騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<20-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>ぜひ⇒20-ペンシルバニア州:ペン・フォレストは、風力タービン条例の変更案について議論する…研究を通じて、 既存の条例では、風力タービンに関する情報と 住宅地域に発生する可能性のある問題、 人間の健康、野生生物、渡り鳥への影響を 考慮していないことに気付き、郡区に条例の変更案を提出し、超低周波音レベルも条例によって取り上げられるように頼みました…マーカス・ローレンス(郡区の住民) |関連記事| // 【お知らせ】 | 終了しました⇒おとしんの,懇親会/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)











<20-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>




2018年3月14日




ぜひ!⇒
20-ペンシルバニア州/画像
◇Penn Forest discusses proposed changes to wind turbine ordinance
ペン・フォレストは、風力タービン条例の変更案について議論する

(Times News | 2018年3月14日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-discusses-proposed-changes-wind-turbine-ordinance



By Judy Dolgos-Kramer



画像:

ジョン・フォンテーヌ氏(John Fontaine)は、
住宅地で許可されている風力タービンは
「居住用と調和していない」こと
そして、カーボン郡(Carbon County)総合計画に
準拠していないことを指摘しました。

「このプロジェクトは、住宅地での事業はない」と
フォンテーヌ氏は語った。

このビデオをPrindeoアプリでスキャンして、
会議のビデオを入手してください。

JUDY DOLGOS-KRAMER/TIMES NEWS


==================================================


画像:

マーカス・ローレンス氏(Marcus Laurence)は、
風力タービン条例ワークショップに出席している人に
話しかけました。

ローレンス氏は、改正条例には基準がなく、
超低周波音に対応していないと懸念しています。

超低周波音/インフラサウンド(InfraSound)は
低いレベルのノイズであり、
人間の耳には検出されませんが、
人間や動物に大きな影響を与えると考えられています。


==================================================




ペン・フォレスト郡区の住民たちは、
火曜日の夜、企業が2つの申請書を提出した後に、
風力タービン条例の変更提案を表明した。





郡区の事務弁護士、トーマス・ナノビック氏
(Thomas Nanovic)は
ワークショップの結果としての条例改正は
ゾーニングのヒアリング
またはカーボン郡司法裁判所の前の申請には
影響を与えませんと、述べた。




アトランティック・ウインド社(Atlantic Wind)の
両方の申請は、
現在記述されているように条例の下で提出されました。

改正条例は、
改正が成立した後に行われた申請にのみ適用されます。




条例を改正するというアイデアは、
郡区の住民マーカス・ローレンス氏
(Marcus Laurence)から来ました。

ローレンス氏は
アトランティック・ウインド社
ペン・フォレスト郡区にある
ベツレヘム水道局に属する
37基の工業用風力タービンを建設する許可を求め
郡区ゾーニング委員会に来る前に
風力タービンに関する相当な研究に着手しました。



水道局が所有する土地は居住区にゾーニングされています。




ローレンス氏は、彼の研究を通じて、
既存の条例では、風力タービンに関する情報と
住宅地域に発生する可能性のある問題、
人間の健康、野生生物、渡り鳥への影響を
考慮していないことに気付きました。




ローレンス氏は郡区に条例の変更案を提出しました。



郡区は、アーバン・リサーチ・
アンド・ディベロップメント・コーポレーション
(Urban Research and Development Corp.)の
チャーリー・Schmehl氏(Charlie Schmehl)を
条例を改正するために雇いました。



「私たちはそれが彼の専門分野であるため、
変更を加えるためにチャーリーに任せました」と
ナノビック氏(事務弁護士)は述べています。



Schmehl氏は以下の改訂をレビューしました:




•占有されている住居へのセットバックを
タービンの高さの4倍に増やす
そして、最大450フィートの高さを追加します。


•クリークや水路のセットバックに対する規定。


•提案された全区域の10%の最大の森林の除去。


•可聴音レベルは45Aの加重デシベルのままであったが、
それは平均ではなく
最大の騒音レベルにするための規定が追加されました。


•条例の遵守を示すために、
5年ごとの騒音調査のための規定の追加。




いくつかの項で
Schmehl氏は、
「申請が4基以上の風力タービンに関係する場合...」という
フレーズを使用していました。
それは、その段落が他に適用されないことを示している。




これは、出席した多数の住民の懸念を引き起しました
なぜなら、
それは一度に4基の風力タービンを建造するだけで
条例を迂回する機会として使用することができると
信じられていたからです。




Schmehl氏が追加した1つの項は、
原型のアプリケーションには存在せず、
存在していた人たちの間でかなりの騒ぎを引き起こしました
その項は、
「風力タービンは
別の許可された用途と同じ区画に置くことができる」。






▼Resident input
 住民の情報




オリジナルのアトランティック・ウインド社の申請の
主たる異議申し立て人である
フィリップ・Malitsch氏(Phillip Malitsch)は、
問題の土地は住宅用にゾーン化されている
したがって、単一の主要な使用のみが許可されると
指摘しました。



「住宅地では、2つの主な用途があるべきではない」と
Malitsch氏は述べました。


「さもなければ、あなたは住宅地を準商業地帯に
リバースエンジニアリング(模倣)している」と述べた。




Malitsch氏はまた、建設前に音、水質、流量などの
ベースライン調査を行うべきであり
そして、条例の要求事項への準拠を確認するために
建設後の調査を実施すべきであると提案しました。






ローレンス氏は委員会にも言及しました。

ローレンス氏は、提案された改正案を検討する日が
一日しかなかったため、
そして、彼が再検討する時間が長くなる
将来の委員会に対処する権利を留保したので
動揺させれられました。

ナノビック氏は、
そうする時間があることを彼に保証した。




ローレンス氏は、Malitsch氏のような
2番目に許可された土地利用に強く反対しました。




条例の他の部分に関しては、
ローレンス氏は基準が適用されていないことを指摘した。




特にSchmehl氏によって追加された新しい項であった
「シャドウフリッカー」に関して、
ローレンス氏は尋ねました:



「基準は何ですか?

それらはどのように適用されますか?

私たちの郡区は
ガラス張りの合掌造りの家がたくさんあります。

人々がシャドウフリッカーで問題を抱えていると、
彼らは問題を軽減するために
「ブラックアウトシェード」を購入するように
言われましたと、私は読みました。

ガラス張りの住宅で
フリッカーを軽減する方法はありません。」




ローレンス氏はまた、
昼間と夜間の騒音レベルの要件が異なるように
変更することを提案しました。




「夜の音の認識は、
日中の音の認識とはまったく異なります」と
彼は付け加えました。




ローレンス氏はまた、
超低周波音レベルも
条例によって取り上げられるように頼みました。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<3-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年7月15日

3-ペンシルバニア州/画像
◇‘My home was my sanctuary’
『私の家は、私の聖域でした』

(タイムズ・ニュース | 2016年7月15日)
http://www.tnonline.com/2016/jul/15/%E2%80%98my-home-was-my-sanctuary%E2%80%99

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4133.html

「私の家の快適さを失っているので、
私はここにいます。」と
マッケンジーは言いました。
「我々は双方に不利な状況にあります。」

マッケンジーの家は
525フィートの風力タービンの
ツインリッジ風力プロジェクトから
1640フィート内にあります。
プロジェクトは、
2012年のクリスマスイブに運転に入りました。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル

マッケンジーは、その時以来、
彼女と彼女の夫はよく寝ていない
そして両方とも、
彼らの耳に耳鳴りや圧力を経験していると
証言しました。
彼女は、
彼らが自宅から離れているとき
問題は自動的に解決していることを
付け加えました。

6台のタービンが、
冬の月にマッケンジー家の住居から見えます。
明滅する明かりは、
ブレードから、
年のうち8ヶ月間自宅を介して点滅します。
自宅での騒音レベルは
80デシベルと同じくらい高く測定されています。

マッケンジーは
ブレードに氷が積み重なるとき、
騒音レベルが増加すると言いました
そして、飛行機に類似した音を
引き起こしました。

「私の家は私の聖域でした。
マイホームは住み心地良くなければなりません。」

---------------------------

<10-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年12月31日

ぜひ!⇒ (経緯を含む)
10-ペンシルバニア州
◇Penn Forest wind turbine project still up in the air
ペン・フォレスト風力タービン・プロジェクトは、未決定です

(Times News | 2016年12月31日)
http://www.tnonline.com/2016/dec/31/penn-forest-wind-turbine-project-still-air

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4857.html

By Judy Dolgos-Kramer

ペン・フォレスト郡区(Penn Forestshipship)の
37台以上の風力タービンに関する問題が
裁判所で行われている。


アトランティック・ウインドLLCは、
ベツレヘム流域局
(Bethlehem Watershed Authority)に
属する不動産に
タービンを建設する特別な例外申請を提出しました。
同社は2013年以来、
風力タワーの設置許可を要求されたこの地域で
一連の風力研究を行っていました。

住民はすぐにその動きに抗議し始めました。
地元の選出された当局者は、
プロジェクトを中止するよう嘆願しました。
ベツレヘム流域風力発電プロジェクトに
NOと言っているような
封鎖グループを含む
いくつかのFacebookページが生まれました。

『GoFundMe』は、アトランティック・ウインドと
戦うための法的手数料を集めるために設立されました。

ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会の前で、
アトランティック・ウインドの
プロジェクトマネージャーの
クレイグPoff氏(Craig Poff)と
その騒音エンジニアと
住民側による専門家からの証言があり、
6件のヒアリングが行われました。

ツインリッジ風力発電所の下で暮らす
サマセット郡の住宅所有者である
タミー・マッケンジー氏(Tammy McKenzie)は、
明滅している光と
80デシベルの高さで測定された音のため、
彼女が自宅にもう住むことができないと証言しました。

不動産鑑定人ドン・ポール・シアラー氏
(Don Paul Shearer)は、
「損害商品」理論のために、
その地域の不動産価値が
25〜35%も損なわれる可能性があると証言した。

水理学者パメラ・ドブス氏(Pamela Dobbs)は、
地下水の撹乱とその長期的影響が
山岳地帯に及ぼす影響について証言した。
リチャード・ジェイムズ氏(Richard James)は、
アトランティック・ウインドの
騒音研究の瑕疵について証言した。

9月20日、アトランティック・ウインドの代表は、
聴聞会に出席せず、
安全上の懸念を表明した手紙を送って、
独立した公聴会役員に
有利な町に任命された委員会を削除し、
公聴会を「より安全な」会場に移す訴訟を起こすと述べた 。

アトランティック・ウインドは9月26日に
カーボン郡民事訴訟裁判所に
(the Carbon County Court of Common Pleas)に
訴訟を起こした。

スティーブン・R.サーファス(R. Serfass)判事は、
聴聞会が提出した
先決的抗弁(preliminary objections)について、
裁判所が12月20日に
アトランティック・ウインドの要求を
拒絶することを要求する議論を聞いた。

アトランティック・ウインドは、
ペン・フォレスト・ボランティア消防隊No.1で
審問会を開催することは、
アトランティック・ウインド社の従業員、弁護人、
証人、ゾーニング聴聞会のメンバー、
一般の人々にとって危険である
そして、
武装した居住者を目撃したと主張しました。

アトランティック・ウインド社はまた、
従業員と聴聞会の委員長オードリー・ワーゴ氏
(Audrey Wargo)に対する
確かな脅威があったとも主張している。
議論は、委員会が脅かされている場合、
アトランティック・ウインドが
公正な聴聞会を受けないと結論づけた。

サーファス判事は、
独立した審問官を任命することが
効果を生むかどうかについて疑問を呈した。
ゾーニング聴聞会の弁護士マット・ラパ氏
(Matt Rapa)は、
より制限された会場への変更は、
当事者が新たな審問官の前に再度手続を開始することなく、
アトランティック・ウインド社の
懸念事項のすべてを解決すると信じていると裁判所に語った。

当事者は1月中旬まで裁判所に追加の申し立てを提出する。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-------------------------------------------

<11-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年3月31日

11-ペンシルバニア州
◇County says no to wind hearings
郡は、風力の審理を断ります

(Times News | 2017年3月31日)
http://www.tnonline.com/2017/mar/31/county-says-no-wind-hearings

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4858.html

----------------------------------------------

<12-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年5月18日

12-ペンシルバニア州
◇Wind farm denied; Penn Forest hears final testimony, announces decision
否定される風力発電所;ペン・フォレストは最終的な証言を聞いて、決定を発表します

(Times News | 2017年5月18日)
http://www.tnonline.com/2017/may/18/wind-farm-denied

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4859.html

----------------------------------------------

<13-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年7月24日

13-ペンシルバニア州
◇Turbines still an issue in Carbon
タービンは依然としてカーボンが争点です

(Times News | 2017年7月24日)
http://www.tnonline.com/2017/jul/24/turbines-still-issue-carbon

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4860.html

----------------------------------------------
 
2018/03/25
<14-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2017年8月21日

14-ペンシルバニア州
◇Disputed wind turbine issue heads to court; appeal filed
論じられた風力タービン問題は法廷へ向かいます;上訴しました

(Times News | 2017年8月21日)
https://www.tnonline.com/2017/aug/21/disputed-wind-turbine-issue-heads-court-appeal-filed

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5318.html

----------------------------------------------

2018/03/26
<15-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年1月6日

15-ペンシルバニア州
◇Judge rules in Atlantic Wind case
判事はアトランティック・ウインドのケースに裁定する
(Times News Online | 2018年1月6日)
https://www.tnonline.com/judge-rules-atlantic-wind-case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5320.html

----------------------------------------------

2018/03/27
<16-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年2月8日

16-ペンシルバニア州
◇Penn Forest will not appeal wind turbine ruling
ペン・フォレストは、風力タービンの裁定を上訴しません
(Times News | 2018年2月7日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-will-not-appeal-wind-turbine-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5323.html

----------------------------------------------

2018/03/28
<17-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2018年2月8日

17-ペンシルバニア州
◇Wind energy proposal scaled back in Bethlehem watershed
風力エネルギー提案は、ベツレヘムの分岐点で縮小されます

(lehighvalleylive|2015年2月8日)
http://www.lehighvalleylive.com/bethlehem/index.ssf/2018/02/wind_energy_proposal_scaled_ba.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5325.html

----------------------------------------------

2018/03/29
<18-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2018年2月16日

ぜひ!⇒
18-ペンシルバニア州
◇Atlantic Wind scales back turbine proposal
アトランティック・ウィンドは、タービンの提案の規模を縮小する

(The Morning Call | 2018年2月16日)
http://www.mcall.com/news/local/bethlehem/mc-nws-bethlehem-turbine-proposal-20180214-story.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5329.html

----------------------------------------------

2018/03/30
<19-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2018年3月2日

ぜひ!⇒
19-ペンシルバニア州/動画
◇Penn Forest hears new Atlantic Wind turbine petition
ペン・フォレストは、新しいアトランティック・ウィンド・タービンの申請を審問する

(Times News | 2018年3月2日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-hears-new-atlantic-wind-turbine-petition

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5330.html




------------------------------------------------


更新日:2018年3月29日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・2018年3月29日、以下の記事をエントリーしました。
裁判になっていますので、経過を注視したいと思います。

<25-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題> 2018年3月29日
2018年1月
ぜひ!⇒
25-コロラド州
◇Wind turbines linked to increased cortisol levels?
風力タービンは、増加したコルチゾール・レベルにリンクしているのか?

(The New Falcon Herald | 2018年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticles.php?ArticleType=HW&Month=01&PrintDay=06&Year=2018

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5328.html



・2018年3月27日、以下の記事をエントリーしました。

・今年に入って、オンタリオ州で新たな訴訟が始まりました。
エリック・ガレスピー氏は、有名な環境弁護士だそうです。

<1-オンタリオ州:オンタリオ州環境・気候変動省 vs 市民> 2018/03/27
2018年1月28日
ぜひ!⇒
1-オンタリオ州
◇Citizens sue province over proposed wind turbine parks
市民は、提案された風力タービン・パークに関して州を訴える

(CBC News | 2018年1月28日)
http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/wind-turbines-ontario-nation-north-stormont-lawsuit-1.4507448



・2018年3月26日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/26
2018年3月20日
ぜひ!⇒
韓国
◇Wind turbines destroy local farming village
風力タービンは、地元の農業村を破壊します

(The Korea Herald |2018年3月20日)
www.koreaherald.com/view.php?ud=20180320000768

―引用
昨年、養蜂家アン・ヒョジョン氏は、
去年何千匹ものミツバチを失ってしまったと話しました。
「私は、風力タービンの低周波が
直接的な原因であると信じています。」とアン氏は言った。
彼は今、追加の損失を被る恐れから、
養蜂コロニー全体を別の地域に移しました。
・・・・・
チョン・スンンン氏(60)は
「誰がこのような土地を買うだろうか?
彼らは以前、タービンからの悪影響はないと言いましたが、
今は騒音が聞こえるのが本当に気になり、
夜はほとんど騒がしくなっています。
私は寝ることができません。」と話しました。
さらに、60デシベルの回転音は「人々を狂わせる」と
付け加えた。

もっと問題になるのは、
人々や動物や昆虫に悪影響を及ぼす可能性のある
風力タービンの低周波音や超低周波音の特質は
問題を含むと、専門家は警告します。

「過度の低周波ノイズに対する絶え間の曝露は、
過剰なストレス、関節の問題、
呼吸障害などの人体の健康問題につながる可能性があります。」と
ソンシル大学のサウンドエンジニアリングラボの
ペ・ミョンジン教授は、述べました。

「関連する研究データによれば、
長期間にわたり低周波ノイズに曝された
牛の胎児死亡例が多く報告されており、
これも人体に影響を与える可能性がある」と、
ペ教授は述べた。
  ―引用終わり



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

アイオワ州については、
ルーラル・プロパティライツ連合のジャンナ・スワンソンさんのほかに
拙ブログカテゴリー
<✤アイオワ州:テリー・マクガヴァン教授と風力問題>も
併せてお読みいただければ幸いです。

<1-アイオワ州:ルーラル・プロパティライツ連合(農村部財産権連合)>2018/03/21 up
2017年4月20日
1-アイオワ州
◇Is wind power saving rural Iowa or wrecking it?
風力発電はアイオワの農村部を救うか、あるいはそれを破壊していますか?

(The Des Moines Register | 2017年4月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/21/is-wind-power-saving-rural-iowa-or-wrecking-it/



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/21

2018年3月20日

ぜひ!⇒
京都府
◇【特集】うるさくて集中できない 弓道家悩ます“音”

(MBSニュース|2018年3月20日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-10000001-mbsnews-l27&p=1

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5314.html

―引用
圧迫感を与える低周波

音は商業施設の営業時間中は絶えず鳴り響いているのですが、
こうした音が競技にどのような影響を及ぼすのか、
騒音問題の専門家に分析してもらいました。

「エアコンの室外機は基本的な構造として
風を送るためのものですので、
ファンがまわっているんですよね。
ファンが回転することによって、
その低周波の低いボーっという音が
一番大きな音として聞こえやすいというのがあります。

低周波なんですけど、
低周波自身が変動しているんですよね。

変動しているとそれを聞いている人というのは、
よりそちらに意識がいきやすくなる」
(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

低周波は聞く人間に圧迫感を与え、
睡眠の妨げなどになるおそれがあるといいます。

・・・・・・
「基本的な対策方法としては
やはり音というのは周波数に限らず、
離れれば当然小さく感じますので、
設置場所をまずは検討した上で適切な位置に設置するというのが、
まずは前提として必要なのかなといえます」(吉田準史准教授)

―引用終わり




・2018年3月13日、以下の記事をエントリーしました。
・関連記事は、後日エントリーする予定です。

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車> 2018/03/13 up

2018年2月15日

ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年3月の懇親会が終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。
次回は7月を予定しています。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分⇒ 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-03-31 : ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<19-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>ぜひ⇒19-ペンシルバニア州/動画:ペン・フォレストは、新しいアトランティック・ウィンド・タービンの申請を審問する…アトランティック・ウィンド社の音響専門家、マーク・Bastasch氏は、 ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会で、 提案された風力タービンが 45デシベルの限界を超えないと証言しています / Penn Forest zoning (youtube) |関連記事| // 【お知らせ】 | 終了しました⇒おとしんの,懇親会/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)











<19-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>




2018年3月2日




ぜひ!⇒
19-ペンシルバニア州/動画
◇Penn Forest hears new Atlantic Wind turbine petition
ペン・フォレストは、新しいアトランティック・ウィンド・タービンの申請を審問する

(Times News | 2018年3月2日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-hears-new-atlantic-wind-turbine-petition



By Judy Dolgos-Kramer




画像:

アトランティック・ウィンド社(Atlantic Wind)の
音響専門家、マーク・Bastasch氏(Mark Bastasch)は、
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会で、
提案された風力タービンが
45デシベルの限界を超えないと証言しています。

この写真をPrindeoアプリでスキャンして、
聴聞会のビデオをご覧ください。

JUDY DOLGOS-KRAMER/TIMES NEWS


==========================================

動画:

Penn Forest zoning (youtube)


==========================================



ペン・フォレスト・ゾーニング委員会と
アトランティック・ウィンド社のための第2ラウンドです。



ゾーニング審理委員会は木曜日、
町の風力タービンを建設するための
会社からの新しい申請書に証言を始めた。



アトランティック・ウィンド社は、
2014年4月、
ベツレヘム水道公社の所有物件に
最大37基の風力タービンを建設する
特別な例外許可申請を提出しました。



この申請書は現在進行中の承認とみなされていますが、
プロジェクトに異議を唱える
何人かの居住者の控訴が提出されています。



その間に、アトランティック・ウィンド社は
28基のより大きな風力タービンを建設するための
新しい申請書を提出しました。



アトランティック・ウィンド社の弁護士
デブラ・Shulski氏(Debra Shulski)は、
「特別な例外」は
申請の誤解を招く用語であることを指摘して
彼女のコメントを開始しました。




「これは特別でも例外でもない」と彼女は指摘した。

「それは、申請が条例の要件にどのように遵守するかを
委員会に示す必要がある許可された使用です。」




「この傾向は、ローターの直径、高さ、
出力が高くなる傾向にあります。」と
アトランティック・ウインド社の親会社である
アバングリッド・リニューアブルズ社
(Avangrid Renewables)の事業開発ディレクター、
クレイグ・ポフ氏(Craig Poff)は述べています。

「このデザインは、より大きな出力と
小さなフットプリントで同等のエネルギーを提供します。」





▼Noise levels
 騒音レベル




委員会は、木曜日、
アトランティック・ウインド社の騒音専門家、
マーク・Bastasch氏(Mark Bastasch)の証言を聞いた。




Bastasch氏は、Vestas V136-112の分析を実施して、
45dB以下のノイズレベルを可能にする
ペン・フォレスト(Penn Forest)条例の遵守を
決定するために雇われました。




Bastasch氏は、
製造業者から提供されたデータに基づいて、
タービンが許可された騒音許容量を超えないことを
風速と方向性を考慮して証言しました。

Bastasch氏は、彼の分析に基づいて、
レベルが41デシベルと同じくらい
高いかもしれない2つの家と
それが43デシベルに達することができる
1軒の家があると言った。





1人の居住者がBastasch氏に
45デシベルは同様なものか尋ねた。




「実証することは非常に難しい」とBastasch氏は語った。

「しかし、3フィートのところでの通常の会話は
約60デシベルになります。
木々を流れる風が30〜40デシベルになる可能性がある」




異議申立人を代表するブルース・アンダーズ
(Bruce Anders)弁護士は、
Bastasch氏に、彼の分析が平均として、
または超えないように
条例を満たすことに基づいているかどうか尋ねました。




Bastasch氏は、
彼の計算がそれらの条件の最大レベルであると述べた。

Bastasch氏は、条件が変わったときにも
騒音レベルが変化する可能性があることを暗示しましたが、
オペレータはタービンの動作を調整して
低減することができるという事実について触れました。




Bastasch氏は、
それが運転した後にプロジェクトに戻り、
騒音調査を実施したかどうか尋ねられました。

彼は2〜3回の機会に出席しており、
レベルは予想したレベルと同等であると述べた。




強く求められて、Bastasch氏は、
騒音レベルが許容レベルを超えた
他のケースについて耳にすることを認めました。






▼Subdivisions
 再分割




ポフ氏は、この申請の下で、
アトランティック・ウインド社は
貯水池に隣接する土地を含まない2つの区域を
流域特性内で統合し、
さらに再分割しようとしていると証言した。




ポフ氏は、変更の理由は、
第1ラウンドのヒアリングの間に出てきた
理論のうちの1つを排除することであり、
1つの資産には
1つの主要な利用しかできないということであると述べた

ポフ氏は、
彼はその議論に同意しなかった、
そして、この計画がその考え方を終わらせると
信じていたと付け加えました。




ポフ氏はまた、提案された新しいタービンの
先端までの高さが592フィートであることを証言した。

同氏は、この計画では、最も近いタービンから
1マイル以内に130軒の家があると指摘した。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル

これとは対照的に、ポフ氏は、
マハノイ・シティ(Mahanoy City)近くの
アトランティック・ウインド社の
ローカスト・リッジ(Locust Ridge)プロジェクトには、
タービンから1マイル以内に2,300軒の住宅があると述べた。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル



ポフ氏の交差審査の間、アンダーズ氏は、
ベツレヘム水道局(Bethlehem Water Authority)が
問題の資産の上に持っている保全区域に言及した。

この区域は、水道局と自然保護区の間にあります。




アンダーズ弁護士(異議申立人側)の主張は、
物件の主な用途が飲料水の生産であることに集中しました。




アンダーズ弁護士はまた、
最初の申請にあったが新しい申請にはない
操作とセーフティー・ビルディングについてポフ氏に質問しました。

異議申し立て人は、
以前は、操作とセーフティー・ビルディングが
資産の追加的な主たる使用であると主張していた。




ポフ氏は、オペレーションビルディングが
オフサイトで既存の場所に移動すると回答しました。

アンダーズ弁護士がその場所について詰め寄ったとき、
ポフ氏は答弁を拒否し、
彼は委員会の前で
申請に証言するためにそこにいたと述べた。




ポフ氏によると、
提案されている風力タービンの操業には
1億2500万ドルの費用がかかり、
Jim Thorpeエリア学区には10万ドルの税金が、
カーボン郡(Carbon County)には
2万ドルの税金が払われるという。

ペン・フォレスト郡区は現在税率を持っておらず、
追加税収の恩恵を受けません。




ポフ氏は次のヒアリングで
追加の相互審問と反駁のために再び呼び出されます。

アトランティック・ウインド社のプロのエンジニアは、
次のヒアリングでも証言します。




次のヒアリングは4月4日午後6時に予定されています。

委員会はペン・フォレスト
第1ボランティア・ファイア・カンパニーに
会議を動かしたいと思っていますが、
現時点でその場所は確認されていません。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<3-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年7月15日

3-ペンシルバニア州/画像
◇‘My home was my sanctuary’
『私の家は、私の聖域でした』

(タイムズ・ニュース | 2016年7月15日)
http://www.tnonline.com/2016/jul/15/%E2%80%98my-home-was-my-sanctuary%E2%80%99

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4133.html

「私の家の快適さを失っているので、
私はここにいます。」と
マッケンジーは言いました。
「我々は双方に不利な状況にあります。」

マッケンジーの家は
525フィートの風力タービンの
ツインリッジ風力プロジェクトから
1640フィート内にあります。
プロジェクトは、
2012年のクリスマスイブに運転に入りました。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル

マッケンジーは、その時以来、
彼女と彼女の夫はよく寝ていない
そして両方とも、
彼らの耳に耳鳴りや圧力を経験していると
証言しました。
彼女は、
彼らが自宅から離れているとき
問題は自動的に解決していることを
付け加えました。

6台のタービンが、
冬の月にマッケンジー家の住居から見えます。
明滅する明かりは、
ブレードから、
年のうち8ヶ月間自宅を介して点滅します。
自宅での騒音レベルは
80デシベルと同じくらい高く測定されています。

マッケンジーは
ブレードに氷が積み重なるとき、
騒音レベルが増加すると言いました
そして、飛行機に類似した音を
引き起こしました。

「私の家は私の聖域でした。
マイホームは住み心地良くなければなりません。」

---------------------------

<10-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年12月31日

ぜひ!⇒ (経緯を含む)
10-ペンシルバニア州
◇Penn Forest wind turbine project still up in the air
ペン・フォレスト風力タービン・プロジェクトは、未決定です

(Times News | 2016年12月31日)
http://www.tnonline.com/2016/dec/31/penn-forest-wind-turbine-project-still-air

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4857.html

By Judy Dolgos-Kramer

ペン・フォレスト郡区(Penn Forestshipship)の
37台以上の風力タービンに関する問題が
裁判所で行われている。


アトランティック・ウインドLLCは、
ベツレヘム流域局
(Bethlehem Watershed Authority)に
属する不動産に
タービンを建設する特別な例外申請を提出しました。
同社は2013年以来、
風力タワーの設置許可を要求されたこの地域で
一連の風力研究を行っていました。

住民はすぐにその動きに抗議し始めました。
地元の選出された当局者は、
プロジェクトを中止するよう嘆願しました。
ベツレヘム流域風力発電プロジェクトに
NOと言っているような
封鎖グループを含む
いくつかのFacebookページが生まれました。

『GoFundMe』は、アトランティック・ウインドと
戦うための法的手数料を集めるために設立されました。

ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会の前で、
アトランティック・ウインドの
プロジェクトマネージャーの
クレイグPoff氏(Craig Poff)と
その騒音エンジニアと
住民側による専門家からの証言があり、
6件のヒアリングが行われました。

ツインリッジ風力発電所の下で暮らす
サマセット郡の住宅所有者である
タミー・マッケンジー氏(Tammy McKenzie)は、
明滅している光と
80デシベルの高さで測定された音のため、
彼女が自宅にもう住むことができないと証言しました。

不動産鑑定人ドン・ポール・シアラー氏
(Don Paul Shearer)は、
「損害商品」理論のために、
その地域の不動産価値が
25〜35%も損なわれる可能性があると証言した。

水理学者パメラ・ドブス氏(Pamela Dobbs)は、
地下水の撹乱とその長期的影響が
山岳地帯に及ぼす影響について証言した。
リチャード・ジェイムズ氏(Richard James)は、
アトランティック・ウインドの
騒音研究の瑕疵について証言した。

9月20日、アトランティック・ウインドの代表は、
聴聞会に出席せず、
安全上の懸念を表明した手紙を送って、
独立した公聴会役員に
有利な町に任命された委員会を削除し、
公聴会を「より安全な」会場に移す訴訟を起こすと述べた 。

アトランティック・ウインドは9月26日に
カーボン郡民事訴訟裁判所に
(the Carbon County Court of Common Pleas)に
訴訟を起こした。

スティーブン・R.サーファス(R. Serfass)判事は、
聴聞会が提出した
先決的抗弁(preliminary objections)について、
裁判所が12月20日に
アトランティック・ウインドの要求を
拒絶することを要求する議論を聞いた。

アトランティック・ウインドは、
ペン・フォレスト・ボランティア消防隊No.1で
審問会を開催することは、
アトランティック・ウインド社の従業員、弁護人、
証人、ゾーニング聴聞会のメンバー、
一般の人々にとって危険である
そして、
武装した居住者を目撃したと主張しました。

アトランティック・ウインド社はまた、
従業員と聴聞会の委員長オードリー・ワーゴ氏
(Audrey Wargo)に対する
確かな脅威があったとも主張している。
議論は、委員会が脅かされている場合、
アトランティック・ウインドが
公正な聴聞会を受けないと結論づけた。

サーファス判事は、
独立した審問官を任命することが
効果を生むかどうかについて疑問を呈した。
ゾーニング聴聞会の弁護士マット・ラパ氏
(Matt Rapa)は、
より制限された会場への変更は、
当事者が新たな審問官の前に再度手続を開始することなく、
アトランティック・ウインド社の
懸念事項のすべてを解決すると信じていると裁判所に語った。

当事者は1月中旬まで裁判所に追加の申し立てを提出する。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-------------------------------------------

<11-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年3月31日

11-ペンシルバニア州
◇County says no to wind hearings
郡は、風力の審理を断ります

(Times News | 2017年3月31日)
http://www.tnonline.com/2017/mar/31/county-says-no-wind-hearings

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4858.html

----------------------------------------------

<12-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年5月18日

12-ペンシルバニア州
◇Wind farm denied; Penn Forest hears final testimony, announces decision
否定される風力発電所;ペン・フォレストは最終的な証言を聞いて、決定を発表します

(Times News | 2017年5月18日)
http://www.tnonline.com/2017/may/18/wind-farm-denied

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4859.html

----------------------------------------------

<13-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年7月24日

13-ペンシルバニア州
◇Turbines still an issue in Carbon
タービンは依然としてカーボンが争点です

(Times News | 2017年7月24日)
http://www.tnonline.com/2017/jul/24/turbines-still-issue-carbon

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4860.html

----------------------------------------------
 
2018/03/25
<14-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2017年8月21日

14-ペンシルバニア州
◇Disputed wind turbine issue heads to court; appeal filed
論じられた風力タービン問題は法廷へ向かいます;上訴しました

(Times News | 2017年8月21日)
https://www.tnonline.com/2017/aug/21/disputed-wind-turbine-issue-heads-court-appeal-filed

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5318.html

----------------------------------------------

2018/03/26
<15-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年1月6日

15-ペンシルバニア州
◇Judge rules in Atlantic Wind case
判事はアトランティック・ウインドのケースに裁定する
(Times News Online | 2018年1月6日)
https://www.tnonline.com/judge-rules-atlantic-wind-case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5320.html

----------------------------------------------

2018/03/27
<16-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年2月8日

16-ペンシルバニア州
◇Penn Forest will not appeal wind turbine ruling
ペン・フォレストは、風力タービンの裁定を上訴しません
(Times News | 2018年2月7日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-will-not-appeal-wind-turbine-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5323.html

----------------------------------------------

2018/03/28
<17-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2018年2月8日

17-ペンシルバニア州
◇Wind energy proposal scaled back in Bethlehem watershed
風力エネルギー提案は、ベツレヘムの分岐点で縮小されます

(lehighvalleylive|2015年2月8日)
http://www.lehighvalleylive.com/bethlehem/index.ssf/2018/02/wind_energy_proposal_scaled_ba.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5325.html

----------------------------------------------

2018/03/29
<18-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2018年2月16日

ぜひ!⇒
18-ペンシルバニア州
◇Atlantic Wind scales back turbine proposal
アトランティック・ウィンドは、タービンの提案の規模を縮小する

(The Morning Call | 2018年2月16日)
http://www.mcall.com/news/local/bethlehem/mc-nws-bethlehem-turbine-proposal-20180214-story.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5329.html




------------------------------------------------


更新日:2018年3月29日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・2018年3月29日、以下の記事をエントリーしました。
裁判になっていますので、経過を注視したいと思います。

<25-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題> 2018年3月29日
2018年1月
ぜひ!⇒
25-コロラド州
◇Wind turbines linked to increased cortisol levels?
風力タービンは、増加したコルチゾール・レベルにリンクしているのか?

(The New Falcon Herald | 2018年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticles.php?ArticleType=HW&Month=01&PrintDay=06&Year=2018

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5328.html



・2018年3月27日、以下の記事をエントリーしました。

・今年に入って、オンタリオ州で新たな訴訟が始まりました。
エリック・ガレスピー氏は、有名な環境弁護士だそうです。

<1-オンタリオ州:オンタリオ州環境・気候変動省 vs 市民> 2018/03/27
2018年1月28日
ぜひ!⇒
1-オンタリオ州
◇Citizens sue province over proposed wind turbine parks
市民は、提案された風力タービン・パークに関して州を訴える

(CBC News | 2018年1月28日)
http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/wind-turbines-ontario-nation-north-stormont-lawsuit-1.4507448



・2018年3月26日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/26
2018年3月20日
ぜひ!⇒
韓国
◇Wind turbines destroy local farming village
風力タービンは、地元の農業村を破壊します

(The Korea Herald |2018年3月20日)
www.koreaherald.com/view.php?ud=20180320000768

―引用
昨年、養蜂家アン・ヒョジョン氏は、
去年何千匹ものミツバチを失ってしまったと話しました。
「私は、風力タービンの低周波が
直接的な原因であると信じています。」とアン氏は言った。
彼は今、追加の損失を被る恐れから、
養蜂コロニー全体を別の地域に移しました。
・・・・・
チョン・スンンン氏(60)は
「誰がこのような土地を買うだろうか?
彼らは以前、タービンからの悪影響はないと言いましたが、
今は騒音が聞こえるのが本当に気になり、
夜はほとんど騒がしくなっています。
私は寝ることができません。」と話しました。
さらに、60デシベルの回転音は「人々を狂わせる」と
付け加えた。

もっと問題になるのは、
人々や動物や昆虫に悪影響を及ぼす可能性のある
風力タービンの低周波音や超低周波音の特質は
問題を含むと、専門家は警告します。

「過度の低周波ノイズに対する絶え間の曝露は、
過剰なストレス、関節の問題、
呼吸障害などの人体の健康問題につながる可能性があります。」と
ソンシル大学のサウンドエンジニアリングラボの
ペ・ミョンジン教授は、述べました。

「関連する研究データによれば、
長期間にわたり低周波ノイズに曝された
牛の胎児死亡例が多く報告されており、
これも人体に影響を与える可能性がある」と、
ペ教授は述べた。
  ―引用終わり



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

アイオワ州については、
ルーラル・プロパティライツ連合のジャンナ・スワンソンさんのほかに
拙ブログカテゴリー
<✤アイオワ州:テリー・マクガヴァン教授と風力問題>も
併せてお読みいただければ幸いです。

<1-アイオワ州:ルーラル・プロパティライツ連合(農村部財産権連合)>2018/03/21 up
2017年4月20日
1-アイオワ州
◇Is wind power saving rural Iowa or wrecking it?
風力発電はアイオワの農村部を救うか、あるいはそれを破壊していますか?

(The Des Moines Register | 2017年4月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/21/is-wind-power-saving-rural-iowa-or-wrecking-it/



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/21

2018年3月20日

ぜひ!⇒
京都府
◇【特集】うるさくて集中できない 弓道家悩ます“音”

(MBSニュース|2018年3月20日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-10000001-mbsnews-l27&p=1

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5314.html

―引用
圧迫感を与える低周波

音は商業施設の営業時間中は絶えず鳴り響いているのですが、
こうした音が競技にどのような影響を及ぼすのか、
騒音問題の専門家に分析してもらいました。

「エアコンの室外機は基本的な構造として
風を送るためのものですので、
ファンがまわっているんですよね。
ファンが回転することによって、
その低周波の低いボーっという音が
一番大きな音として聞こえやすいというのがあります。

低周波なんですけど、
低周波自身が変動しているんですよね。

変動しているとそれを聞いている人というのは、
よりそちらに意識がいきやすくなる」
(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

低周波は聞く人間に圧迫感を与え、
睡眠の妨げなどになるおそれがあるといいます。

・・・・・・
「基本的な対策方法としては
やはり音というのは周波数に限らず、
離れれば当然小さく感じますので、
設置場所をまずは検討した上で適切な位置に設置するというのが、
まずは前提として必要なのかなといえます」(吉田準史准教授)

―引用終わり




・2018年3月13日、以下の記事をエントリーしました。
・関連記事は、後日エントリーする予定です。

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車> 2018/03/13 up

2018年2月15日

ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年3月の懇親会が終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。
次回は7月を予定しています。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分⇒ 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-03-30 : ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<18-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>ぜひ⇒18-ペンシルバニア州:アトランティック・ウィンドは、タービンの提案の規模を縮小する…この新たな申請は、ペン・フォレスト郡区のタービン数が37から28基に減少することを示しています~そこでは最寄りの家から1.6㎞以上離れたところにタービンが設置されます |関連記事| // 【お知らせ】 | 終了しました⇒おとしんの,懇親会/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)










<18-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>




2018年2月16日




ぜひ!⇒
18-ペンシルバニア州
◇Atlantic Wind scales back turbine proposal
アトランティック・ウィンドは、タービンの提案の規模を縮小する

(The Morning Call | 2018年2月16日)
http://www.mcall.com/news/local/bethlehem/mc-nws-bethlehem-turbine-proposal-20180214-story.html



By Nicole Radzievich, Of The Morning Call



画像:

Avangrid Renewablesの子会社であるAtlantic Windは、
Carbon CountyのPenn Forestの
Mahanoy Townshipにある
このような28タービン風力発電プロジェクトを提案しました。
(Kevin Mingora / THE MORNING CALL)


==========================================



ベツレヘムの給水を取り巻く土地に提案されている
論争の的になる風力エネルギープロジェクトは、
今月カーボン郡(Carbon County)コミュニティに
提出されたゾーニング申請の下で縮小されるだろう。





この申請は、ペン・フォレスト郡区
(Penn Forest Township)のタービン数が
37から28基に減少することを示しています。


この削減は、プロジェクトの北部の
ほとんどの部分で行われ、
そこでは最寄りの家から1マイル以上離れたところに
タービンが設置されます。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル 

アトランティック・ウィンド社
(Atlantic Wind)によると、
この新しい提案は、
道路数やプロジェクトへの建設への影響を
減らすことにもなります。




「我々は引き続き地域社会の懸念に耳を傾け、
クリーンエネルギーと経済発展の機会を
地域に提供する努力に注力している」と
クレイグ・ポフ(Craig Poff)広報担当者は声明で述べている。

「すべての風力発電所を
可能な限り小型化する方法を絶えず評価しており、
その結果、新しいタービン技術を利用して
タービンの数を削減する
ペン・フォレスト風力発電所の申請書を提出しました。」





このプロジェクトは、
ベツレヘム当局(Bethlehem Authority)が所有する
260エーカーの土地に提案されています。



ベツレヘム当局のエグゼクティブ・ディレクターの
スティーブ・Repasch氏(Steve Repasch)は、
この縮小提案は、アトランティック・ウインド社の
当局への支払いを減らさないと述べた。

当局とアバングリッド・リニューアブルズ社
(Avangrid Renewables)の子会社である
アトランティック・ウインド社の2013年契約は、
プロジェクトが計画段階に入ってから5年間、
年間10,000ドルの支払いを要求しています。




その年間支払い額は、
今年最大10万ドルに達する予定です。

当局は今年1ヵ月に10万ドルの支払いを
延期することに合意したとRepasch氏は述べた。




タービンのエネルギー生産が始まると、
当局は総収益の3%、すなわち10万ドルを獲得する。




アトランティック・ウインド社の最新の提案は、
3月1日に
ペン・フォレスト郡区ゾーニング聴聞委員会の前に
行く予定です。




タービンプロジェクトは、2016年以来
郡区のゾーニングミーティングに詰め込んだ
住民の反発を引き起こしている。

居住者は、不動産価値、環境、
地域の観光産業を傷つけると主張している。




昨年、アトランティック・ウインド社は、
ゾーニング当局が正当な締め切りを逃したため、
元の37基タービン計画の
「承認を受けた」との法的通知を出しました。




通知が公表されてから数日後、
ゾーナーたちは、
ゾーニング当局が出席しなかった聴聞会を再開し、
ゾーニング要求を拒否した。

以前、2人の住民がプロジェクトを
カーボン郡裁判所(Carbon County Court)に
上訴していました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<3-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年7月15日

3-ペンシルバニア州/画像
◇‘My home was my sanctuary’
『私の家は、私の聖域でした』

(タイムズ・ニュース | 2016年7月15日)
http://www.tnonline.com/2016/jul/15/%E2%80%98my-home-was-my-sanctuary%E2%80%99

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4133.html

「私の家の快適さを失っているので、
私はここにいます。」と
マッケンジーは言いました。
「我々は双方に不利な状況にあります。」

マッケンジーの家は
525フィートの風力タービンの
ツインリッジ風力プロジェクトから
1640フィート内にあります。
プロジェクトは、
2012年のクリスマスイブに運転に入りました。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル

マッケンジーは、その時以来、
彼女と彼女の夫はよく寝ていない
そして両方とも、
彼らの耳に耳鳴りや圧力を経験していると
証言しました。
彼女は、
彼らが自宅から離れているとき
問題は自動的に解決していることを
付け加えました。

6台のタービンが、
冬の月にマッケンジー家の住居から見えます。
明滅する明かりは、
ブレードから、
年のうち8ヶ月間自宅を介して点滅します。
自宅での騒音レベルは
80デシベルと同じくらい高く測定されています。

マッケンジーは
ブレードに氷が積み重なるとき、
騒音レベルが増加すると言いました
そして、飛行機に類似した音を
引き起こしました。

「私の家は私の聖域でした。
マイホームは住み心地良くなければなりません。」

---------------------------

<10-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年12月31日

ぜひ!⇒ (経緯を含む)
10-ペンシルバニア州
◇Penn Forest wind turbine project still up in the air
ペン・フォレスト風力タービン・プロジェクトは、未決定です

(Times News | 2016年12月31日)
http://www.tnonline.com/2016/dec/31/penn-forest-wind-turbine-project-still-air

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4857.html

By Judy Dolgos-Kramer

ペン・フォレスト郡区(Penn Forestshipship)の
37台以上の風力タービンに関する問題が
裁判所で行われている。


アトランティック・ウインドLLCは、
ベツレヘム流域局
(Bethlehem Watershed Authority)に
属する不動産に
タービンを建設する特別な例外申請を提出しました。
同社は2013年以来、
風力タワーの設置許可を要求されたこの地域で
一連の風力研究を行っていました。

住民はすぐにその動きに抗議し始めました。
地元の選出された当局者は、
プロジェクトを中止するよう嘆願しました。
ベツレヘム流域風力発電プロジェクトに
NOと言っているような
封鎖グループを含む
いくつかのFacebookページが生まれました。

『GoFundMe』は、アトランティック・ウインドと
戦うための法的手数料を集めるために設立されました。

ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会の前で、
アトランティック・ウインドの
プロジェクトマネージャーの
クレイグPoff氏(Craig Poff)と
その騒音エンジニアと
住民側による専門家からの証言があり、
6件のヒアリングが行われました。

ツインリッジ風力発電所の下で暮らす
サマセット郡の住宅所有者である
タミー・マッケンジー氏(Tammy McKenzie)は、
明滅している光と
80デシベルの高さで測定された音のため、
彼女が自宅にもう住むことができないと証言しました。

不動産鑑定人ドン・ポール・シアラー氏
(Don Paul Shearer)は、
「損害商品」理論のために、
その地域の不動産価値が
25〜35%も損なわれる可能性があると証言した。

水理学者パメラ・ドブス氏(Pamela Dobbs)は、
地下水の撹乱とその長期的影響が
山岳地帯に及ぼす影響について証言した。
リチャード・ジェイムズ氏(Richard James)は、
アトランティック・ウインドの
騒音研究の瑕疵について証言した。

9月20日、アトランティック・ウインドの代表は、
聴聞会に出席せず、
安全上の懸念を表明した手紙を送って、
独立した公聴会役員に
有利な町に任命された委員会を削除し、
公聴会を「より安全な」会場に移す訴訟を起こすと述べた 。

アトランティック・ウインドは9月26日に
カーボン郡民事訴訟裁判所に
(the Carbon County Court of Common Pleas)に
訴訟を起こした。

スティーブン・R.サーファス(R. Serfass)判事は、
聴聞会が提出した
先決的抗弁(preliminary objections)について、
裁判所が12月20日に
アトランティック・ウインドの要求を
拒絶することを要求する議論を聞いた。

アトランティック・ウインドは、
ペン・フォレスト・ボランティア消防隊No.1で
審問会を開催することは、
アトランティック・ウインド社の従業員、弁護人、
証人、ゾーニング聴聞会のメンバー、
一般の人々にとって危険である
そして、
武装した居住者を目撃したと主張しました。

アトランティック・ウインド社はまた、
従業員と聴聞会の委員長オードリー・ワーゴ氏
(Audrey Wargo)に対する
確かな脅威があったとも主張している。
議論は、委員会が脅かされている場合、
アトランティック・ウインドが
公正な聴聞会を受けないと結論づけた。

サーファス判事は、
独立した審問官を任命することが
効果を生むかどうかについて疑問を呈した。
ゾーニング聴聞会の弁護士マット・ラパ氏
(Matt Rapa)は、
より制限された会場への変更は、
当事者が新たな審問官の前に再度手続を開始することなく、
アトランティック・ウインド社の
懸念事項のすべてを解決すると信じていると裁判所に語った。

当事者は1月中旬まで裁判所に追加の申し立てを提出する。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-------------------------------------------

<11-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年3月31日

11-ペンシルバニア州
◇County says no to wind hearings
郡は、風力の審理を断ります

(Times News | 2017年3月31日)
http://www.tnonline.com/2017/mar/31/county-says-no-wind-hearings

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4858.html

----------------------------------------------

<12-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年5月18日

12-ペンシルバニア州
◇Wind farm denied; Penn Forest hears final testimony, announces decision
否定される風力発電所;ペン・フォレストは最終的な証言を聞いて、決定を発表します

(Times News | 2017年5月18日)
http://www.tnonline.com/2017/may/18/wind-farm-denied

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4859.html

----------------------------------------------

<13-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年7月24日

13-ペンシルバニア州
◇Turbines still an issue in Carbon
タービンは依然としてカーボンが争点です

(Times News | 2017年7月24日)
http://www.tnonline.com/2017/jul/24/turbines-still-issue-carbon

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4860.html

----------------------------------------------
 
2018/03/25
<14-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2017年8月21日

14-ペンシルバニア州
◇Disputed wind turbine issue heads to court; appeal filed
論じられた風力タービン問題は法廷へ向かいます;上訴しました

(Times News | 2017年8月21日)
https://www.tnonline.com/2017/aug/21/disputed-wind-turbine-issue-heads-court-appeal-filed

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5318.html

----------------------------------------------

2018/03/26
<15-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年1月6日

15-ペンシルバニア州
◇Judge rules in Atlantic Wind case
判事はアトランティック・ウインドのケースに裁定する
(Times News Online | 2018年1月6日)
https://www.tnonline.com/judge-rules-atlantic-wind-case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5320.html

----------------------------------------------

2018/03/27
<16-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年2月8日

16-ペンシルバニア州
◇Penn Forest will not appeal wind turbine ruling
ペン・フォレストは、風力タービンの裁定を上訴しません
(Times News | 2018年2月7日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-will-not-appeal-wind-turbine-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5323.html

----------------------------------------------

2018/03/28
<17-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2018年2月8日

17-ペンシルバニア州
◇Wind energy proposal scaled back in Bethlehem watershed
風力エネルギー提案は、ベツレヘムの分岐点で縮小されます

(lehighvalleylive|2015年2月8日)
http://www.lehighvalleylive.com/bethlehem/index.ssf/2018/02/wind_energy_proposal_scaled_ba.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5325.html





------------------------------------------------


更新日:2018年3月27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・2018年3月27日、以下の記事をエントリーしました。

・今年に入って、オンタリオ州で新たな訴訟が始まりました。
エリック・ガレスピー氏は、有名な環境弁護士だそうです。

<1-オンタリオ州:オンタリオ州環境・気候変動省 vs 市民> 2018/03/27
2018年1月28日
ぜひ!⇒
1-オンタリオ州
◇Citizens sue province over proposed wind turbine parks
市民は、提案された風力タービン・パークに関して州を訴える

(CBC News | 2018年1月28日)
http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/wind-turbines-ontario-nation-north-stormont-lawsuit-1.4507448



・2018年3月26日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/26
2018年3月20日
ぜひ!⇒
韓国
◇Wind turbines destroy local farming village
風力タービンは、地元の農業村を破壊します

(The Korea Herald |2018年3月20日)
www.koreaherald.com/view.php?ud=20180320000768

―引用
昨年、養蜂家アン・ヒョジョン氏は、
去年何千匹ものミツバチを失ってしまったと話しました。
「私は、風力タービンの低周波が
直接的な原因であると信じています。」とアン氏は言った。
彼は今、追加の損失を被る恐れから、
養蜂コロニー全体を別の地域に移しました。
・・・・・
チョン・スンンン氏(60)は
「誰がこのような土地を買うだろうか?
彼らは以前、タービンからの悪影響はないと言いましたが、
今は騒音が聞こえるのが本当に気になり、
夜はほとんど騒がしくなっています。
私は寝ることができません。」と話しました。
さらに、60デシベルの回転音は「人々を狂わせる」と
付け加えた。

もっと問題になるのは、
人々や動物や昆虫に悪影響を及ぼす可能性のある
風力タービンの低周波音や超低周波音の特質は
問題を含むと、専門家は警告します。

「過度の低周波ノイズに対する絶え間の曝露は、
過剰なストレス、関節の問題、
呼吸障害などの人体の健康問題につながる可能性があります。」と
ソンシル大学のサウンドエンジニアリングラボの
ペ・ミョンジン教授は、述べました。

「関連する研究データによれば、
長期間にわたり低周波ノイズに曝された
牛の胎児死亡例が多く報告されており、
これも人体に影響を与える可能性がある」と、
ペ教授は述べた。
  ―引用終わり



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

アイオワ州については、
ルーラル・プロパティライツ連合のジャンナ・スワンソンさんのほかに
拙ブログカテゴリー
<✤アイオワ州:テリー・マクガヴァン教授と風力問題>も
併せてお読みいただければ幸いです。

<1-アイオワ州:ルーラル・プロパティライツ連合(農村部財産権連合)>2018/03/21 up
2017年4月20日
1-アイオワ州
◇Is wind power saving rural Iowa or wrecking it?
風力発電はアイオワの農村部を救うか、あるいはそれを破壊していますか?

(The Des Moines Register | 2017年4月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/21/is-wind-power-saving-rural-iowa-or-wrecking-it/



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/21

2018年3月20日

ぜひ!⇒
京都府
◇【特集】うるさくて集中できない 弓道家悩ます“音”

(MBSニュース|2018年3月20日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-10000001-mbsnews-l27&p=1

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5314.html

―引用
圧迫感を与える低周波

音は商業施設の営業時間中は絶えず鳴り響いているのですが、
こうした音が競技にどのような影響を及ぼすのか、
騒音問題の専門家に分析してもらいました。

「エアコンの室外機は基本的な構造として
風を送るためのものですので、
ファンがまわっているんですよね。
ファンが回転することによって、
その低周波の低いボーっという音が
一番大きな音として聞こえやすいというのがあります。

低周波なんですけど、
低周波自身が変動しているんですよね。

変動しているとそれを聞いている人というのは、
よりそちらに意識がいきやすくなる」
(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

低周波は聞く人間に圧迫感を与え、
睡眠の妨げなどになるおそれがあるといいます。

・・・・・・
「基本的な対策方法としては
やはり音というのは周波数に限らず、
離れれば当然小さく感じますので、
設置場所をまずは検討した上で適切な位置に設置するというのが、
まずは前提として必要なのかなといえます」(吉田準史准教授)

―引用終わり




・2018年3月13日、以下の記事をエントリーしました。
・関連記事は、後日エントリーする予定です。

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車> 2018/03/13 up

2018年2月15日

ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年3月の懇親会が終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。
次回は7月を予定しています。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分⇒ 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-03-29 : ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<17-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>ぜひ⇒17-ペンシルバニア州:風力エネルギー提案は、ベツレヘムの分岐点で縮小されます…「タービンの数を減らすことは、 道路の減少と建設の影響の低減を意味します」…レイグ・ポフ(Avengridのビジネス開発ディレクター) |関連記事| // 【お知らせ】 | 終了しました⇒おとしんの,懇親会/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)











<17-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>




2018年2月8日




ぜひ!⇒
17-ペンシルバニア州
◇Wind energy proposal scaled back in Bethlehem watershed
風力エネルギー提案は、ベツレヘムの分岐点で縮小されます

(lehighvalleylive|2015年2月8日)
http://www.lehighvalleylive.com/bethlehem/index.ssf/2018/02/wind_energy_proposal_scaled_ba.html



By Kurt Bresswein




エネルギー生産用の風力タービンを
ベツレヘムの分岐点に設置しようとしている会社は、
プロジェクトの規模を縮小しています。




アトランティック・ウインド社(Atlantic Wind LLC)は、
ペンシルバニアのポコノ山地
(Pocono Mountains)地域の土地にある
37のタービンについて、
カーボン郡(Carbon County)の
ペン・フォレスト郡区(Penn Forest Township)から
ゾーニングの承認を受けています。



しかし、この認可は継続中の訴訟の対象となっており、
当初の提案よりも家から遠く離れた28のタービンのための
新たな別個の提案につながると
アトランティック・ウインド社の親会社
Avangrid Renewablesのスポークスマン、
ポール・Copleman氏(Paul Copleman)は述べた。




「それを縮小することによって、
そこでプロジェクトを見たくない人たちを
慰めることができたようだ」と
ベツレヘム当局のエグゼクティブディレクター、
スティーブン・Repasch氏
(Stephen Repasch)は、木曜日に述べた。




「アトランティック・ウインド社の戦略は
プロジェクトNo.1を建設することであると確信しており、
プロジェクトが縛られ続けるならば、
Plan Bがあり、それを提出しました。」




当局は、ベツレヘム(Bethlehem)地域に
飲料水を供給している
カーボンとモンロー(Monroe)郡で
22,000エーカー以上を管理しており、
同様にベツレヘムの水システムを所有して、
それを都市に持ち込んで運営しています。




当局とアトランティック・ウインド社は、
2013年3月6日に風力発電に関する流域の可能性を
検討するための合意を締結しました。

当局はほぼ5年間、年間10,000ドルを受け取っており、
その金額は来月からさらに5年間、
毎年100,000ドルに上昇するように設定されている。




今日市役所の午後3時30分の定例会で、
当局は4月までその増加を延期するよう求められている。




アトランティック・ウインド社は
発電した電力を送電会社に売却する。

一旦タービンが運転されると、
当局は、少なくとも年10万ドルを会社から受け取る
または1年間に8,000ドルから15,000ドルの
総売上高の3%を25年間にわたって益金を見積もりました。



アトランティック・ウィンドは、
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会からの
特別な例外のため、月曜日に新しい申請書を提出した。




「我々は引き続き地域社会の懸念に耳を傾け、
クリーンエネルギーと経済発展の機会を
地域に提供する努力に注力しています。」と
Avengridのビジネス開発ディレクター、
レイグ・ポフ氏(Craig Poff)は声明のなかで述べています。

「すべての風力発電所を
可能な限り小型化する方法を絶えず評価しており、
その結果、新しいタービン技術を利用して
タービンの数を削減する
ペン・フォレスト風力発電所の申請書を提出しました。」





「タービンの数を減らすことは、
道路の減少と建設の影響の低減を意味します」と
ポフ氏は続けました。





アトランティック・ウィンドは、
風力タービン、道路、恒久的な気象塔、電気変電所
および架空地下の電気およびデータケーブル
および送電線のゾーニング承認を求めています。

総プロジェクト面積は4,917エーカーです。




この提案は、フットプリントが小さく、
アクセス道路と外乱領域の長さが短く、
提案されている操作と安全の建物が削除されている点で、
2016年4月1日に提出された申請とは異なります。




最北端のタービンの位置は
「かなり変化し、住宅からさらに遠ざかりました
(最も近いタービンはTowamensing Trailsと
Hickory Run Estates地区のどの家からも離れており、
Beltzville Lake Estatesのどの家からも
2,100フィート以上離れている)と
アトランティック・ウィンドのゾーニング申請は
述べています。


※ 2100フィート = 640.08 メートル




用途に応じて、
各風力タービンの最大高さは600フィートで、
ローターの最低位置は地面から25フィートです。

アトランティック・ウィンドの新しい申請では、
審問官としての役割を果たす
独立した弁護士の要求を更新し、決定を下します。

アトランティック・ウィンドは、
当初の計画を批判的にレビューした後、
郡区の建物や
「警察の存在がすべての関係者の
安全を確保するために利用可能な場所」での
ヒアリングを提案している。




アトランティック・ウィンドは、
経費を支払うために
郡区に弁償することに同意して、
審理をテレビ放送するためのコストに参加します。




同社は、この提案は、郡区の計画委員会によって
できるだけ早く見直されるよう求めている。




アトランティック・ウィンドは、
昨年のペン・フォレストから、審査の一環として、
郡区の聴聞会の予定の遅れに関連する
専門性を利用して承認を得ました。



結果として得られた
「承認されたとみなされる」地位は、
カーボン郡スティーブン・サーファス判事による
12月29日の判決で支持された。


郡区の住民フィリップ・C・Malitsch氏
(Phillip C. Malitsch)と
クリストファー・マンゴールド氏
(Christopher Mangold)は、
みなし承認の控訴を提出したが、
サーファス判事の判決は、
ゾーニング聴聞会のさらなる措置を妨げた。」と、
(Lehighton)Times Newsが報道している。




ペン・フォレスト郡区のスーパーバイザーは今週、
このレポートによると、
サーファス判事の決定に対する訴えに参加しないことに決めた。





アトランティック・ウィンドのポフ氏は
次のように述べています:

「ペン・フォレスト風力発電所の当初の提案は
訴訟を通じて進められているので、
この別の提案は、
我々が聞いた懸念に対処する努力を示しているが、
依然としてこの地域に大きな経済的機会をもたらす
クリーンエネルギーの提案を提出しています。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<3-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年7月15日

3-ペンシルバニア州/画像
◇‘My home was my sanctuary’
『私の家は、私の聖域でした』

(タイムズ・ニュース | 2016年7月15日)
http://www.tnonline.com/2016/jul/15/%E2%80%98my-home-was-my-sanctuary%E2%80%99

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4133.html

「私の家の快適さを失っているので、
私はここにいます。」と
マッケンジーは言いました。
「我々は双方に不利な状況にあります。」

マッケンジーの家は
525フィートの風力タービンの
ツインリッジ風力プロジェクトから
1640フィート内にあります。
プロジェクトは、
2012年のクリスマスイブに運転に入りました。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル

マッケンジーは、その時以来、
彼女と彼女の夫はよく寝ていない
そして両方とも、
彼らの耳に耳鳴りや圧力を経験していると
証言しました。
彼女は、
彼らが自宅から離れているとき
問題は自動的に解決していることを
付け加えました。

6台のタービンが、
冬の月にマッケンジー家の住居から見えます。
明滅する明かりは、
ブレードから、
年のうち8ヶ月間自宅を介して点滅します。
自宅での騒音レベルは
80デシベルと同じくらい高く測定されています。

マッケンジーは
ブレードに氷が積み重なるとき、
騒音レベルが増加すると言いました
そして、飛行機に類似した音を
引き起こしました。

「私の家は私の聖域でした。
マイホームは住み心地良くなければなりません。」

---------------------------

<10-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年12月31日

ぜひ!⇒ (経緯を含む)
10-ペンシルバニア州
◇Penn Forest wind turbine project still up in the air
ペン・フォレスト風力タービン・プロジェクトは、未決定です

(Times News | 2016年12月31日)
http://www.tnonline.com/2016/dec/31/penn-forest-wind-turbine-project-still-air

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4857.html

By Judy Dolgos-Kramer

ペン・フォレスト郡区(Penn Forestshipship)の
37台以上の風力タービンに関する問題が
裁判所で行われている。


アトランティック・ウインドLLCは、
ベツレヘム流域局
(Bethlehem Watershed Authority)に
属する不動産に
タービンを建設する特別な例外申請を提出しました。
同社は2013年以来、
風力タワーの設置許可を要求されたこの地域で
一連の風力研究を行っていました。

住民はすぐにその動きに抗議し始めました。
地元の選出された当局者は、
プロジェクトを中止するよう嘆願しました。
ベツレヘム流域風力発電プロジェクトに
NOと言っているような
封鎖グループを含む
いくつかのFacebookページが生まれました。

『GoFundMe』は、アトランティック・ウインドと
戦うための法的手数料を集めるために設立されました。

ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会の前で、
アトランティック・ウインドの
プロジェクトマネージャーの
クレイグPoff氏(Craig Poff)と
その騒音エンジニアと
住民側による専門家からの証言があり、
6件のヒアリングが行われました。

ツインリッジ風力発電所の下で暮らす
サマセット郡の住宅所有者である
タミー・マッケンジー氏(Tammy McKenzie)は、
明滅している光と
80デシベルの高さで測定された音のため、
彼女が自宅にもう住むことができないと証言しました。

不動産鑑定人ドン・ポール・シアラー氏
(Don Paul Shearer)は、
「損害商品」理論のために、
その地域の不動産価値が
25〜35%も損なわれる可能性があると証言した。

水理学者パメラ・ドブス氏(Pamela Dobbs)は、
地下水の撹乱とその長期的影響が
山岳地帯に及ぼす影響について証言した。
リチャード・ジェイムズ氏(Richard James)は、
アトランティック・ウインドの
騒音研究の瑕疵について証言した。

9月20日、アトランティック・ウインドの代表は、
聴聞会に出席せず、
安全上の懸念を表明した手紙を送って、
独立した公聴会役員に
有利な町に任命された委員会を削除し、
公聴会を「より安全な」会場に移す訴訟を起こすと述べた 。

アトランティック・ウインドは9月26日に
カーボン郡民事訴訟裁判所に
(the Carbon County Court of Common Pleas)に
訴訟を起こした。

スティーブン・R.サーファス(R. Serfass)判事は、
聴聞会が提出した
先決的抗弁(preliminary objections)について、
裁判所が12月20日に
アトランティック・ウインドの要求を
拒絶することを要求する議論を聞いた。

アトランティック・ウインドは、
ペン・フォレスト・ボランティア消防隊No.1で
審問会を開催することは、
アトランティック・ウインド社の従業員、弁護人、
証人、ゾーニング聴聞会のメンバー、
一般の人々にとって危険である
そして、
武装した居住者を目撃したと主張しました。

アトランティック・ウインド社はまた、
従業員と聴聞会の委員長オードリー・ワーゴ氏
(Audrey Wargo)に対する
確かな脅威があったとも主張している。
議論は、委員会が脅かされている場合、
アトランティック・ウインドが
公正な聴聞会を受けないと結論づけた。

サーファス判事は、
独立した審問官を任命することが
効果を生むかどうかについて疑問を呈した。
ゾーニング聴聞会の弁護士マット・ラパ氏
(Matt Rapa)は、
より制限された会場への変更は、
当事者が新たな審問官の前に再度手続を開始することなく、
アトランティック・ウインド社の
懸念事項のすべてを解決すると信じていると裁判所に語った。

当事者は1月中旬まで裁判所に追加の申し立てを提出する。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-------------------------------------------

<11-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年3月31日

11-ペンシルバニア州
◇County says no to wind hearings
郡は、風力の審理を断ります

(Times News | 2017年3月31日)
http://www.tnonline.com/2017/mar/31/county-says-no-wind-hearings

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4858.html

----------------------------------------------

<12-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年5月18日

12-ペンシルバニア州
◇Wind farm denied; Penn Forest hears final testimony, announces decision
否定される風力発電所;ペン・フォレストは最終的な証言を聞いて、決定を発表します

(Times News | 2017年5月18日)
http://www.tnonline.com/2017/may/18/wind-farm-denied

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4859.html

----------------------------------------------

<13-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年7月24日

13-ペンシルバニア州
◇Turbines still an issue in Carbon
タービンは依然としてカーボンが争点です

(Times News | 2017年7月24日)
http://www.tnonline.com/2017/jul/24/turbines-still-issue-carbon

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4860.html

----------------------------------------------
 
2018/03/25
<14-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2017年8月21日

14-ペンシルバニア州
◇Disputed wind turbine issue heads to court; appeal filed
論じられた風力タービン問題は法廷へ向かいます;上訴しました

(Times News | 2017年8月21日)
https://www.tnonline.com/2017/aug/21/disputed-wind-turbine-issue-heads-court-appeal-filed

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5318.html

----------------------------------------------

2018/03/26
<15-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年1月6日

15-ペンシルバニア州
◇Judge rules in Atlantic Wind case
判事はアトランティック・ウインドのケースに裁定する
(Times News Online | 2018年1月6日)
https://www.tnonline.com/judge-rules-atlantic-wind-case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5320.html

----------------------------------------------

2018/03/27
<16-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年2月8日

16-ペンシルバニア州
◇Penn Forest will not appeal wind turbine ruling
ペン・フォレストは、風力タービンの裁定を上訴しません
(Times News | 2018年2月7日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-will-not-appeal-wind-turbine-ruling

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5323.html

By Judy Dolgos-Kramer



画像:

郡区の居住者Marcus Laurenceは、月曜日の夜、
ペン・フォレスト監理委員会に取り組んでいます。

JUDY DOLGOS-KRAMER / TIMESのニュース


==========================================



ペン・フォレスト郡区の監督者は、
熱く争われた風力タービンが前進することを可能にする
ゾーニング聴聞会に対する裁判官の判決に
上訴することはありません。





カーボン郡裁判官の
スティーブン・R・サーファス判事(Steven R. Serfass)は、
ゾーニング委員会は適時に行動しなかったとし、
許可証が承認されたと判断した。





その結果、
最大37台の風力タービンを建設するという
アトランティック・ウィンド
(Atlantic Wind )の意向は前進するでしょう。





このプロジェクトは住民の間に驚愕をもたらした、
町には160以上の電子メールが届いており、
469の署名を付した嘆願書は、
訴訟を提起し、判決の控訴を提起するよう要求している。

トーマス・ナノビック(Thomas Nanovic)弁護士によると、
それは不可能です。





▼バックグラウンド


アトランティック・ウィンドは、
風力タービンを町に建設するための特別な許可を申請した。

サーファス判事は、
裁判所が独立した審問官を任命し、
許可の公聴会の場を変更するという
アトランティック・ウィンドの要求を否定した後、
郡区のゾーニング審理委員会は、
市の計画コードで認められている
45日以内に追加の公聴会を予定しなかった。



委員会がその期間内に聴聞会を
スケジュールすることができなかったため、
アトランティック・ウィンドは
許可証が承認されたと主張することができました。

裁判官の判決は猶予解除し、
アトランティック・ウィンドは
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会に
許可が承認されたと考えていることを通知した。





▼居住者は行動、回答を求めている


審理で認可された許可申請の異議申立をしていた
フィリップ・C・Malitsch氏
(Phillip C. Malitsch)と
クリストファー・マンゴールド氏
(Christopher Mangold)の郡区の住民は、
直ちに、カーボン郡(Carbon)司法裁判所に
その許可について上訴を提出した。

ゾーニング審理委員会が訴えに加わった。



先月、サーファス判事は、
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会は、
承認された承認に異議を唱えることができないと判断し、
審理委員会を許可に関するさらなる措置から除外した。




「許可とみなされるのは、自らの遅れに起因する
法律の制定による委員会の決定である」と
サーファス判事は認めた。




判事は、たとえその決定が技術的なものであったとしても、
委員会がそれ自体の決定を上訴することができないと判断した。




月曜日の夕方の監督者会議では、
何人かの郡区住民が、
監督者にサーファス判事の決定の訴えを提出するよう要請した。




郡区の居住者マーカス・ローレンス氏
(Marcus Laurence)は、
その意図が何であるかを委員会に尋ねました。




現在まで、監督者はアトランティックの申請について
住民に話していませんでした。




「このプロジェクトについて
監督者当局が率直に話していないことに、
多くの住民が不満を持っていることは分かっている」と
ナノビック弁護士は語った。

「あなた方のほとんどが
それが私のアドバイスだったを知っているので。
彼らは弁護士に耳を傾けることを選んだ。」




ナノビック弁護士は、
ある時点でプロジェクトが進展すれば、
審査のために土地開発計画が委員会に来るため、
監督者に意見を表明することを望まないと述べた。




「この問題が委員会の前に来ると、
彼らは自分たちを忌避して、
その手から取り除くべき理由はないだろう」と
ナノビック弁護士は語った。

「条例が遵守されていることを確認することは、
彼らの仕事でしょう。」




ローレンス氏は、住民が監督者に
「条例を提唱する」ことを望んでいることに同意した。




▼上訴しないよう勧告


控訴期間が過ぎ、
ナノビック弁護士は住民に対し、
なぜ彼が判決に対して上訴しないように
委員会に助言したかを語った。



「まず最初に、サーファス判事の意見を慎重に読んだ。

それはよく考えられた意見です」と
ナノビック弁護士は語った。

「紛争の事実があまりないため、
控訴で覆されるとは思わない。

法律はこの分野では不明瞭ではありません。」




ナノビック弁護士が引用した第2の理由は、
異議申立人であるMalitsch氏とマンゴールド氏が、
承認された許可の上訴を正しく提出したことであった。

したがって、町は関係しており、条例を支持する立場にある。





ナノビック弁護士は
町ではエンジニアを雇って
そのことについて助言することを考えていた。




「私たちは、アトランティック・ウィンドに
反対することを主張していません。」と
ナノビック弁護士は付け加えた。




ナノビック弁護士は
上訴を提出しなかった最後の理由は、
彼が全面的に使用していたのと同じ理由であると述べました。




「承認されれば、アトランティック・ウィンドが
委員会の前に来なければならず、
委員会は土地開発計画を見直さなければならない」と
同氏は述べた。




ローレンス氏は引き続き、
最終的に承認されたとみなされる責任について
誰が責任を取るべきかを委員会に尋ねました。




「ラパ氏(Rapa)は前進すべきで、待ってはいけませんでした」と、
ローレンス氏は言いました。

「ゾーニング審理委員会やそのアドバイスをしている人は、
どうしたらいいのか
誰が責任を負っているのですか?」



ナノビック弁護士は
委員会はそのような議論を行っていないと言いました。




マシュー ・ラパ弁護士(Matthew Rapa)は、
承認されたとみなされる当時の弁護士でした。

1月の再編会議でゾーニング審理委員会は
マイケル・S・グリーク弁護士を任命弁護士に任命した。




グリーク弁護士に到達しようとする試みは、
前の時代には失敗しました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------------


更新日:2018年3月27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・2018年3月27日、以下の記事をエントリーしました。

・今年に入って、オンタリオ州で新たな訴訟が始まりました。
エリック・ガレスピー氏は、有名な環境弁護士だそうです。

<1-オンタリオ州:オンタリオ州環境・気候変動省 vs 市民> 2018/03/27
2018年1月28日
ぜひ!⇒
1-オンタリオ州
◇Citizens sue province over proposed wind turbine parks
市民は、提案された風力タービン・パークに関して州を訴える

(CBC News | 2018年1月28日)
http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/wind-turbines-ontario-nation-north-stormont-lawsuit-1.4507448



・2018年3月26日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/26
2018年3月20日
ぜひ!⇒
韓国
◇Wind turbines destroy local farming village
風力タービンは、地元の農業村を破壊します

(The Korea Herald |2018年3月20日)
www.koreaherald.com/view.php?ud=20180320000768

―引用
昨年、養蜂家アン・ヒョジョン氏は、
去年何千匹ものミツバチを失ってしまったと話しました。
「私は、風力タービンの低周波が
直接的な原因であると信じています。」とアン氏は言った。
彼は今、追加の損失を被る恐れから、
養蜂コロニー全体を別の地域に移しました。
・・・・・
チョン・スンンン氏(60)は
「誰がこのような土地を買うだろうか?
彼らは以前、タービンからの悪影響はないと言いましたが、
今は騒音が聞こえるのが本当に気になり、
夜はほとんど騒がしくなっています。
私は寝ることができません。」と話しました。
さらに、60デシベルの回転音は「人々を狂わせる」と
付け加えた。

もっと問題になるのは、
人々や動物や昆虫に悪影響を及ぼす可能性のある
風力タービンの低周波音や超低周波音の特質は
問題を含むと、専門家は警告します。

「過度の低周波ノイズに対する絶え間の曝露は、
過剰なストレス、関節の問題、
呼吸障害などの人体の健康問題につながる可能性があります。」と
ソンシル大学のサウンドエンジニアリングラボの
ペ・ミョンジン教授は、述べました。

「関連する研究データによれば、
長期間にわたり低周波ノイズに曝された
牛の胎児死亡例が多く報告されており、
これも人体に影響を与える可能性がある」と、
ペ教授は述べた。
  ―引用終わり



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

アイオワ州については、
ルーラル・プロパティライツ連合のジャンナ・スワンソンさんのほかに
拙ブログカテゴリー
<✤アイオワ州:テリー・マクガヴァン教授と風力問題>も
併せてお読みいただければ幸いです。

<1-アイオワ州:ルーラル・プロパティライツ連合(農村部財産権連合)>2018/03/21 up
2017年4月20日
1-アイオワ州
◇Is wind power saving rural Iowa or wrecking it?
風力発電はアイオワの農村部を救うか、あるいはそれを破壊していますか?

(The Des Moines Register | 2017年4月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/21/is-wind-power-saving-rural-iowa-or-wrecking-it/



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/21

2018年3月20日

ぜひ!⇒
京都府
◇【特集】うるさくて集中できない 弓道家悩ます“音”

(MBSニュース|2018年3月20日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-10000001-mbsnews-l27&p=1

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5314.html

―引用
圧迫感を与える低周波

音は商業施設の営業時間中は絶えず鳴り響いているのですが、
こうした音が競技にどのような影響を及ぼすのか、
騒音問題の専門家に分析してもらいました。

「エアコンの室外機は基本的な構造として
風を送るためのものですので、
ファンがまわっているんですよね。
ファンが回転することによって、
その低周波の低いボーっという音が
一番大きな音として聞こえやすいというのがあります。

低周波なんですけど、
低周波自身が変動しているんですよね。

変動しているとそれを聞いている人というのは、
よりそちらに意識がいきやすくなる」
(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

低周波は聞く人間に圧迫感を与え、
睡眠の妨げなどになるおそれがあるといいます。

・・・・・・
「基本的な対策方法としては
やはり音というのは周波数に限らず、
離れれば当然小さく感じますので、
設置場所をまずは検討した上で適切な位置に設置するというのが、
まずは前提として必要なのかなといえます」(吉田準史准教授)

―引用終わり




・2018年3月13日、以下の記事をエントリーしました。
・関連記事は、後日エントリーする予定です。

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車> 2018/03/13 up

2018年2月15日

ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年3月の懇親会が終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。
次回は7月を予定しています。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分⇒ 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-03-28 : ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<16-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>16-ペンシルバニア州:ペン・フォレストは、風力タービンの裁定を上訴しません |関連記事| // 【お知らせ】 | 終了しました⇒おとしんの,懇親会/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)










<16-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>




2018年2月8日





16-ペンシルバニア州
◇Penn Forest will not appeal wind turbine ruling
ペン・フォレストは、風力タービンの裁定を上訴しません

(Times News | 2018年2月7日)
https://www.tnonline.com/penn-forest-will-not-appeal-wind-turbine-ruling



By Judy Dolgos-Kramer



画像:

郡区の居住者Marcus Laurenceは、月曜日の夜、
ペン・フォレスト監理委員会に取り組んでいます。

JUDY DOLGOS-KRAMER / TIMESのニュース


==========================================



ペン・フォレスト郡区の監督者は、
熱く争われた風力タービンが前進することを可能にする
ゾーニング聴聞会に対する裁判官の判決に
上訴することはありません。





カーボン郡裁判官の
スティーブン・R・サーファス判事(Steven R. Serfass)は、
ゾーニング委員会は適時に行動しなかったとし、
許可証が承認されたと判断した。





その結果、
最大37台の風力タービンを建設するという
アトランティック・ウィンド
(Atlantic Wind )の意向は前進するでしょう。





このプロジェクトは住民の間に驚愕をもたらした、
町には160以上の電子メールが届いており、
469の署名を付した嘆願書は、
訴訟を提起し、判決の控訴を提起するよう要求している。

トーマス・ナノビック(Thomas Nanovic)弁護士によると、
それは不可能です。





▼バックグラウンド


アトランティック・ウィンドは、
風力タービンを町に建設するための特別な許可を申請した。

サーファス判事は、
裁判所が独立した審問官を任命し、
許可の公聴会の場を変更するという
アトランティック・ウィンドの要求を否定した後、
郡区のゾーニング審理委員会は、
市の計画コードで認められている
45日以内に追加の公聴会を予定しなかった。



委員会がその期間内に聴聞会を
スケジュールすることができなかったため、
アトランティック・ウィンドは
許可証が承認されたと主張することができました。

裁判官の判決は猶予解除し、
アトランティック・ウィンドは
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会に
許可が承認されたと考えていることを通知した。





▼居住者は行動、回答を求めている


審理で認可された許可申請の異議申立をしていた
フィリップ・C・Malitsch氏
(Phillip C. Malitsch)と
クリストファー・マンゴールド氏
(Christopher Mangold)の郡区の住民は、
直ちに、カーボン郡(Carbon)司法裁判所に
その許可について上訴を提出した。

ゾーニング審理委員会が訴えに加わった。



先月、サーファス判事は、
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会は、
承認された承認に異議を唱えることができないと判断し、
審理委員会を許可に関するさらなる措置から除外した。




「許可とみなされるのは、自らの遅れに起因する
法律の制定による委員会の決定である」と
サーファス判事は認めた。




判事は、たとえその決定が技術的なものであったとしても、
委員会がそれ自体の決定を上訴することができないと判断した。




月曜日の夕方の監督者会議では、
何人かの郡区住民が、
監督者にサーファス判事の決定の訴えを提出するよう要請した。




郡区の居住者マーカス・ローレンス氏
(Marcus Laurence)は、
その意図が何であるかを委員会に尋ねました。




現在まで、監督者はアトランティックの申請について
住民に話していませんでした。




「このプロジェクトについて
監督者当局が率直に話していないことに、
多くの住民が不満を持っていることは分かっている」と
ナノビック弁護士は語った。

「あなた方のほとんどが
それが私のアドバイスだったを知っているので。
彼らは弁護士に耳を傾けることを選んだ。」




ナノビック弁護士は、
ある時点でプロジェクトが進展すれば、
審査のために土地開発計画が委員会に来るため、
監督者に意見を表明することを望まないと述べた。




「この問題が委員会の前に来ると、
彼らは自分たちを忌避して、
その手から取り除くべき理由はないだろう」と
ナノビック弁護士は語った。

「条例が遵守されていることを確認することは、
彼らの仕事でしょう。」




ローレンス氏は、住民が監督者に
「条例を提唱する」ことを望んでいることに同意した。




▼上訴しないよう勧告


控訴期間が過ぎ、
ナノビック弁護士は住民に対し、
なぜ彼が判決に対して上訴しないように
委員会に助言したかを語った。



「まず最初に、サーファス判事の意見を慎重に読んだ。

それはよく考えられた意見です」と
ナノビック弁護士は語った。

「紛争の事実があまりないため、
控訴で覆されるとは思わない。

法律はこの分野では不明瞭ではありません。」




ナノビック弁護士が引用した第2の理由は、
異議申立人であるMalitsch氏とマンゴールド氏が、
承認された許可の上訴を正しく提出したことであった。

したがって、町は関係しており、条例を支持する立場にある。





ナノビック弁護士は
町ではエンジニアを雇って
そのことについて助言することを考えていた。




「私たちは、アトランティック・ウィンドに
反対することを主張していません。」と
ナノビック弁護士は付け加えた。




ナノビック弁護士は
上訴を提出しなかった最後の理由は、
彼が全面的に使用していたのと同じ理由であると述べました。




「承認されれば、アトランティック・ウィンドが
委員会の前に来なければならず、
委員会は土地開発計画を見直さなければならない」と
同氏は述べた。




ローレンス氏は引き続き、
最終的に承認されたとみなされる責任について
誰が責任を取るべきかを委員会に尋ねました。




「ラパ氏(Rapa)は前進すべきで、待ってはいけませんでした」と、
ローレンス氏は言いました。

「ゾーニング審理委員会やそのアドバイスをしている人は、
どうしたらいいのか
誰が責任を負っているのですか?」



ナノビック弁護士は
委員会はそのような議論を行っていないと言いました。




マシュー ・ラパ弁護士(Matthew Rapa)は、
承認されたとみなされる当時の弁護士でした。

1月の再編会議でゾーニング審理委員会は
マイケル・S・グリーク弁護士を任命弁護士に任命した。




グリーク弁護士に到達しようとする試みは、
前の時代には失敗しました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
 関連記事
======================

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<3-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年7月15日

3-ペンシルバニア州/画像
◇‘My home was my sanctuary’
『私の家は、私の聖域でした』

(タイムズ・ニュース | 2016年7月15日)
http://www.tnonline.com/2016/jul/15/%E2%80%98my-home-was-my-sanctuary%E2%80%99

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4133.html

「私の家の快適さを失っているので、
私はここにいます。」と
マッケンジーは言いました。
「我々は双方に不利な状況にあります。」

マッケンジーの家は
525フィートの風力タービンの
ツインリッジ風力プロジェクトから
1640フィート内にあります。
プロジェクトは、
2012年のクリスマスイブに運転に入りました。
※ 1640フィート = 499.87200 メートル

マッケンジーは、その時以来、
彼女と彼女の夫はよく寝ていない
そして両方とも、
彼らの耳に耳鳴りや圧力を経験していると
証言しました。
彼女は、
彼らが自宅から離れているとき
問題は自動的に解決していることを
付け加えました。

6台のタービンが、
冬の月にマッケンジー家の住居から見えます。
明滅する明かりは、
ブレードから、
年のうち8ヶ月間自宅を介して点滅します。
自宅での騒音レベルは
80デシベルと同じくらい高く測定されています。

マッケンジーは
ブレードに氷が積み重なるとき、
騒音レベルが増加すると言いました
そして、飛行機に類似した音を
引き起こしました。

「私の家は私の聖域でした。
マイホームは住み心地良くなければなりません。」

---------------------------

<10-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2016年12月31日

ぜひ!⇒ (経緯を含む)
10-ペンシルバニア州
◇Penn Forest wind turbine project still up in the air
ペン・フォレスト風力タービン・プロジェクトは、未決定です

(Times News | 2016年12月31日)
http://www.tnonline.com/2016/dec/31/penn-forest-wind-turbine-project-still-air

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4857.html

By Judy Dolgos-Kramer

ペン・フォレスト郡区(Penn Forestshipship)の
37台以上の風力タービンに関する問題が
裁判所で行われている。


アトランティック・ウインドLLCは、
ベツレヘム流域局
(Bethlehem Watershed Authority)に
属する不動産に
タービンを建設する特別な例外申請を提出しました。
同社は2013年以来、
風力タワーの設置許可を要求されたこの地域で
一連の風力研究を行っていました。

住民はすぐにその動きに抗議し始めました。
地元の選出された当局者は、
プロジェクトを中止するよう嘆願しました。
ベツレヘム流域風力発電プロジェクトに
NOと言っているような
封鎖グループを含む
いくつかのFacebookページが生まれました。

『GoFundMe』は、アトランティック・ウインドと
戦うための法的手数料を集めるために設立されました。

ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会の前で、
アトランティック・ウインドの
プロジェクトマネージャーの
クレイグPoff氏(Craig Poff)と
その騒音エンジニアと
住民側による専門家からの証言があり、
6件のヒアリングが行われました。

ツインリッジ風力発電所の下で暮らす
サマセット郡の住宅所有者である
タミー・マッケンジー氏(Tammy McKenzie)は、
明滅している光と
80デシベルの高さで測定された音のため、
彼女が自宅にもう住むことができないと証言しました。

不動産鑑定人ドン・ポール・シアラー氏
(Don Paul Shearer)は、
「損害商品」理論のために、
その地域の不動産価値が
25〜35%も損なわれる可能性があると証言した。

水理学者パメラ・ドブス氏(Pamela Dobbs)は、
地下水の撹乱とその長期的影響が
山岳地帯に及ぼす影響について証言した。
リチャード・ジェイムズ氏(Richard James)は、
アトランティック・ウインドの
騒音研究の瑕疵について証言した。

9月20日、アトランティック・ウインドの代表は、
聴聞会に出席せず、
安全上の懸念を表明した手紙を送って、
独立した公聴会役員に
有利な町に任命された委員会を削除し、
公聴会を「より安全な」会場に移す訴訟を起こすと述べた 。

アトランティック・ウインドは9月26日に
カーボン郡民事訴訟裁判所に
(the Carbon County Court of Common Pleas)に
訴訟を起こした。

スティーブン・R.サーファス(R. Serfass)判事は、
聴聞会が提出した
先決的抗弁(preliminary objections)について、
裁判所が12月20日に
アトランティック・ウインドの要求を
拒絶することを要求する議論を聞いた。

アトランティック・ウインドは、
ペン・フォレスト・ボランティア消防隊No.1で
審問会を開催することは、
アトランティック・ウインド社の従業員、弁護人、
証人、ゾーニング聴聞会のメンバー、
一般の人々にとって危険である
そして、
武装した居住者を目撃したと主張しました。

アトランティック・ウインド社はまた、
従業員と聴聞会の委員長オードリー・ワーゴ氏
(Audrey Wargo)に対する
確かな脅威があったとも主張している。
議論は、委員会が脅かされている場合、
アトランティック・ウインドが
公正な聴聞会を受けないと結論づけた。

サーファス判事は、
独立した審問官を任命することが
効果を生むかどうかについて疑問を呈した。
ゾーニング聴聞会の弁護士マット・ラパ氏
(Matt Rapa)は、
より制限された会場への変更は、
当事者が新たな審問官の前に再度手続を開始することなく、
アトランティック・ウインド社の
懸念事項のすべてを解決すると信じていると裁判所に語った。

当事者は1月中旬まで裁判所に追加の申し立てを提出する。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

-------------------------------------------

<11-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年3月31日

11-ペンシルバニア州
◇County says no to wind hearings
郡は、風力の審理を断ります

(Times News | 2017年3月31日)
http://www.tnonline.com/2017/mar/31/county-says-no-wind-hearings

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4858.html

----------------------------------------------

<12-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年5月18日

12-ペンシルバニア州
◇Wind farm denied; Penn Forest hears final testimony, announces decision
否定される風力発電所;ペン・フォレストは最終的な証言を聞いて、決定を発表します

(Times News | 2017年5月18日)
http://www.tnonline.com/2017/may/18/wind-farm-denied

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4859.html

----------------------------------------------

<13-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2017年7月24日

13-ペンシルバニア州
◇Turbines still an issue in Carbon
タービンは依然としてカーボンが争点です

(Times News | 2017年7月24日)
http://www.tnonline.com/2017/jul/24/turbines-still-issue-carbon

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4860.html

----------------------------------------------
 
2018/03/25
<14-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>


2017年8月21日

14-ペンシルバニア州
◇Disputed wind turbine issue heads to court; appeal filed
論じられた風力タービン問題は法廷へ向かいます;上訴しました

(Times News | 2017年8月21日)
https://www.tnonline.com/2017/aug/21/disputed-wind-turbine-issue-heads-court-appeal-filed

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5318.html

----------------------------------------------

2018/03/26
<15-ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題>

2018年1月6日

15-ペンシルバニア州
◇Judge rules in Atlantic Wind case
判事はアトランティック・ウインドのケースに裁定する
(Times News Online | 2018年1月6日)
https://www.tnonline.com/judge-rules-atlantic-wind-case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5320.html

By Judy Dolgos-Krame

スティーブン・サーファス(Steven R. Serfass)
カーボン郡(Carbon County)裁判官は、
ペン・フォレスト(Penn Forest)郡区で
風力タービンを建設し、運営するための
特別な例外許可のための
アトランティック・ウインド社(Atlantic Wind)の
申請の承認を得た法律上の専門性を支持しました。





アトランティック・ウインド社は、
ペン・フォレスト郡区の
ベツレヘム水道局(Bethlehem Water Authority)から
リースした土地に
最大37の風力タービンを建設し、運用することを望んでいます。

この計画は、郡区の住民からの多くの反対を受けました。



サーファス判事は、12月29日に発行された意見で、
ペン・フォレスト郡区ゾーニング審理委員会の要請を却下し、
郡区の住民フィリップ・C・Malitsch氏
(Phillip C. Malitsch)と
クリストファー・マンゴールド氏
(Christopher Mangold)が提出した承認案に異議を唱えた。





承認とみなされるのは、
法律の施行によって生じた許可申請の承認です。

言い換えれば、一連のイベントに基づいて、
許可が自動的に承認されました。




この場合、裁判官は、審理委員会が、
アトランティック・ウインドが経過を利用し、
その申請が承認されたとみなすことを可能にした
45日間の期間内に
聴聞会をスケジュールすることが
できなかったことがわかりました。




判決はMalitsch氏とマンゴールド氏の
上訴を終わらせるものではありませんが、
この時点で聴聞会の関与を終了させます。




▼会議はありません




この認可は、会場に関する安全性の懸念から、
ゾーニング審理委員会の審理を継続する
アトランティック・ウインドの最初の拒否から生じたものです。




会合は、ペン・フォレスト・
ボランティア・ファイヤー・カンパニー第1番の消防館で、
開催に関心のある多くの人々を収容するために開催されました。

5回の審理の過程で、
アトランティック・ウインド社の弁護士と従業員は、
彼らの安全性を心配するようになったと言いました。




アトランティック・ウインド社は2016年9月、
聴聞会に懸念を表明し、
同社がもう審理に出席しないことを記した手紙を送った。




同社は、カーボン郡民事訴訟裁判所
(Carbon County Court of Common Pleas)に訴状を提出し、
裁判所に独立した審問官を任命し、審理委員会を置き換え、
より安全な会場を設置するよう要求した。




口頭弁論の後、2017年2月、
サーファス判事はゾーニング審理委員会を支持し、
アトランティック・ウインドの委員会の要求を否定した。




さらに、サーファス判事は、審理委員会が
より安全な会場への変更に反対していないと述べたが、
取り決めをするために当事者に委ねた。




みなし承認が取られた審問会を開催するのは
別の場所を探す過程でした。




彼の意見では、サーファス判事は
アトランティック・ウインドが
市の計画コードのすべての要件を放棄したという
委員会の主張を拒否し、代理人(審理委員会)が、
これらの試行の結果や、失敗した試行後の
アトランティック・ウインドの継続した異議にかかわらず、
法定の時間配分内で聴聞会を予定し、
開催することを述べています。




「これを怠っても、アトランティック・ウインドが
45日間の審問要件を延長することに同意しなかったため、
被告は承認されたとみなされる厳しい結果に
直面しなければならない」とサーファス判事は結論づけた。




▼上訴しようとする試み




この意見は、ゾーニング審理委員会の
承認に異議を申し立てる試みにも取り組んでいる。




彼の判決で、マンゴールド氏とMalitsch氏の
訴えに介入しようと試みることによって、
審理委員会は「アトランティック・ウィンドの
ゾーニング申請に反対する当事者として
行動しようとしています。
そしてそれは実際にはゾーニング申請の結果を
客観的に決定する準司法機関です。」




「承認とみなされるのは、自らの遅れに起因する
法律の制定による委員会の決定である」と
サーファス判事は認めた。




本質的には、手元にあるケースの一部で
あり続けることが許されていれば、
委員会は首尾よく上訴するだろう。




ゾーニング委員会の弁護士、マシュー・ラパ氏は、
サーファス判事の判決に応えた。





「明らかに、我々は判決に失望している」とラパ氏は語った。

「私は、今週の委員会で会い、
オプションについて議論し、
決定に訴えを提出するかどうかを決定する」と述べた。




ラパ氏は、審理委員会の計画にかかわらず、
裁判官の判決の何も
マンゴールド氏とMalitsch氏の訴えには
影響を与えないと付け加えた。





アトランティック・ウインド社の親会社である
Avangrid Renewablesの事業開発担当ディレクター、
クレイグ・ポフ(Craig Poff)氏は、
判決に対する喜びを表明した。




ポフ氏は、「この巨大な経済発展の機会を
この地域にもたらすことを望んでいる多くの利害関係者
およびコミュニティグループを支持して
裁判所が裁定したことを喜んでいる」と述べた。




ペン・フォレスト郡区の監督者は、
アトランティック・ウインド社の申請と
プロジェクトに関して静かなままでした。

郡区の弁護士トーマス・ナノビック氏
(Thomas Nanovic)は、
ある時点でプロジェクトが承認のために来るかもしれないし、
「すべての事実がある」までコメントを控えていれば、
問題を議論することは公表しないと委員会に公表した。




6月、郡区は上訴に介入する動きを提出した。




「私たちは、何が起こっているかをスピードアップし、
委員会をループにとどめる唯一の目的のために
介入しました」とナノビック氏は言いました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



------------------------------------------------


更新日:2018年3月27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・2018年3月27日、以下の記事をエントリーしました。

・今年に入って、オンタリオ州で新たな訴訟が始まりました。
エリック・ガレスピー氏は、有名な環境弁護士だそうです。

<1-オンタリオ州:オンタリオ州環境・気候変動省 vs 市民> 2018/03/27
2018年1月28日
ぜひ!⇒
1-オンタリオ州
◇Citizens sue province over proposed wind turbine parks
市民は、提案された風力タービン・パークに関して州を訴える

(CBC News | 2018年1月28日)
http://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/wind-turbines-ontario-nation-north-stormont-lawsuit-1.4507448



・2018年3月26日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/26
2018年3月20日
ぜひ!⇒
韓国
◇Wind turbines destroy local farming village
風力タービンは、地元の農業村を破壊します

(The Korea Herald |2018年3月20日)
www.koreaherald.com/view.php?ud=20180320000768

―引用
昨年、養蜂家アン・ヒョジョン氏は、
去年何千匹ものミツバチを失ってしまったと話しました。
「私は、風力タービンの低周波が
直接的な原因であると信じています。」とアン氏は言った。
彼は今、追加の損失を被る恐れから、
養蜂コロニー全体を別の地域に移しました。
・・・・・
チョン・スンンン氏(60)は
「誰がこのような土地を買うだろうか?
彼らは以前、タービンからの悪影響はないと言いましたが、
今は騒音が聞こえるのが本当に気になり、
夜はほとんど騒がしくなっています。
私は寝ることができません。」と話しました。
さらに、60デシベルの回転音は「人々を狂わせる」と
付け加えた。

もっと問題になるのは、
人々や動物や昆虫に悪影響を及ぼす可能性のある
風力タービンの低周波音や超低周波音の特質は
問題を含むと、専門家は警告します。

「過度の低周波ノイズに対する絶え間の曝露は、
過剰なストレス、関節の問題、
呼吸障害などの人体の健康問題につながる可能性があります。」と
ソンシル大学のサウンドエンジニアリングラボの
ペ・ミョンジン教授は、述べました。

「関連する研究データによれば、
長期間にわたり低周波ノイズに曝された
牛の胎児死亡例が多く報告されており、
これも人体に影響を与える可能性がある」と、
ペ教授は述べた。
  ―引用終わり



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

アイオワ州については、
ルーラル・プロパティライツ連合のジャンナ・スワンソンさんのほかに
拙ブログカテゴリー
<✤アイオワ州:テリー・マクガヴァン教授と風力問題>も
併せてお読みいただければ幸いです。

<1-アイオワ州:ルーラル・プロパティライツ連合(農村部財産権連合)>2018/03/21 up
2017年4月20日
1-アイオワ州
◇Is wind power saving rural Iowa or wrecking it?
風力発電はアイオワの農村部を救うか、あるいはそれを破壊していますか?

(The Des Moines Register | 2017年4月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/21/is-wind-power-saving-rural-iowa-or-wrecking-it/



・2018年3月21日、以下の記事をエントリーしました。

<音と健康:2018/01/01~> 2018/03/21

2018年3月20日

ぜひ!⇒
京都府
◇【特集】うるさくて集中できない 弓道家悩ます“音”

(MBSニュース|2018年3月20日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-10000001-mbsnews-l27&p=1

■おとしん
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5314.html

―引用
圧迫感を与える低周波

音は商業施設の営業時間中は絶えず鳴り響いているのですが、
こうした音が競技にどのような影響を及ぼすのか、
騒音問題の専門家に分析してもらいました。

「エアコンの室外機は基本的な構造として
風を送るためのものですので、
ファンがまわっているんですよね。
ファンが回転することによって、
その低周波の低いボーっという音が
一番大きな音として聞こえやすいというのがあります。

低周波なんですけど、
低周波自身が変動しているんですよね。

変動しているとそれを聞いている人というのは、
よりそちらに意識がいきやすくなる」
(大阪工業大学工学部 吉田準史准教授)

低周波は聞く人間に圧迫感を与え、
睡眠の妨げなどになるおそれがあるといいます。

・・・・・・
「基本的な対策方法としては
やはり音というのは周波数に限らず、
離れれば当然小さく感じますので、
設置場所をまずは検討した上で適切な位置に設置するというのが、
まずは前提として必要なのかなといえます」(吉田準史准教授)

―引用終わり




・2018年3月13日、以下の記事をエントリーしました。
・関連記事は、後日エントリーする予定です。

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車> 2018/03/13 up

2018年2月15日

ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年3月の懇親会が終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。
次回は7月を予定しています。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分⇒ 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-03-27 : ペンシルバニア州:ペン・フォレスト風力タービン問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR