騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<39-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>ぜひ⇒39-オピニオン、オーストラリア:風力発電業界に関する調査の時間…王立委員会(Royal Commission)に 風力発電所について呼び掛けている~それらは風光明媚な農業地域を鉄の海に変えています - 工業地域…ジョン・カーター | 関連記事| ぜひ!→<風力発電>英国:壊れて、そして、さびています、これが英国の『風のラッシュ』の将来ですか?…風力発電懐疑論者は、 国中でオペレーションに約38,000塔がある一方で、 米国中の14,000台のタービンが 80年代以来放棄されたと推測します // 【お知らせ】 | 決定しました⇒おとしんの,懇親会/2018年8月5日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調











<39-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>





2018年5月18日




ぜひ!⇒
38-オピニオン、オーストラリア
◇Time for inquiry into windfarm industry
風力発電業界に関する調査の時間

(The Land | 2018年5月18日)
https://www.theland.com.au/story/5401867/time-for-inquiry-into-wind-farm-industry/



■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5438.html



John Carter



画像:

ジョン・カーター氏(John Carter)は
王立委員会(Royal Commission)に
風力発電所について呼び掛けている
彼は言います
それらは風光明媚な農業地域を鉄の海に変えています
- 工業地域。


=======================================



政府は最近、金融サービス業界において
王立委員会(Royal Commission)を強いられました。



我々はなぜ彼らがそんなに反対したのかが分かります。



風力発電所への別の見通しを見て回る時間です。



いくつかの元および現国務副大臣と官僚と
クリーンエネルギー機関は、
非常に厄介な質問に直面しなければなりません。



少数の勇敢な上院議員のおかげで、
私たちは風力発電委員会長を雇っています。



しかし、彼には力はありません。



彼の2番目の年次報告書は、
様々な州による風力発電計画の規制の欠如
または変動についての詳細な説明です。




数年前、シドニー大学の上級エネルギー教授は、
オーストラリアの内陸風力発電所は
政府の補助金なしで実行できないと私に話しました。




そこは一貫した風が十分ではありません。



私たちの政府は、海外の風力発電開発業者に対し、
年間タービンあたり最大150万ドルの補助を行っています。




私たちはただで永遠に私たちの景観を奪っています。



ハワイや西部アメリカで
海外に数千の錆びたタワーが証言するように
タービンの除去は高価すぎる。※おとしん:注)




狂気。



私がこのコラムを書いているとき、
(Crookwell 1)の8基のタービンは1週間回転していません。



風はありませんでした。



20年以上の間、
それは20%の効率を達成することはできませんでした。




風力発電所は清潔で親しみやすく、
健康に影響を与えないと主張しているが、
景観と価値観は大きな疑問を投げかけています。



私がクロックウェル議会(Crookwell Council)で
オーストラリアの最初の工業用風力発電所
(Crookwell 1)の同意について取り組んでから21年です。




景観の良い農業地域を鉄鋼の海域、
つまり工業地帯に変えてしまう危険性があると
私は言いました。



それが今起きている。


非常に多くの訪問者から評価された澄んだ夜の空でさえ、
『Crookwell 11』の150メートルのタービンの上の
21個の赤いライトで脅かされています。



風力発電所のホストは、
風力タービンのインフラにおけるタイトル所有者の
土地の価値の20倍(政府の補助金の大部分)を
投資した開発者を制御できません。



ホストは、彼らが契約したことを理解していませんでした。



3つの最近の地元の不動産売却により、
ホストの風力発電所が
30〜40%の価値を失うことが確認されました。




8台のタービンがある
(Crookwell 1)のホストファームは
2900ドル/エーカーで販売されています。



同様の玄武岩質土のCrookwellから等距離にある
劣悪ではあるがタービンのない建物は
4100ドルで売られました。




進行中の無駄な景観の荒廃は止めなければなりません、
原子力が政治的に不可能であるため
ソーラーが引き継いでいます。





※ このコラムの著者
ジョン・カーター氏(John Carter)については
昨日(2018年5月24日 18時)エントリした
以下の記事をご参照ください。



2018/05/24
<38-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>
2017年7月24日
38-オーストラリア
◇Wind farm debate rages on after almost 20 year-presence in southern NSW district
風力発電所の議論は、ニューサウスウェールズ州(NSW)南部地区でほぼ20年間続いています

(ABC News | 2017年7月24日)
http://www.abc.net.au/news/2017-07-24/wind-farms-debate-rages-on-southern-nsw-district/8733184

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5441.html



 

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。





----------------
関連記事
----------------

※おとしん:注)

ハワイや西部アメリカで
海外に数千の錆びたタワーが証言するように
タービンの除去は高価すぎる。




2013-03-21 : 風力発電
ぜひ!→
英国
◇Broken down and rusting, is this the future of Britain's 'wind rush'?
壊れて、そして、さびています、これが英国の『風のラッシュ』の将来ですか?

(The Daily Mail, 19 March 2012 )
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2116877/Is-future-Britains-wind-rush.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-1852.html


By Tom Leonard


それはどんなガイドブックにもありませんが、
はっと思わせるような光景は
驚くほど美しいハワイ島の最南端に旅行する人々を待ちます。
過去の壊れた "キープアウト"の看板のある
100エーカーのサイト上で、
牛がさまよい歩き回るところに、
たくさんの風車のさびた骨格が、立っています。



徒歩ですぐの場所、手つかずの砂浜には
絶滅しそうなモンクアザラシおよびタイマイを
見つけることができます。
環境の保存に関してあると思われる技術は、
代わりにそれを損ねています。




米国の他の地域において、動く風力タービンは
毎年何十万もの鳥とコウモリを殺しています、
しかし、ここでは、野生生物は
静止した鋼のブレードで羽を休めることができます。

・・・・・・・

まだ27年のKamaoaウィンドファームは、
アメリカのいわゆる "風のラッシュ'、
風力エネルギーで『世界初の大規模な実験のブーム』と
不名誉なバーストの遺物のままです。



EUと英国政府が風力発電のための
全額払込の布教者である時に、
アメリカからのレッスン
-そして、この遠く離れた海岸上の気味悪い残骸
—からの教訓は、
それらの愚行の警告であるべきです。




80年代の初めには、
地球を救うことを提案していた人々はほとんどいませんでした。

「風のラッシュ」は、
米国に何千もの風力タービンを浴びせるために、
一獲千金的な会社が馬鹿らしく
大幅な免税を開発した無制限の自由競争でした。

・・・・・・・

本当に、車輪がもう一度風力エネルギー
うまい立場から離れるならば、
米国で30年前に起こったことが
ここ数年の間に英国で簡単に繰り返されることができると、
アメリカで増加する風力発電懐疑論者の一団は、主張します。



そうすると、何が間違っていた?
他の動力源をまわりに捜さなければならなかったと
アメリカに信じさせた
70年代後半のオイルショックから、それは始まりました。
しばらく、風力は化石燃料に代わる重大なものであると
考えられました。


・・・・・・・・・


一部のタービン・メーカーは倒産して、
予備部品もありませんでした。

カリフォルニア・エネルギー委員会によると、
助成金の崩壊は、ほぼ20年の間、
国の巨大な風力エネルギー産業を遅れさせました。

・・・・・・・・


真実は、さらにほとんどが、それが見かけより
電気を生産していないかもしれないということです。

多くはブレードが
ちょうどオイルがメカニズムの周りを動かし続けるために
回転し続けているモードに切り替えていますが、
全く電気は生成されません。


残念なことに、
風のラッシュの間の風車建設の熱狂は、
景観を破滅させるだけでなく、野生生物を損ないました。


アルタモンテ峠の5,000-タービン風力発電所が
鳥のための主要な移動経路であると、
ほとんど誰も気がつきませんでした。



全国オードゥボン協会(アメリカのRSPB)は、
それを『おそらく、風力エネルギー・プロジェクトのために
これまでに選ばれる最悪のサイト』と呼びました。




最高80羽の保護されたイヌワシ、
380のアナフクロウ、
300羽のアカオノリスと
330羽のタカを含む約10,000羽の鳥は、
アルタモンテの集められた列のタービンブレードで、
毎年細かく切られていました
— 何千ものコウモリは言うまでもなく
— 怒った環境保護論者が
4年前アメリカの『最も致命的な』風力発電所を訴えるまで。




その結果、移動シーズン中の大虐殺の原因を避けるために、
毎年4ヶ月の間はゆっくり停止することに合意しました。
モハーベ砂漠の端にあるテハチャピ峠のさらに南に行くと、
あなたも、風力タービンの下に
イヌワシの死骸を見つけることができます。




悲惨にも、これらの威厳のある創造物は、
特にかれらが獲物を捜すことに専念している場合、
最大毎時200マイルの速度で回る
風力タービンブレードの森林を通って
かれらが演習することを困難にします。



ミネソタとオレゴンでは、その問題は非常に重大なので、
ウインド・ファームはライセンスを探す
イーグルを申請することにより国民の非難を引き寄せました。



米国では、風エネルギーに関する
大きな反語のうちの1つは、
そのために最も
(地球に関心がある野生生物保護論者)元気づけることを
期待するかもしれない人々が、
その最も騒々しい批評家であるということです。



あなたが統計を一瞥すれば難しいことではありません。



アメリカのバードコンサーバンシーは、
風力タービンは、
毎年75000から275000羽の鳥を殺すと推定しています。



保護原因が、唯一の問題ではありません。
倒れているタービンについての恐怖話があります。




そして、稲妻に打たれた後に燃え出します。
そして、脈うっているディスコのような
神経にこたえる低い周波数ノイズ、
日光で方向感覚を喪失させるストロボ影響、
ブレードから氷の致死的破片が投げつけられます。




ハワイには、6つの放棄された
ウインド・ファームがありますが、
うんざりした地方自治体が訴える恐れがあった後、
何十年も遅れて - -
カリフォルニアの放棄されたタービンのうちのほとんどは
現在は削除されています。


・・・・・・・

しかし、タービンの所有者が彼の投資から逃げたか、
破産したならば、
1塔につき1,000ドルのクリーンアップ請求を
払わなければならないのは
土地を所有している不幸な農民または牧場主でした。

そうすると、
どれだけの風車が米国中で放棄されましたか。

それは風好きのための激しく微妙な主題です、
この人は言い抜けるだろう、

それは、あなたがどのように定義するかに依存します
「放棄された。」
それらのスイッチが何年も切られても、
それらは例えば、今日再び働いている
いくつかのものを数えませんでした。



さらに、それらは、
さびに残されたもののうちの多数が
技術的にとにかく時代遅れで
ごみ捨て場のためにセットされた、と主張します。



風力発電懐疑論者は、
国中でオペレーションに約38,000塔がある一方で、
米国中の14,000台のタービンが
80年代以来放棄されたと推測します。



ポール・ガイプ氏は、
カリフォルニアで廃棄された数が約4,500であると主張します。
それに500は静置です。



ハワイ(それはすぐに新しい補助金が交付された
ウインド・ファームを得ることである)では、
アンドリュー・ウォールデン氏は、
メーカーが時間出力当たり機械の印象的なキロワットだと
いかなるタービンの自慢をしても、
政府支援でのみ残存することができる
あらゆる産業に関する扱いにくい問題が残ると主張します。



「歴史からの重要な教訓は、補助金が行く場合、
ウインド・ファームが行くということです。」
彼は私に伝えました。
「それはそれらを維持するためにあまりにコストがかかります。
また、それらはちょうど放棄されます。」



アメリカ人がその考えの上でクールになっている
ちょうどその時に
英国政府は許可を通じて
何千もの新しいタービンを要求しています。
どれくらい皮肉ですか。



最新の数字は、風力エネルギーの米国の投資は
38%昨年急落を示しています。
専門家たちは、電気を買うそこではなく、
あまりにも多くのタービン、十分な人々がそこにあると言う。



議会の共和党は、
年の末に風力エネルギーの20年を経た助成金を
減らすことを望んでいます。


・・・・・・・



* 2012年3月19日の記事です。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------



更新日:2018年5月30日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】




・これから、各カテゴリの最新記事をエントリする予定です。
 途中がかなり飛ぶものもあります。
 ご容赦いただければ幸いです。



・2018年5月30日、以下の記事をエントリしました。

2018/05/30
企業撤退⇒6-洋上風発:マサチューセッツ州ケープウィンド・プロジェクト>
2017年12月8日
6-マサチューセッツ州
◇With Cape Wind’s demise, Alliance vows ‘never again’
ケープ・ウインドの消滅で、同盟は「もう二度とない」と誓う

( capecod.wickedlocal.com|2017年12月8日)
http://capecod.wickedlocal.com/news/20171208/with-cape-winds-demise-alliance-vows-never-again
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5450.html


・企業の計画申請が当局に拒否された場合
訴訟に移行するケースが一般的でしたが
このところ、企業が『撤回』を選択するケースが見受けられます。



・2018年5月25日、以下の記事をエントリしました。

2018/05/25
撤回⇒5-オーストラリア:NSW州ジュピター風力発電所>
2018年3月22日
ぜひ!⇒
5-レター、オーストラリア
◇Getting the message on Jupiter wind farm
ジュピター風力発電所が伝えようとしていることを理解する

(Goulburn Post | 2018年3月22日)
https://www.goulburnpost.com.au/story/5299853/letters-to-the-editor/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5437.html


・2018年5月23日、以下の記事をエントリしました。

・インディアナ州:カス郡も、オーストラリア・ジュピターのケースと同様に
企業側が『撤回』を選択しました。

・住民だけではなく、行政も議会も、条例等の設置で
風車建設を拒否するケースが目立ってきています。


2018年5月23日
撤回⇒9-インディアナ州:カス郡(Cass)風力発電所問題>
2018年5月11日
ぜひ!⇒
9-意見 、インディアナ州
◇Wind farm neighbor: What you should consider
風力発電所の隣人:あなたは何を考慮すべきか

(Pharos-Tribune | 2018年5月11日)
http://www.pharostribune.com/opinion/columns/article_b67983ae-65ed-5bf1-867e-ad2123255170.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5436.html




・2018年5月16日、以下をエントリしました。

2018/05/16
<5-オーストラリア:NHMRC委託による風車の健康への影響調査>
2018年5月3日
5-オーストラリア
◇World-first wind turbine study calling on Macarthur residents
マッカーサー(Macarthur)の住民に呼びかけている世界初の風力タービン研究

(Campbelltown-Macarthur Advertiser | 2018年5月3日)
https://www.macarthuradvertiser.com.au/story/5378500/world-first-wind-turbine-study-calling-on-macarthur-residents/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5419.html

住宅の外側にある発生源から放射される音や振動が
   住宅の壁や床などを通して被害者が住宅の中で曝される
  その人体が共振するような振動や音を
   この実験で用いられる音が再現しているのか・・・?
   スティーブン・クーパー氏の実験室では、それを再現できたということですが…
  今後発表される記事等を注視したいと思います (おとしん:注)



・2018年5月12日、13日に以下をエントリしました。

<✤アイオワ州:TPIニュートン工場の化学物質曝露訴訟>
2017年12月16日
ぜひ!⇒
① 1/2~2/2-アイオワ州
◇Chemical exposure results in injuries, pink slips at Iowa wind blade maker, lawsuits claim
アイオワ州の風力ブレードメーカーにおける化学物質曝露は傷害、解雇通知をもたらしたと、訴訟は主張する

(The Des Moines Register | 2017年12月16日)
https://www.desmoinesregister.com/story/money/business/2017/12/16/
former-tpi-iowa-workers-claim-they-were-fired-after-chemical-exposure/844600001/

2018年5月12日 1/2
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5402.html

2018年5月13日 2/2
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5403.html



・『病気への経路:オーストラリアの法廷は、
風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける 』


上記に関しては以下の拙ブログカテゴリをご参照ください。
<*オーストラリア:ワアブラ財団の控訴審判決と健康への悪影響>


・超低周波音/超低周波音不可聴音/インフラサウンドに関連した論文は
以下の拙ブログカテゴリで。
#61から、『<part 2-論文-低周波不可聴音>』に移行する予定です。
<論文-低周波不可聴音>


・2018年4月16日、以下をエントリーしました。

<論文-超低周波不可聴音>
2017年6月25–29日
ぜひ!⇒
オーストラリア/米国 第173回アメリカ音響学会
◇Subjective perception of wind turbine noise
風車騒音の主観的認識

(173rd Meeting of the Acoustical Society of America|2017年6月25–29日)
https://docs.wind-watch.org/Cooper-subjective-perception.pdf

・2017年10月12日にエントリした以下の論文に関連しています。

2017-10-12
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン

―引用
タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]は
風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)は
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。
 ―引用終わり


・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)


・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年8月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年8月5日(日)

会場オープン 午前10時00分
開始       午前10時00分
終了      午後12時00分
参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。




2018-05-31 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<38-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>38-オーストラリア:風力発電所の議論は、ニューサウスウェールズ州(NSW)南部地区でほぼ20年間続いています // 【お知らせ】 | 決定しました⇒おとしんの,懇親会/2018年8月5日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調











<38-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




2017年7月24日




38-オーストラリア
◇Wind farm debate rages on after almost 20 year-presence in southern NSW district
風力発電所の議論は、ニューサウスウェールズ州(NSW)南部地区でほぼ20年間続いています

(ABC News | 2017年7月24日)
http://www.abc.net.au/news/2017-07-24/wind-farms-debate-rages-on-southern-nsw-district/8733184



By Gavin Coote



写真:牛の生産者であるジョン・カーター氏
(John Carter's)は、近くに計画されている
はるかに大きな風力発電所を心配しています。
(ABC Central West: Gavin Coote)


=================================================




アッパー・ ラックラン・シャイア
(The Upper Lachlan Shire)は、
オーストラリアの風力発電の首都として賞賛されていますが、
誰もがニューサウスウェールズ州南部の台地での
タービンの拡散に満足しているわけではありません。




シャイアには9つの大規模な風力発電所があり、
もう1つは承認待ちです。




これらのプロジェクトのいくつかは
ほぼ20年間運転されていますが、
風力エネルギーは依然として
地域社会において分裂的な問題です。





Crookwell grazierの
ジョン・カーター氏(John Carter)は
牛に餌をやり終えると、
Great Dividing Rangeにある自分の農場を見渡し、
遠くに迫ってくる8つの風力タービンを見つめます。




それらはオーストラリア東部の最初の風力発電所
- 『Crookwell One』の一部です。




カーター家は138年間にわたりこの建物を所有していて、
近くには新しい、
はるかに大きな風力発電所の展望があります
- 『Crookwell Two』
- それがカーター氏を不安にさせています。





「それはウーロンディリー バレー
(Wollondilly Valley)を完全に変えるだろう、
それはすべて比例していないだろう」とカーター氏は語った。




「古いランドマークのマウント・ワヨー(Mount Wayo)、
ピグメント・ヒル(Pigments Hill)、
モニュメント(Pigments Hill)は、
もはや支配的な機能にはなりません。

タービンタワーが支配的な特徴となりました、
それが本当につらいです。」




カーター氏は19年前、
まだ風力タービンの存在に熱が入っていませんでした。




「それは妻に大きな負担をかけています。
風が一定の方向から来ると
卒中に襲われるているかのように見え
彼女は恐ろしい頭痛を覚えます。」と彼は言った。



より大きな、より新しい地元の風力発電所は
牧羊業者を不快にしています。




カーター地方から西に25キロ走っているのは、
最近までニューサウスウェールズ州で最大の
風力発電プロジェクトだった
グレンレンジ(Gullen Range)風力発電所です。




羊の群れは、シドニーハーバーブリッジと
同じ高さのタービンの下で放牧します。




この土地は第4世代の農家
カール・バンフィールド氏(Carl Banfield)に属しています。




「私は、異種交配の雌羊をタービンの中や周りで
子羊を産ませます。」




「彼らは少し風が強く寒いときに
避難所としてタービンを使います、
彼らは風から避難して、それらの後ろに入ります。」と
バンフィールド氏(Banfield)は言いました。



=========================================

写真:Crookwell(クロックウェル)地区の羊の農家、
カール・バンフィールド氏(Carl Banfield)は、
グレン・レンジ風力発電所
(Gullen Range Wind Farm)のタービンの
ホスティングについて語ることはありません。
(ABC Central West: Gavin Coote)


=========================================



バンフィールド氏は、
農業が厳しい時に直面したときのための保険の一形態として
彼の資産の上にタービンを許可することから
受け取ったお金を考慮しました。




「あなたが見てわかるように
資産は、過度に放牧していません
我々は十分に飼料を持っています。」と彼は語った。




「私たちは、その余分な収入を得て、
以前と同じように農場を押し進める必要がなかったので、
私たちは、その数を減らすことができました。」




「風力発電所を所有することで
私たちは実際に環境と土地を見据えています。」





▼地価が『急落する』という懸念




しかし、カーター氏によると、
これは短期的な見通しであり、
タービンからの余分な収入は
長期的な痛みのための短期的な利益であると語った。





「土地の価値は確実に暴落します。
なぜなら、これはCrookwell Oneがある土地の
売却で証明されたからです。」と彼は言った。





「それは先月売れました。
素晴らしい土壌でしたが、
ほとんどの人が価値があると思っていたよりも
30%少なかった。」




風は南部の陸地では豊富な資源であり、
アッパー・ ラックラン・シャイア
(Upper Lachlan Shire)には
既に約200の風力タービンが点在しています。




しかし、それらはまだ世論を分けたので、
議会は将来のプロジェクトを検討するための
厳格なガイドラインを作成しました。





執行責任者の
アンドリュー・クローク氏(Andrew Croke)は、
相談と戦略計画が重要だと述べました。




「風力発電のさらなる発展に関連して、
私たちは地理的位置、風のパターンなどの
可能性が高いことが分かりますが、
早急に相談したいと思います。
それ以上の開発があるなら、私はそう思います。」と
クローク氏は語った。




▼アッパー・ ラックラン・シャイア
(Upper Lachlan Shire)のための
より多くのミックスされたエネルギー源





カードにはすでに
他のエネルギープロジェクトがありました。




シャイアの南端にある
州最大のソーラーファームが計画されている。




また、15億ドルのガス火力発電所の建設も
推進していますが、
地方議会と国会議員の両方がプロジェクトに異議を唱えています。




連邦政府がクリーンエネルギー目標を
設定するかどうかを議論し続ける中、
Crookwellの牧羊業者
カール・バンフィールド氏(Carl Banfield)は
政治家にメッセージを出しました。




「彼らはすぐに仕事に取り掛かかり
これらのプロジェクトのいくつかを
順調にスタートさせ始める必要があります。」と
バンフィールド氏は語った。




「再生可能エネルギーに関して言えば
あまりに多くのから騒ぎがありました。
そして、人々が先に進んで
これらのプロジェクトに移行するという保証はありません。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------------



更新日:2018年5月30日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】




・これから、各カテゴリの最新記事をエントリする予定です。
 途中がかなり飛ぶものもあります。
 ご容赦いただければ幸いです。



・2018年5月30日、以下の記事をエントリしました。

2018/05/30
企業撤退⇒6-洋上風発:マサチューセッツ州ケープウィンド・プロジェクト>
2017年12月8日
6-マサチューセッツ州
◇With Cape Wind’s demise, Alliance vows ‘never again’
ケープ・ウインドの消滅で、同盟は「もう二度とない」と誓う

( capecod.wickedlocal.com|2017年12月8日)
http://capecod.wickedlocal.com/news/20171208/with-cape-winds-demise-alliance-vows-never-again
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5450.html


・企業の計画申請が当局に拒否された場合
訴訟に移行するケースが一般的でしたが
このところ、企業が『撤回』を選択するケースが見受けられます。



・2018年5月25日、以下の記事をエントリしました。

2018/05/25
撤回⇒5-オーストラリア:NSW州ジュピター風力発電所>
2018年3月22日
ぜひ!⇒
5-レター、オーストラリア
◇Getting the message on Jupiter wind farm
ジュピター風力発電所が伝えようとしていることを理解する

(Goulburn Post | 2018年3月22日)
https://www.goulburnpost.com.au/story/5299853/letters-to-the-editor/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5437.html


・2018年5月23日、以下の記事をエントリしました。

・インディアナ州:カス郡も、オーストラリア・ジュピターのケースと同様に
企業側が『撤回』を選択しました。

・住民だけではなく、行政も議会も、条例等の設置で
風車建設を拒否するケースが目立ってきています。


2018年5月23日
撤回⇒9-インディアナ州:カス郡(Cass)風力発電所問題>
2018年5月11日
ぜひ!⇒
9-意見 、インディアナ州
◇Wind farm neighbor: What you should consider
風力発電所の隣人:あなたは何を考慮すべきか

(Pharos-Tribune | 2018年5月11日)
http://www.pharostribune.com/opinion/columns/article_b67983ae-65ed-5bf1-867e-ad2123255170.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5436.html




・2018年5月16日、以下をエントリしました。

2018/05/16
<5-オーストラリア:NHMRC委託による風車の健康への影響調査>
2018年5月3日
5-オーストラリア
◇World-first wind turbine study calling on Macarthur residents
マッカーサー(Macarthur)の住民に呼びかけている世界初の風力タービン研究

(Campbelltown-Macarthur Advertiser | 2018年5月3日)
https://www.macarthuradvertiser.com.au/story/5378500/world-first-wind-turbine-study-calling-on-macarthur-residents/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5419.html

住宅の外側にある発生源から放射される音や振動が
   住宅の壁や床などを通して被害者が住宅の中で曝される
  その人体が共振するような振動や音を
   この実験で用いられる音が再現しているのか・・・?
   スティーブン・クーパー氏の実験室では、それを再現できたということですが…
  今後発表される記事等を注視したいと思います (おとしん:注)



・2018年5月12日、13日に以下をエントリしました。

<✤アイオワ州:TPIニュートン工場の化学物質曝露訴訟>
2017年12月16日
ぜひ!⇒
① 1/2~2/2-アイオワ州
◇Chemical exposure results in injuries, pink slips at Iowa wind blade maker, lawsuits claim
アイオワ州の風力ブレードメーカーにおける化学物質曝露は傷害、解雇通知をもたらしたと、訴訟は主張する

(The Des Moines Register | 2017年12月16日)
https://www.desmoinesregister.com/story/money/business/2017/12/16/
former-tpi-iowa-workers-claim-they-were-fired-after-chemical-exposure/844600001/

2018年5月12日 1/2
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5402.html

2018年5月13日 2/2
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5403.html



・『病気への経路:オーストラリアの法廷は、
風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける 』


上記に関しては以下の拙ブログカテゴリをご参照ください。
<*オーストラリア:ワアブラ財団の控訴審判決と健康への悪影響>


・超低周波音/超低周波音不可聴音/インフラサウンドに関連した論文は
以下の拙ブログカテゴリで。
#61から、『<part 2-論文-低周波不可聴音>』に移行する予定です。
<論文-低周波不可聴音>


・2018年4月16日、以下をエントリーしました。

<論文-超低周波不可聴音>
2017年6月25–29日
ぜひ!⇒
オーストラリア/米国 第173回アメリカ音響学会
◇Subjective perception of wind turbine noise
風車騒音の主観的認識

(173rd Meeting of the Acoustical Society of America|2017年6月25–29日)
https://docs.wind-watch.org/Cooper-subjective-perception.pdf

・2017年10月12日にエントリした以下の論文に関連しています。

2017-10-12
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author: Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン

―引用
タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]は
風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)は
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。
 ―引用終わり


・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)


・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年8月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年8月5日(日)

会場オープン 午前10時00分
開始       午前10時00分
終了      午後12時00分
参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。




2018-05-30 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>ぜひ⇒37-オーストラリア、オンタリオ州:病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける |関連記事| // 【お知らせ】 | 終了しました⇒おとしんの,懇親会/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)









<37-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




2018年2月15日



ぜひ!⇒
37-オーストラリア、オンタリオ州
◇Pathway to disease: Australian court links wind turbine noise with possible diseases
病気への経路:オーストラリアの法廷は、風力タービン騒音と可能性のある病気を関連づける

(Spec.com.au|2018年2月15日)
https://www.spec.com.au/2018/02/australian-court-links-wind-turbine-noise-possible-diseases/



By Spectator-Observer Partnership




世界で初めて、
オーストラリアの行政控訴裁判所(AAT)は、
風力タービンで発生した
低周波騒音と超低周波騒音によって引き起こされる
「騒音のアノイアンス」が
「病気への妥当と思われる経路」であると
宣言しています。




アデレードのAAT審理で、
上級連邦裁判所の裁判官によって
風力発電の騒音の影響を検討されました;
これまでにオーストラリアで行われた
主題に関する
最も徹底的な内側および科学的調査を行っています。




裁判所の調査結果は、
「騒音のアノイアンスと、おそらく睡眠障害
および/または心理的ストレス/苦痛によって
部分的に媒介される高血圧および心血管疾患を含む
いくつかの疾患との関連性」に基づきました。




要約すると、関連する専門家からの全会一致で、
AATは、アノイアンス/睡眠障害の認識された閾値である
40 dB(A)を超える風力タービンのノイズが
多数記録されていることを発見しました。




「たとえ音が聞こえなくても、
低周波の騒音と超低周波音は
人体に他の影響を与える可能性があります、
それは聴覚によって媒介されない
しかし、それは完全には理解されていない」と
概要は述べている。




「これらの影響には、乗物酔いのような症状、
回転性めまい、および耳鳴りのような症状が
含まれる可能性があります。」




風力発電所が騒音を測定するために採用した現在の方法
– 風力タービンが放射する音のかなりの割合は、
周波数の存在やその発生のピークと谷を
正確に識別できない低い周波数範囲にあるため、
dB(A)スケールはタスクには適していませんでした。





代わりに、dB(A)スケールは音のレベルを平均化し、
健康に有害な副作用を引き起こす可能性のある発生を
覆い隠します(マスク)。




dB(A)加重システムは、世界中の運転中の
すべての風車騒音ガイドラインの基礎となります。




関連する専門家からの多数の支持により、
裁判所は、特定の場所に存在する
音のレベルと種類を決定する最も正確な方法は、
その場所での音を測定することであることがわかりました。




結論として、AATは
「集団が環境騒音に暴露されることと
有害な健康影響とを結びつける
大規模な疫学的研究からの十分な証拠があることを示している」
世界保健機構の立場を指摘しました。



マッカーサー(MacArthur)風力発電所の隣に住む
モイン・シャー(Moyne shire)※の居住者は、
風力発電所の設立以来経験した健康への影響を概説しました。
※ おとしん:注)
モイン・シャー(Moyne shire)
ヴィクトリア州の地方公共団体



「重度の耳圧と痛み、それは実際には内耳にあります。
頭部圧力と頭痛;
私の心はおかしくなり、
私の全身が燃え、そして、病気になる」と彼女は言った。




「(症状は)低周波放射に直接接近すると
すぐに戻ってきます
それは、どこでも起こりうるし、
軽度ではなく、本当に衰弱しています。」




AGLは、地域のタービンの拡散に関する
住民からの懸念を提案されたWillatook風力発電所を
取り巻くコミュニティとの協議プロセスを開始しました。



コミュニティメンバーは、
週末にサウスウエストコーストMP
ローマ・ブリトネル議員
(South West Coast MP Roma Britnel)と会談し、
懸念を表明した。




「本当に(その会合は)
彼らが風力発電所に囲まれているという
事実に集中していた」とブリトネル氏は語った。




「彼らはそれがクラスター効果であり、
電力線が1つの領域を通過するという理由だけで
不公平であると感じました。
彼らは、彼らの裏庭の先端二重構造から
220メートルの
すべての負荷を取る必要はありません。」




ブリトネル氏は、風力エネルギーに対する
好意的な意見や強い意見を述べていませんでした。
単に「正しいように」する必要があると言っています。




「私は再生可能エネルギーのバランスを
正しく取っている、
そして、風力は解決策の一部ですが、
風力はそれを保管する能力がない場合の
答えではありません。」とブリトネル氏は言います。




「風が吹いていないときに私の牛を搾乳したり、
シャワーを浴びたい時に、
私は供給の需要を満たすことが
まだできないのではないかと心配しています。」




「風がベースロードを満たしていません、
私がコミュニティのメンバーから聞いた
最大の制限は供給問題です。
そして、それが政府が本当に取り組まない
そういうことです。」と述べた。




ウォーターファウンデーションのディレクター、
トニー・エドニー氏
 - 適切に実施された擁護団体、
風力タービンやその他の産業用途の
近くに住む人々によって報告された
健康問題に関する多分野の研究
 - 観客に、すべての風力発電所が
必ずしも問題を発生させるわけではないと話しました。




「いくつかのレシーバーサイトの
潜在的な害の音を発生させるプロファイルを
生成するために気候条件と組み合わされる
施設の設置場所、地形、レイアウト、デザイン。」と
エドニー氏は言いました。



「誰も風力発電所の騒音によって
悪影響を受けるわけではありません。

それは、個人的な感受性や性向の問題の一部であり、
船酔いや
不快感によって
どうして我々は同様に影響を受けないのかを考えて。」



エドニー氏は言った
業界が「クリーンでグリーンで完全に無害」であったと
言うことが、「もはや不可能だった」と言いました。




「田舎の人々は、
地区に提案された風力発電について話が始まるときに、
彼らが何に対処しているかを正確に知る必要がある」と
エドニー氏は言いました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所

http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html

-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html

連立上院議員クリスバックは
「予防措置」としてプロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの呼びかけに参加します」

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています

(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える

(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html

----------------------------------------------

[11月9日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]
<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月4日

ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html

Author: Hetherington, Jan
著者: ヘザーリントン、ジャン

親愛なるAGL、

私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。

ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。
2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。
この感作(鋭敏化)は決して消えません。


今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から自分自身を
素早く取り除かなければなりません。


私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。


私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。


---------------------------------------------

<33-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月5日

ぜひ!⇒
33-オーストラリア
◇Wind turbine syndrome: infrasound and fury
風力タービン症候群:超低周波不可聴音と激怒

(The Australian | 2017年7月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/07/05/wind-turbine-syndrome-infrasound-and-fury/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5018.html

2週間前、チューリッヒの
公衆衛生問題としての騒音に関する会議に
提出された論文、
そして、先週ボストンで開催された
アメリカ音響学会のカンファレンスで
クーパー氏は、彼の研究が
「聴力の閾値またはその付近で発生する
超低周波騒音率の低周波ノイズの変調は、
個人の反応を誘発する可能性がある」ことが
判明していると、言います。

言い換えれば、
単純に非常に低い周波数の騒音よりも
もっと複雑な何人かの人々の苦情の機械的原因が
特定されたかもしれません。

クーパー氏の研究が正しいとすれば、
激しい感情を引き起こし、
世界中で多くの懸念を引き起こしている問題を
解決するための新しい手掛かりを
業界は得るかもしれません。

---------------------------------------------

<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年08月17日

34-オーストラリア
◇豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注
世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献

(日経テクノロジーオンライン |2017年08月17日)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081708779/?P=1

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5020.html

-----------------------------------------------

<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年10月16日

35-オーストラリア
◇Australia shuns clean energy target in policy overhaul
オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける
(Reuters | 2017年10月16日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power/
australia-shuns-clean-energy-target-in-policy-overhaul-idUSKBN1CL326

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5023.html

---------------------------------------------

<36-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年11月2日

36-オーストラリア
◇RES drops 758MW wind farm proposal, amid Victoria boom
ビクトリア・ブームの中で、RESは758MWの風力発電所案を打ち切ります
(RenewEconomy |2017年11月2日)
http://reneweconomy.com.au/res-drops-758mw-wind-farm-proposal-amid-victoria-boom-61057/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5024.html


------------------------------------------------


更新日:2018年3月11日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】


・018年3月8日、以下の記事をエントリーしました。

―引用
タワーの再配置コストを調べることに加えて、
この調査では、
おそらく携帯電話タワーとしての使用のために、
現在の場所でタワーを再利用することを
検討する予定です ―引用終わり


「移設の検討」もあり、
そして寄せられたコメント欄から
これまでのように
被害者対風車に対する強力な信望者の方々との論戦が
まだまだ続きそうです。
「赤字」や「故障・破損」で取り外すわけではなく
裁判官の命令なのですが
なかなかすっきりと行かないものです。
次は4月のタウンミーティングが焦点になりそうです。



2018/03/08 up
停止⇒27-Part3:マサチューセッツ州:ファルマス/ミューズ判事の暫定的差止命令>
2018年2月13日
ぜひ!⇒
27-マサチューセッツ州
◇Falmouth Selectmen announce wind turbine debt settlement
ファルマス都市行政委員は、風力タービンの債務決済を発表

(The Falmouth Enterprise | 2018年2月13日)
https://www.capenews.net/falmouth/news/
falmouth-selectmen-announce-wind-turbine-debt-settlement/
article_c907b9c0-d500-515b-a648-e3e26df8621e.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5280.html



・2018年3月6日、以下の論文をエントリーしました。

<1/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/06 up

2015年5月31日-6月3日

ぜひ!⇒
1/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/


https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5277.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他


・2018年3月7日、以下の論文をエントリーしました。

<2/2 論文:超低周波不可聴音> 2018/03/07 up

2015年5月31日-6月3日


ぜひ!⇒
2/2 ポルトガル/オランダ
◇Low Frequency Noise-Induced Pathology: Contributions Provided by the Portuguese Wind Turbine Case
低い周波数ノイズによって誘発された病理:ポルトガルの風力タービンのケースにより提供された貢献

(EuroNoise2015|2015年5月31日-6月3日)
https://www.wind-watch.org/documents/
low-frequency-noise-induced-pathology-contributions-provided-by-the-portuguese-wind-turbine-case/

https://www.researchgate.net/publication/
290444707_Low_Frequency_Noise-Induced_Pathology_Contributions_Provided_by_the_Portuguese_Wind_Turbine_Case

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5278.html

Author: Castelo Branco, Nuno; Alves-Pereira, Mariana; et al.
著者: ヌーノ・カステロ・ブランコ; マリアナ・アルベス-ペレイラ; 他



・以下の参考文献の中の論文は、後日エントリーします。

[16] T. Costa e Curto:
[Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals].
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

Masters Thesis. School of Veterinary Medicine, Technical University of Lisbon (2012) (In Portuguese).
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf

https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao-interfalangica-distal-em-poldros.pdf



・2018年3月2日、以下の論文をエントリーしました。

<論文:騒音と生理的影響> 2018/03/02 up

2017年11月

米国
◇Consistent modelling of wind turbine noise propagation from source to receiver
音源からレシーバへの風車ノイズ伝播の一貫したモデリング

(The Journal of the Acoustical Society of America|2017年11月)
https://www.wind-watch.org/documents/
consistent-modelling-of-wind-turbine-noise-propagation-from-source-to-receiver/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5268.html



・2018年3月1日
「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」よりの論文を
エントリーしました。


<論文:騒音と生理的影響> 2018/03/01 up

2017年6月18-22日

スウェーデン
◇Wind Turbine Noise Effects on Sleep: The WiTNES study
睡眠に対する風力タービンの騒音影響:WiTNESS研究

(第12回ICBEN騒音会議|2017年6月18-22日)
https://docs.wind-watch.org/ICBEN-2017_Smith_0515_3704.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5267.html


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文についても
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。



・2018年2月23日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

<論文:超低周波不可聴音> 2018/02/23 up
2017年1月30日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Expert Witness Statement of Sarah Laurie, Waubra Foundation
Waubra財団、サラ・ローリーの鑑定証人ステートメント

https://www.wind-watch.org/documents/expert-witness-statement-of-sarah-laurie-waubra-foundation/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5253.html

Author: Laurie, Sarah
著者: サラ・ローリー

―引用

これらの騒音がわかった人は耐え難くなり、
(以前のビクトリア州保健局の
テクニカルレポートに記載されているように)、
重大な自殺のリスクになる可能性があります。

ワアブラ(Waubra)財団の管理者とディレクターは、
低周波騒音に敏感な人々の絶望についての
直接的な経験と知識を有しており、
迅速に対応し、
地元の医療機関を適時に見つけることによって、
私は個人的に自殺を数多く防止しています。

私自身の経験は、ボブ・ソーン博士の
上記の研究報告に含まれているデータと、
場合によっては
独立した心理的評価によって支持されています
- これらの人々は、非常に不健康で、
身体的に、そしてしばしば精神的に、そして疲れている。

彼らの心理的苦痛は、政府のすべてのレベルで
責任ある当局による状況を緩和するための行動の欠如、
そして時々彼らを治療する
医療専門職の無知によってさらに複雑になる。 ... 

                              ―引用終わり


ぜひご参照いただければ幸いです。


・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



-----------------------------------------

New⇒

2018年3月の懇親会が終了しました。
遠方よりのご参加をありがとうございました。
次回は7月を予定しています。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分⇒ 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。


2018-03-13 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<36-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>36-オーストラリア:ビクトリア・ブームの中で、RESは758MWの風力発電所案を打ち切ります












<36-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




2017年11月2日




36-オーストラリア
◇RES drops 758MW wind farm proposal, amid Victoria boom
ビクトリア・ブームの中で、RESは758MWの風力発電所案を打ち切ります

(RenewEconomy |2017年11月2日)
http://reneweconomy.com.au/res-drops-758mw-wind-farm-proposal-amid-victoria-boom-61057/



By Sophie Vorrath




RESオーストラリアは、
ビクトリア州南西部のPenshurstにある
約800MWの風力発電所を開発する計画を廃止しました、
大規模な再生可能エネルギー開発が
州全体で急成長し始めて、
地域社会の抵抗に譲歩するように見える。





会社 - オーストラリアのポートフォリオには、
クイーンズランド州の68MWエメラルドソーラーパーク、
ビクトリア州の240MWアララット風力発電所
- 水曜日に発表された声明では、
詳細な見直しの結果、
このプロジェクトは
もはや進行中の開発の機会ではなくなったと述べた。





2011年までの計画文書によれば、
RESオーストラリアは
最初にペンサースト風力発電所を
758.2MWの容量で建設し運用することを提案した
それは、その時、
ある意味でそれを国家最大のものにしていたでしょう。




そして、RESによると、
Penshurstの近くの村からの
風力発電所のための地域社会の支持を得るために
重要な努力をすることを含む、
2008年以来223タービン計画に取り組んでいます。




このプロジェクトは、地域に7百万ドル以上を注入し、
1200人以上の建設雇用を創出し、
2018年に完成することによって、
ビクトリアの家庭の15%に供給するのに
十分な能力を生み出したとRESは述べています。




同社広報担当者は、
「RESは2008年以来、
Penshurstプロジェクトに多額の労力、
時間、お金を投資し、
数年にわたって様々な地域社会のイベントや
グループを支援してきた」と述べた。




「このサイトの詳細なレビューの後、
我々はもはやこのプロジェクトが
継続的な開発機会であるとは考えておらず、
私たちは拡大するポートフォリオの中で
他のサイトにも注力するつもりだ」と述べた




この声明は、なぜプロジェクトが
破棄されたのかについての
詳細な説明はほとんど提供していないが、
「Penshurst地区の多くの支持者と
忠実な土地所有者のグループ」にも
敬意を表している。




しかし地元の報道によると、
ワーナンブールの北西に約1時間のところに位置し、
それは、AGLのMacarthur風力発電所を含む
風力発電開発のスイートスポットとなりました;
コドリントン(Codrington)と
ヤンブク(Yambuk)の小さな小さな農場;
モートン・レーン風力発電所。




もう2つのプロジェクト
- Union Fenosaの134MWのRyan Corner風力発電所、
Woolsthorpe(55-68MW)の開発が承認されており、
そして、3つ目は
- Wind Prospectによる98タービン
Willatook風力発電所 - が提案段階にあります。




2015年1月に発表された
ウォーナンブールスタンダードでは、
反風力グループの
ランドスケープガーディアンの
南部グランピアンズ支部が、
提案されたペンシュハースト風力発電所のタービンに
その所有物を配することに合意した
土地所有者を訴えると脅していた。

報告書によると、
「10人以下の不動産所有者が、
彼らの土地にタービンを持つために
RESと契約を結んだ」と示唆した。




当時、訴訟の脅威は、
土地所有者が契約を撤回するよう説得しておらず、
「迷惑」の主張が証明するのが難しいため、
法的事件は長いものとなるだろうと述べた。

報告書によると、
風力発電所の所有権を持つ土地所有者は
約6,500万ドルの支払いを受けていた。





2012年に、スタンダードは、
同じ反風力グループが、
地元のゴウシュウヅルの個体数と
ジオパークを脅かす懸念に対して
風力発電施設に反対したと報告した。

RESはすでに風力発電所が
ミナミ・ユビナガ・コウモリの個体群と
火山性の自然の草地に及ぼす影響についての
影響声明を作成していた。




2015年以来、ペンシャースト(Penshurst)への
地元の反対は、静かに見えた。

しかし最近の『The Australian』のレポートは
– 風力タービンが
まもなく「効果的に、彼らの町を包囲する」懸念が
高まっていることから、
9月にホークスバーンで開催された
Moyne Shire地域のさらなる風力発電開発に対する
抗議集会が9月に開催されたと指摘した。




報告書にはグラタン研究所の
エネルギーディレクターの
トニー・ウッド氏(Tony Wood)が引用されていて
そこには、「この地域の風力発電所が
過度に集中しないようにするために、
現時点で見ているよりも監視する必要がある」と
述べられています。





「土地所有者は賃金を受け取るかもしれないが、
コミュニティとして、
彼らはこれらを近くに持っていることから
多くの利益を見ない。相談する必要がある。」





RESについては、同社には、
オーストラリアのいくつかの州で
2500MW以上の新風力、太陽光、
およびエネルギー貯蔵プロジェクトの
開発パイプラインがあると言われています。




これには、2016年11月に承認された
ビクトリア州にある429MWのMurra Warra風力発電所、
南半球で最大のものの1つで、
ドイツのバックスタイルのWestWind Energyが
Victoria's Golden Plains Shireに提案した
800MWプロジェクトに隣接しています。




先月、同社はクイーンズランド州の
コール郡の中心にある
68MWのエメラルドソーラーパーク
(Emerald Solar Park)の建設も開始した。




エメラルド社は当時、
オーストラリアの大手企業と
電力購入契約を締結した
最初の独立したプロジェクトとして、
オーストラリアの太陽産業にとって重要であると
報告しています。




Telstraは、オーストラリアの総需要の
ほぼ1%を占めるエネルギー消費の
高いコストを相殺するために、
大規模な太陽光への多くの投資の中で初めてとなる、
エメラルド社の生産に関する長期契約を結んだ。




(RenewEconomyはMoyne Shireに
Penshurstが廃棄された理由についてのコメントを求めた。

Moyne Shire Councilの主要プロジェクトの連絡と
経済発展を担当するVicki Askew-Thornton議員は、
コメントを控え、
RESオーストラリアの声明に言及しました。)





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所

http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html

-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html

連立上院議員クリスバックは
「予防措置」としてプロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの呼びかけに参加します」

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html

----------------------------------------------

[11月9日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]
<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月4日

ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html

Author: Hetherington, Jan
著者:  ヘザーリントン、ジャン

親愛なるAGL、

私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。

ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。
2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。
この感作(鋭敏化)は決して消えません。


今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から自分自身を
素早く取り除かなければなりません。


私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。


私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。


---------------------------------------------

<33-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月5日

ぜひ!⇒
33-オーストラリア
◇Wind turbine syndrome: infrasound and fury
風力タービン症候群:超低周波不可聴音と激怒

(The Australian | 2017年7月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/07/05/wind-turbine-syndrome-infrasound-and-fury/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5018.html

2週間前、チューリッヒの
公衆衛生問題としての騒音に関する会議に
提出された論文、
そして、先週ボストンで開催された
アメリカ音響学会のカンファレンスで
クーパー氏は、彼の研究が
「聴力の閾値またはその付近で発生する
超低周波騒音率の低周波ノイズの変調は、
個人の反応を誘発する可能性がある」ことが
判明していると、言います。

言い換えれば、
単純に非常に低い周波数の騒音よりも
もっと複雑な何人かの人々の苦情の機械的原因が
特定されたかもしれません。

クーパー氏の研究が正しいとすれば、
激しい感情を引き起こし、
世界中で多くの懸念を引き起こしている問題を
解決するための新しい手掛かりを
業界は得るかもしれません。

---------------------------------------------

<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年08月17日

34-オーストラリア
◇豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注
世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献

(日経テクノロジーオンライン |2017年08月17日)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081708779/?P=1

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5020.html

-----------------------------------------------

<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年10月16日

35-オーストラリア
◇Australia shuns clean energy target in policy overhaul
オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける
(Reuters | 2017年10月16日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power/
australia-shuns-clean-energy-target-in-policy-overhaul-idUSKBN1CL326

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5023.html

ターンブル氏は1年前にエネルギー政策を見直し、
炭素ターゲットに対する政治的対立の10年を
終わらせることにした
- 国内消費者の電力価格の上昇の中で
- 大規模な嵐が国の最も風力に依存した州を停電にした後、
国のグリッドを安定させる。

炭素排出量に関する一貫した国家政策が存在しないため、
州が過去10年間にわたり
屋上の太陽光と風力を促進したため、
オーストラリアのエネルギー供給不安が高まっています。

同時に、石炭およびガス火力発電所が閉鎖され、
風力および太陽光の重大なバックアップが削減され、
コストは上昇した。

オーストラリア東部の家庭用電力価格は、
過去9年間で63%上昇したと、
全国消費者監視団体が発表した。


---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-11 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>35-オーストラリア:オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける |関連記事|// New⇒おとしんの,懇親会が決まりました/2017年11月26日(日) | New⇒追加記事:<論文>聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠 |New⇒<論文>主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?| WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<35-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>




ターンブル氏は1年前にエネルギー政策を見直し、
炭素ターゲットに対する政治的対立の10年を
終わらせることにした
- 国内消費者の電力価格の上昇の中で
- 大規模な嵐が国の最も風力に依存した州を停電にした後、
国のグリッドを安定させる。

炭素排出量に関する一貫した国家政策が存在しないため、
州が過去10年間にわたり
屋上の太陽光と風力を促進したため、
オーストラリアのエネルギー供給不安が高まっています。

同時に、石炭およびガス火力発電所が閉鎖され、
風力および太陽光の重大なバックアップが削減され、
コストは上昇した。

オーストラリア東部の家庭用電力価格は、
過去9年間で63%上昇したと、
全国消費者監視団体が発表した。





2017年10月16日




35-オーストラリア
◇Australia shuns clean energy target in policy overhaul
オーストラリアは政策見直しにおけるクリーンエネルギー目標を避ける

(Reuters | 2017年10月16日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power/
australia-shuns-clean-energy-target-in-policy-overhaul-idUSKBN1CL326



Sonali Paul



画像:

写真:雲は2017年2月21日、
オーストラリアのシドニー南部の
ウロンゴンにある電柱の後ろの
ポート・ケンブラ製鉄所から浮上します。

REUTERS / Jason Reed / File Photo


======================================



オーストラリア政府は火曜日、
クリーンエネルギー目標を設定し、
再生可能なプロジェクトの援助を廃止し、
燃料の中立的なエネルギー政策を
採用することを拒否した。





マルコム・ターンブル首相は、
保守党から、2020年以降の再生可能エネルギーの
補助金を終了する計画を支持した。

一方、エネルギー小売業者は
信頼できる電力と低炭素排出をもたらす
エネルギー・ミックスを保証する必要がある。




ターンブル氏は1年前にエネルギー政策を見直し、
炭素ターゲットに対する政治的対立の10年を
終わらせることにした
- 国内消費者の電力価格の上昇の中で
- 大規模な嵐が国の最も風力に依存した州を停電にした後、
国のグリッドを安定させる。





「これらの保証は、太陽、風力、石炭、ガス、
バッテリー、ポンプ式水力発電所など、
将来のエネルギーミックスの
すべての電源のための場所が確保されます。」と
ターンブル氏は述べました
そして、ターンブル氏は
ソーシャルメディアに掲載されたビデオで
この計画を発表した。

「私たちの計画は補助金もなく、証明書も税もない」




ターンブル氏は、
気候変動が脅威であるとは信じていない
トニー・アボット元首相と
再生可能エネルギーの補助金に反対する石炭を中心に、
党の右翼メンバーからの反乱に直面していた。





炭素排出量に関する一貫した国家政策が存在しないため、
州が過去10年間にわたり
屋上の太陽光と風力を促進したため、
オーストラリアのエネルギー供給不安が高まっています。




同時に、石炭やガス火力発電所は閉鎖され、
風力や太陽光の重大なバックアップが削減され、
コストは上昇しました。

オーストラリア東部の家庭用電力価格は、
過去9年間で63%上昇したと、
全国消費者監視団体が発表した。





国のチーフ・サイエンティストから
クリーン・エネルギー目標の勧告を得て、
新しい政策は、
エネルギー小売業者が
どのような電力源を使用するかを
決定することを可能にする。

断続的な風力や太陽光をバックアップするために、
必要に応じて石炭火力発電所の寿命を
延ばすことができます。





オーストラリア最大の電力小売業者
- Origin's Energy、
AGL Energy、EnergyAustralia、
香港CLPホールディングス所有
- また、国内最大級の発電機でもあります。




株式の取引は混在していたが、
AGLの最高経営責任者のアンディ・ヴィージー氏は、
この計画を第一歩として歓迎した。

「超党派の支援を受ければ、
投資の確実性が確保されるだろう」と
ソーシャルメディアに語った。




それでも、野党労働党は、
クリーンエネルギー目標を採用しないという決定は
間違いであったと言って、
風と太陽の擁護団体と合流した。





シャドウエネルギー大臣の
マーク・バトラー氏は記者団に対し、
「労働党の立場は明らかである。
オーストラリアは、2030年までに
再生可能エネルギーで
少なくとも50%の電気を供給すべきだ」と語った。




電力業界は、
労働党が2018年後半か2019年初めにかけて、
この計画を後戻りせずに次の選挙に勝利した場合、
投資家の確実性を失わせてしまう可能性を懸念している。




クリーンエネルギー委員会の
ケーン・ソーントン最高経営責任者(CEO)は、
「クリーンエネルギー目標は、
クリーンエネルギーへの投資を促進するために必要な
長期的な超党派エネルギー政策に長年取り組むうえで
最良の機会だった」と述べた。




Sonali Paulによるレポート。
Colin Packhamによる追加レポート。
ジョナサン・オアティスとケネス・マックスウェルの編集






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
これまでの経緯
======================


※ オーストラリアの与党自由党は2015年9月14日、
  首都キャンベラで党首選を行い、
  党首のアボット首相が、
  通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
  ターンブル氏に敗れました。



  風車の健康被害に
  大変な理解を示されていたアボット首相から
  ターンブル首相へ変わり、
  風車と健康問題への影響が心配されます。


  ・前アボット政権の風車と健康問題の歩みについては

  ブログカテゴリ
  ≪オーストラリア改訂RETと風車による健康被害≫


  ・風車による健康被害はないと声明を出した
   オーストラリア医師会へ、
  これまで風車による健康被害を研究・発信された
  たくさんの医師を含む専門家の方々による公開書簡は
 
  ブログカテゴリ
  <オーストラリア医師会への公開書簡>


  ・2015年、風力発電会社パシフィック·ハイドロ社は
  彼らの家を放棄し、
  法的措置を検討することを計画している
  何人かの住民と、
  ビクトリア州ケープブリッジウォーターの風力発電所の
  近隣住民に可能性のある影響に関する調査を
  音響の専門家スティーブン·クーパー氏と共に行いました。

  クーパー氏は、その調査で
  被害と風車の稼働との関連性を見つけました。
  その後、パシフィック·ハイドロ社は風力発電所を売却しました。

  その一連の流れについては    
  
  ブログカテゴリ
  <ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
  参照してください。


  ・新ターンブル政権と風車については

   当該ブログカテゴリ
  <オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>で
  展開しています。




2015年9月14日



◇豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ
(産経ニュース|2015.9.14)
http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html

 【シンガポール=吉村英輝】

オーストラリアの与党自由党は14日、
首都キャンベラで党首選を行い、
党首のアボット首相が、
通信相を辞職し党首選を行うよう要求した
ターンブル氏に敗れた。

地元メディアによると、投票結果は54対44。
ターンブル氏はアボット氏に代わり首相に就任する。

ターンブル氏は14日、
「国が必要とする経済政策を進める指導力がなかった」と
アボット氏を批判して党首選を行うよう要求し、
通信相を辞任。


これを受け、アボット氏は
「混乱をとめねばならない」として、
党首選を14日夜に実施した。


アボット氏に対する不信任を示唆した
ビショップ外相が務める副党首ポストについても
選挙が行われたが、
圧倒的な支持を得て
副党首にとどまることが決まった。


アボット氏を支持した党幹部も多く、
ターンブル氏は大幅な人事刷新で
新内閣を発足させる見通し。


ターンブル氏は
2008年9月から自由党党首を務めた。
09年12月の党首選で
アボット氏に小差で敗れたが、国民の間では人気が高い。

支持率が低迷するアボット首相に
党首交代を求める動きは、今年2月に続き2度目。
このときは党首選に至らず
アボット氏が続投を決めたが、
この際に約束した
半年間での党勢立て直しが進んでいないとし、
党内からも批判が出ていた。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



===================
  関連記事
===================


※ タービンの上院調査の最終報告書

■Select Committee on Wind Turbines
風力タービン特別委員会ーオーストラリア

http://www.aph.gov.au/select_windturbines

■最終報告書ーオーストラリア
http://www.aph.gov.au/Parliamentary_Business/Committees/Senate/Wind_Turbines/Wind_Turbines/Final_Report

======================

2015年6月15日
Australia Senate Select Committee on Wind Turbines
風力タービンの上院特別委員会


■ダウンロード原本:
「風力タービンの上院特別委員会:中間報告」

http://www.aph.gov.au/ Parliamentary_Business/Committees/
Senate/Wind_Turbines/Wind_Tur .... d_farms_human_health_0.pdf

===================

■ソース

Clean Energy Finance Corporation directed by Government to stop funding wind farms
http://www.abc.net.au/news/2015-07-12/government-lobbies-for-cefc-to-stop-wind-farm-funding/6613590

(原題:政府、風力発電への出資禁止を命令)

------------------------
関連記事
------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください。
  (おとしん:注)



<オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月30日

1-オーストラリア
◇Support for wind energy growing
風力エネルギーの成長に対するサポート

(The Courier | Sept. 30, 2015)
http://www.thecourier.com.au/story/3392480/support-for-wind-energy-growing/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

-----------------------

2015年10月1日

2-オーストラリア/動画/画像
◇Scientist who likened wind industry to Hitler floated as potential Turnbull government adviser
ヒトラーに風力産業をなぞらえた科学者は、潜在的なターンブル政府の顧問として浮きました

(The Sydney Morning Herald | October 1, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/political-news/
scientist-who-likened-wind-industry-to-hitler-shapes-as-potential-turnbull-government-adviser-20150930-gjyijg.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3472.html

デイビッド・レヨンフジェルム上院議員は、
風力タービンが人間の健康に悪影響を及ぼすと
強く思っている
ニュージーランドに拠点を置く
科学的なコンサルタントの
ブルース・ラップリーを含む
何人かの候補を提案しました。

ラップリー博士の立場は、
風力発電所が
直接健康問題を引き起こすことについて
信頼性や一貫性のある証拠が
存在しないという
国立保健医療研究評議会による調査結果と
対立しています。

---------------------
2015年10月9日

3-オーストラリア
◇Turnbull government appoints Australia’s first wind farm commissioner
ターンバル政権は、オーストラリア初の風力発電所委員を任命します

(The Age | October 9, 2015)
http://www.smh.com.au/federal-politics/
political-news/turnbull-government-appoints-australias
-first-wind-farm-commissioner-20151009-gk560t.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3474.html

---------------------
2015年10月11日

ぜひ!⇒
4-オーストラリア
◇Wind farm watchdog’s powers ‘not enough’ for crossbench senators
風力発電所の監視の権限は、無所属上院議員の要求を満たさない

(The Australian | 10 October 2015)
http://www.wind-watch.org/news/2015/10/11/wind-farm-watchdogs-powers-not-enough-for-crossbench-senators/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html

---------------------

<5-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月12日

5-オーストラリア/画像
◇Just a lot of hot air? First Wind Farm Commissioner appointed
すべて無意味? 最初の風力発電所委員は任命されます

(Government News|October 12, 2015)
http://www.governmentnews.com.au/2015/10/just-a-lot-of-hot-air-first-wind-farm-commissioner-appointed/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3477.html

-----------------------------

<6-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

ぜひ⇒
6-オーストラリア
◇NSW health minister says concerned about impact of wind farms
NSW州の厚生相は、風力発電所の影響について懸念を述べる

(Reneweconomy.com|16 October 2015)
http://reneweconomy.com.au/2015/nsw-health-minister-says-concerned-about-impact-of-wind-farms-97503

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3478.html

------------------

<7-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月16日

7-オーストラリア
◇Wind turbines continue to create noise
風力タービンは、騒音をつくり続けます

(Yass Tribune | Oct. 16, 2015)
http://www.yasstribune.com.au/story/3425114/wind-turbines-continue-to-create-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3510.html

-----------------------------

<8-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月19日

8-オーストラリア
◇Assistant Health Minister Pru Goward says wind turbines must be probed over ‘pressure waves’
副厚生相プルー・ゴーワドは、風力タービンは『圧力波』について徹底調査されなければならないと言います

( The Sydney Morning Herald | October 19, 2015 )
http://www.smh.com.au/environment/
assistant-health-minister-pru-goward-says-wind-turbines-must-be-probed-over-pressure-waves-20151019-gkck5s.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html

-----------------------------

<9-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年10月29日

9-オーストラリア
◇NSW Department of Planning rejects wind farm’s application for Tarago project
NSW州計画省は、ターラゴープロジェクトへの風力発電所の申請を拒否します

(The Canberra Times | October 29, 2015 )
http://www.canberratimes.com.au/act-news/
nsw-department-of-planning-rejects-wind-farms-application-for-tarago-project-20151028-gklgqi.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3512.html

-----------------------------

<10-オーストラリア-2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年9月25日

10-オーストラリア
◇Winds of change blow as Turnbull government shifts towards renewable energy
変化の風が吹いて、ターンブル政権は再生可能エネルギーの方にシフトします

(news.com.au | 2015年9月25日 )
https://www.wind-watch.org/news/2015/09/25/
winds-of-change-blow-as-turnbull-government-shifts-towards-renewable-energy/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3855.html

--------------------

<11-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月11日

ぜひ!⇒
11-プレス・リリース 、オーストラリア
◇Hidden documents reveal expert advice on health dangers from wind farms ignored
隠された文書は、無視された健康の危険性に関する専門家のアドバイスを明らかにする

(風力エネルギー・クイーンズランド/Friends against wind|2015年12月11日)
http://en.friends-against-wind.org/news/wind-energy-queensland-media-release

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3865.html

----------------------

<12-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2015年12月14日

12-オーストラリア
◇Federal Government lifts Tony Abbott’s wind farm investment ban
連邦政府は、トニー・アボットの風力発電所への投資の禁止を解きます

(ABCニュース|2015年12月14日)
http://www.abc.net.au/news/2015-12-13/abbots-wind-farm-investment-ban-lifted/7024164


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3866.html

連邦政府は、
最初に元首相トニー・アボットが導入した
風力発電所への投資の禁止を解除しました。



※ 再生可能エネルギー 政策支援について

■オーストラリア貿易促進庁
オーストレード
再生可能エネルギー 政策支援
http://www.austrade.gov.au/Local-Sites/Japan/Buy-from-Australia/Industry-Information/CE-Policy-Support

-----------------------------

<13-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア
◇China state firms seen boosting green energy investment in Australia
中国の国有企業がオーストラリアの自然エネルギーへの投資を促進しているのが見られます
(news.yahoo.com/ロイター|2016年3月22日)
http://news.yahoo.com/china-state-firms-seen-boosting-green-energy-investment-064523878--finance.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3868.html

-----------------------------

<14-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
14-オーストラリア
◇Studies to investigate wind turbine syndrome
研究は、風力タービン症候群を調査します

(AJP | 2016年3月22日)
https://ajp.com.au/news/studies-investigate-wind-turbine-syndrome/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3869.html


国立保健医療研究委員会は、
ヒトの健康に対する風力発電所の影響の
根拠に基づく理解を豊かにするために
330万ドルとなっている2つの補助金を与えました。

サウスオーストラリア・フリンダーズ大学の
NHMRC(国立保健医療研究委員会)資金による研究は、、
風力発電所の騒音と影響、
例えば不快感と
減少した睡眠と生活の質の関係を調査します。

ニューサウスウェールズ大学での研究は、
風力発電所の近くに住む人々の
健康に影響を与える可能性について
より広範な社会的、環境的状況を調査します。

シドニーのウールコック医学研究研究所からの
二回目の調査の研究者は、
2つの試験を実行する予定です、
1つは実験質で、もう一つは住宅内で、
インフラサウンド(超低周波不可聴音)を調査します
― タービンから放射される不可聴音
― ここに与える。

■Woolcock Institute of Medical Research
ウールコック医学研究研究所
http://woolcock.org.au/

-----------------------------

<15-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
15-オーストラリア
◇Bedroom study on wind farm impacts
風力発電所の影響に関する寝室研究

(news.com| 2016年3月22日)
http://www.news.com.au/national/breaking-news/
bedroom-study-on-wind-farm-impacts/news-story/0e337cda995dc85fb2d2d67d6da641bd


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3870.html


大勢の人は、6ヵ月の間
彼らのベッドルームで
新しい風力発電所健康研究の一部として、
「聞こえない音」にさらされます。

その他の人は、専用の実験室での
3日間の期間にわたって
タービン、大きな交通騒音と
静寂から放射する超低周波不可聴音にさらされます。

インフラサウンド(超低周波不可聴音))は
人間が聞くことができない
非常に低い音の周波数の波を指します。

最初の研究において、
40人は、異なる週末に学会の研究所で
超低周波不可聴音、沈黙と交通騒音にさらされます。

住居の研究に
120のNSW(ニューサウスウエールズ州)の
世帯が関係します。

そして、それは
特注装置を6ヵ月の間
彼らのベッドルームに取り付けておきます。

参加者は、彼らの装置が
彼らを超低周波不可聴音にさらすかどうか、
または、彼らが
超低周波不可聴音をリリースしない
見せかけの装置を持っているかどうかわかりません。

「彼らはベッドサイドのテーブルと
ほぼ同じサイズのボックスを受け取ります。」と
調査者のナサニエル・マーシャル准教授は
AAPに話しました。


-----------------------------

<16-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月22日

ぜひ!⇒
16-オーストラリア
◇Medical body pledges $3.3m for research into ‘wind turbine sickness’
医療機関は、『風力タービン病』の研究のために、330万ドルの寄付を申し出ます

(ABCニュース | 2016年3月22日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-22/3.3m-pledged-for-research-into-wind-turbine-sickness/7267946

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html

-----------------------------

<17-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月23日

17-オーストラリア/画像
◇Wind power: senators want moratorium on turbines until health studies conclude
風力:健康調査が終わるまで、上院議員はタービンの一時停止を望みます

(The Guardian | 2016年3月23日)
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/23/
wind-power-senators-want-moratorium-on-turbines-until-health-studies-conclude

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3873.html


連立上院議員クリスバックは
「予防措置」として
プロジェクトに一時停止を置く
無所属の上院議員ジョン・マディガンの
呼びかけに参加します

-----------------------------

<18-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

18-オーストラリア
◇Wind funds used to buy neighbours’ silence
風力資金は、隣人の沈黙を買うことに用いられます

(オーストラリアン | 2016年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/03/28/wind-funds-used-to-buy-neighbours-silence/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html

-----------------------------

<19-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年3月29日

19-オーストラリア
◇Senator backs plan for new research into whether wind farms make people sick
上院議員は、風力発電所が人々を病気にするかどうかの新しい研究の計画を支持します

(ABCニュース | 2016年3月29日)
http://www.abc.net.au/news/2016-03-29/senator-backs-new-research-into-wind-farm-health-impact/7280558

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html

------------------------------------------

<20-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月7日

20-オーストラリア
◇Jones lays down wind challenge to Wannon MP
ジョーンズ氏は、ワノンの議員に風力の異議申立てを置きます

(Spectator-Observer Partnership|2016年6月7日)
http://www.spec.com.au/2016/06/jones-lays-wind-challenge-wannon-mp/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-----------------------------------------------

<21-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月22日

21-オーストラリア
◇Independent calls for moratorium on wind farms
無所属の議員は風力発電所に一時停止を要求

(The Standard | 2016年6月22日)
http://www.standard.net.au/story/3984146/independent-blows-up-on-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<22-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月8日

22-オーストラリア
◇Coopers Gap wind farm: Independent coordinator to probe environmental impact of plans near Kingaroy
クーパーズギャップ風力発電所:キングアロイ近郊の計画による環境への影響を調査する独立したコーディネーター

(ABCニュース | 2016年6月8日)
http://www.abc.net.au/news/2016-06-08/
environmental-impact-of-coopers-gap-wind-farm-to-be-probed/7489120

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4695.html

-------------------------------------------------

<23-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年6月24日

23-オーストラリア/画像
◇Blackout, price risks loom as wind power prevails in South Australia
風力が普及しているサウスオーストラリア州で、停電や価格リスクが迫る

(ロイター | 2016年6月24日)
http://www.reuters.com/article/us-australia-power-south-australia-idUSKCN0ZA0O7

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4697.html

-----------------------------------------------

<24-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月15日

ぜひ!⇒
24-オーストラリア
◇Queensland councils lose power to approve wind farms
クイーンズランド州議会は風力発電所を承認する権限を失う

(The Australian | 2016年7月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/15/queensland-councils-lose-power-to-approve-wind-farms/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html

-------------------------------------------------------

<25-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年7月20日

25-オピニオン、オーストラリア
◇Insanity is blowing in the wind
狂気は、風に吹かれています
 
(Herald Sun | 2016年7月20日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/07/20/insanity-is-blowing-in-the-wind/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5006.html

風が吹かないときは、
電力が流れないだけではないということです。
それは、発生した代替電力によって
CO2排出が汲み出されることを意味します。

現実の世界では、鉱物評議会が昨日指摘したように、
クイーンズランド州と
ニューサウスウェールズ州の水曜日の朝
総発電量の92%は
黒炭に由来し、風力からはほとんどゼロでした。

ビクトリア州では98%が褐炭で、風力はほとんどゼロでした。
サウスオーストラリア州は、
ガスからが96%、風からは約3%でした。
それを加えて、
4州をまたいで化石燃料からが98%でした。

---------------------------------------------

<26-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2016年10月1日

26-オピニオン、オーストラリア
◇South Australian blackout hits renewable energy transition hopes
サウスオーストラリア州の停電は、再生可能エネルギー移行の期待に打撃を与える
 
(The Australian | 2016年10月1日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/10/01/
south-australian-blackout-hits-renewable-energy-transition-hopes/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5007.html

---------------------------------------------

<27-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年3月28日

27-オーストラリア
◇The final report into South Australia’s major blackout has pinned the blame on overly sensitive wind farms
サウスオーストラリアの大きな停電を調査した最終報告は、あまりに敏感な風力発電所に責任を負わせました
(Business Insider | 2017年3月28日)
https://www.businessinsider.com.au/
the-final-report-into-south-australias-major-blackout
-has-pinned-the-blame-on-overly-sensitive-wind-farms-2017-3

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5008.html

AEMOの完全なレポートは、ここにあります

■BLACK SYSTEM SOUTH AUSTRALIA 28 SEPTEMBER 2016
ブラック・システム・サウス・オーストラリア 2016年9月28日

(AEMO|Published: March 2017)
https://www.aemo.com.au/-/media/Files/Electricity/NEM/
Market_Notices_and_Events/Power_System_Incident_Reports/2017/
Integrated-Final-Report-SA-Black-System-28-September-2016.pdf


---------------------------------------------

<28-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年4月29日

ぜひ!⇒
28-オーストラリア、プレス・リリース
◇Wind turbine impacts echo seasickness
風力タービンは、船酔いに類似した影響を与える

(Wind Industry Reform Victoria)
https://www.wind-watch.org/news/2017/03/09/wind-turbine-impacts-echo-seasickness/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5009.html

Dr Wayne Spring,
ウェイン・スプリング博士

April 29, 2017
2017年4月29日

最近引退した顧問医によると、
風力タービンの健康への影響は
船酔いのようになります。


ウェイン・スプリング博士(Dr Wayne Spring)は
船酔いと同じように、
風力タービンは曝露された全員に
影響を及ぼすわけではないが、
影響を受ける人は
悪心、めまい、睡眠障害、不快感などの症状を
呈する可能性があると述べた。


スプリング博士は、バララットに拠点を置く
睡眠スペシャリストとしての20年間を含む
33年間、ヴィクトリア州の顧問医であり、
風力タービン近くに住んでいた患者の看護をしました


「私は、医師として患者に面談し、症状を評価し、
個々の状況を見て、私の生涯を費やしました。
風力タービンに関連していると主張している
一連の症状を持っているため、
人々が中傷されるとき、私は反対します。
私は風力タービンの近接性や感受性を推定する
現在の科学的証拠がないため、
彼らが時々仮病者と
ラベル付けされることに反対します。」と
スプリング博士は述べた。


「このラベリングは、
しばしば個々の患者の面接や接触の経験がない
非医療専門家によって行われます。」


船酔いを抱える人々は一般的に同情されるが、
医療資格のない人々は、
風力タービンの活動から起こりうる症状を
訴えた人々を急いで批判したと、
同氏は言います。


---------------------------------------------

<29-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月3日

ぜひ!⇒
29-オーストラリア
◇Lawyers mount class action over Currandooley fire
弁護士は、Currandooleyの火災に関する集団訴訟を開始する

(Goulburn Post | 2017年5月3日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4637807/firm-launches-class-action-over-currandooley-fire/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5011.html

---------------------------------------------

<30-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年5月4日

ぜひ!⇒
30-オーストラリア
◇Wind farm company sued over bushfire caused by electrocuted crow
風力発電所会社は、感電死するカラスに起因する森林火災について訴えられます

(The Australian | 2017年5月4日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/04/
wind-farm-company-sued-over-bushfire-caused-by-electrocuted-crow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5012.html

---------------------------------------------

<31-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年6月7日

31-オーストラリア
◇Wind, solar farms face tougher rules to guarantee power
風力、太陽光発電所は、電力を保証するために厳しい規則に直面しています

(The Australian | 2017年6月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/06/07/wind-solar-farms-face-tougher-rules-to-guarantee-power/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5013.html

----------------------------------------------

[11月9日付け(風力タービン症候群)の資料①/⑤]
<32-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月4日

ぜひ!⇒
32-オーストラリア
◇ “My 101st formal complaint to AGL”
私の101回目のAGL社への正式な苦情

https://www.wind-watch.org/documents/my-101st-formal-complaint-to-agl/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html

Author: Hetherington, Jan
著者:  ヘザーリントン、ジャン

親愛なるAGL、

私は101回目の正式な苦情をAGLにしています。

ご存知のように、
Mcarthur風力発電所の140基の3MWタービンから
放射される過大な脈動する超低周波不可聴音、
低周波騒音と振動の絶え間ない曝露のために、
Gerrigerrupの自宅を出ることを余儀なくされたので、
私は2017年1月初旬にPort Fairyに移りました。
2012年から2016年までの4年間にわたる
絶え間ない曝露のために、
私はまもなく感作(鋭敏化)されてきました。
この感作(鋭敏化)は決して消えません。


今、私は公共の場所、カフェ、レストラン、
スーパーマーケットなどを訪れるとき
時々影響を受けます、
心臓の動悸、振動、原発性頭痛障害を経験し、
その状況から自分自身を
素早く取り除かなければなりません。


私がMacarthurの風力発電所から遠ざかっても、
感作は持続しています。


私はただ一人の人ではありません、
これらのタービンからの超低周波不可聴音と
低周波の絶え間ない集中砲火と曝露のために、
健康を損なう多くの人がいます。


---------------------------------------------

<33-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年7月5日

ぜひ!⇒
33-オーストラリア
◇Wind turbine syndrome: infrasound and fury
風力タービン症候群:超低周波不可聴音と激怒

(The Australian | 2017年7月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/07/05/wind-turbine-syndrome-infrasound-and-fury/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5018.html

2週間前、チューリッヒの
公衆衛生問題としての騒音に関する会議に
提出された論文、
そして、先週ボストンで開催された
アメリカ音響学会のカンファレンスで
クーパー氏は、彼の研究が
「聴力の閾値またはその付近で発生する
超低周波騒音率の低周波ノイズの変調は、
個人の反応を誘発する可能性がある」ことが
判明していると、言います。

言い換えれば、
単純に非常に低い周波数の騒音よりも
もっと複雑な何人かの人々の苦情の機械的原因が
特定されたかもしれません。

クーパー氏の研究が正しいとすれば、
激しい感情を引き起こし、
世界中で多くの懸念を引き起こしている問題を
解決するための新しい手掛かりを
業界は得るかもしれません。

---------------------------------------------

<34-オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車>

2017年08月17日

34-オーストラリア
◇豪州南部に150MWの集光型太陽熱発電所、米企業が受注
世界最大1.1GWhの蓄電容量、雇用など地元経済にも貢献

(日経テクノロジーオンライン |2017年08月17日)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081708779/?P=1

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5020.html



---------------------------------------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒

11月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2017年11月26日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください


<論文:超低周波不可聴音>

2017年4月12日

ぜひ!⇒
追加記事/ドイツ
◇Altered cortical and subcortical connectivity due to infrasound administered near the hearing threshold
– Evidence from fMRI
聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質および皮質下の接続性の変化
- fMRIの証拠

(PLoS One|2017年4月12日)
https://www.wind-watch.org/documents/
altered-cortical-and-subcortical-connectivity-due-to-infrasound
-administered-near-the-hearing-threshold-evidence-from-fmri/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

Author:  Weichenberger, Markus; et al.
著者: ヴァイヒェンベルガー、マーカス;ほか

ダウンロード原本:
「聴力閾値近傍での超低周波音の照射による皮質
および皮質下の接続性の変化 - fMRIの証拠」

https://docs.wind-watch.org/infrasound-alters-brain-connectivity.pdf

本文からの一部抜粋:

(IS;非常に低い周波数範囲の音 - 1 Hz <周波数<20 Hz)
超低周波音が、
身体的および精神的幸福への脅威を提起する
可能性があるかどうかが、議論の対象となっている。
数十年にわたって、人間の聴力範囲は
一般に約20から20000Hzまでの周波数にしか
言及されていないので、
IS周波数は聴覚系によって処理するには
低すぎるということが広く考えられた見解であった。
この見解は、聴覚システムが、
信号処理の初期段階にすでに関与し、
低周波数での聴覚をかなり鈍感にする
いくつかのシャント
および減衰メカニズムを備えていることを実証する、
動物だけでなくヒトで行われた多くの研究によって
裏付けられた。
しかしながら、
ISが聴覚系内で処理できないという考え方は、
動物の蝸牛機能の変化に加えて
正常な聴覚のヒトの参加者を含む
IS誘発変化が記録されている
いくつかの研究によって争われてきた。
実際、非常に高い音圧レベル(SPL)で
投与される場合、
ISはヒトによって知覚され得ることが
繰り返し示されている。
最近になって、2つのfMRI研究でも
110dBを超えるSPLを有するモノラルに提示された
12Hz ISトーンへの曝露は、
上側頭側回(STG)の両側活性化をもたらすことが
明らかになった、
これは、IS知覚の基礎となる生理学的メカニズムが、
高レベルの皮質処理の段階であっても、
「正常な聴覚」に関連するものと
類似性を共有し得ることを示唆している。


一方、人間が実際にISに対して受容性であり、
低周波音(IS周波数スペクトルの音を含む)への曝露が
高レベルの不快感と苦痛を引き起こす可能性があるとの
コンセンサスが増しているようである。
しかし、ISはまた、睡眠障害、頭痛
および、めまい、耳鳴り
および、過敏症、パニック発作
および、うつ病に至るまで、
いくつかの本格的な医学的症状の形成を
促進すると疑われており、
これは、風力パークの近くに住む人々で
より頻繁に発生すると報告されている。
風力タービンによって生成される騒音は、
実際には非常に低い低周波成分を有することが
確かめられているが、
IS放射は約80〜90dBのSPL-最大値にしか達せず、
知覚閾値を超えるほど高くない可能性がある。
そのような結果を考慮して、
レーベンタール(Leventhall)は
こうして結論づけた
それは
「あなたが音を聞くことができないなら
あなたは他の方法でそれを認識することはできません
そして、それはあなたに影響しません 。」
重要なのは、この見解は、
世界保健機関(WHO)の現在の位置と
よく一致しているということである。

それによれば、
「聴力閾値を下回る超低周波音が
生理学的または心理的影響をもたらすという
確かな証拠はない」。
しかし、生物に関連する影響を発揮するためには
音を知覚する必要があるという概念は、
ISの客観的なリスクアセスメントを目指す場合には
不十分であり、
特に、内耳の生理学に関する研究
ならびに潜在的な聴覚刺激
(すなわち、知覚閾値以下の刺激)の研究における
最近の進歩を考慮すれば、特に重要である。
例えば、60〜65dBと低いSPLで提示された5Hz IS暴露は、
動物の外有毛細胞のような
内耳成分の反応を引き起こすことが示されている
そして、外側有毛細胞の刺激はまた、
脳幹を介して神経系に対して
より広い影響を及ぼし得ることが示唆されている。
さらに、認知科学には、脳生理学および行動が、
聴覚領域の刺激を含む、
潜在的に提示される広範囲の刺激によって
影響され得るという
文書で十分に裏付けられた影響がある。


=========================================
関連記事:
=========================================

<13-ドイツ医療総会の動議/ドイツの風力問題>

2017年5月2日

ぜひ!⇒
13-オーストラリア/ドイツ
◇Brain can ‘hear’ wind farm noise, study finds
脳は風力発電所の騒音を「聞く」ことができる、研究は発見する 

(The Australian | 2017年5月2日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/05/02/brain-can-hear-wind-farm-noise-study-finds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4716.html

=========================================

全文公開
 ↓
PLoS One.

Published: April 12, 2017.

doi: 10.1371/journal.pone.0174420
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0174420

Martin Bauer, 他

全文公開
 ↓
PLoS One.
Published: April 12, 2017

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0174420

要旨:

本研究では、静止状態のfMRI条件下で、
閾値近傍および閾上超低周波音(IS)刺激
(音の周波数<20Hz)に対する脳の応答を調べた。

この研究は2回連続して行われた。

最初のセッションでは、14名の健康な参加者が、
聴力閾値と、異なる音圧レベル(SPL)で
評価された音量スケール測定の
カテゴリ別ラウドネス測定を受けました。

第2のセッションでは、これらの参加者は、
3つの安静状態の取得を受けました
1つは聴覚刺激なし(ノートーン)、
1つは、モノラルに提示された
12Hz ISトーン(閾値に近い)を有するもの、
そして、1つは「中音域」の聴覚感覚に対応する
個々の聴覚閾値より上の
同様の音色を有するもの(閾上)。

ReHo分析は、
前帯状皮質ACC(Anterior cingulate cortex)において、
そして、
閾上およびノートーン状態と比較して
閾値近くにある間に右扁桃体(rAmyg)においても
クラスタサイズを小さくするとき
一次聴覚野に隣接する右上頭側回(STG)における
有意に高い局所連結性を明らかにしました。

追加の独立成分分析(ICA)により、
正反対のコントラスト(ノートーン>閾値付近)
および右上前頭回(rSFG)の右扁桃体(rAmyg)の
より強い活性化に反映され
機能的な接続性の大規模な変化が明らかになりました。

要約すると、
この研究は、聴力閾値付近の超低周波音が
いくつかの脳領域にわたる神経活動の変化を
誘発する可能性があることを
最初に実証するものです。
そして、そのうちのいくつかは
聴覚処理に関与することが知られており、
他のものは感情的および自律的制御における
キープレイヤーとみなされています。

これらの知見は、
閾値(下)のIS(超低周波音)の連続的な曝露が
どのように生物に病原性の影響を及ぼし得るかを
推測することを可能にするが、
これらの知見を実証するためには
さらに(特に縦断的)研究が必要である。

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
<論文:超低周波不可聴音>

2017年5月8日

ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Reproducing wind farm infrasound for subjective testing – Just how accurate is the reproduced signal?
主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する - 再生された信号はどれくらい正確ですか?

https://www.wind-watch.org/documents/
reproducing-wind-farm-infrasound-for-subjective-testing
-just-how-accurate-is-the-reproduced-signal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4969.html

Author:  Cooper, Steven
著者: クーパー、スティーブン


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


独立した音響技師は、
風力タービンの運転に関する住民の苦情の調査に応答して、
そのようなタービンが運転されているときに存在する
タービンの運転に関連する
別個の超低周波不可聴音/低周波の
サイン(特徴的な音)の存在を確認しました。


狭帯域解析を使用するときの
タービンの別個のサイン(特徴的な音)は、
ブレード通過周波数
(およびその周波数の高調波)における
超低周波不可聴音の周波数帯の下部、
一般に10Hz未満で発生することを明らかにします。
そして、
おそらくギヤボックスの出力シャフト速度周辺に
サイドバンドがあるピークを示します。

距離に対する超低周波不可聴音の減衰は
通常の音のそれよりも低い率で起こり、
風力発電所から7kmまで、
そして場合によってはさらに遠距離で
タービンの別個の超低周波不可聴音の
サイン(特徴的な音)が記録されます。

(例えば、dBGまたは1/3オクターブを使用して)
同様の広帯域レベルの超低周波不可聴音を
明らかにする一方で、
狭帯域で評価した場合、
風力タービンの影響を受けない
農村部における自然環境の超低周波測定は
風力タービンの回転ブレードに関連するものと
同様の別個の周期的パターンを経験しません。

一般的な交通や環境騒音とは異なる
風車騒音の可聴特性を評価するために、
実験室の研究では、制御された環境下で
被験者のためにスピーカを使用して
記録信号を生成または再生しようとしています。…

…人々に対するタービンの
聞こえない超低周波不可聴音の影響が
管理下試験で研究されていないため、
実験室で発生した音源信号が
フルスペクトラムであるかどうか、
そして元の信号を再現するかどうかは、
風力タービンの「ノイズ」という実験室の評価において
非常に重要です
(狭帯域分析によって超低周波不可聴音を含む)。…

Tachibana [Yokoyama S, Kobayashi T, Sakamoto S & Tachibana H,
“Subjective experiments on the auditory impression of
the amplitude modulation sound contained in wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

タチバナ[ヨコヤマS、小林T、サカモトSとタチバナH、
「風車音に含まれる振幅変調音の聴感印象に関する評価実験」、
風力タービン騒音国際会議、グラスゴー2015]

風力タービンの完全なスペクトル音を評価するために
一連の残響室を使用しました。

しかし、この論文に示される主要な問題は、
ローパス・フィルタリングと変調が異なる
A特性レベルを検討していました。

参照文献[5]※おとしん:注)
特に超低周波不可聴音を調べないで、
25Hz以下の周波数成分は聞こえないと結論づけましたが
これはテストされたレベルに期待されるものです。

A特性レベルの検討と変調の可聴性に関する副次的問題として、
可聴変調効果は低周波に関連すると同定されました。


Walker [Walker B & Celano J,
“Progress report on synthesis of wind turbine noise and infrasound”,
6th International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ウォーカーBとCelano J、
「風力タービン騒音と超低周波不可聴音の合成についての経過報告」
第6回風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
狭帯域Leq解析から
合成された超低周波不可聴音信号を生成し、
影響がないことを示しました。

スピーカーによって生成された
合成された超低周波不可聴音信号の
出力を規定するための
周波数レスポンスは提供されませんでした。

システムのイコライゼーション(均一化)曲線が
平坦なスペクトルに終わったと仮定しています。


Walker,[Hansen K, Walker B, Zajamsek B & Hansen C,
“Perception and annoyance of low frequency noise versus infrasound
in the context of wind turbine noise”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

ウォーカー [ハンセンK、ウォーカーB、Zajamsek BとハンセンC,
「風力タービン騒音の低周波騒音と超低周波不可聴音の知覚と不快感」
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]

ワーテルロー風力発電所からの
外部風力発電所の騒音サンプルで始まり、
狭帯域の周波数スペクトルから合成して
音源信号を提供しました。


Tonin [Tonin R & Brett J,
“Response to simulated wind farm infrasound including effect of expectation”,
International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015]

トウニン[トウニンRとブレットJ、
「予想の影響を含むシミュレーションされた風力発電所超低周波不可聴音への反応」、
風力タービン騒音の国際会議、グラスゴー2015]
は、
修正された聴覚保護装置に接続された
ニューマティックドライバに適用された
合成された超低周波不可聴音信号を使用しました。

Crichton [Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G & Petrie K,
“Can expectations produce symptoms from infrasound associated with wind turbines?”,
Health Psychology, 33(4), 360-364 (2014);


Crichton F, Dodd G, Schmid G, Gamble G, Cundy T & Petrie K,
“The power of positive and negative expectations to influence reported symptoms
and mood during exposure to wind farm sound?”,
Health Psychology, American Psychological Association 2013]

クライントン[クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルGとピートリーK、
「期待感は風力タービンに関連する超低周波不可聴音からの症状を生み出すことができるか?」、
Health Psychology、33(4)、360-364(2014);


クライントンF、ドッドG、シュミットG、ギャンブルG、Cundy TとピートリーK、
「風力発電所の騒音に曝されている間、
肯定的および否定的な期待感が、報告された症状や気分に影響する力はあるか?」
Health Psychology、アメリカ心理学会2013]

「風力タービン超低周波不可聴音」の評価のために
広帯域ノイズに挿入された
単一の超低周波不可聴音を使用しました。 ...


シミュレートされた「超低周波不可聴音」の
使用に関する懸念事項は次のとおりです:


・合成された信号(正弦波を加えて得られる)が
 現場で発生する実際の時間信号を再現するのか。

・「超低周波不可聴音」は単一のトーンとして適用され、
 その後、風力発電所によって生成された信号であるとみなすこと。

・合成された信号の試験とその結果の主張を風力発電所に適用すること。

・スピーカーを使用してWaveファイルの信号を正確に再現させること。

Steven Cooper,
The Acoustic Group, Lilyfield, NSW, Australia
スティーブン・クーパー、
音響グループ、Lilyfield、NSW、オーストラリア


171st Meeting of the Acoustical Society of America,
Salt Lake City, Utah, 23-27 May 2016. Noise: Paper 4aNS10

第171回アメリカ音響学会、
ユタ州ソルトレイクシティ、2016年5月23-27日。
騒音:ペーパー 4aNS10

Download original document:
“Reproducing wind farm infrasound for subjective testing
– Just how accurate is the reproduced signal?”


ぜひ!⇒
ダウンロード原本:
「主観的なテストのために風力発電所の超低周波不可聴音を再生する
- 再生された信号はどれくらい正確ですか?」


https://docs.wind-watch.org/Cooper_reproducing-infrasound.pdf


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-11-10 : *オーストラリア-part2:マルコム・ターンブル政権と風車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR