騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>ぜひ⇒風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来…騒音問題は続く ファーストウインド社はマーズヒルが操業して5年後、最近、同社に対して訴訟を起こした12人以上の住宅所有者と和解契約を結んだだけです(マイケル・ゴスラン氏だけが和解していない) |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<1人を除き和解⇒19-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>



2012年3月30日




ぜひ!⇒
19-メイン州
◇Blowing in the wind: Maine’s energy past and future
風に吹かれて:メイン州のエネルギーの過去と将来

(バンゴア・デイリー・ニューズ|2012年3月30日)
http://bangordailynews.com/2012/03/30/energy/blowing-in-the-wind-maines-energy-past-and-future/



By Kevin Miller, BDN Staff



画像:

メイン州のウィンドプロジェクトをより大きな地図で見る。

キー:

グリーン:完了したプロジェクト、
黄色:許可されていますが、まだ作成されていない
グレー:現在審査中/許可プロセス中、
青:開発中、
赤:撤回/要求された撤退


==============================




2007年3月27日、電力網に電力を売って
メイン州のエネルギー史上、
静かに歴史的な瞬間を祝ったとき、
マーズヒルの頂上にある
高さ約400フィートのタービンは
数ヶ月間回転していました。




マーズヒルプロジェクトは、
数十年間議論されてきた
再生可能エネルギー産業への正式な扉が
メイン州で正式に開きましたが、
その日よりも前に
話す以上のことはありませんでした。




5年後、メイン州は
ニューイングランドで最大の風力エネルギー源です。

メイン州の山頂、稜線、沿岸の島々で
旋回する205台の商業風力タービンは、
6百万以上の60ワット電球を点灯するのに
十分な電気を生産すると評価されています。




しかし、メイン州の
風力エネルギーへの急激な動きは
ほとんどの急成長のように、
痛みを伴いました。




訴訟、規制上の挑戦、財政問題は、
多くのプロジェクトを遅らせたり、
騒がせたりしています。

メイン州の町の有権者は、
住宅の近くで商業風力発電を禁止している。






風力発電の劇的な国家拡大を促した連邦補助金は、
ワシントンD.C.の変化する政治環境の中で
失効する危険性がある。

そしてオーガスタで、LePage政権は
議員たちが、
彼らの決定的に風に優しい先人たちによって
書かれた重要な政策を再訪することを望んでいる
– 2015年までに
風力発電から
2,000メガワットを発生させるという
州の楽観的だが象徴的な目標を
打ち切ることから始める。

メイン州に既に設置されているタービンは、
最大容量で運転すると
約400メガワットを生産することができます。




「5年間を振り返ってみると、
私たちは皆、[目標]は積極的だと
知っていたと思うが、
達成可能かどうかはわからなかった」と
LePage管理省エネルギー安全局事務局長の
ケンフレッチャー氏は語った。

「私たちは今では5年間の経験を持っているので、
議会がどこにいるのか、どこに行くのか、
先を見据える時間だと思っています。





▼10億ドルの産業





過去50年間の急速な発展にもかかわらず、
米国エネルギー情報局
(US Energy Information Administration)の
報告によると、
2012年1月にメイン州で発電された総発電量の
わずか6.6%に相当する。

これに対し、水力発電は、
メイン州の総発電量の25%を占めていた。




全国的では、2012年1月に
全国の風力発電量が
全国の風力発電量の1%未満を占めました。

メイン州における風力発電量は、
2011年1月から2012年1月までに
約59%増加しました。




しかし、メイングループの風力発電部門は、
10年も経たずに10億ドル以上の資金を投入し、
何千もの雇用を創出した業種に成長したと
業界団体が発表しました。

産業界の代表者は、
メイン州はニューイングランドの
人気のある風力エネルギー源として
残るだけでなく、
潜在的に海上風力発電の分野で
国際的リーダーになることができると
主張しています。






Maine Renewable Energy Associationの
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は、
次のように述べています。

「これは、これらの企業がメイン州で
かなり率直に、
メインの人々に行っている莫大な投資です。」

「多くの雇用機会がない州の農村部では、
多くの雇用が起こっていることを
認識することが重要です。」





地方と経済的に挑戦しているのは、
メイン州とカナダの国境にある
プレスクアイルの約15マイル南に位置する
アルーストック郡の町マーズヒルです。


ファーストウィンド社によって運営される
28台のタービン
- ニューイングランド最大の風力発電会社
地平線を支配する
1,700フィートの高さの山の上に座る
そして、、
冬には地元の人々に人気のスキー場です。




マーズヒル・プロジェクトは、
将来の風力発電所のための道を
開いた可能性があります
それはまた、
メイン州で業界を引きつける遺産を残しました。





▼騒音問題は持続します




プロジェクトはマーズヒルの関係者や
多くの町の住民からの強い支持を得ていますが、
28台タワーのプロジェクトの近隣の人たちは、
タービンの回転が始まるとすぐに
タービンについて懸念を表明しました。




ファースト・ウィンド社を訴えた住民は、
特に夜間で
大気状態が音を運ぶのに適していた場合、
約200フィートの長さのブレードが
空気を通ってスライスされる際に発生する
潜在的な騒音を軽視しました。

影響を受けた隣人は、
睡眠不足、頭痛、家庭の財政的
および審美的価値の低下について
苦情を申し立てました。





マーズヒルの騒音問題は、
風力発電に関する
ほとんどすべての規制手続きの後に
浮上しています。


そして、ファーストウインド社は、
マーズヒルが操業して5年後、
最近、同社に対して訴訟を起こした
12人以上の住宅所有者と
和解契約を結んだだけです。





これらの和解には、
ファーストウインド社からの
クレームに対する支払いが含まれていたと
報じられている。


原告を代表するカリブーの弁護士の
ピーター・ケリー氏は、
両当事者が秘密保持契約に拘束されているため、
和解について話し合うことを拒否しました。







▼『家にあまりに近い』





マイケル・ゴスラン氏は、
ファーストウインド社と
まだ和解していない唯一の申し立て者です。


21年前にロード島から騒音を避けるために
マーズヒルに引っ越した
障害をもったベトナム退役軍人で、
ゴスラン氏は
彼の家が約2マイル離れた場所にあるにも関わらず、
敏感な聴覚に影響を与え、睡眠を妨げると主張する。

※ 2マイル = 3.218688 キロメートル




「私は代替エネルギーに賛成です、
しかし、マーズヒルでタービンを設置したとき、
彼らは大きな間違いを犯した」と
ガレージに防音ベッドルームを建設している
ゴスラン氏は語った。

「それは、住宅にあまりにも近すぎる」




ファーストウインド社の関係者は、
マーズヒルの町には、
プロジェクトから20年間、
年間50万ドルの納税額が支払われ、
年間9人の常勤労働者と追加の臨時従業員を
雇用していることを指摘しています。


しかし、彼らはまた、メイン州の最初の
風力エネルギープロジェクトとして、
マーズヒルはすべての人の
学習経験であったことを認めています。







「ファーストウインド社が
今よりもうまくやっていることの一つは、
街に行って
プロジェクトを提案しようとしているとき、
マーズヒルを見に行くように
依頼することだと思う」と
マーズヒルの施設から
ミシシッピ川の東にある
同社の運営を管理している
ブルース・チャップマン氏は言いました。

「誰も驚かされることはない」




マーズヒルの論争は間違いなく
メイン州の風力発電に関する議論に
影響を与えてきたが、
新しい風力発電所のその後の
許可申請の成否に大きな影響はなかった。





わずか3つの主要プロジェクトだけが
- レディントン/ワイマン郡区、
ハイランドプランテーション、
キャロルプランテーション/ コシュート郡区は
規制当局によって却下されたか、
あるいは、2007年3月以降に
却下される可能性も否定できない。

また、後者の2つを
修正して再提出することもできます。






比較すると、
州または地方の当局者は2007年以来、
27の追加タービンと
627メガワットの電力に相当する
13の別々の商業風力発電プロジェクトを承認した。

現行の政権が
民主党のジョン・バルダッチ
(John Baldacci)よりも
風力産業を支持していないとの
認識にもかかわらず、
ポール・ルガノ共和党知事の下で承認されている。




「結局のところ、
プロジェクトが引き続き提案され、
引き続き許可され、建設され続けるため、
多くの変化はなかったと言われている」と
ペイン氏は語った。






▼規制をもう一度見る時間




過去5年間に、
マーズの規制に注目すべき変更がありました。


その中には、
風力発電などの開発を容易にするものや、
マーズヒルやその他の場所で発生した懸念に
取り組もうとしているものがあります。





開発面では、
バルダッチ氏の管理政策が最も重要であり、
許可プロセスを効率化し、
メイン州の多くの地域で提案された
プロジェクトの景観への影響の重要性を軽減しました。


ルパージュ陣営は、今週、風光明媚な影響を含む、
いわゆる「迅速な許可」プロセスの側面を
再検討したいと述べた。





「それは我々がそれを変えるつもりではない」と、
州のエネルギー事務所のフレッチャーは言った。

「しかし、5年の経験を経て、
それをもう一度見直す時が来た」






議会はまた、近くの住宅から測定した
最大の夜間騒音レベルを
45デシベルから42デシベルに下げるために
環境保護委員会の決定を支持しました。


この変更は、
2つの小さな風力エネルギー施設の隣人
- フリーダムとバイナルヘブンで
- 騒音障害についても苦情を言いました。




いくつかのものよりも
攻撃的ではありませんでしたが、
3デシベルの削減は、
メイン州の商業風力発電の
小さいけれどもますます声高で
組織的な反対派にとっては
小さな勝利と解釈されました。





バーナードの弁護士、
リン・ウィリアムズ氏は、
規制当局の聴聞会や裁判所で
風力発電プロジェクトの反対派を
代表していると語った。


「プロジェクトで問題を提起した人々は、
当初よりも真剣に耳を傾けられているようです」





商業風力発電プロジェクトの反対派は、
騒音に加え、
メガワット級のものより
はるかに少ない電力を生産すると主張しており、
化石燃料発電所を
オンラインでバックアップする必要があると
主張しています。


彼らはまた、助成金が多額であり、
風景を変え、鳥やコウモリに致命的であり、
道路やタービンパッドのために
丘陵地帯を浄化する必要があります。





ウィリアムズ氏はその後、
この警告を付け加えました。

「私たちの意見は
必ずしも我々が勝つことを意味するものではない」






▼不確実な未来




それで、メイン州の風力発電業界は
どこに向かうのだろうか?

400フィートの高さのタービンが
2017年にメイン州の農村地帯に点在するでしょうか?




2つのプロジェクト
- オックスフォード郡のカントンの8タービン提案と
ペノブスコット郡の
  グランドフォールド郡区の14タービン提案
- 州規制当局に係属中です。

ディクスフィールド、農村部のワシントン郡、
ビンガム、アルーストック郡の
ブリッジウォーターから西に4つ以上の地域が開発中です。




これらのプロジェクトのうち、
どれが現実になるかは、
いくつかの要因に左右されます:


連邦議会が風力に関する連邦税優遇措置、
メイン州の政治情勢、
再生可能エネルギーへの再認可、
そして主に電力コストを決定する
化石燃料の価格を再認可するかどうか。






連邦の最優先事項では、
風力発電がより安価な化石燃料由来の発電に
匹敵するのを助ける、
いわゆる「生産税額控除」で
行動が停滞しているように見える。

そして、11月の選挙後まで、
ワシントンはこの問題に挑戦するかもしれないとの
観測を示している。






ファーストウインド社の
北東部開発担当バイスプレジデント、
マット・キーズ氏は、
「これがなくなると開発のペースが変わるだろう」と述べた。





ルパージュ陣営は、電力の供給源にかかわらず、
最高のエネルギー優先度が
コストを削減していることを明確にしました。

このキャンペーンの一環として、
ルパージュ氏とフレッチャー氏は、
電力会社が再生可能エネルギーから得られる
電力の量を増やすという要件を緩めるよう、
議会議員に要請しています。

これは、
風力産業の重要なインセンティブと捉えられています。




また、州の公益事業規制当局は、
風力発電会社との長期契約を締結すべきではない
- ファーストウィンド社の
ロリンズ・マウンテン設備で起こったように
- これらの契約が電力コストの引き下げを促進しない限り。





ニュー・イングランドの他の州は、
再生可能エネルギーの目標を達成するために
風力発電会社との長期契約を結ぶことができると
フレッチャー氏は述べている。





「しかし、この政権は、
業界を支えるためだけに支払う必要があるよりも、
納税者に支払うべき金額を支払うよう求めている」と
フレッチャー氏は述べた。





しかし、フレッチャー氏は、
これが風力発電を求める政府として
解釈されるべきではない、と付け加えた。


オフショアの風力エネルギーは、
商業的現実から10年以上もかかる可能性はあるものの、
再生可能エネルギーの主要な潜在的供給源であり、
メインー大学の研究者は、
メイン州の重工業を世界のリーダーにする
「画期的な技術」を生み出すことができます。




一方、風力発電の批評家は、
騒音規制に対する控えめな勝利、
連邦税額控除に対する不確実性、
およびルパージュ政権の
業界とのあまりやりがいのない関係の組み合わせが、
大規模プロジェクトからの転換を告げることを望んでいる。





ウィリアムズ氏は、
「風力発電所を増やすつもりはないと思う。」と
述べました。

「風力発電所が増えているかもしれないが、
州の周りにいる人々は、
ニューイングランドの送電網に供給するのではなく、
地元の町や郡が権力を得ている
地域プロジェクトを支援する傾向が強い。」







驚くことではないが、
メイン再生可能エネルギー協会の
エグゼクティブディレクター、
ジェレミー・ペイン氏は、
不景気時にメイン州の唯一の
「明るいスポット」の1つである業種への
直接的な見通しについては意見を異にしている。





「メイン州では依然として
風に大きな関心がありますが、
率直に言って、
私はそれが減速するのを見ません」と
ペイン氏は言います。




メイン州の最初の商業風力発電所を
成功裏に打ち上げた5年後、
ファーストウィンド社の関係者は
連邦政府の補助金に関する議論を緊密に見守っている。

一方、同社は前進している
- おそらく少し遅いペースではあるが
- オークフィールドのアルーストック郡の町に
50タービンの風力発電所の建設計画、
ハンコック郡のイーストブルック近くに
19基のタービン施設を建設予定。




さらに、ファーストウィンド社は、
50以上のタービンを持つ可能性のある
ビンガムの風力発電施設の計画を策定しており、
過去のプロジェクトを受け入れている
アルーストックとワシントン郡での機会を
引き続き探求しています。





ノースイースト・ファーストウィンド社の
シニア・アセット・マネージャー、
ドン・セリオールト氏は次のように述べています。

「メイン州は風力発電を行う方法を学び、
マーズヒルは本当にそれを始めました」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果
(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

-----------------------------------

著者:
Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム

メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション


メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。
被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。
平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。


風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。
53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。
20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。


73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;
「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;
「人々は私たちを信じていない」;
「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」
「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」
2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。


20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。
20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。
全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。


100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。
「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;
「外に出たくない」;
「追い詰められていると感じる」;
「夢が破れた」;
「私たちには平和と静寂がありません」;
「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」
「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」


100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。
最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。


ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。
それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。


※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/


※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました (おとしん)

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------

<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年8月12日

13-メイン州
◇Mars Hill windmills prompt civil lawsuit
マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2009年8月12日)
http://bangordailynews.com/2009/08/12/news/mars-hill-windmills-prompt-civil-lawsuit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4475.html

--------------------------------------

<14-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年9月10日

ぜひ!⇒
14-メイン州
◇Wind turbine noise: an independent assessment of sound quality
風力タービンの騒音、独立した評価

(Rand Acoustics|2010年9月10日)
http://randacoustics.com/wind-turbine-sound/
wind-turbines-published-articles/wind-turbine-noise-an-independent-assessment/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4476.html

著者:
Stephen Ambrose and Robert Rand
スティーブン・アンブローズ;そして ロバート・ランド


クレジット:
Stephen Ambrose氏とRobert Rand氏
(2010年9月10日、
■knox.villagesoup.com
http://knox.villagesoup.com/p/

wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/352234、
■Wind-watch.org
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/

でも入手可能)に掲載されました。

-----------------------------------------

<15-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年12月23日

15-レター、メイン州
◇Too close for comfort
近すぎて安心できない
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2010年12月23日)
http://bangordailynews.com/2010/12/23/opinion/dec-24-letters-to-the-editor/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

-----------------------------------------

<16-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月8日

16-メイン州
◇Environmental board debates wind noise
環境委員会は、風力騒音を討議します
( WCSH-TV |2011年8月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/09/
environmental-board-debates-wind-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

委員会は今日、
部門スタッフが推奨していたものに近い規則を
承認することに賛成しました。

最も議論の余地があります:
風力発電所の
許容可能な夜間騒音レベルを
42デシベルに低減すること。


部門の裁量により、
場合によっては
3デシベル以下の「安全係数」が可能です。

その提案は、今後3週間にわたり
パブリックコメントに出される予定です。

-----------------------------------------

<17-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月12日

ぜひ!⇒
17-メイン州、プレス・リリース
◇Board of Environmental Protection extends comment period on our noise rules
環境保護委員会は、騒音規則に関するコメント期間を延長する
(Friends of Maine's Mountains|2011年8月12日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/13/
board-of-environmental-protection-extends-comment-period-on-our-noise-rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4483.html

-----------------------------------------

<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年9月15日

18-メイン州、プレス・リリース
◇Friends of Maine’s Mountains applauds new rule on noise emissions
『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します
(Friends of Maine's Mountains,|2011年9月15日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/09/16/fmm-applauds-new-rule-on-noise-emissions/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4492.html

-----------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-25 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<オクラホマ州~風車と法律/③上院法案808/風力発電所の立地規制など>ぜひ⇒⑤オクラホマ州/動画:フランク・キーティング:私は風産業租税優遇措置に署名しました、そして、私は間違っていました…費用は引き続き増加し、教育の機会が失われ、今行動しなければ納税者は何十億ドルもの窮地に陥ることになります。現在行われている決定は今後14年間に州政府財政に影響を及ぼし、おそらく破壊されます。2017年7月1日までにすべての人が協力してこの補助金を終了させるよう奨励します…Frank Keating(前オクラホマ州知事) |関連記事| // New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発












<オクラホマ州~風車と法律/⑤上院法案808/風力発電所の立地規制など>



2017年2月24日




ぜひ!⇒
⑤オクラホマ州/動画
◇Frank Keating: I signed wind industry tax breaks, and I was wrong
フランク・キーティング:私は風産業租税優遇措置に署名しました、そして、私は間違っていました

(Tulsa World | 2017年2月24日)
http://www.tulsaworld.com/opinion/readersforum/
frank-keating-i-signed-wind-industry-tax-breaks-and-i/article_3d48e13b-a64e-53e6-a53a-b12c932dea80.html




By Frank Keating





2001年にオクラホマ州知事を務めたとき、
私は工業用風力エネルギーの
ゼロエミッション税額控除を作成する法律に署名しました。


税額控除は、
当時のオクラホマ州の風力産業の揺籃期に
急進的な動きをもたらすように設計されました。

すでに堅調なエネルギーと
経済開発プログラムを拡大するための
低コストの方法として私たちに販売されました。

雇用を創出し、
オクラホマのより豊かな未来を築くことになっていました。





この法律への署名は単純に間違いでした。

私が事務所にいたときの
年間200万ドル未満の州の費用を約束したものは、
2014年課税年度には1億1,200万ドルに急上昇し、
将来は数十億ドルの費用がかかると見込まれています。

風力発電所は平均約10%の常勤雇用を約束しています。






税額控除は制限されていないため、
ゼロエミッショナル税額控除は、
納税者に何百万ドルもの費用を掛けて
公的資金を提供する
他のサービスを損なう詐欺に発展しました。


2014年にクレジットは直接払い戻し可能となり、
州は風力会社が各クレジットの価値の85%を
チェックすることを意味します。

これは基本的には、納税者が資金を出している、
オクラホマ州以外の大部分の外国に拠点を置く
数十億ドル規模の企業に支払われる白地小切手です。

それは企業の配布する資料の最悪の種類です。




私はショックを受け、
納税者のお金が無駄なく費やされており、
オクラホマ州の教育制度の資金を犠牲にして、
私たちが引き続き危険にさらされていることを
知っています。


他の州との電力購入協定のため、
オクラホマ州以外の国民は、
私たちが助成する補助金のおかげで、
この割引電力の大部分を享受します。

はい、これは現実に起きています!







あなたがまだ動揺していないなら、
それが悪化するので、ちょっと待ってください。

風力発電業界は、現在の法律が2021年に
これらのクレジットを吹き飛ばすため、
すでにコントロールが導入されていると伝えます。

しかし、オクラホマは10億ドルの風力会社に対し、
各タービンが10年間発電した電力を支払っています。

今年稼動するタービンは2027年まで税額控除を受ける。

現在の法律では、
2021年1月1日より前に運転されているタービンについては、
2031年1月1日まで支払いが継続される。





風力産業は、建設のペースを
加速する計画についても教えていないので、
2014年に請求された1億1300万ドルの
4倍以上のタービンで
これらの補助金の恩恵を受けることができます。

この大幅な増加は、
最後の請求書が支払われるまでに
52億ドルまでの費用をかける可能性があります。






費用は引き続き増加し、教育の機会が失われ、
今行動しなければ
納税者は何十億ドルもの窮地に陥ることになります。

現在行われている決定は、
今後14年間に州政府財政に影響を及ぼし、
おそらく破壊されます。




あなたの前知事とオクラホマ市民として、
私たちは、計画された成長が
私たちの未来を脅かす前に、
2017年7月1日までにすべての人が協力して
この補助金を終了させるよう奨励します。


私たちは一緒に、オクラホマを守ることができます。




著者
Frank Keatingはオクラホマ州の1995〜2003年の知事であった。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





===============
関連記事
===============

<オクラホマ州~風車と法律/①上院法案808/風力発電所の立地規制など>
2015年4月1日

①オクラホマ州
◇Oklahoma bill puts siting restrictions and reporting requirements on wind farms
オクラホマ州の法案は、風力発電所の立地規制と報告要件を置きます

(The Oklahoman | 2015年4月1日)
http://newsok.com/
oklahoma-bill-puts-siting-restrictions-and-reporting-requirements-on-wind-farms/
article/5406313

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3825.html


By Paul Monies


より多くの報告要件と
オクラホマ州の風力発電所の立地制限を置く法案が
火曜日に下院委員会から渡されました。



上院法案808は、
空港、公立学校または病院から1.5海里に
建築されるどんな風力タービンでも停止します。


それはまた、風力発電所の建設を
開始する予定の場合に
6ヶ月以内に情報を
オクラホマ州コーポレーション委員会に
提出することを開発者に要求します。



「それはすべての当事者によって
交渉されています。」と
下院エネルギー・天然資源委員会で
法案を提示した
バートルズビル共和党の
議員アール・シアーズは言いました。


「私はこれらの規制案で
我々を手伝うことへの彼らの参加に関して、
風力産業にとっても満足しています。

私はそれが
誰にとってもWin-Winのだと信じています。」


法案は12-8で通過しました。

今は投票のため正式な下院に行きます。


現行法で廃止言語の周りのルールを置く
真ん中にあるコーポレーション委員会は、
廃棄のための費用の
少なくとも125パーセントの保証の証拠を
検証するためにSB808の下で要求されます。



石油・ガス開発者が操作するための要件として
標準保証債を送る必要がありますが、
委員会の公益事業部門は、
風力開発者のための保証債の収集や
分析の経験を持っていません。

・・・・・・・

▼セットバック条件

(法案を提示した)シアーズは、
法案の下で後退要件は妥当だったと評価しているが、
彼らは住宅からの最小セットバックが
含まれていなかったということに
彼は失望を表明しました。



「私はその戦いに
勝つことができませんでした。」と
シアーズは言いました。



「私は、個人的に
推し進めて行く人ではありませんでした。」



その法案は、
セットバック要件を超えるいかなる紛争も
コーポレーション委員会ではなく、
地方裁判所に行くだろうと言います。


風力産業に続くベスト・プラクティスは、
占有された家の1400フィートよりも
近くにタービンを置かないようにしようとします。


その他の譲歩は
通常、民間リース土地所有者との
風力開発者のサインで交渉されています。


※ 1400フィート = 426.72 メートル

SB 808の学校、病院と空港から
1.5海里のセットバックは、
およそ9,100フィートと等しいです。


※ 1.5海里 = 2.77800 キロメートル


大部分の学校と病院は都市と町にあるので、
セットバックが将来の風力開発に
影響を及ぼすことはありそうもありません。



1,800以上の公立学校が、州にあります。


米連邦航空局(FAA)は、空港近くに
風車の配置のための既存の規則を持っています。



オクラホマ航空委員会によると、
290以上の公共および民間空港が州にあります。


ジェフ・クラーク、
風力連合のエグゼクティブディレクターは、
彼のグループは、その導入以来、
言語を改善するために、
法案の著者によってなされた仕事に感謝すると
述べました。


「私は、SB 808
オクラホマ・コーポレーション委員会で開催される
問合せ審理の通知の間、
持ち出される問題の合理的な解決を代表すると
思っています」と、
クラークは声明で述べていました。



「風力連合のメンバーは、
風力発電産業がオクラホマ州に
大きな経済的貢献者として
継続することを可能にする政策を策定するために
オクラホマ議会で働き続けることを楽しみにします。」


▼風力エネルギーのための税制上の誘導措置

規制の外で、いくつかの法案は、
今年、5年の従価資産税額控除と
ゼロエミッション税額控除を含む
風力エネルギーのために、
税制上の誘導措置を目標としました。


シアーズは、風力産業と議員が
税額控除議案の上で交渉していて、
決議の近くにいることができたと言いました。


・・・・・・・・

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。


---------------------

<②オクラホマ州~風車と法律/上院法案808可決/風力発電所の立地規制など>


2015年4月28日

②オクラホマ州
◇Oklahoma bill limits wind turbines’ encroachment
オクラホマの法案は、風力タービンの侵略を制限します
(航空機のオーナーとパイロット協会 | 2015年4月28日)
https://www.aopa.org/news-and-media/all-news/2015/april/28/oklahoma-bill-limits-wind-turbine-encroachment

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4193.html

新しい風力エネルギータービンの
建設のために
空港から最低限1,5マイルの距離を
設定することにより、
飛行安全性を高めるべきであるという法律は
オクラホマ州知事
メアリーフォーリンによって
法案に署名し法律として成立させました。

※ 1,5マイル = 2,414016 キロメートル

フォーリン(州知事)は
4月17日に上院法案808に署名しました。

■Oklahoma Senate Bill808 (オクラホマ州上院法案808)
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=SB808&Session=1500

-----------------------

<③オクラホマ州~風車と法律/上院法案808可決/風力発電所の立地規制など>

2015年5月29日

③オピニオン、オクラホマ州
◇Robson: Good winds blowing
ロブソン:吹いている良い風

(ジャーナルレコード | 2015年5月29日)
http://journalrecord.com/2015/05/29/robson-good-winds-blowing-opinion/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4195.html


フランク・ロブソン(ゲストのコラムニスト)


私は、過剰な補助金や
不動産所有者の保護のための規制の欠如の
両方に対処する
風力発電業界の待望の改革を実現することで
オクラホマ州議会と
知事メアリーフォーリンに拍手を送ります。

今年なされる進展は
規制の枠組みを確立する上で重要です。

やるべきことはまだあります。


州のブライアンBingman上院議員(R-Sapulpa)と
議員アール・シアーズ(R-Bartlesville)による
上院法案808※注:1)は、
4月17日にフォーリン(知事)によって署名され
学校、空港、病院から風力タービンまで
1.5海里のセットバックを設立し、
自分の人生の最後にタービンを降ろす役割を果たす
財政責任から土地所有者と納税者を保護する
強力な廃止措置の制定法を提供します。

法案はまた、
建設が始まる少なくとも6ヶ月前に
土地所有者への通知を義務づけます。


新しい法律は、
家庭、地域、公共の公園や
妨げられるかもしれない自然の生息地の
他の土地を
風力タービンからの保護を考慮していません。


議会は
公共の安全性の問題の他の領域の近くに
風車の配置に関する合理的な制限に対処し、
さらに要件の必要性を検討することを
私たちは望んでいます。



フランク・ロブソンは、オクラホマ財産権協会のメンバーです。


※ 注;1)上院法案808
■Bill Information for SB 808
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=sb808&Session=1500


※ 注;2)上院法案498
■SB 498 by Mazzei and Sears
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=sb498&Session=1500


※ 注;3)上院法案502
■SB 502 by Quinn and Sears
http://www.oklegislature.gov/BillInfo.aspx?Bill=sb502&Session=1500


-----------------------

<オクラホマ州~風車と法律/④上院法案808/風力発電所の立地規制など>

2015年11月5日

ぜひ!⇒
④オクラホマ州
◇Most Oklahoma wind turbines are already outside of new siting limits, study finds
調査によると、大部分のオクラホマ風力タービンは、すでに新たな立地限界の外にあります
(The Oklahoman | 2015年11月5日)
http://newsok.com/most-oklahoma-wind-turbines-are-already-outside-of-new-siting-limits-study-finds/article/5458281

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3826.html

----------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html





2017-02-25 : 〇オクラホマ州:風車と法律/上院法案808、498、124 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>18-メイン州、プレス・リリース:『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します…実際には、これらのマシンが人に近すぎて建てられるたびに問題が発生しています。風力産業には、人々の家を侵害し過度の騒音で生活や生活の質を損なう権利はありません…クリス・オニール代表 |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発











<18-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>



2011年9月15日




18-メイン州、プレス・リリース
◇Friends of Maine’s Mountains applauds new rule on noise emissions
『メイン州の山々の友人たち』は、騒音の放射に関する新しいルールを賞賛します

(Friends of Maine's Mountains,|2011年9月15日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/09/16/fmm-applauds-new-rule-on-noise-emissions/





今日、メイン州環境保護委員会
(Board of Environmental Protection)(BEP)は、
大規模な産業風力発電プロジェクトの
唯一の騒音放射に特化した
州の騒音規制の改正を採択しました。





BEP(メイン州環境保護委員会)の判決は、
フリーダム(Freedom)、
マーズヒル(Mars Hill)、
バイナルヘブン(Vinalhaven)の住民が
近隣の風力発電所からの低周波騒音放射が
睡眠障害、高血圧症
および他の病気を引き起こしていることを
発見した後にもたらされた
市民の申し立てに応えています。




「実際には、これらのマシンが
人に近すぎて建てられるたびに、
問題が発生しています。

風力産業には、人々の家を侵害し、
過度の騒音で
生活や生活の質を損なう権利はありません」と、
メイン州の友人、クリス・オニール代表は語った。





「委員会が真の保護を求める要求を
払拭している間、
我々は政治を無視しようとしている間に、
BEP(メイン州環境保護局)のような
熟議している規則制定機関が
すべての事実と科学を評価するのに
時間がかかったことを喜んでいる」と
オニール氏は付け加えた。
そのして、何百時間もの専門家の証言、
証拠の準備、異種審問、
審議を経ている点を指摘しました。





2008年、メイン州議会は、
風力がメイン州で拡大するように、
環境保護と
経済的保護を排除した法律を制定しました。


オニール氏は、
「政治とイデオロギーによって
引き起こされた問題を解決するために
科学と常識を利用している」と語った。

「ありがたいことに、
メイン州は、陸上風力発電に
大きな影響と小さな利益があることを
認識し始めています。」





規則は「主要な実体法」とみなされるため、
立法上のチェックの対象となります。

政治を規則作りのプロセスに
戻すことができると、オニールは嘆いた:
「数十人の風力のロビイストを
乗り越えることなく
州議会議事堂を歩くことはできないので、
この規則の完全性を守るよう努力しています。

人々を政治に連れて行く時です。」




Maine's Mountainsの友人は、
メイン州のユニークな環境と
生活の質を保護するための環境会員制組織です。

メイン州の山脈のための声!






クリス・オニール、代表


Friends of Maine’s Mountains


www.friendsofmainesmountains.org








* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-------------------
関連記事
-------------------

<1-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年9月7日

1-メイン州
◇Blown turn aborts windmill transport, traffic jammed for hours
失敗したターンは風車輸送を中止し、何時間も渋滞を引き起こした
(villagesoup.com|2006年9月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/09/07/
blown-turn-aborts-windmill-transport-traffic-jammed-for-hours/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4453.html

------------------------------

<2-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年10月28日

ぜひ!⇒
2-メイン州
◇Mars Hill construction under way
マーズヒルの建設は進行中です

(bangordailynews.com|2006年10月28日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/10/28/mars-hill-construction-under-way/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4454.html

------------------------------

<3-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月3日

3-メイン州
◇Eyesore or cash cow?
目障りまたはドル箱?
(pressherald.mainetoday.com|2006年12月3日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/03/eyesore-or-cash-cow/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<4-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2006年12月15日

4-メイン州
◇Turbines at Mars Hill begin spinning to life
マーズヒルのタービンは、実際に回転し始めます
(bangordailynews.com|2006年12月15日)
https://www.wind-watch.org/news/2006/12/15/turbines-at-mars-hill-begin-spinning-to-life/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4455.html

------------------------------

<5-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月26日

ぜひ!⇒
5-メイン州
◇Mars Hill residents voice concerns over wind tower noise
マーズヒルの居住者は、風力タワーの騒音に対する懸念を表します

(bangordailynews.com|2007年1月26日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/26/
mars-hill-residents-voice-concerns-over-wind-tower-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

-----------------------------------

<6-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年1月31日

6-メイン州
◇Mars Hill: Windmill owners to analyze noise level
マーズヒル:風車のオーナーは、騒音レベルを分析することになっています
(Bangor Daily News|2007年1月31日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/01/31/mars-hill-windmill-owners-to-analyze-noise-level/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4463.html

-----------------------------------

<7-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月7日

ぜひ!⇒
7-メイン州
◇Neighbors make noise about Mars Hill turbines
隣人は、マーズヒル・タービンについて騒ぐ
(waldo.villagesoup.com|2007年2月7日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/07/neighbors-make-noise-about-mars-hill-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html

-----------------------------------

<8-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年2月9日

8-メイン州
◇Mars Hill resident urges board to be wary of wind turbines
マーズヒルの居住者は風力タービンに慎重であるように委員会に要請する
(mainetoday.com|2007年2月9日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/02/09/
mars-hill-resident-urges-board-to-be-wary-of-wind-turbines/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<9-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年3月29日

9-メイン州
◇New England wind farm receives funds
ニューイングランド風力発電所は資金を受け取る
(upi.com|2007年3月29日)
https://www.wind-watch.org/news/2007/03/30/new-england-wind-farm-receives-funds/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4466.html

-----------------------------------

<10-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2007年4月30日

ぜひ!⇒
10-ブログ, カンザス州,メイン州
◇Living with industrial wind turbines
産業用風力タービンとの生活

(elliscoalition.blogspot.com|2007年4月30日)
http://elliscoalition.blogspot.jp/2007/04/living-close-to-industrial-wind.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4467.html

-----------------------------------

<11-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2008年6月5日

ぜひ!⇒
11-意見、メイン州
◇Winds of change: the future of wind power in Maine
建ち上がったら、それらは決して降りて来ません
(Waldo County Citizen|2008年6月5日)
https://www.wind-watch.org/news/2008/06/05/once-they-go-up-they-never-come-down/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4468.html

-----------------------------------

<12-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年3月20日

ぜひ!⇒
12-メイン州
◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果
(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4474.html

-----------------------------------

著者:
Michael・Nissenbaum
マイケル・ニッセンバウム

メイン医学会(2009年3月20日)へのプレゼンテーション


メイン州アルーストック郡のマーズヒルには
28台の389フィートの1.5MW GEタービンがあり、
それらの北と東に3,400フィート
(わずか1キロメートル)以内に20の家があり、
大人35人と子供16人を表しています。

Northern Maine Medical Centerの放射線医師
ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
最も近いタービンから
1,200-3,400フィート(平均2,500フィート)の
9つの家から、
15人の成人をインタビューしました。
被験者は、41歳から73歳までの7人の女性と、
47〜75歳の8人の男性から成っていた。
平均年齢はそれぞれ59歳および61歳であった。


風力タービンは2006年12月に始動して以来、
面接した者の93%が睡眠障害を経験しており、
60% 1週につき5-7回、
彼らが医師に相談した程度まで87%。
53%が頭痛を増し、
40%が新たに発症。
20%のめまい、
20%の異常な身体感覚
(2人の被験者は胸部拍動が報告され、
1人は拍動性耳圧があった)。

33%がシャドウフリッカーで困っている:
2人の被験者は悪心およびめまいを経験し、
2人は眩暈のみ、
1人は偏頭痛。

33%が体重を増やし、
1人の被験者は体重を失った。


73%がストレスの感情、
87%が怒り、
40%が不安、
27%が過敏症、
73%が絶望感、
および
53%がうつ病
(新規8例中7例および被験者1例が増加した)。

次のようなコメントで明らかなように、
怒りは極端になることがあります。

「絶対的な怒り - 誰かを殺したいと思っています」
(67歳の女性)と
「腹が立って殺してやりたいくらいだ」(65歳の男性)。


絶望も深い:

「誰も私たちを助けません」;
「オプションはありません - 引っ越しできない、
そして、ここには住むことができません」;
「人々は私たちを信じていない」;
「誰も気にしない。誰も耳を傾けません。」
「私の子供が苦しんでいるのを見ているのは耐え難い」
2人の女性と2人の男性(27%)が
インタビュー中に涙を流していました。


20%がうつ病の新しい処方を受け、
1人の既存のうつ病治療薬が増加した。
20%が新たに高血圧と診断され、
1人の被験者の血圧が悪化した。
全員が新しいものや増量された薬が提供され、
4人の被験者のうち3人が認められた。


100%が、生活の質が影響を受けていることに同意しました。
「生きることの喜びの喪失...
人生の多くの計画を保留にする 」;
「外に出たくない」;
「追い詰められていると感じる」;
「夢が破れた」;
「私たちには平和と静寂がありません」;
「私の夫はMSを進めてきましたが、
人生で唯一の楽しみは野生動物を見ることでした。
それらは去ってしまった。」
「全く寝ていない」:
「私は帰ってきて、それらを見たときに毎晩気が滅入る。」


100%は引っ越しを考えていましたが、
73%は余裕がない。
最近の査定による家の価値の喪失は、
家の90%(9人中8人)が引っ越しを不可能にしています。


ニッセンバウム(Nissenbaum)博士は、
これは予備的な報告書であり、標本サイズは小さく、
データは遡及的であると強調します。

対照群はありません
そして
統計的分析はまだ行われていない。
それにもかかわらず、傾向は驚くべきものです。


※ ダウンロード原本(PDF)は、
以下のサイトでリンクしています。


◇Mars Hill Wind Turbine Project Health Effects — Preliminary Symptoms Survey Results
マーズヒル風力タービン・プロジェクトの健康影響 — 予備的症状調査結果

(2009年3月20日)
https://www.wind-watch.org/documents/
mars-hill-wind-turbine-project-health-effects-preliminary-symptoms-survey-results/


※ National Wind Watch, Inc.様より引用しました (おとしん)

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

--------------------------------------

<13-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2009年8月12日

13-メイン州
◇Mars Hill windmills prompt civil lawsuit
マーズヒルの風車は、民事訴訟を促がす
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2009年8月12日)
http://bangordailynews.com/2009/08/12/news/mars-hill-windmills-prompt-civil-lawsuit/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4475.html

--------------------------------------

<14-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年9月10日

ぜひ!⇒
14-メイン州
◇Wind turbine noise: an independent assessment of sound quality
風力タービンの騒音、独立した評価

(Rand Acoustics|2010年9月10日)
http://randacoustics.com/wind-turbine-sound/
wind-turbines-published-articles/wind-turbine-noise-an-independent-assessment/


■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4476.html

著者:
Stephen Ambrose and Robert Rand
スティーブン・アンブローズ;そして ロバート・ランド


クレジット:
Stephen Ambrose氏とRobert Rand氏
(2010年9月10日、
■knox.villagesoup.com
http://knox.villagesoup.com/p/

wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/352234、
■Wind-watch.org
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-turbine-noise-an-independent-assessment-of-sound-quality/

でも入手可能)に掲載されました。

-----------------------------------------

<15-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所> 

2010年12月23日

15-レター、メイン州
◇Too close for comfort
近すぎて安心できない
(バンゴア・デイリー・ニューズ|2010年12月23日)
http://bangordailynews.com/2010/12/23/opinion/dec-24-letters-to-the-editor/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

-----------------------------------------

<16-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月8日

16-メイン州
◇Environmental board debates wind noise
環境委員会は、風力騒音を討議します
( WCSH-TV |2011年8月8日)
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/09/
environmental-board-debates-wind-noise/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4482.html

委員会は今日、
部門スタッフが推奨していたものに近い規則を
承認することに賛成しました。

最も議論の余地があります:
風力発電所の
許容可能な夜間騒音レベルを
42デシベルに低減すること。


部門の裁量により、
場合によっては
3デシベル以下の「安全係数」が可能です。

その提案は、今後3週間にわたり
パブリックコメントに出される予定です。

-----------------------------------------

<17-メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所>

2011年8月12日

ぜひ!⇒
17-メイン州、プレス・リリース
◇Board of Environmental Protection extends comment period on our noise rules
環境保護委員会は、騒音規則に関するコメント期間を延長する
(Friends of Maine's Mountains|2011年8月12日)
http://www.friendsofmainesmountains.org/
https://www.wind-watch.org/news/2011/08/13/
board-of-environmental-protection-extends-comment-period-on-our-noise-rules/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4483.html

-----------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-24 : 1人を除き和解⇒♯メイン州:アルーストック郡マーズヒル風力発電所 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<住民勝訴⇒9、10、11-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>9-オンタリオ州:クリアビュー風力タービンプロジェクトは、コウモリ問題に関する救済の聴聞会を認める |10-オンタリオ州:クリアビューの住民は風力タービン開発を停止する |11-オンタリオ州:タービンの戦いは、次のラウンドに行きます |関連記事|// New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<住民勝訴⇒9-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>



2016年12月15日



9-オンタリオ州
◇Clearview wind turbine project granted remedy hearing on bat issue
クリアビュー風力タービンプロジェクトは、コウモリ問題に関する救済の聴聞会を認める

(コリングウッド・コネクション | 2016年12月15日)
http://www.simcoe.com/news-story/7021711-clearview-wind-turbine-project-granted-remedy-hearing-on-bat-issue/



イアン・アダムズ



風力タービン会社は、
8-タービン・プロジェクトが
小型ホオヒゲコウモリの地域個体群に
マイナスの影響を与えないことを
証明する機会を得るでしょう。




WPD Canadaの
フェアビュー・ウィンド・プロジェクトの
再生可能エネルギー申請の訴えを聞いた
環境審査裁判所は、
同社が救済聴聞会を持つ可能性があると判断しました。





10月に、ERT(環境審査裁判所)は、
コリングウッド地方空港の
プロジェクトの近くを測定しました
そして、クリアビュー飛行場への接近が、
人の健康への危険を構成すると判断しました。


また、タービンが
コウモリに影響を与えることが判明しました。





しかし、WPDは
プロジェクトのコウモリへの潜在的な影響を
緩和する方法を提示するために、
ドアを開いたままにしました。

同社は人の健康問題に関する救済聴聞会を
求めていません。




WPDは、国道91号線周辺に
8つの500フィートタービンを建設する予定で、
2つは空港の4キロメートルの
「外のサークル」内にあると考えられている。




救済聴聞会が口頭で行われるかを議論する
電話会議の聴聞会で、
人間の健康の問題が疑問を呈されていなかったとき
控訴人ジョン・ウィギンズ側の弁護人
エリック・ギレスピー氏は、
コウモリ問題に関する
ヒアリングを続けることの「論争」を
引き続き議論しました。




「我々の見解において、
議論の余地がある問題は、
世論調査されませんでした
...それは解決されていない 」と彼は言いました。
彼のクライアントを追加することは、
救済聴聞会でなければならないかどうか
前向きな動機を提示したかったのです。

「我々の慎重な考え方では、
出発点には、スケジュールや目撃者を見る前に
解決される必要のある問題が数多くある」と語った。




ギレスピー氏とヒアリング議長の
ダーク・ヴァンデルベント氏は、
カウンセラーが
裁判所が「不公平の問題で閉鎖した」かどうか
疑問を呈したので、
この問題について簡単に述べた。




ヴァンデルベント氏は、
「我々は正式に結論を下しました」と答えた。




「それで裁判所の心は閉鎖されているのだろうか?」と
ギレスピー氏は言い返しました。




「私はその言葉を使用するつもりでありません
… 私は、それの上で
何を言うことができるかについて言いました」と、
ヴァンデルベント氏は言いました。

ギレスピー氏にそれをもたらす動議があれば、
それは当然のこととして扱われるだろうと語った。




ギレスピー氏はまた、
裁判所に、クライアントの財務能力についての
証拠が必要であると忠告しました。

「これは、クライアントが
引き続き参加することができるかどうかに
大きく影響します。」




コリングウッドとシムコー郡の
町のための弁護人、
リチャードバトラー氏は、
裁判所に聴聞会を速やかに行うよう要請した。




「私の顧客は、REAに直面して
空港でビジネスを進めることができないため、
それに直面する大きな偏見があります」と、
彼は木曜日の聴聞会で語った。

「私たちの提出にもかかわらず、
REAが設置されている間、
空港で重要な決断を下すことはできません。
裁判所は取り消すオプションがあります」




WPD Canadaは、
プロジェクトがコウモリに与える影響を
どのように緩和するかについて、
2人の証人に呼びかけようとしています





この問題は、口頭審理のために
2月下旬に延期されました。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





--------------------


<住民勝訴⇒10-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>




2017年1月1日




10-オンタリオ州
◇Clearview residents halt wind turbine development
クリアビューの住民は風力タービン開発を停止する

(Wasaga Sun | 2017年1月1日)
http://www.simcoe.com/news-story/7026958-clearview-residents-halt-wind-turbine-development/



イアン・アダムズ



ニュースメーカー2016 –



彼らはアウトサイド・シュートに入りました
誰も風力タービンの開発を止める
住民のグループに資金を投入した人はいなかった。




WPDカナダ社は、
同社が小型ホオヒゲコウモリの
地域個体群に影響を及ぼすことから
8台のタービンの
フェアビュー(Fairview)ウィンドプロジェクトを
軽くする方法を提示するために
救済聴聞会を与えられましたが
プロジェクトの反対派は
環境審査裁判所が
プロジェクトの再生可能エネルギー申請を
取り消すことを願っています。





環境と気候変動省は、
昨年3月に
フェアビュー・ウィンドのREAを承認しました。
その決定は、ジョン・ウィギンズ氏、
ケビンとゲイル・エルウッド夫妻、
そして住民グループの
『Preserve Clearview』によって
即時の異議申し立てがなされました。


それには
コリングウッド(Collingwood)、
クリアビュー(Clearview )郡区、
そしてシムコー(Simcoe)郡が参加しました。
彼らは、同プロジェクトが
コリングウッド地域空港に近接していることに
懸念を抱いていました。




10月に、ERT(環境審査裁判所)は
フェアビュー・ウィンドが
人の健康と環境の両方に害を及ぼすと判断しました。






同社はコウモリ問題に取り組むための
救済聴聞会を求めたが、
反対派の弁護人は
ERT(環境審査裁判所)に
人の健康に関するERT(環境審査裁判所)の決定を踏まえて
議論することは間違っていると語った。





救済聴聞会は2月下旬に予定されていました。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




--------------------



<住民勝訴⇒11-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>



2017年1月24日



11-オンタリオ州
◇Turbine Fight goes to next round
タービンの戦いは、次のラウンドに行きます

(ベイショア放送 | 2017年1月24日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=90563




キャサリン・トンプソン




コウモリが議題に上がる




ステイナー(Stayner)のすぐ西側の
8基の風力タービンの計画をめぐる戦いは
まだ終わっていない。




環境審査裁判所は、WPDカナダ社に対し、
2月27日、28日、3月1日に
コリングウッド会議室で予定されている
救済聴聞会を認可しました。




ケビン・エルウッド氏によると、
クリアビュー郡区(Clearview Township)、
シムコー郡(Simcoe County)、
コリングウッド(Collingwood)、
そして彼自身はこの聴聞会では発表しません
ERT(環境審査裁判所)は
すでにタービンが2つの空港に近すぎるため、
人間の健康に、
パイロットにとって害を及ぼすことになるという
自分たちの立場に立っているためです。




WPDカナダ社は
近接問題に関する救済聴聞会の権利を
放棄しているが、
タービンが自然遺産、
特に絶滅の危機に瀕している
小型ホウヒゲコウモリに
不可逆的な害を及ぼすかどうかについて
証言する準備をしています。





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





----------------------
関連記事
----------------------


<1-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年3月9日

1-オンタリオ州
◇Six appeals against Clearview wind farm
クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え

(thebarrieexaminer.com|2016年3月9日)
http://www.thebarrieexaminer.com/2016/03/09/six-appeals-surface-against-clearview-wind-farm-project

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4259.html


Staynerの東に、
8台、高さ500フィートの風力タービンを造る
WPDカナダプロジェクトを承認した
環境・気候変動省(MOECC)に対して
6つの別々の訴えが提起されています。

2月29日のクリアビュー議会会議で
クリアビュー郡区
コリングウッドの町やシムコー郡によって
提出された訴えに加えて
ケビンとゲイルエルウッド
ウィギンズグループと
Preserveクリアビュー(株)からも提出されたと、
副市長バリー・バートンは言いました。

最も近い風車は
コリングウッド地域空港の滑走路の端から
わずか3,000メートル以下なので
自治体は公共の安全性に対する懸念のために
プロジェクトに反対です。

自治体からの委託研究では、
タービン建設が経済開発プロジェクトを
危うくさせることがわかりました。

クリアビューは
プロジェクトに反対を表明するために戦い、
WPDカナダとMOECCの間の訴訟事件に
参加訴訟人の地位を受け取りました。

しかし、事件の審理が行われる前日の
2月11日に、 MOECCは、
タービンを構築する承認をWPDに与えました。


「我々は適切な聴聞を経ようとしました
その過程にお金を費やした時、
彼らは最後の最後で逃げ出し、
WPD社に屈したので、それは非常に残念だ」と
彼は言いました。


--------------------

<2-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年4月12日

2-オンタリオ州
◇Pre-hearing begins in Clearview Township turbine appeal case
予備審問は、クリアビュー郡区タービン上訴事件で始まります

(simcoe.com | 2016年4月12日)
http://www.simcoe.com/news-story/6482403-pre-hearing-begins-in-clearview-township-turbine-appeal-case/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4259.html


火曜日に、環境レビュー裁判所は、
WPDカナダ社の
フェアビューウィンド・プロジェクトを承認する
環境・気候変動省の決定に反対する
6つの関係者の訴えについての予備審問を開催しました。

--------------------

<3-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年4月19日

3-オンタリオ州
◇Online petition growing against turbines
タービンに対して増大しているオンライン請願

(ベイショア放送 | 2016年6月14日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=85359

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4260.html


1100人以上がコリングウッドの近くの
WPDカナダ社の計画に反対する請願書に署名します

ベティ・シュナイダーは、
8台のタービンのWPDカナダ社の計画の
政府による承認を上訴している人々の一人です。

彼女はまた、請願書に署名を得ることに
大きな役割を果たしてきました。

シュナイダーは
優に1000を超える署名があって
そして彼らはより多くを望んでいると
私たちに話します。

請願はchange.orgでオンラインで設定されています
そして、あなたは基金を検索し、
コリングウッド空港タービンと戦います。

ベティ・シュナイダーの隣人
チャックMagwoodとともに
何人かの他の近くの住民は
6年半にわたってこれらの計画と戦ってきました。


--------------------

<4-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年7月9日

4-オンタリオ州
◇Group wants provincial noise testing
グループは、州のノイズテストを望んでいます

(ベイショア放送 | 2016年7月9日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=86019

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4260.html

---------------------

<5-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年10月8日

5-オンタリオ州
◇Decision handed down on turbines near Collingwood Airport
コリングウッドの空港近くの風力タービンに決定が言い渡された

(ベイショア放送 | 2016年10月8日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=88025

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4261.html


コリングウッドの空港近くの
巨大な風力発電所に反対した何百人もの人々は、
彼らがプロジェクトの審判の
少なくとも部分的に勝ったというニュースで、
今朝喜んでいます。


WPDカナダ社は、空港近くに8台
高さ500フィートのタービンを
構築したいと思い、
州からのゴーサインを受けていました。

※ 500フィート = 152.4 メートル

その承認は訴えられ
環境レビュー裁判所は
夏の間開催されました
そして、
金曜日の午後遅く決定が言い渡されました。

クリアビューの議員で
上訴人の1人、ケビン・エルウッドは、
90ページの決定は
タービンによって作成された航空リスクが
人間の健康のために
タービンが害を引き起こすテストを
それらは満たしていると
彼は理解していると述べました。


--------------------------

<6-オンタリオ州:クリアビュー風力発電所に対する6つの訴え>

2016年10月8日

6-オンタリオ州
◇Clearview wind turbine approval stalled by Environmental Review Tribunal
クリアビュー風力タービンの承認は環境レビュー裁判所によって失速しました

(Wasaga Sun | 2016年10月8日)
http://www.simcoe.com/news-story/6901968-clearview-wind-turbine-approval-stalled-by-environmental-review-tribunal/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4261.html

環境レビュー裁判所は、
ヒトの健康と環境の両方に
危害を引き起こすと決定し
風力タービンのプロジェクトを失速させました。


--------------------

<7-オンタリオ州:その他の風力タービン問題>

2016年10月8日

7-オンタリオ州
◇Wind turbine appeal leaves wpd spinning
風力タービンの訴えは、WPD社のスピニングを残す

(The Enterprise Bulletin|2016年10月8日)
http://www.theenterprisebulletin.com/2016/10/08/wind-turbine-appeal-leaves-wpd-spinning

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4261.html

シムコー郡、コリングウッド町とクリアビュー郡区は、
コリングウッド地域空港に隣接して
置かれているタービンが
人間の安全に対する脅威に基づいて
wpdカナダFairviewウィンド・プロジェクトへの
環境と気候変動省(MOECC)の承認を上訴しました。

--------------------------------------

<住民勝訴⇒8-オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え>

2016年10月18日

8-オンタリオ州
◇MPP Jim Wilson praises decision to stall Clearview Township wind turbine project
ジム・ウィルソン議員は、クリアビュー郡区の風力タービン・プロジェクトを遅らせる決定を称賛します
(Wasaga Sun | 2016年10月18日)
http://www.simcoe.com/news-story/6914587-mpp-jim-wilson-praises-decision-to-stall-clearview-township-wind-turbine-project/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4263.html


戦いは勝ったかもしれません
しかし
地方議会のシムコー-グレイズの議員は
風力タービンが
クリアビュー郡区で造られないことを
確実にするために戦い続けるつもりです。

ジム・ウィルソンは、
その8-タービン、フェアビュー風力プロジェクトへの
WPDカナダ社の再生可能エネルギー申請の
承認に対しての訴えを支持した
環境レビュー裁判所の10月7日の判決に
拍手を送っています。

ERT(環境レビュー裁判所)は
タービンの位置が
特にコリングウッド地域空港と
私有のクリアビュー飛行場を使っている
パイロットにとって、
ヒトの健康に有害であると決定しました。

ERTはまた、風力タービンが
小さいホオヒゲコウモリの地域個体群に
有害であると判決を下しました。


2012年に提案された時から、
ウィルソンはオンタリオ議会で
WPD社の計画と戦ってきました
環境・気候変動省によるプロジェクトの承認が
政治的に動機づけされたものだと
何回も提案しました。

プロジェクトを批判する
ウィルソンの主なポイントは、
それがローカル空港施設に近接していることです。

「私は、彼らが私たちのところに置いたことで
非常に怒っています – 自治体
法案の料金を払わなければならなかった納税者
そして、個々の納税者やパイロット
– そもそも決して起こってはならなかったことです」と、
彼はSimcoe.comに話しました。


常識では、最初から、この申請が
オンタリオ州政府の承認を得るべきではなかったと
言います
そして、それを承認をしたのは政府です
それから、彼らは
それとは何の関係もなかったと言って手を引きました。


「ERT(環境レビュー裁判所)は、
これは受け入れられないと
ヒトの健康に深刻な危険性があったと
政府を伝えることが巡ってきたことに
ほっとしました。」

ウィルソンは、
州政府が関係する可能性
そして、ERTの決定を覆すことを
依然として懸念しています。


「内閣は最高で、
彼らは何でもすることができるので、
私は確かにそれを完全に掌握するつもりです。

我々は、まだ危険を脱していません」と、
ウィルソンは言いました。


「私達がたくさんのお金を
費やす必要があったことは残念です、
そして、それが風力タービン
あるいは、彼らの水力請求か
あるいは
電気システムの全体の混乱であるかどうかにかかわらず
ウィン政府は
人々の生活を台無しにすることを
停止する必要があると私は思います

- これはそれの一部にすぎません。」


WPD社は、コウモリや飛行場の両方への
潜在的影響を改善する方法を
ERT(環境レビュー裁判所)に
提示する機会を与えられています。


--------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。


場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B
日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-02-24 : 住民勝訴⇒○オンタリオ州:クリアビュー風発に対する健康と環境に関する訴え : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

更新日:2017年1月12日 | New⇒2017年3月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました| 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法











更新日:2017年1月12日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


New⇒
2017年3月19日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。





場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室B

日時:2017年3月19日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分



参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室B


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

NEW
--------------------------------------------
今週の注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
◇Wind Turbines: Noise and Health
風力タービン:騒音と健康

(HHTM |2016年10月4日)
http://hearinghealthmatters.org/hearingnewswatch/2016/wind-turbines-noise-and-health/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4242.html

Read the full article at the HHTM Journal:
HTTM誌で論文全文を読みます:


■Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービン騒音とヒトの健康:
風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史


http://hearinghealthmatters.org/journalresearchposters/

Jerry Punch
ジェリー・パンチ
Richard James
リチャード・ジェームス
September 23, 2016


たとえ風力タービン・ノイズによって
通常は聴力損失が起きないとしても、
我々は、特にコミュニティ騒音に
興味を持った聴覚科学者は
十分に強烈で長期的ならば、
騒音のすべての形が
公衆衛生に有害でありえるという概念を
受け入れなければならないと思っています。


聴覚科学者は、
動的に変調された超低周波不可聴音や
低周波音を含む音響エネルギーの
非聴覚の側面にも敏感でなければなりません。


それは、
風力タービンが無害だったという考えを
促進した
アメリカ風力エネルギー協会(AWEA)と
カナダ風力エネルギー協会(CanWEA)の
オリジナル・ホワイトペーパー報告の
7人の共著者のうちの2人が
聴覚科学者であった点は注目に値します。


我々は、風力産業の業界団体による
お手盛りの委員会によって書かれ
査読されなかったそのペーパーの
基本的な結びが
風力産業を不当に支持したと思っています。


これらの主要な風力発電業界団体が、
風力タービンのノイズの問題に
信頼できる発言権を持つと
聴覚の専門職を認めていることは
特に注目すべきです。


=========================

要約:

多くの専門家レビュー委員会と
何人かの個々の著者は
米国で、そして、国際的に
産業用風力タービン(IWTs)によって
放射されるノイズからの
健康への悪影響(AHEs)についての懸念を
支持することに対して
文献はほとんどないという立場をとっています。

このレビューにおいて
我々は
一般的に因果関係が存在しないという
見解を支持するために作られている
特定の主張に影響を及ぼす文献を体系的に調べます。


それらの主張の信憑性の調査は
複数の話題が対象にされることを必要とします、
そして、以下の特定の話題は
このレビューのために目標とされました:


(1) IWTs(産業用風力タービン)による
  超低周波不可聴音や低周波騒音 (ILFN) の放射
(2)ヒトによるILFNの知覚
(3) そのようなリンクのための
  生理的な拠点としてだけでなく
IWTsとAHEs(健康への悪影響)の
  因果関係を確率するための証拠の基礎
(4) 推薦された後退距離と許される騒音レベル
(5)アノイアンス(不快感)と健康との関係
(6) 報告された健康問題の代替原因
(7) 超低周波不可聴音を測定する推薦された方法
(8) IWTsのためにAHEs(健康への悪影響)の
  医療診断を確立するための基盤
(9) 原因を特定することに役立つ研究デザイン
(10) 報告された有害作用の説明としての
  精神的な予想の役割
(11) IWTs(産業用風力タービン)に曝露される
  個人のAHEs(健康への悪影響)の罹患率
そして
(12) IWT(産業用風力タービン)騒音と
  AHEs(健康への悪影響)の関連に対処している
文献の範囲と質。

レビューされた証拠は
IWTs(産業用風力タービン)からの音響放射が
住民のかなりの層の
AHEs(健康への悪影響)の主な原因であるという
概念を圧倒的に裏づけます。


=========================

聴覚・ニュース・ウォッチ
ブライアン・テイラー, Editor

ジェリー・パンチ博士と
リチャード・ジェームス、INCE、BMEによる


私たちは、以前
下方に設けられたリンクで、
2014年の秋にHTTMのウェブサイトに
風力タービンノイズの健康上の影響の
トピックに関する記事の3回シリーズを
執筆しました:


•Adverse Health Effects from Industrial Wind Turbines
産業用風力タービンからの有害健康影響

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/
2014/wind-turbine-health-problems-noise/



•The Negative Health Impact of Noise from Industrial Wind Turbines: The Evidence
産業用風力タービンノイズの健康への悪影響:確たる証拠

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
wind-turbine-noise-evidence-health-problems/



•Adverse Health Effects of Industrial Wind Turbine Noise:
How the Ear and Brain Process Infrasound
産業用風力タービンノイズの有害健康影響:
耳と脳は、どのように超低周波不可聴音を処理しますか

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
infrasound-wind-turbine-hearing-health-effects/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<1~3 論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
騒音、規則
◇1/3 ~3/3  On Wind Turbine Noise and Air Pressure Pulses
1/3~3/3   風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して

(The Energy Collective|2012年5月7日)
http://www.theenergycollective.com/willem-post/84293/wind-turbine-noise-and-air-pressure-pulses

■おとしん機械翻訳
1/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4182.html
2/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4183.html
3/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4184.html

================
一部抜粋:
================

例えば、21台の風力タービンは、
いろいろな音を発します:

– ナセルの機械騒音

– 最高200mphで空気を切るように進む
 ブレードの後縁騒音(「ブレード・シュッ」)

– 流入乱気流のためのブレードからの
 不規則な、低周波騒音(LFN)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)

– ブレード・タワー通過周波数での
 LFN(低周波騒音)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)とその倍音。


米国政府1987風力タービンの騒音調査:

米国政府は1987年以来、
風力タービンからの超低周波音や
低周波ノイズの健康への悪影響については
知られていました。

それは、研究を依頼するのに十分なほど
心配していました。

以下の研究は、
米国エネルギー省に資金を提供された
契約番号DE-AC02-83CH10093
研究プロジェクトでした。


コロラド州 ゴールデンの
ソーラーエネルギー研究所
N.D.ケリー博士は
以下のタイトルが付いた研究を行いました:

『風車の低周波騒音の放射から
コミュニティのアノイアンス(不快感)
可能性を評価するための提案された評価基準』


注:

「コミュニティのアノイアンス(不快感)」
現在風力タービン症候群と呼ばれています;


「低周波」は、超低周波不可聴音を含みます;

「放射」は、騒音と振動を含みます。 


http://www.windturbinesyndrome.com/wp-content/uploads/2013/07/
1987-Proposed-Metric-Assessing-Potential-Annoyance-NREL-Kelley-searchable-copy.pdf


http://stopthesethings.com/2014/11/03/abandoned-homes-help-understand-wind-turbine-annoyance/



--------------------------------------------------------------------
【おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法】
--------------------------------------------------------------------


◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp


会則・規則をご一読いただき、会の主旨にご賛同される方は
おとしんアップキープまでご連絡ください。

住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


おとしんアップキープ 若林 まで




2017-02-24 : おとしんアップキープ:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR