騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<風力発電>愛媛県:愛南で風力発電起工 東西2.3キロ、風車8基 |関連記事|風力発電計画中止を 住民団体が署名223人分提出 | 東伊豆町:1日から風力発電所見学会 15日まで東伊豆町 | 巨大風車に目見張る 伊豆地区最大風力発電所―河津町が町民見学会 | 秋田県:再生エネルギーへの理解深める 秋田市で見学会  // new→2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました / NEW⇒ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める~「第1 18回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」 | 電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕 | 終了しました→ 2015年2月14日 講演会のお知らせ 「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」 / 健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です 








愛媛県
◇愛南で風力発電起工 東西2.3キロ、風車8基

(愛媛新聞ONLINE|2015年07月28日)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150728/news20150728589.html




 シグマパワージャネックス
(福岡市、石井八弥社長)は27日、
愛媛県愛南町の観音岳南部の尾根沿いに建設する
風力発電所「僧都ウインドシステム」の工事に着手した。


2018年3月末の運転開始を目指す。



 発電所は東西約2.3キロにわたり風車8基を設置し、
出力は計1万6千キロワット。

年間発電量は約3900万キロワットを見込んでおり、
全量を四国電力に売電する。


27日に町内で起工式があり、
関係者ら約45人が出席した。



 事業をめぐっては
住民から騒音や低周波音の健康被害、
森林伐採による環境破壊を懸念する声が出ている。


石井社長は愛媛新聞の取材に
「不安視する事態が起きないよう最善を尽くす。
事業が原因で問題が起きれば対処したい」と述べた。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






=======================




■(仮称)僧都ウインドシステム発電事業に係る
環境影響評価準備書に対する環境大臣意見 [PDF 15 KB]

www.env.go.jp/press/files/jp/21096.pdf



■(仮称)僧都ウインドシステム発電事業に係る
環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

https://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16020





===============
関連記事
===============




愛媛県
◇風力発電計画中止を 住民団体が署名223人分提出

(愛媛新聞ONLINE|2015年07月03日)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150703/news20150703140.html




 愛媛県宇和島市と愛南町の境界付近で
計画されている風力発電事業で、
ガイアパワー(徳島県)などが建設を予定する
風車10基について、
近隣の同市津島町御槙地区の住民らでつくる
「みまきの将来を考える会」(黒田太士代表)が2日、
計画中止を求める署名223人分と意見書を
石橋寛久市長宛てに提出した。



 意見書では、低周波音による健康被害や
大規模開発に伴う自然破壊の懸念を指摘。


地域おこしの取り組みで活性化が進み、
市内外から人が訪れるようになった集落の魅力を
奪いかねないなどとしている。


 2日は、黒田代表ら2人が宇和島市役所を訪れ、
藤田良市民環境部長に手渡した。

黒田代表は
「実質的に地区住民の7割以上の署名が集まった。
地元にデメリットばかりの施設は必要ない」と説明した。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------------




東伊豆町
◇1日から風力発電所見学会 15日まで東伊豆町

(伊豆新聞 下田版 | 2015年07月28日)
http://izu-np.co.jp/shimoda/news/20150728iz1000000133000c.html




 東伊豆町主催の
「夏休み風車見学会」が8月1日から、
白田にある同町風力発電所で行われる。15日まで。




 地球温暖化やエネルギー問題について
考えるきっかけにしてもらおうと、
2006年度から毎年行っている。

見学会は毎日午前10時と午後3時の2回
(各回1時間程度)で、
町の担当職員が風力発電について説明し内部を案内する。

運転時には風車の停止、起動の様子も見学できる。

参加無料で、希望者は現地の2号機(中央)に集合する。




 03年度に稼働した同発電所は
タワーの高さ37メートル、回転翼の直径45メートル、
出力600キロワットの風車3基から成り、
一般家庭約1100世帯分の電力を賄う能力がある。

発電した電気は電力会社に売電している。



 問い合わせは町企画調整課(ー-----)




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------




東伊豆町/画像
◇巨大風車に目見張る 伊豆地区最大風力発電所―河津町が町民見学会

(伊豆新聞 下田版 |2015年07月28日)
http://izu-np.co.jp/shimoda/news/20150728iz1000000134000c.html



画像:

担当者(左)から発電所の概要について
説明を受ける参加者=河津町川津筏場



===================




 河津町は25、26の両日、
東伊豆町境の三筋山一帯に完成した
風力発電所の町民見学会を開いた。


各日午前、午後計4回に123人が参加し、
伊豆地区最大規模を誇る新発電所と
巨大な風車に目を見張った。



 初日午前は26人が参加し、
町のマイクロバスで現地入りした。

事業者の東京電力と、
ユーラスエナジー・ホールディングスの担当者から
規模や発電能力などの説明を聴いた参加者は、
全高が最大107メートル、
ブレードと呼ばれる羽根の直径が74メートルに達する
巨大な風車と、天城連山や眼下の街並み、
相模湾、雲を間近に感じる
天空のローケーションに息をのんだ。



 知人6人と参加した川津筏場の主婦
飯田美千代さん(62)は
「風車の音を心配していたが、
思っていたより小さくて安心しました。
とにかく大きくて驚きました」と感想を語った。



 標高約700〜800メートル台の
尾根伝いに完成した発電所は、
三筋山の北方向に東電の11基、
南方面にユーラス社の10基、計21基の風車からなる。

総出力3万5070キロワット
(風車1基当たり1670キロワット)は
伊豆地区の風力発電所で最大となり、
一般家庭約2万世帯分の電力を賄う能力がある。

名称はユーラス社が「ユーラス河津ウインドファーム」で、
すでに営業運転を開始。

東電は「東伊豆風力発電所」の名称で
現在試験運転を行っており、
来月から営業運転に移行する予定という。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------




秋田県
◇再生エネルギーへの理解深める 秋田市で見学会

(さきがけ電子版|2015/07/18)
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20150718j



再生可能エネルギーへの
理解を深めてもらおうと
秋田市は17日、
市民対象の発電施設見学会を開いた。
牛島東六丁目町内会の19人が市内の
発電施設2カ所を巡り、特徴を学んだ。



 市は昨年10月、施設見学などを通じて
住民の理解促進を図る経済産業省の
「次世代エネルギーパーク」に認定された。

県内4市目で、見学受け入れは6月に開始。

これまで約80人が参加している。


 見学は市職員が引率し、
同市河辺の市総合環境センターでは
大規模太陽光発電所(メガソーラー)を案内。

4・6ヘクタールの敷地に9170枚のパネルを設置し、
最大出力は1500キロワットに達することを紹介した。



 参加者から設計上の工夫について尋ねられると
「理想的な傾斜角は25度だが、
パネル上に積もった雪が
自動的に落ちるように30度にした。
地上の積雪も考慮し、
地面から1・5メートルの高さに設置した」と話した。


 同市浜田では、風車が5基立つ
国見山第1風力発電所(最大出力計9950キロワット)を見学。

参加者は風車の根元に立ち、
プロペラ1枚の長さが41メートルあることや、
時速約200キロで回転していることなどを説明された。






* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


NEW!⇒

2015年11月22日(日) 懇親会が決定しました

※ 午前になります。ご注意ください。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年11月22日(日)

   会場オープン 午前10時
   開始     午前10時
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





-------------


盛会を持って終了しました。

遠方よりのご参加をありがとうございました。

厳しい状況が続きますが、頑張りましょう。

2015年7月5日 午後6時
おとしん 若林

---------------------

New!⇒
岡田先生がご出席されます。

ふるってご参加ください。




2015年7月5日 懇親会が決定しました


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年7月5日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)



場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C

アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



==================================


※ 終了しました!

遠方よりのご参加を、ありがとうございました。

次回は、7月5日です。



おとしん 若林


--------------------------

 懇親会を行います。

 また、解決に向けてのご相談も受け付けます。
  お気軽にご参加下さい。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2015年3月22日(日)

   会場オープン 午後1時
   開始     午後1時30分
   終了     午後4時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)


場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



============================


ぜひ!⇒
1‐ドイツ
◇German doctors push to halt building of wind turbines
ドイツの医者は、風力タービンの建築を停止することを勧める

(The Australian | May 21, 2015)
https://www.wind-watch.org/news/2015/05/21/german-doctors-push-to-halt-building-of-wind-turbines/

グラハム·ロイド, 環境エディタ

ドイツの医療専門職の「総会」は、
風力タービンからの低周波騒音の
可能性のある健康への影響について
より多くの研究が行われるまで、
住宅の近くで、さらなる風力発電所の開発に
停止をサポートするよう、
その指導者に呼びかけています。


その問題は、金曜日にフランクフルトの、
ドイツの医療総会で議論され、
そして、ドイツ医師会の理事会に移されました。


協会の政策顧問の
エイドリアン・アレクサンダーJakelは、
研究を求める動議が、
「さらなる行動のため」委員会に
送り届けられたことを確認しました。


・・・・・・・・・

『曝露時間の増加に伴う
低い周波数あるいは
聴覚閾値以下のノイズの影響』があったように、
風力タービンからの放射との関係で、
インフラサウンド/超低周波不可聴音(20 Hz以下)と
低周波音(100 Hz以下)の健康への影響は、
『まだ未解決の問題』でしたと、述べました。

総会は、安全上の問題を排除する
信頼性の高いデータがもたらされるまで
集落に近い複数のタービンの建設を
中止すべきであると述べました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


“118. Deutscher Ärztetag – Beschlussprotokoll”
「第118回ドイツ医療アセンブリ - 意思決定の覚書」

(Ärztetag>118. Deutscher Ärztetag 2015 > Beschlussprotokoll )
http://www.bundesaerztekammer.de/aerztetag/
118-deutscher-aerztetag-2015/beschlussprotokoll/



=========================


◇電磁場対策強化を国連やWHOに要求=科学者190人〔BW〕
(時事ドットコム|2015/05/19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015051900260



 【ビジネスワイヤ】39カ国の科学者190人が、
電磁場と無線技術のリスクを示す証拠の増加を受け、
電磁場対策強化のガイドライン採用を求める要求書を
国際連合、国連加盟国、世界保健機関(WHO)に提出した。




要求書では、高周波と超低周波を
「発がんの可能性あり」と分類した
WHO国際がん研究機関の勧告をWHOが無視し、
業界寄りの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の
勧告を支持していると批判している。




特に子供と妊婦に対する予防措置の奨励、
電磁場曝露の制限、
健康リスクに関する公衆教育を要求。


野生生物に対する影響の評価も求めている。



 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。
英語原文はwww.businesswire.comへ。




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。



============================
終了しました⇒  講演会のお知らせ
============================


講演会「携帯基地局周辺の電磁波と健康被害 ~延岡ほか九州各地の実例から~」



 携帯電話中継基地局周辺で暮らしている住民や、
学んでいる子どもたちから、健康被害の訴えが出ています。

 宮崎県延岡市では、多くの周辺住民に体調不良が出て、
基地局の操業差し止めを求めて提訴しました。

一審判決は体調不良の存在は認めたものの、
基地局との因果関係は否定しました。

昨年12月の二審判決でも住民の訴えは認められず、
住民らは最高裁判所へ上告しました。


 九州大学の吉富邦明教授は、
延岡市を含め九州各地で実態を調査しました。

吉富教授はまた、延岡市で多くの住民が訴えている耳鳴りは、
基地局からの電波による
「マイクロ波ヒアリング効果」である可能性があると、
裁判で証言しました。


 今回、吉富教授をお招きし、
首都圏では初めて市民向けにご講演いただく機会を設けることができました。

 電波の利用推進ばかりが叫ばれる中、
そのリスクについても考えてみませんか? 

お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

日  時 2015年2月14日(土)13時半~16時半(開場13時)
場  所 文京シビックセンター 4階シルバーホール        
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html


     (文京シビックセンターは、文京区役所も入っているビルです。
     東京メトロ(旧営団地下鉄)後楽園駅4a・5番出口から徒歩1分。
     都営地下鉄春日駅文京シビックセンター連絡口から徒歩1分。
     JR水道橋駅東口から徒歩9分)

講  師 吉富邦明さん(九州大学教授)
資 料 代 1000円
主  催 電磁波問題市民研究会 http://dennjiha.org/
参加申込 不要(当日直接会場にお越しください)
問合わせ 大久保(電話047-406-6608)


--------------------
電磁波問題市民研究会
meeeeru@dennjiha.org
--------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■



平成26年12月19日
▼消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書
(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により
不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)を公表しました

http://www.caa.go.jp/csic/action/index5.html


PDF
■報告書 本文
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_houkoku_honbun.pdf

PDF
■意見
http://www.caa.go.jp/csic/action/pdf/2_iken.pdf




低周波音固有の人体への影響の有無及びメカニズムには
不明な点もあるため、現時点においては
ヒートポンプ給湯機の運転音による不眠等の健康症状の
発生を根本的に防ぐ対策を示すことは困難
であるが
健康症状発生のリスクをできるだけ低減するとともに
より根本的な再発防止策の検討と発症時の対応の改善を
勧めるため、経済産業省、環境省、消費者庁及び
公害等調整委員会は、以下の取組を行うべきである。

※ おとしん注)

健康被害の原因となる部分の音や振動対策は可能です。

昭和40年代から、近隣住民からの苦情を受けて
工場などの産業用機器や
ポンプ場、空調機、ボイラー、その他の機器の
超・低周波騒音や振動対策が行われてきました。
それは、現在でも、行われ
産業用機器についての苦情件数は減っています。

そして、今、問題は、住宅地に設置される
様々な家庭用機器に移っています。

岡田健先生が
院内集会(2009年)の基調講演で発表されたように
エコキュートの
健康被害の原因を見極め、処置して
健康被害が改善した事例があります。


移設するにしても、
健康被害対策をとってから行うことがベストです。
おとしんは、機器を購入し使う人も
その隣りの住民も、お互いに納得いく解決方法を推奨しています。

住宅地から、音や振動による健康被害をなくしましょう。





-------------------------------------------------------------------
   ① セルフヘルプグループ
     『おとしんアップキープ』の活動について

-------------------------------------------------------------------

  
◇「低周波音被害の社会問題化」
前川 真帆香氏  東京大学2009年度修士論文 
 
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37213/1/K-02299.pdf


当時、いくつかの被害者の会がありました・・・が
私たちは、被害者による自助救済を目的として少人数のグループで発足しました。


当時の私たちの活動については、前川 真帆香氏の2009年度修士論文
「低周波音被害の社会問題化」に取り上げられています。


第3章 エコキュートによる低周波音被害  
第2節  被害者の活動
P#51 5.2 セルフヘルプグループ
P#54 6.2 連携後の活動
P#57 経産省とのヒアリング、院内集会、岡田先生による解決事例(一部ですが)が
詳しく紹介されています。


エコキュートの解決事例が紹介されています。
「おとしんアップキープ」の原点です。
ぜひ、ご参照ください。



尚、当会は、
中立の立場から
工学博士 岡田 健先生が、工学的助言をして下さいます。


JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で
年3回の定例会(応相談)を行っています。



また、岡田先生を講師にお迎えしての勉強会や
随時、情報交換会を行っています。

* ご希望の日時等ご連絡いただければ
  日程の調整を致します。



お気軽にご参加いただければ幸いです。




おとしんは
現場を調査し、原因を把握して
機械に対策を行い改善し
誰にとっても住みやすい住宅環境の維持をめざしています。



[ 所有者の皆さま ]

低い音(振動)の感受性が非常に高いグループが存在します。

そうした人が、一度、低い音(振動)に感作してしまうと
その後、たいへん苦しみます。


機械には対策が取れます。

ぜひとも調査にご協力をお願いします。



 消費者団体の国際的組織であるCI (Consumer International:国際消費者
機構)は、1982年、消費者の「8つの権利」(Basic Consumer Rights)と
もに、「5つの責任」(Consumer Responsibilities)を提唱しました。具体
的には、
消費者の権利としては、
①生活のニーズが保障される権利、
②安全への権利、
③情報を与えられる権利、
④選択をする権利、
⑤意見を聴かれる権利、
⑥補償を受ける権利、
⑦消費者教育を受ける権利、
⑧健全な環境の中で働き生活する権利が、

消費者の責任としては、
①批判的意識を持つ責任、
②主張し行動する責任、
③社会的弱者への配慮責任、
④環境への配慮責任、
⑤連帯する責任
が提唱されています。




-----------------------------------------------------
   ② 音(低周波音)や振動の被害を感じたら…
   住宅周りの設備機器、
   エコキュート等の低周波音被害相談について

-----------------------------------------------------




エコキュートやエネファーム、
その他の設備機器は技術的な低周波音や振動対策が可能です。


解決していますので 
解決を目指す方は、早めにご相談ください。

被害を感じたら・・・
被害が出ている状況で、被害者自身が専門家による調査を持つことが大切です。
市区町村等の行政、所有者
メーカー、設置業者やガス会社等へ相談される前に
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html




-----------------------------------------------------------
    ③ 騒音(低周波音)、振動の被害に対しての相談について
-----------------------------------------------------------



最近、騒音・振動等の被害の方々からの相談について
多方面に相談をした後に当会に解決の依頼をしてくる方が
多く見受けられます。

こじれた案件には、多くの時間と費用が掛かる場合があります。
騒音・振動等の被害をスムーズに解決したい方は
早めに当会に連絡をしてください。


また、おとしんとしては、相談・調査・測定に関して
有料となる場合があります。
解決の依頼をする前に、会に問い合わせをお願いします。


2012/6/20
おとしんアップキープ 代表 若林






---------------------------------------
   ④ 問題の解決を目指そう!
----------------------------------------



エコキュート・エネファーム・冷凍機・空調機・風車などからの
低周波音・騒音・振動被害でお困りの方で
解決を希望される方で、会の主旨にご賛同される方は
おとしんまでお気軽にご連絡ください。



相談をご希望の方は
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



規則・会則はこちらをご一読下さい。

◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.ht
































2015-07-31 : 風力発電 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

政府はタービン計画の見直しを求める-Govt seeks review of turbines plan(The Yomiuri Shimbun) | 関連記事:くろしお風力発電(株) 津軽十三湖風力発電事業環境影響評価準備書 // 支柱が破断して45tの風車が落下、京都府 | アイルランド:巨大な風力タービンが、Ardaraの近くで吹き倒された-Huge wind turbine blown down near Ardara  | アイルランド:風車が嵐で折れて落下した後の安全性への懸念-Safety concerns after wind turbine snaps and falls during storm







◇Govt seeks review of turbines plan
政府はタービン計画の見直しを求める

(The Yomiuri Shimbun, Mar. 23, 2013)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/national/T130322004145.htm


環境省は、タービンに衝突することの結果、1,200羽の鳥が毎年死ぬかもしれないと
会社によってコンパイルされた環境再調査が推測したように、東北青森県の
15の風力タービンを組み立てるその計画を見直しするように風力発電会社に要求しました。

日立(茨城県)で基づいた黒潮風力発電は、十三湖の南部海岸に沿って
34,500キロワットの供給能力を備えた風力タービンの設置する予定です。
これは、2015年3月に操業を始めて、東北電力に売電することを計画します。


・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






------------------------------------
関連記事:
------------------------------------



◇環境省、風力発電に待った…渡り鳥の衝突多すぎ | 
環境省 報道発表資料-平成24年12月27日:仮称)津軽十三湖風力発電事業に係る
環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ) | 
経済産業省-環境審査顧問会風力部会 議事録-平成24年11月5日(月):
くろしお風力発電(株) 津軽十三湖風力発電事業環境影響評価準備書

http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-1856.html



青森
◇環境省、風力発電に待った…渡り鳥の衝突多すぎ
(2013年3月23日09時25分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20130322-OYT1T00846.htm?from=ylist


青森県の十三湖(じゅうさんこ)沿岸に風力発電施設を建設する計画を巡り、
環境省が「渡り鳥への影響が著しい」として見直しを迫っている。

 事業者が動植物などへの影響を調べる環境影響評価(環境アセスメント)で、
渡り鳥が回避しない場合、ガンやオオハクチョウなど年間約1200羽が
風車に衝突すると試算しているためで、同省は「多過ぎる」としている。

 風力発電施設の建設を計画しているのは、茨城県日立市の民間企業
「くろしお風力発電」。
湖の南岸に15基(総出力3万4500キロ・ワット)を建て、
2015年3月に運転を始めて、東北電力に売電する予定だ。

・・・・・・・


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------
 関連資料:  まとめ
------------------------------


■<風力発電/環境影響評価/縦覧> 
十三湖周辺に風力発電の建設計画 と第三次青森県環境計画(低周波音)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-95.html



■環境省 報道発表資料-平成24年12月27日:
(仮称)津軽十三湖風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する
環境大臣意見の提出について(お知らせ) | 
青森の風力計画に見直し意見=渡り鳥への影響避けられず-環境省
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-1686.html


環境省 報道発表資料-平成24年12月27日
◇(仮称)津軽十三湖風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する
 環境大臣意見の提出について(お知らせ)

(環境省>報道発表資料)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16153

 「(仮称)津軽十三湖風力発電事業」(青森県五所川原市、つがる市及び中泊町)に係る
環境影響評価準備書について、12月26日付けで経済産業大臣に対し、対象事業実施区域及び
その周辺は鳥類の生息環境としての重要な地域であること、本地域における風力発電事業に
よるマガン等に対する環境影響が著しいものとなる蓋然性が高いことから、マガン等の
渡り鳥などの採餌場・移動経路等に位置する対象事業実施区域の位置の変更を基本として、
事業計画の見直しを求める環境大臣意見を提出した。



2.環境大臣意見の概要
(1)事業計画の見直しについて
・対象事業実施区域及びその周辺はガン・カモ・ハクチョウ類等の主要の渡りのルート
及び飛来地として、また、オジロワシ等の希少猛禽類等の生息環境として重要な地域
であること、本準備書によるマガン等の渡り鳥に対する衝突確率の予測結果から、
特にマガン等の渡り鳥に対する環境影響は著しいものとなる蓋然性が高く、本準備書に
記載された環境保全措置では、環境影響の回避・低減は不十分であり、マガン等の
渡り鳥などの採餌場・移動経路等に位置する対象事業実施区域の位置の変更を基本として、
事業計画の見直しを行う必要がある。

・・・・・・

(5)騒音及び低周波音について
・騒音及び低周波音については、必要に応じて、風力発電設備等の配置等を含めた
環境保全措置について、再検討すること。

・騒音及び低周波音の事後調査の実施
及びその結果を踏まえて検討すべき環境保全措置について、可能な限り具体的に
評価書に記載すること。


・・・・・・

 なお、環境大臣意見の取りまとめに当たっては、立教大学理学部の上田恵介教授から
意見聴取を行った(別紙2参照)。



■添付資料

□(別紙1)(仮称)津軽十三湖風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する
      環境大臣意見[PDF 18KB]
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=21255&hou_id=16153

・・・・・・

4.騒音及び低周波音について
騒音及び低周波音については、必要に応じて、風力発電設備等の配置等を含
めた環境保全措置について再検討するとともに、事業者が講ずる環境保全措置
による影響の低減効果について定量的に予測及び評価すること。
特に、低周波音についてはその影響や対策の効果に不確実性があることから、
騒音及び低周波音の事後調査の実施及びその結果を踏まえて検討すべき環境保
全措置について、例えば、稼働時間の調整等を含めて、可能な限り具体的に評
価書に記載すること。




ぜひ!→
□(別紙2)関係委員意見聴取書面[PDF 22KB]
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=21256&hou_id=16153



□(参考)対象事業実施区域の位置[PDF 38KB]
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=21257&hou_id=16153




* 以上、引用しました。
  上記サイト、PDF等でご確認ください。





--------------------------------------------------------





関連記事:

◇青森の風力計画に見直し意見=渡り鳥への影響避けられず-環境省
(時事ドットコム, 2012/12/27)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012122700680

 環境省は27日までに、青森県五所川原市などで建設が計画されている
「津軽十三湖風力発電所」の環境影響評価(アセスメント)書をめぐり、
渡り鳥など周辺環境への影響が避けられないとして、建設予定地の変更を
含めた見直しを求める環境相意見を経済産業相に提出した。
今後取りまとめる県知事の意見とともに、経産相が今年度中に行う勧告に
反映される見通し。
 同発電所の建設予定地(五所川原市、つがる市、中泊町)は、国指定天然
記念物のマガンなど渡り鳥の飛来地。事業者の予測では、マガンが移動する
際に起きる風車への衝突は最大年1000件に上る恐れがあり、環境相意見
は建設計画について「環境影響の回避・低減が不十分だ」とした。
 事業者のくろしお風力発電株式会社は2015年3月の運転開始を目指し
ているが、環境省は「この地域で事業を進めるのは厳しいのではないか」と
している。

* 以上、引用しました。上記サイトでご確認ください。





-----------------------------------------------------------
経済産業省-環境審査顧問会風力部会
議事録  平成24年11月5日(月)
3)くろしお風力発電(株) 津軽十三湖風力発電事業環境影響評価準備書

-----------------------------------------------------------


ぜひ!→
■ 議事録  平成24年11月5日(月)
3)くろしお風力発電(株) 津軽十三湖風力発電事業環境影響評価準備書
 
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/
shingikai/600/12/24fy/241105/gijiroku241105.pdf



PDF#24から:
① 準備書の概要説明及び質疑応答
② 住民意見の概要及び事業者の見解




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




==============================================





◇支柱が破断して45tの風車が落下、京都府
(日経BP 土木, 2013/03/27)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20130325/608290/?bpnet


京都府伊根町の太鼓山風力発電所で、6基設けた風力発電機のうちの1基の支柱が
上端付近で破断し、風車が落下した。風車の点検に訪れたエンジニアリング会社の
社員が3月13日午前9時42分、福知山市の京都府公営企業管理事務所に連絡。
同事務所の職員が同日午前11時46分、風車の落下を確認した。
同事故による人的な被害は出ていない。


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------------------------
海外ニュース: 倒れる
-------------------------------------






アイルランド
◇Huge wind turbine blown down near Ardara
巨大な風力タービンが、Ardaraの近くで吹き倒された

(Donegal News, March 24, 2013)
http://donegalnews.com/2013/03/huge-wind-turbine-blown-down-near-ardara/


巨大な高さ245フィートの風力タービンが週末にArdaraの近くで強風時に、
崩れ落ちて来たあと、技術伸審査は今朝(月曜日に)再開することになっています。

ミサの近くのLoughderryduff風力発電所で木曜の夜の出来事の後に撮られた劇的な写真、
Portnooは、広い面積にわたって地面や破片の広がりの上に平らに横たわる主軸を示しています。

約25年の寿命を持っているタービンは、わずか4年で8ユニットの開発で
建立された後に下落しました。


・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------






◇Safety concerns after wind turbine snaps and falls during storm
風車が嵐で折れて落下した後の安全性への懸念

(www.independent.ie ,25 March 2013)
http://www.independent.ie/irish-news/
safety-concerns-after-wind-turbine-snaps-and-falls-during-storm-29151242.html



Greg Harkin


€1.5mの風力タービンが人気のサイクリング・ルートからちょうど数ヤードの所で
嵐の間に崩れたあと、調査は進行中です – 予報官が復活祭までよりひどく寒い天気と
雪を警告として。

64メートルの高さの風車は'ポキンと折れ'て、GlentiesとArdaraの
共同ドニゴール村の間、マースのリモート区画地における風力発電所で倒れました。

それは異常な3月下旬の天気の週末の間、来ました。
そして、強風と雪、が東アルスターと北のラインスターに打撃を与えたので、
それは北部の何千もの家が暗闇に陥れられるのを見ました。

・・・・・・

エリア内の多くの風車計画に反対してきたGlentiesウィンドファーム情報グループは、
"徹底した調査"を求めました。


・・・・・・

Worry

「確かにこれが起こる可能性があることを、あなたは心配するだろう。」

・・・・・・・



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。








2013-03-29 : 風力発電 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<産業競争力会議 >最新鋭の石炭火力発電の普及を検討へ | 産業競争力会議 風力などのエネルギー問題で民間議員が提言 | 民間議員、風力普及など提言 産業競争力会議 // 経産省、自家発の設備保安委託範囲を拡大









<産業競争力会議 >
◇最新鋭の石炭火力発電の普及を検討へ
(NHKニュース, 2012年3月26日 )
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130326/k10013447681000.html


・・・・・・

25日の会合で、民間議員からは、再生可能エネルギーのなかでは、
「風力発電」が最も有望だとして、風車の設置許可にかかる期間の
短縮
などの提言も出されました。

政府側は、こうした提言を踏まえて、具体策を検討し、成長戦略に
反映させることにしています。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------------------





<産業競争力会議 >
◇産業競争力会議 風力などのエネルギー問題で民間議員が提言
(FNNニュース, 2013/03/25)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242835.html


政府の産業競争力会議の分科会が開かれ、
石炭火力や風力発電などのエネルギー問題について、民間議員が提言した。
産業競争力会議の分科会では、燃料を安く調達できるうえ、
CO2(二酸化炭素、2は下つき文字)排出が少ない石炭火力発電や、
再生エネルギー分野での風力発電について、民間議員が国内で普及させるため、
環境影響評価(アセスメント)の期間を短縮すべきと提言した。


・・・・・・・


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------




<産業競争力会議 >
◇民間議員、風力普及など提言 産業競争力会議
(日本経済新聞, 2013/3/25)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF2500Q_V20C13A3PP8000/


政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は25日、
エネルギー政策の議論を始めた。民間議員が風力など再生可能エネルギーの
規制緩和を含めた普及促進や、輸出産業としての育成を提言した。
政府側も「基本的な方向性は一致している」と前向きに取り組む意向を示した。
原子力発電所も民間と政府側が再稼働を進める方向でほぼ一致した。


 今回は少人数の民間議員と関係省庁が特定の課題を議論するテーマ別会合で、
議題は「クリーンかつ経済的なエネルギー需給の実現について」。
近く開く本会議で民間議員と省庁側が提案を持ち寄って、改革の方向性を決める。


 ・・・・・・・




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






=======================================






◇経産省、自家発の設備保安委託範囲を拡大
(日刊工業新聞, 2013年03月20日)
http://www.nikkan.co.jp/dennavi/news/nkx1520130320qtkf.html


 経済産業省は19日、7月にも企業が自家発電用に設置する太陽光や
風力、水力、火力の発電設備で、出力1000キロワット未満に認められている
電気設備保安管理業務の外部委託を2000キロワット未満に引き上げることを決めた。

自家発の設備保安を外部委託できる適用範囲を広げ、再生可能エネルギーや
自家発導入を後押しする。また、建築基準法と電気事業法に分かれている
風力発電設備の設置審査は、2014年4月に電事法へ一本化するとともに
着床式洋上風力など特殊設備を審査する審査顧問会を設置する。




・・・・・・・




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。













2013-03-26 : 風力発電 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

NHK News Web--産業競争力会議分科会 有識者議員が政策提言:石炭火力・風力発電の導入に規制緩和を | 産業競争力会議 「最新火力、再生エネ輸出」 民間議員が提言へ  | ロイター(2013年 01月 8日)-産業競争力会議メンバーに、新浪ローソン社長など9名=政府 | 産業競争力会議  開催状況







◇石炭火力・風力発電の導入に規制緩和を
(NHK NEWS WEB, 2013年3月25日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130325/k10013421711000.html


経済成長のための規制改革などを議論する政府の産業競争力会議で、
有識者議員は、企業の競争力強化のため、コストが安い石炭火力発電や
風力発電の導入促進へ、十分な規制緩和などを進めるべきだとの提言を
行うことにしています。

25日に開かれる産業競争力会議の分科会は、企業の生産活動を支える
「エネルギー」がテーマで、有識者議員が政策提言を行うことにしています。

・・・・・・・・

また、再生可能エネルギーでは、風力発電が最も有望で、
風車の設置許可にかかる期間の短縮や、現在は制限がある農地への設置が
可能になるよう、十分な規制緩和を提言しています。


・・・・・・・・



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。







-------------------------------------------------





産業競争力会議 「最新火力、再生エネ輸出」 民間議員が提言へ
(西日本新聞, 2013年3月23日)
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/7084/9517


・・・・・・・・


エネルギー提言案は、燃料を安く安定的に調達できるとして石炭火力発電を重視。
二酸化炭素(CO2)排出が少ない最新型の設備を国際展開すれば、
地球温暖化の防止に役立つと指摘した。
再エネ分野では、発電コストの安さなどから風力発電を有望視した。

 火力、風力の発電設備について、世界シェアは現在、いずれも10%未満に
とどまっているとみられ、2030年までに火力で20%超、
風力では10%超を目指すべきだと指摘した。

 国内での普及のため、環境影響評価(アセスメント)の期間を短縮することや、
風力発電の設備設置の際の農地転用手続きの簡素化といった規制緩和を求めた。



・・・・・・・・



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------------------------






◇産業競争力会議メンバーに、新浪ローソン社長など9名=政府
(ロイター, 2013年 01月 8日)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90701920130108


[東京 8日 ロイター] 政府は、日本経済再生本部(議長は安倍晋三首相)に置く
産業競争力会議のメンバーとして、
新浪剛史ローソン社長、
佐藤康博みずほFG社長、
坂根正弘コマツ会長など9名に決めたと発表した。

その他のメンバーは、
秋山咲恵サキコーポレーション社長、
榊原定征東レ会長、
竹中平蔵慶応大学教授、
橋本和仁東京大学大学院教授、
長谷川閑史武田薬品社長、
三木谷浩史楽天社長。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------------------------





◇産業競争力会議  開催状況
(政策会議トップ > 会議等一覧 > 日本経済再生本部 > 産業競争力会議 > 開催状況)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/skkkaigi/kaisai.html










2013-03-25 : 風力発電 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ぜひ→動画があります:風車のプロペラ落下 乱気流による危険性 以前から指摘 | 太鼓山風力発電所事故:専門家が視察−−伊根 /京都 | 「やはり金属疲労」 京都の風車落下で専門家ら現地視察 | 事故の風車を専門家視察 伊根・太鼓山 | ぜひ→住宅近くにもある! 風力発電所の45トン風車落下事故 京都府が同じ倒産メーカー製使う国内20事業所に注意喚起 | ぜひ→The Daily Mail:壊れて、そして、さびています、これが英国の『風のラッシュ』の将来ですか?-Broken down and rusting, is this the future of Britain's 'wind rush'?






ぜひ!→ 動画があります
◇風車のプロペラ落下 乱気流による危険性 以前から指摘
(MBS NEWS, 2013/03/20)
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000000441.shtml


京都府伊根町で、風力発電所のプロペラが落下した事故で、以前、
隣の風車が故障したときから、乱気流による危険性が指摘されていたことがわかりました。
専門家が原因の特定を急いでいます。

 今月13日、伊根町の府立太鼓山風力発電所で、3号機のプロペラが根元から折れ、
地面に落ちているのが見つかりました。

 実はこの発電所でのトラブルは初めてではありません。

 「こちらの風力発電所には6機の風車がありますが、あちらの4号機には2年間、
壊れた状態のままです
」(記者リポート)

 2006年9月、3号機の隣に立つ4号機で、風向きにあわせてプロペラの方向を
変える部品が壊れました。

 原因は金属疲労です。

 この風車はオランダ製で、安定した偏西風が吹くヨーロッパを想定して作られていました。

 しかし、伊根町の3号機、4号機は乱気流が起きやすい谷のすぐ上にあります。

 府は4号機の故障原因について、風速や風向きが短時間で急に変わり、
さまざまな方向から負荷がかかったと分析。

 隣の3号機も、乱気流で金属疲労が起きる可能性があると当時から認識していた
ということです。


 現地には20日、風力発電の専門家が訪れ、立地条件や点検の状況について、
京都府から説明を受けました。

「15mの風で倒れる風車はほとんどないので、金属疲労が原因ではないか
というのが第一印象」(日本風力エネルギー学会・勝呂幸男会長)

 府は事故原因の特定を急ぎ、他の風車についても対策を検討します。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





------------------------------------------




◇太鼓山風力発電所事故:専門家が視察−−伊根 /京都
(毎日新聞 2013年03月21日 地方版)
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20130321ddlk26040246000c.html


伊根町野村の太鼓山にある府の風力10+件発電所で風車のプロペラ部が落下した問題で、
原因調査のため近く組織する専門家チームの5人が20日、現場を視察し破損状況を確認した。
日本風力10+件エネルギー学会の勝呂幸男会長は「国内初の事例。金属疲労が原因ではないか」
として、これまでの風速の記録や設計状況について慎重に調べる考えを示した。


 府によると、計45・2トンあるプロペラは12日夜、高さ50メートル近い支柱との
接合部付近から折れた。計6基のうち2基は故障で既に停止中。落下事故を受け、
点検のために残り3基も稼働を止めた。当時は破損するほどの突風はなかったという。【安部拓輝】




* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。







------------------------------------------






◇「やはり金属疲労」 京都の風車落下で専門家ら現地視察
(MSN産経ニュース, 2013.3.21 全2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130321/waf13032108250002-n1.htm


京都府の太鼓山風力発電所(伊根町)の風車落下事故を受け、風力発電設計や
空気力学などの専門家による現地視察が20日、同発電所で行われた。
専門家らは、事故原因が金属疲労による可能性が高いとの見通しを改めて示唆。
府は今後、調査チームを立ち上げ、原因究明を急ぐ。


 視察したのは、日本風力エネルギー学会の勝呂(すぐろ)幸男会長や
東大大学院の石原孟教授ら5人。約45分間、府職員らの説明を受け、
事故当時の風向きや風力などを確認した。


 視察を終えた勝呂会長は、風車の耐用期限が平成30年までとなっており、
当時の風力が約15メートルだったことなどから「その程度の風力で風車が
倒れることはほぼない。金属疲労が原因だというのが第一印象だ」と感想を述べた。

・・・・・・・・・



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。







------------------------------------------





◇事故の風車を専門家視察 伊根・太鼓山
(京都新聞, 2013年03月20日)
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20130320000146


京都府が伊根町に設置している太鼓山風力発電所で風車の先端部分が
落下した事故を受け、勝呂幸男・日本風力エネルギー学会会長ら
専門家5人が20日、現地を視察し、原因を調べた。

 落下したのは6基あるうちの3号機。高さ約50メートルの
ボルト接合部付近から風車の先端が羽根や発電機ごと落下しているのを、
13日に点検業者が見つけた。

 5人は、府の担当者から説明を受けた後、落下して破損した風車の
形状を詳しく見たり、発電所内の地形を調べたりして約1時間視察した。
視察後、勝呂会長は当時の風速が約15メートルだったことを踏まえ、
「第一印象では強風の影響よりも、金属疲労が原因ではないか」と述べた。

 石原孟・東京大大学院教授は「同じ太鼓山にある風車でも
場所によって受ける風が異なり、疲労の度合いはそれぞれ違う」とし、
各基の風の影響を調査する必要性を指摘した。

 府は今後、視察した5人を中心に専門家会議を立ち上げ、原因の究明に取り組む。



* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------------------------





ぜひ!→
◇住宅近くにもある! 風力発電所の45トン風車落下事故 
京都府が同じ倒産メーカー製使う国内20事業所に注意喚起

(MSN産経ニュース, 2013.3.16)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130316/waf13031601300000-n1.htm



太鼓山風力発電所(伊根町)の風車落下事故を受け、京都府の山田啓二知事は15日、
同じオランダのラガーウェイ社製の風車を使用する三重県や北海道、青森県、
福島県など国内の20事業所に、注意喚起したことを明らかにした。
同社はすでに倒産しているといい、山田知事は
「国内では人の住んでいる近くの施設もあれば重要な施設の近くの施設もある。
府だけの問題ではない」としている。



 太鼓山風力発電所は平成13年11月から稼働、当初は、地方公共団体が運営する
最大の風力発電所として注目されていた。全国では、20事業所で約100基の
同社製風力発電機が設置
されているという。


 山田知事は、専門家による調査チームを立ち上げる方針を改めて表明し
「再生エネルギーについての実験的施設で、多くの成果を上げてきた。つらい役割だが、
構造的な欠陥か、単なる不良品か、安全体制も含めて調査していく」と述べた。


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。





========================================





AFP-JIJI
◇Kyoto wind farm turbine falls after pylon snaps
京都風力発電所タービンは、鉄塔が折れた後、落下

(AFP-JIJI, March 15, 2013)
http://www.japantimes.co.jp/news/2013/03/16/national/
kyoto-wind-farm-turbine-falls-after-pylon-snaps/


関係者によると、支える鉄骨柱が折れた後、38トンの風力タービンは、
京都府の地面50メーターで粉砕しました。

日本製の鉄骨柱の上に付けられた巨大なオランダ製のタービンは、
山の風力発電所の一部でした。それは、少なくとも期待耐用年数17年で、2001年に建てられました。

「我々は、専門家に問題の原因を調べるよう頼んでいます。 我々は、金属疲労が
一役担ったかもしれないと思います」と、地元の官僚は木曜日に言いました、
誰も負傷しなかったと付け加えて。

壊れたタービンは遠隔施設で、いつ落ちたかは解りませんが、水曜日に発見されました。
その頃、強い暴風が全国の広い地域を襲っていました。

資源の乏しい国はその自然の恵みを利用しようと努力するとともに、
風力発電所は、過去20年間にわたって日本の大きな範囲全体で急成長しました。

福島原子力発電所の災害が2年前に始ってから、代替エネルギーのための駆動が激化しています。

日本の50基の原子炉のうち2つだけが運転中であり、原子炉再起動に対する大衆の反対は強いままです。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




------------------------------------




* 英国の状況をざっと調べたところ
  今年に入って起きた風車の崩壊事故の記事です。
  すべて、違う場所と日付です。
http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=1838

  


 BBC News <2013年2月1日 英国・コーンウォール州・Launceston>
◇Wind turbine falls down on private land in Cornwall
風力タービンは、コーンウォールの個人の土地で倒壊

(BBC NEWS, 1 February 2013)
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-cornwall-21296292


風力タービンが北コーンウォールで倒れました、それをメーカーが確認しました。


Launcestonの近くで、風車(それは高さおよそ17m(55フィート))は
北Petherwin地方の個人の農地にありました。

マーティン・パターソンは、ガイア-ウィンドから、彼が水曜日の夜に
事件に対して警戒した、そして、同社が原因を調査していたと言いました。

パターソン氏は風力タービン塔が破損されたがだれも負傷無かったと言いました。

彼は、彼らのタービンには安全のために良い実績があると付け加えました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






関連記事:


ぜひ!→
BBC News
◇Wind turbines 'safe' despite collapses, says industry
風力タービンは、崩壊にもかかわらず『安全です』と業界は言う

(BBC News, 3 February 2013)
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-21304669


南西部で1週間に2台が崩壊したにもかかわらず、風力タービンは安全であると、
業界の代表は主張しました。



第1のタービンはこの前の日曜日にデボンBradworthyで
第2のタービンは水曜日にコーンウォールのローンセストンの近くで倒壊しました。


一部の地元住民は、誰かが殺されるのを恐れたと言い、質問が終わるまで、
新しいタービンのための計画は保留するべきであると述べました


業界を代表するRenewable UKは、それは「早まっている」と述べました。


『恐ろしい事故』の懸念

・・・・・・・・

「それは誰かが死んだときには遅すぎる。」

・・・・・・・

「誰も怪我をしません」

・・・・・・・・

Rノリスは言いました: 「我々は、英国でこれらの中小タービンの約6,500台を持っている。
いつ落ちるかは一つの懸念材料です。

「全体的に風力発電産業は、非常に良好な健康と安全記録を持っています。」

市民のメンバーは、どんな形であれ風力タービンで負傷しませんでした。」

「最も重要なことは、調査を実施し、私たちが学ぶことができる任意のレッスンを
できるだけ早急に学び、より広い業界に周知されることを確認することです。」



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------------------------------





The Daily Mail  <2013年1月29日 英国・デボン州・Torridge>
◇The wind turbine that couldn't cope with a gale: £250,000 tower crashes
to the ground after its blades spin out of control
強風に対処することができなかった風力タービン:
そのブレードが制御できないほど回ったあと、£250,000の塔が地面に衝突

(The Daily Mail, 29 January 2013)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2270029/
UK-weather-Heavy-floods-wreak-havoc-gale-force-winds-sends-115ft-turbine-ground.html


By Hugo Gye, Mark Duell and Luke Salkeld


それは、大荒れの状況でも丈夫に動くはずでした。 しかし、この115フィートの
風力タービンは、強風の中で上に押しつけられた後に、地面に衝突しました。


£250,000の塔は、明らかに毎時50マイルの突風に耐えるのに苦労した後「たたきつぶされ」、
黒ずんだ残骸と溶融したブレードが残されたと、目撃者が言いました。


専門家は、重い構造のブレードが、制御不能になって火災と崩壊を起こす原因になるくらい
風が非常に強かったと信じます。


それは25年の寿命を持っていることになっていた - しかし、わずか3年で終わりました。


再生可能エネルギー会社は、それがうるさいことと、景観を台無しにすると
述べた村人からの抗議にもかかわらず
、Bradworthy(デボン)で、
東Ash農場にEnduranceウィンドPower E-3120 50kWのタービンを設置しました。



議員キース·トムリンは言いました:
「我々は誰も傷つかなかったことに安堵しているが、これは、近くの農場や
道路上で労働者に重大な傷害の可能性がある昼間に起こりました。」


「大きく懸念されるのはTorridge地区協議会は、最近、公道により近くの場所に
同じ大きさと製造の第2のタービンの建設を承認したということです。」


耐久性風力発電e-3120 50kWの装置は英国で組み立てられるその種類の最初モデルでした。


・・・・・・・・


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------------------





BLOOMBERG  <2013年2月8日 英国・デボン州・Bradworthy>
◇U.K. Turbine Falls as Locals Say Should Resist Gusts
U.Kタービンが崩壊、地元住民は突風に耐えなければならないと言う

(BLOOMBERG, Feb 8, 2013)
http://www.bloomberg.com/news/2013-01-30/
u-k-wind-turbine-falls-as-locals-say-tower-should-resist-gusts.html


By Sally Bakewell


Dulas株式会社、ウェルシュ再生可能エネルギー会社は、南西イングランドの
風力タービンが、地域住民が地域には普通だと説明した突風の中で崩壊したと述べました。


Bradworthyの中のサイト(北デボン)での50キロワットのタービンが、
1月27日の午前に倒れた、とSanjay Bowry(ポーイスに基づいた会社の最高経営責任者)が
e-メールで述べました。
Dulasおよび機械のメーカー(耐久性風力発電)は、風速を含む原因を調査している、
と彼が言いました。


「タービンは孤立した場所にあるため、誰も危険にさらされませんでしたし、
我々は現在、事件の正確な原因を確立するために懸命に働いている。」と彼は言いました。


崩壊は、地上のタービンに対する反対に燃料を供給するかもしれません。
それはそれらの眺望と騒音のためにコーンウォールからスコットランドの
地域の抵抗に直面しました。

約100人の保守党の議員が、それらは断続的な動力源であり、
景観上の障害であると言って、昨年、デビッド・キャメロン首相に
陸上タービンのための補助金カットを要求する手紙を書きました。


「風の強い夜でした」と、マーガレット・コールズ(Bradworthyパリッシュ会議の議長)
は言いました。そして、その人は現場近くに住んでいます。
「しかし、風の強い天候を持つ我々には、特別なことではありません。
ここは風の強い地域なので、この地域で作られるどんな種類のものでも
それに耐えることができなければなりません」と、彼女は電話で言いました。


Wind Turbine

E-3120-モデルタービンは地上から24メートル(79フィート)の高さがあり
一部の住民からの反対の中、2010年7月に設置されました。
Dulasによれば、5年間保証をして、およそ250,000ポンド(395,000ドル)かかりました。

それは、学校と病院のようなサイトにふさわしいと、Enduranceは
そのウェブサイトで言います。 同社のコメントは得られていません。

タービンは風の一定量に耐えるように設計されていると、
マシュー・ローランド(GCube Underwriting社の引受人)は電話で言いました。
「しきい値を上回っている嵐と強風は、タービンが故障する原因になります。
それは見栄えしませんが、石炭火力発電所で起こっている何かよりも確実に良いです。」
と彼は言いました。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。







===========================================





◇舞鶴市、洋上風力発電誘致へ 京都府内初の調査
(京都新聞, 2013年03月20日)
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20130320000024


舞鶴市は新年度、日本海で洋上風力発電の導入に向けた調査に乗り出す。
舞鶴沖の風力や風向きを調べ、付近にある火力の関西電力舞鶴発電所や
高浜原発(福井県高浜町)の送電線網活用も検討、発電コストを試算する。
調査結果を発電事業者に示し誘致を働きかける方針で、洋上風力の調査は府内で初めて。

 洋上風力は地上よりも風力が安定し、騒音被害も少ない。
2010年度の経済産業省の調査で、将来的には原発8基分に当たる
最大600億キロワット時の発電が可能とされた。
福島第1原発事故後に注目が高まり、同省管轄の独立行政法人「新エネルギー・
産業技術総合開発機構」(NEDO)が今月、千葉県銚子市沖で実証実験を始めた。
ただ、設置費がかさむため、事業化されているのは北海道せたな町など3カ所で、
発電量も1億キロワット時(10年度)にとどまる。

・・・・・・・


* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






==============================================






ぜひ!→
◇Broken down and rusting, is this the future of Britain's 'wind rush'?
壊れて、そして、さびています、これが英国の『風のラッシュ』の将来ですか?

(The Daily Mail, 19 March 2012 )
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2116877/Is-future-Britains-wind-rush.html


By Tom Leonard


それはどんなガイドブックにもありませんが、はっと思わせるような光景は
驚くほど美しいハワイ島の最南端に旅行する人々を待ちます。
過去の壊れた "キープアウト"の看板のある100エーカーのサイト上で、
牛がさまよい歩き回るところに、たくさんの風車のさびた骨格が、立っています。

徒歩ですぐの場所、手つかずの砂浜には絶滅しそうなモンクアザラシおよびタイマイを
見つけることができます。
環境の保存に関してあると思われる技術は、代わりにそれを損ねています。

米国の他の地域において、動く風力タービンは毎年何十万もの鳥とコウモリを殺しています、
しかし、ここでは、野生生物は静止した鋼のブレードで羽を休めることができます。

・・・・・・・

まだ27年のKamaoaウィンドファームは、アメリカのいわゆる "風のラッシュ'、
風力エネルギーで『世界初の大規模な実験のブーム』と不名誉なバストの遺物のままです。

EUと英国政府が風力発電のための全額払込の布教者である時に、
アメリカからのレッスン-そして、この遠く離れた海岸上の気味悪い残骸 —からの教訓は、
それらの愚行の警告であるべきです。


80年代の初めには、地球を救うことを提案していた人々はほとんどいませんでした。
「風のラッシュ」は、米国に何千もの風力タービンを浴びせるために、
一獲千金的な会社が馬鹿らしく大幅な免税を開発した無制限の自由競争でした。


・・・・・・・

本当に、車輪がもう一度風力エネルギーうまい立場から離れるならば、
米国で30年前に起こったことがここ数年の間に英国で簡単に繰り返されることができると、
アメリカで増加する風力発電懐疑論者の一団は、主張します。

そうすると、何が間違っていた?
他の動力源をまわりに捜さなければならなかったとアメリカに信じさせた
70年代後半のオイルショックから、それは始まりました。
しばらく、風力は化石燃料に代わる重大なものであると考えられました。


・・・・・・・・・

一部のタービン・メーカーは倒産して、予備部品もありませんでした。

カリフォルニア・エネルギー委員会によると、助成金の崩壊は、
ほぼ20年の間、国の巨大な風力エネルギー産業を遅れさせました。

・・・・・・・・

真実は、さらにほとんどが、それが見かけより電気を生産していないかも
しれないということです。

多くはブレードがちょうどオイルがメカニズムの周りを動かし続けるために
回転し続けているモードに切り替えていますが、全く電気は生成されません



残念なことに、風のラッシュの間の風車建設の熱狂は、景観をを破滅させるだけでなく、
野生生物を損ないました。

アルタモンテ峠の5,000-タービン風力発電所が鳥のために主要な移動性の経路であると、
誰もあまり気がつきませんでした。 全国オードゥボン協会(アメリカのRSPB)は、
それを『おそらく、風力エネルギー・プロジェクトのためにこれまでに選ばれる最悪のサイト』
と呼びました。


最高80羽の保護されたイヌワシ、380のアナフクロウ、300羽のアカオノリスと
330羽のタカを含む約10,000羽の鳥は、アルタモンテの集められた列のタービンブレードで、
毎年細かく切られていました — 何千ものコウモリは言うまでもなく — 怒った環境保護論者が
4年前アメリカの『最も致命的な』風力発電所を訴えるまで。

その結果、移動シーズン中の大虐殺の原因を避けるために、毎年4ヶ月の間は
ゆっくり停止することに合意しました。
モハーベ砂漠の端にあるテハチャピ峠のさらに南に行くと、
あなたも、風力タービンの下にイヌワシの死骸を見つけることができます。

悲惨にも、これらの威厳のある創造物は、特にかれらが獲物を捜すことに専念している場合、
最大毎時200マイルの速度で回る風力タービンブレードの森林を通って
かれらが演習することを困難にします。
ミネソタとオレゴンでは、その問題は非常に重大なので、ウインド・ファームは
ライセンスを探すイーグルを申請することにより国民の非難を引き寄せました。

米国では、風エネルギーに関する大きな反語のうちの1つは、
そのために最も(地球に関心がある野生生物保護論者)元気づけることを
期待するかもしれない人々が、その最も騒々しい批評家であるということです。

あなたが統計を一瞥すれば難しいことではありません。アメリカのバードコンサーバンシーは、
風力タービンは、毎年75000から275000羽の鳥を殺すと推定しています。

保護原因が、唯一の問題ではありません。
倒れているタービンについての恐怖話があります。そして、稲妻に打たれた後に燃え出します。
そして、脈うっているディスコのような神経にこたえる低い周波数ノイズ
日光で方向感覚を喪失させるストロボ影響、ブレードから氷の致死破片が投げつけられます。


ハワイには、6つの放棄されたウインド・ファームがありますが、
うんざりした地方自治体が訴える恐れがあった後、何十年も遅れて - -
カリフォルニアの放棄されたタービンのうちのほとんどは現在は削除されています。

・・・・・・・

しかし、タービンの所有者が彼の投資から逃げたか、破産したならば、
1塔につき1,000ドルのクリーンアップ請求を払わなければならないのは
土地を所有している不幸な農民または牧場主でした。


そうすると、どれだけの風車が米国中で放棄されましたか。
それは風好きのための激しく微妙な主題です、この人は言い抜けるだろう、
それは、あなたがどのように定義するかに依存します「放棄された。」
それらのスイッチが何年も切られても、それらは例えば、今日再び働いている
いくつかのものを数えませんでした。
さらに、それらは、さびに残されたもののうちの多数が技術的にとにかく時代遅れで
ごみ捨て場のためにセットされた、と主張します。

風力発電懐疑論者は、国中でオペレーションに約38,000塔ある間、
米国中の14,000台のタービンが80年代以来放棄されたと推測します。
ポール・ガイプは、カリフォルニアの彼の状態で廃棄された数が約4,500であると主張します。
それに500は静置です。


ハワイ(それはすぐに新しい補助金が交付されたウインド・ファームを得ることである)では、
アンドリュー・ウォールデンは、メーカーが時間出力当たり機械の印象的なキロワットだと
いかなるタービンの自慢をしても、政府支援でのみ残存することができるあらゆる産業に関する
扱いにくい問題が残る
と主張します。

「歴史からの重要な教訓は、補助金が行く場合、ウインド・ファームが行くということです。」
彼は私に伝えました。「それはそれらを維持するためにあまりにコストがかかります
また、それらはちょうど放棄されます。」

アメリカ人がその考えの上でクールになっているちょうどその時に
英国政府は許可を通じて何千もの新しいタービンを要求しています。どれくらい皮肉ですか。


最新の数字は、風力エネルギーの米国の投資は38%昨年急落を示しています。
専門家たちは、電気を買うそこではなく、あまりにも多くのタービン、十分な人々がそこにあると言う。

議会の共和党は、年の末に風力エネルギーの20年を経た助成金を減らすことを望んでいます。


・・・・・・・



* 2012年3月19日の記事です。


* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は、上記サイトでご確認ください。













2013-03-21 : 風力発電 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR