騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<住民勝訴⇒⑬ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>⑬ニュージーランド:どんな逆風でも…「ブルースキンの大きな悲劇」は「新旧の環境保護主義者との間に存在する深い分裂」です。若い世代の環境保護主義者は持続可能性への移行に焦点を当てています。それは変化することを意味する。それは潜在的に、以前の旧い環境保護主義者の派閥が無視したり批判したりすることができた経済活動に参加することを意味します…ヒュー・キャンベル教授 |関連記事| // 【おとしんからのお知らせ】 |New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<住民勝訴⇒⑬ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>




2017年11月27日





⑬ニュージーランド
◇An ill wind
どんな逆風でも

(Otago Daily Times | 2017年11月27日)
https://www.odt.co.nz/lifestyle/magazine/ill-wind



By Bruce Munro



画像:

Blueskin Bayは風力発電プロジェクトに分割されています。
挿入図:提案されたPorteous Hill風力タービンサイトのスケッチ。


MAIN PHOTO: PETER MCINTOSH

===================================================
画像:

Blueskin Resilient Communities Trustのマネージャーである
スコット・ウィリス(Scott Willis)氏は、
風力タービンプロジェクトで
彼のコミュニティで見た「野蛮主義」を
決して期待していないと言います。


PHOTO PETER MCINTOSH

===================================================



脅威の詳細が記録されます。

彼が影響を恐れていないならば、
それはすべて裸になる可能性があります。

しかし、彼はそうです。



彼は2ヶ月も経たないうちに
ブルースキン・ベイ(Blueskin Bay)の
風力タービンプロジェクトに対する支援が
物理的な暴力に脅かされ、
彼の財産は破壊行為に脅かされたことを
彼らが知れば
その家族は呆然とするだろうと
彼は深く心配しています。


彼は、名前または確認している詳細が
使われることを望みません。




彼は警察に公式の告訴をすることを検討しているが
彼と定期的に仕事をしなければならない人が
ベイに影響力を持っていて
人生を耐え難いものにする可能性があることを
彼は知っています。



彼はまた、それが単に自分のやり方を
手に入れようとしている人であるかどうか疑問に思う。



しかし、彼はそれがそうであっても、
人々に「悪いことが起こることを
人々に示唆することを許されるべきではない」と
付け加えている。



暗示された脅威は、
地元の風力発電を建設する
Blueskin Resilient Communities Trust(BRCT)の
最終的なストローであったと
スコット・ウィリス氏(Scott Willis)は述べている。




すでに重大な機器の破壊や
身体的暴力の別の脅威があったと
トラストの管理者であるウィリス氏は言います。




これらの事件は、
高等裁判所へ環境裁判所の決定を
トラストが上訴する場合
15日間で$ 80,000を見つけることに加えて
控訴を勝ち取ったとしても
500万ドルの風力タービンプロジェクトが
ゴーサインを得るという確実性の欠如は、
プラグが引かれるのを見ました。





「私たちはそれを
高等裁判所に上訴しないことにしました。」と
ウィリス氏は言います。





私たちは脅威のために気が進みませんでした
...私たちが80,000ドルを持っていれば、
おそらく私たちは前進しただろうと思います
それは良い決断をもたらすと思っていました。




「しかし、それが失敗した場合、
高等裁判所のレベルで
悪い立法を阻んでいただろうという
本当のリスクがありました」




ウィリス氏にとって、
これは20年の夢の終わりであり、
生きている悪夢となっています。

どうしてこうなったのか?




問題は地元の風力発電を生み出す
夢の終わりほどではありません。

また、持続可能で強力なコミュニティを
構築するという
特定のビジョンの死についてですらありません。



より深い疑問は、
一見、まともな普通の人たちのコミュニティが、
不快感、不当利得、破壊行為、
暴力の脅威に対する制裁をどのように受けたのかです。




ウィリスと彼の妻が
1990年代半ばにニュージーランドに戻ったとき、
彼らは落ち着いて家族を育てるために、
コミュニティ感覚で、
彼らが手で触れることができる場所、
地元の問題やグローバルな問題について
他の人たちと一緒に働ける場所を探しました。



彼らは、ブルースキンベイ(Blueskin Bay)を
中心とする静かな、農村の、
沿岸の集落のうちの一握りのダニーデンの北
20分にあるワイタティ(Waitati)を選びました。




そして進歩がありました。
多くの肯定的なことが起こったとウィリス氏は言う。




彼の息子が育ったブルースキンは
本当に特別な場所だったと思っています。



しかし何かが変わった、と彼は言う。

精神が、
彼は決して想像することができず、
まだ推測することはできない
コミュニティに浸透しています。




「コミュニティは多様で厄介です」と
ウィリス氏は言う。



「私はそれが問題ではないと思った。
問題は不正行為、操作、攻撃、そして暴力の脅威であり、
私にとっては地域社会から野蛮に向かう動きだ」




地元の恩恵を受けている風力発電のアイデアは、
2006年にウィリス氏によって開始された
コミュニティビジョンワークショップの結果でした。





2008年には、BRCTがそのような地域社会の夢を
実現するために設立されました。

ウィリス氏は
大学の講師から最低賃金のトラストのマネージャに就いた。




次の数年間は、
サイトテストと知識構築に与えられました。



2011年には、さまざまなブルースキンの
コミュニティとの議論が強化され、
湾の北側に潜在的に有望なサイト
Porteous Hillに関するデータを収集するために、
30mの風車が設置されました。



数年後、このトラストは、
3つの風力タービンの土地をリースし、
プロジェクトの資源同意申請書を
作成する作業を開始しました。



2015年10月、
反対派が増え、悪意が増えたダニーデン市議に
同意申請が提起されました。





ソーシャルメディアには激しい投稿がありました。

ウィリス氏がプロジェクトから
資金を調達しようとしていたと伝えられた電子メール。

ウィリス氏は
「私たちが何をやろうとしているかについての
ひどい話をしている」との請願があったと言いました。



「もし私がそれを見て、
他の情報を持っていなかったら、
私はおそらくその請願書にも署名したでしょう。
しかし、それは完全な、総製作でした。
それはうそだった」と彼は言う。



同意申請に関する公的提出は、
オタゴ地方議会と
地元のランカからの好意的な提出を含めて、
反対147人と153人の支持を得ました。


===================================================
画像:

Porteous Hillに住むサイモン・ライアン博士(Simon Ryan)は、
「漸進的な疎遠のプロセス」のトラストを責めている。

PHOTO: SUPPLIED

===================================================


Porteous Hillに数十年住んでいて
タービンプロジェクトに反対した
サイモン・ライアン博士(Simon Ryan)は、
もしあれば、汚さが
プロジェクトを好む側にあったと言います。




その大学の講師は、「独裁的な」行動や、
信頼関係者による誤った情報が、
「漸進的な疎遠のプロセス」に責任があると述べている。



「おそらく数人の人が
ハンマーとトングを持ってきただろう」と
ライアン博士は、
ベイのあらゆる日々の敵意を知らないと言います。




マーク・C・ブラウン氏(Mark Brown)は同意します。

ワイタティ(Waitati)の事業者と
Waikouaiti Coast Community Boardのメンバーは、
43年間にわたってベイに住んでいました。



全部が 「期待外れ」だったと、ブラウン氏は言う。



「地域社会の90%は非常に満足しています。
そして、私たちは人生を乗り切っています」と
彼は付け加えます。



プロジェクトに関する協議の不足が
人々を動揺させたかどうかを尋ねたところ、
彼は心から同意します。




彼は不愉快で脅迫的な行動の主張に疑問を呈する。



「彼らはそれを目撃したのですか、
それとも伝聞ですか? 」と彼は尋ねる。



ジェラルディン・タイトさん(Geraldine Tait )も
同じ質問をしています。



彼女は38年間ベイに住んでいた
仲間のコミュニティ委員です。

彼女は環境に情熱を持ち、
風力発電プロジェクトに反対しています。



彼女のコミュニティの人々は
もはやお互いに話をしておらず、
脅かしが起こっているという提案は、
彼女が「全く」反対する「ゴミ」です。



地域社会では多くの良いことが起こっています、
風力タービンは大きな問題ではなく、
「消え去る」とタイトさんは言います。



「風力タービンの議論の反対側に友人がいて、
誰もここに登場せず、
私の顔に叫んだり、私に物を投げたりした」



彼女は、近隣住民が脱落するのは珍しいことではない、
風力プロジェクトは人々を悲しみにさせる
「熱い問題」であり、
相談が不十分であると感じられたことに対する
地元の怒りがあったと言う。



彼女はソーシャルメディアに
「野蛮な」コメントがあったかもしれないことを認め、
一部の人々は「やけどしてやや苛立ち」を
感じるかもしれないと認めている。



脅かしについては、「証拠はどこですか?」と尋ねます。



昨年中頃、コミッショナーの
コリン・ウェザーオール氏(Colin Weatherall )は
ポーティアス・ヒルの
3つの風力タービンの資源同意申請を聞いた。

彼は7月に決定を下し、申請を辞退した。



本質的に、ウィリス氏は言う。
指導者は接触のためにそれを蹴った。


「もしあなたがそれをしたいなら、
あなたは環境裁判所に行かなければならない」と
彼は言った。


トラストは環境裁判所に上訴することを決定した。


それは問題の終わりであったはずだったが、
現在はより多くの訴訟費用に直面していると感じた
反対派を怒らせた。


それ以来、デイビッド・ロバートソン氏
(David Robertson)は脅かされました。



ロバートソン氏は
Warringtonの内陸のMertonの農家で、
その土地にはPorteous Hillの頂上が含まれています。



彼はBRCT、Blueskin Energy Ltd(Bel)の
商業部門に土地を借りていた。

彼の土地には、データ収集風力マストが建設されました。



ロバートソン氏は予期せぬ言葉で
彼に向けられた言葉を繰り返したくありません。

しかし、彼は事件の直後に
ウィリス氏に電話をかけ、ウィリス氏の口座を確認した。



「彼は深刻な攻撃的な虐待の30時間に
耐えなければならなかった」とウィリス氏は言う。



「彼はキリスト教徒であり、
彼は誓って、喉を切るつもりだった[執拗な]キリスト教徒
だから、彼は彼の[昏睡]をよく見て、
なぜ彼は彼が何をしていると思ったのか?


===================================================
画像:
彼の土地に風力タービン試験装置を設置することを
脅かされていると言われている
マートンの農家デービット・ロバートソン氏は、
相手の利己主義が地域社会の怒りを引き起こしたと考えている。


写真:ブルース・ミューロ
===================================================



警察は告訴を熱望していた
ロバートソン氏は望んでいないとウィリス氏は言う。



オタゴ・デイリー・タイムズは、
警察が関与している男性と話すことを求めているが、
公式に警告されていないことを理解している。



ロバートソン氏は彼の名前を言いたくない。



「彼は怒った。
そして彼は彼が望むものを
手に入れていなかったので怒っていました」と
ロバートソン氏は言います。



彼は、彼に対する脅威、および他の事件は、
単純な利己主義の結果であると考えている。




「彼らが望むのはタービンを見ることではない。
裁判官の報告書とそれ以外のものを見るとき、
それが何になるのだろうか」とロバートソン氏は言う。



「人々を援助するとき、
人々が望むものが重要であることを示しています。」



「それは人生の本質であり、
私たちができるところにいる人々を助けることですよね。」



環境裁判所の審理の前に、
仲裁の試みが起こらなければならなかった。

それは1日後に失敗した。



裁判所の審理は今年6月26日に行われた。

それまでに、トラストは単一の110mの高さの
風力タービンについて話していました。



裁判長は、提案されたタービンサイトに
隣接する不本意な所有者に対し、
騒音試験を実施するよう指示した。


これらの測定値は、
タービンの実際の騒音の影響を推定するために、
マストからの風力データと相関しています。





しかし、3月30日の午後9時に、
風力マストが突然データ収集を停止しました。





誰かがボルトカッターのようなツールを使って
マストの複数のスチールワイヤーを切断し、
転倒させ、装置に悪影響を与えました。




マストには風向きや風速計、
風速を記録する機密計器、
そして電力を供給するための
ソーラーパネルが取り付けられていました。

すべては、約50,000ドルの価値があった。



===================================================

画像:

Blueskin Bayの風力タービンの研究開発の一環として、
30mの風力テストタワーが
2013年にPorteous Hillに登場します。


写真:ピーター・マクソシュ

===================================================


しかし、現実の損害は、その時点で、
環境裁判所の審理に必要なデータを
収集することができなかったことです。



9月11日、裁判官は訴えを退けました。
そして、タービンが自然の景観や地元の環境に
悪影響を及ぼす可能性があると言いました。





反対派は、常識が勝利し、
信頼が高等裁判所に訴えた場合、
彼らは「憤慨する」と述べた。





トラストは、それができるかどうかを
決定するために15日間を要した。




その2週間の間に
無名の風力プロジェクトのサポーターと
彼の財産が脅かされました。




10月3日月曜日、
ウィリス氏はブルースキン風力発電プロジェクトを
日の目を見ずに終わったと宣言した。



チャールズ・アブラハム氏は
トラストは人々がより豊かになるための力だったが、
ブルースキンで采配を振るいたい人の
支持を得ることに失敗したと考えます。



ベルのディレクターで、
10年間ワイタティ(Waitati)に住んでいた
BRCT受託者であるアブラハム氏は、
トラストはブルースキンが
ただのダニーデン(Dunedin)郊外の
住宅地以上だったことを
確実としたくなっていたと言います。

しかし、彼は、気候変動に関する
ウィリス氏の意見が
一部の住民を悩ませたと考えている。



「この地域は批判的な人でいっぱいです。」と、
彼は言います。



「起きてほしくないことを決して許さない人もいる」

ウィリス氏は、
彼が解きほぐしのない
悪意の一部に関わってきたことに同意します。




「私は現状を変えたいという責任を認めている」と
彼は言う。



「私たちは、物事を別々にする必要があると思う。
私は子供、地域社会、地球のために
何かをしようとしていることを誇りに思います。」



しかし、彼にとっては、
なぜ人々が彼らのように行動したのかは説明されていません。
彼は尋ねます、
どのように
「ソーシャル・ライセンスは
バーバリズムに与えられたのか?」



ジネットフィッツシモンズ氏は
(Jeanette Fitzsimons)、CNZM、
その答えは、
国際的に起こっていることにあるかもしれないと言います。



BRCTの後援者で旧グリーンパーティーの共同リーダーは、
ブルースキンの多くの人々が、
風力発電プロジェクトを通じたコミュニティで
起こったことのすべてを知らないと確信しています。



「しかし、明らかに風力タービンについて
非常に怒っている人がいる」とフィッツシモンズ氏は言う。



同氏は、他のテクノロジーに関心のない人々が、
甚だしい破壊行為や脅威を出しているのはなぜか
知ることは難しいという。



化石燃料業界が先導している風力発電には
世界中で動きがあると彼女は言います。



ブルースキンプロジェクトの終焉は、
全国のコミュニティ所有の再生可能エネルギーに
冷ややかな影響を与える可能性があると
彼女は結論づけている。



ヒュー・キャンベル教授は、
その影響が全国的に感じられることに同意する。



オタゴ大学サステイナビリティセンターの元主任で
現在は社会学の主任は
ブルーススキンは、
コミュニティが持続可能な未来に
どのように移行できるかについての
主導的な光であると考えられていると述べています。

しかし、その評判は 「絶対的な打撃」を受けました。



キャンベル氏は、
「ブルースキンの大きな悲劇」は
「新旧の環境保護主義者との間に存在する深い分裂」を
指摘している。




古い世代の環境保護主義者は、
「すべての維持と抵抗」です。



若い世代は
持続可能性への移行に焦点を当てています。



「それは変化することを意味する。
それは潜在的に、
以前の旧い環境保護主義者の派閥が
無視したり批判したりすることができた
経済活動に参加することを意味します。」




彼は、風力タービンプロジェクトが
移行アプローチの最前線にあり、
旧い環境保護主義者の活動家からの
強い反応を引き起こしたと考えています。





ブルースキンで起こったことは、
小さいコミュニティの対立を起こしやすい性質を
示していると、キャンベル氏は言う。




「主人公の小さくて親密さは葛藤を増幅する」と彼は言います。




「そして、ニュージーランドで
最も神聖な牛を投げ入れる、不動産資産の価値 ...」




紛争の交渉の枠組みとプロセスがなければ、
すべての地獄が起きてしまう可能性があります。




残念なことに、ブルースキンは
その紛争の状態にはまり込むかもしれません。



ジャネット・スティーブンソン博士
(Janet Stephenson)は、
風力タービンプロジェクトに関する
環境裁判所の審理に鑑定書を提出した時に
その可能性を指摘しました。



彼女は
オタゴ大学サステイナビリティセンターのディレクターで、
世界中の風力発電所の社会的影響を調査しています。



スティーブンソン博士は裁判所に、
典型的には風力タービンという考え方が
最初は好都合であると話しました。

そして、負の影響についての懸念は、
特に提案段階で、物事が悪化するのを見ます。

しかし、
容認は構築が完了したら再び登り、
人々は風力タービンに精通し、
彼らの恐怖は根拠がないと考えていると彼女は言った。



ブルースキンは提案段階を超えたことはありません。

その否定的な段階は、
コミュニティがまだ動かないでいるところです。

それにもかかわらず、
誰もが自分の道を見つけようとしています。




ブラウン氏のような関係者の中には、簡単だと言う人もいます。

彼が言ったように、
「私たちは私たちの生活を続けています。」



それは彼が望むより少し難しいかもしれませんが。



オタゴ・デイリー・タイムズと話した後、
ブラウン氏は電話をかけてメッセージを残す。

彼は間違いなくブルースキンのコミュニティで
不満は見られていないと彼は言います。
そして、彼は人々が
何か違うことを言っていると考えるように
「混乱」しています。



ウィリス氏にとって、
ある日は他の日よりも優れています。



「今週は難しいと言わざるを得ないが、
なぜか分からない。
私は過敏かもしれません;
私はこれらの不快で不正な人々を見たくありません。」



「それは、このコミュニティでする
我々の能力に対する私の信頼をぐらつかせました」



彼は「相手と同じ手で戦い」たくなくて、
また、それによって脅されないで、
「その種の野蛮性と暴力と脅威と
ポスト真実を大声で呼ぶ」と言います。



「私は私たちの役割の一部が
吹出物を槍で突くことだとわかています;
そのようなことが起こる方法について話をする
そして、私たちが将来それを避けることを
確実にするために努力しています。」



「私のある部分は本当に怒っていて動揺しています。
しかし、私は冷酷になりたくないので、
私は理解と受け入れの道を見つけたいと思っています。」



8週間前に暴力で脅かされていた無名の男性は、
ブルースキンベイが
起きたことに対処しているように見える方法を
おそらく最も完全に体現します。



「私は臆病なのですか?
私は建ち上がるべきですか?おそらく。」と彼は言う。



しかし、一瞬の怒りを抑えるために
紛争を避ける生涯の後、
それは脅威の瞬間に
白熱っぽいマグマのように
彼の静脈に浮かんでいるように感じました。
彼は意図的にその事件を箱に戻し、
蓋を閉め、高い棚に置いた。
そこでは、まだ怒りで揺れ動いている
ごくわずかではあるが。」


===================================================
画像:

2015年にウォリントンで提案された風力発電所に関する会議。


写真:リンダロバートソン
===================================================




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------
関連記事
------------------

<ニュージーランドの風力問題/①オタゴ風力発電所計画>

2016年7月12日

ニュージーランド/①オタゴ風力発電所計画
◇Dunedin wind farm plan rejected
ダニーデン風力発電所計画は拒絶されます

(ティマルー・ヘラルド | 2016年7月12日)
http://www.stuff.co.nz/timaru-herald/business/82033499/Dunedin-wind-farm-plan-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4123.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/②オタゴ風力発電所>

2016年7月12日

ニュージーランド/②オタゴ風力発電所計画/画像
◇Seven-year plan for Otago turbines rejected
オタゴタービンのための7年間の計画は拒絶される

(ラジオ・ニュージーランド|2016年7月12日)
http://www.radionz.co.nz/news/country/308496/seven-year-plan-for-otago-turbines-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4124.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/③オタゴ風力発電所計画>

2016年7月21日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/③オタゴ風力発電所計画/画像
◇Call for council to tighten rules on wind farms
議会は、風力発電所に関する規則を強化するよう要求する

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年7月21日)
http://www.odt.co.nz/news/dunedin/391021/call-council-tighten-rules-wind-farms


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4126.html



彼の家から500m未満であった
ダニーデンの近くの風力発電所に反対した男性は、
風力発電所に関して
その計画規則を強化するように
ダニーデン市議会に頼みました。

サイモン・ライアン博士の家は
最近ダニーデンの北にある
ポーティアスヒルの
3台の風力タービンを開発していた
リソースの同意を拒否された
プロジェクトの近くにありました。

昨日、彼は議会の2GP地区計画の審理に出席して、
高さ75m以上のどんなタービンでも
住居から2kmでなければならないという
規則を提案しました。


---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/④オタゴ風力発電所>

2016年8月2日

ニュージーランド/④オタゴ風力発電所
◇Appeal launched over Otago windfarm project
訴えは、オタゴ風力発電所プロジェクトについて開始されます

(ラジオ・ニュージーランド | 2016年8月2日)
http://www.radionz.co.nz/news/national/309973/appeal-launched-over-otago-windfarm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

---------------------------------------------

<ニュージーランドの風力問題/⑤オタゴ風力発電所>

2016年8月3日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/⑤オタゴ風力発電所
◇Wind farm appeal; opponent leaving
風力発電所の上訴;相手は立ち退こうとしている

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年8月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/wind-farm-appeal-opponent-leaving

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html

----------------------------------------------

<⑥ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月28日

⑥ニュージーランド
◇Wind farm opponents put case
風力発電所の反対派は、事情を説明する

(Otago Daily Times | 2017年6月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/30/wind-farm-opponents-put-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4993.html

---------------------------------------------

<⑦ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月30日

⑦ニュージーランド
◇Bird strike, noise levels wind farm issues
バードストライク、騒音レベル 風力発電所問題
 
(Otago Daily Times | 2017年6月30日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/court-news/bird-strike-noise-levels-wind-farm-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4997.html

---------------------------------------------

<⑧ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月1日

⑧ニュージーランド
◇Residents voice angst over wind turbine site
居住者は、風力タービン・サイトに関して不安を表す

(Otago Daily Times | 2017年7月1日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/residents-voice-angst-over-wind-turbine-site

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4998.html

---------------------------------------------

<⑨ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月19日

⑨ニュージーランド
◇Judge questions landscape architects about wind turbine
判事は、景観設計家に風力タービンについて尋ねる
 
(Otago Daily Times | 2017年7月19日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/judge-questions-landscape-architects-about-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4999.html

---------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑩ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年9月12日

ぜひ!⇒
⑩ニュージーランド/画像
◇Environment Court rejects Blueskin turbine
環境裁判所は、ブルースキンのタービンを拒否する

(The Country | 2017年9月12日)
http://www2.nzherald.co.nz/the-country/news/article.cfm?c_id=16&objectid=11921351

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5000.html

---------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑪ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年9月13日

ぜひ!⇒
⑪ニュージーランド
◇Wind farm proponents ‘should just let it go’
風力発電所の提案者は『もうあきらめるべきです』

( Otago Daily Times | 2017年9月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/09/12/wind-farm-proponents-should-just-let-it-go/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5001.html

---------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑫ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年10月3日

ぜひ!⇒
⑫ニュージーランド
◇No appeal on wind turbine
風力タービンに上訴はありません  

(Otago Daily Times | 2017年10月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/no-appeal-wind-turbine-after-death-threats

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5002.html

<住民勝訴⇒⑫ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>




2017年10月3日




ぜひ!⇒
⑫ニュージーランド
◇No appeal on wind turbine
風力タービンに上訴はありません  

(Otago Daily Times | 2017年10月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/no-appeal-wind-turbine-after-death-threats



By Margot Taylor



議論の余地のある風力タービン計画の
背後にあるグループは、
死の脅威と高まる弁護料のために、
それを停止するという環境法廷の決定を
上訴しないと発表した。





ブルースキン・エナジー社の
プロジェクト・マネージャー、
スコット・ウィリス氏は、
ブルースキン湾近くのポーティアス・ヒルに
110mのタービンを建設するという
提案に対する反対は、「手に負えなく」なって
死の脅威にさらされたと述べた。





「チームのメンバーに対する直接的な脅威が
作られており、それは悲惨なものでした。

明らかに、一部の人々は
そんなことをするために
動揺しているにちがいありません、
しかし、本当に少し手に負えなくなりました。」




ウィリス氏は、脅威と
その作り手を詳細に議論したくなかった。




同グループの決定は、
先月、この提案を拒否した
環境裁判所の判決に従うものです。





環境裁判所は、ダニーデン市議会が提案した
エネルギーレジリエンスのための地区計画では、
特に重要な自然景観や
地元環境に悪影響を及ぼすため、
タービンに「相当の緊張感」があると述べた。




ダニーデン北部のこのプロジェクトを
あきらめる決定は、
500万ドルから600万ドルの間のコストがかかる
サイトで3台のタービンを建設する計画から
2年以上経過しています。




提案されたサイトの何人かの隣人からの
激しい反対にもかかわらず、
環境裁判所判決を
高等裁判所に提起しないという決定は難しかったと
ウィリス氏は述べた。




「高裁への訴えのために、
より幅広い分野から大きな支持を得る可能性があったため、
難しい決定を下しました。」




この判決は、コミュニティ風プロジェクトを
「少なくとも10年」後退させるでしょう。




「我々は依然として裁判所判決の所見
および示唆を検討しているが、
ニュージーランドのエネルギーシステムを
民主化するための
ニュージーランドのすべての努力に
重大な悪影響を及ぼすと考えています。」



このグループは、環境裁判所の結論によれば
「このサイトの風力資源は最適ではなく、
他の適切な代替サイトがあるように見える」と
結論づけられました。




他の多くのサイトは考慮されていませんでしたが、
タービンの専門家が
ポーティアス・ヒルが風のための
最高のコミュニティサイトであることを確認していました。




ブルースキン・エナジー社のディレクター
トニー・ウィルソン氏は、
タービンのポイントは
コミュニティを助けることだと語った。




「一緒になって、私たちは、
気候変動と海面上昇に直面して
温室効果ガスの排出を削減し、
地域のレジリエンスを向上させることに対して、
積極的なコミュニティへの貢献を
提供しようとしていました。」




同グループは、地域社会のために
地域のエネルギーを調達することに
コミットしたままとなるだろうとウィルソン氏は述べた。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



【お知らせ】

・2017年11月26日(日)の懇親会は無事終了しました。
 遠方よりのご参加をありがとうございました。

・ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-12-17 : 住民勝訴⇒▲ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒⑫ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>ぜひ⇒⑫ニュージーランド:風力タービンに上訴はありません…この決定は、先月、この提案を拒否した環境裁判所の判決に従うものです |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<住民勝訴⇒⑫ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>




2017年10月3日




ぜひ!⇒
⑫ニュージーランド
◇No appeal on wind turbine
風力タービンに上訴はありません  

(Otago Daily Times | 2017年10月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/no-appeal-wind-turbine-after-death-threats



By Margot Taylor



議論の余地のある風力タービン計画の
背後にあるグループは、
死の脅威と高まる弁護料のために、
それを停止するという環境法廷の決定を
上訴しないと発表した。





ブルースキン・エナジー社の
プロジェクト・マネージャー、
スコット・ウィリス氏は、
ブルースキン湾近くのポーティアス・ヒルに
110mのタービンを建設するという
提案に対する反対は、「手に負えなく」なって
死の脅威にさらされたと述べた。





「チームのメンバーに対する直接的な脅威が
作られており、それは悲惨なものでした。

明らかに、一部の人々は
そんなことをするために
動揺しているにちがいありません、
しかし、本当に少し手に負えなくなりました。」




ウィリス氏は、脅威と
その作り手を詳細に議論したくなかった。




同グループの決定は、
先月、この提案を拒否した
環境裁判所の判決に従うものです。





環境裁判所は、ダニーデン市議会が提案した
エネルギーレジリエンスのための地区計画では、
特に重要な自然景観や
地元環境に悪影響を及ぼすため、
タービンに「相当の緊張感」があると述べた。




ダニーデン北部のこのプロジェクトを
あきらめる決定は、
500万ドルから600万ドルの間のコストがかかる
サイトで3台のタービンを建設する計画から
2年以上経過しています。




提案されたサイトの何人かの隣人からの
激しい反対にもかかわらず、
環境裁判所判決を
高等裁判所に提起しないという決定は難しかったと
ウィリス氏は述べた。




「高裁への訴えのために、
より幅広い分野から大きな支持を得る可能性があったため、
難しい決定を下しました。」




この判決は、コミュニティ風プロジェクトを
「少なくとも10年」後退させるでしょう。




「我々は依然として裁判所判決の所見
および示唆を検討しているが、
ニュージーランドのエネルギーシステムを
民主化するための
ニュージーランドのすべての努力に
重大な悪影響を及ぼすと考えています。」



このグループは、環境裁判所の結論によれば
「このサイトの風力資源は最適ではなく、
他の適切な代替サイトがあるように見える」と
結論づけられました。




他の多くのサイトは考慮されていませんでしたが、
タービンの専門家が
ポーティアス・ヒルが風のための
最高のコミュニティサイトであることを確認していました。




ブルースキン・エナジー社のディレクター
トニー・ウィルソン氏は、
タービンのポイントは
コミュニティを助けることだと語った。




「一緒になって、私たちは、
気候変動と海面上昇に直面して
温室効果ガスの排出を削減し、
地域のレジリエンスを向上させることに対して、
積極的なコミュニティへの貢献を
提供しようとしていました。」




同グループは、地域社会のために
地域のエネルギーを調達することに
コミットしたままとなるだろうとウィルソン氏は述べた。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------
関連記事
------------------

<ニュージーランドの風力問題/①オタゴ風力発電所計画>

2016年7月12日

ニュージーランド/①オタゴ風力発電所計画
◇Dunedin wind farm plan rejected
ダニーデン風力発電所計画は拒絶されます

(ティマルー・ヘラルド | 2016年7月12日)
http://www.stuff.co.nz/timaru-herald/business/82033499/Dunedin-wind-farm-plan-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4123.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/②オタゴ風力発電所>

2016年7月12日

ニュージーランド/②オタゴ風力発電所計画/画像
◇Seven-year plan for Otago turbines rejected
オタゴタービンのための7年間の計画は拒絶される

(ラジオ・ニュージーランド|2016年7月12日)
http://www.radionz.co.nz/news/country/308496/seven-year-plan-for-otago-turbines-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4124.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/③オタゴ風力発電所計画>

2016年7月21日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/③オタゴ風力発電所計画/画像
◇Call for council to tighten rules on wind farms
議会は、風力発電所に関する規則を強化するよう要求する

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年7月21日)
http://www.odt.co.nz/news/dunedin/391021/call-council-tighten-rules-wind-farms


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4126.html



彼の家から500m未満であった
ダニーデンの近くの風力発電所に反対した男性は、
風力発電所に関して
その計画規則を強化するように
ダニーデン市議会に頼みました。

サイモン・ライアン博士の家は
最近ダニーデンの北にある
ポーティアスヒルの
3台の風力タービンを開発していた
リソースの同意を拒否された
プロジェクトの近くにありました。

昨日、彼は議会の2GP地区計画の審理に出席して、
高さ75m以上のどんなタービンでも
住居から2kmでなければならないという
規則を提案しました。


---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/④オタゴ風力発電所>

2016年8月2日

ニュージーランド/④オタゴ風力発電所
◇Appeal launched over Otago windfarm project
訴えは、オタゴ風力発電所プロジェクトについて開始されます

(ラジオ・ニュージーランド | 2016年8月2日)
http://www.radionz.co.nz/news/national/309973/appeal-launched-over-otago-windfarm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

---------------------------------------------

<ニュージーランドの風力問題/⑤オタゴ風力発電所>

2016年8月3日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/⑤オタゴ風力発電所
◇Wind farm appeal; opponent leaving
風力発電所の上訴;相手は立ち退こうとしている

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年8月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/wind-farm-appeal-opponent-leaving

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html

----------------------------------------------

<⑥ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月28日

⑥ニュージーランド
◇Wind farm opponents put case
風力発電所の反対派は、事情を説明する

(Otago Daily Times | 2017年6月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/30/wind-farm-opponents-put-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4993.html

---------------------------------------------

<⑦ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月30日

⑦ニュージーランド
◇Bird strike, noise levels wind farm issues
バードストライク、騒音レベル 風力発電所問題
 
(Otago Daily Times | 2017年6月30日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/court-news/bird-strike-noise-levels-wind-farm-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4997.html

---------------------------------------------

<⑧ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月1日

⑧ニュージーランド
◇Residents voice angst over wind turbine site
居住者は、風力タービン・サイトに関して不安を表す

(Otago Daily Times | 2017年7月1日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/residents-voice-angst-over-wind-turbine-site

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4998.html

---------------------------------------------

<⑨ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月19日

⑨ニュージーランド
◇Judge questions landscape architects about wind turbine
判事は、景観設計家に風力タービンについて尋ねる
 
(Otago Daily Times | 2017年7月19日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/judge-questions-landscape-architects-about-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4999.html

---------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑩ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年9月12日

ぜひ!⇒
⑩ニュージーランド/画像
◇Environment Court rejects Blueskin turbine
環境裁判所は、ブルースキンのタービンを拒否する

(The Country | 2017年9月12日)
http://www2.nzherald.co.nz/the-country/news/article.cfm?c_id=16&objectid=11921351

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5000.html

---------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑪ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年9月13日

ぜひ!⇒
⑪ニュージーランド
◇Wind farm proponents ‘should just let it go’
風力発電所の提案者は『もうあきらめるべきです』

( Otago Daily Times | 2017年9月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/09/12/wind-farm-proponents-should-just-let-it-go/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5001.html

By Margot Taylor



ブルースキン湾(Blueskin Bay)に近い
風力発電所の反対者は次のように述べます
「月曜日の環境裁判所判決では
『常識が勝ちました』
しかし、抗議して退去した1人の元住民には、
その判決はあまりに遅すぎます。」





月曜日、裁判所は、
ポーティアス・ヒル(Porteous Hill)の
110mタービンのための同意を断るという
ダニーデン市議会の
2016年の決定の訴えを拒否しました。




元プライド通り(Pryde Rd)の居住者
ジェイミ・ピックフォード氏
(Jamie Pickford)は
計画されたタービンのために、
提案された場所から約800mだった彼の元の家から
引っ越ししたと言いました。





「これらの組織と戦わなくても、
人生はもっと楽しいものになるだろう」




依然として事例を踏襲して
提案の背後にあるグループである
ブルースキン・レジリエント・コミュニティ・トラスト(BRCT)は
なんの「コミュニティの支援はしない」と、
彼は信じていました。




同グループは、
高等裁判所に判決を控訴することを
否定していないが、
金銭が他の地域社会のプロジェクトに
費やされる可能性が高いと考えました。





「彼らがそれをもうあきらめるべきです、
それをやろうとする
わずかな尊厳がなければならないと、私は思います。
ときには、
『私は負けました、それでおしまいです』と
言わなければならないこともあります。」




風力発電所に反対する
ブルースキン・アメニティ・ランドスケープ・ソサエティの代表、
アンディ・バレット氏によると、
同グループには90人のメンバーがいたという。





「この問題はすでにコミュニティ内で
分裂していることが判明しており、
BRCTが実際にイニシアチブを取って
十分に足りると言う時が来ています。」




彼は、トラストが高等裁判所に訴えれば、
人々は「絶対に激怒する」だろうと信じていました。




「結局のところ、
これはコミュニティの信頼であるはずです、
コミュニティメンバーが何を言っているのか
実際に耳を傾けた時であると、私たちは思います。」




判決は常識の勝利だった、と彼は言った。




このグループは風力発電施設に特に反対しました。
なぜなら、それは
「湾の全体的な雰囲気を完全に変える」ことであり、
近くに住む人々には
「耐えられない負担」だったからです。





プライド通り(Pryde Rd)の居住者の
サイモン・ライアン博士は、
判決により 「非常に喜んだ」と語った。




「基本的に、私たちが外に出るたびに、
私たちは空中で何か110mを見ていただろうが、
それは絶対的に大規模なものです。」




昨日、風力発電所のコーディネーターの
スコット・ウィリス氏は、
判決を読む機会がなくて
この決定を高等裁判所に提出することを
排除することはできなかったと言いました。




バレット氏は、
ブルースキンアメニティ&ランドスケープ・ソサエティは、
風力発電所が建設される可能性がある限り、
風力発電所と戦うつもりだと語った。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-10-27 : 住民勝訴⇒▲ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒⑪ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>ぜひ⇒⑪ニュージーランド:風力発電所の提案者は『もうあきらめるべきです』…月曜日、裁判所は、ポーティアス・ヒルの110mタービンのための同意を断るというダニーデン市議会の2016年の決定の訴えを拒否しました |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<住民勝訴⇒⑪ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>




2017年9月13日




ぜひ!⇒
⑪ニュージーランド
◇Wind farm proponents ‘should just let it go’
風力発電所の提案者は『もうあきらめるべきです』

( Otago Daily Times | 2017年9月13日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/09/12/wind-farm-proponents-should-just-let-it-go/



By Margot Taylor



ブルースキン湾(Blueskin Bay)に近い
風力発電所の反対者は次のように述べます
「月曜日の環境裁判所判決では
『常識が勝ちました』
しかし、抗議して退去した1人の元住民には、
その判決はあまりに遅すぎます。」





月曜日、裁判所は、
ポーティアス・ヒル(Porteous Hill)の
110mタービンのための同意を断るという
ダニーデン市議会の
2016年の決定の訴えを拒否しました。




元プライド通り(Pryde Rd)の居住者
ジェイミ・ピックフォード氏
(Jamie Pickford)は
計画されたタービンのために、
提案された場所から約800mだった彼の元の家から
引っ越ししたと言いました。





「これらの組織と戦わなくても、
人生はもっと楽しいものになるだろう」




依然として事例を踏襲して
提案の背後にあるグループである
ブルースキン・レジリエント・コミュニティ・トラスト(BRCT)は
なんの「コミュニティの支援はしない」と、
彼は信じていました。




同グループは、
高等裁判所に判決を控訴することを
否定していないが、
金銭が他の地域社会のプロジェクトに
費やされる可能性が高いと考えました。





「彼らがそれをもうあきらめるべきです、
それをやろうとする
わずかな尊厳がなければならないと、私は思います。
ときには、
『私は負けました、それでおしまいです』と
言わなければならないこともあります。」




風力発電所に反対する
ブルースキン・アメニティ・ランドスケープ・ソサエティの代表、
アンディ・バレット氏によると、
同グループには90人のメンバーがいたという。





「この問題はすでにコミュニティ内で
分裂していることが判明しており、
BRCTが実際にイニシアチブを取って
十分に足りると言う時が来ています。」




彼は、トラストが高等裁判所に訴えれば、
人々は「絶対に激怒する」だろうと信じていました。




「結局のところ、
これはコミュニティの信頼であるはずです、
コミュニティメンバーが何を言っているのか
実際に耳を傾けた時であると、私たちは思います。」




判決は常識の勝利だった、と彼は言った。




このグループは風力発電施設に特に反対しました。
なぜなら、それは
「湾の全体的な雰囲気を完全に変える」ことであり、
近くに住む人々には
「耐えられない負担」だったからです。





プライド通り(Pryde Rd)の居住者の
サイモン・ライアン博士は、
判決により 「非常に喜んだ」と語った。




「基本的に、私たちが外に出るたびに、
私たちは空中で何か110mを見ていただろうが、
それは絶対的に大規模なものです。」




昨日、風力発電所のコーディネーターの
スコット・ウィリス氏は、
判決を読む機会がなくて
この決定を高等裁判所に提出することを
排除することはできなかったと言いました。




バレット氏は、
ブルースキンアメニティ&ランドスケープ・ソサエティは、
風力発電所が建設される可能性がある限り、
風力発電所と戦うつもりだと語った。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------
関連記事
------------------

<ニュージーランドの風力問題/①オタゴ風力発電所計画>

2016年7月12日

ニュージーランド/①オタゴ風力発電所計画
◇Dunedin wind farm plan rejected
ダニーデン風力発電所計画は拒絶されます

(ティマルー・ヘラルド | 2016年7月12日)
http://www.stuff.co.nz/timaru-herald/business/82033499/Dunedin-wind-farm-plan-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4123.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/②オタゴ風力発電所>

2016年7月12日

ニュージーランド/②オタゴ風力発電所計画/画像
◇Seven-year plan for Otago turbines rejected
オタゴタービンのための7年間の計画は拒絶される

(ラジオ・ニュージーランド|2016年7月12日)
http://www.radionz.co.nz/news/country/308496/seven-year-plan-for-otago-turbines-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4124.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/③オタゴ風力発電所計画>

2016年7月21日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/③オタゴ風力発電所計画/画像
◇Call for council to tighten rules on wind farms
議会は、風力発電所に関する規則を強化するよう要求する

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年7月21日)
http://www.odt.co.nz/news/dunedin/391021/call-council-tighten-rules-wind-farms


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4126.html



彼の家から500m未満であった
ダニーデンの近くの風力発電所に反対した男性は、
風力発電所に関して
その計画規則を強化するように
ダニーデン市議会に頼みました。

サイモン・ライアン博士の家は
最近ダニーデンの北にある
ポーティアスヒルの
3台の風力タービンを開発していた
リソースの同意を拒否された
プロジェクトの近くにありました。

昨日、彼は議会の2GP地区計画の審理に出席して、
高さ75m以上のどんなタービンでも
住居から2kmでなければならないという
規則を提案しました。


---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/④オタゴ風力発電所>

2016年8月2日

ニュージーランド/④オタゴ風力発電所
◇Appeal launched over Otago windfarm project
訴えは、オタゴ風力発電所プロジェクトについて開始されます

(ラジオ・ニュージーランド | 2016年8月2日)
http://www.radionz.co.nz/news/national/309973/appeal-launched-over-otago-windfarm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

---------------------------------------------

<ニュージーランドの風力問題/⑤オタゴ風力発電所>

2016年8月3日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/⑤オタゴ風力発電所
◇Wind farm appeal; opponent leaving
風力発電所の上訴;相手は立ち退こうとしている

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年8月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/wind-farm-appeal-opponent-leaving

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html

----------------------------------------------

<⑥ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月28日

⑥ニュージーランド
◇Wind farm opponents put case
風力発電所の反対派は、事情を説明する

(Otago Daily Times | 2017年6月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/30/wind-farm-opponents-put-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4993.html

---------------------------------------------

<⑦ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月30日

⑦ニュージーランド
◇Bird strike, noise levels wind farm issues
バードストライク、騒音レベル 風力発電所問題
 
(Otago Daily Times | 2017年6月30日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/court-news/bird-strike-noise-levels-wind-farm-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4997.html

---------------------------------------------

<⑧ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月1日

⑧ニュージーランド
◇Residents voice angst over wind turbine site
居住者は、風力タービン・サイトに関して不安を表す

(Otago Daily Times | 2017年7月1日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/residents-voice-angst-over-wind-turbine-site

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4998.html

---------------------------------------------

<⑨ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月19日

⑨ニュージーランド
◇Judge questions landscape architects about wind turbine
判事は、景観設計家に風力タービンについて尋ねる
 
(Otago Daily Times | 2017年7月19日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/judge-questions-landscape-architects-about-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4999.html

---------------------------------------------

<住民勝訴⇒⑩ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年9月12日

ぜひ!⇒
⑩ニュージーランド/画像
◇Environment Court rejects Blueskin turbine
環境裁判所は、ブルースキンのタービンを拒否する

(The Country | 2017年9月12日)
http://www2.nzherald.co.nz/the-country/news/article.cfm?c_id=16&objectid=11921351

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5000.html

By Margot Taylor



画像:

その提案は、タービンが住宅価格と生活の質に
影響を及ぼすとポーティアス・ヒル
(Porteous Hill)の近くにいる
一部の住民によって強く反対された。

写真/ファイル


============================================




ブルースキン湾のスカイラインは、
ポーティアス・ヒルの上の1台を断るという
環境裁判所が決定を下した後、
風力タービンの無効を維持することです。





しかし、110mのタービンを建設する提案の
背後にあるグループは、
高等裁判所に決定を上訴することを排除していない。





環境法廷は、
ダニーデン(Dunedin)市議会が提案した
エネルギーレジリエンスのための地区計画では、
重要な自然景観の価値や
地域環境への悪影響を考慮して、
提案されたタービンが
「相当な緊張感」を持っていると述べた。





風力発電所のコーディネーターの
スコット・ウィリス氏(Scott Willis)は、
提案の背景にあるグループ、
ブルースキン・エナジー社
(Blueskin Energy Limited)は
「決定に非常に失望していた」と述べた。




「この時点で、我々は決定を見て、
それにいくつかの考えを与え、
次のステップを見なければなりません。」




「それは小さな地元のプロジェクトだけではなく、
再生可能な電気に関する国家政策声明が
どのように考慮されるかについての示唆を持っている...」




その提案は、タービンが住宅価格と生活の質に
影響を及ぼすとポーティアス・ヒルの近くにいる
一部の住民によって強く反対された。




環境裁判所の判決は、
5百万ドルから6百万ドルの間でコストがかかる
3基のタービンを建設する計画が発表されてから
2年以上が経過しました。





丘の3台の90mタービンを
1台の110mマシンに置き換えるなど、
元の提案に変更があっても、
唯一のタービンが
「スカイラインの支配的な特徴」になるのを
妨げることはありませんと
レポートにはありました。




環境裁判所は、
この地域は優れた自然景観ではないが、
重要な景観であると主張しました。




提案されたタービンは、
「非常に思い出深い」場所にあり、
景観や視覚効果、既存のアメニティの価値に
重大な悪影響を及ぼすことになります。




この報告書は、騒音公害の不確実性のために、
12月から3月の夕方に
タービンを運転することができないことがわかりました。





出願人は、風速計が破壊され、
風力記録を得るには十分な時間がなかったため、
タービン騒音の測定を試みることができなかった。




それが建てば、この提案は
「2GP(協議計画)全体に反すると
見なされることになった」というものでした。




裁判所は、ブルースキン湾には
タービンのための他の適切な場所があると考えていたが、
ポーティアス・ヒルの近くではありませんでした。




- オタゴ・デイリー・タイムズ





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-10-26 : 住民勝訴⇒▲ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒⑩ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>ぜひ⇒⑩ニュージーランド/画像:環境裁判所は、ブルースキンのタービンを拒否する |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<住民勝訴⇒⑩ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>



2017年9月12日




ぜひ!⇒
⑩ニュージーランド/画像
◇Environment Court rejects Blueskin turbine
環境裁判所は、ブルースキンのタービンを拒否する

(The Country | 2017年9月12日)
http://www2.nzherald.co.nz/the-country/news/article.cfm?c_id=16&objectid=11921351



By Margot Taylor



画像:

その提案は、タービンが住宅価格と生活の質に
影響を及ぼすとポーティアス・ヒル
(Porteous Hill)の近くにいる
一部の住民によって強く反対された。

写真/ファイル


============================================




ブルースキン湾のスカイラインは、
ポーティアス・ヒルの上の1台を断るという
環境裁判所が決定を下した後、
風力タービンの無効を維持することです。





しかし、110mのタービンを建設する提案の
背後にあるグループは、
高等裁判所に決定を上訴することを排除していない。





環境法廷は、
ダニーデン(Dunedin)市議会が提案した
エネルギーレジリエンスのための地区計画では、
重要な自然景観の価値や
地域環境への悪影響を考慮して、
提案されたタービンが
「相当な緊張感」を持っていると述べた。





風力発電所のコーディネーターの
スコット・ウィリス氏(Scott Willis)は、
提案の背景にあるグループ、
ブルースキン・エナジー社
(Blueskin Energy Limited)は
「決定に非常に失望していた」と述べた。




「この時点で、我々は決定を見て、
それにいくつかの考えを与え、
次のステップを見なければなりません。」




「それは小さな地元のプロジェクトだけではなく、
再生可能な電気に関する国家政策声明が
どのように考慮されるかについての示唆を持っている...」




その提案は、タービンが住宅価格と生活の質に
影響を及ぼすとポーティアス・ヒルの近くにいる
一部の住民によって強く反対された。




環境裁判所の判決は、
5百万ドルから6百万ドルの間でコストがかかる
3基のタービンを建設する計画が発表されてから
2年以上が経過しました。





丘の3台の90mタービンを
1台の110mマシンに置き換えるなど、
元の提案に変更があっても、
唯一のタービンが
「スカイラインの支配的な特徴」になるのを
妨げることはありませんと
レポートにはありました。




環境裁判所は、
この地域は優れた自然景観ではないが、
重要な景観であると主張しました。




提案されたタービンは、
「非常に思い出深い」場所にあり、
景観や視覚効果、既存のアメニティの価値に
重大な悪影響を及ぼすことになります。




この報告書は、騒音公害の不確実性のために、
12月から3月の夕方に
タービンを運転することができないことがわかりました。





出願人は、風速計が破壊され、
風力記録を得るには十分な時間がなかったため、
タービン騒音の測定を試みることができなかった。




それが建てば、この提案は
「2GP(協議計画)全体に反すると
見なされることになった」というものでした。




裁判所は、ブルースキン湾には
タービンのための他の適切な場所があると考えていたが、
ポーティアス・ヒルの近くではありませんでした。




- オタゴ・デイリー・タイムズ





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------
関連記事
------------------

<ニュージーランドの風力問題/①オタゴ風力発電所計画>

2016年7月12日

ニュージーランド/①オタゴ風力発電所計画
◇Dunedin wind farm plan rejected
ダニーデン風力発電所計画は拒絶されます

(ティマルー・ヘラルド | 2016年7月12日)
http://www.stuff.co.nz/timaru-herald/business/82033499/Dunedin-wind-farm-plan-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4123.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/②オタゴ風力発電所>

2016年7月12日

ニュージーランド/②オタゴ風力発電所計画/画像
◇Seven-year plan for Otago turbines rejected
オタゴタービンのための7年間の計画は拒絶される

(ラジオ・ニュージーランド|2016年7月12日)
http://www.radionz.co.nz/news/country/308496/seven-year-plan-for-otago-turbines-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4124.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/③オタゴ風力発電所計画>

2016年7月21日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/③オタゴ風力発電所計画/画像
◇Call for council to tighten rules on wind farms
議会は、風力発電所に関する規則を強化するよう要求する

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年7月21日)
http://www.odt.co.nz/news/dunedin/391021/call-council-tighten-rules-wind-farms


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4126.html



彼の家から500m未満であった
ダニーデンの近くの風力発電所に反対した男性は、
風力発電所に関して
その計画規則を強化するように
ダニーデン市議会に頼みました。

サイモン・ライアン博士の家は
最近ダニーデンの北にある
ポーティアスヒルの
3台の風力タービンを開発していた
リソースの同意を拒否された
プロジェクトの近くにありました。

昨日、彼は議会の2GP地区計画の審理に出席して、
高さ75m以上のどんなタービンでも
住居から2kmでなければならないという
規則を提案しました。


---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/④オタゴ風力発電所>

2016年8月2日

ニュージーランド/④オタゴ風力発電所
◇Appeal launched over Otago windfarm project
訴えは、オタゴ風力発電所プロジェクトについて開始されます

(ラジオ・ニュージーランド | 2016年8月2日)
http://www.radionz.co.nz/news/national/309973/appeal-launched-over-otago-windfarm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

---------------------------------------------

<ニュージーランドの風力問題/⑤オタゴ風力発電所>

2016年8月3日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/⑤オタゴ風力発電所
◇Wind farm appeal; opponent leaving
風力発電所の上訴;相手は立ち退こうとしている

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年8月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/wind-farm-appeal-opponent-leaving

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html

----------------------------------------------

<⑥ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月28日

⑥ニュージーランド
◇Wind farm opponents put case
風力発電所の反対派は、事情を説明する

(Otago Daily Times | 2017年6月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/30/wind-farm-opponents-put-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4993.html

---------------------------------------------

<⑦ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月30日

⑦ニュージーランド
◇Bird strike, noise levels wind farm issues
バードストライク、騒音レベル 風力発電所問題
 
(Otago Daily Times | 2017年6月30日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/court-news/bird-strike-noise-levels-wind-farm-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4997.html

---------------------------------------------

<⑧ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月1日

⑧ニュージーランド
◇Residents voice angst over wind turbine site
居住者は、風力タービン・サイトに関して不安を表す

(Otago Daily Times | 2017年7月1日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/residents-voice-angst-over-wind-turbine-site

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4998.html

---------------------------------------------

<⑨ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月19日

⑨ニュージーランド
◇Judge questions landscape architects about wind turbine
判事は、景観設計家に風力タービンについて尋ねる
 
(Otago Daily Times | 2017年7月19日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/judge-questions-landscape-architects-about-wind-turbine

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4999.html

By Kay Sinclair




ランドスケープのキャラクターと価値、
ブルースキン湾の上にある
大型の風力タービン1台の可能性のある影響は、
昨日のダニーデンにある長い環境裁判所の焦点でした。





ジェーン・ボースウィック
(Jane Borthwick)判事と2人のコミッショナーは、
湾の北側のポーティアス・ヒル(Porteous Hill)に
110mのタービンを建てることを拒否した
ダニーデン(Dunedin)市議会の拒否に対して、
ブルースキン・エナジー社
(Blueskin Energy Ltd(BEL))の訴えを聞いています。





裁判所を支援するために、
4人の景観設計家が
専門家の証人として召喚され、
そのうち2人はBELによって、
後の二人はそれぞれがDCCと
ポーティアス・ヒルの隣人によって呼び出されました。





彼らは、景観の固有の要素と価値、
そして提案されたタービンの
可能性のある影響と悪影響の程度を評価した
詳細な証拠を示した。




彼らが証拠を完成した後、
4人の証人はパネルディスカッションで
ボースウィック判事の質問を受けた。

彼女は彼らの結論を理解する必要があると言って、
いくつかの意見の相違があった。




マイケル・ムーア氏は、
彼の証拠では、
22プライド通り(Pryde Rd)の所有者にとって、
タービンの影響が不利になると受け入れたが、
他の所有者はそれが肯定的だと
はっきりと考えるかもしれないと語った。




彼の視点から見て、
不動産からの視覚的評価を行い、
これは悪影響を及ぼすであろうが
大型タービンの存在について
広がりがあるかもしれないとは思ったと
ムーア氏は
DCCの弁護士マイケル・ガーベット氏に語った。




カレン・プライス氏(Karen Price)
提案されたタービンサイトに
最も近い居住者を代表するオークランドの弁護士は、
ムーア氏は、
110 ポーティアス通り(Porteous Rd)と
22プライド通りへの悪影響が、
植物によるスクリーニングによって緩和できると
信じていたと、述べた。




しかし、彼は植栽が部分的なスクリーンに過ぎず、
オープンランドスケープなどの
プロパティの他の側面に
悪影響を及ぼす可能性があることを認めた。

そして、スクリーニング施設が
効果を発揮するまでには
少なくとも5年はかかると同氏は同意した。




ムーア氏はまた、
ポーティアス・ヒルの居住者が
そのような緩和を望んでいないことを
知っていたと述べた。



タービン上部に提案されている
2つの赤色の点滅灯に関して、
彼はブルースキン湾の反対側から
目に見えると理解した。

しかし、その地域に他の照明があるとすれば、
悪影響をもたらすとは考えていなかったと
ムーア氏はThornicroft Rd居住者の
アラスター・モリソン氏
(Alasdair Morrison)に語った。




スティーブンブラウン氏は、
沿岸環境への影響は
地域の性質が様々であるため
重要ではないとの結論を発表した。

周囲の環境は、
タービンが重要な影響を持っているには
あまりに混在していて、多様でした。




しかし、彼はそれが何の効果もないとは
言っていませんでした。




大型タービンは「意味のある付加」と
表現することができますが、
彼はまた、それを地域価値、発電、
再生可能エネルギーの象徴と見なすと、
マートン(Merton)居住者
アンディ・バラット氏(Andy Barrat)が質問したときに
ブラウン氏は言った。




しかし、人々がそのようなタービンに反対するならば、
それは肯定的なものとは見なされないことを
彼は認めました。



長い間風力発電所に携わっていた彼は、
相反する見解を引き起こしたと認めています。




専門家として、ブラウン氏は、
1つのタービンを備えた特定のシナリオが
ポジティブであることを発見したと述べた。

しかし、様々な見解があり、
近所の人々への影響は、その観点から見て、
有害であると認められる可能性があることを認めた。




景観設計家のダイアン・ルーカス氏
(Dianne Lucas)は、
タービンがポーティアス・ヒルの自然性に
悪影響を与えるとは考えていませんでした。

彼女は自然が、土地形態、土地被覆、
土地利用の多様性の結果であり、
そのどれもがタービンによって混乱しないと述べた。




この構造物はもう一つの
「組み立てられた」要素を導入し、
上に保持されるので、
下の丘の自然性はそのまま残っています。




景色は変わるが、
その自然さは悪影響を受けないだろう。

それは農村の背景であり、
背景であった田舎の特性と農村の属性は、
それほど多くの点で影響を受けないであろう。



タービンは土地に「軽く座っている」と
ルーカス氏は語った。

彼女はタービンの存在が景観を変えないと
言っているわけではありませんが、
それは不利な変化ではありません。




この地域の風景の重要性について、
4番目の専門家である景観設計家の
バリー・ノックス氏(Barry Knox)は、
景観は「顕著ではないが重要なものであり、
特に沿岸の要素」だと信じていると述べた。




裁判所は、今日、
最終的な証拠と提出物に耳を傾けるつもりです。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-10-25 : 住民勝訴⇒▲ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<⑨ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>⑨ニュージーランド:判事は、景観設計家に風力タービンについて尋ねる |関連記事| // New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<⑨ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>




2017年7月19日





⑨ニュージーランド
◇Judge questions landscape architects about wind turbine
判事は、景観設計家に風力タービンについて尋ねる
 
(Otago Daily Times | 2017年7月19日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/judge-questions-landscape-architects-about-wind-turbine



By Kay Sinclair




ランドスケープのキャラクターと価値、
ブルースキン湾の上にある
大型の風力タービン1台の可能性のある影響は、
昨日のダニーデンにある長い環境裁判所の焦点でした。





ジェーン・ボースウィック
(Jane Borthwick)判事と2人のコミッショナーは、
湾の北側のポーティアス・ヒル(Porteous Hill)に
110mのタービンを建てることを拒否した
ダニーデン(Dunedin)市議会の拒否に対して、
ブルースキン・エナジー社
(Blueskin Energy Ltd(BEL))の訴えを聞いています。





裁判所を支援するために、
4人の景観設計家が
専門家の証人として召喚され、
そのうち2人はBELによって、
後の二人はそれぞれがDCCと
ポーティアス・ヒルの隣人によって呼び出されました。





彼らは、景観の固有の要素と価値、
そして提案されたタービンの
可能性のある影響と悪影響の程度を評価した
詳細な証拠を示した。




彼らが証拠を完成した後、
4人の証人はパネルディスカッションで
ボースウィック判事の質問を受けた。

彼女は彼らの結論を理解する必要があると言って、
いくつかの意見の相違があった。




マイケル・ムーア氏は、
彼の証拠では、
22プライド通り(Pryde Rd)の所有者にとって、
タービンの影響が不利になると受け入れたが、
他の所有者はそれが肯定的だと
はっきりと考えるかもしれないと語った。




彼の視点から見て、
不動産からの視覚的評価を行い、
これは悪影響を及ぼすであろうが
大型タービンの存在について
広がりがあるかもしれないとは思ったと
ムーア氏は
DCCの弁護士マイケル・ガーベット氏に語った。




カレン・プライス氏(Karen Price)
提案されたタービンサイトに
最も近い居住者を代表するオークランドの弁護士は、
ムーア氏は、
110 ポーティアス通り(Porteous Rd)と
22プライド通りへの悪影響が、
植物によるスクリーニングによって緩和できると
信じていたと、述べた。




しかし、彼は植栽が部分的なスクリーンに過ぎず、
オープンランドスケープなどの
プロパティの他の側面に
悪影響を及ぼす可能性があることを認めた。

そして、スクリーニング施設が
効果を発揮するまでには
少なくとも5年はかかると同氏は同意した。




ムーア氏はまた、
ポーティアス・ヒルの居住者が
そのような緩和を望んでいないことを
知っていたと述べた。



タービン上部に提案されている
2つの赤色の点滅灯に関して、
彼はブルースキン湾の反対側から
目に見えると理解した。

しかし、その地域に他の照明があるとすれば、
悪影響をもたらすとは考えていなかったと
ムーア氏はThornicroft Rd居住者の
アラスター・モリソン氏
(Alasdair Morrison)に語った。




スティーブンブラウン氏は、
沿岸環境への影響は
地域の性質が様々であるため
重要ではないとの結論を発表した。

周囲の環境は、
タービンが重要な影響を持っているには
あまりに混在していて、多様でした。




しかし、彼はそれが何の効果もないとは
言っていませんでした。




大型タービンは「意味のある付加」と
表現することができますが、
彼はまた、それを地域価値、発電、
再生可能エネルギーの象徴と見なすと、
マートン(Merton)居住者
アンディ・バラット氏(Andy Barrat)が質問したときに
ブラウン氏は言った。




しかし、人々がそのようなタービンに反対するならば、
それは肯定的なものとは見なされないことを
彼は認めました。



長い間風力発電所に携わっていた彼は、
相反する見解を引き起こしたと認めています。




専門家として、ブラウン氏は、
1つのタービンを備えた特定のシナリオが
ポジティブであることを発見したと述べた。

しかし、様々な見解があり、
近所の人々への影響は、その観点から見て、
有害であると認められる可能性があることを認めた。




景観設計家のダイアン・ルーカス氏
(Dianne Lucas)は、
タービンがポーティアス・ヒルの自然性に
悪影響を与えるとは考えていませんでした。

彼女は自然が、土地形態、土地被覆、
土地利用の多様性の結果であり、
そのどれもがタービンによって混乱しないと述べた。




この構造物はもう一つの
「組み立てられた」要素を導入し、
上に保持されるので、
下の丘の自然性はそのまま残っています。




景色は変わるが、
その自然さは悪影響を受けないだろう。

それは農村の背景であり、
背景であった田舎の特性と農村の属性は、
それほど多くの点で影響を受けないであろう。



タービンは土地に「軽く座っている」と
ルーカス氏は語った。

彼女はタービンの存在が景観を変えないと
言っているわけではありませんが、
それは不利な変化ではありません。




この地域の風景の重要性について、
4番目の専門家である景観設計家の
バリー・ノックス氏(Barry Knox)は、
景観は「顕著ではないが重要なものであり、
特に沿岸の要素」だと信じていると述べた。




裁判所は、今日、
最終的な証拠と提出物に耳を傾けるつもりです。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------
関連記事
------------------

<ニュージーランドの風力問題/①オタゴ風力発電所計画>

2016年7月12日

ニュージーランド/①オタゴ風力発電所計画
◇Dunedin wind farm plan rejected
ダニーデン風力発電所計画は拒絶されます

(ティマルー・ヘラルド | 2016年7月12日)
http://www.stuff.co.nz/timaru-herald/business/82033499/Dunedin-wind-farm-plan-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4123.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/②オタゴ風力発電所>

2016年7月12日

ニュージーランド/②オタゴ風力発電所計画/画像
◇Seven-year plan for Otago turbines rejected
オタゴタービンのための7年間の計画は拒絶される

(ラジオ・ニュージーランド|2016年7月12日)
http://www.radionz.co.nz/news/country/308496/seven-year-plan-for-otago-turbines-rejected

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4124.html

---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/③オタゴ風力発電所計画>

2016年7月21日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/③オタゴ風力発電所計画/画像
◇Call for council to tighten rules on wind farms
議会は、風力発電所に関する規則を強化するよう要求する

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年7月21日)
http://www.odt.co.nz/news/dunedin/391021/call-council-tighten-rules-wind-farms


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4126.html



彼の家から500m未満であった
ダニーデンの近くの風力発電所に反対した男性は、
風力発電所に関して
その計画規則を強化するように
ダニーデン市議会に頼みました。

サイモン・ライアン博士の家は
最近ダニーデンの北にある
ポーティアスヒルの
3台の風力タービンを開発していた
リソースの同意を拒否された
プロジェクトの近くにありました。

昨日、彼は議会の2GP地区計画の審理に出席して、
高さ75m以上のどんなタービンでも
住居から2kmでなければならないという
規則を提案しました。


---------------------------

<ニュージーランドの風力問題/④オタゴ風力発電所>

2016年8月2日

ニュージーランド/④オタゴ風力発電所
◇Appeal launched over Otago windfarm project
訴えは、オタゴ風力発電所プロジェクトについて開始されます

(ラジオ・ニュージーランド | 2016年8月2日)
http://www.radionz.co.nz/news/national/309973/appeal-launched-over-otago-windfarm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

---------------------------------------------

<ニュージーランドの風力問題/⑤オタゴ風力発電所>

2016年8月3日

ぜひ!⇒
ニュージーランド/⑤オタゴ風力発電所
◇Wind farm appeal; opponent leaving
風力発電所の上訴;相手は立ち退こうとしている

(オタゴ・デイリー・タイムズ | 2016年8月3日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/wind-farm-appeal-opponent-leaving

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html

----------------------------------------------

<⑥ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月28日

⑥ニュージーランド
◇Wind farm opponents put case
風力発電所の反対派は、事情を説明する

(Otago Daily Times | 2017年6月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/30/wind-farm-opponents-put-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4993.html

---------------------------------------------

<⑦ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年6月30日

⑦ニュージーランド
◇Bird strike, noise levels wind farm issues
バードストライク、騒音レベル 風力発電所問題
 
(Otago Daily Times | 2017年6月30日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/court-news/bird-strike-noise-levels-wind-farm-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4997.html

---------------------------------------------

<⑧ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画>

2017年7月1日

⑧ニュージーランド
◇Residents voice angst over wind turbine site
居住者は、風力タービン・サイトに関して不安を表す

(Otago Daily Times | 2017年7月1日)
https://www.odt.co.nz/news/dunedin/residents-voice-angst-over-wind-turbine-site

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4998.html


By Kay Sinclair



ブルースキン湾(Blueskin)の上の
ポーティアス・ヒル(Porteous Hill)に
提案された110mの風力タービンは、
地方住民によって
「間違った場所での間違ったプロジェクト」として
記述されています。





ダニーデンの上訴審問の4日目に、
ウォリントン(Warrington)と
ワイタティ(Waitati)の9人の住人と
マートン(Merton)の1人の男性は、
「丘の反対側にある」
ポーティアス・ヒル(Porteous Hill)で
計画されたタービンとその設置について
ジェーン・ボースウィック環境裁判所判事
(Jane Borthwick)と
2人のコミッショナーに懸念を表明した。





証人たちは全員、
ブルーニスキン・エナジー社が
ダニーデン市議会が
非遵守活動のための資源同意を拒否する決定を
下したことに対する控訴を却下するよう、
裁判所に要請しました。





懸念は、
「丘の上に置かれた工業規模の風力タービン」が
田舎の特性を楽しんだり、
タービンが彼らの見解の焦点となったりといった
直接的な影響から
出願会社の相談が不十分であったと
認めたものにまで及びました。




ブルースキン湾を直接見渡す
Thornicroft Rdの北向きの敷地に住む
海洋エンジニア・アリスダー・モリソン氏
(Alisdair Morrison)は、次のように述べています。
この提案は、丘陵地に住んでいる人々や
ポーティアス・ヒルの景観に
支配的な立場に置いていた人たちの希望に反して、
110m の構造物を
401m高地の丘の上に建てることを望む
Blueskin Resilient Communities Trust(BRCT)
/ Blueskin Energy Limited(BEL)の単純な問題でした。




「私は、丘の穏やかな頂上の上に
不適当に見える大きな構造の組み立てによって
私の景観が損なわれることは望んでいない。
私はそれが
『マイナーなもの』以上になると感じています。」と
モリソン氏は言った。




彼は、Pryde Rdと
ポーティアス・ヒルの近隣住民への
すべての影響を受けて、
準拠しない活動に対する同意が与えられれば、
他の地域にとって
「危険な先例」を生み出すと懸念していたと
裁判所に語った。





「私は自分の環境について話している」と
彼は語った。




「400mの丘があります
そして、彼らは頂上に110メートルの
先のとがったなものを植え付けることを望んでいます。」



「それは私の景観から、
私にとっての丘を台無しにするでしょう。」



しかし、提案よりも
地元社会の分裂に関するメディア報道の
予期しない結果は、
以前はお互いを知り合わなかった人々を集めて、
プロセス全体が実際に団結したということでした。




同意に反対する
ブルースキンアメニティ&ランドスケープ・ソサエティの
メンバーであるトニ・アトキンソン氏(Toni Atkinson)は、
この地域を「楽園」と表現しています。

この地域の「建設された」構造物の数は
「非常に少なく」、
産業規模の風力タービンが丘の上に置かれれば
「信じられないほどに引き裂かれた」と感じるでしょう。

彼女はウォリントンのすぐ北にある
42エーカーの農村地帯に住んでいました。




計画されたタービンは
彼女の家からおよそ2キロメートルです、
しかし、その位置は「非常に支配的な」感じがする、
そして、それが彼女を心配させたことを意味しました。




「カーギル山のマストが丘の上にあったなら、
やはり私は戦います - しかしそれは動きません。」




アトキンソン氏は、
寝室やコンサバトリーを
自分の家に増築するために
同意を得ようとする困難を考えれば、
その構造物が「違和感」を生み出すことを
認めたとも述べている。

彼女の幅広い関心は、
その地域の景観価値を含む
生態学的および文化的なものでした。





「提案されたタービンは間違った場所で
間違ったプロジェクトであるように思えた」と
アトキンソン氏は話します。




彼女はまた、
鳥の死亡を報告するために提案された方法論の
科学的厳密さの欠如によっても動揺させられました。




他の何人かの地元住民は、
ワイドで美しく調和のとれた眺め、
素敵な野生動物、
原産と他の植物の混在についても話しました。




提案されたタービンのサイトに直接隣接し、
視覚的および音響的なアメニティ効果の影響を
最も受けた地域である
プライド通り(Pryde Rd)の居住者は、
タービンがポーティアス・ヒルに
あるかどうかにかかわらず、
田舎の生活様式の特徴が残ることに同意した。




「しかし、変化が焦点であることです。」と
サイモン・ライアン氏は語った。




「焦点はタービンになります。」




偽装するのは難しいと彼は言った。

裁判所は、質問の予定に関して
他の専門家の証拠および証拠を審理するために、
7月中旬にダニーデンで再び召集されます。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-10-24 : 住民勝訴⇒▲ニュージーランド:オタゴ風力発電所計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR