騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<36-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>36-オーストラリア:ビクトリア・ブームの中で、RESは758MWの風力発電所案を打ち切ります












<36-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




2017年11月2日




36-オーストラリア
◇RES drops 758MW wind farm proposal, amid Victoria boom
ビクトリア・ブームの中で、RESは758MWの風力発電所案を打ち切ります

(RenewEconomy |2017年11月2日)
http://reneweconomy.com.au/res-drops-758mw-wind-farm-proposal-amid-victoria-boom-61057/



By Sophie Vorrath




RESオーストラリアは、
ビクトリア州南西部のPenshurstにある
約800MWの風力発電所を開発する計画を廃止しました、
大規模な再生可能エネルギー開発が
州全体で急成長し始めて、
地域社会の抵抗に譲歩するように見える。





会社 - オーストラリアのポートフォリオには、
クイーンズランド州の68MWエメラルドソーラーパーク、
ビクトリア州の240MWアララット風力発電所
- 水曜日に発表された声明では、
詳細な見直しの結果、
このプロジェクトは
もはや進行中の開発の機会ではなくなったと述べた。





2011年までの計画文書によれば、
RESオーストラリアは
最初にペンサースト風力発電所を
758.2MWの容量で建設し運用することを提案した
それは、その時、
ある意味でそれを国家最大のものにしていたでしょう。




そして、RESによると、
Penshurstの近くの村からの
風力発電所のための地域社会の支持を得るために
重要な努力をすることを含む、
2008年以来223タービン計画に取り組んでいます。




このプロジェクトは、地域に7百万ドル以上を注入し、
1200人以上の建設雇用を創出し、
2018年に完成することによって、
ビクトリアの家庭の15%に供給するのに
十分な能力を生み出したとRESは述べています。




同社広報担当者は、
「RESは2008年以来、
Penshurstプロジェクトに多額の労力、
時間、お金を投資し、
数年にわたって様々な地域社会のイベントや
グループを支援してきた」と述べた。




「このサイトの詳細なレビューの後、
我々はもはやこのプロジェクトが
継続的な開発機会であるとは考えておらず、
私たちは拡大するポートフォリオの中で
他のサイトにも注力するつもりだ」と述べた




この声明は、なぜプロジェクトが
破棄されたのかについての
詳細な説明はほとんど提供していないが、
「Penshurst地区の多くの支持者と
忠実な土地所有者のグループ」にも
敬意を表している。




しかし地元の報道によると、
ワーナンブールの北西に約1時間のところに位置し、
それは、AGLのMacarthur風力発電所を含む
風力発電開発のスイートスポットとなりました;
コドリントン(Codrington)と
ヤンブク(Yambuk)の小さな小さな農場;
モートン・レーン風力発電所。




もう2つのプロジェクト
- Union Fenosaの134MWのRyan Corner風力発電所、
Woolsthorpe(55-68MW)の開発が承認されており、
そして、3つ目は
- Wind Prospectによる98タービン
Willatook風力発電所 - が提案段階にあります。




2015年1月に発表された
ウォーナンブールスタンダードでは、
反風力グループの
ランドスケープガーディアンの
南部グランピアンズ支部が、
提案されたペンシュハースト風力発電所のタービンに
その所有物を配することに合意した
土地所有者を訴えると脅していた。

報告書によると、
「10人以下の不動産所有者が、
彼らの土地にタービンを持つために
RESと契約を結んだ」と示唆した。




当時、訴訟の脅威は、
土地所有者が契約を撤回するよう説得しておらず、
「迷惑」の主張が証明するのが難しいため、
法的事件は長いものとなるだろうと述べた。

報告書によると、
風力発電所の所有権を持つ土地所有者は
約6,500万ドルの支払いを受けていた。





2012年に、スタンダードは、
同じ反風力グループが、
地元のゴウシュウヅルの個体数と
ジオパークを脅かす懸念に対して
風力発電施設に反対したと報告した。

RESはすでに風力発電所が
ミナミ・ユビナガ・コウモリの個体群と
火山性の自然の草地に及ぼす影響についての
影響声明を作成していた。




2015年以来、ペンシャースト(Penshurst)への
地元の反対は、静かに見えた。

しかし最近の『The Australian』のレポートは
– 風力タービンが
まもなく「効果的に、彼らの町を包囲する」懸念が
高まっていることから、
9月にホークスバーンで開催された
Moyne Shire地域のさらなる風力発電開発に対する
抗議集会が9月に開催されたと指摘した。




報告書にはグラタン研究所の
エネルギーディレクターの
トニー・ウッド氏(Tony Wood)が引用されていて
そこには、「この地域の風力発電所が
過度に集中しないようにするために、
現時点で見ているよりも監視する必要がある」と
述べられています。





「土地所有者は賃金を受け取るかもしれないが、
コミュニティとして、
彼らはこれらを近くに持っていることから
多くの利益を見ない。相談する必要がある。」





RESについては、同社には、
オーストラリアのいくつかの州で
2500MW以上の新風力、太陽光、
およびエネルギー貯蔵プロジェクトの
開発パイプラインがあると言われています。




これには、2016年11月に承認された
ビクトリア州にある429MWのMurra Warra風力発電所、
南半球で最大のものの1つで、
ドイツのバックスタイルのWestWind Energyが
Victoria's Golden Plains Shireに提案した
800MWプロジェクトに隣接しています。




先月、同社はクイーンズランド州の
コール郡の中心にある
68MWのエメラルドソーラーパーク
(Emerald Solar Park)の建設も開始した。




エメラルド社は当時、
オーストラリアの大手企業と
電力購入契約を締結した
最初の独立したプロジェクトとして、
オーストラリアの太陽産業にとって重要であると
報告しています。




Telstraは、オーストラリアの総需要の
ほぼ1%を占めるエネルギー消費の
高いコストを相殺するために、
大規模な太陽光への多くの投資の中で初めてとなる、
エメラルド社の生産に関する長期契約を結んだ。




(RenewEconomyはMoyne Shireに
Penshurstが廃棄された理由についてのコメントを求めた。

Moyne Shire Councilの主要プロジェクトの連絡と
経済発展を担当するVicki Askew-Thornton議員は、
コメントを控え、
RESオーストラリアの声明に言及しました。)





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所

http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html

-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html

連立上院議員クリスバックは
「予防措置」としてプロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの呼びかけに参加します」

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html

----------------------------------------------

[11月9日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]
<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月4日

ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html

Author: Hetherington, Jan
著者:  ヘザーリントン、ジャン

親愛なるAGL、

私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。

ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。
2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。
この感作(鋭敏化)は決して消えません。


今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から自分自身を
素早く取り除かなければなりません。


私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。


私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。


---------------------------------------------

<33-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月5日

ぜひ!⇒
33-オーストラリア
◇Wind turbine syndrome: infrasound and fury
風力タービン症候群:超低周波不可聴音と激怒

(The Australian | 2017年7月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/07/05/wind-turbine-syndrome-infrasound-and-fury/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5018.html

2週間前、チューリッヒの
公衆衛生問題としての騒音に関する会議に
提出された論文、
そして、先週ボストンで開催された
アメリカ音響学会のカンファレンスで
クーパー氏は、彼の研究が
「聴力の閾値またはその付近で発生する
超低周波騒音率の低周波ノイズの変調は、
個人の反応を誘発する可能性がある」ことが
判明していると、言います。

言い換えれば、
単純に非常に低い周波数の騒音よりも
もっと複雑な何人かの人々の苦情の機械的原因が
特定されたかもしれません。

クーパー氏の研究が正しいとすれば、
激しい感情を引き起こし、
世界中で多くの懸念を引き起こしている問題を
解決するための新しい手掛かりを
業界は得るかもしれません。

---------------------------------------------

<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年08月17日

34-オーストラリア
◇豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注
世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献

(日経テクノロジーオンライン |2017年08月17日)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081708779/?P=1

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5020.html

-----------------------------------------------

<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年10月16日

35-オーストラリア
◇Australia shuns clean energy target in policy overhaul
オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける
(Reuters | 2017年10月16日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power/
australia-shuns-clean-energy-target-in-policy-overhaul-idUSKBN1CL326

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5023.html

ターンブル氏は1年前にエネルギー政策を見直し、
炭素ターゲットに対する政治的対立の10年を
終わらせることにした
- 国内消費者の電力価格の上昇の中で
- 大規模な嵐が国の最も風力に依存した州を停電にした後、
国のグリッドを安定させる。

炭素排出量に関する一貫した国家政策が存在しないため、
州が過去10年間にわたり
屋上の太陽光と風力を促進したため、
オーストラリアのエネルギー供給不安が高まっています。

同時に、石炭およびガス火力発電所が閉鎖され、
風力および太陽光の重大なバックアップが削減され、
コストは上昇した。

オーストラリア東部の家庭用電力価格は、
過去9年間で63%上昇したと、
全国消費者監視団体が発表した。


---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-11 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>35-オーストラリア:オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




ターンブル氏は1年前にエネルギー政策を見直し、
炭素ターゲットに対する政治的対立の10年を
終わらせることにした
- 国内消費者の電力価格の上昇の中で
- 大規模な嵐が国の最も風力に依存した州を停電にした後、
国のグリッドを安定させる。

炭素排出量に関する一貫した国家政策が存在しないため、
州が過去10年間にわたり
屋上の太陽光と風力を促進したため、
オーストラリアのエネルギー供給不安が高まっています。

同時に、石炭およびガス火力発電所が閉鎖され、
風力および太陽光の重大なバックアップが削減され、
コストは上昇した。

オーストラリア東部の家庭用電力価格は、
過去9年間で63%上昇したと、
全国消費者監視団体が発表した。





2017年10月16日




35-オーストラリア
◇Australia shuns clean energy target in policy overhaul
オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける

(Reuters | 2017年10月16日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power/
australia-shuns-clean-energy-target-in-policy-overhaul-idUSKBN1CL326



Sonali Paul



画像:

写真:雲は2017年2月21日、
オーストラリアのシドニー南部の
ウロンゴンにある電柱の後ろの
ポート・ケンブラ製鉄所から浮上します。

REUTERS / Jason Reed / File Photo


======================================



オーストラリア政府は火曜日、
クリーンエネルギー目標を設定し、
再生可能なプロジェクトの援助を廃止し、
燃料の中立的なエネルギー政策を
採用することを拒否した。





マルコム・ターンブル首相は、
保守党から、2020年以降の再生可能エネルギーの
補助金を終了する計画を支持した。

一方、エネルギー小売業者は
信頼できる電力と低炭素排出をもたらす
エネルギー・ミックスを保証する必要がある。




ターンブル氏は1年前にエネルギー政策を見直し、
炭素ターゲットに対する政治的対立の10年を
終わらせることにした
- 国内消費者の電力価格の上昇の中で
- 大規模な嵐が国の最も風力に依存した州を停電にした後、
国のグリッドを安定させる。





「これらの保証は、太陽、風力、石炭、ガス、
バッテリー、ポンプ式水力発電所など、
将来のエネルギーミックスの
すべての電源のための場所が確保されます。」と
ターンブル氏は述べました
そして、ターンブル氏は
ソーシャルメディアに掲載されたビデオで
この計画を発表した。

「私たちの計画は補助金もなく、証明書も税もない」




ターンブル氏は、
気候変動が脅威であるとは信じていない
トニー・アボット元首相と
再生可能エネルギーの補助金に反対する石炭を中心に、
党の右翼メンバーからの反乱に直面していた。





炭素排出量に関する一貫した国家政策が存在しないため、
州が過去10年間にわたり
屋上の太陽光と風力を促進したため、
オーストラリアのエネルギー供給不安が高まっています。




同時に、石炭やガス火力発電所は閉鎖され、
風力や太陽光の重大なバックアップが削減され、
コストは上昇しました。

オーストラリア東部の家庭用電力価格は、
過去9年間で63%上昇したと、
全国消費者監視団体が発表した。





国のチーフ・サイエンティストから
クリーン・エネルギー目標の勧告を得て、
新しい政策は、
エネルギー小売業者が
どのような電力源を使用するかを
決定することを可能にする。

断続的な風力や太陽光をバックアップするために、
必要に応じて石炭火力発電所の寿命を
延ばすことができます。





オーストラリア最大の電力小売業者
- Origin's Energy、
AGL Energy、EnergyAustralia、
香港CLPホールディングス所有
- また、国内最大級の発電機でもあります。




株式の取引は混在していたが、
AGLの最高経営責任者のアンディ・ヴィージー氏は、
この計画を第一歩として歓迎した。

「超党派の支援を受ければ、
投資の確実性が確保されるだろう」と
ソーシャルメディアに語った。




それでも、野党労働党は、
クリーンエネルギー目標を採用しないという決定は
間違いであったと言って、
風と太陽の擁護団体と合流した。





シャドウエネルギー大臣の
マーク・バトラー氏は記者団に対し、
「労働党の立場は明らかである。
オーストラリアは、2030年までに
再生可能エネルギーで
少なくとも50%の電気を供給すべきだ」と語った。




電力業界は、
労働党が2018年後半か2019年初めにかけて、
この計画を後戻りせずに次の選挙に勝利した場合、
投資家の確実性を失わせてしまう可能性を懸念している。




クリーンエネルギー委員会の
ケーン・ソーントン最高経営責任者(CEO)は、
「クリーンエネルギー目標は、
クリーンエネルギーへの投資を促進するために必要な
長期的な超党派エネルギー政策に長年取り組むうえで
最良の機会だった」と述べた。




Sonali Paulによるレポート。
Colin Packhamによる追加レポート。
ジョナサン・オアティスとケネス・マックスウェルの編集






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

デイビッド・レヨンフジェルム上院議員は、
風力タービンが人間の健康に悪影響を及ぼすと
強く思っている
ニュージーランドに拠点を置く
科学的なコンサルタントの
ブルース・ラップリーを含む
何人かの候補を提案しました。

ラップリー博士の立場は、
風力発電所が
直接健康問題を引き起こすことについて
信頼性や一貫性のある証拠が
存在しないという
国立保健医療研究評議会による調査結果と
対立しています。

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html


国立保健医療研究委員会は、
ヒトの健康に対する風力発電所の影響の
根拠に基づく理解を豊かにするために
330万ドルとなっている2つの補助金を与えました。

サウスオーストラリア・フリンダーズ大学の
NHMRC(国立保健医療研究委員会)資金による研究は、、
風力発電所の騒音と影響、
例えば不快感と
減少した睡眠と生活の質の関係を調査します。

ニューサウスウェールズ大学での研究は、
風力発電所の近くに住む人々の
健康に影響を与える可能性について
より広範な社会的、環境的状況を調査します。

シドニーのウールコック医学研究研究所からの
二回目の調査の研究者は、
2つの試験を実行する予定です、
1つは実験質で、もう一つは住宅内で、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を調査します
― タービンから放射される不可聴音
― ここに与える。

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所
http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html


大勢の人は、6ヵ月の間
彼らのベッドルームで
新しい風力発電所健康研究の一部として、
「聞こえない音」にさらされます。

その他の人は、専用の実験室での
3日間の期間にわたって
タービン、大きな交通騒音と
静寂から放射する超低周波不可聴音にさらされます。

インフラサウンド(超低周波不可聴音))は
人間が聞くことができない
非常に低い音の周波数の波を指します。

最初の研究において、
40人は、異なる週末に学会の研究所で
超低周波不可聴音、沈黙と交通騒音にさらされます。

住居の研究に
120のNSW(ニューサウスウエールズ州)の
世帯が関係します。

そして、それは
特注装置を6ヵ月の間
彼らのベッドルームに取り付けておきます。

参加者は、彼らの装置が
彼らを超低周波不可聴音にさらすかどうか、
または、彼らが
超低周波不可聴音をリリースしない
見せかけの装置を持っているかどうかわかりません。

「彼らはベッドサイドのテーブルと
ほぼ同じサイズのボックスを受け取ります。」と
調査者のナサニエル・マーシャル准教授は
AAPに話しました。


-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html


連立上院議員クリスバックは
「予防措置」として
プロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの
呼びかけに参加します

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

風が吹かないときは、
電力が流れないだけではないということです。
それは、発生した代替電力によって
CO2排出が汲み出されることを意味します。

現実の世界では、鉱物評議会が昨日指摘したように、
クイーンズランド州と
ニューサウスウェールズ州の水曜日の朝
総発電量の92%は
黒炭に由来し、風力からはほとんどゼロでした。

ビクトリア州では98%が褐炭で、風力はほとんどゼロでした。
サウスオーストラリア州は、
ガスからが96%、風からは約3%でした。
それを加えて、
4州をまたいで化石燃料からが98%でした。

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html

----------------------------------------------

[11月9日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]
<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月4日

ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html

Author: Hetherington, Jan
著者:  ヘザーリントン、ジャン

親愛なるAGL、

私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。

ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。
2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。
この感作(鋭敏化)は決して消えません。


今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から自分自身を
素早く取り除かなければなりません。


私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。


私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。


---------------------------------------------

<33-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月5日

ぜひ!⇒
33-オーストラリア
◇Wind turbine syndrome: infrasound and fury
風力タービン症候群:超低周波不可聴音と激怒

(The Australian | 2017年7月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/07/05/wind-turbine-syndrome-infrasound-and-fury/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5018.html

2週間前、チューリッヒの
公衆衛生問題としての騒音に関する会議に
提出された論文、
そして、先週ボストンで開催された
アメリカ音響学会のカンファレンスで
クーパー氏は、彼の研究が
「聴力の閾値またはその付近で発生する
超低周波騒音率の低周波ノイズの変調は、
個人の反応を誘発する可能性がある」ことが
判明していると、言います。

言い換えれば、
単純に非常に低い周波数の騒音よりも
もっと複雑な何人かの人々の苦情の機械的原因が
特定されたかもしれません。

クーパー氏の研究が正しいとすれば、
激しい感情を引き起こし、
世界中で多くの懸念を引き起こしている問題を
解決するための新しい手掛かりを
業界は得るかもしれません。

---------------------------------------------

<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年08月17日

34-オーストラリア
◇豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注
世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献

(日経テクノロジーオンライン |2017年08月17日)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081708779/?P=1

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5020.html



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-10 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>34-オーストラリア:豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注 世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献 |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




2017年08月17日





34-オーストラリア
◇豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注
世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献

(日経テクノロジーオンライン |2017年08月17日)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081708779/?P=1



大場 淳一=日経BP総研 クリーンテック研究所




画像:

図1●米SolarReserve社が豪州に建設する
「オーロラ」と同じ技術で建設した集光型太陽熱発電所
(出所:Business Wire)


====================================================



 米国の再生可能エネルギー開発事業者である
SolarReserve社はオーストラリアで
出力150MWの集光型太陽熱発電(CSP)を建設する。

南オーストラリア州(SA)ポート・オーガスタ
(Port Augusta)付近に立地し、
プロジェクト名は「オーロラ(Aurora)」。



 同社は8月14日、CSPを建設する
長期の発電プロジェクト契約(GPA)を
SA政府と締結したと発表した(図1)。




 「オーロラ」は、オーストラリアでは
初めてのCSPプロジェクトとなる。

太陽熱の蓄熱媒体として
溶融塩を使用することが技術的な特徴。

蓄電容量は1100MWhで、
これはCSPとして世界最大規模という。



 GPAは再エネ発電事業で
一般的な電力購入契約(PPA)に類似したものだが、
一定期間にkWh単位で電力の供給量を定めるだけでなく
電力需要のピーク時に供給可能な容量を
規定している点が異なる。
 



このため、「オーロラ」は
電力価格の高い時間帯に
電力取引市場(NEM)に
さらに設備容量を提供することで、
市場での競争を促すだけでなく、
エネルギーの安定供給や
電力網の安定化といった効果をもたらすことが
期待されている。





最大4000人分の雇用を創出、地元経済の活性化に期待も




 CSPでは、太陽光を集めて高温蒸気を作り
タービンを回して発電する。
このため、太陽光を熱源に高温蒸気を作るプロセス以降、
蒸気タービンで発電するプラント構成は、
石炭や石油など化石燃料を使用する火力発電所と
同様の施設となり、
従来型火力発電のノウハウや経験が生かしやすい。




「オーロラ」プロジェクトでは、
建設工事の期間中に直接・間接の雇用と
川上・川下への波及などで
合計4000人分の雇用が地元で創出されるとしている。

工期のピークとなる30カ月間には650人分の
建設工事の雇用が見込まれ、
さらに完成後はO&M(運営・保守)のために
50人分の恒久的な雇用が必要になるという(図2)。





 また、エネルギー転換をもたらす
プロジェクトの一環として、
SolarReserve社は地元の大学などと提携し
共同研究開発を行うことを計画しており、
南オーストラリア州で
太陽熱発電技術の研究や教育を促進するとしている。




 2008年に設立されたSolarReserve社は
米国カリフォルニア州を拠点とし、
設備容量で13GW以上、総額18億ドル以上の
太陽光や太陽熱発電プロジェクトを
世界20カ国以上で展開している(関連記事1)(関連記事2)。




 「オーロラ」で採用するCSP技術は、
ネバダ州トノパー(Tonopah)に建設した
太陽熱発電プロジェクト「Crescent Dunes」で実績がある。
Crescent Dunesの出力は110MW、
蓄電容量は1100MWhであり、10時間分の充放電が可能。




 Crescent Dunesは2015年に稼働を開始したが、
2016年10月にタンクから溶融塩が漏出するトラブルが発生、
8カ月にわたって運転を停止していた。

2017年7月に運転を再開しており、
同社によると「工事のミスによるもので、
CSPの設計や構造の問題ではない。

『オーロラ』プロジェクトにも影響はない」という。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

デイビッド・レヨンフジェルム上院議員は、
風力タービンが人間の健康に悪影響を及ぼすと
強く思っている
ニュージーランドに拠点を置く
科学的なコンサルタントの
ブルース・ラップリーを含む
何人かの候補を提案しました。

ラップリー博士の立場は、
風力発電所が
直接健康問題を引き起こすことについて
信頼性や一貫性のある証拠が
存在しないという
国立保健医療研究評議会による調査結果と
対立しています。

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html


国立保健医療研究委員会は、
ヒトの健康に対する風力発電所の影響の
根拠に基づく理解を豊かにするために
330万ドルとなっている2つの補助金を与えました。

サウスオーストラリア・フリンダーズ大学の
NHMRC(国立保健医療研究委員会)資金による研究は、、
風力発電所の騒音と影響、
例えば不快感と
減少した睡眠と生活の質の関係を調査します。

ニューサウスウェールズ大学での研究は、
風力発電所の近くに住む人々の
健康に影響を与える可能性について
より広範な社会的、環境的状況を調査します。

シドニーのウールコック医学研究研究所からの
二回目の調査の研究者は、
2つの試験を実行する予定です、
1つは実験質で、もう一つは住宅内で、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を調査します
― タービンから放射される不可聴音
― ここに与える。

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所
http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html


大勢の人は、6ヵ月の間
彼らのベッドルームで
新しい風力発電所健康研究の一部として、
「聞こえない音」にさらされます。

その他の人は、専用の実験室での
3日間の期間にわたって
タービン、大きな交通騒音と
静寂から放射する超低周波不可聴音にさらされます。

インフラサウンド(超低周波不可聴音))は
人間が聞くことができない
非常に低い音の周波数の波を指します。

最初の研究において、
40人は、異なる週末に学会の研究所で
超低周波不可聴音、沈黙と交通騒音にさらされます。

住居の研究に
120のNSW(ニューサウスウエールズ州)の
世帯が関係します。

そして、それは
特注装置を6ヵ月の間
彼らのベッドルームに取り付けておきます。

参加者は、彼らの装置が
彼らを超低周波不可聴音にさらすかどうか、
または、彼らが
超低周波不可聴音をリリースしない
見せかけの装置を持っているかどうかわかりません。

「彼らはベッドサイドのテーブルと
ほぼ同じサイズのボックスを受け取ります。」と
調査者のナサニエル・マーシャル准教授は
AAPに話しました。


-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html


連立上院議員クリスバックは
「予防措置」として
プロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの
呼びかけに参加します

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

風が吹かないときは、
電力が流れないだけではないということです。
それは、発生した代替電力によって
CO2排出が汲み出されることを意味します。

現実の世界では、鉱物評議会が昨日指摘したように、
クイーンズランド州と
ニューサウスウェールズ州の水曜日の朝
総発電量の92%は
黒炭に由来し、風力からはほとんどゼロでした。

ビクトリア州では98%が褐炭で、風力はほとんどゼロでした。
サウスオーストラリア州は、
ガスからが96%、風からは約3%でした。
それを加えて、
4州をまたいで化石燃料からが98%でした。

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html

----------------------------------------------

[11月9日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]
<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月4日

ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html

Author: Hetherington, Jan
著者:  ヘザーリントン、ジャン

親愛なるAGL、

私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。

ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。
2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。
この感作(鋭敏化)は決して消えません。


今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から自分自身を
素早く取り除かなければなりません。


私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。


私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。


---------------------------------------------

<33-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月5日

ぜひ!⇒
33-オーストラリア
◇Wind turbine syndrome: infrasound and fury
風力タービン症候群:超低周波不可聴音と激怒

(The Australian | 2017年7月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/07/05/wind-turbine-syndrome-infrasound-and-fury/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5018.html

2週間前、チューリッヒの
公衆衛生問題としての騒音に関する会議に
提出された論文、
そして、先週ボストンで開催された
アメリカ音響学会のカンファレンスで
クーパー氏は、彼の研究が
「聴力の閾値またはその付近で発生する
超低周波騒音率の低周波ノイズの変調は、
個人の反応を誘発する可能性がある」ことが
判明していると、言います。

言い換えれば、
単純に非常に低い周波数の騒音よりも
もっと複雑な何人かの人々の苦情の機械的原因が
特定されたかもしれません。

クーパー氏の研究が正しいとすれば、
激しい感情を引き起こし、
世界中で多くの懸念を引き起こしている問題を
解決するための新しい手掛かりを
業界は得るかもしれません。




---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-09 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>ぜひ⇒32-オーストラリア:私の101回目のAGL社への正式な苦情… 今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、スーパーマーケットなどを訪れるとき時々影響を受けます、心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し~Macarthurの風力発電所から遠ざかっても感作は持続しています |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]

<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>


振動音響病、
(風力タービンを含む)低周波音症候群の被害者は
この手紙の筆者の苦しさが理解できると思います。

被害が出た場合、早急の対策が望まれます。
長期曝露による感作は、
対策が取られた後も身体に深刻なダメージを残します。

(おとしん:注)



2017年7月4日




ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/



Author: Hetherington, Jan
著者:  ヘザーリントン、ジャン



親愛なるAGL、




私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。




ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。

2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。

この感作(鋭敏化)は決して消えません。





この感作に対する私の認識は、
2015年にメルボルンに新しく建てられた
ウェスタン私立病院で2泊を過ごしたときに、
私の病院の部屋で
身体と寝床に深刻な振動を経験したときでした。


それらは私が農場で経験したのと
まったく同じ症状でした。


病院の最高経営責任者(CEO)は、
私から正式な苦情を受けた後、
この問題を調査し、部屋をテストするために
独立した音響技術者を従事させ、
私の部屋に高レベルの超低周波不可聴音と
低周波があることを発見しました。





今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から
素早く立ち去らなくてはなりません。





私は新しい「ガス暖炉」のファンの影響を受けます。

中程度から高いレベルでそれを使用したとき、
私は振動と原発性頭痛障害を経験し、
私の体は「うなり」はじめて、
非常に不安にさせ、動揺させてしまうので
私はそれを低速でしか使うことができません。


これは新しい家で私に起きるべきではありません。

それはまったく起きるべきではありませんが、
私は感作(鋭敏化)されます、
そして、
Macarthur風力発電所のタービンからの
過度な脈動する超低周波不可聴音と
低周波騒音と振動にさらされている間、
ダメージは、2012年から2016年になされました。





私の人生は
決して同じままでいることはありません 。

私はこの一定の有害感覚の衝撃の
長期的な影響が何であるかを考えたくありません。




私は農場を去ってから、
自分の感作経験の日記に多くの記入をしました。




私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。





私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。





私の人生は感作のために決して同じではないので
AGLに対する私の報酬請求は依然として有効です。




私は2012年から2016年の間に
4年間健康と福利を喪失してしまったと感じています。

AGLの140基のタービンから
望みもしないのに
超低周波不可聴音と低周波の影響を受けています。




正式な苦情番号がありましたら幸いです。




Jan Hetherington
ジャン、ヘザーリントン

2017年7月4日





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

デイビッド・レヨンフジェルム上院議員は、
風力タービンが人間の健康に悪影響を及ぼすと
強く思っている
ニュージーランドに拠点を置く
科学的なコンサルタントの
ブルース・ラップリーを含む
何人かの候補を提案しました。

ラップリー博士の立場は、
風力発電所が
直接健康問題を引き起こすことについて
信頼性や一貫性のある証拠が
存在しないという
国立保健医療研究評議会による調査結果と
対立しています。

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html


国立保健医療研究委員会は、
ヒトの健康に対する風力発電所の影響の
根拠に基づく理解を豊かにするために
330万ドルとなっている2つの補助金を与えました。

サウスオーストラリア・フリンダーズ大学の
NHMRC(国立保健医療研究委員会)資金による研究は、、
風力発電所の騒音と影響、
例えば不快感と
減少した睡眠と生活の質の関係を調査します。

ニューサウスウェールズ大学での研究は、
風力発電所の近くに住む人々の
健康に影響を与える可能性について
より広範な社会的、環境的状況を調査します。

シドニーのウールコック医学研究研究所からの
二回目の調査の研究者は、
2つの試験を実行する予定です、
1つは実験質で、もう一つは住宅内で、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を調査します
― タービンから放射される不可聴音
― ここに与える。

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所
http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html


大勢の人は、6ヵ月の間
彼らのベッドルームで
新しい風力発電所健康研究の一部として、
「聞こえない音」にさらされます。

その他の人は、専用の実験室での
3日間の期間にわたって
タービン、大きな交通騒音と
静寂から放射する超低周波不可聴音にさらされます。

インフラサウンド(超低周波不可聴音))は
人間が聞くことができない
非常に低い音の周波数の波を指します。

最初の研究において、
40人は、異なる週末に学会の研究所で
超低周波不可聴音、沈黙と交通騒音にさらされます。

住居の研究に
120のNSW(ニューサウスウエールズ州)の
世帯が関係します。

そして、それは
特注装置を6ヵ月の間
彼らのベッドルームに取り付けておきます。

参加者は、彼らの装置が
彼らを超低周波不可聴音にさらすかどうか、
または、彼らが
超低周波不可聴音をリリースしない
見せかけの装置を持っているかどうかわかりません。

「彼らはベッドサイドのテーブルと
ほぼ同じサイズのボックスを受け取ります。」と
調査者のナサニエル・マーシャル准教授は
AAPに話しました。


-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html


連立上院議員クリスバックは
「予防措置」として
プロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの
呼びかけに参加します

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

風が吹かないときは、
電力が流れないだけではないということです。
それは、発生した代替電力によって
CO2排出が汲み出されることを意味します。

現実の世界では、鉱物評議会が昨日指摘したように、
クイーンズランド州と
ニューサウスウェールズ州の水曜日の朝
総発電量の92%は
黒炭に由来し、風力からはほとんどゼロでした。

ビクトリア州では98%が褐炭で、風力はほとんどゼロでした。
サウスオーストラリア州は、
ガスからが96%、風からは約3%でした。
それを加えて、
4州をまたいで化石燃料からが98%でした。

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


スプリング博士は、睡眠の専門家として、
GPによって彼に言及された患者のみを見ているため、
風力タービンの健康への影響に苦しんでいた患者の
実際の数はおそらくはるかに多かったと言います。


「影響を受けた人々の一部は、
他の場所に行って
睡眠をとって対処しようとしており、
一部の人は売って引っ越しました。」と、
彼は言いました。

「もう一つ混乱している要因は、
農場に風力タービンを持っている農家は
機密保持契約に拘束されているため、
苦情を提起できないということです。」

なんて自制的な地方の患者だろうと
私は、いつも思いました、
そして、この自制的な集団のうち、
最も自制的なのは農民であり、
このグループが苦情申立ての大部分を占めています。
医師として、私たちは患者の声を聞き、
その症状を記録するように訓練されています。
適切な科学的説明がない場合、
私たちはそれらを退けるだけではありません。
むしろ調査を行い、何の説明も見つからなければ、
私たちは何が生じるているかを見るために
彼らを観察し続けます。
我々にはそれを証明する
論争の余地のない証拠がない限り、
彼らが『ものを想像している』とは
我々は、言いません。


スプリング博士は、
風力タービンの健康被害者と政府当局者の両方に、
風力タービンの近くで
厄介な症状を経験していた人々を
すばやく退けないように注意しました
なぜなら、現在の科学的証拠の欠如のために、
特に新世代のタービンが
彼の元の患者の近くのものよりも
はるかに大きいときに起こるからです。

ドナルド・トーマス氏(Donald Thomas)は、
風力タービンが
ワアブラ(Waubra)の両親の資産の隣で
スイッチを入れるまで
風力タービンは未来への道であると考えていました。
今や彼は風力タービンを
彼らの裏庭に置くことに関して
情報に基づいた選択をすることができるように、
人々に情報を提供したいと考えています。


「彼らがワアブラの風力発電所を提案したとき、
私は風力発電所に関するいくつかのデータ表を得ました、
そして、私は熱心にそれを宣伝していましたが、
始動するとすぐに私は気が変わりました。」と
ドナルド氏は言いました。

ドナルド氏の両親は
225エーカーの敷地の三方にタービンを持ち、
最も近いところは1200メートル離れています。

「発電機やファンのような高い音が聞こえることがあります。
私はこれらがちょっとした初期トラブルだと思いました。
私はその後、耳に圧迫を感じ始め、
副鼻腔の痛みを感じ、本当に強烈な頭痛を覚えました。
それはあなたの額のまわりを
バンドで誰かが締めていたようでした。
私は首に問題があったに違いないと思いました。」と、
彼は言いました。


「ある日、私の両親はどちらもひどい頭痛を覚えました。
数日後、私は地域社会のイベントに出席し、
ひどい頭痛について話している女性のことを聞きました。
そして、私は言いました
「これはこの前の木曜日でしたか?」
彼らはそれが私たちにも起こったとは信じられませんでした。
それらの女性は以来、その地域を去りました。


彼は、当初は苦情の登録がなかったので、
初期に影響を受けた多くの人々が
苦情は文書化されていないと言いました。

ドナルド氏は、彼が主張する理由の1つは、
同じことが他の人に起こるのを止めることだと語った。
「西ビクトリア州だけで
1000台以上の新しいタービンが計画されており、
ワアブラのロータススイープの
最大4倍のタービンが計画されています。
これらの巨大なサイズの増加と
人口ばく露の増加を組み合わせれば、
私たちは大きな問題を抱えていると信じています。
そして、EPA(環境保護庁)は依然として
ビクトリア州で
独立した騒音試験を課せられていません。

「彼らが人々への健康影響を完全に認めるまで、
規則は変わらないでしょう。
彼らは、より大きな、
独立した研究を行う必要があります。
特別な可聴特性が認められ、実施されれば、
彼らはワアブラで
タービンを動かすことは許されません。」

ドナルド氏は、彼、彼の家族と
彼のコミュニティのメンバーを狙う
絶え間ない批判は、
耐えるのが最も難しいものであると言いました。

「それはあなたを傷つけます。
あなたは本当に気分がすぐれない日を過ごしています。
風力会社が人々にしていることのために
若干の所有権を引き受けるようにお願いしたいと
思っています。
からこそ私たちは
人々に情報を伝えるために
情報を入手しなければならないのです。
企業があなたに語っていることすべてを
信じてはいけません。
毎日タービンと生活しなければならない
私たちのところに来て、話してください。


Download a PDF version of this story in the Hamilton Spectator
このHamilton SpectatorのストーリーのPDF版をダウンロードする

http://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2017/05/
Spring-W-Wind-turbines-echo-seasickness-media-release.pdf


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html


---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-04 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>31-オーストラリア:風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




2017年6月7日




31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/



David Crowe



ターンブル政権(Turnbull)が
停電や価格上昇を避けるために、
セクターの劇的な見直しを準備する中、
風力や太陽光発電所は
信頼できるエネルギーを保証するために
厳しい基準を満たすことを強いられます。





風力発電や太陽光発電が失敗した場合には、
再生可能エネルギープロジェクトによって
バッテリーを設置させるか
ギャップを埋めるバックアップシステムのための
新しいルールが提案されています
そして、供給の安全を確実にする義務について
緑の党と火花をちらします。





バッテリーから水力発電に至る
大規模な蓄電への投資は、
チーフサイエンティストの
アラン・フィンケル氏(Alan Finkel)による
エネルギーセキュリティレビューの主要テーマであり、
明日は連邦と州の指導者に委ねられます。



緊張が高まる中、この計画は、
ガスや石炭の電力を奨励できる
「低排出目標」のための
フィンケル博士の提案に対して、
トニー・アボット氏は
石炭火力電力を
より高価にする可能性があるというリスクで
彼の「不安」を宣言しています。




議会での戦いは、
政府が緑の党の激しい反対の上に
新しい目標を課すことができるかどうかを
決定するでしょう。
変更に対して抵抗感を持たない労働党とともに
業界の専門家は確実性を確保するために
超党派の取引を要求しています。






この計画は、ジョン・ハワードが
10年前に連合政策として取り入れた
クリーン・エネルギー目標と同様であり、
メガワット時あたり0.2トンの炭素の
よりクリーンな電力の基準を設定します
– それは新しい概念のために議題にのっている
0.7の標準よりはるかに厳しい。




オーストラリアンは、
フィンケルの報告書の保存について重視しています。
チーフサイエンティストが明日の
マルコム・ターンブル(Malcolm Turnbull)と
ホバート州知事に概要を説明するように、
信頼性の要件を厳しくする改革の場を明確にするだろう。




風力発電所や太陽光発電機は、
主電源が故障した場合には、
新しいプロジェクトのコストを引き上げ、
これがどのように顧客に引き継がれるかについての
論争を呼び起こすために、
独自のバッテリ
または水力発電システムを設置する必要があります。




ターンブル氏は、昨年9月に
暴風が全国的な停電を引き起こした際に、
南オーストラリア州の風力発電所への
依存度が高いとの紛争で、
断続的な再生可能エネルギーによる
エネルギー網へのリスクを警告しました。




ジョシュ・フライデンバーグ
(Josh Frydenberg)、エネルギー相は、
風力発電の間欠性を「扱うのは非常に難しい」と
警告している。
電力供給源が1日の国家供給の100%から
次の電力供給のほとんどの範囲に及ぶ場合には、
グリッド全体のエンジニアリングの課題が生じます。




回顧的勅令が投資の確実性を促進するという
政府の定められた目的を賞賛するならば、
既存の再生可能エネルギー供給者に
電池の設置を強制する提案はありません。




新しいアプローチのためのテンプレートは、
タウンズビルの
ジェネクス・パワー社(Genex Power)が開発した
キッドソン・ソーラープロジェクト
(Kidston Solar Project)であり、
50メガワットの太陽電池パネルが、
使用されていない金鉱山のポンプによる
水力発電プロジェクトにリンクされ、
太陽光発電が落ちたとき
水力発電をオンに切り替えることができます。




緑の党の気候広報担当者、
アダム・Bandt氏(Adam Bandt)は、
新しい義務を再生可能エネルギー供給者に
与えるという考えを攻撃した。





「大規模な石炭、大型ガス、
そして政府はエネルギーセキュリティを
再生可能エネルギーの問題にしたいと考えているが、
現実には最近のNSWので見たように、
化石燃料発電機自体は
常にオンデマンドで発電することができないと
Bandt氏は述べた。




「最小限のストレージ要件など、
別個の付随サービス市場
または非市場メカニズムを作成するのではなく、
再生可能エネルギーに
ストレージを取り付けることを要求することは、
競争が減り、ストレージ会社が自国の電力市場に
参加することができなくなる」と語った。




フライデンバーグ氏は、信頼性の必要性が
イデオロギーよりも重要であると述べた。


「緑の党は常軌を逸した左翼の指導者であり、
どのようにして彼らがまっすぐな顔で
自分自身を鏡で見ることができるのか分からない。」と、
彼は言いました。

「より多くのストレージをグリッドに入れることは、
より安定した手頃な電力システムの鍵です。」




政府が再生可能エネルギー目標の現在の目標を設定し、
オーストラリアの排出量を
26〜28%削減することを決定したアボット氏は
昨日低排出目標や
クリーンエネルギー目標の見通しについて懸念を表明した。

「報告書に基づく私の不安は …
フィンケル氏の報告書が推奨しているシナリオは、
2030年までに50%でなく
70%を再生可能とするということです。」と述べた。




「石炭は、はるかに安価な基本負荷電力の形態であり、
ほとんどの年で最大の単一輸出であり、
総発電量の65%から20%になります。」




「新しい効率的な石炭火力発電所を建てることを
不可能にするものはなんでも大きな間違いです。」と述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

デイビッド・レヨンフジェルム上院議員は、
風力タービンが人間の健康に悪影響を及ぼすと
強く思っている
ニュージーランドに拠点を置く
科学的なコンサルタントの
ブルース・ラップリーを含む
何人かの候補を提案しました。

ラップリー博士の立場は、
風力発電所が
直接健康問題を引き起こすことについて
信頼性や一貫性のある証拠が
存在しないという
国立保健医療研究評議会による調査結果と
対立しています。

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html


国立保健医療研究委員会は、
ヒトの健康に対する風力発電所の影響の
根拠に基づく理解を豊かにするために
330万ドルとなっている2つの補助金を与えました。

サウスオーストラリア・フリンダーズ大学の
NHMRC(国立保健医療研究委員会)資金による研究は、、
風力発電所の騒音と影響、
例えば不快感と
減少した睡眠と生活の質の関係を調査します。

ニューサウスウェールズ大学での研究は、
風力発電所の近くに住む人々の
健康に影響を与える可能性について
より広範な社会的、環境的状況を調査します。

シドニーのウールコック医学研究研究所からの
二回目の調査の研究者は、
2つの試験を実行する予定です、
1つは実験質で、もう一つは住宅内で、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を調査します
― タービンから放射される不可聴音
― ここに与える。

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所
http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html


大勢の人は、6ヵ月の間
彼らのベッドルームで
新しい風力発電所健康研究の一部として、
「聞こえない音」にさらされます。

その他の人は、専用の実験室での
3日間の期間にわたって
タービン、大きな交通騒音と
静寂から放射する超低周波不可聴音にさらされます。

インフラサウンド(超低周波不可聴音))は
人間が聞くことができない
非常に低い音の周波数の波を指します。

最初の研究において、
40人は、異なる週末に学会の研究所で
超低周波不可聴音、沈黙と交通騒音にさらされます。

住居の研究に
120のNSW(ニューサウスウエールズ州)の
世帯が関係します。

そして、それは
特注装置を6ヵ月の間
彼らのベッドルームに取り付けておきます。

参加者は、彼らの装置が
彼らを超低周波不可聴音にさらすかどうか、
または、彼らが
超低周波不可聴音をリリースしない
見せかけの装置を持っているかどうかわかりません。

「彼らはベッドサイドのテーブルと
ほぼ同じサイズのボックスを受け取ります。」と
調査者のナサニエル・マーシャル准教授は
AAPに話しました。


-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html


連立上院議員クリスバックは
「予防措置」として
プロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの
呼びかけに参加します

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

風が吹かないときは、
電力が流れないだけではないということです。
それは、発生した代替電力によって
CO2排出が汲み出されることを意味します。

現実の世界では、鉱物評議会が昨日指摘したように、
クイーンズランド州と
ニューサウスウェールズ州の水曜日の朝
総発電量の92%は
黒炭に由来し、風力からはほとんどゼロでした。

ビクトリア州では98%が褐炭で、風力はほとんどゼロでした。
サウスオーストラリア州は、
ガスからが96%、風からは約3%でした。
それを加えて、
4州をまたいで化石燃料からが98%でした。

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


スプリング博士は、睡眠の専門家として、
GPによって彼に言及された患者のみを見ているため、
風力タービンの健康への影響に苦しんでいた患者の
実際の数はおそらくはるかに多かったと言います。


「影響を受けた人々の一部は、
他の場所に行って
睡眠をとって対処しようとしており、
一部の人は売って引っ越しました。」と、
彼は言いました。

「もう一つ混乱している要因は、
農場に風力タービンを持っている農家は
機密保持契約に拘束されているため、
苦情を提起できないということです。」

なんて自制的な地方の患者だろうと
私は、いつも思いました、
そして、この自制的な集団のうち、
最も自制的なのは農民であり、
このグループが苦情申立ての大部分を占めています。
医師として、私たちは患者の声を聞き、
その症状を記録するように訓練されています。
適切な科学的説明がない場合、
私たちはそれらを退けるだけではありません。
むしろ調査を行い、何の説明も見つからなければ、
私たちは何が生じるているかを見るために
彼らを観察し続けます。
我々にはそれを証明する
論争の余地のない証拠がない限り、
彼らが『ものを想像している』とは
我々は、言いません。


スプリング博士は、
風力タービンの健康被害者と政府当局者の両方に、
風力タービンの近くで
厄介な症状を経験していた人々を
すばやく退けないように注意しました
なぜなら、現在の科学的証拠の欠如のために、
特に新世代のタービンが
彼の元の患者の近くのものよりも
はるかに大きいときに起こるからです。

ドナルド・トーマス氏(Donald Thomas)は、
風力タービンが
ワアブラ(Waubra)の両親の資産の隣で
スイッチを入れるまで
風力タービンは未来への道であると考えていました。
今や彼は風力タービンを
彼らの裏庭に置くことに関して
情報に基づいた選択をすることができるように、
人々に情報を提供したいと考えています。


「彼らがワアブラの風力発電所を提案したとき、
私は風力発電所に関するいくつかのデータ表を得ました、
そして、私は熱心にそれを宣伝していましたが、
始動するとすぐに私は気が変わりました。」と
ドナルド氏は言いました。

ドナルド氏の両親は
225エーカーの敷地の三方にタービンを持ち、
最も近いところは1200メートル離れています。

「発電機やファンのような高い音が聞こえることがあります。
私はこれらがちょっとした初期トラブルだと思いました。
私はその後、耳に圧迫を感じ始め、
副鼻腔の痛みを感じ、本当に強烈な頭痛を覚えました。
それはあなたの額のまわりを
バンドで誰かが締めていたようでした。
私は首に問題があったに違いないと思いました。」と、
彼は言いました。


「ある日、私の両親はどちらもひどい頭痛を覚えました。
数日後、私は地域社会のイベントに出席し、
ひどい頭痛について話している女性のことを聞きました。
そして、私は言いました
「これはこの前の木曜日でしたか?」
彼らはそれが私たちにも起こったとは信じられませんでした。
それらの女性は以来、その地域を去りました。


彼は、当初は苦情の登録がなかったので、
初期に影響を受けた多くの人々が
苦情は文書化されていないと言いました。

ドナルド氏は、彼が主張する理由の1つは、
同じことが他の人に起こるのを止めることだと語った。
「西ビクトリア州だけで
1000台以上の新しいタービンが計画されており、
ワアブラのロータススイープの
最大4倍のタービンが計画されています。
これらの巨大なサイズの増加と
人口ばく露の増加を組み合わせれば、
私たちは大きな問題を抱えていると信じています。
そして、EPA(環境保護庁)は依然として
ビクトリア州で
独立した騒音試験を課せられていません。

「彼らが人々への健康影響を完全に認めるまで、
規則は変わらないでしょう。
彼らは、より大きな、
独立した研究を行う必要があります。
特別な可聴特性が認められ、実施されれば、
彼らはワアブラで
タービンを動かすことは許されません。」

ドナルド氏は、彼、彼の家族と
彼のコミュニティのメンバーを狙う
絶え間ない批判は、
耐えるのが最も難しいものであると言いました。

「それはあなたを傷つけます。
あなたは本当に気分がすぐれない日を過ごしています。
風力会社が人々にしていることのために
若干の所有権を引き受けるようにお願いしたいと
思っています。
からこそ私たちは
人々に情報を伝えるために
情報を入手しなければならないのです。
企業があなたに語っていることすべてを
信じてはいけません。
毎日タービンと生活しなければならない
私たちのところに来て、話してください。


Download a PDF version of this story in the Hamilton Spectator
このHamilton SpectatorのストーリーのPDF版をダウンロードする

http://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2017/05/
Spring-W-Wind-turbines-echo-seasickness-media-release.pdf


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html


---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-03 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR