騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<①、②オハイオ州:下院法案554>①オハイオ州:議員は、オハイオ州の再生可能エネルギー基準の将来についての議論を再燃させる | ②オハイオ州/画像:オハイオの議員は、効率、再生可能エネルギーのルールを弱めるために再び試みるが、ジョン・カシッチ知事の拒否権の危険を冒す / 下院法案554の概要| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 







<①オハイオ州:下院法案554>



2016年5月11日



①オハイオ州
◇Lawmakers reignite debate on future of Ohio renewable energy standards
議員は、オハイオ州の再生可能エネルギー基準の将来についての議論を再燃させる

(コロンブス・ビジネスファースト | 2016年5月11日)
http://www.bizjournals.com/columbus/news/2016/05/11/
lawmakers-reignite-debate-on-future-of-ohio.html



トム・ノックス、リポーター




オハイオ州議会の両議院は、
州の再生可能エネルギー基準を廃止
または縮小するための法案の
最初の証言を聞く予定です。




ロン・アムスタッツ議員(R-Wooster)は
今週、下院法案554を紹介しました。


これは、水曜日の午後遅くに
審議委員会が予定されていた。

この法案は、
風力発電や太陽光発電のような代替エネルギーや
再生可能エネルギーを利用して
発電量を増加させるための
電気事業者の命令を事実上廃止するものである。


これは、2.5%のシェアとして、
現在の位置で
再生可能エネルギー基準を維持するだろう。




シンシナティ共和党の
ビル・シーツ上院議員は
2週間前に上院法案320を紹介しました。


水曜日の午後、
上院エネルギー・天然資源委員会に先立って
最初の聴聞会を予定していたこの法案は、
さらに3年間基準を凍結するだろう。


サイツ氏は、
コロンバス・ビジネスファーストに語った。

まず、連邦クリーン・パワー・プランで
何が起きるのかを強調する必要がある。




2年前、ジョン・カシッチ知事は、
基準を無期限に凍結するための
最初の法案に署名した。

それ以来、立法委員会は
凍結を不確定にすることを勧告したが、
カシッチ氏は
不確定な凍結を「受け入れがたい」と言いました。





予期せぬことに、
州がどこに立っているのかを知りたいと思っている
公益事業者や
再生可能エネルギー供給者にとっては、
恩恵ではありません。

凍結に反対する環境団体は、
カシッチ知事の
キャンペーントレイルのコメントを
恩恵として見ます。




「カシッチ氏は、凍結の延長は
単に『道の下に缶をけっていて』と
明言している」と、
天然資源保護会議の弁護士、
サム・ウィリアムス氏は声明で述べた。

「法案に署名する機会のない法案について、
時間を無駄にしているのはなぜですか?」




風力エネルギーグループ
『Renewable America』は木曜日、
「消費者が基準の凍結を終わらせるための
コスト削減効果」を示す
新しいレポートを発行する予定です。




サイツ氏は、
何も新しいことが起こらなければ
2017年に再生可能な基準が再開されるため、
すぐに法案を可決したいと考えている。

法案が今通過していないが
今年の秋になると、
3ヶ月間の期間は
再び標準化が再凍結または廃止されるまで
数日または数週間の間で再開する
変わった期間につながる可能性があります。




2008年のエネルギー法案では、
電力会社が再生可能エネルギーを
使用して発電する電力の量を
年間12.5%増やすという要件が含まれていました。

少なくともその半分は太陽光から来るでしょう。




(オハイオ州公益事業委員会の
要件についての詳細を読む)。

■Ohio's renewable energy portfolio standard
オハイオの再生可能エネルギーポートフォリオ基準

(オハイオ州公益事業委員会)
http://www.puco.ohio.gov/puco/index.cfm/industry-information/
industry-topics/ohioe28099s-renewable-and-advanced-energy-portfolio-standard/
#sthash.0JXbKiEg.TgRSrvYw.dpbs






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





====================================
下院法案554の概要
====================================


■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554


====================================
上院法案320の概要
====================================


■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320





--------------------



<②オハイオ州:下院法案554>



2016年11月15日



②オハイオ州/画像
◇Ohio lawmakers try again to weaken efficiency, renewable energy rules but risk Governor John Kasich’s veto
オハイオの議員は、効率、再生可能エネルギーのルールを弱めるために再び試みるが、
ジョン・カシッチ知事の拒否権の危険を冒す

(Cleveland.com| 2016年11月15日)
http://www.cleveland.com/business/index.ssf/2016/11/ohio_lawmakers_try_again_to_we_1.html



By John Funk, The Plain Dealer



画像:

送電線や発電所へのユーティリティアップグレードは、
州のエネルギー効率基準の改正案の下で
「エネルギー効率」に含まれ、
州の目標を達成した電力会社は、
より多くの資金を「節約貯蓄」として集めることができます。

(プレーンディーラーファイル)


=======================================




オハイオ州コロンバス -



オハイオ州の電力会社に、
風力や太陽光などの再生可能エネルギーで
より多くの電力を売却するよう要求する規則や、
より効率的な照明、電化製品、機器に変換して
消費電力を削減するためのルールについて、
ジョン・カシッチ知事とGOP立法指導者の間で
対決が起こっているようです。





すべての議員が
2008年に承認する投票をした元の法律は、
州で売却された全電力の12.5%が
2025年までに風力や太陽光などの
再生可能技術から来ることを要求しました。





総会は、熾烈な立法上の戦いの後、
2014年にその任務を中止または「凍結」した。

しかし、このルールは
1月1日に自動的に復活する予定です。





カシッチ知事はその後、
その凍結を延ばす法律に拒否することを誓った。

大統領選挙戦で、カシッチは数回、
妥当な風力と太陽光発電に賛成し、
拒否権を訴えたと述べた。




ウィリアム・セイツ(Rシシンナティ)上院議員は、
本日、同法の改正版である
上院法案320号を発表したが、
これは厳密には凍結を延長しない。


代わりに、公益事業者が
彼らが遵守していることを
証明しなければならない時間を遅らせます。






知事の事務所からの反応は短く、
そして、慎重に言い表されたが、
はっきりしていました。




「州政府の経済にもたらした利益を維持しながら、
信頼性の高い低コストのエネルギー源の
多様な組み合わせを支える法案を作成するために、
総理と協力する必要性について、
知事は明確になっています」と、
カシッチ知事の広報担当者
エマリー・カルムバッハ氏は述べました。




天然資源保護会議の弁護士であり、
義務を廃止または修正しようとする
反対派のサマンサ・ウィリアムズ氏は、
書き直しは「古いジャンクと同じ」であると
述べている:

省エネルギー基準を削減し、
再生可能エネルギーと効率性を重視し、
基準を欠点や執行不可能な「目標」に変えています。




「オハイオを前進させることは何もしない
成功の見込みのないものの寄せ集めです
… 拒否すべきです。」と彼女は語った。




オハイオ環境審議会のエネルギー政策担当
マネージングディレクターである
トリッシュ・デメテル氏は、
この法律を「薄く不明瞭な凍結延長」と呼んだ。




「オハイオ州のクリーンエネルギーの
未来を真剣に取り戻すためには、
重大な問題を抱えている総会で
カシッチ知事と冷静な頭からの
強力なリーダーシップが必要です。」




サイツ氏によって改訂されたように、
S.B. 320は、
電力会社が2021年まで
再生可能エネルギーの量を増やしたり
購入したりすることを証明する必要はありません。


企業は2010年までに
効率性プログラムを通じて
顧客が消費を削減する方法を報告する予定です。





改訂された法案はまた、
より大規模な顧客が
電力会社が運営する
エネルギー効率プログラムへの参加を
逃れることを可能にする。

州最大の産業による参加は、
2014年以来の選択でした。

法案のこの最新版はまた、
大企業の顧客が脱落するのを許すでしょう。




環境団体は2013年以来、
効率改善による消費電力の最大削減が
産業顧客からのものであると主張しています。

議員が2年前に同意した産業反論は、
大規模な産業運営が自ら効率の向上を望み、
ユーティリティプログラムを
必要としないことであった。




この法案の改正は、
全体的な電力消費を削減する上での
エネルギー効率の役割を軽減することにもなります。




当初の効率は、
2025年までに必要な電力会社が、
2009年の需要と比較して
電力需要を22%削減するのに十分な
エネルギー効率の高い照明、
家電機器を導入するのを支援することを
義務づけました。


サイツ氏の法案は、
17%の需要の削減を必要とするだろう。

そしてそれはその目標を達成するために
2027年までユーティリティを提供します。




この法案はまた、
米国環境保護庁のクリーン・パワー・プラン
(Clean Power Plan)に合意するための
州の計画を立法権限で拡大しようとしている。

カシッチ政権は、米国EPAに提出する前に、
コンプライアンスプログラムの
立法的承認を求める必要があります。




ドナルド・トランプ次期大統領が
この計画を廃止することを
誓ったことを考えると、
クリーン・パワー・プランに関する言葉は
不必要に思えるかもしれない。


米国のDC巡回裁判所で検討中であり、
米国最高裁判所に上る可能性がある。

それは時間がかかることがあります。





火曜日遅く、
上院エネルギー・天然資源委員会が
新法案の審問を開始した。





オハイオ商工会議所の
エネルギー&環境政策担当ディレクター、
ザカリー・Frymier氏は、
効率性の要求には、
ビジネスに多大な費用をかける
公共料金が含まれていると語った。




「2年間の凍結を支援している
エネルギー効率化プログラムの資金提供のために、
2020年までに[費用]が年間5億ドルに
上昇する可能性を示唆する予測がある」と
同氏は証言した。





Frymier氏は、
商工会議所はこの法案の言語を支持し、
商用顧客は委任されたプログラムから身を引き、
自らの効率性計画を「制御」することができると
付け加えた。




ベレアの共和党の
マイケル・ドビージャ議員が議長を務める
下院公共事業委員会
(House Public Utilities Committee)は、
水曜日の並行法案
下院法案554の審理を予定している。





ウースーの共和党の
ロン・アムスタッツ議員は、
同法案を火曜日に書き直しであることを言いました

アムスタッツ氏は
すぐにコメントに達することができなかった。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





====================================
下院法案554の概要
====================================

■House Bill 554‐Summary
下院法案 554‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-554

====================================
上院法案320の概要
====================================

■Senate Bill 320‐Summary
上院法案 320‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-SB-320


--------------------



□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-16 : ・オハイオ州:下院法案554/上院法案320 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<騒音調査、報告書>オンタリオ州:『OMAFRAファクトシート(概況報告書)2003』‐『あなたの自宅や牧場における小型風力タービンを用いた発電』(オンタリオ州Ministry of Agriculture, Food and Rural Affairs) // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<騒音調査、報告書>



オンタリオ州
Ministry of Agriculture, Food and Rural Affairs
農業 ・食料・農村地域省



『OMAFRAファクトシート(概況報告書)2003』



オンタリオ州
◇Electricity Generation Using Small Wind Turbines at Your Home or Farm
あなたの自宅や牧場における小型風力タービンを用いた発電

(OMAFRA‐オンタリオ州 農業 ・食料・農村地域省|2003年9月)
http://www.omafra.gov.on.ca/english/engineer/facts/03-047.htm



Agdex#:
767

刊行日:
2003年9月

オーダー#:
03-047

最後にレビューされた:
2003年9月

歴史:
新しい

著者:
S. Clarke - 農村環境技術者/ OMAFRA


===========================

Table of Contents  目次

1.Introduction 
 はじめに
2.Wind Availability 
 風力の有効性
3.Picking the Best Location for a Wind Turbine 
 風力タービンの最適な場所の選定
4.Types of Wind Turbines 
 風力タービンのタイプ
5.Components of Wind Energy Systems 
 風力エネルギーシステムのコンポーネント
6.How Much Will it Cost Me to Purchase a Wind Turbine? 
 風力タービンを購入するにはどうすればいいのか?
7.Choosing an Appropriate Wind Turbine Size 
 適切な風力タービンのサイズの選択
8.Being Neighbourly 
 善隣
9.Wind Turbine Noise 
 風力タービン騒音
10.How Loud Might a Wind Turbine Be?
 風力タービンはどのくらいうるさいのか?
11.Maintenance 
 メンテナンス
12.Safety Concerns 
 安全に関する懸念
13.Information has been Condensed from the Following Sources 
 情報は以下の情報源から要約されている
14.Resources 
 リソース




1.Introduction  初めに


風力は清潔で豊富なエネルギー源です。

カナダ風力エネルギー協会(CanWEA)は、
風力エネルギーは潜在的に
カナダの電力需要の20%を供給する可能性があると
考えている。




発電に使用される風力タービンは、
さまざまなサイズのものがあります。

風力発電所と呼ばれるクラスターに
通常設置される大型風力タービンは、
大量の電気を発生させる可能性があります。

大型風力タービンは数百メガワット(MW)の
電力を生産することもあり、
何百もの家庭に電力を供給します。

一般的に100kW以下の電力を生産すると
定義されている小型風力タービン(図1参照)は、
家庭、農場および中小企業に、
バックアップ電力源として、
またはユーティリティの使用を相殺するように
設置するように設計されていて
電力を節約し、電気代を削減します。

非常に小さな風力タービン
(20〜500ワットのユニット)は、
帆船やその他のレクリエーション用途の
バッテリーを充電するために使用されます。

・・・・・・・



2.Wind Availability 
 風力の有効性





3.Picking the Best Location for a Wind Turbine 
 風力タービンの最適な場所の選定





風力タービンの建設を選択する場所は重要です。

近くの住宅、樹木やサイロが
風力タービンの風力を完全に遮断するならば、
それだけ多くの電力を発生させることはできません。



また、次の点に留意してください:



•風速は、丘の上、海岸線、樹木や
その他の構造物がない場所では常に高くなります。

•木は長年にわたって成長することを忘れないでください。
風力タービンのタワーはそうしない。

•後で紛争を避けるために近隣の人に計画を伝える。

•礼儀正しくお付き合いください。
可能な限り隣のタービンから離れたところに
タービンを保管してください。
250-300メートルの距離が典型的です。

•ゾーニングに関するその他の細則
および規則については、地方自治体に確認してください。




風速は尾根や丘の頂上で高くなる傾向があります。
そのため、風力タービンを
丘陵地に配置することをお勧めします。

タービンを高い乱気流から
遠ざけるようにしてください。

タービンを作る場所を選ぶときには、
隣人も考慮する必要があります。

あなたの風力タービンのサイトは
近隣住宅から遠いほど良いでしょう。




あなたの風力タービンが
常に同じ量の電力を生成するとは思わないでください。

単一の場所での風速は
かなり変動する可能性があり、
これは風力タービンの電力生産に
大きな影響を与える可能性があります(図3)。

風速がわずか10%で変化しても、
風力タービンの発電量は最大25%まで変化します!


================================

図3. 時間帯別風速分布の例

示された値は、風速計による測定の月平均です。

(出典:米国エネルギー省)

================================





4.Types of Wind Turbines 
 風力タービンのタイプ

5.Components of Wind Energy Systems 
 風力エネルギーシステムのコンポーネント

6.How Much Will it Cost Me to Purchase a Wind Turbine? 
 風力タービンを購入するにはどうすればいいのか?

7.Choosing an Appropriate Wind Turbine Size 
 適切な風力タービンのサイズの選択







8.Being Neighbourly 善隣




多くの人々は、風景、景色、歴史、
そして平和と近隣の静寂を保つ必要性を強く感じています。

あなたの隣人と
風力タービンを建設する計画について話し合ってください。

あなたの隣人の未知の人に対する自然な恐怖を理解し、
懸念に対応する準備をしてください。




風力タービンについて
提起された懸念のいくつかは真実ではない。

風力タービンは、
多くの人々が信じるように、鳥にとって危険です。

ガラスの引き戸は
小さな風車よりも鳥にとって危険です。

風力タービンはまた、
ラジオやテレビの受信を妨げる可能性が非常に低い。

モダンなタービンには、大きくても小さくても、
ファイバーグラスまたは木製のブレードがあります。

これらの材料は、
ラジオやテレビなどの電磁波を通過させます。






9.Wind Turbine Noise 
 風力タービン騒音





風力タービン騒音に関する
あなたの隣人の懸念は重要です。

風力タービンのサイズにかかわらず、
タービンの騒音が他の人を悩ませる
可能性は常に存在します。

風力タービンが
騒音規制に違反するほどの音を
出さないとしても、
それが生み出す騒音は他の人には
依然として不快感を与える可能性があります。

風力タービンを建設する前に、
風力タービンが作ることができる
騒音の種類に慣れてください:




•空力騒音は、タービンのブレードの上
およびそれを通過する空気の流れによって
発生することがあります。

このようなノイズは、
ロータの速度と共に増加する傾向がある。

ブレードノイズの場合、
ブレードの先端の速度を下げると
ノイズレベルが低くなります。

特に懸念されるのは、
風力タービンブレードと大気乱流との相互作用であり、
それによって
特徴的な「whooshing(シュッ)」音が発生する。




•機械的なノイズは、
風力タービンのコンポーネントによっても
生成されることがあります。

通常の摩耗や裂傷、部品設計の不備、
予防保全の欠如は、
機械的な騒音の発生に影響を及ぼす要因になります。





10.How Loud Might a Wind Turbine Be?
 風力タービンはどのくらいうるさいのか?





典型的な風力タービンは、250mの距離で、
約45dB(A)(デシベル)の音圧レベルを生成する。

図12に示すように、
この音量は家庭やオフィスで発生する
背景騒音レベルを下回ります。

ほとんどの小型風力タービンは、
実際には、住居用エアコンよりも騒音が少ない。





11.Maintenance 
 メンテナンス

12.Safety Concerns 
 安全に関する懸念

13.Information has been Condensed from the Following Sources 
 情報は以下の情報源から要約されている






14.Resources 
 リソース




再生可能な風力エネルギーに関するインターネットリソース情報

•アトランティック風力テストサイト
•カナダ風力エネルギー協会
•カナダ再生可能エネルギー協会
•カナダの再生可能エネルギーネットワーク
•ウィスコンシン州のエネルギーセンター(米国)
•ホームパワーマガジン(米国)
•国立風力技術センター
•風力エネルギーウィークリー(米国)



・・・・・・・・





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-01-16 : 騒音調査、報告書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<⑤オハイオ州:下院法案483/下院法案190>⑤ブログ、オハイオ州:風に逆らって:オハイオの議員は風力発電に関するより厳しい規則を求めている / 下院法案 483‐概要‐オハイオ州議会 / 下院法案 190‐概要‐オハイオ州議会 // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発







<⑤オハイオ州:下院法案483/下院法案190>



2016年11月14日



⑤ブログ、オハイオ州
◇Against the wind: Ohio lawmaker pushes for stricter rules on wind development
風に逆らって:オハイオの議員は風力発電に関するより厳しい規則を求めている

(ミッドウエスト・エネルギー・ニュース | 2016年11月14日)
http://midwestenergynews.com/2016/11/14/
against-the-wind-ohio-lawmaker-pushes-for-stricter-rules-on-wind-development/



Kathiann M. Kowalski



業界の専門家が
すでに州で禁止されているとしている
新しい商業的な風力発電所のセットバックや
その他の規定を実施する際に
風力タービンの不動産ラインの
セットバックを3倍にする
重要な役割を果たしたオハイオの議員は、
監査機関が厳しい規則を採用することを望みます。





ビル・サイツ州議会議員(R・シンシナティ)は、
「風力発電は、セットバック、健康、
安全の要件を満たすために、
隣人の非居住財産を借りたり盗んだりすることなく
発展させることができなければ
彼らはすべて開発してはいけません。」と
議決権のないメンバーであるサイツ氏は
10月31日に、オハイオ電源立地委員会に
提出されたコメントで主張している。






提案された規則は、
各風力タービンが隣接する不動産ラインから
4分の1マイルになることを義務付けている
オハイオ州の法案483号での
セットバック規定を実施することを目指している。

提案された規則はまた、
音やいわゆるフリッカー効果のために
不動産ラインでの測定を必要とし、
塚の鳥の監視や、
研究と技術報告を追加しました。


※ 4分の1マイル = 402,33600 メートル



反対派は、
この規則は安全性や健康に基づいているとは
言いません。




米国風力エネルギー協会の
アンドリュー・ゴーン氏(Andrew Gohn)は
次のように述べています。
「HB483は、セットバックの面では、
オハイオ州の風力エネルギーの禁止として
機能します。」





▼ゾーンアウト



この条項は、
州から新しい風力プロジェクトを
効果的に一掃し、
新しい風力プロジェクトの見通しを抹消し、
クリーン・エネルギーの進歩を傷つけると
オハイオ環境評議会のために
電源立地委員会に提出されたコメントの中で
述べています。



HB 483が発効する前に、
オハイオ州の風力発電所のタービンに
必要な不動産ラインは、
約550フィート(タービンの高さの110%)でした。


※ 550フィート = 167.64 メートル



ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は、
「所有地の境界線への
タービン高さの110パーセントは、
私たちが一般的に見ているものだ」と語った。

「これは、タービンに問題が発生した場合の
安全基準に近いものです。」




それを超えると、
HB 483年以前の法律は、
隣接する不動産の
「最も近い、居住可能な居住構造」の外壁に
1,125フィートの後退を要求しました。

※ 1125フィート = 342.9 メートル


そのような要求は、安全基準ではなく、
「既存の占有されている構造物との距離が
離れているという、
よき隣人方針の部類のようなものだ。」と
ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は言いました。






新しいセットバック条件は、
2014年の大規模な予算審査法案に
最後に追加されたものです。


サイツ氏はオハイオ上院に関する
10分未満の議論の間、
その供給を証明するただ一人の議員でした。





「オハイオ州の法案483号で
急いで制定されたように、
法律が可決されたときには公表された議論はなく、
後退距離が必要かどうかの分析はなかった」と、
レプラ氏は語った。




業界の専門家によれば、2014年の変更の結果、
ほとんどの新規かつ以前に計画された
風力発電所は儲からなくなっています。

例えば、50タービン風力発電所のための
以前に計画されたプロジェクトの1つは、
7つのタービンを有することができ、
他のものは75から3になったであろう。




ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は、
サイツ氏の安全衛生に関する電源設置委員会への
コメントで述べたように、
「懸念事項のいずれかを
バックアップする科学は実際にはない」と述べた。

「風力タービンとの近接による弊害がないことを
発見した20以上の査読済みの研究があります」と
彼は付け加えました。




サイツ氏(米国風力エネルギー協会)の厳格な基準と
安全性に関する懸念事項のリストは
「虚偽であり、データの源泉として
アンチ風力のウェブサイトに大きく依存している」と
Leppla氏は述べている。

さらに、彼が指摘している情報の多くは、
米国外の場所から来ており、
その多くは
非常に保守的なエネルギー政策を持っています。




例えば、石炭への公約が発表されたことを受けて、
ポーランドの保守的な政府は
今年初めに
タービン高さの10倍の敷地境界線を採用しました。

議員は、オハイオ州と同様に、
業界団体や環境団体からの委員会での
聴聞会や証言を許可していない、
珍しい立法手続きの新たな要件をクリアしました。





サイツ氏によって提出された資料に
記載されているいくつかの声明は、
風力エネルギーの規制に
実際には従事していない人々が
文脈から取り除かれたものであったと
ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)は付け加えた。




▼開発の停滞




「2014年まで、オハイオ州は
新しい風力エネルギープロジェクトへの投資で
何百万ドルを投資していました。

その結果、オハイオ州の大気質が改善され、
新しい雇用が創出され、
地方自治体は事業を支援するために
新たな収入が出始めた」と述べた。





これらの投資は、
オハイオ州の再生可能エネルギー基準に関する
現在の凍結につながった議論の最中に中断しました。

州のソーラー産業は幾分拡大し続けているが、
新しい州内の風力設備は、
下院法案 483の後にほとんど止まりました。




この条項は効果的に
「新しい風力開発に関する一時停止」をもたらしたと
Leppla氏は述べた。





サイツ氏は、
この声明を「役に立たない」と呼び、
「2014年のセットバック法が変わる前に
証明された約12の風力発電所がある」と指摘した。

これらのプロジェクトは、
古い法律のもとで建設される可能性があると
彼は指摘する。





ゴーン氏(米国風力エネルギー協会)によると、
この例外は大体幻想です。





「彼らがタービンのレイアウトや
プロジェクト計画に
何らかの微妙な変更を加えたとしても、
そのプロジェクトが開発段階を経ている間に
日常的に公正に行うのであれば、
彼らは新しい法令の対象外に活用する能力を
持っていない」と、説明されています。




例えば、最初の前進命令の後の
プロジェクトの設備更新は、
タービン位置のマイナーシフトを
必要とする可能性がありますが、
これは例外ではありません。

開発者は
これらの調整を行う必要があると
ゴーン氏は述べた。




面倒さにもかかわらず、
Amazonはハーディン郡で
189メガワットの風力発電所を開発するために
エヴァーパワー社と協力すると10月31日に発表した。


このサイトは、下院法案 483の通過前に
既に電源設置委員会から証明書を与えられていました。





また、法律が可決されて以来、
事前証明書のない陸上の風力発電所は承認されていません。





「オハイオ州は、
オハイオ州のクリーンエネルギー政策への攻撃や
過度に制限的なセットバックの結果、
何十億ドルもの投資を失っている」と述べた。

「これらの政策が修正されるまで、
オハイオ州では雇用が減少し、
投資は減少し、空気は汚れていきます。」





2015年に導入された法案は、
地元の郡に、
もし望むならば、以前のセットバックに戻す能力を与え、
AWEA(米国風力エネルギー協会)は
その法律を支持すると、ゴーン氏は述べた。





しかし、共和党がスポンサーとなっている
HB 190は委員会で開催されており、
サイツ氏は
この法案について否定的な発言をしている。





「風力発電所の開発者がオハイオを見ると、
明らかに敵対的な方針がわかります」と、
Leppla氏は語った。

「これはどんな事業者でも
営業したい風潮ではありません。」




ゴーン氏の見解では、
風力エネルギーコストが下がり、
天然ガスや他の燃料からの電気が受ける
価格変動の影響を受けないため、
顧客にとって、それは残念です。




その再生可能エネルギー標準に関する
州の現在の凍結がそうするように、
ゴーン氏は、HB 483と提案された規則は、
他の産業が事業を行っている場所にも
影響を与えていると述べている。




ちょうど先月、
オハイオ州で約2万5000人を雇用している
9つの企業が
州の議員にクリーンエネルギー基準を
復活させるよう求めた。

何十もの企業が
電力の100%再生可能エネルギーへの移行を
約束しています。




風力エネルギーの開発を
取り戻すことができないと、
オハイオ州は事業の継続
または拡大の場所を決定する際に、
企業の配慮から除外される可能性があるという。




「それは、州の経済発展に
実質的なカスケード的な影響を
与えることができる。」と彼は指摘した。




オハイオ環境審議会は
RE-AMPのメンバーであり、
Midwest Energy Newsを出版しています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





=============================
下院法案 483の概要
=============================

■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483


=============================
下院法案 190の概要
=============================

■House Bill 190‐Summary
下院法案 190‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-190


--------------------


===================
関連記事
===================

<①オハイオ州:下院法案483>

2014年6月16日

①オハイオ州
◇Gov. John Kasich to act on proposal critics claim could kill Ohio’s wind energy industry
批判家の主張に応じるジョン・カシチ知事がオハイオ州の風力エネルギー産業を殺す可能性がある
(cleveland.com|2014年6月16日)
http://www.cleveland.com/open/index.ssf/2014/06/gov_john_kasich_to_act_on_prop.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4389.html

ジョン・カシチ知事が月曜日に
幅広い予算審査法案に
署名する準備を進めている中、
風力エネルギーの主張者は
オハイオ州の新しい風力発電所を
効果的にブロックすると主張している。

ハウスビル483の下で、
風力タービンは少なくとも
1,300フィート程度でなければなりません
- ブレードの長さに応じて
- 敷地境界線から。

現行の法律では、
タービンは構造物から約1,300フィート、
隣接する敷地境界線から約550フィートの
ところにあることが要求されている。

※ 1300フィート = 396.24 メートル 
※ 550フィート = 167.64 メートル

この法案の立法支持者は、
所有者が近隣のタービンからの騒音、
影、またはアイス・スローによって
妨害されないことを保証すると言います。

しかし、米国風力エネルギー協会を代表する
Dayna・バイルト・ペイン氏は、
この制限により、
州に風力エネルギーを計画的に投入するには、
利益を生むために必要な規模で
タービンを建設することが不可能になるため
州内の風力エネルギーの
計画投資額25億ドルを殺すだろうと言います。


=============================
下院法案 483の概要
=============================

■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483


--------------------

<②オハイオ州:下院法案483>

2015年6月4日

②オハイオ州
◇Area counties pushing for easing of wind turbine law
風力タービン法の緩和を求めているエリアの郡
(The Blade | 2015年6月4日)
http://www.toledoblade.com/local/2015/06/04/
Area-counties-pushing-for-easing-of-wind-turbine-law.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4389.html


個別の問題はあるものの、
厳しいセットバック規則は
オハイオ州の総会で可決され、
オハイオ州の2年間の電力会社の
再生可能エネルギー義務の凍結と並行して
ジョン・カシッチ知事によって
法律に署名されました。

オハイオ州は、電力会社に
再生可能エネルギーへの投資を要求していた
規則を取り消す最初の国家となった。


=============================
下院法案 483の概要
=============================

■House Bill 483‐Summary
下院法案 483‐概要

(The Ohio Legislature オハイオ州議会)
https://www.legislature.ohio.gov/legislation/legislation-summary?id=GA131-HB-483

--------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-01-15 : ・オハイオ州:下院法案483/下院法案190 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<風車~拒否>レター、アイオワ州:風力タービンの負の影響…風力タービンのいくつかの欠点は、あなたが信じるほど効率的ではないということです |イングランド /画像:政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画…グリーンベルトとボルトン大修道院の遺跡 | フランス:歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発 










<風車~拒否>




2017年1月9日




レター、アイオワ州
◇Negative effects of wind turbines
風力タービンの負の影響

(Globe Gazette | 2017年1月9日)
http://globegazette.com/news/opinion/letters_to_the_editor/
letter-negative-effects-of-wind-turbines/
article_6c46eadf-802b-50bf-ae81-4aa38505a47a.html





私の祖先が何百年も前に定住した
州境ラインの近くに住むことは、常に私の夢でした。

そこは、いつも私がくつろいだと感じるところでした。




その土地は平和で、静かで、謙虚でパワフルです。
再生可能資源を私たちに提供する方法は
いろいろありますが、
風力発電所よりも良い方法があります。




私はあなた方に懇願します
風力会社があなたに与えた事実を超えて、
あなたが知りたいと思っているものを超えて
研究すること、
それが土地や私たちの周りの人々に
壊滅的な影響を与えるかもしれないことを認識すること
そして、タービンが地域の中に入ったら
後で被害を取り戻すにはあまりに遅いと理解するために。





風力タービンのいくつかの欠点は、
あなたが信じるほど効率的ではないということです。


それらは、低公害の電力を相殺する
かなりの二酸化炭素排出量を持っています。

風力タービンは火災に遭遇し、
強力な暴風雨にも命を脅かす可能性があります。

風力タービンは人や動物に
いくつかの健康問題を引き起こしています。






「住居や資産の周りに
産業風力タービンを無責任に配置することによって
健康に悪影響を及ぼし、過度の苦難を招いている
ブラウン郡の家族は
ウィスコンシン州から
一時的な緊急移転資金援助の支援」のため
2012年厚生委員会が正式な要請をしました。


いくつかのケースでは、
家族が家を放棄することを選んだほど悪影響が深刻でした。






オハイオ州では、
2014年に州の再生可能電力基準を
2年間延期する法案を可決したので、
風力タービンの
適切な安全対策と安全問題を再評価することができます。






証拠文書は、
人々、景観、観光、不動産価値、野生生物、
公的予算に及ぼす
工業用風力タービンの悪影響について
増大を続けています。






何世代にもわたる我々の美しい田園地方を確保してください。






アマンダ・ジローアード、ノースウッド






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------




<風車~拒否>




2016年10月31日




イングランド /画像
◇Wind turbine plan for Addingham rejected by government planning inspector
政府の計画検査官によって拒否されたAddinghamの風力タービン計画

(Craven Herald|2016年10月31日)
http://www.cravenherald.co.uk/news/
14833458.Wind_turbine_plan_for_Addingham_rejected_by_government_planning_inspector/




レズリー・テート、上級リポーター



画像:

農場の単一の風力タービン


================================



Addinghamの農場に提案された
風力タービンの反対派は、
政府計画検査官が拒絶した後、祝っている。





Chelkerハウス農場向けに計画された
2つの121ft(37m)の高性能タービンは、
昨年8月、ブラッドフォード会議によって
計画の許可を拒否されました。





この決定は、グリーンベルトへの害と
ボルトン修道院での歴史的資産の設定のために、
計画検査官への控訴を支持した。




政府検査官のフィリップ・メジャー
(Philip Major)は、
ボルトン大修道院の
全国的に重要な遺産の資産から
タービンが見えないことを示す
「不十分な証拠」があったという
『Historic England 』に同意しました。





ボルトン大修道院の遺跡で
提案された遺跡を見たメジャー氏は、

「すべてを考慮すると、
私はそれが目に見えて、
資産の文化的意義に関連した景観への侵入のために、
これが環境に有害であると思う」と述べた。




彼は、しかし、
タービンがグレード2にリストされた
コテージ2のSanfittの『全景』であると
付け加えました。




「建物の重要性は、
小さな田舎の住居としての風景との
歴史的関係にあります。

この関係は、伝統的には重要ではないが、
損なわれるだろう」





結論として、メジャー氏は、
グリーンベルトに大きな害を及ぼし、
景観に重大な害を及ぼし、
遺産資産の設定に大きな害を及ぼし、
そのすべてが制度の利益を上回ると述べた。





Low Sanfittの
Holly Flatherは次のように述べています:

「私は、これらのタービンが
田舎の家の環境に侵入しただけでなく、
多くの人々に愛されている
私たちの美しい景観に被害を及ぼすだろうという
検査官の見解に全面的に同意します。





正しい判断が下されたことを嬉しく思います。

これらの2つの風力タービンが
この場所に建てられるのは完全に不適切でした
私はコミュニティに興奮しています
Addingham、Draughton、そしてその先で

- 私たちは美しい田舎を楽しむことができます。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------



<風車~拒否>




2016年11月5日




フランス
◇歴史的な文化遺産が瀕死の危機 フランス

(日テレNEWS24時|2016年11月5日)
http://www.news24.jp/articles/2016/11/05/10345639.html




世界の話題のニュースをお伝えする
グローブナウ。

歴史的な文化遺産が瀕死(ひんし)の危機に。

 

3日付の新聞ル・フィガロによると、
フランスが誇る歴史的建造物の数々がピンチ。

ある大聖堂では、
背後に発電用の風車が建設され、
景観が台無しだと問題になっている。




また、ある教会では、
法が定める断熱材の設置を行ったところ、
風情のないのっぺらぼうな建物に。

 


関連団体などは提言をまとめ、
改善を求めている。





* 以上、引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html



2017-01-15 : 風車~拒否:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

更新日:2017年1月12日 | New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法










更新日:2017年1月12日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


New⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。





場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B

日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分



参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

NEW
--------------------------------------------
今週の注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
◇Wind Turbines: Noise and Health
風力タービン:騒音と健康

(HHTM |2016年10月4日)
http://hearinghealthmatters.org/hearingnewswatch/2016/wind-turbines-noise-and-health/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4242.html

Read the full article at the HHTM Journal:
HTTM誌で論文全文を読みます:


■Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービン騒音とヒトの健康:
風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史


http://hearinghealthmatters.org/journalresearchposters/

Jerry Punch
ジェリー・パンチ
Richard James
リチャード・ジェームス
September 23, 2016


たとえ風力タービン・ノイズによって
通常は聴力損失が起きないとしても、
我々は、特にコミュニティ騒音に
興味を持った聴覚科学者は
十分に強烈で長期的ならば、
騒音のすべての形が
公衆衛生に有害でありえるという概念を
受け入れなければならないと思っています。


聴覚科学者は、
動的に変調された超低周波不可聴音や
低周波音を含む音響エネルギーの
非聴覚の側面にも敏感でなければなりません。


それは、
風力タービンが無害だったという考えを
促進した
アメリカ風力エネルギー協会(AWEA)と
カナダ風力エネルギー協会(CanWEA)の
オリジナル・ホワイトペーパー報告の
7人の共著者のうちの2人が
聴覚科学者であった点は注目に値します。


我々は、風力産業の業界団体による
お手盛りの委員会によって書かれ
査読されなかったそのペーパーの
基本的な結びが
風力産業を不当に支持したと思っています。


これらの主要な風力発電業界団体が、
風力タービンのノイズの問題に
信頼できる発言権を持つと
聴覚の専門職を認めていることは
特に注目すべきです。


=========================

要約:

多くの専門家レビュー委員会と
何人かの個々の著者は
米国で、そして、国際的に
産業用風力タービン(IWTs)によって
放射されるノイズからの
健康への悪影響(AHEs)についての懸念を
支持することに対して
文献はほとんどないという立場をとっています。

このレビューにおいて
我々は
一般的に因果関係が存在しないという
見解を支持するために作られている
特定の主張に影響を及ぼす文献を体系的に調べます。


それらの主張の信憑性の調査は
複数の話題が対象にされることを必要とします、
そして、以下の特定の話題は
このレビューのために目標とされました:


(1) IWTs(産業用風力タービン)による
  超低周波不可聴音や低周波騒音 (ILFN) の放射
(2)ヒトによるILFNの知覚
(3) そのようなリンクのための
  生理的な拠点としてだけでなく
IWTsとAHEs(健康への悪影響)の
  因果関係を確率するための証拠の基礎
(4) 推薦された後退距離と許される騒音レベル
(5)アノイアンス(不快感)と健康との関係
(6) 報告された健康問題の代替原因
(7) 超低周波不可聴音を測定する推薦された方法
(8) IWTsのためにAHEs(健康への悪影響)の
  医療診断を確立するための基盤
(9) 原因を特定することに役立つ研究デザイン
(10) 報告された有害作用の説明としての
  精神的な予想の役割
(11) IWTs(産業用風力タービン)に曝露される
  個人のAHEs(健康への悪影響)の罹患率
そして
(12) IWT(産業用風力タービン)騒音と
  AHEs(健康への悪影響)の関連に対処している
文献の範囲と質。

レビューされた証拠は
IWTs(産業用風力タービン)からの音響放射が
住民のかなりの層の
AHEs(健康への悪影響)の主な原因であるという
概念を圧倒的に裏づけます。


=========================

聴覚・ニュース・ウォッチ
ブライアン・テイラー, Editor

ジェリー・パンチ博士と
リチャード・ジェームス、INCE、BMEによる


私たちは、以前
下方に設けられたリンクで、
2014年の秋にHTTMのウェブサイトに
風力タービンノイズの健康上の影響の
トピックに関する記事の3回シリーズを
執筆しました:


•Adverse Health Effects from Industrial Wind Turbines
産業用風力タービンからの有害健康影響

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/
2014/wind-turbine-health-problems-noise/



•The Negative Health Impact of Noise from Industrial Wind Turbines: The Evidence
産業用風力タービンノイズの健康への悪影響:確たる証拠

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
wind-turbine-noise-evidence-health-problems/



•Adverse Health Effects of Industrial Wind Turbine Noise:
How the Ear and Brain Process Infrasound
産業用風力タービンノイズの有害健康影響:
耳と脳は、どのように超低周波不可聴音を処理しますか

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
infrasound-wind-turbine-hearing-health-effects/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<1~3 論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
騒音、規則
◇1/3 ~3/3  On Wind Turbine Noise and Air Pressure Pulses
1/3~3/3   風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して

(The Energy Collective|2012年5月7日)
http://www.theenergycollective.com/willem-post/84293/wind-turbine-noise-and-air-pressure-pulses

■おとしん機械翻訳
1/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4182.html
2/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4183.html
3/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4184.html

================
一部抜粋:
================

例えば、21台の風力タービンは、
いろいろな音を発します:

– ナセルの機械騒音

– 最高200mphで空気を切るように進む
 ブレードの後縁騒音(「ブレード・シュッ」)

– 流入乱気流のためのブレードからの
 不規則な、低周波騒音(LFN)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)

– ブレード・タワー通過周波数での
 LFN(低周波騒音)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)とその倍音。


米国政府1987風力タービンの騒音調査:

米国政府は1987年以来、
風力タービンからの超低周波音や
低周波ノイズの健康への悪影響については
知られていました。

それは、研究を依頼するのに十分なほど
心配していました。

以下の研究は、
米国エネルギー省に資金を提供された
契約番号DE-AC02-83CH10093
研究プロジェクトでした。


コロラド州 ゴールデンの
ソーラーエネルギー研究所
N.D.ケリー博士は
以下のタイトルが付いた研究を行いました:

『風車の低周波騒音の放射から
コミュニティのアノイアンス(不快感)
可能性を評価するための提案された評価基準』


注:

「コミュニティのアノイアンス(不快感)」
現在風力タービン症候群と呼ばれています;


「低周波」は、超低周波不可聴音を含みます;

「放射」は、騒音と振動を含みます。 


http://www.windturbinesyndrome.com/wp-content/uploads/2013/07/
1987-Proposed-Metric-Assessing-Potential-Annoyance-NREL-Kelley-searchable-copy.pdf


http://stopthesethings.com/2014/11/03/abandoned-homes-help-understand-wind-turbine-annoyance/



--------------------------------------------------------------------
【おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法】
--------------------------------------------------------------------


◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp


会則・規則をご一読いただき、会の主旨にご賛同される方は
おとしんアップキープまでご連絡ください。

住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


おとしんアップキープ 若林 まで




2017-01-15 : おとしんアップキープ:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR