氏は付け加えました。





シチュエートに存在する条件は例外的ではないと
ダーディ氏は述べている。




ダーディ氏は、キングストン、プリマス、
ボーンなどの他のコミュニティの中で、
風力タービンが住宅地に近すぎて
苦情が寄せられていることを挙げています。





「許可を受けている間に
町があさはかなアドバイスを受けたのは明らかです。」と
彼は言いました。

「町は、これらのタービンが無害で
州法に従うことを保証しましたが、
それは真実ではありません。

例えば、
ファルマス、フェアヘイブン、キングストン
(Falmouth、Fairhaven、Kingston)の音響試験では、
建設前に保証された音響パワーレベルが
著しく過小評価されていることが証明されています。
仮に独立した音響試験がここシチュエートで
許可されたなら
ここにも同じことが書かれていると私は確信しています。」






誰もが風力タービンの始動を楽しみにしていたと
キャスパー氏は語った。

しかし、それがやって来ると、
彼らは「私たちの生活や健康にとって
どれほど破壊的なものかということに
全く準備ができていませんでした」。




「私たちは代替エネルギーに
反対しているわけではない」と彼女は語った。

「この大きさの風力タービンは、
住居の近くに設置しないでください。」




タービン問題は、都市行政委員会議長の
モーラ・カラン氏(Maura Curran)によると、
10月3日の都市行政委員会の議題に置かれる予定です。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html

2017-10-18 : ☆マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<15-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>ぜひ⇒15-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービン騒音は、まだ何人かの問題です…ファルマス、フェアヘイブン、キングストンの建設前に保証された音響パワーレベルが著しく過小評価されていることが証明されています。仮に独立した音響試験がここシチュエートでも許可されたなら、ここも同じことが書かれていると私は確信しています…エレン・キャスパー|関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<15-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>




2017年9月22日




ぜひ!⇒
15-マサチューセッツ州
◇Scituate Wind turbine noise still a problem for some
シチュエート風力タービン騒音は、まだ何人かの問題です

(Scituate Mariner | 2017年9月22日)
http://scituate.wickedlocal.com/news/20170922/scituate-wind-turbine-noise-still-problem-for-some



By Ruth Thompson



シチュエート風力タービンの近くに住む住民は、
ニューサンス(生活妨害)法と州の騒音規制の両方で
防護措置を取るために必要な証拠を収集するために、
町当局に、
タービンの独立した騒音コンプライアンス調査に
同意するよう求めています。





「何も変わっていない。」と
タービンの近くに住んでいる
デイビッド・ダルディ氏(David Dardi)は、
言いました。

「シチュエート・ウィンドのタービンは
睡眠を乱し続け、
隣人と私自身の生活と健康に悪影響を与え続けている。」




2012年春の初めに、
400フィートの風力タービンが
ドリフトウェイに設置されました。

それがオンラインになった直後に、
近隣の人々は、タービンに関連する騒音と
ちらつきについて苦情を言うようになりました。





「程度の異なる不快と睡眠中断が
この5年の間にありました」と、ダルディ氏は言いました。

「タービンが作動している間に
私の耳は絶え間なく鳴り響きます
それは、耳鳴りとしてよく知られています。」


私は素敵な夏の夜に窓を閉めることを
余儀なくされていて
バックグラウンドミュージックを演奏して
寝ることができます。
それは容認できませんし
騒音を軽減するための生活妨害法と矛盾します。

多くの夜私は睡眠のために
処方箋の睡眠薬を服用せざるを得ません。」





ダーディ氏は5年前に、25人の住宅所有者が
シチュエート保健委員会に
激しい騒音と生活妨害の苦情を申し入れました。





「苦情はいくつかの理由で散逸しています、
しかし、それは
騒音が耐えられるようになったからではない 。」と
彼は言った。


「何人かの隣人は引っ越し、
何人かは寝室の場所を移動し、
何人かは、タービンからの騒音のために、
彼らは窓を開くことができないので
セントラルエアコンを設置しました、
町当局は状況の深刻さを無視し、
申し分のない調査プロセスを
支援することを拒否したので
ほとんどの隣人は敗北したと感じました。」と述べた。





エレン・キャスパー氏(Ellen Kasper)は
タービンの近くに住み、騒音の影響を受けます。


「夜間に睡眠を妨げたり
目を覚ましたりするほど
タービンは非常にうるさいです。
私は眠ることができません。」と彼女は言った。

私はしばしば耳鳴りで目を覚まします。

私はボストンで働いており、
午前7時までにそこにいる必要があります。

私は、風車の妨害による恐ろしい夜の後に
ちかくで居眠りの事故に遭っています。」




キャスパー氏とダーディ氏の両方とも
都市行政委員の会議に出席し、
シチュエートの保健委員に接触しました。




「都市行政委員は、
影響を受けている多くの方々の声に耳を傾け、
騒音対策プログラムを実施しており、
そのプログラムは、
継続中の騒音攻撃から近隣住民を保護するうえで
成功していません。」とダーディ氏は語った。


その結果、騒音の苦情が引き続き起こります。




タービンはあらゆる種類の気象条件で聞こえると
キャスパー氏は語る。





「風速が低く、そして、暗騒音が少ない夜間に
それは最も騒々しいです。」




数年間タービンによって引き起こされた妨害を
文書化しているキャスパー氏(Kasper)は、
一年中午前6時まで
タービンが午後10時からオフになることを望んでいます。






「それが私に影響を与えていないなら、
私はそれが他の場所の隣人に
影響を与えていると確信しています。」




ダーディ氏は、
『風力産業との政治的または財政的関係がない』
独立した専門家によって
研究が行われることを望んでいます。





「町への予期せぬ棚ぼた式に手に入った大金が
公衆衛生と安全を守るという
当局の正当な行為を妨げているというのが、
私の見解です。」と述べた。





この会社が許可が承認された事前建設報告書を
作成したにもかかわらず、
シチュエート保健委員会がタービン所有者に
Tech Environmentalを雇用して
建設後のコンプライアンス・テストに
従事できるようにしたことを、彼は指摘します。




「隣人は、Tech Environmentalが
利益相反を持っていたということで
この決定が間違っていたと主張する権利があった。」と
彼は言った。


「近所のグループはこの取り決めに反対したが、
保健委員会はコメントなしで利益相反を許しました。」





隣人が誠実さに懸念を表明したことをサポートする
試験会社の方法に深刻な欠陥を示すために
収集された重要な証拠があると、
ダーディ氏は付け加えました。





シチュエートに存在する条件は例外的ではないと
ダーディ氏は述べている。




ダーディ氏は、キングストン、プリマス、
ボーンなどの他のコミュニティの中で、
風力タービンが住宅地に近すぎて
苦情が寄せられていることを挙げています。





「許可を受けている間に
町があさはかなアドバイスを受けたのは明らかです。」と
彼は言いました。

「町は、これらのタービンが無害で
州法に従うことを保証しましたが、
それは真実ではありません。

例えば、
ファルマス、フェアヘイブン、キングストン
(Falmouth、Fairhaven、Kingston)の音響試験では、
建設前に保証された音響パワーレベルが
著しく過小評価されていることが証明されています。
仮に独立した音響試験がここシチュエートで
許可されたなら
ここにも同じことが書かれていると私は確信しています。」






誰もが風力タービンの始動を楽しみにしていたと
キャスパー氏は語った。

しかし、それがやって来ると、
彼らは「私たちの生活や健康にとって
どれほど破壊的なものかということに
全く準備ができていませんでした」。




「私たちは代替エネルギーに
反対しているわけではない」と彼女は語った。

「この大きさの風力タービンは、
住居の近くに設置しないでください。」




タービン問題は、都市行政委員会議長の
モーラ・カラン氏(Maura Curran)によると、
10月3日の都市行政委員会の議題に置かれる予定です。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<1-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2010年11月17日

ぜひ!⇒
1-マサチューセッツ州
◇Scituate council rejects wind turbine ordinance
シチュエート議会は、風力タービン条例を拒絶します

( Valley Breeze |2010年11月17日)
https://www.wind-watch.org/news/2010/11/18/
scituate-council-rejects-wind-turbine-ordinance/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4372.html

----------------

<2-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2011年8月12日

2-マサチューセッツ州
◇Wind turbine construction begins in Scituate
風力タービン建設は、シチュエートで始まります

(Boston.com|2011年8月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2011/08/turbine_construction_begins_in.html?camp=pm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4374.html

----------------

<3-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2012年10月4日

ぜひ!⇒
3-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine: Neighbors speak out on health impacts
シチュエート風力タービン:隣人は、健康影響に関して意見を述べます

(Wicked Local Scituate | 2012年10月4日)
http://scituate.wickedlocal.com/x354107538/Scituate-wind-turbine-Neighbors-speak-out-on-health-impacts

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4375.html

----------------

<4-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年4月11日

4-マサチューセッツ州
◇Scituate town meeting rejects resolution to shut down wind turbine
シチュエートのカップルは保健委員会に対する風力タービンの訴訟を取り下げる

(The Patriot Ledger | 2013年4月11日)
http://www.patriotledger.com/x196664465/Scituate-town-meeting-rejects-resolution-to-shut-down-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<5-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月10日

5-マサチューセッツ州
◇Scituate residents testify on health effects of wind turbines
シチュエート・タウンミーティングは、風力タービンを停止する決議を拒絶します

(The Patriot Ledger |2013年7月10日)
http://www.patriotledger.com/x1293263001/Scituate-residents-testify-on-health-effects-of-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html

----------------

<6-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2013年7月24日

6-マサチューセッツ州
◇Scituate resident says state’s wind turbine noise review not good enough
シチュエートの住民は、風力タービンの健康影響について証言する

(The Patriot Ledger | 2013年7月24日)
http://www.patriotledger.com/x273440019/Scituate-resident-says-states-wind-turbine-noise-review-not-good-enough

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<7-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年1月12日

7-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine study shows shadow flicker more than predicted
シチュエートの住民は、州の風力タービンの騒音のレビューは十分ではないと言います

(Boston.com|2014年1月12日)
http://archive.boston.com/yourtown/news/scituate/2014/01/
scituate_turbine_study_shows_shadow_flicker_more_than_predic.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html

----------------

<8-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2014年8月6日

8-マサチューセッツ州
◇Test results show Scituate turbine noise within state regulations
シチュエート・タービン研究は、予想以上のシャドーフリッカーを示します

(The Patriot Ledger | 2014年8月6日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20140806/NEWS/140808314

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

----------------

<9-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年6月24日

9-マサチューセッツ州
◇Scituate turbine passes fourth state noise test
シチュエートタービンは4回目の州の騒音試験に合格する

(The Scituate Mariner | 2015年6月24日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150624/NEWS/150628535

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4379.html

------------------------------

<10-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年9月12日

10-マサチューセッツ州
◇Neighbors of Scituate turbine call noise ‘unbearable’
シチュエート・タービンの隣人は、騒音を『耐えられない』と言います

(The Scituate Mariner | 2015年9月12日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20150912/NEWS/150919640

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

--------------------------------

<11-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2015年10月16日

11-マサチューセッツ州
◇Need remains to relieve turbine noise
タービンの騒音を緩和する必要がある

(The Scituate Mariner | 2015年10月16日)
http://scituate.wickedlocal.com/article/20151016/NEWS/151017814

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4380.html

-----------------------------------------------

<12-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

都市行政委員は、
6月1日から10月15日の午後11時から午前6時までの間に
10mph未満の南西風の発生中に
運転を中止するというタービンのプログラミングを承認しました


==============================

2016年10月19日

12-マサチューセッツ州
◇Turbine noise complaints dip during Scituate pilot program
タービン騒音の苦情は、シチュエートの試験的プログラムの間に下がる

(The Patriot Ledger | 2016年10月19日)
http://www.patriotledger.com/news/20161019/turbine-noise-complaints-dip-during-scituate-pilot-program

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

--------------------------------

<13-マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題>

2016年10月22日

ぜひ!⇒
13-手紙、マサチューセッツ州
◇Another erroneous story in The Mariner
マリナーのもう一つの間違った話

(2016年10月22日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/22/another-erroneous-story-in-the-mariner/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4381.html

---------------------------------------------

<14-マサチューセッツ州:シチュエート風力と健康>

2017年3月9日

14-マサチューセッツ州
◇Scituate wind turbine hits $1 million in revenue
シチュエート風力タービンは、風力タービンは100万ドルの収益を上げる

(The Patriot Ledger | 2017年3月9日)
http://www.wickedlocal.com/news/20170309/scituate-wind-turbine-hits-1-million-in-revenue

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4977.html

それが設置されてから何年もの間、
住民は400フィートのタービンからの
騒音とちらつきが、頭痛、めまい、
吐き気、睡眠不足の原因であったことを
保健委員会に訴えています。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html

2017-10-17 : ☆マサチューセッツ州:シチュエート風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR