騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<5-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>5-レター、コネチカット州:住宅地の風力タービンは、間違いです |関連記事| // New⇒2016年6月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)









<5-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>





2015年12月18日





5-レター、コネチカット州
◇Wind turbines in residential areas a mistake
住宅地の風力タービンは、間違いです

(シチズンズニュース|2015年12月18日)
http://www.mycitizensnews.com/news/2015/12/letter-wind-turbines-in-residential-areas-a-mistake/





「風力タービン – 真実」。


これは私が作成した文書の見出しで、
2010年10月18日に
プロスペクトの南東のコーナーの
約40人の隣人との最初の会合で配りました。


出席したほとんどの人は
私はこれまで会ったことがありませんでした。


会議は、プロスペクトに
2台の巨大な高さ492フィートの
産業用風力タービンを設置するという
静かに保たれた秘密についての、
数日前のこの新聞の予想外のニュース記事の
結果として生まれました。


これが、風力発電産業のやり方です。


地方公務員との会議で、
彼らは静かに最初の申請に取り組みます;

地元の居住者が、
反対を形成するために集まることができる前に、
ニュースの見出しが公開される時までに
彼らはすでに
かなり進行していることを意味します。





これらの州が承認した
2台の風力タービンが建って、
コールブルックで回転している今、
地元住民は、
州の立地審議会への
私のグループの徹底的な研究ベースの
プレゼンテーションに引用されたものと同じ
健康障害の影響を示しています。


頭痛、睡眠遮断、血圧の上昇は、
少し例を挙げれば、
コールブルックの
フラックヒルロードホームの
医師の妻によって感じられている症状です。


12月13日の「Sunday Republican」で
報告されているように、
夫妻はタービンから1500フィートに住んでいます。

※ 1500フィート = 457.2 メートル





住宅地に、または、
住宅地の近くに置かれるとき、
初の会議で、私はこれらの回っている
巨人の影響について
最初の調査結果を提示しました、
そして、8ヵ月の間に、
我々の隣人グループは戦うために団結しました。


我々は、不動産評価、聴覚科学、
エンジニアリングと法律について
最も明るい何人かの専門家を雇いました。


我々は、州の議員、
そして私たちの地元の町の委員会と密接に働きました。






我々の念入りな研究は、
風力タービン開発者による
プロスペクト・サイトの選択は
風力タービンが
アメリカで最も人口密度の高い
住宅の立地となったであろうことを示しました。


この報告された事実については、
立地審議会、
あるいは開発者のいずれかによって
争われることはなかったです。


立地審議会は、
州のすべてのエネルギー基盤施設の
確認・承認を担当する州の機関です。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






------------------
関連記事
------------------


<1-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年10月15日

1-コネチカット州
◇Connecticut’s first commercial wind farm powers up in Colebrook
コールブルックにあるコネチカット初の産業風力発電が電源投入

(ニューヘーヴン・レジスター|2015年10月15日)
http://www.nhregister.com/business/20151015/connecticuts-first-commercial-wind-farm-powers-up-in-colebrook

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3968.html

・・・・・・
しかし、プロジェクトが
とても長くかかった理由の一端は、
プロジェクトの反対派が
コネチカット最高裁判所に
ずっとBNE社を妨げる努力をしたということです。

州の最高裁判所は、
昨年、BNE社に有利な判決を下しました。

「我々は、明らかに、失望します」と、
コールブルックの居住者で
プロジェクトを妨害するために
戦いをリードしたグループ
『FairWindCT』の代表、
ジョイス・ヘミングソンは言いました。

「州のグリーンバンクが
これに貢献したお金は、
個人の光熱費から生じています。

今、私たちは待って、
それがそこの近くに住む人々に
どのような影響を与えるのかを見ていきます。」



-------------------------

<2-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年11月1日

ぜひ!⇒
2-コネチカット州
◇Wind turbines in Colebrook start up
コールブルックの風力タービンは操業開始

(ノーフォークナウ | 2015年11月1日)
http://www.nornow.org/2015/11/01/wind-turbines-in-colebrook-start-to-spin/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3969.html

Hemingsonによれば
スクールハウス通りのノーフォークの住民
ペッグ・パパネックがそうするように
タービンが作動に入った時から、
コールブルック南サイトの向かいの
フラッグヒルロードに住んでいる
デビッド・ローレンス博士の家族は
頭痛と平衡感覚の喪失を感じると報告します。

風力タービン症候群は、
明らかに、
これに一部の人々は特に敏感で、
聞こえない低周波波動によって引き起こされます。


--------------------------

<3-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年12月4日

ぜひ!⇒
3-コネチカット州
◇Wind turbine neighbors report adverse effects
風力タービンの隣人は、副作用を報告します

(Norfolk Now | 2015年12月4日)
http://www.nornow.org/2015/12/04/wind-turbine-neighbors-report-adverse-effects/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3970.html


低周波音からの不快感の問題は、
HVAC(冷暖房空調設備)産業で認められました、
dBAレベルに準拠した空調機器は
依然としてクライアントから苦情を招きました。

C-重み付けまたはDBCとして知られている
低周波数により大きな優先順位を与える
音の測定は、
その産業で広く使用されています。


----------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New⇒
2016年6月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年6月19日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30時
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp







2016-05-24 : コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<4-コネチカット州:コールブルックBNEエネルギー風力タービンと健康問題>ぜひ⇒4-コネチカット州:クリーンエネルギー頭痛;家族は、風力タービンが健康上の問題の原因だと言います…タービンがより大きくなって、タービンからの騒音公害は悪化をたどっている~デザインの改善は、聞き取れる騒音を減らしました、しかし、低周波騒音の増加がありました |関連記事| // New⇒2016年6月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)










<4-コネチカット州:コールブルックBNEエネルギー風力タービンと健康問題>





2015年12月12日





ぜひ!⇒
4-コネチカット州
◇Clean energy headaches; Family says wind turbines causing health issues
クリーンエネルギー頭痛;家族は、風力タービンが健康上の問題の原因だと言います

(Republican-American | 2015年12月12日)
http://www.rep-am.com/articles/2015/12/12/news/local/927239.txt





キャサリン・バウトン





画像:

コールブルックにおける
BNEエネルギーの
2つの風力タービンの発電機ユニットは、
低周波騒音を生成します、
それは、何人かの近くの住民が経験した
健康問題のために非難されています。


Kathryn Boughton/Republican-American


====================






コールブルック –





コネチカットの北西のコーナーは、
その美しさのために注目されますが、
家の地下室から楽しむのは困難です。





2台のBNEエネルギー風力タービンが
この10月にスイッチを入れられた時から、
それはコールブルック、フラグ・ヒルの
デイビッドとジーニー・ローレンスが
直面する状況です。






家はコールブルックのタワーから
1,500フィートのローレンス博士は、
彼の一家の6人の人々が
回転するタービンで出される低周波騒音への
様々な反応を持っていると言いました。


※ 1500フィート = 457.2 メートル




彼の特に敏感な妻の反応領域は、

―頭痛、高血圧、彼女の足のふらつきや不眠で
すぐに苦しみ始めました

―継子や息子はまったく症状を示さないと
彼は言いました。







「我々は、私の妻を鉱山のカナリアだとみなします」と、
Winstedの内科医、ローレンス博士は言いました。






彼の妻に症状が現れたとき、
ローレンス博士はすぐに、
地堤によって遮蔽されている地下室に
2階から主寝室を動かすことによって
彼女の曝露を軽減しようとしたと述べました。


彼らは上層階にいる時間を数分に制限します、
そして常に耳栓を着用します。






ローレンスは、
妻の睡眠パターンが乱されてきました、
そして、徐々に覚醒すると言うよりはむしろ
彼女は何度も
『パッと目を覚ます』と言いました。



彼は、午前中、混乱状態を感じて
仕事に行かなければならない前は、
上の階に行くことを回避すると述べました。







「医者として、混乱状態を感じて
仕事に行きたくありません」と、彼は言いました。






彼の母親ほど影響を受けていない
もう一人の継子は、地階に避難所がありません。





「彼は、そのために、
解雇されたほど多くの仕事の時間を浪費しました」と、
ローレンスは言いました。





ローレンスは、
彼が2009年に土地を買ったときに
風力発電所が計画されていたことを
知らなかったと述べました。


彼は、潜在的な出来事に関知したとき、
研究を行うようになりました。






彼は、
オランダの風車の近くに住む集団の調査で、
今日知られているものの基礎を作った
E.L.ピーターセンのような
科学者の専門家に相談しました。






ピーターと彼の同僚は
風力タービンノイズについて結論を出しました

- 特に低周波数レベル

- 建物の内側と外側の両方で、
一般的に予想されるよりも
はるかに遠い距離にある人々に影響を与えます。







タービンがより大きくなって、
タービンからの騒音公害は
悪化をたどっていると、専門家は報告します。



デザインの改善は、
聞き取れる騒音を減らしました、
しかし、低周波騒音の増加がありました。







1.5メガワットの電力を生産すると予測された
コールブルックのタワーは
5年の間に
プロジェクトの実現のために必要な2.85MWに
増やされました。





コネチカット州の規制は
工業地帯の昼間の可聴ノイズを61dBAに、
そして、夜間レベルは
平均の夜間レベルよりも20dBA以上高い
51dBAに達することを許可します。






規則はまた、
サウンドレベルメーターが可聴周波数の音を優先するので
100 DBCを超える低周波音を禁止します、


リック・ジェームス、

- 風力タービン・プロジェクトに
しばしば不利な証言をする
ミシガン州に拠点を置く聴覚学者は

- 風力タービンの影響の測定には
これらは不十分であると考えています。







コネチカット立地審議会の要望に応じて
フラッグヒルサイトの騒音モニタリングが
今後数ヶ月の間に期待されています、
しかし、それは低周波音ではない
dBAレベルだけを測定します。



またそれは、下位の聴覚レベルで
神経応答を誘発すると考えられる、
低周波圧力のスパイクをを測りません。






ローレンスは、彼の研究と
「国際問題」に対する懸念を受け止めました

– 彼の最も頻繁な文通相手の1人は、
オーストラリアにいます

- コールブルックプロジェクトが検討されていたとき
コネチカット立地審議会への彼のアドバイスの提供は
しかし、無視されたと彼は述べました。







「私は、彼らが私の証言を
退けるほうを選んだので、
いかなる頼みとすることも
立地審議会にあると思いません」と、
彼は言いました。


「私たちは、
タワーが迷惑法に違反していることを
裁判所を通じて証明する必要があります。」






そのために、
彼はコールブルックタービンのまわりの
3マイルの範囲で、
居住者の調査を準備しています。

※ 3マイル = 4.828032 キロメートル



「我々は、
科学的な証拠をまとめなければなりません」と、
彼は言いました。


「私は、まだ全貌を知ろうとしています。」







ローレンスは、次のように述べました、

「音はエネルギーです

- 大音量の音楽をかけた
車の隣に駐車することと同様に。

あなた自身の車の中で振動を感じることができます。

それはすべてのものを通り抜けます。」







そして、水の波紋のように、それは震央から散開します。






「下り坂であることは実際には不利です。」と
彼は彼の隣人の家の場所を引き合いに出して、
言いました。


「その後ろの壁が、
タービンに直面しているので、
私たちの家は、
いくつかよりも良い位置にあります。」







ローレンスの3人の隣人との会話は、
2人は、彼らの睡眠パターンが
妨げられたと考えているけれど
3人目は全く症状を報告しないことを
明らかにしました。






クリーン・エネルギー産業で働く隣人の
ジェームズ・シモンズは、
問題を報告しませんでした

- わずかなノイズは、
彼は冷蔵庫のブーンというようなものとして特徴付け

- 彼の馬は動じないようだと述べました。






もっと遠い丘の上のエヴァ・ビラノバは、
騒音はタービンの位置によって異なると言いました。






「時々、私はテレビを聴くことができません」と、
彼女は言いました。

そして、彼女は不眠症を患うと付け加えました。






それはまた、隣人スコット・ズベルによって
報告される反応でもあります。





睡眠障害は、おそらく、
定量化するのが最も簡単な症状であると、
ローレンスは言いました。





「睡眠データはかなりよく研究されている。」と
彼は言いました。

「それは一般的であり、顕著な問題です。」






一方、頭痛は

– それが頭の後ろに位置するという点で
たとえその場所が珍しいとしても、

– 証明することは困難ですと
ローレンスは言いました。


ダメージは累積的であるように思われます。







「より長く曝露するほど、
あなたにはより多くの問題を抱えるでしょう」と、
ローレンスは言いました。



「(バランスと空間的定位感を提供する)
耳の前庭部分にダメージを与えます。」







「私は、タービンに反対ではありません」と、
彼は付け加えました。


「私は安全な立地に賛成です。

コネチカットはかなり混んでいます。」






コネチカット立地審議会は、
コメントを求めるコールを返しませんでした。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






------------------
関連記事
------------------


<1-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年10月15日

1-コネチカット州
◇Connecticut’s first commercial wind farm powers up in Colebrook
コールブルックにあるコネチカット初の産業風力発電が電源投入

(ニューヘーヴン・レジスター|2015年10月15日)
http://www.nhregister.com/business/20151015/connecticuts-first-commercial-wind-farm-powers-up-in-colebrook

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3968.html

・・・・・・
しかし、プロジェクトが
とても長くかかった理由の一端は、
プロジェクトの反対派が
コネチカット最高裁判所に
ずっとBNE社を妨げる努力をしたということです。

州の最高裁判所は、
昨年、BNE社に有利な判決を下しました。

「我々は、明らかに、失望します」と、
コールブルックの居住者で
プロジェクトを妨害するために
戦いをリードしたグループ
『FairWindCT』の代表、
ジョイス・ヘミングソンは言いました。

「州のグリーンバンクが
これに貢献したお金は、
個人の光熱費から生じています。

今、私たちは待って、
それがそこの近くに住む人々に
どのような影響を与えるのかを見ていきます。」



-------------------------

<2-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年11月1日

ぜひ!⇒
2-コネチカット州
◇Wind turbines in Colebrook start up
コールブルックの風力タービンは操業開始

(ノーフォークナウ | 2015年11月1日)
http://www.nornow.org/2015/11/01/wind-turbines-in-colebrook-start-to-spin/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3969.html

Hemingsonによれば
スクールハウス通りのノーフォークの住民
ペッグ・パパネックがそうするように
タービンが作動に入った時から、
コールブルック南サイトの向かいの
フラッグヒルロードに住んでいる
デビッド・ローレンス博士の家族は
頭痛と平衡感覚の喪失を感じると報告します。

風力タービン症候群は、
明らかに、
これに一部の人々は特に敏感で、
聞こえない低周波波動によって引き起こされます。


--------------------------

<3-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年12月4日

ぜひ!⇒
3-コネチカット州
◇Wind turbine neighbors report adverse effects
風力タービンの隣人は、副作用を報告します

(Norfolk Now | 2015年12月4日)
http://www.nornow.org/2015/12/04/wind-turbine-neighbors-report-adverse-effects/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3970.html


低周波音からの不快感の問題は、
HVAC(冷暖房空調設備)産業で認められました、
dBAレベルに準拠した空調機器は
依然としてクライアントから苦情を招きました。

C-重み付けまたはDBCとして知られている
低周波数により大きな優先順位を与える
音の測定は、
その産業で広く使用されています。


----------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New⇒
2016年6月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年6月19日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30時
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp






2016-05-23 : コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<3-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>ぜひ⇒3-コネチカット州:風力タービンの隣人は、副作用を報告します…眠ることができません、耳と胸に痛みが生じます、私は、体の中のすべての細胞が振動しているように感じました…ペッグ・パパネック |関連記事| // New⇒2016年6月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)









<3-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>





2015年12月4日





ぜひ!⇒
3-コネチカット州
◇Wind turbine neighbors report adverse effects
風力タービンの隣人は、副作用を報告します

(Norfolk Now | 2015年12月4日)
http://www.nornow.org/2015/12/04/wind-turbine-neighbors-report-adverse-effects/



(一部抜粋)


低周波音からの不快感の問題は、
HVAC(冷暖房空調設備)産業で認められました、
dBAレベルに準拠した空調機器は
依然としてクライアントから苦情を招きました。


C-重み付けまたはDBCとして知られている
低周波数により大きな優先順位を与える
音の測定は、
その産業で広く使用されています。




=======================



By Wiley Wood





10月中旬でした、
そして、ペッグ・パパネックは
スクールハウスロードに住んでいて、
ノーフォークの美しい天気と秋の色を浴びることが
どれくらい運がよいかについて考えていました。


彼女は夏の間に素晴らしいパティオを作っていました。





現在、彼女はアッシュヴィル(N.C.)への
旅行のために荷物をまとめていました、
そこで、彼女は冬を過ごします。


しかしその夜、彼女は断続的に眠って、
頭の中の奇妙な移動する圧力で目が覚めました。





またその翌晩、
彼女は眠ることができませんでした、
そして、次の日は
彼女の耳と胸の痛みを生じました。


「私は、体の中のすべての細胞が
振動しているように感じました」と、
パパネックは言います。







考えられる原因を検討するにつれて、
彼女は風力タービンを思い出しました。



彼女はフラッグヒルサイトに向けて
スクールハウスロードを運転し、
タービンが回転しているのを見ました。


「私は、それらが始まったということを
知りませんでした」と、パパネックは言います。


「その時点で、
すべての圧力は私の額にありました。」と
彼女は言います。






彼女は彼女の右側のタービンと共に
ベックリー・ボグ・ロードを
数百ヤード進むにつれて、
彼女は頭の右側に圧力を感じ、
吐き気が強くなりました。






日中のある時点で、
パパネックの症状が停止しました。



彼女はその夜、眠ることができて、
すっきりして起きました。


その後、彼女は
タービンが一時的にオフにされたことを
知りました。



彼女はその後まもなくノーフォークを
離れましたが、
症状は再発していません。







しかしパパネックは、彼女が戻ったときに、
彼女が向き合うものについて心配します。


「それが続けば、
私は身体的にそこに残ることができなくなります。」と
パパネックさんは述べています。


「それの2日後に、私は車に乗って、
立ち去ることができました。」





ペッグ・パパネックが経験したことは
彼女一人だけではありません。



風力発電所が、
住宅地の近くの土地に選定された
全国の多くの町で

―ウィスコンシン州 バイロン、
メイン州 マーズ・ヒル、
マサチューセッツ州 シチュエート、

―居住者は、頭痛、めまい、吐き気と
集中困難を含む類似した症状を報告しました。







風力発電業界の支持者と規制当局は、
心身症あるいは集団ヒステリーに起因するとして
一般的に報告された症状を退けました。






原因の探索は、低周波音に集中しました。

リック・ジェームス、
音響エンジニアでコンサルタントによると、
風力タービンは、
可聴閾値以下の低周波数域での
音のエネルギーの大部分を生成します。



しかし、コネチカットを含む
ほとんどの州の騒音条例は、
可聴範囲内の音に対処します。






聴覚学者は、可聴閾値以下の低周波音の
スパイク(増加)による
耳の中の神経の刺激を報告しています。





最も一般的に使用される
サウンドレベルメーターは、
低周波音を除去して、
会話の音域の
より高い周波数の音を優先させます。



DBAまたはA-加重デシベルとして与えられる
その結果は、
風力タービンの周囲の
コミュニティに対する影響を測るためには
不適当であると、
ジェームズによって考えられています。






低周波音からの不快感の問題は、
HVAC(冷暖房空調設備)産業で認められました、
dBAレベルに準拠した空調機器は
依然としてクライアントから苦情を招きました。


C-重み付けまたはDBCとして知られている
低周波数により大きな優先順位を与える
音の測定は、
その産業で広く使用されています。







コネチカット立地審議会で定められた、
そして、今後数ヶ月の間に
行われることが期待される
BNEエネルギー社の
フラッグヒルサイトの音のモニタリングは
DBAのレベルだけではなく、
DBCまたは低周波騒音を測定します。


これは、聴覚下のレベルで
神経応答を誘発すると考えられている
低周波圧力のスパイクでない
経時的な平均音圧を測定します。






コネチカットの規則は
工業地帯の所業で騒音が生じているのを許します、
そして、それは
フラッグヒルサイトは、
フラッグヒルロードの十数軒の家のような
住宅ゾーンで
日中は61デシベル、
夜間は51デシベルに達することになりました。


地方のコミュニティの夜の平均音圧レベルは、
通常、30dBA未満です。







同規制は、100デシベルを超える超低周波音
または低周波音の放射を禁止しますが、
どのように測定されるか、
またはコールブルックで
BNEエネルギー社のタービンは
これまで、このハードルを
クリアしなければならなかったかどうかは不明です。



このスコアについての
コネチカット・エネルギーと環境保護省(DEEP)への
問合わせは、未解答になりました。







一方、コールブルックの
フラッグヒルロードの家が
最も近いタービンから約1500フィートで立っている
デビッド・ローレンス博士は、
包囲状態の暮らしを説明します。

※ 1500フィート = 457.2 メートル


タービンが10月17日に
本格的に運用を開始したとき、
彼の妻ジーニーは、不眠、頭痛や
足のふらつきを持つようになりました。



夫妻は、地堤によって遮蔽されている地下室に
二階から自分のマスターベッドを移動しました。



「我々は、その後
そこからほとんど帰りませんでした」と
ローレンス氏は述べています。





彼らは食事を準備するために手短に上がって来て
地上階にいる時間を10~15分までに制限します。

彼らは、いつでも耳栓を家につけています。





彼は2009年に彼の家を買ったとき
ウィンステッドで内科として働くローレンスは、
風力発電プロジェクトを知りませんでした。


今、彼の最高の希望は売ることです。


「それは理想的です。」と彼は言います。


「私たちのお金はすべて、
この所有地に縛り付けられています。」






騒音規制は1978年に制定されましたが
州のDEEP(エネルギーと環境保護省)は、
もはや騒音の苦情を引き受けません。


これらは、市当局に、
または、地元地域の保健委員会に
向けられなければなりません。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






------------------
関連記事
------------------


<1-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年10月15日

1-コネチカット州
◇Connecticut’s first commercial wind farm powers up in Colebrook
コールブルックにあるコネチカット初の産業風力発電が電源投入

(ニューヘーヴン・レジスター|2015年10月15日)
http://www.nhregister.com/business/20151015/connecticuts-first-commercial-wind-farm-powers-up-in-colebrook

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3968.html

・・・・・・
しかし、プロジェクトが
とても長くかかった理由の一端は、
プロジェクトの反対派が
コネチカット最高裁判所に
ずっとBNE社を妨げる努力をしたということです。

州の最高裁判所は、
昨年、BNE社に有利な判決を下しました。

「我々は、明らかに、失望します」と、
コールブルックの居住者で
プロジェクトを妨害するために
戦いをリードしたグループ
『FairWindCT』の代表、
ジョイス・ヘミングソンは言いました。

「州のグリーンバンクが
これに貢献したお金は、
個人の光熱費から生じています。

今、私たちは待って、
それがそこの近くに住む人々に
どのような影響を与えるのかを見ていきます。」



-------------------------

<2-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年11月1日

ぜひ!⇒
2-コネチカット州
◇Wind turbines in Colebrook start up
コールブルックの風力タービンは操業開始

(ノーフォークナウ | 2015年11月1日)
http://www.nornow.org/2015/11/01/wind-turbines-in-colebrook-start-to-spin/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3969.html

Hemingsonによれば
スクールハウス通りのノーフォークの住民
ペッグ・パパネックがそうするように
タービンが作動に入った時から、
コールブルック南サイトの向かいの
フラッグヒルロードに住んでいる
デビッド・ローレンス博士の家族は
頭痛と平衡感覚の喪失を感じると報告します。

風力タービン症候群は、
明らかに、
これに一部の人々は特に敏感で、
聞こえない低周波波動によって引き起こされます。


--------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New⇒
2016年6月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年6月19日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30時
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp






2016-05-21 : コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<2-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>ぜひ⇒2-コネチカット州:コールブルックの風力タービンは操業開始…タービンが作動に入った時から、フラッグヒルロードに住んでいるデビッド・ローレンス博士の家族は頭痛と平衡感覚の喪失を感じると報告します |関連記事| // New⇒2016年6月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ)










<2-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>




2015年11月1日




ぜひ!⇒
2-コネチカット州
◇Wind turbines in Colebrook start up
コールブルックの風力タービンは操業開始

(ノーフォークナウ | 2015年11月1日)
http://www.nornow.org/2015/11/01/wind-turbines-in-colebrook-start-to-spin/




(要約)


Hemingsonによれば
スクールハウス通りのノーフォークの住民
ペッグ・パパネックがそうするように
タービンが作動に入った時から、
コールブルック南サイトの向かいの
フラッグヒルロードに住んでいる
デビッド・ローレンス博士の家族は
頭痛と平衡感覚の喪失を感じると報告します。



風力タービン症候群は、
明らかに、
これに一部の人々は特に敏感で、
聞こえない低周波波動によって引き起こされます。




===========================




ワイリー・ウッド




10月15日の青く澄んだ朝、
BONEエナジーの風力タービンの第2の翼は
北西からの適度なそよ風で
動かないことに直面しました。





会社役員、州議会議員、
銀行家と監査機関の人だかりは、
コネチカットの最初の風力発電所の開場を
マークするために、
フラッグヒルロードより上の丘の頂上に
集まりました。


リボンは、
2台のポストの間でひらめきました。





「私はあなたのために
良いニュースを持っています。」と
BNEエネルギーの社長ポール・コーリーは
「このプロジェクトはまさに行われてます。」と
述べました。





コールブルックサイトを守った8年後に、
そして、2300万ドルの報告された費用で、
BNEエネルギーは、
風力発電の供給を開始する態勢を整えました。



「それは、接続されます」と、
サイト主任のサム・マクグリフは言いました。





話者がビジョン、ハードワーク、持続性と
実用規模の発電施設に
コールブルックの南西の角にある
80エーカーの農家を変えていた
クリーン・エネルギーを誉めたので、
ブルドーザーはバックして、
タワーのベースの近くにいっぱいになりました。





サイトの2台のタービンは、
それぞれ2.5メガワットと評価されます。


同社は10月13日の営業運転日に守って、
5メガワットのための
エバーソース・エネルギー社と
20年間の電力購入契約を締結しています。



「我々は、これを
コネチカットの将来とみなします」と、
コーリーは言いました。






暑い夏の日に、コネチカットは現在
およそ6,000メガワットの電気を使います。


市民グループ『フェアウインドCT、』の
ジョイスHemingsonは、
ニューイングランドのタービンは、
定格容量の平均30%以下を生み出すと報告しています。








リボンはカットされました、
そして、ブレードが微風を捕えるために
それらの軸で回転します、
タービンは静かに回転し始めました。


「それらは、半分の速度で
それを始めます」と、
ブレードは、ノートパソコンのオンサイトから、
この機会のために運営している
コンピュータのコマンドで
帆のようにトリミングすることができることを
説明したと、マクグリフは言いました。







リポーターは、
タービンは現在のセットバック規制の下で
許可されていたのかどうか、
コネチカット立地審議会の議長、
ロバート・スタインに尋ねました。



「おおむね大丈夫。」とスタインは言いました。







Hemingsonによれば
スクールハウス通りのノーフォークの住民
ペッグ・パパネックがそうするように
タービンが作動に入った時から、
コールブルック南サイトの向かいの
フラッグヒルロードに住んでいる
デビッド・ローレンス博士の家族は
頭痛と平衡感覚の喪失を感じると報告します。




風力タービン症候群は、
明らかに、
これに一部の人々は特に敏感で、
聞こえない低周波波動によって引き起こされます。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------
関連記事
------------------


<1-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>

2015年10月15日

1-コネチカット州
◇Connecticut’s first commercial wind farm powers up in Colebrook
コールブルックにあるコネチカット初の産業風力発電が電源投入

(ニューヘーヴン・レジスター|2015年10月15日)
http://www.nhregister.com/business/20151015/connecticuts-first-commercial-wind-farm-powers-up-in-colebrook

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3968.html

・・・・・・
しかし、プロジェクトが
とても長くかかった理由の一端は、
プロジェクトの反対派が
コネチカット最高裁判所に
ずっとBNE社を妨げる努力をしたということです。

州の最高裁判所は、
昨年、BNE社に有利な判決を下しました。

「我々は、明らかに、失望します」と、
コールブルックの居住者で
プロジェクトを妨害するために
戦いをリードしたグループ
『FairWindCT』の代表、
ジョイス・ヘミングソンは言いました。

「州のグリーンバンクが
これに貢献したお金は、
個人の光熱費から生じています。

今、私たちは待って、
それがそこの近くに住む人々に
どのような影響を与えるのかを見ていきます。」



-------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New⇒
2016年6月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年6月19日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30時
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp






2016-05-20 : コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<1-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>1-コネチカット州:コールブルックにあるコネチカット初の産業風力発電が電源投入…州のグリーンバンクがこれに貢献したお金は、個人の光熱費から生じています。今、私たちは待って、それがそこの近くに住む人々にどのような影響を与えるのかを見ていきます…ジョイス・ヘミングソン(反対派『FairWindCT』代表) // New⇒2016年6月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | エネファームの影響調査 | エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴 |論文:有害な健康影響と産業風力タービン | 問題の解決を目指そう!(おとしんアップキープ) 









<1-コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題>





2015年10月15日





1-コネチカット州
◇Connecticut’s first commercial wind farm powers up in Colebrook
コールブルックにあるコネチカット初の産業風力発電が電源投入

(ニューヘーヴン・レジスター|2015年10月15日)
http://www.nhregister.com/business/20151015/connecticuts-first-commercial-wind-farm-powers-up-in-colebrook




By Luther Turmelle, New Haven Register




画像:

コールブルックにある
コネチカット初の産業風力発電が電源投入

Luther Turmelle — New Haven Register


==============================



(要約)


コーリーとザプカズは、
プロジェクトのコストを明らかにしなかったが、
バート・ハンター、
コネチカットグリーンバンクの
執行副社長兼最高投資責任者は、
コストはおよそ2300万ドルであると述べました。


グリーンバンクは、一般の資金提供とともに
民間投資を引きつけるために
いろいろな財政的メカニズムを用いて
州で、クリーンで
再生可能エネルギー・プロジェクトに
低コスト、長期融資支援を
提供する半官半民機関です。




============================




コールブルック >>




BNEエネルギー社が
最初にこのリッチフィールド郡のコミュニティに
80エーカーを取得し、
州の最初の産業的な風力発電所をつくろうと
提案した8年後に、
会社役員と州の政治指導者は、
木曜日に、フラッグヒルロードに
一対の巨大なタービンの1台を延期することによって、
プロジェクトの開始を祝いました。






サイトのために承認された
3台のタービンのうちの2台は、建設されて、
ルート44を含む近くの景色より抜きん出ています。


しかし、8月に築かれたタービンの
わずか1台は
10エーカーのサイトで式典の後作動に入りました。
そして、それは海抜1,500フィートです。

※ 1500フィート = 457.2 メートル





「我々には、コネチカット州で
風力エネルギーを見い出すことに対する
情熱がありました」と、
グレッグ・ザプカズ、
BNEエネルギー社の
社長兼最高経営責任者(CEO)は述べています。


「我々は、風が我々の州をとび越さなかったことを、
コネチカット州が風力がない唯一の州であることを
最初から知っていました。」






BNEエネルギー社は、
タービンが生産する電力を
エバーソース・エネルギーに販売する
20年契約を持っていると、
ザプカズは述べました、
そして、その妻、レズライは、
プロスペクトの共和党の州議員です。



ポール・コーリー、BNE社の会長は、
両方の風力タービンが動作していると、
それらは2000世帯を照らすのに十分な
約5メガワットの電力を生産すると発表しました。







コーリーは
タービンを作ったゼネラル・エレクトリック社、
およびエバーソース・エネルギーとの当局者は、
配電網と第2のタービンの相互接続を確認したと
言いました。


ユニットが生成する電気の契約を
確保するまで、
BNE社は3台目のタービンを築かないと、
彼は言いました。







「我々は、これを
コネチカットの未来として見ています。」と
コーリーは言いました。







コーリー(BNE社の会長)とザプカズ(BNE社のCEO)は、
コールブルックの別の場所で
もう一つの風力発電所を建設するために
調整承認をすでにした会社が
他のサイトを捜していると言いました。


彼らは具体的に詳細に述べることは拒みましたが
コーリーは、彼らが北部コネチカットに
検索を集中していると述べました。







コーリーとザプカズは、
プロジェクトのコストを明らかにしなかったが、
バート・ハンター、
コネチカットグリーンバンクの
執行副社長兼最高投資責任者は、
コストはおよそ2300万ドルであると述べました。


グリーンバンクは、一般の資金提供とともに
民間投資を引きつけるために
いろいろな財政的メカニズムを用いて
州で、クリーンで
再生可能エネルギー・プロジェクトに
低コスト、長期融資支援を
提供する半官半民機関です。









ハンターは、
プロジェクトのための資金の280万ドルが
プロジェクトに、自身のお金の210万ドルを
注ぎ込んでいるBNE社とともに
グリーンバンクから来ていると言いました。


プロジェクトのための資金の最大のシェアは、
1210万ドルで
ウェブスター銀行から来たと彼は言いました。






D-ブランフォード、
州議員ロニー・リード、
総会のエネルギーと技術委員会の共同議長は、
述べました
プロジェクトは「情熱を持っていた
… そして、若干の莫大なお金
… 地中に鉄がなかった頃。」






「それはコミットメントです。」と
リードは言いました。

「人々はこれを見たときに
そして今、彼らは彼らの町で、
これらのいずれかをしたいとしています。」





しかし、プロジェクトが
とても長くかかった理由の一端は、
プロジェクトの反対派が
コネチカット最高裁判所に
ずっとBNE社を妨げる努力をしたということです。



州の最高裁判所は、
昨年、BNE社に有利な判決を下しました。






「我々は、明らかに、失望します」と、
コールブルックの居住者で
プロジェクトを妨害するために
戦いをリードしたグループ
『FairWindCT』の代表、
ジョイス・ヘミングソンは言いました。





「州のグリーンバンクが
これに貢献したお金は、
個人の光熱費から生じています。

今、私たちは待って、
それがそこの近くに住む人々に
どのような影響を与えるのかを見ていきます。」








ヘミングソンは
プロスペクトで風力発電所を建設するという
BNE社の試みが
コネチカット立地審議会によって拒否されたと
指摘しました。








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New⇒
2016年6月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2016年6月19日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30時
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◇エネファームの影響調査エネファームの影響調査
(ロイター|2015年 11月 27日)
http://jp.reuters.com/article/2015/11/27/idJP2015112701001692


 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、
ガスを使って電気とお湯を供給する家庭用設備
「エネファーム」や「エコウィル」の影響で
不眠などの健康被害が出たとの申し出を受け、
運転音や振動と症状との関連を調査することを決めた。


 エネファームはガスの化学反応で、
エコウィルはガスでエンジンを動かしてそれぞれ発電し、
廃熱を給湯に利用する仕組み。

家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備と呼ばれる。



 消費者事故調などによると、
エネファームとエコウィルは
それぞれ10万台以上が販売されている。


事故調などには被害相談が
今年10月までの約4年間で32件寄せられた。


【共同通信】


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



=======================


≪裁判/エコキュート/所沢≫

埼玉県所沢市
◇エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

(埼玉新聞|2015年8月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html


 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から
発生した低周波音で
不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、
所沢市の60代夫婦が18日、
製造業者のパナソニックなどを相手取り、
慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めて
さいたま地裁川越支部に提訴した。


判決が確定するまで、
1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、
隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。


 パナソニックは「訴状の確認ができていないので、
コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、
エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル


原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、
運転音により慢性的な不眠や頭痛などの
健康被害が続いているとしている。



============================


<論文:有害な健康影響と産業風力タービン>

2010年3月31日

ぜひ!⇒
◇Proposed Case Definition: Adverse Health Effects and Industrial Wind Turbines
提案された症例の定義:有害な健康影響と産業風力タービン

(Society for Wind Vigilance|2010年3月31日)
http://www.windvigilance.com/about-adverse-health-effects/
proposed-case-definition-adverse-health-effects-and-industrial-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html?sp

■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



McMurtry, RY,

Toward a Case Definition of Adverse Health Effects
in the Environs of Industrial Wind Turbines:


Facilitating a Clinical Diagnosis,
Bulletin of Science Technology & Society 2011 31: 316,

DOI: 10.1177/0270467611415075,




======================

人々は産業用風車の稼働と関連して発症した
健康への悪影響が報告されています。


記載された症状は、世界的に一貫しています。


健康への悪影響や
産業風力タービンとその研究に関連した
方法論の問題の複雑さは、
集団と犠牲者の、総合的で体系的、
かつ統合された研究の必要性を示します。



疫学および臨床評価は、
犠牲者の睡眠研究を含むことが必要とされます。



『ソサイエティー・フォー・ウィンド・ビジランス』は、
産業用風力タービンの稼動に関連した症状の
複雑なセットを呈している患者の評価にあたり
臨床医を支援するために、このケースの定義を提案します。



より多くの知識が得られるので、
このケース定義は修正されます。


◾産業用の風力タービン設備の2.0キロ以内の生活

◾産業用風力タービンの起動後3ヶ月までに
ほとんどすぐに発現している
新しいか悪化する症状および/または徴候

◾産業用風力タービン設備のゾーンから
少なくとも5.0キロ、移動したとき
症状および/または徴候の改善

◾2.0キロ以下で
産業用風力タービンに再曝露した時に
徴候/症状の再発


最も一般的な徴候や症状は

◾睡眠障害
◾生活の質の低下
◾ストレスまたは精神的な苦悩
◾内耳の症状
◾頭痛
◾過度の疲労感


それほど一般的ではない

◾動悸
◾高血圧
◾片頭痛
◾認知障害
◾胃腸問題


治療単位:
健康への悪影響は、時間とともに悪化するかもしれません

処置:
産業用の風力タービン設備の環境から
離れること以外、
利用可能な直接的な治療はありません。


他の処置:支持療法あるいは緩和ケア


次の方々に承認されました

ロバート・マクマートリー、Md、FRCS(C)、FAC
マイケルA. Nissenbaum博士
ロイD.ジェフリー博士、FCFP(Can)
クリストファー・ハニング、理学士、MB、BS、MRCS、LRCP、FRCA、Md
ジョン・ハリスン博士
リチャード・ジェイムズ、INCE
デイビッドL.ホワイト、EET、CMBB
ブレット・ホーナーBA、CMA
ベス・ハリントン、BMUS
カルメン・クロー、理学士(薬学)



■To access the article visit
記事にアクセスするにはここを訪れてください

http://bst.sagepub.com/content/31/4/316



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp






2016-05-19 : コネチカット州:BNEエネルギー風力タービンと健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR