騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<論文:騒音と生理的影響>中国:Physical and mental health issues in wind farm workers(風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題 // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)










<論文:騒音と生理的影響>




中国
◇Physical and mental health issues in wind farm workers
風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題

https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/




中国
■Preliminary evaluation of mental status and an investigation of occupational health knowledge demand
in operating and maintenance personnel in wind power plants
風力発電所の運転・保守要員の精神状態の予備評価と職業健康知識の調査

(2016年10月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/


[A preliminary evaluation of mental status and an investigation of occupational health knowledge demand
in operating and maintenance personnel in wind power plants].
(Europe PMC)
http://europepmc.org/abstract/med/28043259


全文(中国語)
■风电场运行维护作业人员心理状况初步评估及职业健康知识需求调查分析

http://med.wanfangdata.com.cn/Paper/Detail?id=PeriodicalPaper_zhldwszyb201610019



要旨[中国語の論文] -

目的:


風力発電所の運転保守要員の精神状態、
職業健康知識のレベル、健康行動、
労働衛生知識の需要を調査するために、
風力発電所の運転および保守要員の
労働衛生の保護措置を策定するための基礎を
提供することである。


メソッド:

クラスターサンプリングは、
2014年5月から2015年6月まで
風力発電業界の地域別に代表される
風力発電所で実施され、
160人の保守・保守要員の一般的な地位、
精神衛生、労働衛生知識の需要を調査するために、
症状チェックリスト90(SCL-90)と
自己作成評価アンケートを使用しました。



著者:

Hu SQ, Zhang Q, Zhu XH, Sun K, Chen SZ, Liu AG, Luo GL, and Huang W

Occupational Disease Prevention and Control Center of Zhuzhou, China
中国珠洲市職業病予防管理センター



Zhonghua Lao Dong Wei Sheng Zhi Ye Bing Za Zhi
[Chinese journal of industrial hygiene and occupational diseases].
(産業衛生と職業病の中国ジャーナル)

2016 Oct 20;34(10):787-789.

doi: 10.3760/cma.j.issn.1001-9391.2016.10.019



=============================================



■Analysis of occupational health examination data of operation and maintenance personnel in wind farm
風力発電所における運転保守要員の職業健康診断データの分析

(2017年8月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/


NCBI > Literature > PubMed
■[Analysis of occupational health examination data of operation and maintenance personnel in wind farm].
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29081140



要約 -

目的:

風力発電所保守要員の職場における
健康診断結果の分析は、
職場での職業健康診断項目の確立の基礎を提供します。




方法:

2013年3月から7月にかけて風力発電所に属する
17の風力発電所の従業員151人を
集団サンプリング法で観測グループに
そして、
風力発電部門の生産スタッフを336人
コントロールグループとして選定しました。

風力発電所の運営および保守要員の主な健康問題は、
疫学調査、職場健康診断、症状チェックリスト(SCL-90)、
スカンジナビアの筋肉疾患アンケート(NMQ)によって調査された。



結果:

腰痛の発生率は風力発電所の運転・保守要員で88.7%であり、
SCL-90スコアは対照群に比べて高かった(P <0.05)。

収縮期血圧、血小板数、
血清アラニンアミノトランスフェラーゼ 対照群では、
FEV(1)および強制生存能力(FVC)比(FEV(1)/ FVC%)、
直接ビリルビンレベル、
バイノーラル高周波およびバイノーラル周波数
対照群よりも高い場合、
その差は統計学的に有意であった(P <0.05)。



結論:

風力発電所の運営・保守要員の
背痛や精神的健康の問題はより顕著であり、
職場での健康診断プログラムは、
筋骨格系疾患や心理的問題と組み合わせて
設定する必要があります。



Shen YS, Zhu XH, and Sun K
Zhonghua Lao Dong Wei Sheng Zhi Ye Bing Za Zhi

[Chinese journal of industrial hygiene and occupational diseases].

2017 Aug 20;35(8):627-629.

doi: 10.3760/cma.j.issn.1001-9391.2017.08.021





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------


更新日:2018年2月21日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
【お知らせ】



・本日2018年2月21日、次の論文の翻訳文をエントリしました。

中国
◇Physical and mental health issues in wind farm workers
風力発電所の労働者の身体的および精神的健康問題

https://www.wind-watch.org/documents/physical-and-mental-health-issues-in-wind-farm-workers/ 

ぜひご参照いただければ幸いです。



・現在は、昨年2017年度の主に5月以降の論文をエントリしています。
これからも、いくつか重要な論文が続きます。
また、2018年に入って、重要な論文が発表されています。

風車の健康影響についての文献に
昨年あたりから変化を感じています。


・ニューヨーク州などを中心に
風力条例、ゾーニング条例などの変更が行われています。
追って、ご報告します。


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2018-02-22 : 論文:騒音と生理的影響 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:騒音と生理的影響>フィンランド:Indoor noise annoyance due to 3-5 megawatt wind turbines—An exposure-response relationship(3〜5メガワット風力タービンによる屋内騒音のアノイアンス(不快感) - 曝露反応関係) // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調









<論文:騒音と生理的影響>




2010年10月




フィンランド
◇Indoor noise annoyance due to 3-5 megawatt wind turbines—An exposure-response relationship
3〜5メガワット風力タービンによる屋内騒音のアノイアンス(不快感) - 曝露反応関係

(Journal of the Acoustical Society of America|2010年10月)
https://www.wind-watch.org/documents/
indoor-noise-annoyance-due-to-3-5-megawatt-wind-turbines-an-exposure-response-relationship/



Author: Hongisto, Valtteri; Oliva, David; and Keränen, Jukka
著者:ホンギスト、ヴァルッテリ;オリヴァ、デイビッド;
そして、ケラネン、ユッカ、




抄録 -


風力タービンの音のレベルと
騒音のアノイアンス(不快感)との関連性を
記述している既存の暴露 - 反応関係は、
0.15~3.0MWのタービンサイズに関係しています。

この研究の主な目的は、
公称出力が3〜5MWのタービンに関する関係を
決定することであった。

フィンランドの3つの風力発電所について、
横断調査が行われました。

この調査には、
最も近いタービンから2km以内の
すべての世帯が含まれていました。

全体として、753のうち429世帯が参加しました。

世帯は26.7-44.2 dBLaeq以内の音レベルを持つ
風力タービンの騒音にさらされていました。

標準的な予測方法は、
各参加者の庭の騒音レベルLAeqを決定するために
適用されました。

測定された音量は予測された音量とよく一致した。

屋外と室内騒音との間には曝露 - 反応関係が導かれた。

この関係は、40dBLaeq以下の
より小さなタービン(0.15-1.5MW)を含む
2つの以前の研究とかなりよく一致していた。

コミュニティ寛容レベル(CTL)(CTL20 = 50dB)は、
以前の2件の研究よりも3dB低くなっています。

40 dB以上では、少数の参加者が
以前の研究との信頼性の高い比較を妨げました。




Valtteri Hongisto, David Oliva, and Jukka Keränen
ヴァルッテリ・ホンギスト;デイビッド・オリヴァ;
そして、ユッカ・ケラネン、

Indoor Environment Research Group, Turku University of Applied Sciences, Turku, Finland
室内環境研究グループ、トゥルク応用科学大学、トゥルク、フィンランド

Journal of the Acoustical Society of America 2017 Oct;142(4):2185
米国音響学会誌 2017年10月;142(4):2185


doi: 10.1121/1.5006903.

フルテキスト
http://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.5006903






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------


更新日:2018年2月4日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】



・オーストラリア、フィンランド等で超低周波音が記録できる装置が開発され
風車と被害状況の関連について独立した調査がおこなわれているそうです。


・州法改正、郡、郡区レベルの条例改正やオンタリオ州の環境裁判などの記事が出ています。
追って、ご報告します。


<論文-超低周波不可聴音> 2018/01/30 up
2017年12月1日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Waubra Foundation Statement re Simon Chapman & Fiona Crichton’s Book
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトンの本に関するワアブラ財団(Waubra Foundation)のステートメント

(Waubra Foundation|2017年12月1日)
http://waubrafoundation.org.au/2017/waubra-foundation-statement-re-simon-chapman-fiona-crichtons-book/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html


・以下の記事でチャップマン博士が引用されていた
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトン共著
“Wind Turbine Syndrome: a Communicated Disease” に対するステートメントが
Waubra Foundationより出されました。
その機械翻訳を本日30日に拙ブログにエントリしました。
特に被害者の方にお読みいただけると幸いです。

<5-オーストラリア:NSW州タラルガ(Taralga)風力発電所> 2018/01/25 up
2017年11月12日
ぜひ!⇒
5-オーストラリア、ニュージーランド
◇Researchers under scrutiny after noise experiment prompts ‘violent’ reaction
騒音実験が「激しい」反応を促した後、調査されている研究者

(Sydney Morning Herald | 2017年11月12日)
http://www.smh.com.au/environment/
researchers-under-scrutiny-after-noise-experiment-prompts-violent-reaction-20171109-gzihnl.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5180.html


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。






2018-02-04 : 論文:騒音と生理的影響 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:騒音と生理的影響>①、②Exaggerated acoustic startle reflex in Gulf War veterans with posttraumatic stress disorder. (外傷後ストレス障害を有する湾岸戦争退役軍人の誇張された音響驚愕反射)…Morgan III、他 // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調










<論文:騒音と生理的影響>



1996年1月




◇Exaggerated acoustic startle reflex in Gulf War veterans with posttraumatic stress disorder.
外傷後ストレス障害を有する湾岸戦争退役軍人の誇張された音響驚愕反射

(2006年4月1日)

The American Journal of Psychiatry
http://psycnet.apa.org/record/1996-00403-009

https://ajp.psychiatryonline.org/doi/abs/10.1176/ajp.153.1.64


著者

Morgan III, Charles A. Grillon, Christian Southwick,
Steven M. Davis, Michael Charney, Dennis S.


Volume 153, Issue 1, January 1996, pp. 64-68

https://doi.org/10.1176/ajp.153.1.64



抄録


湾岸戦争退役軍人の外傷後ストレス障害(PTSD)を伴う
聴覚驚愕反射の大きさを評価した。


PTSDのない湾岸戦争退役軍人10人、
PTSDのない湾岸戦争退役軍人7人、
PTSDのない15人の民間人Ssで、
強度の異なる擬似ランダム化された
40ミリ秒の白色騒音バーストの6ブロックに応答して、
驚愕反射の瞬き成分が測定された。


Ssの平均年齢は24歳であった。


最初の驚愕反応の大きさ、
ならびに試験のブロックにわたって平均した
驚愕反応の大きさは、
退役軍人および民間の比較群よりも
PTSDの湾岸戦争退役軍人が有意に大きかった。


結果は、この障害における誇張された
驚愕反応の証拠を提供する。


驚愕反応のショック感作の前臨床試験は、
PTSD Ssに見られるより高いレベルの驚愕反応が、
戦闘外傷のストレスによって生じる
恐怖/警報応答の感作を反映し得ることを示唆している。

(PsycINFOデータベースレコード(c)2016 APA、すべての権利を保有)


---------------------------------------------



◇Exaggerated acoustic startle reflex in Gulf War veterans with posttraumatic stress disorder.
外傷後ストレス障害を有する湾岸戦争退役軍人の誇張された音響驚愕反射。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8540594


Morgan CA 3rd1, Grillon C, Southwick SM, Davis M, Charney DS.

Am J Psychiatry. 1996 Jan;153(1):64-8.


目的:

誇張された驚愕反射は、
外傷後ストレス障害(PTSD)の
重大な症状の1つであると言われている。

この研究の目的は、
湾岸戦争退役軍人のPTSDを用いた
聴覚驚愕反射の大きさを評価することであった。



方法:

驚愕反射のアイブリンク成分は、
様々な強度(90,96,102,108,114dB)の
擬似ランダム化された40msecホワイトノイズバーストの
6ブロックに応答して測定され、
10人のPTSDを持った湾岸戦争退役軍人、
PTSDのない7人の湾岸戦争退役軍人
そしてPTSDのない15人の民間人の被験者



結果:

最初の驚愕反応の大きさ、
ならびに試験のブロックにわたって
平均した驚愕反応の大きさは、
退役軍人および民間の比較群よりも
PTSDの湾岸戦争退役軍人で有意に大きかった。



結論:

この調査は、ベトナム退役軍人のPTSD患者の
驚愕反応を調査したいくつかの臨床研究と一致して、
この調査は
この障害における驚愕の驚愕反応の証拠を提供する。

驚愕反応のショック感作の前臨床試験は、
PTSD被験者に見られるより高いレベルの驚愕反応が、
戦闘傷害のストレスによって生じる恐怖/警報応答の感作を
反映し得ることを示唆している。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------


更新日:2018年2月3日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■



New!⇒
【お知らせ】



・オーストラリア、フィンランド等で超低周波音が記録できる装置が開発され
風車と被害状況の関連について独立した調査がおこなわれているそうです。

・明日もフィンランドの記事のエントリを予定しています。
ご参照いただければ幸いです。

・州法改正、郡、郡区レベルの条例改正やオンタリオ州の環境裁判などの記事が出ています。
追って、ご報告します。


<論文-超低周波不可聴音> 2018/01/30 up
2017年12月1日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Waubra Foundation Statement re Simon Chapman & Fiona Crichton’s Book
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトンの本に関するワアブラ財団(Waubra Foundation)のステートメント

(Waubra Foundation|2017年12月1日)
http://waubrafoundation.org.au/2017/waubra-foundation-statement-re-simon-chapman-fiona-crichtons-book/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html


・以下の記事でチャップマン博士が引用されていた
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトン共著
“Wind Turbine Syndrome: a Communicated Disease” に対するステートメントが
Waubra Foundationより出されました。
その機械翻訳を本日30日に拙ブログにエントリしました。
特に被害者の方にお読みいただけると幸いです。

<5-オーストラリア:NSW州タラルガ(Taralga)風力発電所> 2018/01/25 up
2017年11月12日
ぜひ!⇒
5-オーストラリア、ニュージーランド
◇Researchers under scrutiny after noise experiment prompts ‘violent’ reaction
騒音実験が「激しい」反応を促した後、調査されている研究者

(Sydney Morning Herald | 2017年11月12日)
http://www.smh.com.au/environment/
researchers-under-scrutiny-after-noise-experiment-prompts-violent-reaction-20171109-gzihnl.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5180.html


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。






2018-02-03 : 論文:騒音と生理的影響 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:騒音と生理的影響>オンタリオ州:Understanding Sound Sensitivity in Individuals with Autism Spectrum Disorders(自閉症スペクトラム障害を有する個人における音の感度の理解) // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調










<論文:騒音と生理的影響>




2010年4月6日




オンタリオ州
◇Understanding Sound Sensitivity in Individuals with Autism Spectrum Disorders
自閉症スペクトラム障害を有する個人における音の感度の理解

http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1088357610364530



Lillian N. Stiegler, Rebecca Davis

First Published April 6, 2010 Research Article




抄録


自閉症スペクトラム障害(ASD)の有無にかかわらず、
個人の健全な感受性に関する文献が
この記事でレビューされています。


経験的証拠が検討され、
生理学的および精神的行動的視点が記述される。


ASD患者の聴覚系には
真の生理学的差異の証拠は事実上存在しない。


しかしながら、ASDを患う多くの人々(a)は、
音について恐ろしく不安を感じることは明白です、
そして、
(b)非好ましい音に対する自律的
および/または行動的応答のために
不快な生理的感覚を経験することがあります、
しかし、(c)ひどく不快な状況で
より効果的に自己調整の方法で
反応することを学ぶことができます。




StansfeldとMatheson(2003)は次のように述べています。

「子供たちは、騒音の非聴覚健康影響に対して
特に脆弱なグループを代表する可能性が高い…
子供たちがまだ身体的および認知的に
発達しているという事実を考慮すると、
騒音などの環境ストレス要因への曝露は、
このグループにとって不可逆的な
負の影響をもたらす可能性があるというリスクがある」




風力タービンの聴覚
および非聴覚の両方の騒音放射は、
慢性睡眠障害、ストレス、吐き気
および認知障害に寄与する
特定の特徴を有することが認められている。




サラは、オンタリオ州政府が
Suncor EnergyとNextEra Energy Canadaが提案した
これらのプロジェクトをキャンセルし、
家族を平和に残すことを望んでいます。

「これはイングランドでも起きたことで、
ここでも起こるはずだ。

子供は保護されなければなりません。

私の子供たちは自分のために
話すことはできませんが、私はできます。」





引用文献

Adams, L., Gouvousis, A., VanLue, M., & Waldron, C.
( 2004). Social story intervention:
Improving communication skills in a child with an autism spectrum disorder.
ソーシャルストーリー介入:
自閉症スペクトラム障害の子供のコミュニケーションスキルの向上
Focus on Autism and Other Developmental Disabilities, 19, 87-94.
Google Scholar,
L Adams, A Gouvousis, M VanLue… - Focus on Autism and …, 2004 - journals.sagepub.com
Link
http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/10883576040190020301


American Psychiatric Association.
(2000). Diagnostic and statistical manual of mental disorders
(4th ed., text revision).
精神障害の診断と統計マニュアル
Washington, DC: Author.
Google Scholar
American Psychiatric Association - 2013 - books.google.com



American Speech-Language-Hearing Association.
( 2004). Auditory Integration Training (Tech. Rep.).
聴覚統合トレーニング
Rockville, MD: Author.
Google Scholar
www.asha.org/policy/tr2004-00260.htm


American Speech-Language-Hearing Association.
( 2008). Incidence and prevalence of hearing loss and hearing aid use
in the United States-2008 edition.
難聴の発生率および罹患率と補聴器の使用 米国 - 2008年版。
Rockville, MD : Author.
Google Scholar
American Speech-Language-Hearing Association - 2004


Anari, M., Axelsson, A., Eliasson, A., & Magnusson, L.
( 1999). Hypersensitivity to sound:
Questionnaire data, audiometry, and classification.
聴覚過敏症:アンケートデータ、聴力検査、および分類
Scandinavian Audiology, 28, 219-230.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10572967?dopt=Abstract


Andersson, G., Lindvall, N., Hursti, T., & Carlbring, P.
( 2002). Hypersensitivity to sound (hyperacusis):
A prevalence study conducted via the internet and post.
過敏症(聴覚過敏):インターネットとポストを介して行われた有病率調査
International Journal of Audiology, 41, 545-554.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12477175?dopt=Abstract


Brown, D.
( 1991). Human universals.
ヒューマン・ユニバーサル
Philadelphia: Temple University Press.
Google Scholar
www.temple.edu/tempress/titles/864_reg_print.html


Buckley, S., & Newchok, D.
( 2006). Analysis and treatment of problem behavior evoked by music.
音楽が引き起こす問題行動の分析と治療
Journal of Applied Behavior Analysis, 39, 141-144.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16602395?dopt=Abstract


Charlop-Christy, M., Le., L., & Freeman, K.
( 2000). A comparison of video modeling with in vivo modeling
for teaching children.
子供たちに教えるための生体内モデリングとのビデオ・モデリングとの比較。
Journal of Autism and Developmental Disorders, 6, 537-552.
Google Scholar,
Crossref
https://link.springer.com/article/10.1023/A:1005635326276


Crozier, S., & Tincani, M.
( 2005). Using a modified social story to decrease disruptive behavior
of a child with autism.
自閉症児の破壊的行動を減少させるために修正された社会的ストーリーを使用する
Focus on Autism and Other Developmental Disabilities, 20, 150-157.
Google Scholar, Link
http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/10883576050200030301


Dauman, R., & Bouscau-Faure, F.
(2005). Assessment and amelioration of hyperacusis in tinnitus patients.
耳鳴り患者の聴覚過敏の評価と改善
Acta Oto-Laryngologica , 125, 503-509.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16092541?dopt=Abstract


Davis, R., & Stiegler, L.
( 2005). Toward more effective audiological assessment of children
with autism spectrum disorders.
自閉症スペクトラム障害を有する小児のより効果的な聴力学的評価に向けて
Seminars in Hearing, 26, 241-252.
Google Scholar,
https://www.thieme-connect.com/products/ejournals/html/10.1055/s-2005-922446
Crossref



Filipek P., Accardo P., Ashwal, S., Baranek, G.T., Cook, Jr., E.H.,
Dawson, G., . . . Volkmar, F.R.
( 2000). Practice parameters: Screening and diagnosis of autism .
練習のパラメタ:自閉症のスクリーニングと診断
Neurology, 55, 468-479
Google Scholar,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10953176?dopt=Abstract


Gawande, A.
( 2008, June 30). The itch.
かゆみ
The New Yorker pp. 58-65.
Google Scholar
www.newyorker.com/magazine/2008/06/30/the-itch


Gomes, E., Rotta, N., Pedroso, F., Sleifer, P., & Danesi, M.
( 2004). Auditory hypersensitivity in children and teenagers
with autistic spectrum disorder.
自閉症スペクトラム障害を有する小児および十代の若者の聴覚過敏症。
Arquivos de Neuro-Psiquiatria , 62, 797-801.
Google Scholar,
Crossref, Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15476072?dopt=Abstract


Grandin, T.
( 1995). Thinking in pictures.
写真で考える
New York: Doubleday.
Google Scholar



Gravel, J., Dunn, M., Lee, W., & Ellis, M.
( 2006). Peripheral audition of children on the autistic spectrum .
自閉症の児童の末梢検診
Ear and Hearing, 27, 299-312.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16672798?dopt=Abstract



Gray, C.
( 1995). Teaching children with autism to "read" social situations .
自閉症の子供たちに社会的状況を「読む」よう教える
In K. Quill (Ed.),
Teaching children with autism:
Strategies to enhance communication and socialization (pp. 214-219).
自閉症児教育:コミュニケーションと社会化を促進する戦略
New York: Delmar.
Google Scholar



Grinker, R.
( 2007). Unstrange minds: Remapping the world of autism.
不安定な心:自閉症の世界を再考する
New York: Basic Books.
Google Scholar



Henry, J.A., Zaugg, T., & Schechter, M.A.
(2005). Clinical guide for audiologic tinnitus management I: Assessment.
聴覚的耳鳴り管理のための臨床ガイドI:評価。
不安定な心:自閉症の世界を再考する
American Journal of Audiology , 14, 21-48.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16180968?dopt=Abstract


Hodgdon, L.
( 1995). Visual strategies for improving communication (vol. 1):
Practical supports for school and home.
コミュニケーションを改善する視覚戦略(第1巻):学校と家庭の実践的支援
Troy, MI: QuirkRoberts.
Google Scholar



Hughes, R.
( 2003). Running with Walker: A memoir.
ウォーカーと一緒に走る:回想録
New York: Jessica Kingsley.
Google Scholar
R Hughes - 2003 - books.google.com


Iowa State University Extension.
(2003). Understanding children’s fears.
Des Moines, IA: Author.
Google Scholar
lib.dr.iastate.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1065...pubs


Jackson, H., & King, N.
( 1982). The therapeutic management of an autistic child’s phobia
using laughter as the anxiety inhibitor.
自閉症児の恐怖症の治療管理は、不安抑制剤として笑いを使用する
Behavioural Psychotherapy, 10, 364-369.
Google Scholar,
https://www.cambridge.org/core/journals/behavioural-and-cognitive-psychotherapy/
article/therapeutic-management-of-an-autistic-childs
-phobia-using-laughter-as-the-anxiety-inhibitor/CCAA5A8E6DF2EF83FFFD7C654E28FBC0
Crossref



Jastreboff, P., & Jastreboff, M.
(2000). Tinnitus retraining therapy (TRT)
as a method for treatment of tinnitus and hyperacusis patients.
耳鳴り患者および尋常性耳症患者の治療法としての耳鳴り再訓練療法(TRT)
Journal of the American Academy of Audiology, 11, 162-177.
Google Scholar,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10755812?dopt=Abstract



Jersild, A., & Holmes
( 1935). Children’s fears. Child Development Monographs, 20.
子供の恐れ。 子供の開発モノグラフ、20
New York: Columbia University Press.
Google Scholar
AT Jersild - 2007 - Jersild Press


Johnson, M.
( 1999). A tool for measuring hyperacusis.
聴覚過敏を測定するためのツール
The Hearing Journal, 52, 34-35.
Google Scholar,
M Johnson - The Hearing Journal, 1999 - researchgate.net
Crossref



Katzenall, U., & Segal, S.
( 2001). Hyperacusis: Review and clinical guidelines.
聴覚過敏:レビューと臨床ガイドライン
Otology & Neurotology, 22, 321-327.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11347634?dopt=Abstract



Keeling, K., Myles, B., Gagnon, E., & Simpson, R.
( 2003). Using the power card strategy to teach sportsmanship skills to a child with autism.
自閉症の子供にスポーツマンシップスキルを教えるためにパワーカード戦略を使用する。
Focus on Autism and Other Developmental Disabilities, 18, 105-111.
Google Scholar, Link
http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/108835760301800204



Khalfa, S., Bruneau, N., Roge, B., Georgieff, N., Veuillet, E., Adrien, J., . . . Collet, L.
( 2004). Increased perception of loudness in autism.
自閉症におけるラウドネスの認知度の向上
Hearing Research, 198, 87-92.
Google Scholar, Crossref, Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15617227?dopt=Abstract


King, N., Muris, P., Ollendick, T., & Gullone, E.,
(2005). Childhood fears and phobias: Advances in assessment and treatment.
小児期の恐れと恐怖症:評価と治療の進歩。
Behaviour Change, 22, 199-211.
Google Scholar,
https://www.cambridge.org/core/journals/behaviour-change/article/
childhood-fears-and-phobias-advances-in-assessment-and-treatment/A8541A69BAAFB9630E6462DD6D77DC21
Crossref



Koegel, R., Openden, D., & Koegel, L.
( 2004). A systematic desensitization paradigm to treat hypersensitivity to auditory stimuli
in children with autism in family contexts.
家族文脈における自閉症児の聴覚刺激に対する過敏症を治療するための体系的な脱感作パラダイム
Research & Practice for Persons with Severe Disabilities, 29, 122-134.
Google Scholar, Link
http://journals.sagepub.com/doi/10.2511/rpsd.29.2.122



Louisiana Board of Examiners for Speech-Language Pathology and Audiology.
(1994). Position statement on Auditory Integration Training.
聴覚統合訓練に関する位置声明。
Baton Rouge, LA: Author.
Google Scholar
Executive Committee - Audiology Today, 1993



McCord, B., Iwata, B., Galensky, T., Ellingson, S., & Thomson, R.
( 2001). Functional analysis and treatment of problem behavior evoked by noise.
ノイズに起因する問題行動の機能解析と治療
Journal of Applied Behavior Analysis, 34, 447-462.
Google Scholar, Crossref, Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11800184?dopt=Abstract



Mendez, F., & Garcia, M.
( 1996). Emotive performances: A treatment package for children’s phobias.
感情に訴えるパフォーマンス:子供の恐怖症の治療パッケージ
Child & Family Behavior Therapy, 18(3), 19-32.
Google Scholar, Crossref
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1300/J019v18n03_02



Monahan, D. (Speaker), & Abramson, L. (Writer).
(2002). Autism and education.
自閉症と教育
Washington, DC: National Public Radio.
Google Scholar



Mraz, M., & Folmer, R.
( 2003). Overprotection-hyperacusisphonophobia & Tinnitus Retraining Therapy: A case study.
過保護 - 過認知恐怖症および耳腔再訓練療法:事例研究
AudiologyOnline.com, March 14th, 2008.
Google Scholar
M Mraz, R Folmer - Retrieved January, 2003


Mudford, O., Cross, B., Breen, S., Cullen, C., Reeves, D., Gould, J., & Douglas, J.
( 2000). Auditory Integration Training for children with autism: No behavioral benefits detected.
自閉症児の聴覚統合訓練:行動効果が検出されない
American Journal on Mental Retardation, 105, 118-129.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10755175?dopt=Abstract



Park, C.
( 2001). Exiting Nirvana: A daughter’s life with autism .
ニルヴァーナの終了:自閉症の娘の人生
Boston, MA: Little, Brown.
Google Scholar
CC Park - 2009 - books.google.com



Prizant, B., & Meyer, E.
( 1993). Socioemotional aspects of language and social-communication disorders
in young children and their families.
幼児およびその家族の言語および社会コミュニケーション障害の社会的側面
American Journal of Speech-Language Pathology, 2, 56-71.
Google Scholar,
Crossref
http://ajslp.pubs.asha.org/article.aspx?articleid=1774351



Prizant, B., Wetherby, A., Rubin, E., & Laurent, A.,
(2003). The SCERTS Model:
A transactional, family-centered approach to enhancing communication
and socioemotional abilities of children with autism spectrum disorder.
SCERTSモデル:
自閉症スペクトラム障害を持つ子どものコミュニケーション能力と
社会的精神能力を強化するための、取引主義的、家族中心のアプローチ
Infants and Young Children , 16, 296-316.
Google Scholar,
Crossref
https://journals.lww.com/iycjournal/Abstract/2003/10000/
The_SCERTS_Model__A_Transactional,_Family_Centered.4.aspx



Prizant, B., Wetherby, A., & Rydell, P.
( 2000). Communication intervention issues for children
with autism spectrum disorders.
自閉症スペクトラム障害の子供のためのコミュニケーション介入の問題
In A. Wetherby & B. Prizant (Eds.).
Autism spectrum disorders: A transactional developmental approach.
(Vol. 9, pp. 193-224).
Baltimore: Brookes.
Google Scholar
http://psycnet.apa.org/record/2001-00134-008



Ramachandran, V., & Hirstein, W.
( 1998). The perception of phantom limbs: The D.O. Hebb lecture.
幻肢の知覚:D.O. ヘブレ講演
Brain, 121, 1601-1630. Google Scholar
https://academic.oup.com/brain/article/121/9/1603/283360


Rimland, B., & Edelson, S.
( 1995). Brief report: A pilot study of auditory integration training in autism.
簡単なレポート:自閉症における聴覚統合訓練のパイロット研究
Journal of Autism and Developmental Disorders, 25, 61-70.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7608035?dopt=Abstract



Rogers, S., Hepburn, S., & Wehner, E.
( 2003). Parent reports of sensory symptoms in toddlers with autism
and those with other developmental disorders.
親は自閉症児および他の発達障害を有する幼児の感覚症状について報告する
Journal of Autism and Developmental Disorders, 33, 631-642.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14714932?dopt=Abstract



Rosenhall, U., Nordin, V., Sandstrom, M., Ahlsen, G., & Gillberg, C.
( 1999). Autism and hearing loss.
自閉症および難聴
Journal of Autism and Developmental Disorders, 29, 349-357.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10587881?dopt=Abstract



Sansosti, F., Powell-Smith, K., & Kincaid, D.
( 2004). A research synthesis of Social Story interventions for children
with autism spectrum disorders.
自閉症スペクトラム障害児の社会ストーリー介入の研究
Focus on Autism and Other Developmental Disabilities, 19, 194-204.
Google Scholar, Link
http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/10883576040190040101



Stableford, W.
( 1979). Parental treatment of a child’s noise phobia.
子供の騒音恐怖症のペアレンタル治療
Journal of Behavioral Therapy & Experimental Psychiatry, 10, 159-160.
Google Scholar,
Crossref
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/000579167990096X?via%3Dihub



Tharpe, A.M.
( 1999). Auditory Integration Training: The magical mystery cure .
聴覚統合トレーニング:マジカル・ミステリー・ケア
Language, Speech, and Hearing Services in Schools, 30, 378-382.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27764347?dopt=Abstract



Tharpe, A., Bess, F., Sladen, D., Schissel, H., Couch, S., & Schery, T.
( 2006). Auditory characteristics of children with autism.
自閉症児の聴覚特性
Ear & Hearing, 27, 430-441.
Google Scholar,
Crossref,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16825892?dopt=Abstract



University of New Hampshire Cooperative Extension.
( 2002). The 3, 4 and 5-year-old child: Common fears.
3歳、4歳、5歳の子供:共通の恐怖。
Manchester, NH: Author.
Google Scholar



Valente, M., Goebel, J., Duddy, D., Sinks, B., & Peterein, J.
( 2000). Evaluation and treatment of severe hyperacusis.
重度の聴覚過敏症の評価と治療
Journal of the American Academy of Audiology, 11, 295-299.
Google Scholar,
Medline
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10858000?dopt=Abstract



World Health Organization.
(2001). International classification of functioning, disability and health: ICF.
機能、障害および健康の国際分類:ICF
Geneva, Switzerland: Author.
Google Scholar
World Health Organization - 2001 - books.google.com


Zollweg, W., Vance, V., & Palm, D.
( 1997). The efficacy of Auditory Integration Training: A double-blind study.
聴覚統合訓練の有効性:二重盲検試験
American Journal of Audiology, 6(3), 39-47.
Google Scholar,
Crossref
http://aja.pubs.asha.org/article.aspx?articleid=1773756




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------


更新日:2018年1月30日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】



<論文-超低周波不可聴音> 2018/01/30 up
2017年12月1日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Waubra Foundation Statement re Simon Chapman & Fiona Crichton’s Book
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトンの本に関するワアブラ財団(Waubra Foundation)のステートメント

(Waubra Foundation|2017年12月1日)
http://waubrafoundation.org.au/2017/waubra-foundation-statement-re-simon-chapman-fiona-crichtons-book/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html


・以下の記事でチャップマン博士が引用されていた
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトン共著
“Wind Turbine Syndrome: a Communicated Disease” に対するステートメントが
Waubra Foundationより出されました。
その機械翻訳を本日30日に拙ブログにエントリしました。
特に被害者の方にお読みいただけると幸いです。

<5-オーストラリア:NSW州タラルガ(Taralga)風力発電所> 2018/01/25 up
2017年11月12日
ぜひ!⇒
5-オーストラリア、ニュージーランド
◇Researchers under scrutiny after noise experiment prompts ‘violent’ reaction
騒音実験が「激しい」反応を促した後、調査されている研究者

(Sydney Morning Herald | 2017年11月12日)
http://www.smh.com.au/environment/
researchers-under-scrutiny-after-noise-experiment-prompts-violent-reaction-20171109-gzihnl.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5180.html


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。





2018-01-31 : 論文:騒音と生理的影響 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<論文:騒音と生理的影響>英国:Noise pollution: non-auditory effects on health(騒音公害:健康に対する非聴覚的影響) // 【お知らせ】 | おとしんの,懇親会が決まりました/2018年3月11日(日) |エコキュート取り扱い業者の方へ|「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調)










<論文:騒音と生理的影響>




2003年12月1日



オープン
英国
◇Noise pollution: non-auditory effects on health
騒音公害:健康に対する非聴覚的影響

https://academic.oup.com/bmb/article/68/1/243/421340



Stephen A Stansfeld Mark P Matheson

British Medical Bulletin, Volume 68, Issue 1, 1 December 2003, Pages 243–257,
(ブリティッシュ・メディカル・ブルトゥン)


https://doi.org/10.1093/bmb/ldg033

Published: 01 December 2003




抄録


騒音は、輸送、産業、
および近隣住民からの騒音を含む環境の顕著な特徴です。


輸送騒音への曝露は、実験室での睡眠を妨げるが、
一般に、適応が行われる現場調査ではそうではない。


ノイズは複雑なタスクのパフォーマンスを妨げ、
社会的行動を修正し、アノイアンスを引き起こす。



職業と環境騒音の曝露研究では、
高血圧との関連が示唆されていますが、
コミュニティ研究では
騒音と心血管疾患との関係は弱いとしか示されていません。



航空機および道路交通騒音曝露は、
心理学的症状と関連するが、
臨床的に定義された精神障害とは関連していない。



産業研究と地域研究の両方において、
騒音曝露はカテコールアミン分泌の上昇に関連している。



小児では、慢性的な飛行機の騒音暴露は、
読み解きや長期記憶を損ない、
血圧上昇に関連している可能性があります。



対処方法と騒音への適応の可能な健康影響を調べるためには、
さらなる研究が必要である。



Introduction 序論


Non-auditory effects of noise on health
|健康に対する騒音の非聴覚的影響|

▼Noise and sleep disturbance
騒音および睡眠障害


▼Noise exposure and performance
騒音曝露とパフォーマンス


Noise and cardiovascular disease
|騒音および心血管疾患|

▼Physiological responses to noise exposure
騒音への生理的反応


▼Occupational studies: noise and high blood pressure
職業上の研究:騒音と高血圧


▼Noise and cardiovascular disease in the community
地域の騒音と心血管疾患


▼Endocrine responses to noise
騒音に対する内分泌反応


▼Noise and psychiatric disorder
騒音と精神障害


▼Noise exposure and psychological symptoms
騒音曝露と心理的症状


▼Noise and common mental disorder
騒音と一般精神障害


▼Noise annoyance
騒音のアノイアンス


騒音に対する主観的な反応として
最も広く報告されているのはアノイアンスですが、
これは恐れや軽度の怒りを含んでいる可能性があり、
回避可能な害を受けているという信念に関連している41。

騒音は個人のプライバシーを侵害するものとも
見なされますが、
その個人がその人に
不快感(アノイアンス)をかけられるかどうかを
判断する上で重要です。



不快感反応はどんな騒音でも
日常的な活動において引き起こす干渉の程度と
しばしば関係しています。
そして、それは多分先立って、
アノイアンスにつながるでしょう43。

交通騒音研究と航空機騒音研究の両方において、
騒音レベルは線量 - 反応関係において
アノイアンスになることが判明している44,45。

全体として、会話、テレビの視聴、
またはラジオの聴取(すべて音声通信を含む)は、
航空機の騒音によって最も妨げられている活動であり、
交通騒音は、夜には、睡眠の妨げになる。



▼Acoustic predictors of noise annoyance in community surveys
地域社会調査における騒音の聴覚予測因子


▼Combined effects of noise exposure and other stressors
騒音曝露と他のストレス要因の複合影響


▼Noise and non-auditory health effects in children
児童の騒音と非聴覚の健康への影響


子供は、騒音の非聴覚健康影響に対して
特に脆弱なグループを代表する可能性が高い。

彼らはストレッサーを理解し予期する認知能力が少なく、
よく発達した対処方法がない 54,55。

さらに、子供たちがまだ身体的および認知的に
発達しているという事実を考慮すると、
騒音などの環境ストレス要因への曝露は、
このグループにとって
不可逆的な負の影響を有する可能性があります。



▼Cognition


▼Motivation


▼Cardiovascular effects


▼Endocrine disturbance


▼Noise annoyance
騒音のアノイアンス/不快感



研究によると、慢性的な環境騒音への曝露は、
幼児でさえ64,57,71であっても、
アノイアンスになるという証拠が一貫して見つかっています。


ミュンヘンでは、騒音に曝された子供たちは、
校正された地域社会指標によって指摘されるように、
騒音に悩まされていました。


ロンドンでは、子どもに適合した標準的な
自己報告の質問48,80がアノイアンスを評価するために使用され、
騒音に曝された子供のアノイアンスのレベルが高かった。


1年後のフォローアップでは、同じ結果が見出され、
アノイアンス行為の影響は慣れないことを示唆している。



Conclusions


References




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------



更新日:2018年1月30日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】



<論文-超低周波不可聴音> 2018/01/30 up
2017年12月1日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Waubra Foundation Statement re Simon Chapman & Fiona Crichton’s Book
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトンの本に関するワアブラ財団(Waubra Foundation)のステートメント

(Waubra Foundation|2017年12月1日)
http://waubrafoundation.org.au/2017/waubra-foundation-statement-re-simon-chapman-fiona-crichtons-book/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html


・以下の記事でチャップマン博士が引用されていた
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトン共著
“Wind Turbine Syndrome: a Communicated Disease” に対するステートメントが
Waubra Foundationより出されました。
その機械翻訳を本日30日に拙ブログにエントリしました。
特に被害者の方にお読みいただけると幸いです。

<5-オーストラリア:NSW州タラルガ(Taralga)風力発電所> 2018/01/25 up
2017年11月12日
ぜひ!⇒
5-オーストラリア、ニュージーランド
◇Researchers under scrutiny after noise experiment prompts ‘violent’ reaction
騒音実験が「激しい」反応を促した後、調査されている研究者

(Sydney Morning Herald | 2017年11月12日)
http://www.smh.com.au/environment/
researchers-under-scrutiny-after-noise-experiment-prompts-violent-reaction-20171109-gzihnl.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5180.html


・「公衆衛生問題としての第12回ICBEN騒音会議」
そのほかのいくつかの論文については
予定通り後日エントリーしたいと思っています。
その時は、お知らせします。

・2017年12月に以下の環境騒音とアノイアンス
(風車騒音も含む)システマティック・レビューが公開されました。
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー

追ってご報告します。

オープン
「WHO Environmental Noise Guidelines for the European Region:
A Systematic Review on Environmental Noise and Annoyance.」
(欧州地域のWHO環境騒音ガイドライン:
環境騒音とアノイアンスに関するシステマティック・レビュー)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5750957/

 (おとしん:若林)



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。

・通常、懇親会は午前中ですが、状況によっては午後も可能です。
 ご相談下さい。

・長らく休止していたメール相談を再開しました。



おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


-----------------------------------------

2018年3月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2018年3月11日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分

参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。




2018-01-31 : 論文:騒音と生理的影響 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR