騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<24-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>ぜひ⇒24-コロラド州、オピニオン:ワトソン:我々は、未知の風力エネルギーの健康への影響についてはあまり話しません…規制当局は、英国騒音協会とフランス国立医学アカデミーの、住宅地の隣に建設される風力発電所の1.6㎞のセットバック勧告を適応させることができます~試験が完了するまで1.6㎞のの距離内のタービンは停止する必要があります |関連記事| // 【おとしんからのお知らせ】 |New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発













<24-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>




2017年6月7日




ぜひ!⇒
24-コロラド州、オピニオン
◇Watson: We don’t talk much about the unknown health impacts of wind energy
ワトソン:我々は、未知の風力エネルギーの健康への影響についてはあまり話しません  

(The Tribune|2017年6月7日)
https://www.greeleytribune.com/news/opinion/
watson-we-dont-talk-much-about-the-unknown-health-impacts-of-wind-energy/




コール・ワトソン(Kohl Watson)

(※ デンバーのフリーマーケット・シンクタンクである
Independence Instituteの
Future Leaders Programのエネルギー研究者)






コロラド州だけで、
23の工業用風力発電所が稼働しており、
10以上の郡に1,800以上のタービンがあります。

コロラドの2005年の全エネルギー生産量の1%を
供給していない風力エネルギーは、
2014年には14%になります。

しかし、風力発電の爆発によって、
コロラド州における産業風力の
長期的な健康への影響に関する研究は不十分である。




そして、その影響をいつでもすぐに
分類することにはあまり関心がないようです。




2009年の研究で認識された世界保健機関(WHO)は、
睡眠サイクル中に40〜55dBのデシベルが
「健康に悪影響を及ぼす可能性があります...
子供、慢性的な病人や高齢者は
「より深刻な影響を受けている」と述べた。


この研究では、
夜間に55デシベル以上の音が持続すると、
心血管疾患のリスクが上昇する可能性があることも
明らかになった。



再生可能エネルギーの非営利団体である
『Renewable Northwest』によると、
平均風力タービンは約50デシベルで動作します。

しかし、2003年の調査によると、
夜間には、周囲の背景騒音がないため、
風力タービンから発生する音が
予測された昼間のレベルより
18デシベル高くなる可能性があります。

これは、平均的な風力タービンが
健康に悪影響を及ぼす量よりも
13デシベル高いことにつながります。


この研究は、高さが300フィートの
風力タービンを対象に実施されたもので、
これよりも大きい風力タービンの方が
問題がさらに深刻であることが判明しました。




328フィートで、
米国の商用風力タービンの平均高さは
コロラド・スプリングスの東にある
ゴールデン・ウエスト産業風力発電プロジェクトの
風力タービンと同様に、
300フィートの閾値を超えています。

コロラド州東部で提案された
ラッシュ・クリーク・ウィンド・プロジェクトの
タービンもさらに高くなる可能性がある。




研究者らは、
風力タービンが20ヘルツ以下の周波数の
超低周波音を生成することも発見しました。


超低周波音曝露に長期間さらされると、
睡眠障害やその他の問題を引き起こす可能性があります。


研究の2015年の編集で発見されたように、
超低周波音への曝露は、
「... 慢性睡眠障害、めまい、耳鳴り、
心臓の動悸、振動と頭と胸の圧力感覚... 」





独立した非政府組織であり、
国際標準の開発者で出版社である国際標準化機構(ISO)は、
1ヘルツから0.1ヘルツの間の振動は、
動揺病(乗り物酔い)を引き起こす可能性があると述べている
(ISO標準9996:2000参照)。


ボルダーの独立した音響コンサルタントである
ロバート・ランド氏(Robert Rand)が
実施した現地調査によると、
これはゴールデン・ウエスト風力発電所で
生産される周波数と同じです。


これらはまた、
近くに住む住民の一部によって経験した同じ症状です。





ほとんどの研究では、
工業用風力発電所への短期的な曝露のみを検討しています。


『科学技術と社会紀要』
(Bulletin of Science, Technology & Society )に
掲載された報告書は、…
「風力タービンの近くに住む人々が経験した
低レベルの超低周波音への長期間の曝露を
再現することに近い研究は見つかっていない」




カルハン(Calhan)のシンディー・カッブ氏
(Cindy Cobb)とサンドラ・ウルフ氏(Sandra Wolfe)は、
ゴールデン・ウェストの陰に住んでいて、
健康悪化に対してタービンを責めています。

彼らはめまい、吐き気、睡眠の喪失、
頭痛などを報告しています。

彼らは、
2015年9月に風力発電所が稼働したときと
症状が一致すると言います。




カッブ氏は無気力と高血圧を症状のリストに加え、
彼女は次のように彼女の人生を恐れます:

「私はここにいるのはほぼ24/7、365日です。
私は休みがなく、
ここに住んでいる恐怖は私を殺しそうです。」




ウルフ氏によれば、
執拗な回転はストレスと睡眠の喪失の原因となります。

彼女は自分の所有地から離れて寝ることに頼っていました。




メイン州、オンタリオ州、
ニュージーランドの人々は
近くの風力発電所に関連して同様の症状を報告しています。





産業風力が健康を悪化させる原因であるかどうかは、
どのようにわかりますか?

風力タービンの健康への影響、
およびそれらがどこに位置しているかについて、
より徹底的な研究が行われるまでは、
我々はしません。

また、州最大の電力供給業者である
エクセル・エナジー社(Xcel Energy)も、
産業風力の大手プロバイダーであり、
コロラドが商業規模の風力発電プロジェクトの
健康への影響の研究の道を導いたとすれば、
誰もがうまくいきます。





その間に、潜在的な影響を緩和するために
国ができることがあります。





制当局は、英国騒音協会
(British Noise Association)と、
フランス国立医学アカデミー
(French Academy of Medicine)の
住宅地の隣に建設される
風力発電所の1マイルのセットバック勧告を
適応させることができます。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル

カルハン居住者の最小距離は1,320フィートです。
※ 1320フィート = 402.33600 メートル

これは推奨距離の4分の1です。

試験が完了するまで、
1マイルの距離内のタービンは停止する必要があります。
※ 1マイル = 1.609344 キロメートル




コロラド州東部のラッシュクリーク
(Rush Creek)のような工業プロジェクトのために、
より小型のタービンの設置を検討するための
オプションもあります。


既存の科学は、より大きなタービンと
高密度の風力発電所が
超低周波音と可聴音の問題を複合化することを
示唆しています。


デンマークの風力タービンVestas V17は
72フィートの高さで、
カルハンの風力発電所は高さが315フィートで
4倍以上のタワーを使用しています。

風力タービンの高さと翼のサイズを小さくするか、
田舎の住宅地から距離を伸ばすことで、
風力発電所は可聴音と超低周波騒音の影響を防ぐのに役立ちます。





コロラド州と米国はヨーロッパではありません
私たち自身の長期的な健康への影響に関する研究は
代替的な勧告をもたらす可能性がある。

さらなる研究がなければ、私たちは知ることができません

それまでは、工業用風力発電所の
影に住んでいる人にとって、
秘密にされているようなものです。





著者:
コール・ワトソン氏(Kohl Watson)は、
デンバーのフリーマーケット・シンクタンクである
Independence Instituteの
Future Leaders Programのエネルギー研究者です。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------
関連記事
--------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳 (資料のリンク先を提示しています) 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。


超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。


中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」



ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
低質な電気の懸念



彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文
によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力の質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp

--------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp

------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。

------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html

------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィート
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。

※ 453フィート = 138.0744 メートル

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすことから
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))

http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13 2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4384.html

----------------------------

<15-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月

ぜひ!⇒
15-コロラド州
◇Dirty electricity and wind power
ダーティー・エレクトリシティ(低質な電気)と風力

(ニューファルコンヘラルド Volume No. 14 Issue No. 1 |2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayPrintArticle.php?ArticleID=11813

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4388.html

----------------------------

<16-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月5日

ぜひ!⇒
16-オピニオン、コロラド州
◇Follow up to wind farm health concerns
風力発電所の健康への懸念に対する追及

(ニューファルコン・ヘラルド | 2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11885

■おとしん機械翻訳(リンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

--------------------------------------------

<17-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年2月7日

ぜひ!⇒
17-コロラド州/動画
◇Calhan residents say wind turbines are causing health issues
カルハン居住者は、風力タービンが健康問題を引き起こしていると言います

(KRDO NewsChannel 13 abc | 2017年2月7日)
http://www.krdo.com/news/crime/el-paso-county-crime/
calhan-residents-say-wind-turbines-are-causing-health-issues-/317448835

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4481.html

--------------------------------------------

<18-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

18-コロラド州
◇Reassurances fail to convince some neighbors El Paso County wind farm is safe
再確認は、エルパソ郡風力発電所が安全であると一部の隣人に信じさせることができません

(Colorado Springs Gazette | 2017年3月23日)
http://gazette.com/
reassurances-fail-to-convince-some-neighbors-el-paso-county-wind-farm-is-safe/article/1599581

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4609.html

--------------------------------------------

<19-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

ぜひ!⇒
19-コロラド州/動画/画像
◇Calhan wind farm situation remains unresolved;
Nextera says turbines are within safety guidelines
カルハンの風力発電所の状況は未解決のままである;
ネクステラ社は、タービンは安全ガイドラインの範囲内にあると言います

(KRDO NEWS CHANNEL13abc|2017年3月23日)
http://www.krdo.com/news/top-stories/calhan-wind-farm-situation-remains-unresolved/411990993

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4610.html

--------------------------------------------

<20-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

20-コロラド州/動画
◇Homeowners speak to El Paso County county commissioners on wind farm concerns
住宅所有者は、風力発電所の懸念に関してエルパソ郡の郡の委員と話す

(FOX21News.com|2017年3月23日)
http://fox21news.com/2017/03/23/
homeowners-speak-to-el-paso-county-county-commissioners-on-wind-farm-concerns/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4611.html

------------------------------------------------

<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年4月

ぜひ!⇒
21-コロラド州
◇Wind farm concerns resurface at county
風力発電所の懸念が郡で再浮上した

(The New Falcon Herald | 2017年4月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month%3D04%26PrintDay%3D01%26Year%3D2017

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4613.html

-----------------------------------------------

<22-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年6月

22-コロラド州
◇What’s up with wind farm complaint process
風力発電所の苦情処理はどうなっているのか

(The New Falcon Herald | 2017年6月)
http://www.newfalconherald.com/mobile/
MobileDisplayArticles.php?CurrentIssueMonth
=06&CurrentIssuePrintDay=03&CurrentIssueYear=2017&IssueNumber
=6&VolumeNumber=14&DisplayMonth=June&ArticleID=12232

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4910.html

--------------------------------------------------

<23-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年6月2日

ぜひ!⇒
23-コロラド州
◇Eastern El Paso County residents commission studies to fight wind farm
東エルパソ郡の住民が風力発電所と戦うための調査を委託する  

(The Gazette |2017年6月2日)
http://gazette.com/eastern-el-paso-county-residents-commission
-studies-to-fight-wind-farm/article/1604354

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4911.html

By Rachel Riley

東エルパソ郡(El Paso County)の3つの家族は、
地域の風力発電所を閉鎖するのに十分であると
言われている研究に
少なくとも65,000ドルを費やしています。


彼らはネクステラ・エネルギー
(NextEra Energy)の
ゴールデン・ウエスト
(Golden West)風力発電所の145台のタービンを、
2015年にターンが回転を開始して以来、
その健康上の問題と
数十種類以上の動物が死亡したと非難しています。
ヒトの健康への影響は、
吐き気や頭痛から
心血管疾患の重症度までの範囲にあると、
風力発電所の近くに住んでいる
サンドラ・ウルフ氏(Sandra Wolfe)は述べています。


「ネクステラ社の犠牲者であり、
タービンの犠牲者であるように感じる」と
彼女は語った。


苦情は、苦情に取り組む郡コミッショナーの
役割についての質問を提起している。
委員会は、2013年に風力発電所の建設を承認し、
ネクステラ社がプロジェクトの一環として
29マイルの地上電力線を建設すると提案した後、
2015年初頭に計画に変更を加えることができました。

木曜日、委員長は、
この問題に関する法的ガイダンスを求めるために
秘密会議を開いた。
郡の弁護士は、
州法と地方自治体の法律と住民によって
提供された調査の適用可能性について
議論する予定でした。

委員会は、住民が懸念を表明するため、
7月下旬に公聴会を開く予定であると、
郡の広報担当者、
デイブ・ローズ氏(Dave Rose)は語った。

家族達は、ボウダーを拠点とする
音響スペシャリストに、
超低周波音(infrasound)として知られる
風車によって放射される騒音
および低周波音波に関する2つの研究について
約15,000ドルを支払いました。
ガビン・ウィンス氏(Gavin Wince)は、
家族が9月に自宅を離れて
タービンから脱出したと語った。
このグループは残りの資金を保健研究に費やした。
これは住民の医療記録とDNA検査の結果が
風車が身体的健康に有害であることを
証明するものであると、ウィンス氏は言った。

しかし、風力発電所の反対派は
まだ医学研究を発表していない。
彼らは、ネクステラ社が、
心臓学および神経学の専門家、
耳、鼻、および喉の医師を含む、
参加した開業医を標的にして
報復する可能性があると言ったと
彼は話しました。

長い間、風力発電所は
論争の原因となっていました。
2015年に、住民のグループが
プロジェクトの建設の承認に関して
郡を訴えたが、
両当事者が合意に達すると訴訟は却下されました。
居住者の懸念には、
健康リスクと不動産価値の下落が含まれますが、
郡査察官のオフィスからは、
タービンが建設されて以来、
地域区画は価格が上がったと評価されています。

風力発電所を含む地区のコミッショナー
マーク・ウォラー氏(Mark Waller)は、
懸念されている近隣住民は
まだ郡の行動を保証する証拠を
提示していないと述べた。

「私たちに与えられたすべての情報は逸話的です。
我々は風車の操作と傷害との因果関係を示す
医学的な書類は一切与えられていない」と
ウォラー氏は語った。
 「それは信じられないほどイライラさせます。
もしこの問題が、彼らが言っているほど
広範かつ重要なものであれば、
我々は証拠を得るべきです。」

数十人の住民が風力発電所の
1〜2マイル以内に住んでいますが、
苦情は比較的少ないと
ネクステラ社は報告しています。
このプロジェクトで建設が完了してから
約15件の苦情が報告されているが、
4〜5件は未解決のまま残っていると
同社関係者は語った。

「私たちは良い隣人であり、
適時に私たちに来て、
エルパソ郡委員会が策定したプロセスに沿って
苦情や懸念に対応することに尽力しています。」と
ネクステラ社広報担当者の
ブライアン・ガーナー氏は、
電子メールで、同社と郡との契約における
苦情解決手続を参照していると述べた。

3月23日の会議で、反対している隣人は、
郡とネクステラ社の社員が
風車の超低周波騒音レベルを報告し、
太陽がタービンの回転ブレードを
照らしているときに発生する
「シャドーフリッカー」を報告したときの
3月23日の会議で、反対している隣人は
コミッショナーに立ち向かいました。

専門家は、
風力タービンの6マイルの範囲内に住む
1,200人以上の人々に関する
カナダの2014年の調査のような
超低周波音が
ヒトの健康に有害ではないことを発見した
研究コレクションを指摘しました。
この調査では、自己報告のアンケート、
睡眠の評価、血圧測定、DNA検査などが含まれており、
世界各地の研究やレビューを引用したこの研究では、
タービンに関連する健康への影響の証拠は
見当たりませんでした。

同社が委託したレポートも提示され、
タービンで作られたの超低周波超音波と
影のちらつきが
現地の規制やゾーニングルールに
準拠していることが示されました。

しかし、居住者は、
風車と健康に悪影響を及ぼす他の研究や
オンラインの論文を引用している。

『カナダの家庭医』
(the Canadian Family Physician)で
発表された2013年の論文によれば
工業用風力タービンの近くに住む人や
仕事をしている人は、
ストレス、睡眠障害、頭痛、不安、うつ病、
認知機能障害、
生活の質の低下を経験する可能性があると言います。

怒り、悲しみ、または「不公平感」の感情もまた
副作用である可能性があると、
この論文では、
世界中の研究とレビューを引用しています。

騒音、超低周波音、接地電流と
シャドーフリッカーは、
症状を引き起こすかもしれないと
その論文は示唆しています。


音響研究者のロバート・ランド氏
(Robert Rand)は、住民のための騒音研究を準備し、
委員長にコピーを送付した。

これらの研究は、
風力発電所は州と郡の騒音制限に適合していないと
述べます。


ランド氏の報告書の1つには、
ネクステラ社が資金調達した研究の1つで、
騒音レベルが近隣住民に悪影響を与えるかどうかを
評価することの怠慢を含め、
たくさんの「間違いと欠落」があることを指摘しました。


2番目のレポートでランド氏は、
3つの住居で測定された音圧を準備し、
住居で観察された「ブレード通過周波数」が
「乗り物酔いに関連する範囲内にある」ことを
確認しました。
ランド氏の評価は、郡の騒音法令を引用し、
これは、
「どんな個人の健康、安全または福祉に
有害な、あるいは害になる」という音を
禁止しています。
郡との合意に基づき、
風力発電所は条例によって定められた基準を
満たさなければならない。


しかし(地区のコミッショナー)の
ウォラー氏は、
ランド氏の報告書やその他の調査では、
郡の住民は「起訴できない」と述べた。
「せいぜい、ネクステラ社に対する
民事訴訟の起訴原因を持っています。」と彼は語った。

住民は法的表現を見つけるのに苦労しているが、
訴訟を否定していないと、ウィンス氏は述べている。
同氏は、コロラド州の何人かの
有名な法律事務所の弁護士に断られたと言いました
そして、彼らの会社が
そのような豊かな懐で
会社を積み込むことができなかったと
彼に話しました。

「私たちは必要なものすべてを持っている」と
ウィンス氏は言った。
「問題はネクステラ社が
驚くべき戦いを示す気があるということです。」


ネクステラ社のウェブサイトによると、
フロリダ州に本拠を置く同社は、
2016年の連結売上高は約162億ドルで、
年末には30州とカナダで
14,700人の従業員を抱えていたという。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

=====================================
※おとしん:注)
2016年1月29日付けのレポートでは

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月1日

ぜひ!⇒
コロラド州
◇Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO
独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州

(2017年4月1日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/
wind-turbine-infra-sound-colorado-usa-2017-robert-rand?xg_source=activity

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4612.html

pdf
■Download original document:
オリジナル文書をダウンロードする:

“Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO”

https://docs.wind-watch.org/in12-ambrose-rand-krogh-falmouth.pdf


動画
■「I can’t enjoy outside anymore」
もう外で楽しむことはできない


Friends against wind

ぜひ!⇒
◾NEW
https://www.youtube.com/watch?v=bWn00cIuwlQ

==================================================
Author:
著者: Rand, Robert
ランド、ロバート

Summary:
概要:


2015年12月と2016年1月の間に、
コロラド州エルパソ郡の
ゴールデンウエスト風力施設の
近くにある3棟の家庭で
差音圧測定値を取得し記録した。

3棟の住宅のそれぞれについて、
1週間のデータを分析し、
添付された毎日のスペクトログラムを分析した。

毎日のデータは
約430万個の差圧サンプルから構成され、
1週間に約3050万個のサンプルが含まれていました。

予備調査により、
ゴールデンウエスト風力タービンの
回転に関連する0.2〜0.85Hz
(「ブレード通過周波数」または「BPF」)における
反復音圧振動の存在が確認された。

時には、複数の発振周波数が観察され、
異なる回転速度で動作する複数のタービンと一致した。

振動は、タービンが風下側ではなく
風上側である場合に顕著であるように見える。

隣人は、自宅の場所とタービンの場所と
地域の優勢な風のため、
主に風下にあることを報告しました。

典型的なBPF総音響パワーは、
例えば差圧データセットの部分について
計算されました。

風力タービンの回転が支配的であり、
他の騒音に汚染されていないセグメントについては、
クレストファクター
(ピークレベルに対するRMSの比)も計算され、
典型的なクレストファクタは13-19dBであった。
トータルのBPF RMSレベルは、
56〜70dB(20uPA)で、
ピークレベルは71〜89dBです。
RMSとピークレベルは
騒音を止めるように訴える、
法的措置、放棄された住居などの
他のサイトで見られるレベルと類似しています。

タービン運転の前には
同様の妨害はなかったのに対して
タービンが運転を開始して以来
彼らは妨害を経験していることは
隣人からよく理解されています。
タービンが停止している
(回転していない)ときや、
彼らが身体的に施設から数マイルの距離を
離れて自分自身を移したとき
隣人が改善を報告していることがわかります。

エルパソ郡の騒音規則では、
「音」をあらゆる周波数の圧力
(または他の物理的パラメータ)の
振動として定義しています
そして、、
音響振動による騒音妨害を禁止します。

この分析は、各監視場所における
毎日の多数のセグメントを分析し、
ジャーナルエントリおよび/または
医療データに関連付けることができる点で
完全ではありません。
報告された動作している施設への接近と、
健康および生活の質の妨害との関連性は、
この予備調査のために
取得された音響データによって
裏付けられていると思われます。
これらの予備調査は、
ゴールデン・ウェスト風力施設が
動作しているときには、
非常に低い周波数の音圧振動に起因する
ノイズ妨害の状態があり、
より深刻な影響を受けていることを示唆している。

* 以上、
  『Citizens' Task Force on Wind Power - Maine』様より
  引用させていただきました。


  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

=====================================

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


===============================
リンク
===============================

2011年9月30日の「科学技術と社会の紀要」
(Bulletin of Science, Technology & Society)の
オンラインで掲載された論文では
以下のように記載しています:

「この症状は、騒音、超低周波不可聴音、
電圧が変動する低質な電気、接地電流 、
およびシャドウフリッカーの組み合わせによって
引き起こされる可能性が高い」

------

<論文:超低周波不可聴音>

■Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html


著者:マグダHavas博士、理学士、博士

(環境および資源学科の教授
– トレント大学、ピーターバラ、オンタリオ、カナダ)、

そして、デイビッド・コラン
(バイオ農業コンサルタントと卸売業者社、
ウェルズリー、オンタリオ、カナダ)


出版: Bulletin of Science, Technology, & Society


===============================

---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



【お知らせ】

・2017年11月26日(日)の懇親会は無事終了しました。
 遠方よりのご参加をありがとうございました。

・ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




New!⇒

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-12-03 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<23-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>ぜひ⇒23-コロラド州:東エルパソ郡の住民が風力発電所と戦うための調査を委託する |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発













<23-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>




2017年6月2日




ぜひ!⇒
23-コロラド州
◇Eastern El Paso County residents commission studies to fight wind farm
東エルパソ郡の住民が風力発電所と戦うための調査を委託する  

(The Gazette |2017年6月2日)
http://gazette.com/eastern-el-paso-county-residents-commission
-studies-to-fight-wind-farm/article/1604354




By Rachel Riley




東エルパソ郡(El Paso County)の3つの家族は、
地域の風力発電所を閉鎖するのに十分であると
言われている研究に
少なくとも65,000ドルを費やしています。





彼らはネクステラ・エネルギー
(NextEra Energy)の
ゴールデン・ウエスト
(Golden West)風力発電所の145台のタービンを、
2015年にターンが回転を開始して以来、
その健康上の問題と
数十種類以上の動物が死亡したと非難しています。

ヒトの健康への影響は、
吐き気や頭痛から
心血管疾患の重症度までの範囲にあると、
風力発電所の近くに住んでいる
サンドラ・ウルフ氏(Sandra Wolfe)は述べています。





「ネクステラ社の犠牲者であり、
タービンの犠牲者であるように感じる」と
彼女は語った。





苦情は、苦情に取り組む郡コミッショナーの
役割についての質問を提起している。

委員会は、2013年に風力発電所の建設を承認し、
ネクステラ社がプロジェクトの一環として
29マイルの地上電力線を建設すると提案した後、
2015年初頭に計画に変更を加えることができました。




木曜日、委員長は、
この問題に関する法的ガイダンスを求めるために
秘密会議を開いた。

郡の弁護士は、
州法と地方自治体の法律と住民によって
提供された調査の適用可能性について
議論する予定でした。




委員会は、住民が懸念を表明するため、
7月下旬に公聴会を開く予定であると、
郡の広報担当者、
デイブ・ローズ氏(Dave Rose)は語った。




家族達は、ボウダーを拠点とする
音響スペシャリストに、
超低周波音(infrasound)として知られる
風車によって放射される騒音
および低周波音波に関する2つの研究について
約15,000ドルを支払いました。

ガビン・ウィンス氏(Gavin Wince)は、
家族が9月に自宅を離れて
タービンから脱出したと語った。

このグループは残りの資金を保健研究に費やした。
これは住民の医療記録とDNA検査の結果が
風車が身体的健康に有害であることを
証明するものであると、ウィンス氏は言った。




しかし、風力発電所の反対派は
まだ医学研究を発表していない。

彼らは、ネクステラ社が、
心臓学および神経学の専門家、
耳、鼻、および喉の医師を含む、
参加した開業医を標的にして
報復する可能性があると言ったと
彼は話しました。




長い間、風力発電所は
論争の原因となっていました。

2015年に、住民のグループが
プロジェクトの建設の承認に関して
郡を訴えたが、
両当事者が合意に達すると訴訟は却下されました。

居住者の懸念には、
健康リスクと不動産価値の下落が含まれますが、
郡査察官のオフィスからは、
タービンが建設されて以来、
地域区画は価格が上がったと評価されています。




風力発電所を含む地区のコミッショナー
マーク・ウォラー氏(Mark Waller)は、
懸念されている近隣住民は
まだ郡の行動を保証する証拠を
提示していないと述べた。




「私たちに与えられたすべての情報は逸話的です。
我々は風車の操作と傷害との因果関係を示す
医学的な書類は一切与えられていない」と
ウォラー氏は語った。

 「それは信じられないほどイライラさせます。
もしこの問題が、彼らが言っているほど
広範かつ重要なものであれば、
我々は証拠を得るべきです。」




数十人の住民が風力発電所の
1〜2マイル以内に住んでいますが、
苦情は比較的少ないと
ネクステラ社は報告しています。

このプロジェクトで建設が完了してから
約15件の苦情が報告されているが、
4〜5件は未解決のまま残っていると
同社関係者は語った。




「私たちは良い隣人であり、
適時に私たちに来て、
エルパソ郡委員会が策定したプロセスに沿って
苦情や懸念に対応することに尽力しています。」と
ネクステラ社広報担当者の
ブライアン・ガーナー氏は、
電子メールで、同社と郡との契約における
苦情解決手続を参照していると述べた。




3月23日の会議で、反対している隣人は、
郡とネクステラ社の社員が
風車の超低周波騒音レベルを報告し、
太陽がタービンの回転ブレードを
照らしているときに発生する
「シャドーフリッカー」を報告したときの
3月23日の会議で、反対している隣人は
コミッショナーに立ち向かいました。




専門家は、
風力タービンの6マイルの範囲内に住む
1,200人以上の人々に関する
カナダの2014年の調査のような
超低周波音が
ヒトの健康に有害ではないことを発見した
研究コレクションを指摘しました。

この調査では、自己報告のアンケート、
睡眠の評価、血圧測定、DNA検査などが含まれており、
世界各地の研究やレビューを引用したこの研究では、
タービンに関連する健康への影響の証拠は
見当たりませんでした。




同社が委託したレポートも提示され、
タービンで作られたの超低周波超音波と
影のちらつきが
現地の規制やゾーニングルールに
準拠していることが示されました。




しかし、居住者は、
風車と健康に悪影響を及ぼす他の研究や
オンラインの論文を引用している。




『カナダの家庭医』
(the Canadian Family Physician)で
発表された2013年の論文によれば
工業用風力タービンの近くに住む人や
仕事をしている人は、
ストレス、睡眠障害、頭痛、不安、うつ病、
認知機能障害、
生活の質の低下を経験する可能性があると言います。

怒り、悲しみ、または「不公平感」の感情もまた
副作用である可能性があると、
この論文では、
世界中の研究とレビューを引用しています。

騒音、超低周波音、接地電流と
シャドーフリッカーは、
症状を引き起こすかもしれないと
その論文は示唆しています。






音響研究者のロバート・ランド氏
(Robert Rand)は、住民のための騒音研究を準備し、
委員長にコピーを送付した。


これらの研究は、
風力発電所は州と郡の騒音制限に適合していないと
述べます。





ランド氏の報告書の1つには、
ネクステラ社が資金調達した研究の1つで、
騒音レベルが近隣住民に悪影響を与えるかどうかを
評価することの怠慢を含め、
たくさんの「間違いと欠落」があることを指摘しました。





2番目のレポートでランド氏は、
3つの住居で測定された音圧を準備し、
住居で観察された「ブレード通過周波数」が
「乗り物酔いに関連する範囲内にある」ことを
確認しました。

ランド氏の評価は、郡の騒音法令を引用し、
これは、
「どんな個人の健康、安全または福祉に
有害な、あるいは害になる」という音を
禁止しています。

郡との合意に基づき、
風力発電所は条例によって定められた基準を
満たさなければならない。





しかし(地区のコミッショナー)の
ウォラー氏は、
ランド氏の報告書やその他の調査では、
郡の住民は「起訴できない」と述べた。

「せいぜい、ネクステラ社に対する
民事訴訟の起訴原因を持っています。」と彼は語った。




住民は法的表現を見つけるのに苦労しているが、
訴訟を否定していないと、ウィンス氏は述べている。

同氏は、コロラド州の何人かの
有名な法律事務所の弁護士に断られたと言いました
そして、彼らの会社が
そのような豊かな懐で
会社を積み込むことができなかったと
彼に話しました。





「私たちは必要なものすべてを持っている」と
ウィンス氏は言った。

「問題はネクステラ社が
驚くべき戦いを示す気があるということです。」





ネクステラ社のウェブサイトによると、
フロリダ州に本拠を置く同社は、
2016年の連結売上高は約162億ドルで、
年末には30州とカナダで
14,700人の従業員を抱えていたという。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




=====================================
※おとしん:注)
2016年1月29日付けのレポートでは

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月1日

ぜひ!⇒
コロラド州
◇Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO
独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州

(2017年4月1日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/
wind-turbine-infra-sound-colorado-usa-2017-robert-rand?xg_source=activity

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4612.html


pdf
■Download original document:
オリジナル文書をダウンロードする:

“Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO”

https://docs.wind-watch.org/in12-ambrose-rand-krogh-falmouth.pdf


動画
■「I can’t enjoy outside anymore」
もう外で楽しむことはできない


Friends against wind

ぜひ!⇒
◾NEW
https://www.youtube.com/watch?v=bWn00cIuwlQ

==================================================


Author:
著者: Rand, Robert
ランド、ロバート


Summary:
概要:




2015年12月と2016年1月の間に、
コロラド州エルパソ郡の
ゴールデンウエスト風力施設の
近くにある3棟の家庭で
差音圧測定値を取得し記録した。

3棟の住宅のそれぞれについて、
1週間のデータを分析し、
添付された毎日のスペクトログラムを分析した。

毎日のデータは
約430万個の差圧サンプルから構成され、
1週間に約3050万個のサンプルが含まれていました。



予備調査により、
ゴールデンウエスト風力タービンの
回転に関連する0.2〜0.85Hz
(「ブレード通過周波数」または「BPF」)における
反復音圧振動の存在が確認された。

時には、複数の発振周波数が観察され、
異なる回転速度で動作する複数のタービンと一致した。

振動は、タービンが風下側ではなく
風上側である場合に顕著であるように見える。

隣人は、自宅の場所とタービンの場所と
地域の優勢な風のため、
主に風下にあることを報告しました。



典型的なBPF総音響パワーは、
例えば差圧データセットの部分について
計算されました。

風力タービンの回転が支配的であり、
他の騒音に汚染されていないセグメントについては、
クレストファクター
(ピークレベルに対するRMSの比)も計算され、
典型的なクレストファクタは13-19dBであった。

トータルのBPF RMSレベルは、
56〜70dB(20uPA)で、
ピークレベルは71〜89dBです。

RMSとピークレベルは
騒音を止めるように訴える、
法的措置、放棄された住居などの
他のサイトで見られるレベルと類似しています。



タービン運転の前には
同様の妨害はなかったのに対して
タービンが運転を開始して以来
彼らは妨害を経験していることは
隣人からよく理解されています。

タービンが停止している
(回転していない)ときや、
彼らが身体的に施設から数マイルの距離を
離れて自分自身を移したとき
隣人が改善を報告していることがわかります。



エルパソ郡の騒音規則では、
「音」をあらゆる周波数の圧力
(または他の物理的パラメータ)の
振動として定義しています
そして、、
音響振動による騒音妨害を禁止します。



この分析は、各監視場所における
毎日の多数のセグメントを分析し、
ジャーナルエントリおよび/または
医療データに関連付けることができる点で
完全ではありません。

報告された動作している施設への接近と、
健康および生活の質の妨害との関連性は、
この予備調査のために
取得された音響データによって
裏付けられていると思われます。

これらの予備調査は、
ゴールデン・ウェスト風力施設が
動作しているときには、
非常に低い周波数の音圧振動に起因する
ノイズ妨害の状態があり、
より深刻な影響を受けていることを示唆している。


* 以上、
  『Citizens' Task Force on Wind Power - Maine』様より
  引用させていただきました。


  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


=====================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




===============================
リンク
===============================

2011年9月30日の「科学技術と社会の紀要」
(Bulletin of Science, Technology & Society)の
オンラインで掲載された論文では
以下のように記載しています:

「この症状は、騒音、超低周波不可聴音、
電圧が変動する低質な電気、接地電流 、
およびシャドウフリッカーの組み合わせによって
引き起こされる可能性が高い」

------

<論文:超低周波不可聴音>

■Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html


著者:マグダHavas博士、理学士、博士

(環境および資源学科の教授
– トレント大学、ピーターバラ、オンタリオ、カナダ)、

そして、デイビッド・コラン
(バイオ農業コンサルタントと卸売業者社、
ウェルズリー、オンタリオ、カナダ)


出版: Bulletin of Science, Technology, & Society


===============================


--------------------------------
関連記事
--------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳 (資料のリンク先を提示しています) 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。


超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。


中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」



ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
低質な電気の懸念



彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文
によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力の質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp

--------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp

------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。

------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html

------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィート
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。

※ 453フィート = 138.0744 メートル

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすことから
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))

http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13 2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4384.html

----------------------------

<15-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月

ぜひ!⇒
15-コロラド州
◇Dirty electricity and wind power
ダーティー・エレクトリシティ(低質な電気)と風力

(ニューファルコンヘラルド Volume No. 14 Issue No. 1 |2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayPrintArticle.php?ArticleID=11813

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4388.html

----------------------------

<16-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月5日

ぜひ!⇒
16-オピニオン、コロラド州
◇Follow up to wind farm health concerns
風力発電所の健康への懸念に対する追及

(ニューファルコン・ヘラルド | 2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11885

■おとしん機械翻訳(リンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

--------------------------------------------

<17-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年2月7日

ぜひ!⇒
17-コロラド州/動画
◇Calhan residents say wind turbines are causing health issues
カルハン居住者は、風力タービンが健康問題を引き起こしていると言います

(KRDO NewsChannel 13 abc | 2017年2月7日)
http://www.krdo.com/news/crime/el-paso-county-crime/
calhan-residents-say-wind-turbines-are-causing-health-issues-/317448835

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4481.html

--------------------------------------------

<18-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

18-コロラド州
◇Reassurances fail to convince some neighbors El Paso County wind farm is safe
再確認は、エルパソ郡風力発電所が安全であると一部の隣人に信じさせることができません

(Colorado Springs Gazette | 2017年3月23日)
http://gazette.com/
reassurances-fail-to-convince-some-neighbors-el-paso-county-wind-farm-is-safe/article/1599581

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4609.html

--------------------------------------------

<19-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

ぜひ!⇒
19-コロラド州/動画/画像
◇Calhan wind farm situation remains unresolved;
Nextera says turbines are within safety guidelines
カルハンの風力発電所の状況は未解決のままである;
ネクステラ社は、タービンは安全ガイドラインの範囲内にあると言います

(KRDO NEWS CHANNEL13abc|2017年3月23日)
http://www.krdo.com/news/top-stories/calhan-wind-farm-situation-remains-unresolved/411990993

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4610.html

--------------------------------------------

<20-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

20-コロラド州/動画
◇Homeowners speak to El Paso County county commissioners on wind farm concerns
住宅所有者は、風力発電所の懸念に関してエルパソ郡の郡の委員と話す

(FOX21News.com|2017年3月23日)
http://fox21news.com/2017/03/23/
homeowners-speak-to-el-paso-county-county-commissioners-on-wind-farm-concerns/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4611.html

------------------------------------------------

<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年4月

ぜひ!⇒
21-コロラド州
◇Wind farm concerns resurface at county
風力発電所の懸念が郡で再浮上した

(The New Falcon Herald | 2017年4月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month%3D04%26PrintDay%3D01%26Year%3D2017

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4613.html

-----------------------------------------------

<22-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年6月

22-コロラド州
◇What’s up with wind farm complaint process
風力発電所の苦情処理はどうなっているのか
(The New Falcon Herald | 2017年6月)
http://www.newfalconherald.com/mobile/
MobileDisplayArticles.php?CurrentIssueMonth
=06&CurrentIssuePrintDay=03&CurrentIssueYear=2017&IssueNumber
=6&VolumeNumber=14&DisplayMonth=June&ArticleID=12232

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4910.html


By Lindsey Harrison




3月23日、コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウエスト・ウィンド・エネルギー・センターの
(Golden West Wind Energy Center in Calhan, Colorado)
オーナーであるネクステラ・エネルギー・リソーシズは、
エル・パソ郡郡委員会に先行して
シャドーフリッカー、
超低周波音および電磁界に関するデータを発表した
様々な専門家を連れて来ました。





風力エネルギーセンターは
2015年10月に完全稼動となりました;
それ以来、住民は145 453フィートの高さの
産業用風力タービンに悪影響を報告しています。

その影響は、体温の低下、頭痛、めまい、
悪心および睡眠障害が含まれます。

飼育場や家畜の健康問題も報告されている。





会合では、住民は、
懸念を委員会に提示する時間を与えられた。

BOCC(郡政委員会)は、
ネクステラ社と郡が2013年12月26日に
プロジェクトの開発・改善料金協定を締結したときに、
苦情解決プロセスに従っていれば、
風力発電所に反対する住民に繰り返し尋ねました。

それぞれの場合において、
苦情申立人は彼らが持っていると言っていましたが、
郡の基準にしたがって
適切に苦情を申告する方法については
多くの人が不明瞭に思えました。





BOCC(郡政委員会)は、居住者に対し、
苦情解決プロセスを引き続き使用するよう促した;
彼らはまたネクステラ社から
現在の苦情ログも要求した。




郡の弁護士であるエイミー・フォルソム氏
(Amy Folsom)は、苦情記録の写しを受け取り、
それをニューファルコンヘラルドに送った。

「ネクステラ社は、3月23日までに苦情を追跡し、
何が起きているかを追跡している」と彼女は語った。

「しかし、正しい道を通ってではなく、
不平を言う人々に問題があったことを
私は知っています。」




開発および改善料金の合意には、
次のように記載されています。

「居住者またはその他の者による苦情は、
以下のチャネルを通じて作成することができます。

(a)現地の電話番号またはフリーダイヤル番号に電話し、
   現場の建設または運営要員と直接話すこと。
(b)現地の住所、電子メールアドレス、
またはその主たる事業所に開発者に書面を記載すること。

郡が苦情を受けた場合、
郡はできるだけ早くそれらを開発者に譲渡する。




風力エネルギーセンターの近くに住む
居住者のシンディー・カッブ氏(Cindy Cobb)は、
郡とEPC保安官の部門とともに
ネクステラ社に苦情を申し立てようとしたが、
役に立たないと述べた。

「2015年10月21日に申し立てを行った後は
何も起きませんでした。」と彼女は述べた。

「2015年11月3日、私の夫がネクステラ社の
プロジェクトマネージャーである
デイビッド・ギル氏(David Gil)と話し合いましたが、
それは我々が彼と話した最後の時でした。」





カッブ氏は、
まだ最初の苦情を解決するのを待っていて、
それ以来追加の苦情を申し立てようとしていたが、
そのような試みの記録はログに記録されていないという。




フォルソム氏は、
「苦情解決プロセスでは、すべての苦情が
苦情申立者の満足に結びついているとは言えない」と
述べている。

郡は土地利用権を持っているため、
土地利用協定と許諾協定に限られているという。

申立人は、風力エネルギーセンターが
その資産に影響を与えていると考えるなら、
いつでも裁判所を通じて解決を求めることができると
フォルサム氏は言った。




開発・改善手数料協定によると、
「苦情が苦情申立人の満足のために
解決されなかった場合、
または合意された解決策が
苦情の受領から30日以内に開発中でない場合、
相互に許容できる調停者に任せるかもしれません。」





カッブ氏の苦情は、
2015年3月28日と2016年11月9日の間で
ネクステラ社によって記録される
85の苦情のうちの1つを意味します
- 後者の日付で、ログは終了します。

この苦情のうち66件が
プロジェクトの建設段階で発生しました。
ログによると、
ほとんどの場合、30日以内に解決されました。




ネクステラ社の
コミュニケーションマネージャーである
ブライアン・ガーナー氏(Bryan Garner)は、
NFH(ニューファルコンヘラルド)に
電子メールで書きました:
「その会議(3月23日)以来、
我々は苦情を受けていない。
私たちはまた、
過去に苦情を出した少数の住民に対し、
彼らの健康問題に関する書類を提供するよう
依頼しました。」




ガーナー氏はさらなるコメントは辞退した。




「それ(苦情解決プロセス)は働きません、
うまくいきません。」とコブ氏は語った。

「郡は誰かを助けるために何もしていない。
それは、
私たちはここで生きていないようなものです。」




フォルサム氏は、
3月23日の会議で発表された情報についての
最新情報に取り組んでおり、
7月中旬または8月上旬に
BOCC(郡政委員会)の前に発表すると述べた。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください

New!⇒
<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

Graham Lloyd
グレアム・ロイド

非常に低い周波数の騒音
あるいは聴力レベルを下回る超低周波音への
継続的な曝露は、
風力タービンの近くに住む人々によって
国際的に報告された睡眠障害、頭痛、めまい、
パニック発作、
うつ病などの症状を引き起こす可能性があると、
ドイツの大きな調査で明らかになりました。


脳スキャンを用いて
聴覚刺激に対する反応をモニターしたこの研究は、※おとしん:注)
被験者の可聴範囲のすぐ下の低周波騒音に関連した
重要な活動を確認しました。

聴力レベルを上回る騒音レベルでは
同様の脳活動は見られず、
「聞こえないものはあなたに影響を与えない」という
確立された理論を覆します。


この研究は、マックスプランク研究所
(Max Planck Institute)のチームによって行われ、
今月『PLOS on』に掲載されました。

・・・・・・・・・・

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音と健康>

2017年4月12日

全文公開

ぜひ!⇒
PLOS/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値付近の超低周波音曝露によって変化した皮質および皮質下の接続性
- fMRIからの証拠
 ※おとしん:注)
(2017年4月12日)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4715.html

■National Wind Watch
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to
-infrasound-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
40年前に飛行機エンジンで低周波ノイズの
健康影響を研究し始めたスウィンバンクス氏は、
4月20日から23日まで
スコットランドのグラスゴーで開催された
第6回国際風力タービン騒音会議で
アグリーで彼に起きたことについての
論文を発表しました。


---------------

<論文:超低周波音>

2015年4月20–23日

ぜひ!⇒
◇Direct Experience of Low-Frequency Noise and Infrasound within a Windfarm Community
風力発電所コミュニティ内の低周波騒音と超低周波音の直接体験

https://www.wind-watch.org/
documents/direct-experience-of-low-frequency-noise-and-infrasound-within-a-windfarm-community/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html


著者: Malcolm, Swinbanks
マルコム、スウィンバンクス


=================================================

昨年、クリーンエネルギーの支持者である
エネルギー政策研究所
(Energy Policy Institute)は、
5カ国49件の事例を調べました。


-----------------

Saturday, August 23, 2014

◇Wind Health Impacts Dismissed in Court?
http://kirbymtn.blogspot.jp/2014/08/wind-health-impacts-dismissed-in-court.html

2015-11-20 : 論文

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3557.html

By Eric Rosenbloom, President, National Wind Watch:


=================================================

昨年の『Acoustics Today誌』で、
アレック・ソルト氏(Alec Salt)と
ジェフリー・リヒテンハン氏
(Jeffrey Lichtenhan)は、
長期間の曝露の結果についての研究は
まだ行われていないと述べている。


---------------

New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
◇How Does Wind Turbine Noise Affect People?
風力タービンの騒音はどのように人に影響を与えるのか?
The many ways by which unheard infrasound and low-frequency sound
from wind turbines could distress people living nearby are described.
風力タービンからの聞こえない超低周波音と低周波騒音が
近くに住む人々を苦しめる可能性があると多くの点で説明されている

(Acoustics Today|2014年 冬)
https://www.wind-watch.org/documents/how-does-wind-turbine-noise-affect-people/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4669.html


▼論文データ


Published by Acoustics Today,
a publication of the Acoustical Society of America
アコースティックス・トゥデイによって出版された、
Acoustical Society of America


著者
Alec N. Salt, Ph.D.
アレック N. ソルト, Ph.D.
and
Jeffery T. Lichtenhan, Ph.D.
ジェフリー T.リヒテンハン, Ph.D.

Department of Otolaryngology
Washington University
耳鼻咽喉科
ワシントン大学

耳鼻咽喉学、ワシントン医科大学、セントルイス、ミズーリ州

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014

doi: 10.1121/1.4870173


▼序論

Acoustics Todayの最近の論文は、
風力タービンの騒音に関するいくつかの困難な問題と、
それが近くに住む人々に
どのように影響を及ぼすことができるかを
審査しました。
(Leventhall 2013、Schomer 2013; Timmerman 2013)。

ここでは、我々は、影響が起こることができた
潜在的メカニズムを提示します。


現在の議論の本質は、
一方で、あなたが裕福な資金による
風力産業を持っていることです




1.測定されたレベルが
人間の聴力の閾値を下回っているため、
超低周波音が無視されることを主張し、
Aウェイトのサウンド測定によって
騒音レベルを適切に文書化することができ、

2.医師(例えば、ハーバード大学医学部の
Steven D. Rauch博士)が
何らかの患者の症状を説明できない場合でも、
風力タービン症候群のどんな変種でも
存在する(Pierpont 2009)という
可能性を忘れさることを、そして、

3. 普通の音量レベルに基づく風力タービンと
家を切り離すことが不必要であると主張すること。


他方で、あなたには、
彼らが家に住んでいることを
大目に見ることができないほど
風力タービン騒音の影響によって苦しむと
主張する多くの人々がいます。
財政的損失やタービン事業者の買収により、
立ち去る者もいます。
他の人は不快感を持って生活し、
しばしばその症状を治療するために
医学的治療を必要とします。

同じ家族のメンバーでさえ、
影響を受けない人もいます。

以下は、数週間前に
迷惑メールの一部として受け取った
ヨーロッパの女性が経験した騒動の記述です。


タービンが作動した瞬間から、
私はめまいのような症状を継続的に経験しました。
関連する吐き気がずっと激しくて、
多くの点で、私が今経験していることは、
以前に経験した「めまい」よりも実際に悪いです。
私にとって、タービンが発する
脈動的な、唸った、騒音は、
本当に私に影響を与えている支配的な音です。


チーフ・サイエンティスト
[彼女の家に音響測定をするために来た者]が
測定したところ、
彼がタービンが出した低周波騒音に
気づいていることを私に知らせる間
(彼は風力発電所の近くに住んでいて、
自分の家の屋内の騒音を記録していた)
彼は私がこの騒音を無視することができ、
そして、私が経験していた
どんな有害な症状は
単に心身症であると忠告しました。


我々は、彼女が風力タービンから離れていたとき、
彼女がどのように感じたか尋ねたところ
彼女は次のように答えました:

私はなんとか8月の末頃に
休暇をとることができました、
そして、我々が離れてた2週間、
私は完全に元気でした。


この分野における私たちの仕事の目標は、
耳の生理機能が
人々が風力タービンの騒音に付随する症状を
説明することができるか否かを
理解することです。
議論が特定の業界の財政的利益と
法的福利に影響を及ぼすことが
一般的なケースであるため、
業界関係者の科学的客観性に疑問を呈することがあります。

責任、損害賠償請求、および大金は、
経験的研究の結果が
どちらに転ぶか分からない可能性があります。

それが発癌性ダイオキシンで
地下水を汚染した事で責められる化学工業、
肺がんの一因となったことで責められるタバコ産業、
またはおそらく脳損傷の影響を受けやすい
ナショナルフットボールリーグ
(National Football League、NFL)の
選手であるかどうかにかかわらず、
現状を守る課題があるときに
真実を確立することは非常に困難です。

この問題が真剣に考えられるのは、
業界で働いていない人たちによって
十分な科学的証拠が集められたときだけです。


▼風力タービンからの超低周波不可聴音との我々の関係の起源

我々が聞いたこともない超低周波不可聴音が
風力タービン問題の一部であると
結論させている証拠は何ですか、
そして、どのように、
我々はこの議論に関与しましたか?

我々は基本的で実用を目的とした科学者の
小さなグループです。
つまり、私たちの研究は、
正常な状態と罹患した状態での耳の働きに関する
根本的な問題に取り組むことを意味します。

私たちの研究のためのパラダイムを開発しながら、
私たちは「低周波バイアス」と呼ばれる
従来の技術を使用していました。
- 可聴範囲内の試験音に対する
聴覚応答の測定と同時に、
低周波音(例えば、4.8~50Hz)を提示して
内耳の感覚器官を置き換える。

いくつかの聴覚反応は、
バイアス音によって置き換えられると飽和します、
これは、感覚器官が対称的に振動しているかどうか、
または流体外乱が
それを一方の側に移動させたかどうかを
確認するために使用することができます。

メニエール病のヒトに見出される
「内リンパ水腫」と呼ばれる状態は、
内リンパと呼ばれる体液を含む
空間が膨らむにつれて感覚器官を置き換えることができる。

我々の動物実験では、
最初に20〜50Hzのバイアストーンを使用しました、
しかし、多くの理由から、
大部分は、耳が1Hzまで応答することがわかった
研究に基づいて(Salt and DeMott、1999)
我々はハードウェアが生成する可能性のある
最も低い周波数、4.8Hz、
すなわち超低周波音であると考えられる周波数を
使用し始めました。

何百回もの実験の間に、
80~90dB SPL(すなわち、-13~-3dB)のレベルで
4.8Hzのトーンで多数のバイアス効果を見出した。

我々はまた、蝸牛頂点の流体空間が
部分的に閉塞された場合、
内リンパ水腫で起こるように、
耳が超低周波音のバイアス音に対して
約20dBほど敏感になることも発見した。


2009年後半、最初の著者はメニエール病の女性
- 主にめまいと吐き気
- 彼女が風力タービンの近くにいたときには
  ひどく悪化した。

我々の動物データから、
この女性は非常に低周波の音に対して
過敏である可能性が高いことが分かった。

風力タービンの騒音に関する文献の
その後のレビューでは、
驚くべき2つの側面が明らかになりました:


1.風力タービンの騒音の
ほとんど全ての測定値はA-重み付けされており、
聴覚が、超低周波音が生理学的効果を生じる
唯一の方法であるという不当な仮定をします。

発表されたA加重スペクトルからA加重を取り除いて、
風力タービンの騒音の重み付けされていない測定値
または再計算されたスペクトルを報告した
数少ない研究は、
超低周波領域に向かって
エネルギーが増加していることが明らかになりました。

我々は、その客観的な全周波数測定で、
風力タービンが様々な方法で
耳を刺激できるレベルで
超低周波不可聴音を生み出すことを示すことに驚きました。

このような状況下では、
タービン騒音のA-重み付け測定値は非常に誤解を招きやすい。


2.風力産業の文献やウェブサイトには、
しばしば風力タービンの超低周波騒音が
重要ではないという強い意見が含まれていた。

この見解は主にLeventhall(2006; 2007)の
出版物に基づいています。

風車の騒音は、ガサガサという葉の音、流れる小川、
空調されたオフィス、
または隣の部屋から聞こえる冷蔵庫に匹敵すると
説明されていました。

風力タービンの騒音が
本当にそのような音源に匹敵するなら、
苦情は起こり得ないでしょう。

しかし、タービンによって放射される超低周波が
A加重によって無視される場合、
タービン音はこれらの音源に匹敵します。

他の目的(爆発、流星、火山活動、
大気活動などの検出のため)のために
超低周波または低周波地震(振動)騒音を
監視するステーションは
遠方の風力発電所から発せられる低周波音、
または振動としての地面への結合が
測定に影響を与える可能性があることをよく認識しています。

英国国防省は、
Eskdalemuir地震計アレイ
(Eskdalemuir Seismic Array)の
50km以内に挙げられた風力タービンに反対しました。

われわれは、
この地域の冷蔵庫の存在に反対する
大臣の報告は見られておらず、
風力タービンと冷蔵庫から発せられる音が
全く異なることを認めていることを示唆している。

このように、低周波ノイズの内容を除き、
風力タービンのノイズ測定の大部分を見ることは
非常に驚異的でした。

耳が低周波音や超低周波不可聴音に反応するという
知識があれば、良質な音源との比較は無効であり、
A‐加重音響測定に対する論理は
科学的に深刻な欠陥があることが分かっていました。


▼超低周波不可聴音への耳の反応

1. 振幅変調:聞き取れる音を低周波に偏らせること

2. 低周波トーンによって誘発される内リンパ水腫

3. 外有毛細胞求心性神経経路の刺激

4. 騒音によって誘発された聴力損失の悪化

5. 前庭感覚器の超低周波不可聴音刺激

6. 超低周波不可聴音に対する潜在的予防治療

※ 以上、省略しました
 (おとしん:注)



▼Conclusions and Concerns
結論と懸念


私たちは、超低周波音と低周波騒音が
耳に影響を与え、
風力タービン近くに住む一部の人々が
報告する症状を引き起こす複数の方法について
説明しました。

やがて、タービンの近くに住む人々の症状が
生理学的根拠を有することが実証されれば、
あなたが聞くことができないものは
あなたに影響を及ぼし得ないこと、
または症状は心身症またはノセボ効果であるという
風力産業界の音響技師[学者]からの
長年にわたる主張が
大きな不公正だったことが明らかになるでしょう。


長期的な超低周波音の刺激の影響についての
我々の理解が
非常に原始的なレベルにとどまっているので、
現在の高度に偏極した状況が生じています。

耳の生理の確立された原理と
それが非常に低周波の音に
どのように反応するかに基づいて、
この問題をこれまでよりも
真剣に受け止める十分な正当性があります。

慎重かつ客観的な研究を通じてのみ解決できる
多くの重要な科学的問題が存在します。

実験室での超低周波音の生成は技術的に困難ですが、
いくつかの研究グループは、
人間で制御された実験を行うために
必要な装置を設計する過程にあります。


懸念される領域の1つは、
一部の音響学者や音響学会が果たした役割である。

音響学者の主な役割は、
騒音曝露の悪影響から社会を守り、奉仕することです。

風力タービンの騒音の場合、
多くの人々がその役割を果たしていないようです。

何年もの間、彼らは
「あなたが聞くことができないものは、
あなたに影響を与えることはできません。」;

「あなたが音を聞くことができないなら、
あなたはそれを他の方法で知覚することはできず、
それはあなたに影響を与えません。」;

「風力タービンからの超低周波音は、
可聴閾値を下回り、因果関係はありません。」;

「このタイプのタービンでは超低周波音は無視できます。」;

「私は、風力タービンの現在の設計から
重要な超低周波がないことを明確に述べることができます。」;

といった多くの形で繰り返し提示されている
今や虚偽であることが示されている
マントラの庇護に頼ってきました。

これらの声明は全て、
低周波に敏感でないIHC応答に由来する聴力は
低周波音が体に影響を与える
唯一のメカニズムであると仮定しています。

この仮定が偽であることはわかっています
そして、耳の生理学の詳細な理解の欠如が
発端であることを非難します。



対処しなければならないもう一つの懸念は、
臨床的に関連性のある
風力タービンの騒音測定の開発である。

A重み付けの使用は、
それが鈍感なIHC仲介聴覚に基づいており、
ノイズによって発生した内耳刺激を
大きく誤って表現するので、
再評価されなければならない。

科学領域では、
耳の多くの要素が聴力よりも高い感度を示す場合、
A重み付け音の測定は受け入れられません。

風力産業は同じ高水準に保たれなければならない。

いくつかの報告書で採用されている
フルスペクトルモニタリングは不可欠です。


今後数年間で、低周波音が人間に及ぼす影響を
より深く理解するために実験を進める中で、
風力産業界のパートナーである音響学者や
専門家グループの役割を再評価することが可能になります。

現在の証拠を考えれば、
耳の鼓腸刺激が耳に閉じ込められ、
体に他の影響を与えないという、
現在のギャンブルを継続することは
最高にリスキーに思えます。

これが真実であるためには、
我々が概説したすべてのメカニズム
(低周波誘導振幅変調、
低周波音誘発内リンパ容積変化、
II型求心性神経の超音波刺激、
超低周波音による聴力障害の悪化
および前庭器官の直接聴診刺激)は
重要ではないでしょう。

私たちはこれが非常に起こりそうでないことを
知っています
そして、議論に影響を及ぼす
新規の調査結果が来年には予想されます。


私たちの視点から、
耳の生理学に関する私たちの知識に基づいて、
「問題を認知し、
それを排除するように働く」時が来たという
Nancy Timmerman氏の洞察に私たちは同意します。


Alec N. Salt and Jeffery T. Lichtenhan
Department of Otolaryngology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri

Acoustics Today, Volume 10, Issue One, Winter 2014
doi: 10.1121/1.4870173



▼References
引用


Cheatham, M.A., Dallos, P. (2001).
“Inner hair cell response patterns: implications for low-frequency hearing,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:2034-2044.
チータム、M.A.、ダロス、(2001)ページ。
「内部の有毛細胞反応パターン:低周波聴力への含み」、
アメリカ音響学会誌110:2034-2044。


Drexl, M., Überfuhr, M., Weddell, T.D.,
Lukashkin, A.N., Wiegrebe, L., Krause, E., Gürkov, R. (2013).
“Multiple Indices of the ‘Bounce’ Phenomenon Obtained from the Same Human Ears,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology.
(e-pub, before print copy) doi:10.1007/s10162-013-0424-x
Drexl、M.、Überfuhr、M.、ウェッデル、T.D.、
Lukashkin、A.N.、Wiegrebe、L.、クラウゼ、E.、Gürkov、(2013) R.。
「同じ人間の耳から得られる『はね上がり』現象の複数のインデックス」、
耳鼻咽喉学の研究のための協会ジャーナル。
(eパブ(印刷コピーの前の))doi:10.1007/s10162-013-0424-x


Harding, G.W., Bohne, B.A., Lee S.C., Salt A.N. (2007).
“Effect of infrasound on cochlear damage from exposure
to a 4 kHz octave band of noise,”

Hearing Research 225:128-138.
ハーディング、G.W.、Bohne、B.A.、リーS.C.、ソルトA.N。(2007)。
「超低周波不可聴音の曝露から騒音の4kHzの
オクターブ・バンドへの蝸牛損害に対する効果」
(研究225を聞く):128-138。


Leventhall, G. (2006).
“Infrasound From Wind Turbines – Fact, Fiction Or Deception,”

Canadian Acoustics 34:29-36.
Leventhall、(2006) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音 – 事実、フィクションまたは偽装」、
カナダの音響効果34:29-36。


Leventhall, G. (2007).
“What is infrasound?,”

Progress in Biophysics and Molecular Biology 93:130–137.
Leventhall、(2007) G.。
「超低周波不可聴音は何ですか?」
生物物理学と分子生物学93における進展:130–137。


Leventhall, G. (2013).
“Concerns About Infrasound from Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 3, 30-38.
Leventhall、(2013) G.。
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、3、30-38。


Liberman, M.C., Dodds, L.W., Pierce, S. (1990).
“Afferent and efferent innervation of the cat cochlea:
quantitative analysis with light and electron microscopy,”

Journal of Comparative Neurology 301:443-460.
リーベルマン、M.C.、ドッズ、L.W.、ピアス、(1990) S.。
「猫蝸牛の求心性で輸出神経刺激:
光と電子顕微鏡検査による定量分析」、
比較神経学301ジャーナル:443-460。


Lichtenhan, J.T. (2012).
“Effects of low-frequency biasing on otoacoustic and neural measures
suggest that stimulus-frequency otoacoustic emissions originate near
the peak region of the traveling wave,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 13:17-28.
Lichtenhan、J.T。(2012)。
「耳音響で神経処置の上で低周波に偏らせる効果は、
刺激-頻度耳音響の放出が進行波のピークの地方の近くで始まることを示唆します」、
耳鼻咽喉学13:17-28の研究のための協会ジャーナル。


Lichtenhan, J.T., Salt, A.N. (2013).
“Amplitude modulation of audible sounds by non-audible sounds:
Understanding the effects of wind turbine noise.”

Proceedings of Meetings on Acoustics, Vol. 19:
Journal of the Acoustical Society of America 133(5):3419.
Lichtenhan、J.T.、ソルト、A.N。(2013)。
「非聞き取れる音による聞き取れる音の振幅変調:
風力タービン雑音の影響を理解すること。」
音響効果(第19巻)の上の会議の訴訟:
アメリカ音響学会誌133(5):3419。


Nissenbaum M.A., Aramini J.J., Hanning C.D. (2012).
Effects of industrial wind turbine noise on sleep and health.

Noise Health 14(60):237-243.
Nissenbaum M.A.、Aramini J.J.、ハニングC.D.。(2012)。
産業の風力タービン騒音の睡眠と健康に対する効果。
騒音健康14 (60):237-243。


Pierpont, N. (2009).
“Wind Turbine Syndrome.” K-Selected Books.
ピアポント、(2009) N.。
「風力タービン症候群。」K-Selected Books.


Salt, A.N., DeMott, J.E. (1999).
“Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes
induced by stimulation at infrasonic frequencies,”

Journal of the Acoustical Society of America. 106, 847-856.
ソルト、A.N.、デモット、J.E。(1999)。
「超低周波音の頻度で刺激によって誘発される
縦の内リンパ運動と内蝸牛潜在的変化」、
アメリカ音響学会誌。106、847-856。


Salt, A.N. (2004).
“Acute endolymphatic hydrops generated by exposure of the ear
to nontraumatic low frequency tone,”

Journal of the Association for Research in Otolaryngology 5:203-214.
ソルト、A.N。(2004)。
「急性内リンパ水症は、非外傷性低周波トーンに耳の露顕によって発生します」、
耳鼻咽喉学5の研究のための協会ジャーナル:203-214。


Salt, A.N., Brown, D.J., Hartsock, J.J., Plontke, S.K. (2009).
“Displacements of the organ of Corti
by gel injections into the cochlear apex,”

Hearing Research 250:63-75.
ソルト、A.N.、ブラウン、D.J.、Hartsock、J.J.、Plontke、S.K。(2009)。
「蝸牛頂点へのジェル注射によるコルチ器官の置き換え」
(研究250を聞く):63-75。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T. (2102).
“Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough,”

Proceedings of the InterNoise Symposium, New York.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T。(2102)。
「低周波音からの認識ベースの保護で、十分でない場合があります」、
InterNoiseシンポジウム(ニューヨーク)の訴訟。


Salt, A.N., Lichtenhan, J.T., Gill, R.M., Hartsock, J.J. (2013).
“Large endolymphatic potentials from low-frequency
and infrasonic tones in the guinea pig,”

Journal of the Acoustical Society of America 133:1561-1571.
ソルト、A.N.、Lichtenhan、J.T.、ギル、R.M.、Hartsock、J.J。(2013)。
「モルモットの低周波と超低周波音のトーンからの大きな内リンパ可能性」、
アメリカ音響学会誌133:1561-1571。


Schermuly, L, Klinke, R. (1990).
“Origin of infrasound sensitive neurones
in the papilla basilaris of the pigeon: an HRP study,”

Hearing Research 48:69-77.
Schermulyに、L、Klinke、(1990) R.。
「ハトで基部乳頭の超低周波不可聴音に敏感な
ニューロンの起源:HRP研究」
(研究48を聞く):69-77。


Schomer, P. (2013).
“Comments On Recently Published Article,
“Concerns About Infrasound From Wind Turbines,”

Acoustics Today 9, 4, 7-9.
Schomer、(2013)ページ。
「最近についてのコメントは、条項、
「風力タービンからの超低周波不可聴音に対する懸念」、
音響効果トゥデー9、4、7-9を発表しました。


Schuknecht, H.F. (1977).
“Pathology of Ménière’s disease
as it relates to the sac and tack procedures,”

Annals of Otology, Rhinology and Laryngology 86:677-82.
Schuknecht、H.F。(1977)。
「それとしてのメニエーレの病気の病理学は、
嚢とタック手順に関するものです」、
耳科学、鼻科学と咽喉科学86の年代記:677-82。


Timmerman, N.S. (2013).
“Wind Turbine Noise,”

Acoustics Today 9, 3, 22-29.
Timmerman、N.S.(2013)。
「風力タービン騒音」、
音響効果トゥデー9、3、22-29。


Voss, S.E., Rosowski, J.J., Merchant, S.N., Peake, W.T.. (2001).
“Middle-ear function with tympanic-membrane perforations.
I. Measurements and mechanisms,”

Journal of the Acoustical Society of America 110:1432-1444.
フォス、S.E.、Rosowski、J.J.Merchant, S.N.、ピーク、W.T ..(2001)。
「鼓膜切取り線に対する中耳機能。I.測定値、そして、メカニズム」、
アメリカ音響学会誌110:1432-1444。


Weisz, C.J., Lehar, M., Hiel, H., Glowatzki, E., Fuchs, P.A. (2012).
“Synaptic Transfer from Outer Hair Cells to Type II
Afferent Fibers in the Rat Cochlea,”

Journal of Neuroscience 32:9528-9536.
ワイス、C.J.、レハール、M.、Hiel、H.、Glowatzki、E.、フックス、P.A.(2012)。
「外有毛細胞からネズミ蝸牛のタイプII求心性線維へのシナプス移動」、
神経科学32ジャーナル:9528-9536。


* 以上、
  『National Wind Watch, Inc.』様より
  引用させていただきました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




2017-09-14 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<22-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>22-コロラド州:風力発電所の苦情処理はどうなっているのか |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<22-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>




2017年6月





22-コロラド州
◇What’s up with wind farm complaint process
風力発電所の苦情処理はどうなっているのか

(The New Falcon Herald | 2017年6月)
http://www.newfalconherald.com/mobile/
MobileDisplayArticles.php?CurrentIssueMonth
=06&CurrentIssuePrintDay=03&CurrentIssueYear=2017&IssueNumber
=6&VolumeNumber=14&DisplayMonth=June&ArticleID=12232




By Lindsey Harrison




3月23日、コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウエスト・ウィンド・エネルギー・センターの
(Golden West Wind Energy Center in Calhan, Colorado)
オーナーであるネクステラ・エネルギー・リソーシズは、
エル・パソ郡郡委員会に先行して
シャドーフリッカー、
超低周波音および電磁界に関するデータを発表した
様々な専門家を連れて来ました。





風力エネルギーセンターは
2015年10月に完全稼動となりました;
それ以来、住民は145 453フィートの高さの
産業用風力タービンに悪影響を報告しています。

その影響は、体温の低下、頭痛、めまい、
悪心および睡眠障害が含まれます。

飼育場や家畜の健康問題も報告されている。





会合では、住民は、
懸念を委員会に提示する時間を与えられた。

BOCC(郡政委員会)は、
ネクステラ社と郡が2013年12月26日に
プロジェクトの開発・改善料金協定を締結したときに、
苦情解決プロセスに従っていれば、
風力発電所に反対する住民に繰り返し尋ねました。

それぞれの場合において、
苦情申立人は彼らが持っていると言っていましたが、
郡の基準にしたがって
適切に苦情を申告する方法については
多くの人が不明瞭に思えました。





BOCC(郡政委員会)は、居住者に対し、
苦情解決プロセスを引き続き使用するよう促した;
彼らはまたネクステラ社から
現在の苦情ログも要求した。




郡の弁護士であるエイミー・フォルソム氏
(Amy Folsom)は、苦情記録の写しを受け取り、
それをニューファルコンヘラルドに送った。

「ネクステラ社は、3月23日までに苦情を追跡し、
何が起きているかを追跡している」と彼女は語った。

「しかし、正しい道を通ってではなく、
不平を言う人々に問題があったことを
私は知っています。」




開発および改善料金の合意には、
次のように記載されています。

「居住者またはその他の者による苦情は、
以下のチャネルを通じて作成することができます。

(a)現地の電話番号またはフリーダイヤル番号に電話し、
   現場の建設または運営要員と直接話すこと。
(b)現地の住所、電子メールアドレス、
またはその主たる事業所に開発者に書面を記載すること。

郡が苦情を受けた場合、
郡はできるだけ早くそれらを開発者に譲渡する。




風力エネルギーセンターの近くに住む
居住者のシンディー・カッブ氏(Cindy Cobb)は、
郡とEPC保安官の部門とともに
ネクステラ社に苦情を申し立てようとしたが、
役に立たないと述べた。

「2015年10月21日に申し立てを行った後は
何も起きませんでした。」と彼女は述べた。

「2015年11月3日、私の夫がネクステラ社の
プロジェクトマネージャーである
デイビッド・ギル氏(David Gil)と話し合いましたが、
それは我々が彼と話した最後の時でした。」





カッブ氏は、
まだ最初の苦情を解決するのを待っていて、
それ以来追加の苦情を申し立てようとしていたが、
そのような試みの記録はログに記録されていないという。




フォルソム氏は、
「苦情解決プロセスでは、すべての苦情が
苦情申立者の満足に結びついているとは言えない」と
述べている。

郡は土地利用権を持っているため、
土地利用協定と許諾協定に限られているという。

申立人は、風力エネルギーセンターが
その資産に影響を与えていると考えるなら、
いつでも裁判所を通じて解決を求めることができると
フォルサム氏は言った。




開発・改善手数料協定によると、
「苦情が苦情申立人の満足のために
解決されなかった場合、
または合意された解決策が
苦情の受領から30日以内に開発中でない場合、
相互に許容できる調停者に任せるかもしれません。」





カッブ氏の苦情は、
2015年3月28日と2016年11月9日の間で
ネクステラ社によって記録される
85の苦情のうちの1つを意味します
- 後者の日付で、ログは終了します。

この苦情のうち66件が
プロジェクトの建設段階で発生しました。
ログによると、
ほとんどの場合、30日以内に解決されました。




ネクステラ社の
コミュニケーションマネージャーである
ブライアン・ガーナー氏(Bryan Garner)は、
NFH(ニューファルコンヘラルド)に
電子メールで書きました:
「その会議(3月23日)以来、
我々は苦情を受けていない。
私たちはまた、
過去に苦情を出した少数の住民に対し、
彼らの健康問題に関する書類を提供するよう
依頼しました。」




ガーナー氏はさらなるコメントは辞退した。




「それ(苦情解決プロセス)は働きません、
うまくいきません。」とコブ氏は語った。

「郡は誰かを助けるために何もしていない。
それは、
私たちはここで生きていないようなものです。」




フォルサム氏は、
3月23日の会議で発表された情報についての
最新情報に取り組んでおり、
7月中旬または8月上旬に
BOCC(郡政委員会)の前に発表すると述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



=====================================
※おとしん:注)
2016年1月29日付けのレポートでは

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月1日

ぜひ!⇒
コロラド州
◇Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO
独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州

(2017年4月1日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/
wind-turbine-infra-sound-colorado-usa-2017-robert-rand?xg_source=activity

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4612.html


pdf
■Download original document:
オリジナル文書をダウンロードする:

“Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO”

https://docs.wind-watch.org/in12-ambrose-rand-krogh-falmouth.pdf


動画
■「I can’t enjoy outside anymore」
もう外で楽しむことはできない


Friends against wind

ぜひ!⇒
◾NEW
https://www.youtube.com/watch?v=bWn00cIuwlQ

==================================================


Author:
著者: Rand, Robert
ランド、ロバート


Summary:
概要:




2015年12月と2016年1月の間に、
コロラド州エルパソ郡の
ゴールデンウエスト風力施設の
近くにある3棟の家庭で
差音圧測定値を取得し記録した。

3棟の住宅のそれぞれについて、
1週間のデータを分析し、
添付された毎日のスペクトログラムを分析した。

毎日のデータは
約430万個の差圧サンプルから構成され、
1週間に約3050万個のサンプルが含まれていました。



予備調査により、
ゴールデンウエスト風力タービンの
回転に関連する0.2〜0.85Hz
(「ブレード通過周波数」または「BPF」)における
反復音圧振動の存在が確認された。

時には、複数の発振周波数が観察され、
異なる回転速度で動作する複数のタービンと一致した。

振動は、タービンが風下側ではなく
風上側である場合に顕著であるように見える。

隣人は、自宅の場所とタービンの場所と
地域の優勢な風のため、
主に風下にあることを報告しました。



典型的なBPF総音響パワーは、
例えば差圧データセットの部分について
計算されました。

風力タービンの回転が支配的であり、
他の騒音に汚染されていないセグメントについては、
クレストファクター
(ピークレベルに対するRMSの比)も計算され、
典型的なクレストファクタは13-19dBであった。

トータルのBPF RMSレベルは、
56〜70dB(20uPA)で、
ピークレベルは71〜89dBです。

RMSとピークレベルは
騒音を止めるように訴える、
法的措置、放棄された住居などの
他のサイトで見られるレベルと類似しています。



タービン運転の前には
同様の妨害はなかったのに対して
タービンが運転を開始して以来
彼らは妨害を経験していることは
隣人からよく理解されています。

タービンが停止している
(回転していない)ときや、
彼らが身体的に施設から数マイルの距離を
離れて自分自身を移したとき
隣人が改善を報告していることがわかります。



エルパソ郡の騒音規則では、
「音」をあらゆる周波数の圧力
(または他の物理的パラメータ)の
振動として定義しています
そして、、
音響振動による騒音妨害を禁止します。



この分析は、各監視場所における
毎日の多数のセグメントを分析し、
ジャーナルエントリおよび/または
医療データに関連付けることができる点で
完全ではありません。

報告された動作している施設への接近と、
健康および生活の質の妨害との関連性は、
この予備調査のために
取得された音響データによって
裏付けられていると思われます。

これらの予備調査は、
ゴールデン・ウェスト風力施設が
動作しているときには、
非常に低い周波数の音圧振動に起因する
ノイズ妨害の状態があり、
より深刻な影響を受けていることを示唆している。


* 以上、
  『Citizens' Task Force on Wind Power - Maine』様より
  引用させていただきました。


  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


=====================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




===============================
リンク
===============================

2011年9月30日の「科学技術と社会の紀要」
(Bulletin of Science, Technology & Society)の
オンラインで掲載された論文では
以下のように記載しています:

「この症状は、騒音、超低周波不可聴音、
電圧が変動する低質な電気、接地電流 、
およびシャドウフリッカーの組み合わせによって
引き起こされる可能性が高い」

------

<論文:超低周波不可聴音>

■Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html


著者:マグダHavas博士、理学士、博士

(環境および資源学科の教授
– トレント大学、ピーターバラ、オンタリオ、カナダ)、

そして、デイビッド・コラン
(バイオ農業コンサルタントと卸売業者社、
ウェルズリー、オンタリオ、カナダ)


出版: Bulletin of Science, Technology, & Society


===============================


--------------------------------
関連記事
--------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳 (資料のリンク先を提示しています) 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。


超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。


中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」



ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
低質な電気の懸念



彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文
によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力の質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp

--------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp

------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。

------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html

------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィート
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。

※ 453フィート = 138.0744 メートル

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすことから
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))

http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13 2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4384.html

----------------------------

<15-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月

ぜひ!⇒
15-コロラド州
◇Dirty electricity and wind power
ダーティー・エレクトリシティ(低質な電気)と風力

(ニューファルコンヘラルド Volume No. 14 Issue No. 1 |2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayPrintArticle.php?ArticleID=11813

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4388.html

----------------------------

<16-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月5日

ぜひ!⇒
16-オピニオン、コロラド州
◇Follow up to wind farm health concerns
風力発電所の健康への懸念に対する追及

(ニューファルコン・ヘラルド | 2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11885

■おとしん機械翻訳(リンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

--------------------------------------------

<17-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年2月7日

ぜひ!⇒
17-コロラド州/動画
◇Calhan residents say wind turbines are causing health issues
カルハン居住者は、風力タービンが健康問題を引き起こしていると言います

(KRDO NewsChannel 13 abc | 2017年2月7日)
http://www.krdo.com/news/crime/el-paso-county-crime/
calhan-residents-say-wind-turbines-are-causing-health-issues-/317448835

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4481.html

--------------------------------------------

<18-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

18-コロラド州
◇Reassurances fail to convince some neighbors El Paso County wind farm is safe
再確認は、エルパソ郡風力発電所が安全であると一部の隣人に信じさせることができません

(Colorado Springs Gazette | 2017年3月23日)
http://gazette.com/
reassurances-fail-to-convince-some-neighbors-el-paso-county-wind-farm-is-safe/article/1599581

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4609.html

--------------------------------------------

<19-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

ぜひ!⇒
19-コロラド州/動画/画像
◇Calhan wind farm situation remains unresolved;
Nextera says turbines are within safety guidelines
カルハンの風力発電所の状況は未解決のままである;
ネクステラ社は、タービンは安全ガイドラインの範囲内にあると言います

(KRDO NEWS CHANNEL13abc|2017年3月23日)
http://www.krdo.com/news/top-stories/calhan-wind-farm-situation-remains-unresolved/411990993

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4610.html

--------------------------------------------

<20-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

20-コロラド州/動画
◇Homeowners speak to El Paso County county commissioners on wind farm concerns
住宅所有者は、風力発電所の懸念に関してエルパソ郡の郡の委員と話す

(FOX21News.com|2017年3月23日)
http://fox21news.com/2017/03/23/
homeowners-speak-to-el-paso-county-county-commissioners-on-wind-farm-concerns/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4611.html

------------------------------------------------

<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年4月

ぜひ!⇒
21-コロラド州
◇Wind farm concerns resurface at county
風力発電所の懸念が郡で再浮上した

(The New Falcon Herald | 2017年4月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month%3D04%26PrintDay%3D01%26Year%3D2017

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4613.html

By Lindsey Harrison


エルパソ郡郡委員会の委員は、
3月23日の定例会議の後、
コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウエスト風力エネルギーセンター
(Golden West Wind Energy Center)について
新しい情報を得る予定です。

風力エネルギーセンターは
ネクストエラ・エナジー・リソーシズが所有し、
シャドウフリッカー、超低周波不可聴音と
電磁界に関するデータなど、
プロジェクトに関する情報を提供しました。





2015年10月以来
完全に運用されている風力エネルギーセンターは、
145台の高さ453フィートの
産業用風力タービンで構成されており、
29マイルの架空送電線で
ファルコンの変電所に接続されています。




それ以来、風力エネルギーセンター付近の住民は、
彼らがタービンのものであると考える
身体的および心理的な悪影響を報告しています。
そして、それは体温の低下、頭痛、めまい、
吐き気および睡眠障害まで及びます。






▼業界のプレゼンテーション



マサチューセッツ州メイナードにある
環境エンジニアリングとコンサルティング会社の
イプシロン・アソシエーツInc.
(Epsilon Associates Inc.)の関連会社である
リチャード・ランピーター氏

(Richard Lampeter)は、
個々のタービンブレードが回転するときに
シャドウフリッカーが発生するのを
ネクストエラ社に代わって示しました。




ランピーター氏によると、
プロジェクトの承認プロセスでは、
特定の条件を満たす必要がありました。
最も注目すべきことに、
30時間/年のシャドウフリッカーの閾値が、
いずれかの住居が経験することができる
最高値でした。

閾値は、ドイツのガイドラインです、
ドイツの訴訟事件に基づいて、
それは業界標準になったと、彼は述べた。





「業界標準の
WindPROソフトウェアパッケージを使用して、
1年当たりの稼働時間を計算しました。


風力タービンの位置、風力タービンの寸法、
計算面積などの計算は、
風向、風速、日照の可能性を調整して
ソフトウェアに入力されます。

ランピーター氏によると、
居住者がネクステラ社と
リース契約を締結している2軒の家庭は、
参加住宅と呼ばれ、
その30時間の閾値に影響を受けているという。

居住者がネクステラ社との契約に署名していない、
非参加の住宅と呼ばれる家庭の
最大時間数は、24時間34分です;


ソフトウェアによって、と彼は言った。




「このプロジェクトは
このモデリングソフトウェアに基づいて
準拠しています。」





カナダのトロントにある
『Ollson Environmental Health Management』の
所有者でシニア環境保健科学者でもある
クリス・オルソン氏
は、
風力エネルギーセンターの
シャドウフリッカーに関する
ネクステラ社に代わって研究を発表しました。

彼は、シャドーフリッカーが
発作を引き起こす可能性があるという懸念を
聞きましたが、それは正確ではないと語った。

「シャドウフリッカーは健康上の問題ではない」と
彼は語った。

「タービンが単純に十分に速く回転しないため、
発作は誘発されません」




オルソン氏は、
彼の情報はカナダ政府の情報源であり、
ゴールデン・ウエスト(Golden West)
風力エネルギーセンターは
健康に対し少しも悪影響を与えてはならないと述べた。




ランピーター氏はまた、
イプシロン(Epsilon)の騒音レベル評価について、
風力エネルギーセンター全体の
15の異なる場所で測定した情報を示しました。


それらの場所では、タービンは聞こえました。

必要に応じて、イプシロンは、
風力タービンのみの音圧レベルを得るために、
動作音レベルから周囲音レベルを差し引いて、
それを限界値と比較します。





「最悪の場合のシナリオで
ノイズを測定しようとしました」と
ランピーター氏は言います。

目標は、運転中にタービンが潜在的に
どのように騒々しいのかを確認することでした。

郡の許可要件によれば、
タービンはA加重の50デシベルを超えてはならず、
騒音が「許容可能」とみなされる
レベルでなければならないと
ランピーター氏は述べている。


音響調査の結果は、15のすべての場所が
50 dbAの限界に達したことを示したと彼は述べた。






オルソン氏のプレゼンテーションの一環として、
2014年にカナダ保健省(Health Canada)による
「風力タービンの騒音と健康に関する研究」という
研究を引用しました、

そして、それは客観的な健康指標が観察された
最大の研究であると、彼は述べた。

1,200人以上の人々が参加し、
この研究の全体的な結論は、
産業風力タービンへの曝露と
参加者の健康状態との間に
「煩わしさ」を超えた関連性の証拠は
見出されなかったと、オルソン氏は言った。

これには、
超低周波不可聴音からの影響が含まれていたと
彼は述べた。





マーク・ウォラー(Mark Waller)委員は
超低周波不可聴音からの影響が
経時的に複合して
健康問題を引き起こす可能性があるかどうか
尋ねました

そしてオルソン氏は言いました、
「いいえ。
私たちは、人が健康への影響を
経験するであろう閾値の下にあります。」







▼市民の懸念



プレゼンテーションの後、
会議に出席した市民には
コメントする機会が与えられました。


風力エネルギーセンターの影響が及ぶ範囲内の
自宅から引っ越した
元居住者のサンディ・ウルフさんは、述べました。
オルソン氏と
ランピーター氏が提示したものが正確であれば
どういう理由で
彼女と彼女の夫が病気になったのか、
誰も答えがありません。





ウルフさんの夫、ジェフ・ウルフ氏もコメントし、
彼はタービンから病気になっているという
彼の主張を支持する身体的な証拠があると言いました。


「私の髪のサンプルは、
正常よりも5倍高いコルチゾールレベルを示しました。」と
彼は言いました。

「私が引っ越す前に
私の体温は95度(摂氏35度)の範囲で下がっていました。

私は(風力エネルギーセンターの近く)の
家から引っ越さなければなりませんでした
それらから離れるために
州の向こうで仕事を取らなければなりませんでした。」






コロラド州ボルダーの音響学者
ロバート・ランド氏(Robert Rand)は、
イプシロン(Epsilon)によって実施され、
2016年10月に
郡に提出された音響調査の専門家の
レビューのコピーをBOCC(郡委員会の委員)に提出した。


彼のレビューで、ランド氏は、
調査に誤りまたは欠落が含まれていた
12の例を引用しました。





たとえば、ランド氏のレビューでは、
「イプシロン(Epsilon)レポートは、
騒音公害 (Noise disturbance)に対する
明らかな近隣の苦情にもかかわらず、
騒音公害 を評価しません。

郡令第02-1項、第3項(e)および第4項(a)で
騒音公害は禁止されています。





「私の専門的な経験によれば、
この施設が、非参加の住居の資産の近くに
こんなに大きなタービンでは
許可されていてはならなかった。」と、
ランド氏のレポートは述べています。


「イプシロン・レポートは、
騒音レベルが必ずしも法律を遵守しているとは限らず、
騒音公害と一致していることを示しています。

法律は施行されているため、
施設の騒音レベルを下げる必要があります。」







▼さらなる音響調査



タービンの近くに住むもう1人の居住者
ジョー・カッブ氏は、
『ニュー・ファルコン・ヘラルド』との
インタビューで、
彼と2人の他のカップルはランド氏を雇い、
超低周波不可聴音の調査を行いました
そして、その結果は、
会議の前にBOCC(郡委員会の委員)と
NFH(ニュー・ファルコン・ヘラルド)に提供されました。


2016年1月29日付けのレポートでは※おとしん:注)、
ランド氏は2015年12月と2016年1月の間に
3つの家庭から収集されたデータ、
合計約3050万の音響圧力測定サンプルを分析しました。





ランド氏の調査では、
この解析は完全ではないものの、
「ゴールデン・ウェスト・ウインド・ファシリティ
(Golden West Wind Facility)」が
動作している付近では
非常に低い周波数の音圧振動による
騒音公害の状態が存在し、
より深刻な影響が
ダウンウィンドで発生していることが
示唆されています。」







▼苦情処理プロセス



EPC(エルパソ郡)とネクステラ社の開発契約によれば、
住民はシャドーフリッカー、騒音、
交通量に関する苦情を申し立てることができます。


具体的な苦情解決プロセスがあり、
従わなければなりません。






ネクステラ社のビジネスマネージャー
ジョン・ディリー氏(John Dailey)は、
2015年3月から会議の日付までに
約83件の苦情があったと述べました。

「苦情の約85%が
7ヶ月の建設期間中に受け取られた」と彼は語った。

「残りの15%の苦情は、
建設が終わってから約17ヶ月で受け取っている」





ウォラー氏(委員)は
人や動物の健康に関する苦情があったかどうか
尋ねました。


ディリー氏は、
約4〜5人がこのような苦情を申し立てていると述べ、
何人かは何度もやっていると述べた。





カッブ氏(タービンの近くで生きている居住者)は
彼と彼の妻の両方が
ネクステラ社に苦情を申し立てていますが
何も行われていないか、
苦情解決プロセスを続行するため
郡に送られていないと、述べました。

「これらの問題を解決するには、
どれくらいの時間が必要ですか?」と彼は尋ねました。

「彼らは専門家であり、
郡との協定を守る必要があります。」






EPC(エルパソ郡)開発サービス部門の
エグゼクティブ・ディレクターである
クレイグ・ドッシー氏は、
現時点で解決プロセスを処理する問題は
郡に持ち上がっていないと述べた。





ドッシー氏は、
ノイズとシャドウフリッカーの問題に関して、
「郡に上げる前に、
苦情を解決するために別の試行をしたい」と話した。




委員は、居住者に対し、
苦情解決プロセスを継続して使用するよう促し、
風力エネルギーセンターに関して
今後の会議の可能性が高いことに合意しました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)




なお、7月30日(日) おとしんの懇親会は
主催者の都合により中止になりました。




場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-09-13 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>ぜひ⇒21-コロラド州:風力発電所の懸念が郡で再浮上した…EPC(エルパソ郡)とネクステラ社の開発契約によれば、住民はシャドーフリッカー、騒音、交通量に関する苦情を申し立てることができます。具体的な苦情解決プロセスがあり、従わなければなりません / 独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州…Robert・Rand | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<21-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>




2017年4月





ぜひ!⇒
21-コロラド州
◇Wind farm concerns resurface at county
風力発電所の懸念が郡で再浮上した

(The New Falcon Herald | 2017年4月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month%3D04%26PrintDay%3D01%26Year%3D2017




By Lindsey Harrison





エルパソ郡郡委員会の委員は、
3月23日の定例会議の後、
コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウエスト風力エネルギーセンター
(Golden West Wind Energy Center)について
新しい情報を得る予定です。

風力エネルギーセンターは
ネクストエラ・エナジー・リソーシズが所有し、
シャドウフリッカー、超低周波不可聴音と
電磁界に関するデータなど、
プロジェクトに関する情報を提供しました。





2015年10月以来
完全に運用されている風力エネルギーセンターは、
145台の高さ453フィートの
産業用風力タービンで構成されており、
29マイルの架空送電線で
ファルコンの変電所に接続されています。




それ以来、風力エネルギーセンター付近の住民は、
彼らがタービンのものであると考える
身体的および心理的な悪影響を報告しています。
そして、それは体温の低下、頭痛、めまい、
吐き気および睡眠障害まで及びます。






▼業界のプレゼンテーション



マサチューセッツ州メイナードにある
環境エンジニアリングとコンサルティング会社の
イプシロン・アソシエーツInc.
(Epsilon Associates Inc.)の関連会社である
リチャード・ランピーター氏

(Richard Lampeter)は、
個々のタービンブレードが回転するときに
シャドウフリッカーが発生するのを
ネクストエラ社に代わって示しました。




ランピーター氏によると、
プロジェクトの承認プロセスでは、
特定の条件を満たす必要がありました。
最も注目すべきことに、
30時間/年のシャドウフリッカーの閾値が、
いずれかの住居が経験することができる
最高値でした。

閾値は、ドイツのガイドラインです、
ドイツの訴訟事件に基づいて、
それは業界標準になったと、彼は述べた。





「業界標準の
WindPROソフトウェアパッケージを使用して、
1年当たりの稼働時間を計算しました。


風力タービンの位置、風力タービンの寸法、
計算面積などの計算は、
風向、風速、日照の可能性を調整して
ソフトウェアに入力されます。

ランピーター氏によると、
居住者がネクステラ社と
リース契約を締結している2軒の家庭は、
参加住宅と呼ばれ、
その30時間の閾値に影響を受けているという。

居住者がネクステラ社との契約に署名していない、
非参加の住宅と呼ばれる家庭の
最大時間数は、24時間34分です;


ソフトウェアによって、と彼は言った。




「このプロジェクトは
このモデリングソフトウェアに基づいて
準拠しています。」





カナダのトロントにある
『Ollson Environmental Health Management』の
所有者でシニア環境保健科学者でもある
クリス・オルソン氏
は、
風力エネルギーセンターの
シャドウフリッカーに関する
ネクステラ社に代わって研究を発表しました。

彼は、シャドーフリッカーが
発作を引き起こす可能性があるという懸念を
聞きましたが、それは正確ではないと語った。

「シャドウフリッカーは健康上の問題ではない」と
彼は語った。

「タービンが単純に十分に速く回転しないため、
発作は誘発されません」




オルソン氏は、
彼の情報はカナダ政府の情報源であり、
ゴールデン・ウエスト(Golden West)
風力エネルギーセンターは
健康に対し少しも悪影響を与えてはならないと述べた。




ランピーター氏はまた、
イプシロン(Epsilon)の騒音レベル評価について、
風力エネルギーセンター全体の
15の異なる場所で測定した情報を示しました。


それらの場所では、タービンは聞こえました。

必要に応じて、イプシロンは、
風力タービンのみの音圧レベルを得るために、
動作音レベルから周囲音レベルを差し引いて、
それを限界値と比較します。





「最悪の場合のシナリオで
ノイズを測定しようとしました」と
ランピーター氏は言います。

目標は、運転中にタービンが潜在的に
どのように騒々しいのかを確認することでした。

郡の許可要件によれば、
タービンはA加重の50デシベルを超えてはならず、
騒音が「許容可能」とみなされる
レベルでなければならないと
ランピーター氏は述べている。


音響調査の結果は、15のすべての場所が
50 dbAの限界に達したことを示したと彼は述べた。






オルソン氏のプレゼンテーションの一環として、
2014年にカナダ保健省(Health Canada)による
「風力タービンの騒音と健康に関する研究」という
研究を引用しました、

そして、それは客観的な健康指標が観察された
最大の研究であると、彼は述べた。

1,200人以上の人々が参加し、
この研究の全体的な結論は、
産業風力タービンへの曝露と
参加者の健康状態との間に
「煩わしさ」を超えた関連性の証拠は
見出されなかったと、オルソン氏は言った。

これには、
超低周波不可聴音からの影響が含まれていたと
彼は述べた。





マーク・ウォラー(Mark Waller)委員は
超低周波不可聴音からの影響が
経時的に複合して
健康問題を引き起こす可能性があるかどうか
尋ねました

そしてオルソン氏は言いました、
「いいえ。
私たちは、人が健康への影響を
経験するであろう閾値の下にあります。」







▼市民の懸念



プレゼンテーションの後、
会議に出席した市民には
コメントする機会が与えられました。


風力エネルギーセンターの影響が及ぶ範囲内の
自宅から引っ越した
元居住者のサンディ・ウルフさんは、述べました。
オルソン氏と
ランピーター氏が提示したものが正確であれば
どういう理由で
彼女と彼女の夫が病気になったのか、
誰も答えがありません。





ウルフさんの夫、ジェフ・ウルフ氏もコメントし、
彼はタービンから病気になっているという
彼の主張を支持する身体的な証拠があると言いました。


「私の髪のサンプルは、
正常よりも5倍高いコルチゾールレベルを示しました。」と
彼は言いました。

「私が引っ越す前に
私の体温は95度(摂氏35度)の範囲で下がっていました。

私は(風力エネルギーセンターの近く)の
家から引っ越さなければなりませんでした
それらから離れるために
州の向こうで仕事を取らなければなりませんでした。」






コロラド州ボルダーの音響学者
ロバート・ランド氏(Robert Rand)は、
イプシロン(Epsilon)によって実施され、
2016年10月に
郡に提出された音響調査の専門家の
レビューのコピーをBOCC(郡委員会の委員)に提出した。


彼のレビューで、ランド氏は、
調査に誤りまたは欠落が含まれていた
12の例を引用しました。





たとえば、ランド氏のレビューでは、
「イプシロン(Epsilon)レポートは、
騒音公害 (Noise disturbance)に対する
明らかな近隣の苦情にもかかわらず、
騒音公害 を評価しません。

郡令第02-1項、第3項(e)および第4項(a)で
騒音公害は禁止されています。





「私の専門的な経験によれば、
この施設が、非参加の住居の資産の近くに
こんなに大きなタービンでは
許可されていてはならなかった。」と、
ランド氏のレポートは述べています。


「イプシロン・レポートは、
騒音レベルが必ずしも法律を遵守しているとは限らず、
騒音公害と一致していることを示しています。

法律は施行されているため、
施設の騒音レベルを下げる必要があります。」







▼さらなる音響調査



タービンの近くに住むもう1人の居住者
ジョー・カッブ氏は、
『ニュー・ファルコン・ヘラルド』との
インタビューで、
彼と2人の他のカップルはランド氏を雇い、
超低周波不可聴音の調査を行いました
そして、その結果は、
会議の前にBOCC(郡委員会の委員)と
NFH(ニュー・ファルコン・ヘラルド)に提供されました。


2016年1月29日付けのレポートでは※おとしん:注)、
ランド氏は2015年12月と2016年1月の間に
3つの家庭から収集されたデータ、
合計約3050万の音響圧力測定サンプルを分析しました。





ランド氏の調査では、
この解析は完全ではないものの、
「ゴールデン・ウェスト・ウインド・ファシリティ
(Golden West Wind Facility)」が
動作している付近では
非常に低い周波数の音圧振動による
騒音公害の状態が存在し、
より深刻な影響が
ダウンウィンドで発生していることが
示唆されています。」







▼苦情処理プロセス



EPC(エルパソ郡)とネクステラ社の開発契約によれば、
住民はシャドーフリッカー、騒音、
交通量に関する苦情を申し立てることができます。


具体的な苦情解決プロセスがあり、
従わなければなりません。






ネクステラ社のビジネスマネージャー
ジョン・ディリー氏(John Dailey)は、
2015年3月から会議の日付までに
約83件の苦情があったと述べました。

「苦情の約85%が
7ヶ月の建設期間中に受け取られた」と彼は語った。

「残りの15%の苦情は、
建設が終わってから約17ヶ月で受け取っている」





ウォラー氏(委員)は
人や動物の健康に関する苦情があったかどうか
尋ねました。


ディリー氏は、
約4〜5人がこのような苦情を申し立てていると述べ、
何人かは何度もやっていると述べた。





カッブ氏(タービンの近くで生きている居住者)は
彼と彼の妻の両方が
ネクステラ社に苦情を申し立てていますが
何も行われていないか、
苦情解決プロセスを続行するため
郡に送られていないと、述べました。

「これらの問題を解決するには、
どれくらいの時間が必要ですか?」と彼は尋ねました。

「彼らは専門家であり、
郡との協定を守る必要があります。」






EPC(エルパソ郡)開発サービス部門の
エグゼクティブ・ディレクターである
クレイグ・ドッシー氏は、
現時点で解決プロセスを処理する問題は
郡に持ち上がっていないと述べた。





ドッシー氏は、
ノイズとシャドウフリッカーの問題に関して、
「郡に上げる前に、
苦情を解決するために別の試行をしたい」と話した。




委員は、居住者に対し、
苦情解決プロセスを継続して使用するよう促し、
風力エネルギーセンターに関して
今後の会議の可能性が高いことに合意しました。






=====================================
※おとしん:注)
2016年1月29日付けのレポートでは

-------------------------------------

<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月1日

ぜひ!⇒
コロラド州
◇Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO
独立した超低周波音の調査:ゴールデンウエスト風力設備、エルパソ郡、コロラド州

(2017年4月1日)
http://www.windtaskforce.org/profiles/blogs/
wind-turbine-infra-sound-colorado-usa-2017-robert-rand?xg_source=activity

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4612.html


pdf
■Download original document:
オリジナル文書をダウンロードする:

“Independent Infrasonic Investigations: Golden West Wind Facility, El Paso County, CO”

https://docs.wind-watch.org/in12-ambrose-rand-krogh-falmouth.pdf


動画
■「I can’t enjoy outside anymore」
もう外で楽しむことはできない


Friends against wind

ぜひ!⇒
◾NEW
https://www.youtube.com/watch?v=bWn00cIuwlQ

==================================================


Author:
著者: Rand, Robert
ランド、ロバート


Summary:
概要:




2015年12月と2016年1月の間に、
コロラド州エルパソ郡の
ゴールデンウエスト風力施設の
近くにある3棟の家庭で
差音圧測定値を取得し記録した。

3棟の住宅のそれぞれについて、
1週間のデータを分析し、
添付された毎日のスペクトログラムを分析した。

毎日のデータは
約430万個の差圧サンプルから構成され、
1週間に約3050万個のサンプルが含まれていました。



予備調査により、
ゴールデンウエスト風力タービンの
回転に関連する0.2〜0.85Hz
(「ブレード通過周波数」または「BPF」)における
反復音圧振動の存在が確認された。

時には、複数の発振周波数が観察され、
異なる回転速度で動作する複数のタービンと一致した。

振動は、タービンが風下側ではなく
風上側である場合に顕著であるように見える。

隣人は、自宅の場所とタービンの場所と
地域の優勢な風のため、
主に風下にあることを報告しました。



典型的なBPF総音響パワーは、
例えば差圧データセットの部分について
計算されました。

風力タービンの回転が支配的であり、
他の騒音に汚染されていないセグメントについては、
クレストファクター
(ピークレベルに対するRMSの比)も計算され、
典型的なクレストファクタは13-19dBであった。

トータルのBPF RMSレベルは、
56〜70dB(20uPA)で、
ピークレベルは71〜89dBです。

RMSとピークレベルは
騒音を止めるように訴える、
法的措置、放棄された住居などの
他のサイトで見られるレベルと類似しています。



タービン運転の前には
同様の妨害はなかったのに対して
タービンが運転を開始して以来
彼らは妨害を経験していることは
隣人からよく理解されています。

タービンが停止している
(回転していない)ときや、
彼らが身体的に施設から数マイルの距離を
離れて自分自身を移したとき
隣人が改善を報告していることがわかります。



エルパソ郡の騒音規則では、
「音」をあらゆる周波数の圧力
(または他の物理的パラメータ)の
振動として定義しています
そして、、
音響振動による騒音妨害を禁止します。



この分析は、各監視場所における
毎日の多数のセグメントを分析し、
ジャーナルエントリおよび/または
医療データに関連付けることができる点で
完全ではありません。

報告された動作している施設への接近と、
健康および生活の質の妨害との関連性は、
この予備調査のために
取得された音響データによって
裏付けられていると思われます。

これらの予備調査は、
ゴールデン・ウェスト風力施設が
動作しているときには、
非常に低い周波数の音圧振動に起因する
ノイズ妨害の状態があり、
より深刻な影響を受けていることを示唆している。


* 以上、
  『Citizens' Task Force on Wind Power - Maine』様より
  引用させていただきました。


  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


=====================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




===============================
リンク
===============================

2011年9月30日の「科学技術と社会の紀要」
(Bulletin of Science, Technology & Society)の
オンラインで掲載された論文では
以下のように記載しています:

「この症状は、騒音、超低周波不可聴音、
電圧が変動する低質な電気、接地電流 、
およびシャドウフリッカーの組み合わせによって
引き起こされる可能性が高い」

------

<論文:超低周波不可聴音>

■Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html


著者:マグダHavas博士、理学士、博士

(環境および資源学科の教授
– トレント大学、ピーターバラ、オンタリオ、カナダ)、

そして、デイビッド・コラン
(バイオ農業コンサルタントと卸売業者社、
ウェルズリー、オンタリオ、カナダ)


出版: Bulletin of Science, Technology, & Society


===============================


--------------------------------
関連記事
--------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳 (資料のリンク先を提示しています) 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。


超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。


中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」



ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
低質な電気の懸念



彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文
によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力の質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp

--------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp

------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。

------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html

------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィート
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。

※ 453フィート = 138.0744 メートル

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすことから
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13 2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4384.html

----------------------------

<15-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月

ぜひ!⇒
15-コロラド州
◇Dirty electricity and wind power
ダーティー・エレクトリシティ(低質な電気)と風力

(ニューファルコンヘラルド Volume No. 14 Issue No. 1 |2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayPrintArticle.php?ArticleID=11813

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4388.html

----------------------------

<16-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月5日

ぜひ!⇒
16-オピニオン、コロラド州
◇Follow up to wind farm health concerns
風力発電所の健康への懸念に対する追及
(ニューファルコン・ヘラルド | 2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11885

■おとしん機械翻訳(リンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

--------------------------------------------

<17-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年2月7日

ぜひ!⇒
17-コロラド州/動画
◇Calhan residents say wind turbines are causing health issues
カルハン居住者は、風力タービンが健康問題を引き起こしていると言います
(KRDO NewsChannel 13 abc | 2017年2月7日)
http://www.krdo.com/news/crime/el-paso-county-crime/
calhan-residents-say-wind-turbines-are-causing-health-issues-/317448835

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4481.html

--------------------------------------------

<18-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

18-コロラド州
◇Reassurances fail to convince some neighbors El Paso County wind farm is safe
再確認は、エルパソ郡風力発電所が安全であると一部の隣人に信じさせることができません
(Colorado Springs Gazette | 2017年3月23日)
http://gazette.com/
reassurances-fail-to-convince-some-neighbors-el-paso-county-wind-farm-is-safe/article/1599581

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4609.html

--------------------------------------------

<19-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

ぜひ!⇒
19-コロラド州/動画/画像
◇Calhan wind farm situation remains unresolved;
Nextera says turbines are within safety guidelines
カルハンの風力発電所の状況は未解決のままである;
ネクステラ社は、タービンは安全ガイドラインの範囲内にあると言います
(KRDO NEWS CHANNEL13abc|2017年3月23日)
http://www.krdo.com/news/top-stories/calhan-wind-farm-situation-remains-unresolved/411990993

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4610.html

--------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-17 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<20-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>20-コロラド州/動画:住宅所有者は、風力発電所の懸念に関してエルパソ郡の郡の委員と話す…風力発電所からの超低周波音はあなたの頭の中、あなたの胸腔の中で共鳴し、それは絶え間なく続く共鳴振動です…ジョー・カッブ(居住者) | 関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<20-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>




2017年3月23日





20-コロラド州/動画
◇Homeowners speak to El Paso County county commissioners on wind farm concerns
住宅所有者は、風力発電所の懸念に関してエルパソ郡の郡の委員と話す

(FOX21News.com|2017年3月23日)
http://fox21news.com/2017/03/23/
homeowners-speak-to-el-paso-county-county-commissioners-on-wind-farm-concerns/




By Christina Dawidowicz




東エルパソ郡の風力発電所は、
近くに住む人々への懸念を引き続き提起しています。





木曜日、郡のコミッショナーは
彼らの懸念を聞かなければなりません
しかし、それは住宅所有者が最大の問題だと言う
風力発電所からの超低周波音です。





「それはあなたの頭の中、あなたの胸腔の中で共鳴し、
それは絶え間なく続く共鳴振動です。

それはあなたを夜に寝らせません、
それは夜中に起こします、
あなたは深い睡眠を取ることができないので、
あなたの体は回復できません 。」と
そのエリアに住むジョー・カッブ氏は言いました。





ゴールデン・ウエスト / ネクステラ・エネルギー
(Golden West)/(NextEra Energy)風力発電所は、
2013年12月に委員会の承認を受けました。




しかし、隣人は、吐き気、かすみ目、不安などから
インストールされて以来、
健康上の問題を抱えていると言います。





ジェフ・ウルフ(Jeff Wolfe)氏は
20年前から東エルパソ郡で自宅を所有していましたが、
間もなくそこを離れる必要があります。






「仕事が州の反対側で始まり、給与カットがあります、
しかし、ご存じでしょうが、私はそれを我慢しました。

私はそこから離れなければなりません。

なぜなら、そこは住めない状況だからです。」





「私は風力タービンがなくなって欲しい。

それらはここにある必要はありません。

風力発電機が実際に
何も生産しないところの報告も読んでいます。

それらが政府から得ているクレジットなので、
それがこれらの人々を裕福にしているからです。」と
カッブ氏は語った。




住宅所有者の中には、
ネクステラ社の調査だけでなく
専門家をエリアを調査するために雇いました。






「私たちは両側の専門家のデータを
持っていなければなりません。

私たちは、ある人物やその他の人に影響を与える
逸話的な事例データに頼ることはできません。

地域に住む一人だけでなく、
コミュニティ全体への影響を示す
調査を行う必要があります」と
郡のコミッショナーである
マーク・ウォラー氏(Mark Waller)は述べています。





今日の郡の委員会との会合では、
厳密に情報収集が行われていましたが、
住宅所有者は道のりはまだまだだと言います。





「私は現在この郡のコミッショナーの委員会に
4回訪れています。

私は彼らに援助してくれるように嘆願しました。

ここで解決できる何かを手に入れる手助けをしてください。

そしてそれは聞き入れてもらえませんでした。

そして、彼は少なくともこの会議を開いて
少なくとも悩みを打ち明けることを
私たちに許した
この会議を開催した
グレン議員主席(President)を称えたいと思います。」と
カッブ氏は述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===============================
リンク
===============================

2011年9月30日の「科学技術と社会の紀要」
(Bulletin of Science, Technology & Society)の
オンラインで掲載された論文では
以下のように記載しています:

「この症状は、騒音、超低周波不可聴音、
電圧が変動する低質な電気、接地電流 、
およびシャドウフリッカーの組み合わせによって
引き起こされる可能性が高い」

------

<論文:超低周波不可聴音>

■Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html


著者:マグダHavas博士、理学士、博士

(環境および資源学科の教授
– トレント大学、ピーターバラ、オンタリオ、カナダ)、

そして、デイビッド・コラン
(バイオ農業コンサルタントと卸売業者社、
ウェルズリー、オンタリオ、カナダ)


出版: Bulletin of Science, Technology, & Society


===============================


--------------------------------
関連記事
--------------------------------


※ 拙おとしんブログ内の検索は
  日本語のタイトルで行ってください



<1-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月2日

1-コロラド州/動画ニュース
◇Wind farm lawsuit dismissed
風力発電所の訴訟は却下されます

(KKTV | 2015年9月2日)
http://www.kktv.com/home/headlines/Wind-Farm-Lawsuit-Dismissed-324032841.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3880.html?sp

エルパソ郡政委員に対する訴訟は終わりました。
それは水曜日に却下されました。


元はといえば 、近隣住民は
送電線は地下になるだろうと言われました。


多くの議論、および公聴会の後、
郡政委員は、説明で、
地上にそれらを設置するという
ネクストラ社に許可することを同意しました。


3月に、数人の他の隣人は、
「エルパソ郡財産権連合」として、
彼らが変化を承認することによって
権力を濫用したと言って
郡政委員に対する訴訟を起こしました。

水曜日に、その訴訟は却下されました。


---------------------------

<2-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月

ぜひ!⇒
2-コロラド州
◇Wind farm and health issues
風力発電所と健康問題

(ニューファルコンヘラルド | Volume No. 12, Issue No. 9 | 2015年9月)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=09&PrintDay=05&Year=2015
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/05/wind-farm-and-health-issues/

■おとしん機械翻訳 (資料のリンク先を提示しています) 
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3881.html?sp

リンジー・ハリソン


8月26日エルパソ郡のプレスリリースによると、
カルハンにおける
ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ社の
風力発電プロジェクトでの建設が
完成に近づいています。

「風力タービン・タワーをサポートする
全部で145のコンクリートの基礎が、
今、完成しました …

そして、電気工事が完了しないままで
承認された145代のタービンのうち
120台は今、完全に建設されています。」


プレスリリースには
電気工事が終了するまで、
タービンは機能しませんが
風で動くことができると述べています、
それはまた、タービンはすでに
風力発電所の設置エリアに住んでいる
住民の健康への懸念を引き起こしています。


匿名を希望する1人の居住者は、
彼女が、頭痛とともに、吐き気がし始めたので、
タービンが動いていたということを
すぐにわかったと言いました。

「私は北に100台のタービン、
西に25台、
南西に20台のタービンを持っています。」と
彼女は言いました。

「風が北から吹いてきたとき、
私は、めまいや吐き気を感じ目が覚めました。」


彼女はまた
彼女の動物の様子がおかしかったと述べました。

「私のロバと馬は厩に戻りたがり続けた」と
彼女は言いました。

「彼らは、一日中納屋を出たがりませんでした。」


コロラド州ボールダーの居住者で
音響の調査者で
アメリカ音響学会のメンバーの
ロバート・ランドは、
頭痛と吐き気の原因が
風力タービンに直接関連があると言いました。

それは、超低周波不可聴音と
低い周波数ノイズに関係があると、彼は言いました。


2月20日にhttp://wiseenergy.orgで発表された
音響エンジニアの
リチャード・ジェイムズによって
書かれた論文によると、
「超低周波不可聴音は
我々が聞くのに慣れている高周波音と同様に
低い音響エネルギー、音圧です。


超低周波不可聴音が異なるのは
それが遠雷、
または最大のパイプオルガン・トーンの
深い低音の響きの下、
音響周波数スペクトルの
最下端にあるということです。


「超低周波数のトーンの周波数が
より低い周波数へ移るにつれて:

5Hz、2Hz、1Hzとより低くなると、
音は別々の圧力脈動として知覚されやすいです…。


中、高周波数音とは異なり、
超低周波不可聴音(インフラサウンド)は、
一般の建築材料によってブロックされません。

このように、それは、
多くの場合、
家の外よりも
静かな住宅内部で問題になります。」



ランドは、別々の圧力脈動は
「ドーン、ドーン、ドーン」のようであると
言いました、
窓を下げた車に乗っているとき、
人々は時々経験します。

「私は、より多くの研究を行うための
根拠を提供することができる
人間生理学に関する論争に提供できる
音響的現象を測定しようとしてきました。」と
ランドは言いました。


「私の音響の仕事は、
実際に設計していて、計画していました。

それが私に起こったので
それら(風力タービン)が
人々に何をするかについてわかっているので、
私はより多くの医学研究を必要としません。」


2月4日に
アメリカ音響学会誌に受け入れられた論文によると、
身体は、内耳に
例えば、音響圧力パルスのような
外力を受ける場合

- しかし、その圧力に関連付ける視覚的な
インプットはありません

- 感覚の混乱が生じます。

その不調和は、乗り物酔いのように感じられ、
それは船酔いと同程度に感じられます。


風力エネルギー産業は
人口のおよそ3分の1が
これらの圧力脈動が誘発する
乗り物酔いの影響に
基本的に免疫があるので、
一つには、この現象が存在しないと
何十年も主張してきたと、ランドは言いました。

同様に、人口の約3分の1が
乗り物酔いに容易になりやすいように思われると
彼は言いました。

「これに影響を受けない約3分の1は、
それを決して理解せず、
あなたが何について話しているのか
知ることができません」と、ランドは言いました。


アレック・ソルト博士によって書かれた
2011年3月2日
『Bulletin of Science, Technology & Society 』に
掲載された論文によると:

「風力タービンからの
インフラサウンド(超低周波不可聴音)は
高レベルの可聴音と同様に
有害になりそうにありません。」


しかし、ソルトはまた
その多くのレポートは、
「一般的に慢性的な睡眠障害を含む
あり余る程の症状で
風力タービンの近くに住む個人は
病気になると、強く示唆しています。

風力タービンによって生じる
インフラサウンドのレベルが、
聞こえるにはあまりにも低レベルであるという理由で
このようなレポートが
却下されているという事実は
既知の耳の生理学を
全く無視するように思われます。」と述べています。


▼Dirty electricity concerns
低質な電気の懸念



彼女の家からおよそ1マイルに位置する場所に
風力タービンをもつCalhanの住民
レベッカ・リーバスは、
考慮する他の重大な健康懸念があると言いました。

「私の夫は2007年に心臓切開手術を受け、
僧帽弁を交換しました」と彼女は言いました。

「それは現在、金属弁です、
彼は金属探知器またはどんなものも
通過することはできません。」

リバスは言いました、
夫の心臓専門医は、
風力タービンに近い彼らの居住地に留まることは
彼の人生でロシアンルーレットをプレイするようだと
彼に告げました。


理由は、風力タービンは、
音波や圧力波だけでなく
電磁波も発するからですと、リバスは言いました。


『 Bulletin of Science, Technology & Society 』
2011年9月30日に
オンラインで発表された論文
によると、
「電磁波は、電気の
風力エネルギーの変換によって生成されます。

この変換は悪い電力の質につながる
高周波数過渡電流と高調波を生成します… .

また、汚れた電気として知られている
劣った電力の質に関与する高周波過渡変動は、
ワイヤーに沿って流れて、
高感度電子機器に損害を与えて、
人間と動物の健康に悪影響を与えます。」


リーバスは、電磁波が彼女の夫に
心房細動へもたらすことができると
助言されたと言いました。

米国心臓協会によると、
AFibは、血液凝固、脳卒中、心不全
および他の心臓関連の合併症を
引き起こすことができる
静止時振戦または不整脈です。


「夫の心電図がフラットになって
(彼の心停止)
彼の鼓動を復調させようとする医師を
私は5回、見てきました。」とリバスは言いました。

「私の夫の命が危なくなっているので、
私は発言しなければなりません。」


▼Brown County, Wisconsin
ブラウン郡、ウィスコンシン

ウィスコンシン州ブラウン郡の住民もまた、
デュークエナジー社が所有する
シャーリー風力発電所が建設中だったときに
発言することを決めました。


バーバラ・バンデン・ブーガート、
『責任ある風力エネルギーのための
ブラウン郡市民』の副代表は、
風力タービンの危険性について
ウィスコンシン州ブラウン郡保健委員会の前で
ケースを提示する
SCREWの他のメンバーと協力しました。


バンデン・ブーガートは、
プレゼンテーションは、以下を含む
証拠のいろいろな部分を含むと言いました:

健康や産業用風力タービンに関する21の査読論文;

資産価値に関する風力タービンの影響の分析;

風力発電所の近くの住民からの個人的な話;

そして、タービンから放射された
超低周波不可聴音や低周波ノイズが検出された
シャーリー風力発電所の近くの家で行われた)研究。


10月14日のブラウン郡保健委員会の
議事録によると、
委員会は、ウィスコンシン州ブラウン郡
グレンモアの町の
シャーリー風力プロジェクトの
産業用風力タービンは、
潜在的に人間の健康に有害な
超低周波不可聴音/低周波騒音と
ヒトの健康に有害な可能性のある
他の放射にさらされているすべての人々
(居住者、労働者、訪問客と敏感な通行人)にとって
ヒトの健康に有害なもの
(ヒューマン・ヘルス・ハザード)だと宣言することを
4-0の票差で決めました。


「彼ら(デューク・エナジー社)は、
私たちの地区だけで6台と、
我々の町と2つの他の隣接したものの範囲内で
100台のタービンを設置する予定になっていました」と、
バンデン・ブーガートは言いました。

「我々はそうすることができたあらゆる方法で
激しく、速く、そして、大きく戦いました、
そして、風力発電所を閉鎖することに成功しました。」


「風力発電所は、人々を病気にしています、
そして、風力エネルギー産業は、
1979年以降それを知っていました。

彼らは、何十年も知っていました、
そして、人々に通知する代わりに、
彼らは注意を聞き取れる騒音に変えていました。

この業界は不潔で、汚くて、不正で、
人々に対して故意に犯罪を犯しています。」


エルパソ郡財産権連合のメンバー、
ローラ・ウィルソンは、
バンデン・ブーガートは、
BCCRが自分の保健委員会に提示した
すべての情報を私たちと共有したと言いました;

そして、8月26日に、
ウィルソンと他の心配する11人の住民は
エルパソ郡公衆衛生委員会の会議に出席しました。


「私は彼らにすべての情報を与えて、
彼らに私が知っていたすべてを話しました、
そして、彼らは総じて冷淡に私を見ました。」と
ウィルソンは言いました。

「我々全員が証言する間、
彼らはなんと昼食を取っていました。」


ニューファルコンヘラルド5月号の
「Wind farm goes to roads」の記事によると
2月5日の会合でBOCCは、
「それが(ゴールデンウエスト風力発電所)
プロジェクトを承認したときに
その管轄を超えた」ことを理由に、
EPCPRCは
郡政委員および
ネクストエラ社のエルパソ郡委員会に対する
訴訟を保留中にします。


審問日はまだ設定されていません。

係争中の訴訟のため、
EPC公衆衛生は、NFHのインタビューを拒否しました。


ネクストエラ社プロジェクト・マネージャ
デイビッド・ギルもまた、
インタビューを断ったが、
ブラウン郡保健委員会の宣言について、
この文を使用して
NFH(ニューファルコンヘラルド)にメールを送ってきました:

「私は、宣言を知りません。」


2月5日のBOCC会議で
ネクストエラ社の代わりに証言した
クリス・オルソンもまた、
インタビューを拒否しました、
しかし、彼は次のように述べたメールを
送ってきました、
彼は「休暇中でした」


Intrinsik社のウェブサイトによると、
Intrinsik社戦略開発担当副社長のオルソンは、
はエネルギー・セクターに関連した
環境保健問題の権威者と考えられていて、
危険コミュニケーション・サポートを
風力タービン・プロジェクトに提供しました。

オルソンは、カナダ王立軍事大学で
環境科学の博士号を持っています。


ウィルソンは、
財産権連合が、係争中の訴訟で
弁護士の料金を払うために
より多くの資金を集めることを希望していると
言いました;

彼女と他の連合メンバーは、戦い続けるつもりです。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------------

<3-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年9月9日

3-コロラド州
◇Complaint against wind farm dismissed
風力発電所に対する苦情は却下された

(The Colorado Springs Independent|2015年9月9日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/complaint-against-calhan-wind-farm-dismissed/Content?oid=3331336

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3883.html?sp

長年にわたって挑戦の集中砲火に耐えた後に、
カルハン地域の風力発電所は、
年末までにたぶん運用しています。

多くの場合、
それは苦闘する経済にとっての利益と呼びました。

その他の人には、景観の損失から、
ノイズに、健康影響、
資産価値の低下まですべてを恐れていました。

訴訟は先週、
すべての当事者の合意で却下され、
すべての当事者は、
自身の訴訟費用を支払いました。

郡スポークスマン・デイブ・ローズは
その決定は、
風力発電所への法的な異議を終了すると言いますが、
一部の隣人は苦情を提出し続けます。

--------------------------

<4-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

4-コロラド州
◇El Paso County wind farm vandalized, Sheriff’s Office says
エルパソ郡の風力発電所は恋に破壊されたと、保安官事務所は述べています

(コロラド・スプリングスガゼット|2015年10月29日)
http://gazette.com/el-paso-county-wind-farm-vandalized-sheriffs-office-says/article/1562194

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<5-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月29日

5-コロラド州
◇Shooting at windmills
風車を撃つこと

(The Colorado Springs Independent|2015年10月29日)
http://www.csindy.com/IndyBlog/archives/2015/10/29/shooting-at-windmills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3884.html?sp

------------------------

<6-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年10月30日

6-コロラド州
◇Calhan residents looking for answers following damaged wind turbine
損害を受けた風力タービンの後、答えを探しているカルハンの居住者

(krdo.com|2015年10月30日)
http://www.krdo.com/news/calhan-residents-looking-for-answers-following-damaged-wind-turbine/36171182

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3885.html?sp

------------------------

<7-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年11月4日

ぜひ!⇒
7-コロラド/ニュース動画
◇El Paso County to study infrasound levels near wind farm
エルパソ郡は、風力発電所の近くで超低周波不可聴音レベルを研究します

(KOAA5 |2015年11月4日)
http://www.koaa.com/story/30429286/el-paso-county-to-study-infrasound-levels-near-wind-farm

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3886.html?sp

「保安官事務所は、
超低周波不可聴音を測定する機器を持っていません、
それは、通常の測定とは違った種類です。」と、
彼女は言いました。


それで、レースンは、
議員が器材を得るために
風力会社とともに動いている
そして、科学者は、
カルハンのあちこちで
超低周波不可聴音レベルを
測定する必要があると言いました。


「同社は、その器材の支払いを
するかもしれません」と、レースンは言いました。


「研究は、独立しています、
そして、本当に私たちに
超低周波不可聴音についての事実を
与えていることを我々は確認したいです、
そして、そう、
どんなにその器材が得られても、
我々は入念に見ているつもりです。」


しかし、研究のどんな一部であっても
会社が支払いをするというアイデアは、
郡政委員会の会議で、
一部の居住者にとって納得し難いものでした。


------------------------

<8-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年3月3日

ぜひ!⇒8-コロラド州
◇Wind farm and property values: continued
風力発電所と資産価値:継続する

(ニューファルコンヘラルド | ボリュームNo.13,Issue No.3|2016年3月3日)
http://www.newfalconherald.com/index.php?Month=03&PrintDay=05&Year=2016
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/05/wind-farm-and-property-values-continued/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html?sp

2月16日、エルパソ郡査定者の
スティーブ・スクリエカーは、
カルハンの
ゴールデンウエスト風力発電所プロジェクトの近くで、
家と不動産販売で集めたデータに関して、
レポートをエルパソ郡の郡政委員会に提出しました。

------------------------

<9-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月

ぜひ!!⇒
9-コロラド州
◇Shadow flicker adds to wind farm health issues
シャドーフリッカーは、風力発電所の健康問題を増加させる

(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 12, Issue No.4 |2016年4月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11207

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4022.html?sp

コロラド州カルハンの
ゴールデン・ウェスト・風力エネルギーセンターは、
145台の高さ453フィートの
産業風力タービンから成って、
2015年10月に完全に稼動中になりました。

それ以来、風力発電プロジェクトの
騒音範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的
および心理的影響を報告しています。

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』によると
問題は、フラフラして吐き気がすると
感じることから
汚い電気の可能性に対する懸念、
電磁波が心房細動または
不整脈を引き起こすことにわたります。

2011年9月30日に
『 Bulletin of Science, Technology & Society』の
オンラインで発表される記事によると、
風力タービンの近くに住む人口の特定の部分は
病気の症状を経験します。

「その症状は、おそらく
騒音、超低周波不可聴音(インフラサウンド)、
汚い電気、接地電流とシャドーフリッカーの
組み合わせによって引き起こされます。」と
記事は述べています。

------------------------

<10-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2015年の過去記事から:
風力開発が承認されるまでの経緯

2015年1月21日

10-コロラド州
◇In Peyton and Falcon, anger over changes to an energy project is blowing in the wind
ペイトンとファルコンで、エネルギープロジェクトの変更についての怒りは風に吹かれています

(コロラド・スプリングス・インデペンデント | 2015年1月21日)
http://www.csindy.com/coloradosprings/
in-peyton-and-falcon-anger-over-changes-to-an-energy-project-is-blowing-in-the-wind/
Content?oid=2991188

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4021.html?sp

ネクストエラ・エネルギー・リソーシズ、
国で最大の風力発電事業は、
デンバーとコロラドに多くを提供している会社
エクセルエナジーの電気を生成するために
250メガワットの風力発電所は承認されました。

十数人の住民は、
道路の損傷に野生生物への影響に、
騒音から妨げられる景観まで
すべての懸念を上げ、
それが承認された郡の会議で
プロジェクトに対して語りました。

------------------------

<11-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年4月17日

ぜひ!⇒
11-コロラド州/動画
◇Some neighbors claim El Paso County wind farm is making them sick
何人かの隣人は、エルパソ郡風力発電所が彼らを病気にしていると主張します

(コロラド・スプリングスガゼット | 2016年4月17日)
http://gazette.com/some-neighbors-claim-el-paso-county-wind-farm-is-making-them-sick/article/1574322

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4028.html


▼カルハンの懸念

風力発電所からの負の影響の
ネクストエラ社を非難するエルパソ郡の住民は、
タービンの、
インフラサウンドとして知られている
聞こえない低周波音波で
彼らは頭痛、吐き気やめまいにかかりました
そして、風車の近くで発生する現象は
シャドウフリッカーと呼びました。

カルハン事務所の保安官代理もまた、
卵を産まない鶏、
逃げる犬と少なくとも1匹の馬の死を
居住者がタービンのせいにすると言いました。

議員のレイ・ゲルハルトは、
人々が
井戸水が地下配線から通電を受ける可能性があり、
その地下水が枯渇し、
危険な陥没穴につながるのを恐れてると言いました。

それらの懸念と
危殆化された資産価値の恐れは、
昨年、郡に対する
却下された訴訟につながりました。

------------------------

<12-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年5月5日

ぜひ!⇒
12-コロラド州
◇Wind turbines = animal deaths and deformities?
風力タービン=動物の死と欠陥?


(ニューファルコン・ヘラルド | Volume No. 13, Issue No. 5, 16年5月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/07/wind-turbines-animal-deaths-and-deformities/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3977.html


145台の高さ453フィート
産業風力タービンから成る
コロラド州カルハンの
ゴールデンウエスト風力エネルギー・センターは
2015年10月から完全に稼働中でした。

風力発電プロジェクトの
影響が及ぶ範囲内に住んでいる住民は、
タービンからの身体的および心理的悪影響を
報告していました。

その懸念は今
タービンが、地域の動物にもたらす
疑わしい影響に変わりました。

※ 453フィート = 138.0744 メートル

2015年9月発行の
『ニューファルコン・ヘラルド』の問題によると、
人間に対する影響は、
電磁波が不整脈または心房細動を引き起こすことから
そして、
汚れた電気による
めまいと吐き気の可能性に対する懸念にわたります。

家畜もまた、
世界的な報告に基づく重大な危険にあります

2014年6月7日に
『ネイチャー』のウェブサイトの
世界会議で発表された記事によると、
1,600フィート未満離れて
4台の産業風力タービンが設置された後、
1,600匹のミンクの子が早産だったとき、
デンマークのミンク飼育場は
大きな打撃を被りました。

「多くはは異常な状態でした、
そして、ほとんどは出産時に
すでに死亡していていました」と、
記事にあります。

眼球の欠如が、最も一般的な異常でした。

獣医師は、可能性のある原因として
食品やウイルスを除外しました。

昨年から農場で異なる唯一のものは
わずか328メートル離れての
4台の風力タービンの設置でした。」

----------------------

<13-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

ぜひ!⇒
13-コロラド州
◇Wind farm: another stillborn foal
風力発電所:もう一つの死産の子馬
(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.12(発行番号2016年7月7日))
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11447

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html

風力発電所の範囲内に住んでいた
一人の女性は、
彼女の馬が死産の子馬を生んだと言いました。

獣医師は、
馬の早産と死の原因を特定できませんでした。

マクラフリンは、これまで雌馬は
9ヵ月で流産したことはなかったと言いました;
それらは、6ヵ月で一般的に流産します。

さらに、この特定の牝馬は、
合併症なしで、
過去6年間に妊娠が成功したことがあったと
彼女は言いました。

「馬の典型的妊娠期間は、11ヵ月です」と、
彼女は言いました。

「9ヵ月に赤ちゃんを失うことは、全くまれです。」

彼女の馬の全部の出産シーズンは
珍しいとされている、しかし、と
マクラフリンは言いました。

雌馬は、出産する準備をした
典型的な兆候を全く与えませんでした。

死産の子馬が、完全に作られました;
嚢が破裂することはありませんでしたし、
赤ちゃんが時間通りに健康に
産まれてくるはずだったすべての兆候の
胎盤は明るい赤だったと、彼女は言いました。

「何かがその妊娠を終わらせました。」と
マクラフリン氏は述べています。

この出産シーズンと最後の
唯一の違いは、
風力発電所が稼働しているということであると
彼女は言いました。


「私は、6年の間この資産で暮らしました、
そして、私はこれまでのわたしの人生で
死産の子馬または若駒を
持ったことはありませんでした。」と、
彼女は言いました。

「彼らがタービンを設置し、
それらを稼働した後、
このようになった最初のものでした。
タービンは我々の全生態系を変えました。」

----------------------------

<14-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2016年7月7日

14-コロラド州
◇Wind turbines and wildlife
風力タービンと野生動物

(ニューファルコン・ヘラルド | ボリュームNo.13 2016年7月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/02/wind-turbines-and-wildlife/

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4384.html

----------------------------

<15-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月

ぜひ!⇒
15-コロラド州
◇Dirty electricity and wind power
ダーティー・エレクトリシティ(低質な電気)と風力

(ニューファルコンヘラルド Volume No. 14 Issue No. 1 |2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayPrintArticle.php?ArticleID=11813

■おとしん機械翻訳(資料のリンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4388.html

----------------------------

<16-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年1月5日

ぜひ!⇒
16-オピニオン、コロラド州
◇Follow up to wind farm health concerns
風力発電所の健康への懸念に対する追及
(ニューファルコン・ヘラルド | 2017年1月)
http://www.newfalconherald.com/DisplayArticle.php?ArticleID=11885

■おとしん機械翻訳(リンク先を提示しています)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

リンジー・ハリソン

The New Falcon Herald
Volume No. 13 Issue No. 1
January 2017

ネクステラ・エナジー・リソーシズ
(NextEra Energy Resources)が所有する
コロラド州カルハンにある
ゴールデン・ウエスト風力エネルギーセンターは、
2015年10月から完全に運用されています。

1年以上後、
風力発電所の敷地内に住む一部の住民は、
高さ145,453フィートの
工業用風力タービンから
身体的および心理的な影響を受けています。
※ 145 453フィート = 44.3340744 キロメートル 

--------------------------------------------

<17-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年2月7日

ぜひ!⇒
17-コロラド州/動画
◇Calhan residents say wind turbines are causing health issues
カルハン居住者は、風力タービンが健康問題を引き起こしていると言います
(KRDO NewsChannel 13 abc | 2017年2月7日)
http://www.krdo.com/news/crime/el-paso-county-crime/
calhan-residents-say-wind-turbines-are-causing-health-issues-/317448835

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4481.html

--------------------------------------------

<18-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

18-コロラド州
◇Reassurances fail to convince some neighbors El Paso County wind farm is safe
再確認は、エルパソ郡風力発電所が安全であると一部の隣人に信じさせることができません
(Colorado Springs Gazette | 2017年3月23日)
http://gazette.com/
reassurances-fail-to-convince-some-neighbors-el-paso-county-wind-farm-is-safe/article/1599581

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4609.html

--------------------------------------------

<19-コロラド州エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題>

2017年3月23日

ぜひ!⇒
19-コロラド州/動画/画像
◇Calhan wind farm situation remains unresolved;
Nextera says turbines are within safety guidelines
カルハンの風力発電所の状況は未解決のままである;
ネクステラ社は、タービンは安全ガイドラインの範囲内にあると言います
(KRDO NEWS CHANNEL13abc|2017年3月23日)
http://www.krdo.com/news/top-stories/calhan-wind-farm-situation-remains-unresolved/411990993

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4610.html

--------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-13 : ぜひ⇒コロラド州:エルパソ郡風力発電所訴訟と健康問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR