騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風車~破損・火災・落雷・事故>カンザス州:幅が狭い道と伸びすぎた木が、郡の問題です | オーストラリア:クロフォードは、Currandooleyの火災調査を要求します…火災の調査官は、鳥が高電圧の電力線の近くを飛行した結果、火がついて乾燥した草に落ちて火災が始まったと判断しましたが、この問題が現在進行中の調査の一部であることを認識しています | オハイオ州:風力タービンに落雷 | オハイオ州/画像:嵐は、ウォーターフロント風力タービンに損害を与えます | ぜひ⇒スウェーデン/画像:ボルトがV112崩壊の原因とされました;スウェーデンの調査はLemnhultで2015年クリスマスの故障についてわかりました  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<風車~破損・火災・落雷・事故/カンザス州/テレビ信号受信不能>




2017年2月16日




カンザス州
◇Narrow roads and overgrown trees a county problem
幅が狭い道と伸びすぎた木が、郡の問題です

(プラット・トリビューン | 2017年2月16日)
http://www.pratttribune.com/news/20170216/narrow-roads-and-overgrown-trees-county-problem



・・・・・・・・


郡のゾーニング管理者である
ティム・ブランスコム氏(Tim Branscom)は、
風力発電所の区域の居住者は、
アンテナからテレビ信号を受信することに
問題があると訴えているという。


風力発電所が活発になったので、
それは彼のチャンネルの数をノックダウンしました。

居住者はネクストラ社(NextEra)に連絡して
問題を確認しましたが、
システムに問題はありませんでした。




ネクストラ社(NextEra)は再び連絡を受け、
代理人は居住者に問題の一時支払いを提供したと
ブランスコム氏は述べた。





ネクストラ社の協定によれば、
事業者が問題を引き起こした場合、
問題を解決するため
タイムリーな措置を講じる必要があります。

問題は1ヶ月間続いており、
彼は苦情を言ったただ一人の人だと
ブランスコム氏は語った。


・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/オーストラリア/火災>




2017年2月2日




オーストラリア
◇Crawford calls for Currandooley fire inquiry
クロフォードは、Currandooleyの火災調査を要求します

(Goulburn Post | 2017年2月2日)
http://www.goulburnpost.com.au/story/4442147/goward-pushes-fire-inquiry/




Louise Thrower



奇妙な火災は
調査が必要かどうかを判断するために
NSWの検視官に照会されました。





この発表は、Goulburn Postの
NSW警察への質問に続く木曜日の午後に行われた。




「2017年1月17日の
Monaro地方司令部に由来する火災は、
資産に大きな被害をもたらした」と広報担当者は述べた。




「この問題はNSW地方消防隊の援助を受け、
NSW警察が調査し、
警察によって検視官に報告しました。」




「火事は疑わしいものとして扱われていません。

Monaro地方司令部の役員は、
NSWの検視官の要望書を準備しています。

これは、50万ドル以上の
損害を引き起こす火災に対する
NSW警察の標準的な作業手順と一致しています。」




火災はタラゴとフェアリー山周辺の
3387ヘクタールを一掃した。




RFSの調査によると、
キャピタル(Capital)風力発電所の高電圧電力線が
バードストライクで燃えだして、
乾いた草の中に落ちた後に発火したことが分かった。





『Residents Against Jupiter Wind Farm』
(ジュピター風力発電所に反対する住民)のメンバーと
タラゴ地区住民のマイケル・クロフォード博士は、
少なくともさらなる疑問が提起されていると述べている。





彼とその他の住民は、
キャピタルのInfigen Energy社が管理する
高電圧電力線へのバードストライクと、
近くのWoodlawn風力発電所は
過去1ヶ月間に火災を起こしたと主張しました。




「私は何が起こったのかを知りたいと思っています。
いくつかの例があるので、
それが体系的な問題であるかどうかを確認し、
それが存在するかどうかを確認するために、
検視官の調査が意味するものである
全身的な解決策がある」とクロフォード博士は述べた。




同調査では、インフラの設計や
地域社会を保護するための火災緩和の改善など、
より広範な公共の安全問題が
明らかになる可能性があると主張した。




「風力発電所自体は
タービンと関連しているかのようには見えないため、
風力発電所自体を閉鎖するとは信じられません。」




Infigen Energy社は
火災が
「タービンから数百メートル離れていた」と発言した。

それは責任を認めません。




クロフォード博士は
有権者が火災フィールドの一部をカバーする
RFSとジョン・バリラロ副議長に、
調査を要求しました。




彼は答えを求める唯一の人ではない。

南東地方ランドサービス委員長の
ティム・ド・メストレ氏は、
さらに幅広い調査を望んでいる。

火災は彼の950ヘクタールの
Bungendore Roadの資産
(『Merigan』)のほとんどを破壊しました。




クロフォード博士は、
「風力発電所に関する彼らの見解にかかわらず、
燃やされたすべての人々が
一般的な調査を希望しているのを
国が見つけるだろうと確信している」と述べた。




バリラロ氏は、何人かのタラゴの住民が、
Currandooleyの火災とその原因について
彼に連絡を取ったと語った。




「私はNSW緊急サービス担当大臣に
助言を求めて手紙を書きました。」と述べた。




「NSWのRFSによると、
火災の調査官は、
鳥が高電圧の電力線の近くを飛行した結果、
火がついて
乾燥した草に落ちて
火災が始まったと判断しました。

私はこの問題が
現在進行中の調査の一部であることを認識しています。





Goulburn の議員 Pru Goward氏は、
火災が発生した直後に
原因についてRFSに深く語ったと語った。




「彼らはそれが鳥によって引き起こされたと
確信している。」と彼女はポストに語った。




「さらなる調査が計画されていることを
理解しており、
回答を知りたいコミュニティを
完全にサポートしています。」




RFSの調査で、
高電圧電力線が
火災に寄与していることが判明した場合、
私は包括的な調査を求めます。

トロイ・グラント緊急援助大臣に書簡を送って、
地域社会の懸念が
徹底的に解決されるように頼みました。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/オハイオ州/落雷>




2017年2月26日




オハイオ州
◇Lighting strikes wind turbine
風力タービンに落雷

(Star Beacon | 2017年2月26日)
http://www.starbeacon.com/news/local_news/lighting-strikes-wind-turbine/
article_0387f458-653f-50a5-abe1-6b4488cea8ea.html



By WARREN DILLAWAY



CONNEAUT -


Conneaut港の風力タービンが
土曜日の朝早く打ち上げられ、
羽根の1つが落ちてしまったのは
明らかに2回の落雷が原因であると
Conneautの消防士Chad Carter氏は述べています。





タービンは以前、雷によって損傷していた。




彼は、午前1時15分頃に電話がかかってきたと語り、
消防士は近くにある廃水処理場から
市職員によってモーターが停止されるまで現場にとどまった。




カーター氏によると、
人々がそのダメージを知っていることを
確認するためにその地域に
コーンが配置されていたという。

彼は、ダメージの見積もりはないと言いました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/オハイオ州/ブレード損壊>




2017年2月26日




オハイオ州/画像
◇Storms damage waterfront wind turbine
嵐は、ウォーターフロント風力タービンに損害を与えます

(YourErie.com|2017年2月26日)
http://www.yourerie.com/news/local-news/storms-damage-waterfront-wind-turbine/663163493



By Lou Baxter



金曜日の夜の嵐は、
Conneautのウォーターフロントにある
風力タービンの1つに損傷を与えた。


これらの写真は
Polly Finlaw Saurweinが撮影したものです。

風力タービンのブレードの1つが
落雷または強風のいずれかによって
吹き飛ばされたように見える。

タービンは、ブロードストリートの麓にある
排水処理施設にあります。




2009年のプレスリリースによれば、
タービンはNexGen Energy Partnersの所有であり、
Conneaut廃棄物処理施設のエネルギー需要の
約60%を供給すると予想されていました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/スウェーデン/タワー崩壊>




2017年2月27日




ぜひ!⇒
スウェーデン/画像
◇Bolts blamed for V112 collapse;
Swedish probe followed Christmas 2015 failure at Lemnhult
ボルトがV112崩壊の原因とされました;
スウェーデンの調査はLemnhultで2015年クリスマスの故障についてわかりました

( reNEWS | 2017年2月27日)
http://renews.biz/106050/bolts-blamed-for-v112-collapse/



スウェーデンの当局者は、
2015年後半にLemnhult風力発電所で
Vestas社のタービン崩壊の根本原因として
不適切なボルトの設置を指摘している。





政府の事故調査機関SHKは、
12月24日に故障した3年目のV112は、
塔の底部と2番目のセクションの接合部に
疲労と腐食の明瞭な兆候を示したと語った。




「ジョイントを一緒に保持していた
ボルトは
疲労プロセスを受けていたため、
ボルトは通常の操作の負荷に
耐えられなくなりました。




「主な風向きのフランジ面は、
ボルトから発生した可能性が高い
腐食の兆候を示しました。




SHKは、疲労の原因が
「関節の強さが低すぎた」と語った。



要求された基準を達成しなかった理由は、
「ボルト、タワーセクション、ツールが
雨や雪から守られていないことによるものです」と
述べています。




SHKは、ツールが適切に維持されておらず、
ボルトの最終的なトルクを実行した組立者が
「過去の経験はない」と
「製造業者の内部トレーニングを受けていない」と
付け加えました。




Lemnhult氏はまた、
事故の前に「緩んで壊れたボルト」に
関する問題を経験しました。


「これらはオペレーターによって
報告されなかった」とSHKは述べた。




職員は、Vestas社が
「設置場所での指示と
マニュアルの順守をフォローアップする」ことを
推奨しました。




シーメンス社は昨年、
ハワイの風力発電所でも
同様のボルト故障を経験しました。

誤った張力が再び主な容疑者になった。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-04-23 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<風車~破損・火災・落雷・事故>北アイルランド/画像:嵐が北アイルランドを襲って、風力タービンは崩壊する | スコットランド/画像:風力タービンのトラックの衝突事故で主要道路閉鎖 | ぜひ⇒イタリア/動画:風力タービンは、風の力で崩壊する | アルバータ州/画像:銃撃は、南アルバータの風力発電所で、『大きな』損害を与えます…変圧器への損傷は広範囲に及んでおり、損傷によるいくつかの風力タービンの停止により、財政的損失が顕著になると予想されています | バーモント州:委員会は、働いてない風車に別れを告げる…最初に考えられた以上の費用に加えて、2005年のケーブルの緩みや2007年の氷嵐によるブレードの落下など、いくつかの事件で風車の安全性が疑問視されています // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<風車~破損・火災・落雷・事故/北アイルランド/タービン崩壊>



2017年2月3日



北アイルランド/画像
◇Wind turbine collapses as storms batter Northern Ireland
嵐が北アイルランドを襲って、風力タービンは崩壊する

(ベルファスト・テレグラフ | 2017年2月3日)
http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/northern-ireland/
wind-turbine-collapses-as-storms-batter-northern-ireland-35419583.html



デイヴィッド・ヤング


画像:

崩壊した風力タービン


=================================


強風と冬の天気は、
昨日、北アイルランドの多くを襲いました。



この日の最も劇的な事件では、
巨大な風力タービンが
遠方のCo Down丘陵地帯で崩壊しました。




DromaraとBallynahinchの間の
Begny Hill Road近くの大規模な構造は、
地面に横たわっているのが撮影されました。



画像には、残骸の中
現場で活発な大型クレーンが示されました。



ヒースとセーフティーエグゼクティブが
事件を調査中です。



巨大な風力タービンが
北アイルランドで崩壊したのは初めてではない。




2015年に50万ポンド相当の風力タービンが
Tyre CoのScreggaghの地面に衝突しました。



ギルフォードのMoyallen Roadは、
昨秋、倒れた木のために
両方向にブロックされました。



一方、WarrenpointのRostrevor Roadでは、
町の海壁防衛に波がぶつかり、
運転手が海の噴水のカーテンを通って戦っていた。



Coアントリムでは、
下部のバランディリーのAghalee道路は
電柱が倒れたために両方向に閉鎖されていました。

多様化が進んだ。



A1のSprucefieldロータリーでは、
転倒したトラックが
市の通勤者のために混乱の原因となっていました。



交通は洪水のためにNewtownardsの
Portaferry Roadで動きが遅かった
‐にもかかわらず、
 道路は慎重に渡すことができたと、
 警察は言った。



一方、ホワイトヘッドでは、
満潮時には海水が溢れ、
遊歩道には濃い褐色の海草でおおわれていました。



昨夜、より多くの強風が
この地方に衝突すると予想されていました。



北部アイルランドの
メトロ・オフィスの予測では、
東海岸の荒れ果てた風が強く、
今日の天気は朝の日差しから始まり、
午後と夕方にはダウンとアントリムの間に
広がる雨が降り注いでいるという。

雨は時々重くなり、
高地は雪に変わることがあります。
最高気温は摂氏8度に達します。





週末は風が強く、明日は不安定になり、
その後シャワーのような雨が降り、
時折重くなってしまいますと
メット・オフィスは付け加えた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------





<風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/トラック衝突事故>




2017年2月7日




スコットランド/画像
◇Wind turbine lorry crash forces major road closure
風力タービンのトラックの衝突事故で主要道路閉鎖

(STV | 2017年2月7日)
https://stv.tv/news/west-central/1380117-wind-turbine-lorry-crash-forces-major-road-closure/



ケイ・ニコルソン



風力タービンを搭載したトラックを含む事故が、
ダムフリースとギャロウェーの主要道路を
12時間以上閉鎖しました。




この事件は、A713 Castle Douglasで、
月曜日の午後11時頃、
Parton村から約1.6km北にあるAyr道路で起きました。



この事件で誰も負傷していないと理解されています。

しかし、
関係する車両の重量が道路の再開を遅らせています。



警察が風力タービンを取り除く手配をしている間、
A713は火曜日に全交通に閉鎖されると予想されている。



道路が再開すると、警察によって更新が発行されます。



迂回路が適所にあり、
運転手はその区域を避けるよう勧められます。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/イタリア/ブレード崩壊映像>




2017年2月7日



ぜひ!⇒
イタリア/動画
◇Une éolienne se désintègre sous la force du vent
風力タービンは、風の力で崩壊する

(lavenir.net |2017年2月7日)
http://www.lavenir.net/cnt/dmf20170207_00956098/
video-italie-une-eolienne-se-desintegre-sous-la-force-du-vent




Rémi MARTIN - L'Avenir




最近風車のブレードが崩壊したくらい、
イタリア半島の南部に風が激しく吹いていました。




Aquiloniaはイタリアの町、
ナポリから約150キロです。

この地域では、風力パークは、
そこに吹く烈風を
電気に変換することができます。





通行人によって偶然撮影された
いたるところに
メカニズムをその周辺に投げることで
崩壊する前に、
ウィンドパークの風車の1つは、
より高速に回転しています。

ビデオは、ソーシャルネットワーク上と
レプッブリカによって
イタリア全土に放送されました。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/アルバータ州/銃撃>




2017年2月9日




アルバータ州/画像
◇Shooting causes ‘extensive’ damage at wind farm in southern Alberta
銃撃は、南アルバータの風力発電所で、『大きな』損害を与えます

(CBC News|2017年2月9日)
http://www.cbc.ca/news/canada/calgary/wind-turbine-shooting-fort-macleod-1.3974801


RCMPは、ショットが遠方から、
おそらく近くの道路から発射されたようだと述べた



画像:

変圧器に銃撃されたあと、
フォート・マクラウドの風力発電所南側は、
RCMPによると、大きな損害を被りました。

(ロイター)


===========================================



アルバータRCMPは、
風力発電所で発射された弾丸を調査中です。



この撮影は、2月8日午後6時ごろ、
Fort Macleodのすぐ南にある
TransAltaのサイトで行われました。


従業員は、風力発電所の変圧器の1つに
数個の弾丸の穴を発見しました。


RCMPのニュースリリースによれば、
「ショットは遠くから、
おそらく近くの道路から発射されたようだ。」


「変圧器への損傷は広範囲に及んでおり、
損傷によるいくつかの風力タービンの停止により、
財政的損失が顕著になると予想されています。」




RCMPは、2月8日の午後6時ごろ、
Highway 810とTownship 74で
疑わしい車両を目撃したひとは、
―――――――で連絡を取ったり、
Crime Stoppersを通じて匿名で
―――――――連絡を取る人を募集しています。







* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/バーモント州/ブレード落下等による機能停止>



最初に考えられた以上の費用に加えて、
2005年のケーブルの緩みや
2007年の氷嵐によるブレードの落下など、
いくつかの事件で風車の安全性が疑問視されています。





2017年2月14日




バーモント州
◇Board says goodbye to non-working windmill
委員会は、働いてない風車に別れを告げる

(The Deerfield Valley News | 2017年2月14日)
http://www.dvalnews.com/view/full_story_obits/27362101/article-Board-says-goodbye-to-non-working-windmill




By Lauren Harkawik



DOVER ドーバー -



ドーバー教育委員会の月曜日の会合での
代替エネルギーの議論で
最初は悪いニュース
そして、2番目は良いニュースです。

悪いニュース:
学校に設置された風車は2年間機能していません。

良いニュース:
学校の資産のソーラーアレイは順調に進んでいます。





学校の遊び場の上に建っている風車は、
当初、学校の電気代を部分的に相殺するために
2005年に設置されました。

マット・マーティン校長が
その機能と安全性に懸念を抱いていたため、
当初風車を設置したトム・ハンロン氏
(Tom Hanlon)が、
それを点検しに来たと語った。




ハンロン氏は、双眼鏡を使って地面から風車を検査し、
システムの電子機器もチェックしました。

彼はDCの電力をACに変換するシステムの
インバータの問題を確認しました。





「それは、風車が多くの時間を
費やしていることを意味し、
それは何の電力も作っていません。」と
マーティン氏は語った。

「(Hanlon氏)は、
それが少なくとも2年間
電力を作っていないと考えている。」





マーティン氏は、
使用済みの交換用インバータには
約5000ドルのコストがかかり、
設置にかかる労力もかかると述べている。

同氏は、風力発電所が適切に機能していれば、
毎年2000万ドル相当のエネルギーを
生産する可能性があるとハンロン氏は予測している。





「彼らは当初からそれを言っていた」と
リッチ・ヴェルナー議長は、
風車は当初6,000ドルの投資として引用されたと
付け加えた。

「私たちはこれが必要でした、私たちはあれが必要でした」と
ヴェルナー氏は言いました。

「我々は投資した15,000ドルまたは18,000ドルが
増加すると思っていました。

そして(前の委員会メンバーのであった)
ビッキ・カピターニ氏は、
どれくらい私たちが貯蓄していたかを監視していました。




最初に考えられた以上の費用に加えて、
2005年のケーブルの緩みや
2007年の氷嵐によるブレードの落下など、
いくつかの事件で風車の安全性が疑問視されています。




マーティン氏は、
委員会がそれを売却することを決定すれば、
風車がどれだけの価値があるかをハンロン氏に尋ねた。

「中古タービンとして
約5000ドルの価値があると彼は言った」と
マーティン氏は語った。




副議長のローラ・シビリア氏
(Laura Sibilia)は、
マーティン氏が安全とコストの理由から
風車を処分するよう求める申立を発表しました。

委員会のメンバーの
チップ・ビカリー(Chip Vicary)氏は
その動議に賛成しました。

ヴェルナー氏は議論を求め、
シビリア氏とビカリー氏からの沈黙の後、
風車をそのまま維持するという彼の支持を表明した。





「私たちはたくさんの投資をしてきましたが、
新しいインバータでは
5,000ドルを投入して稼働させています。

「すでに15,000ドルまたは16,000ドルが投資されている」




「私たちは何に投資していますか?」と
シビリア氏は尋ねました。

「我々はこれから何か電力を得ていますか?

さらに、我々はこの潜在的な安全性の問題を
引き続き抱えています。」




ワーナー氏は、
雷がインバーターに影響を与えた可能性があり、
そのような場合に
保険が修理をカバーできるかどうかを疑問視しました。

シビリア氏は、
稲妻が2回落ちる可能性があるのかと尋ねた。

ビカリー氏は
氷と風の脅威にもさらされると付け加えた。

ヴェルナー氏は
風車が氷嵐と熱帯暴風雨アイリーンを乗り切ったと語った。




「リッチ、あなたの意見は私には大変重要です」と
シビリア氏は言いました。

しかし、事件が起きずに発電した年がありましたか?

私はそうでないように感じる。」




最終的にシビリア氏の動議は2-1票で採択され、
2人の委員会のメンバーが欠席した。




明るいニュースでは、
学校の電気消費量の年間見直しの中で、
ビカリー氏は昨年設置されて
何人かの町の顧客のためになる
学校の太陽電池アレイについて
励みになる最新版を届けました。




太陽電池アレイは、
インストールのための請求書の前にあり、
アレイによって生成されたクレジットの
85%を受け取るNextSun社によってインストールされました。




NextSun社の部分が回収された後の最初の1年間で、
町の純貯蓄は約23,000ドルでした。

学校はまた、太陽電池アレイ用の学校の土地の
使用のための家賃のチェックを受け取ります。

これは年間5,000ドルを少し上回ります。




ビカリー氏は、最初の年に
太陽電池アレイが810,603キロワット時に発電し、
NextSun社の当初の見積もり650,000kwhを上回ったと述べた。

ビカリー氏は、エネルギークレジットの配分と
個々の場所での使用量との
バランスを取る必要があるとしていましたが、
最初の1年間は、町に先行費用がかからなかったため、
結果が奨励されました。




「まあまあ、
これは私たちにとっては悪いことではないようだ」と
ヴェルナー氏は語った。




「それは風車よりはるかに優れている」と
ビカリー氏は述べた。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-15 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<①~③風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>①ロードアイランド州:嵐の被害にあったソルティ ブライン ステート ビーチ(Salty Brine State Beach)のタービン | ぜひ⇒②ロードアイランド州/動画:ソルティ ブラインの転倒タービンは、より高い風に耐えると考えられていた | ぜひ⇒③レター、ロードアイランド州/動画:ジョイス・ヒンドル:ソルティ ブライン ステート ビーチにどんな風力タービンもいらない // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<①風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>




2017年3月14日




①ロードアイランド州
◇Salty Brine State Beach turbine victim of storm
嵐の被害にあったソルティ ブライン ステート ビーチ(Salty Brine State Beach)のタービン

(Providence Journal | 2017年3月14日)
http://www.providencejournal.com/news/20170314/
salty-brine-state-beach-turbine-victim-of-storm--video




Mark Reynolds, Journal Staff Writer




NARRAGANSETT ナラガンセット、R.I. –




火曜日の午前、ソルティ ブライン ステート ビーチ
(Salty Brine State Beach)で風力タービンを転倒させ、
タービンの塔を曲げ、
ガリラヤのチャンネルに沿って
木製のパビリオンと
岩石の裂け目の両方に構造物を落としました。




環境管理部は午前10時頃の事件について学び、
環境警察はジョージズ・レストランに隣接した
現場に急行したと
環境警察署長のDean Hoxsie氏は言いました。




タービンを支持していた
4インチ厚の亜鉛メッキパイプタワーと
タービン自体が破壊されたとHoxsie氏は述べ、
風が約10フィートの建物を地面から圧倒して
タワーを倒したと付け加えた。

近年取り替えられていた小さな木製のパビリオンもまた
完全な損失であったと彼は言った。





このタービンは、
ソルティ ブライン ステート ビーチの
施設建物の隣に位置する
自立式タワーの上に設置されていたと同氏は述べた。

タービンとそのタワーは2010年に設置された。




10キロワットのタービンは、
バスルームとスナックバーを備えた施設ビルに
電力を供給しています。

Hoxsie氏によると、
余剰電力はナショナル・グリッドに送られたと、
そして同社は火曜日にタービンを切り離して
現場での電線の危険性を減らしたと付け加えた。




南西方向から毎時63マイルの速度で
ナラガンセットに風が吹きつけられた
- ハリケーンの風力以下の毎時11マイル
- 火曜日の嵐の間、国立気象サービスによると。




Hoxsie氏は、タービンが落ちたときに
誰も傷ついていないと語った。




Hoxsie氏は、嵐の間に
タービンを停止することに関する
特定の手順を知らないと述べた。

East Matunuck Beachの同じタービンが
暴風中に動いていて、
大風で無傷だったと彼は言いました。




Hoxsie氏は
損害のコストを見積もっていませんでした。

DEMのパーク部門は、ディレクターの
ジャネット・コイト氏と協力して、
状況を評価し、タービンの交換について決定を下す。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<②風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>




2017年3月15日



ぜひ!⇒
②ロードアイランド州/動画
◇Toppled turbine at Salty Brine was supposed to withstand much higher winds
ソルティ ブラインの転倒タービンは、より高い風に耐えると考えられていた

(WPRI | 2017年3月15日)
http://wpri.com/2017/03/15/toppled-turbine-at-salty-brine-was-supposed-to-withstand-much-higher-winds/



By Steve Nielsen and Ted Nesi




1日後に、より大きな突風に耐えるとされていた
州資金の風力タービンが
火曜日の嵐の中で、
なぜ転覆したのかについての答えは
まだありませんでした。





ナラガンセット(Narragansett)の
ソルティ ブライン ステート ビーチ
(Salty Brine State Beach)で
タービンを支えていた100フィートの塔は、
嵐の中で低くなり、
小さな構造の屋根を裂き、大きな被害を受けました。

現場の環境管理部の関係者は、
「ちょうど半分に折られた」4インチの
亜鉛メッキパイプを見るのは
「驚くべき光景」だと語った。




タービンはソルティ ブラインの
バスハウスの改修工事の一環として
2010年に設置され、
その年は当時の知事にとって
ヘッドライニングで祝った。

その$ 32,175の費用は、
州の再生可能エネルギー基金の助成金によって
カバーされていました。

再生可能エネルギー基金は、
電気代の割増しによる収入の大部分を得ています。




Gina Raimondo知事は、
嵐の中での記者会見で、
タービンを固定することを約束しました。

DEMの広報担当者Gail Mastrati氏は、
水道局が何をすべきかをまだ評価しているものの、
未知のコストで
それを取り除く可能性が高いとしながら、
水曜日に追加することはほとんどなかった。




ソルティ ブラインのタービンに問題があるのは
初めてのことではありません。

Mastrati氏は、
別の冬の暴風雨で被害を受けた後、
2015年2月に一時的に停止したが、
後に再開したと発表した。




Mastrati氏は
DEMがまだタービンの購入を
十分に支出されたお金とみなしているかどうかは
言いませんでした。




このタービンは、オクラホマ州ノーマンの
Bergey Windpowerによって製造された。

同社社長のMike Bergey氏は
Eyewitness Newsに、
マシンは130 mphの風速に耐えるように
設計されていると語った

‐気象学者は、風は火曜日に
60mphを決して上回らなかったと言います。




Bergey社は
ナラガンセットからのビデオを見直した後、
彼はこの問題が
タワーを約20フィートほどで
ボルトで締め付けることによると思ったが、
しかし、彼は確かでないと認めました。





ミドルタウンの会社、
Northeast Engineers and Consultantsが
タービンを組み立てました。

同社の社長Daniel Szymanski氏は
Eyewitness Newsに、
同社は2010年に建設されて以来
その会社には触れていないと述べ、
DEMがそれを維持する責任を負いました。




「私は過去7年間に何が起こったのか
推測するつもりはない」と彼は言った。




Mastrati氏によると、
DEMはタービンが最後に検査され、
作業された時期をまだ見ています。




ソルティ ブラインの改築を
全面的に監督した会社は、
Providenceに拠点を置く
Iron Construction Groupでした。

同社のスティーブン・デパスケール社長は、
建築計画を見直し、
当初計画されていなかったタービンタワーに
後で装置を取り付けたことに気付いた。

しかし、彼は、火曜日の崩壊の原因を知らず、
責任を配分しようとしていないことを強調した。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------




<③風車~破損・火災・落雷・事故/ロードアイランド州/タワー倒壊>




2017年3月20日




ぜひ!⇒
③レター、ロードアイランド州/動画
◇Joyce Hindle: No more wind turbines at Salty Brine State Beach
ジョイス・ヒンドル:ソルティ ブライン ステート ビーチにどんな風力タービンもいらない

(Providence Journal | 2017年3月20日)
http://www.providencejournal.com/opinion/20170320/
joyce-hindle-no-more-wind-turbines-at-salty-brine-state-beach




私は、ロードアイランド州が
ソルティ ブライン ステート ビーチの
崩壊した風力タービンを
元に戻さないないことを望んでいます
(「猛烈な風がタービンを打つ」、3月15日号)。





非常に醜くて非常に騒々しい
- それはそのエリアへの恐ろしい追加でした。





人々は休息するためにビーチに行き、
リラックスして岸で崩れる波の音や
ブロック島フェリー(Block Island Ferry)の
ホーンに耳を傾けます。

彼らは風力タービンからの
厄介な唸る音を聞くために行きません。


間違い なく、電力節約のコストは、
それを建てるための
2百万ドルの価値がありませんでした。




私はソルティ ブラインと彼の妻が
ビーチで 「彼らの」ベンチに
毎日座っているのを覚えています。

彼は 「ファン」が挨拶したとき、
いつもとても楽しそうでした。

なぜ、ビーチパビリオンのどこにも
彼の写真がないのですか?

今日ソルティ ブライン ステート ビーチを
訪れている若者たちは、
彼が誰だったか分かりません。





おそらく、短い献辞(伝記)で
彼の写真を載せるためにお金を使うのは、
納税者の​​お金を使う良い方法でしょう。

それは確かに
多くの世代のロードアイランド州民を
意味する人の思い出を称えるものです。





Joyce Hindle
ジョイス・ヒンドル

Cumberland
カンバーランド






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-09 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<①~④風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/作業中の落下事故>①スコットランド:男性がダンフリースとギャロウェーの境界の風力発電所で巨大なタービンに取り組んでいる間、墜落して亡くなりました | ②スコットランド:風力発電所の労働者は、タービンから落ちた後に死亡する | ③スコットランド:風力発電所の労働者はエアシャーの同様の悲劇の数週間後にグラスゴー近くのタービンから転落死しました | ④スコットランド:スコットランドで風力発電所の労働者の死亡を阻止するためにもっと多くのことをするよう求める…建設労働者のための最大の組合である『Unite』は、スコットランドで2週間に2人の労働者が亡くなった後、風力発電所の安全性を改善するための緊急行動を求めた // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました  | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<①風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/作業中の落下事故>




2017年3月16日




①スコットランド
◇Man, 37, plummets to his death while working on giant turbine at wind farm on border of Dumfries and Galloway
男性がダンフリースとギャロウェーの境界の風力発電所で巨大なタービンに取り組んでいる間、墜落して亡くなりました
(The Scottish Sun | 2017年3月16日)
https://www.thescottishsun.co.uk/news/732023/man-falls-from-wind-turbine-kilgallioch-wind-farm/



Mary McCool



画像:

男性がKilgallioch風力発電所
墜落して亡くなりました


========================================



男性がスコットランド南部の
巨大な風力タービンで作業中に
墜落して亡くなりました。



37歳は、ダンフリースとギャロウェイと
サウス・エアシャーの境界にまたがる
Kilgallioch風力発電所で墜落しました。



昨日の午後5時3分、
スコットランドの救急車は恐怖の落下に対応した。



男性がどこまで落ちていたのかは不明だが、
現場のタービンの中には
480フィートの高さのものもある。



SASの広報担当者は次のように述べています。
「私たちは、救急車1台、
マネージャー、Helimed救急ヘリ、
緊急医療回収サービスを現場に派遣しました。」



「男性患者は陸路で病院に運ばれました」



スコットランド警察は、
「水曜日の午後6時45分頃、
ニュートン・スチュワート近くの
風力発電所で働いている間に、
警察に負傷した男性の報告が求められた。」



「緊急サービスが参加し、
37歳の男性が現場で死亡したと発表された。」



「現場は現在閉鎖されており、
事件の状況を明らかにするための初期段階にある。

保健衛生担当者に通知があり、
報告書はProcurator Fiscalに提出されます。」



1月に同じ発電所の風力タービンが崩壊した。



調査はスコティッシュ・パワー・リニューアブルの
開発者と
タービンメーカーの
ガメサ(Gamesa)社によって開始されました。



96タワーのサイトは現在建設中で、
今年後半には完全にグリッドに接続される予定です。



スコティッシュ・パワー・リニューアブル社は
以前、Kilgalliochの風力発電施設が完成した後、
英国で2番目に規模が大きいと述べています。



完全にオンストリームの時には、
3億ポンドのKilgalliochの開発により
239メガワットが生成され、
最大13万世帯に電力が供給されます。



同社はコメントを求められている。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<②風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド作業中の落下事故>




2016年8月31日




②スコットランド
◇Wind farm worker dies after falling from turbine
風力発電所の労働者は、タービンから落ちた後に死亡する

(STV | 2017年3月31日)
https://stv.tv/news/west-central/1384484-wind-farm-worker-dies-after-falling-from-360ft-turbine/



35歳が水曜日にホワイトリー(Whitelee)風力発電所
死亡が確認されました。




画像:

ホワイトリー:男性はEast Renfrewshire風力発電所で
死亡しました(写真ファイル)。

Creative Commons by Ian Dick


==========================================



労働者は、英国最大の陸上風力発電所の
East Renfrewshireのタービンから
落下して死亡しました。




25歳のスペイン人男性は、
水曜日の朝、Eaglesham近くの
ホワイトリー風力発電所で死亡したと
宣告されました。




タービンは当時メンテナンスを受けていたと
考えられています。




スコティッシュ・パワー社
(Scottish Power)の広報担当者は、
次のように述べました:

「今週、ホワイトリー風力発電所で
事故があったことを確認できています。」




「私たちの思いが
関係者のご家族に届きますように。」




風力発電所はスコティッシュ・パワー社が
所有していますが、
高さ360フィートから440フィートの間にある
215基のタービンのメンテナンスは
GE社によって行われます。





スコットランド警察のスポークスマンは
次のように言いました:

「午前10時ごろ、警察と緊急サービスは、
ホワイトリー風力発電所のタービンから落ちた
25歳の男性の報告に応じました。




「彼は現場で死亡が宣告されました。

調査は早い段階で行われており、
衛生安全担当者には情報が提供されています。」




「死亡は疑わしいとは考えられていません。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------------------------------




<③風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド作業中の落下事故>




2017年3月31日




③スコットランド
◇Windfarm worker plunges to his death from turbine near Glasgow just weeks after similar tragedy in Ayrshire
風力発電所の労働者はエアシャーの同様の悲劇の数週間後にグラスゴー近くのタービンから転落死しました

(Daily Record | 2017年3月31日)
http://www.dailyrecord.co.uk/news/scottish-news/windfarm-worker-plunges-death-turbine-10134003



East Renfrewshire の風力発電所で
スペイン人が死亡したのは、
ポルトガル人男性がAyrshireのタービンで
殺されてからわずか2週間後だった。




By Paul Ward




画像:

ちょうどアントニオ・リナレス氏が
転落死したほんの数日後に
もう一人の労働者が、
スコットランドの風力発電所で死亡しました


==========================================



似たような致命的な事故の数週間後に
スコットの風力発電所で
タービンから落下した後、2人目の労働者が死亡した。





英国最大の陸上風力発電所
East Renfrewshireで
水曜日にスペイン人男性が死亡したのは、
3月15日にエアシャーで
ポルトガルの労働者の死亡に続いて起きました。





25歳のスペイン人は、Eaglesham近くの
ホワイトリー風力発電所で死亡を宣告されました。





タービンは当時メンテナンスを受けていたと
考えられています。




==========================================

画像:

事件はEast Renfrewshireの
ホワイトリー風力発電所で起こった

(Photo: SWNS)


==========================================



スコッティシュ・パワー社の広報担当者は、
次のように述べました:

「我々は、事件が今週、
ホワイトリー風力発電所に
事故があったことを確認できます。」




「私たちの思いが
従業員のご家族に届きますように。」




風力発電所はスコッティシュ・パワー社が
所有していますが、
360フィートから440フィートの間にある
215台のタービンのメンテナンスは
GEによって行われます。




スコットランド警察のスポークスマンは
次のように言いました:

「午前10時ごろ、警察と緊急サービスは、
ホワイトリー風力発電所のタービンから落ちた
25歳の男性の報告に応えました。」



==========================================

画像:

ポルトガルのアントニオ・リナレス氏は、
今月初めにエアシャーの風車の事故で死亡しました


==========================================



「彼は現場で死亡を宣告されました。

調査は早い段階で行われており、
衛生安全担当者には情報が提供されています。」




月曜日、建設中の風力タービンからの
墜落で亡くなったポルトガル人労働者は
警察に名を挙げられました。




ポルトガル出身の
Antonio Joao Da Silva Linares氏は、
3月15日にサウス・エアシャーの
スコッティシュ・パワー社の
Kilgallioch 風力発電所で死亡しました。





37歳の男性は、スコットランド警察と
健康安全局と一緒に状況を調査している
契約者ガメサ(Gamesa)のために働いていました。




96-タービン建設サイトの作業は、
死亡後に中止されました。




ガメサ(Gamesa)のスポークスマンは
次のように言いました:

「ガメサ(Gamesa)は、
この致命的な事故の根本的な原因を
明らかにするために
当局とともに徹底的な調査を実施しています。」



==========================================

画像:

Eaglesham Moorのホワイトリー風力発電所


==========================================



調査中に風力発電所での作業が中止されました。




「私たちは非常に悲しんでいます、
私たちの思いが従業員のご家族に届きますように。」




風力発電所は今年後半に操業する予定です。




スコティシュパワー・リニューアブル社の
広報担当者は次のように述べています:

警察と安全衛生担当官が
全面的に調査を進めています。

スコティシュパワー・リニューアブルは、
これらの調査を完全にサポートし、協力します。




「我々の思いは、事件に巻き込まれている
技術者の家族とともにあります。」





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------------------------------



<④風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド作業中の落下事故>




2017年4月3日




④スコットランド
◇Call to do more to stop wind farm workers deaths in Scotland
スコットランドで風力発電所の労働者の死亡を阻止するためにもっと多くのことをするよう求める

(2017年4月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/04/03/
call-to-do-more-to-stop-wind-farm-workers-deaths-in-scotland/




建設労働者のための最大の組合である『Unite』は、
スコットランドで2週間に2人の労働者が亡くなった後、
風力発電所の安全性を改善するための緊急行動を求めた。





最初の悲劇は、37歳のポルトガル人労働者の
アントニオ・リナレス氏が
3月15日にスコティッシュ・パワー社の
サウス・エアシャーのKilgallioch 風力発電所で
墜落して亡くなりました。

リナレス氏は契約者ガメサ(Gamesa)のために働いていた。




最も最近の悲劇は、
East Renfrewshireの
スコティッシュ・パワー社のホワイトリー風力発電所で
タービンのメンテナンスを行っている間に
スペイン人労働者が墜落死したときで
それはこの前の水曜日(3月29日)に発生しました。




地域調整担当者Steve Dillon氏は
次のように述べています:

「この2人の死は恐ろしい悲劇であり、
私たちの思いは2人の犠牲者の家族と共にあります。」





「近年、風力発電所に係る
あまりにも多く死者や負傷がありました。

これらの施設は通常離れた場所にあり、
人口が多い地域では、
これらの悲劇に同じ焦点が当てられていないという
懸念があります。」




「これらの事故が
どのように、なぜ起こったのかを理解し、
今後同様の致命的な事故が起こらないようにするには、
迅速な対応が必要です。」




「健康安全の行政官は、
スコティッシュ・パワー社と専門業者を一緒に呼び、
レッスンを学び、このセクターの安全性を
劇的に向上させる必要があります。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-04-08 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<風車~破損・火災・落雷・事故>北アイルランド/作業中の落下事故:落下はKilleter風力タービンでレスキューレスポンスを引き起こす…Co Tyroneの63メートルの風力タービンの中に落ちた後、30代の男性が病院で回復しています | イリノイ州/落雷:風力タワーの事故は、停電の原因となります | フランス/画像/ブレード損壊:風力タービンのブレードが裂けて、Nurluの地面で壊れます | スコットランド/タービン崩壊:キルガリオックタービンが崩壊する;スコティシュパワーがガメサの事件を確認 |①ペンシルバニア州/ブレード損壊:エルク・リックタービンはブレードを落とす | ②ペンシルバニア州:リンガーヒルのタービンはブレードを紛失した後に停止する // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<風車~破損・火災・落雷・事故/北アイルランド/作業中の落下事故>



2017年1月25日



北アイルランド
◇Fall sparks rescue response at Killeter wind turbine
落下はKilleter風力タービンでレスキューレスポンスを引き起こす

(Strabane Chronicle | 2017年1月25日)
http://strabanechronicle.com/2017/01/fall-sparks-rescue-incident-killeter-wind-turbine/



Co Tyroneの63メートルの
風力タービンの中に落ちた後、
30代の男性が病院で回復しています。




エンジニアであると理解されていた男性は、
キャスルディング近くの
キルターの構造物の頂上近くに落ちた後、
怪我を負った。



事件は、警察、救急車、
消防救助隊のクルーを含む
大規模な救助活動を引き寄せた。



Omaghの火災救助隊の指揮官である
David Doherty氏は、
このレスポンスには、
Derryのライン救助チームである
Omaghのレスキューアプライアンスである
Castledergの2つの機器と、
ベルファストの専門救助隊が含まれていると
述べました。



彼は、負傷した男性と同僚は、
ほとんどの道を下に下るために
リフトを利用することができたと言いました。

しかし、救助チームは負傷した男性を
10-15フィートから待機中の救急車に
連れていかなければならないことが確認された。



男性が負った怪我は生命を脅かすものではなく、
彼は背中の負傷で
エニスキレンの南西急病病院に搬送されました。



地区司令官は、彼のクルーは
既にそのようなシナリオに備えて
数多くの訓練を実施して
タービンの内部に精通していると言いました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/イリノイ州/落雷>




2017年1月18日




イリノイ州
◇Wind tower accident causes power outage
風力タワーの事故は、停電の原因となります

(クリントン・デイリー・ジャーナル | 2017年1月18日)
http://www.clintondailyjournal.com/v2_news_articles.php?story_id=6302&page=72




ミッドランドシティ/ベイソン -



火曜日の朝、ミッドランド市とビーソンの間で
風力タワーの一部を牽引しているトラックが、
10に沿って電柱に接触したと伝えられています。
いくつかの地域の村落に電源喪失を引き起こしました。


「ジャーナル」は
事故の正確な性質を確認していないが、
イリノイ州警察の隊員が交通を指示したため、
Ameren Illinois のクルーは
火曜日の午後に事故の現場で働いていました。





AmerenのWebサイトには、
Weldonと同じく東部地域の
停電の影響を受ける地域が示されています。

ビーソン、ミッドランドシティ、ケニー
すべての報告された居住者は停電です。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/フランス/ブレード損壊>



2017年1月18日



フランス/画像
◇A blade of a wind turbine tears and breaks on the ground in Nurlu
風力タービンのブレードが裂けて、Nurluの地面で壊れます

(Courrier picard | 2017年1月18日)
https://www.wind-watch.org/news/2017/01/19/
une-pale-dune-eolienne-sarrache-et-se-brise-au-sol-a-nurlu/



VINCENT FOUQUET



ハンターによると、大きな事件は、
Nurluの風力パークで、
水曜日の朝に起こりました:
ブレードローターが破れ
そして、小片に細断されました。


・・・・・・・

負傷者は報告されていないが、
ダメージが印象的でした。

・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------------------------



<風車~破損・火災・落雷・事故/スコットランド/タービン崩壊>



2017年1月20日



スコットランド
◇Kilgallioch turbine collapses; ScottishPower confirms Gamesa incident
キルガリオックタービンが崩壊する;スコティシュパワーがガメサの事件を確認

(reNEWS | 2017年1月20日)
http://renews.biz/105629/kilgallioch-turbine-collapses/



スコットランド南西部の
スコティシュパワー社の
建設中の239MWのKilgallioch風力発電所で
タービンが崩壊した。




1月13日金曜日、
ガメサのマシンのタワーが冬の嵐に襲われた。




1つのプロジェクトソースによると、
タービンは構造の途中で破損した。



スコティシュパワー・リニューアブルの
広報担当者は次のように述べている:

「現在、1月13日金曜日の早朝に、
Kilgallioch風力発電所に設置された
タービンに関する事件を調査中です。



彼女は付け加えた:

「タービンはまだ運転されておらず、
当時は誰も近くにいなかった」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



----------------------------------------------------




<風車~破損・火災・落雷・事故/ペンシルバニア州/ブレード損壊>




2017年1月11日




①ペンシルバニア州
◇Elk Lick turbine drops a blade
エルク・リックタービンはブレードを落とす

(デーリー・アメリカン | 2017年1月11日)
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/elk-lick-turbine-drops-a-blade/
article_e7f99753-ae28-530b-9767-0e69504b60ad.html



ディラン・ジョンソン


画像:

エルクリック郡区の壊れたタービン


========================================

画像:

「ニュージャージー資源
クリーンエネルギー・ベンチャー」が所有する
リンガーヒル風力発電所の壊れたタービン


=========================================



エル・クリック郡区にある
リンガーヒル風力発電所の風力タービンは、
水曜日の朝、そのブレードの1つを失った。


誰も負傷しなかった。



320フィートの高さのタービンは、
Davis Mountの
「ニュージャージー・リソース・
クリーンエネルギー・ベンチャー」が所有する
14台のタービンの1つです。

それは12月20日に1ヶ月足らずで完了した。



スポークスマンのマイク・キニー氏は、
タービンは午前12時08分まで運転しており、
それは177フィートの長さのブレードが
それ以後に落ちたことを意味する。



「現時点では原因を知ることはできません。」

「メーカーは、タービンを検査するだけでなく、
原因を評価する途中です。」




評価が完了するまで、
全14台のタービンが停止されています。



キニー氏は金曜日までに
事故の詳細を聞くことを期待していると語った。



彼はブレードが風力発電所のために
賃貸されている資産に
タービンがすぐ下に落ちたと言いました。



キニー氏は、「評価が完了した後は、
コストの見通しと保証の有無を確認する」と述べた。



エルクリック郡区の書記官Ardith Dealは、
事故やその原因については何も聞いていないと述べた。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------------------


<風車~破損・火災・落雷・事故/ペンシルバニア州/ブレード損壊>



2017年1月26日



②ペンシルバニア州
◇Ringer Hill turbine still shut down after losing blade
リンガーヒルのタービンはブレードを紛失した後に停止する

(デーリー・アメリカン | 2017年1月26日)
http://www.dailyamerican.com/news/local/somerset/
ringer-hill-turbine-still-shut-down-after-losing-blade/
article_4141f751-062b-59b0-8dec-5b75041048f0.html



By Dylan Johnson



エルクリック(Elk Lick )郡区にある
リンガー・ヒル風力発電所の
14基のタービンのうち3基は、
2週間前に1台のタービンが
ブレードを失った後で停止しています。




『ニュージャージー・リソース
・クリーンエネルギー・ベンチャー』が所有する
320フィートの高さのタービンは、
設置後1月11日に
177フィートの長さのブレードの1つを落とした。



スポークスマンのマイク・キニー氏は、
故障後にすべてのタービンが停止したとし、
11人が製造業者によって評価された後に
サービスに戻されている。



「ブレードが壊れているものを含め、
他の3つのタービンの評価はまだ進行中です。

「製造業者は現場で評価を実施しているため、
ブレードの内側と外側を検査する必要があります。」



「このためには、
安全を確保するための条件が
正しいことが必要です。
現時点では、原因を明らかにしていない」




同氏は前回のインタビューで、
製造業者が検査を完了した後に、
より正確な被害の評価が可能になると述べた。

ブレードが落ちたときに誰も負傷しなかった。

キニー氏は、
ブレードがタービンの足元に着陸したと語った。




リンガー・ヒル風力発電所は
毎年約40メガワットの電力を発生させ、
9,800戸の発電に十分です。




バトラー郡の放棄した鉱山に
大量の貯蔵施設を持つアイアンマウンテンは、
15年間の契約の一環として、
発電所から
約26.6メガワットの電力を購入している






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-04-01 : 風車~破損・火災・落雷・事故:2015年8月~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR