騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

<23-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>ぜひ⇒23-オンタリオ州/画像:ヒューロン風力タービンの調査は進行中です…ヒューロン郡は調査を進めている唯一の保健医療機関だが、州内の他の保健機関が見守っている…疫学者エリカ・クラーク博士  |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発








<23-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>



2016年12月7日




ぜひ!⇒
23-オンタリオ州/画像
◇Huron wind turbine study ongoing
ヒューロン風力タービンの調査は進行中です

(Bayshore Broadcasting | 2016年12月7日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=89492




保健ユニットの当局者は、
タービンの健康影響に関する
今後の研究に関する質問について、
住民と話しました。





By Vanessa Culbert





ヒューロン郡保健ユニットは
風力タービンの調査を行う予定です。





疫学者エリカ・クラーク博士は、
この研究は2017年の早い時期に始まると述べている。





クラーク博士は、単一の風力タービンの
10キロメートル以内の
ヒューロン郡のどんな家庭でも
この研究の対象となると言います。




対象となる住民は、アンケートに登録して
参加する方法の説明書をメールで受け取ります。




彼女は、これは調査の第3草案であり、
他の草案よりもはるかに短いと付け加えた。




クラーク博士は、人々が登録すると、
7つの質問が出されると言います。





彼女は、参加者は、
継続的に経験した苦情や症状を
追加することもできると付け加えます。




今、この研究の第3草案は
レビューの対象外となっています。




クラーク博士は、研究に問題がなければ、
方法論と分析計画は
ワーテルロー大学の研究と倫理審査委員会に行くと
述べています。




彼女は、各シーズンの最後に、
収集されたデータが
保健ユニットのウェブサイトに公開されると
述べている。





クラーク博士は、
人々が問題を経験する可能性の高い条件を
特定することができれば、
それを省庁や保健省、環境省に持ち帰る予定です。




クラーク博士によると、
この研究では、住民の症状が発生したときの
気象状況も調べられると述べている。





ヒューロン郡は
調査を進めている唯一の保健医療機関だが、
同博士は、
州内の他の保健機関が見守っていると述べた。






保健当局は火曜日の夜、
調査について公聴会を開きました
そして、近隣住民は
風力タービン会社が土地をリースするために
支払われている、
非公開契約に署名している住民に懸念を提起しました。




クラーク博士は、
名前が秘密にされるため、
これらの住民はまだこの調査の資格があると言います。






コテージに住む人や避寒者も調査を知るように
研究の案内の2番目のセットが5月にリリースされます。




============================================


※ ヒューロン郡保健ユニット

■Welcome to the Huron County Health Unit
ヒューロン郡保健ユニットにようこそ

(ヒューロン郡保健ユニットホーム>Reports and Statistics> Investigations>
Wind turbine investigation|2016年11月17日 )
http://www.huronhealthunit.ca/reports-and-statistics/investigations/wind-turbine-investigation/


============================================



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






-----------------------
関連記事
-----------------------


拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2015年10月9日

1-オンタリオ州/画像
◇HEAT members furious with council, resulting in the interruption of the chambers
議会に中断が生じ、HEATのメンバーは議会に激怒

(seaforth huron エクスポジター.com | 2015年10月9日)
http://www.seaforthhuronexpositor.com/2015/10/09/
heat-members-furious-with-council-resulting-in-the-interruption-of-the-chambers

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3840.html


画像:

HEATのメンバーは、
風力タービンとの戦いを続けます。

(ショーン・グレゴリー/ヒューロンエクスポ)

-----------------------

<2-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2015年10月26日

2-オンタリオ州/画像
◇HEAT ask council for support
HEATは、議会に支持を要求します

(シーフォース ヒューロン エクスポジター.com | 2015年10月26日)
http://www.seaforthhuronexpositor.com/2015/10/26/heat-ask-council-for-support

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3841.html


画像:

シーフォースの
風力タービンに対する6年間の戦いは継続します。

タービンに反対するヒューロンイースト
(HEAT)のメンバーは、
政治的な討議参加者に援助を求めるために
10月20日に議会に到着しました。

(Shaun Gregory/Huron Expositor)

--------------------

<3-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2015年11月23日

ぜひ!⇒
3-オンタリオ州/画像
◇Residents says some children are allegedly receiving nosebleeds from wind turbines
伝えられるところでは、住民は何人かの子供たちが、風力タービンから鼻血を受けていると言います

(シーフォース ヒューロン エクスポジター.com | 2015年11月23日)
http://www.seaforthhuronexpositor.com/2015/11/23/
residence-says-some-children-are-allegedly-receiving-nosebleeds-from-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3842.html


ヒューロンイーストの町役場で
シーフォースにおける地域連絡会の中で、
セント・コランバンの
いくつかのタービンで働いたエンジニアは、
コンサルタントによって行われた
大きな風車は
居住者が「決して聞くことはない」という
ほとんどの声明は嘘であることを
市民に認めました。

「個人的には、
これらのレポートが入り始めたとき、
私はゾッとしました、
私は健康問題があるということを知っていたが、
このような過酷さとは思ってもみませんでした。」と、
ミューラーは言いました。


「このプロジェクトに影響される
子供もいるという事実、
私は親として、その巨大な問題を抱えています。」


彼らはそれらに付けられた特定の名前のない
1-14の資産番号が会議で発表されました。

以下のように彼らの主な懸念や質問がありました:


資産#1

「なぜ、ベッドがなぜ震えるか、
軽く振動するのか知りたいです。

嵐の夜は特に顕著でした。

私はいつも私の寝室の窓を開けて寝ているが、
もうそうすることができません。」



資産#2

「タービンの騒音は
昨晩(10月31日)非常に大きかったが、
誰も追求しないということを知るに至りました。


我々は騒音をかき消すために
一晩中ファンをつけています。

頭が枕に触れるとすぐに、
私は騒音を聞くことができて、
振動を感じることができます。」


------------------------

<4-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月4日

ぜひ!⇒
4-PDF
オンタリオ, プレス・リリース
◇Huron County Health Unit – health concerns from IWTs
ヒューロン郡保健部門 - IWTs(産業用風力タービン)からの健康への懸念

(Area-wide Concerned Residents of Huron County|2016年3月4日)
bsra.ca/wp.../Huron-County-Health-Unit-and-IWT-report.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3844.html


▼フェーズ1

保健部門は、
風力タービンの苦情を追跡するための
調査を展開しています。

カルメン・クローグと
ターニャ・クリスティディズ(ウォータールー大学)が
調査を展開することに関与しています。

少数の影響を受けた個人(5-10)は、
2016年4月のパイロットテスト段階の間、
調査の展開について提案することになります。

調査は(FluidSurveyを使って)、
電子的に利用できるようになります
また、紙の調査も利用できます。

調査は、2016年5月に開始されるものと予想されます。

参加したい人々は、
最初に保健部門に名前を登録する必要があります。

最初のインタビューは、
エリカ・クラーク博士や
さらなる保健部門スタッフによって行われます。

------------------------

<5-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月7日

5-オンタリオ州/画像
◇Board of Health hears delegation on wind turbine health issues
保健委員会は、風力タービンの健康問題について代表団に聞きます

(Goderich Signal Star | 2016年3月7日)
http://www.goderichsignalstar.com/2016/03/07/board-of-health-hears-delegation-on-wind-turbine-health-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3845.html

別の厄介な事実は、
風力企業が、研究は
超低周波不可聴音を含むフルスペクトルではなく
可聴ノイズだけ行われるよう求めたということです。

マレーディは、
風力企業が超低周波不可聴音には
それに対する感受性を持つ人々の健康に
マイナスの影響を及ぼす可能性があることに
気づいていたことを
レポートと声明で明らかにした例を挙げました。

健康への影響は深刻です、
そして、以前の研究は、
子どもたちは家庭にいて、
そして、影響を受けているにもかかわらず、
調査に子供たちを含みませんでした。

-------------------

<6-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月7日

6-オンタリオ州
◇Huron County Health Unit investigating wind turbine health complaints
ヒューロン郡保健部門が風力タービン健康の苦情を調査

(blackburnnews.co|2016年3月7日)
https://blackburnnews.com/midwestern-ontario/midwestern-ontario-news/
2016/03/07/huron-county-health-unit-investigating-wind-turbine-health-complaints/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3846.html


ヒューロン郡保健部門は、
風力タービンから報告された健康影響調査に乗り出します。


誰も、オンタリオ州政府、
風力発電産業は超低周波不可聴音
(インフラサウンド)については何もしていません、
そして、彼らは
それが問題を引き起こすことを知っていました。」と、
ライアンは付け加えます。

超低周波不可聴音(インフラサウンド)は
たいてい聞こえるよりはむしろ感じられる音です。



--------------------

<7-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年3月9日

7-オンタリオ州
◇Epidemiologist to lead Huron County wind turbine study
ヒューロン郡の風力タービン研究をリードする疫学者
(blackburnnews.com|2016年3月9日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/
2016/03/09/epidemiologist-to-lead-huron-county-wind-turbine-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3982.html

風力タービンの近くに住むことに
関連付けられている可能性のある
健康問題への調査をすぐに開始します。

彼らが苦情を得るとき、
それが生物学的であるか
環境問題であるかどうかにかかわらず、
彼らには調査する権限があると
疫学者エリカ・クラーク博士は説明します。

--------------------

<8-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年4月22日

8-オンタリオ州
◇Grey Bruce medical officer encourages residents to join wind study
グレーブルースの医官は、居住者が風力の研究に加わるのを奨励します
(BlackburnNews | 2016年4月22日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/midwestern-ontario-news/2016/04/22/
grey-bruce-medical-officer-encourages-residents-to-join-wind-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3983.html

グレーブルース・保健ユニットは、
風力タービンの健康への影響について
オンタリオに広がる
長期研究に人々が参加するのを奨励しています。

彼らが風力タービンに
影響を受けると言う人々を研究することは、
いくつかの自治体の要請に対する反応です。


----------------------

<9-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年4月15日

9-オンタリオ州/画像
◇Huron County “parts” with MOH
ヒューロン郡は、保健医官を「手放します」
(lfpress.com|2016年4月15日)
http://www.lfpress.com/2016/04/15/
dr-janice-owen-was-appointed-a-year-ago-and-is-the-latest-in-a-string-of-departures

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3984.html

ヘッセルは、
オーエン(保健医官)の離脱は
風力発電所問題とは無関係だった、
そして、作業は
保健ユニットのスタッフによって
続けられると言いました。

---------------------

<10-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月2日

10-オンタリオ州
◇Huron wind turbine study begins
ヒューロン風力タービン研究は始まります

(ベイショア・ブロードキャスティング | 2016年5月2日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=84200

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3985.html


風力タービンの
認められた健康への悪影響に関する
ヒューロン郡保健ユニットの研究の
第一段階は、始まろうとしています。

研究を導くのは、
保健ユニットの疫学者
エリカ・クラーク博士です。

クラーク博士は
保健ユニットは、州および連邦政府と
調査情報を共有すると言います。

彼女は保健ユニットのイニシアチブが
2013年と2014年に行われた
風力タービンに関連のある
カナダ保健省の健康問題の調査に
関連していないことを強調しています。

音響指標分析はまだ検討されており、
連邦政府の研究の結果は
まだリリースされていません。


-------------------

<11-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月18日

ぜひ!⇒
11-オンタリオ州、プレス・リリース
◇Concerned citizens dismayed as wind turbine investigation comes off the rails
風力タービン調査が道を外れることに、心配している市民は落胆します

(健康を心配している市民|2016年5月18日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/19/
concerned-citizens-dismayed-as-wind-turbine-investigation-comes-off-the-rails/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3987.html

地方のオンタリオは、
決して起こらないかもしれない
ユニークな風力タービン健康調査の
見た目の停止について、今日憤激しています。

4月に、オーウェン博士は
彼女のサービスが不要になったこと、
彼女が休職に置かれたことを知らされました。

これは、彼らの家の近くで
風力タービンの音響放射に
承諾なしで曝露される
ヒューロン郡の人々に対する破壊的な打撃です。


----------------------

<12-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月20日

12-オンタリオ州
◇Turbine turmoil mounts despite delayed investigation
遅れた調査にもかかわらず、タービンの騒動は始まります
(lfpress.com|2016年5月20日)
http://www.lfpress.com/2016/05/20/turbine-turmoil-mounts-despite-delayed-investigation

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3988.html


研究を保留の状態にするという
決定にもかかわらず、
ヒューロン郡で健康の苦情と
風力発電所の調査を促進している
市民のグループは、やめていないと言います。

「それは、暗礁に乗り上げていません。
我々は、それに取り組み続けるつもりです」と、
『健康を憂慮する市民』のスポークスマン
ジーン・マレーディは金曜日に言いました。


-------------------

<13-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月26日

13-オンタリオ州
◇Wind turbine study not dead
風力タービン研究は死んでいない
(ベイショア放送 | 2016年5月26日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=84811

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4165.html


ヒューロン郡保健委員会議長
タイラーヘッセルは、
より多くの情報が必要であると言います

ヒューロン郡保健委員会の議長は、
知覚された風力タービンの
健康影響に関する研究は
必ずしも死んでいないと言います。

私たちが昨日あなたに言ったように、
『健康を懸念する市民』グループが
提案した研究は、中止になりそうでしたが
中止したということではありません。


-------------------

<14-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月27日

※ これまでの経緯と現状

ぜひ!⇒
14-オンタリオ州
◇Silenced
沈黙する

(タイムズ | 2016年5月27日)
http://wellingtontimes.ca/silenced/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4167.html

保健医療官が解任された後
産業用風力タービンの健康影響に関する
有望な調査は停止しました。

それは5週間前でした。

5月16日月曜日に、
ヘッセルと委員会は再びコースを変えました
そして、それが調査を保留の状態にしていたと
発表しました。


ヒューロンイーストの居住者
ジェリー・ライアンは
オーウェン博士の調査が、
最終的に彼のコミュニティの
産業用風力タービンに関連する
深刻な健康問題を明らかにすることを
期待していました。

しかしながら、
オーウェン博士が解任されたと
彼が知ったとき
先月、喜びは次第に薄れて失望に変わりました。

ライアンは、
彼のコミュニティの人々が答えを望むと言います。

ヒューロン郡のタービンの数は、
520以上に増大する予定です。

彼らは、産業用の風力タービンが
自分の健康へのリスクであるかどうかを
知りたいと思っています。

彼は、オーエン博士の調査が
答えをもたらすことを期待していました。

しかし、オーエン博士は去ってしまった
そして、彼女の調査はどっちつかずの状態です。

彼は、この調査が
ヒューロン郡で破棄されるならば、
他のいかなるコミュニティも
それを引き受けないと予測します。

また、ライアンによると、
それは完壁な研究です。

世界中の他のいくつかの区域は、
ヒューロン郡のような小さい地域に
それほど多くの産業風力タービンを
押し込んでおきません。

-------------------

<15-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年6月6日

15-オンタリオ州/画像
◇University may probe turbine ills
大学は、タービンの病気を徹底調査するかもしれません

(ロンドン・フリープレス | 2016年6月6日)
http://www.lfpress.com/2016/06/06/university-may-probe-turbine-ills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4168.html


ヒューロン郡は健康についての苦情や
風力発電所の調査のために
ウォータールー大学と提携の可能性を探っています。

-------------------

<16-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年8月5日

16-オンタリオ州
◇Huron County Health Unit partners for wind turbine study
風力タービンの研究ためのヒューロン郡保健ユニットのパートナー
(ブラックバーンニュース| 2016年8月5日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/08/05/huron-county-health-unit-partners-wind-turbine-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4169.html


ヒューロン郡保健ユニットは、
タービンの近くに住む人々に対する
風力タービンからのノイズの影響の研究に
『ウィンド・コンサーンズ・オンタリオ』と
ウォータールー大学と協力することに
合意しました。

-------------------


<17-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年8月8日

17-オンタリオ州
◇Wind Concerns Ontario appeals to Huron County
『ウィンド・コンサーンズ・オンタリオ』はヒューロン郡に訴える

(クリントンニュースレコード|2016年8月8日)
http://www.clintonnewsrecord.com/2016/08/08/
president-of-wind-concerns-ontario-appeals-to-huron-county

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4170.html


産業風力タービン(IWT)の
健康の調査のヒューロン郡委員会を
囲んでいる対話は、進行中です。

-------------------

<18-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年8月9日

18-オンタリオ州
◇Huron mulls partnership to investigate wind farms
ヒューロンは風力発電所を調査するために、パートナーシップを検討します

(ロンドンフリープレス | 2016年8月9日)
http://www.lfpress.com/2016/08/09/huron-mulls-partnership-to-investigate-wind-farms

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4171.html


パートナーシップを続行したくないと
ヒューロン郡が決定した場合
『ウィンド・コンサーンズ』と大学は
別の地域で研究をすることに
目を向けることができると
彼女は言いました。

「同じ様に騒音の苦情に応じることに
興味がある他の自治体が、あります。」



-------------------

<19-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年9月1日

19-オンタリオ州
◇Huron Board of Health in favour of wind turbine study
風力タービンの研究に有利なヒューロン保健委員会
(ブラックバーンニュース| 2016年9月1日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/09/01/
huron-board-health-favour-wind-turbine-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4173.html


ヒューロン郡保健委員会は、
ヒューロン郡の
風力タービンの健康への影響の研究に関して
ウォータールー大学と
『ウィンド・コンサーンズ・オンタリオ』との
提携に賛成票を投じました。


保健ユニットの関与は
日付を集めて、そのデータを分析して
限られている委員会のメンバーに
明らかにして、
それ以外の何物でもなくなりました、
それはまた、保健ユニットの関与は
どんな追加コストももたらさないことを
指摘されました。

------------------------------------

<20-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年10月4日

ぜひ!⇒
20-オンタリオ州
◇Bluewater council hears from Wind Concerns Ontario
ブルーウォーター議会は『Wind Concerns Ontario(住民グループ)』から話を聞く
(ブラックバーン・ニュース | 2016年10月4日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/10/04/bluewater-council-hears-wind-concerns-ontario/

■おとしん機械翻訳

------------------------------------

<21-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年12月5日

ぜひ!⇒
21-オンタリオ州
◇Huron health unit begins public meetings for turbine impact study
ヒューロン保健ユニットがタービン影響研究の市民集会を開始
(ブラックバーン・ニュース | 2016年12月5日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/12/05/
huron-health-unit-begins-public-meetings-turbine-impact-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4345.html

------------------------------------

<22-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年12月7日

ぜひ!⇒
22-オンタリオ州/画像
◇Epidemiologist explains Huron County turbine study process
疫学者がヒューロン郡タービン調査プロセスを説明
(Blackburn News | 2016年12月7日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/12/07/
epidemiologist-explains-huron-county-turbine-study-process/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4642.html


By Bob Montgomery



画像:

火曜日の夜、クリントンで語った
ヒューロン郡の疫学者 エリカ・クラーク博士。

(photo by Bob Montgomery)


===============================================



風力タービンに関連する
可能性のある健康問題について
実施されている調査の詳細を聞くことができる
昨夜のクリントンのヒューロン郡保健局での
情報会議に、60名近くの人が出席しました。





ヒューロン郡の疫学博士
エリカクラーク博士は、
1月中旬までに完了することを望んでいる
調査の第3草案に取り組んでいると言います。


その時点で、彼らは承認のために
ウォータールー大学の倫理委員会に
完全なパッケージを渡してから、
調査を開始します。




風力タービンの10キロ圏内に住む
ヒューロン郡の誰でも資格があり、
郵便で通知されます。





クラーク博士は、
タービンから10キロメートル以内に住み、
苦情を受けている人や、
半径10キロ圏内の人で苦情がない人を含む
調査を追加することで、
2つのグループの違いを
うまく識別することができると付け加えた。





また、風力エネルギー会社との
リース契約を結んでいる人々の
適格性に関する質問もありました。

クラーク博士は、
非公開協定は、調査参加者の名前が
機密で公開されないため、
誰もが調査に参加するのを妨げないと説明しました。





挙手による投票で、
会議の大部分の人々が、研究の方向性を支持しました。





================================================

画像:

エリカ・クラーク博士は、火曜日の夜、
ヒューロン郡保健ユニット風力タービンの研究について、
クリントンで群衆に語った。

(photo by Bob Montgomery)


================================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
研究の内容
======================

※  以下の3月7日のおとしんブログから。


<4-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月4日

ぜひ!⇒
4-PDF
オンタリオ, プレス・リリース
◇Huron County Health Unit – health concerns from IWTs
ヒューロン郡保健部門 - IWTs(産業用風力タービン)からの健康への懸念
(Area-wide Concerned Residents of Huron County|2016年3月4日)

bsra.ca/wp.../Huron-County-Health-Unit-and-IWT-report.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3844.html


TO: All concerned  
     関係者全員

FROM: Area-wide Concerned Residents of Huron County:
    ヒューロン郡のエリア全域の心配している居住者

Jeanne Melady, Gerry Ryan, Patti Kellar, Carla & Mike Stachura
ジャンヌ・マレーディ、ジェリー・ライアン、パッティー・ケラー、カーラとマイク・スタチュラー

SUBJECT: Huron County Health Unit - Health Concerns from IWT’s


2016年3月1日に、ヒューロン郡保健部門は
潜在的な人口の健康被害を調査するために
彼らの立法義務を踏まえて、
風力タービンの潜在的な健康影響に関する
住民の懸念を調査しますと述べました。



保健部門は、2016年5月に
オンラインおよび紙による調査を開始する予定です。



調査についての情報は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)が
懸念を調査するための
次のステップを決定するのを助けます。


保健部門スタッフは、
2016年4月に
レポートの一部として保健委員会に、
彼らの行動計画を提示します。


HCHU(ヒューロン郡保健部門)は
産業風力タービン(IWTs)の近くに住むことから、
健康への悪影響を説明する
HCHU(ヒューロン郡保健部門)への
ヒューロン郡の多数の住民からの対応の結果として、
この決定を下しました。


代表団は、2016年3月3日に
ヒューロン郡保健委員会に
プレゼンテーションをするためにつくられました。

我々の代表団が
HCHU(ヒューロン郡保健部門)によって
情報と決定に健康調査を続行することを
要求していたように、
HCHUは2016年3月1日に2つの会議を予定しました。


2016年3月1日の最初の会議は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
2015年の秋に公衆衛生オンタリオ州で開発された
苦情の追跡フォームをさらに議論するために
カルメンクローグと会談しました。


クラーク博士とカルメンクローグは
2014年に『Safe Wind Energy for All Residents 』
(SWEAR) によって紹介されたので、
一緒に働いています。



その日の後になって、
HCHU(ヒューロン郡保健部門) -
ジャニスオーウェン博士(保健医療・オフィサー)、
エリカ・クラーク博士(疫学)と
ジーン・ガイ・アルバート博士(環境衛生)は
ジャンヌ・マレーディ、ジェリー・ライアン、
カーラとマイク・スタチュラーに会いました。


その会議で、HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
産業風力タービンからの健康苦情に関して
調査を実行する彼らの計画を詳述しました。


以下は、概要です。


▼フェーズ1

保健部門は、
風力タービンの苦情を追跡するための
調査を展開しています。

カルメン・クローグと
ターニャ・クリスティディズ(ウォータールー大学)が
調査を展開することに関与しています。



少数の影響を受けた個人(5-10)は、
2016年4月のパイロットテスト段階の間、
調査の展開について提案することになります。


調査は(FluidSurveyを使って)、
電子的に利用できるようになります
また、紙の調査も利用できます。

調査は、2016年5月に開始されるものと予想されます。

参加したい人々は、
最初に保健部門に名前を登録する必要があります。

最初のインタビューは、
エリカ・クラーク博士や
さらなる保健部門スタッフによって行われます。


▼注:

この調査で提供される情報は、
個人によって所有されます。

これは、保健部門が
それらの反応を提供した人から許可なしで
個々の反応を分けることができないことを
意味します。


人が調査から撤退したいときは、
彼らには保健部門に彼/彼女が提供した
情報の全てを削除するよう依頼する権利があります。

集計(集められる)データだけは、発表されます。


登録は、年齢、性別、住所、
IWTsが設置される前に存在していた健康状況、
どのくらい多くのIWTsが家から見えるかなどの
質問の最初のシリーズに答えることが必要です。

そして、これらの最初の質問は
風力タービンの苦情追跡の一部ではありません。

調査を完了した後に、
個人は、彼らだけに知られている
個人のコードを受けます。


苦情追跡調査に情報を入れるとき、
最初のインタビューに含まれる情報を
入力する必要がないように、
彼らは個人のコードを使用します。


個人が悪影響を経験しているとき、
彼らは調査をオンラインで、または、紙で
全ての項目に記入します。

調査は、コードなしで
アクセスされることができます;
しかし、コードを求める質問があります。


個人のコードは、調査が完了するたびに、
名前、性別、年齢、応対などについての
質問に答えることの代わりです。


調査は、「チック」ボックスと
1-5の「リカート」スケールで構成されます。

調査が完了するまでに
10分もかからないようにする必要があります。

それは、気象状況、騒音の説明
(すなわち、ヒューという音、
ヒューッという音、
ウーという音、ドシン・ドンという音、
ものがくずれたり 衝突する時や
雷・砲などのすさまじい音、
ドーン・ドーンという音、
ビューン・シューッという音、
トーナル・サウンド、その他)、
たとえばその瞬間に経験している健康苦情を含みます


― 頭痛、耳痛み/圧、耳鳴り、吐き気、不安、
頭と胸の圧力、鼻血、心臓の動悸、高血圧、
めまい、睡眠の性質と量を含む睡眠障害、
シャドーフリッカ、その他。



彼らが健康への悪影響を経験するたびに、
居住者は調査の全ての項目に記入することが推奨されます。

気象等変化している場合、
これは一日に数回までとすることができます。


インターネットへのアクセスを持っていない住民は、
それを完了するために紙のフォームで提供して
後でシステムに入力されます。


情報は、1年間各々の人のために集められます。

健康への悪影響は、多くの場合、
季節の天候パターンに依存しているので、これが必要です。


データは、傾向を決定するために、季節ごとに分析します。

プロセスはオープンで透明で、
その結果は、季節に基づいて一般に公開されます。



HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
人々が困難を経験していると規定することについて
パターンを決定しようとしています。


▼フェーズ2

フェーズ1の結果分析は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)が
調査の次のステップを決定するのを助けます。

保健部門は、次のステップが
同意する参加者の自宅内で、そして、その外側で、
可聴ノイズとインフラサウンド
(超低周波不可聴音)の
音響テストを含むかもしれないと述べました。


この時点ではフェーズ2について
利用可能な更なる情報がないので、
フェーズ2の詳細はまだ開発されています。


オーウェン博士は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)の任務は
紹介医師を指定するための
医療紹介センターの設定は含まれていないと
述べました;


しかし、オーエン博士は、
カルメンクローグは、その問題についての
問い合わせを行っていることを知っています。


照会をする気がある医者が見つかるならば、
地域の医師はさらに試験するために
人々、彼または彼女を照会することができます。




▼タイムライン

HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
調査の開発/テスト段階に参加する気持ちがある
献身的な居住者と通信するために、
「健康影響を受けた住民グループ」から
2人の「連絡窓口」が必要になります。

HCHUは、最初の草案調査が
3月末までには完了すると予想します。

HCHUは、4月から始まる調査を
「テストする」ために、
5-10人の献身的なグループを必要とします。


HCHUは、調査の最終版が5月1日までに利用できて、
長期/一年間調査を5月1日から始めるのを予想します。


▼注:

HCHUは、参加者を見つけるための
最善の方法を問い合わせました。

利害関係のある個人は、―――――で、
または、――――――の電子メールで
HCHUに連絡することができます。


我々はまた、プレス・リリース、
ニュースメディア、ラジオ、新聞、
戸別の、
影響を受けている場所へのチラシ、
さまざまな電子メールのリストと
HCHUのウェブサイトを検討しました。

これは、影響を受けた住民の健康苦情が、
長期的に追跡される
産業用風力タービンに関する
オンタリオ州初の郡保健部門の調査です。


▼注:

オーエン博士は、
これは研究でないと強調しました。
それは、調査です。

それは、因果関係を証明しません。


コミュニティ環境保健問題があるように
見えるとき、
HCHUは調査をすることを要求されます。

HCHUがコミュニティから受け取っている
苦情の数のために、
彼らは、調査をしなければならないと思っています。


保健部門は、調査で
風力タービンに関する判定をしません。

彼らは、潜在的人口の健康に有害なものが
あるかどうか調査しているだけです。



2016年3月3日に、
ジャンヌ・マレーディとジェリー・ライアンは、
ヒューロン郡の住民が経験している
健康影響を詳述するプレゼンテーションをしました。

26の家庭についての記述が、
スクリーンに表示されました。
80人以上が、出席していていました。
立見席以外満員でした。
この委員会は市民がめったに出席しません。


2016年3月3日に、ヒューロン郡保健委員会は、
直接スタッフに
「産業風力タービンにさらされる
ヒューロン郡の市民の健康の苦情の懸念について
『ヒューロン郡の憂慮する市民』の
プレゼンテーションに関して
報告書を作成するように命じる」ことを票決しました。


Gerry Ryan (community representative)
ゲリー・ライアン(コミュニティ代表)

電話番号
e-メールアドレス (省略)

Carmen Krogh
カルメン・クロー

電話番号
e-メールアドレス (省略)

Erica Clark, PhD
エリカ・クラーク博士
Epidemiologist, Huron County Health Unit
伝染病学者、ヒューロン郡保健部門

住所、
電話番号
e-メールアドレス (省略)



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



============================================

■Huron County Health Unit
Wind turbine investigation
ヒューロン郡保健部門
ウィンドタービン調査

(Home>Reports and Statistics>Wind turbine investigation )
http://www.huronhealthunit.ca/reports-and-statistics/wind-turbine-investigation/

潜在的人口健康に有害なものを調査する
我々の立法上の義務に合わせて、
ヒューロン郡保健部門は、
風力タービンの潜在的健康影響に関して、
一部の市民の懸念を調査しています。

・・・・・

FAQ


私はヒューロン郡に住んでいません、
参加することができますか?


• いいえ、ヒューロン郡の住民だけが、
調査に参加することができます。

あなたがしばらくの間
ヒューロン郡の
風力タービンの近くに住んでいたが、
その後、移動したならば、
あなたの参加の可能性を議論するために
保健部門に問い合わせしてください。


いつ、調査は始まりますか?

• 我々は、2016年5月に調査を開始します。

・・・・・・

いつ、調査結果は、利用できますか?

• 結果は、調査を通して利用可能となります。

フェーズ1の間に、調査結果は、
季節ごとに分析されて、
市民に対して利用可能にされます。


■Wind Turbine Investigation Registration
風力タービン調査登録

http://fluidsurveys.com/s/IWTinvestigation/



===========================
さらに関心を深めるために
===========================

■Huron East Against Turbines (HEAT)
タービンに反対するヒューロン・イースト(HEATグループ)

http://heatont.blogspot.jp/

-------------------------

■Huron East
ヒューロン・イースト公式ウェブサイト

http://www.huroneast.com/

--------------------------------------------------




□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-25 : ○オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

更新日:2017年3月30日 | New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | 家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック |New→ 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている | 眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調 |WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発  |<論文>風力タービン:騒音と健康:風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史 | <論文>風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して | おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法












更新日:2017年3月30日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。




おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。



---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

NEW
--------------------------------------------
今週の注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ぜひ!⇒
◇Wind Turbines: Noise and Health
風力タービン:騒音と健康

(HHTM |2016年10月4日)
http://hearinghealthmatters.org/hearingnewswatch/2016/wind-turbines-noise-and-health/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4242.html

Read the full article at the HHTM Journal:
HTTM誌で論文全文を読みます:


■Wind Turbine Noise and Human Health:
A Four-Decade History of Evidence that Wind Turbines Pose Risks
風力タービン騒音とヒトの健康:
風力タービンが危険をもたらすという証拠の40年の歴史


http://hearinghealthmatters.org/journalresearchposters/

Jerry Punch
ジェリー・パンチ
Richard James
リチャード・ジェームス
September 23, 2016


たとえ風力タービン・ノイズによって
通常は聴力損失が起きないとしても、
我々は、特にコミュニティ騒音に
興味を持った聴覚科学者は
十分に強烈で長期的ならば、
騒音のすべての形が
公衆衛生に有害でありえるという概念を
受け入れなければならないと思っています。


聴覚科学者は、
動的に変調された超低周波不可聴音や
低周波音を含む音響エネルギーの
非聴覚の側面にも敏感でなければなりません。


それは、
風力タービンが無害だったという考えを
促進した
アメリカ風力エネルギー協会(AWEA)と
カナダ風力エネルギー協会(CanWEA)の
オリジナル・ホワイトペーパー報告の
7人の共著者のうちの2人が
聴覚科学者であった点は注目に値します。


我々は、風力産業の業界団体による
お手盛りの委員会によって書かれ
査読されなかったそのペーパーの
基本的な結びが
風力産業を不当に支持したと思っています。


これらの主要な風力発電業界団体が、
風力タービンのノイズの問題に
信頼できる発言権を持つと
聴覚の専門職を認めていることは
特に注目すべきです。


=========================

要約:

多くの専門家レビュー委員会と
何人かの個々の著者は
米国で、そして、国際的に
産業用風力タービン(IWTs)によって
放射されるノイズからの
健康への悪影響(AHEs)についての懸念を
支持することに対して
文献はほとんどないという立場をとっています。

このレビューにおいて
我々は
一般的に因果関係が存在しないという
見解を支持するために作られている
特定の主張に影響を及ぼす文献を体系的に調べます。


それらの主張の信憑性の調査は
複数の話題が対象にされることを必要とします、
そして、以下の特定の話題は
このレビューのために目標とされました:


(1) IWTs(産業用風力タービン)による
  超低周波不可聴音や低周波騒音 (ILFN) の放射
(2)ヒトによるILFNの知覚
(3) そのようなリンクのための
  生理的な拠点としてだけでなく
IWTsとAHEs(健康への悪影響)の
  因果関係を確率するための証拠の基礎
(4) 推薦された後退距離と許される騒音レベル
(5)アノイアンス(不快感)と健康との関係
(6) 報告された健康問題の代替原因
(7) 超低周波不可聴音を測定する推薦された方法
(8) IWTsのためにAHEs(健康への悪影響)の
  医療診断を確立するための基盤
(9) 原因を特定することに役立つ研究デザイン
(10) 報告された有害作用の説明としての
  精神的な予想の役割
(11) IWTs(産業用風力タービン)に曝露される
  個人のAHEs(健康への悪影響)の罹患率
そして
(12) IWT(産業用風力タービン)騒音と
  AHEs(健康への悪影響)の関連に対処している
文献の範囲と質。

レビューされた証拠は
IWTs(産業用風力タービン)からの音響放射が
住民のかなりの層の
AHEs(健康への悪影響)の主な原因であるという
概念を圧倒的に裏づけます。


=========================

聴覚・ニュース・ウォッチ
ブライアン・テイラー, Editor

ジェリー・パンチ博士と
リチャード・ジェームス、INCE、BMEによる


私たちは、以前
下方に設けられたリンクで、
2014年の秋にHTTMのウェブサイトに
風力タービンノイズの健康上の影響の
トピックに関する記事の3回シリーズを
執筆しました:


•Adverse Health Effects from Industrial Wind Turbines
産業用風力タービンからの有害健康影響

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/
2014/wind-turbine-health-problems-noise/



•The Negative Health Impact of Noise from Industrial Wind Turbines: The Evidence
産業用風力タービンノイズの健康への悪影響:確たる証拠

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
wind-turbine-noise-evidence-health-problems/



•Adverse Health Effects of Industrial Wind Turbine Noise:
How the Ear and Brain Process Infrasound
産業用風力タービンノイズの有害健康影響:
耳と脳は、どのように超低周波不可聴音を処理しますか

http://hearinghealthmatters.org/hearingviews/2014/
infrasound-wind-turbine-hearing-health-effects/



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<1~3 論文:超低周波不可聴音>

ぜひ!⇒
騒音、規則
◇1/3 ~3/3  On Wind Turbine Noise and Air Pressure Pulses
1/3~3/3   風力タービンの騒音と空気圧力パルス(波動)に関して

(The Energy Collective|2012年5月7日)
http://www.theenergycollective.com/willem-post/84293/wind-turbine-noise-and-air-pressure-pulses

■おとしん機械翻訳
1/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4182.html
2/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4183.html
3/3
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4184.html

================
一部抜粋:
================

例えば、21台の風力タービンは、
いろいろな音を発します:

– ナセルの機械騒音

– 最高200mphで空気を切るように進む
 ブレードの後縁騒音(「ブレード・シュッ」)

– 流入乱気流のためのブレードからの
 不規則な、低周波騒音(LFN)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)

– ブレード・タワー通過周波数での
 LFN(低周波騒音)と
インフラサウンド(超低周波不可聴音)とその倍音。


米国政府1987風力タービンの騒音調査:

米国政府は1987年以来、
風力タービンからの超低周波音や
低周波ノイズの健康への悪影響については
知られていました。

それは、研究を依頼するのに十分なほど
心配していました。

以下の研究は、
米国エネルギー省に資金を提供された
契約番号DE-AC02-83CH10093
研究プロジェクトでした。


コロラド州 ゴールデンの
ソーラーエネルギー研究所
N.D.ケリー博士は
以下のタイトルが付いた研究を行いました:

『風車の低周波騒音の放射から
コミュニティのアノイアンス(不快感)
可能性を評価するための提案された評価基準』


注:

「コミュニティのアノイアンス(不快感)」
現在風力タービン症候群と呼ばれています;


「低周波」は、超低周波不可聴音を含みます;

「放射」は、騒音と振動を含みます。 


http://www.windturbinesyndrome.com/wp-content/uploads/2013/07/
1987-Proposed-Metric-Assessing-Potential-Annoyance-NREL-Kelley-searchable-copy.pdf


http://stopthesethings.com/2014/11/03/abandoned-homes-help-understand-wind-turbine-annoyance/



--------------------------------------------------------------------
【おとしんアップキープへの入会申し込みやお問い合わせ方法】
--------------------------------------------------------------------


◇おとしんアップキープ‐‐‐会則・規則
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp


会則・規則をご一読いただき、会の主旨にご賛同される方は
おとしんアップキープまでご連絡ください。

住所、氏名、電話番号、メールアドレス、簡単な内容を記入して、
電子メールでお送りください
追って会よりご連絡致します


<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


おとしんアップキープ 若林 まで




2017-04-25 : おとしんアップキープ:2016/09/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<2-ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題>2-ロードアイランド州:タービンの隣人はうんざりします…私は最も近いタービンから約2,000フィート(609.6 メートル)離れたところに住んでいます。典型的な日には、そのボリュームは相次いでジェットが上空を飛行するのと同じくらいの高い音量です…ダニエル・シールズ(居住者) |関連記事| // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<2-ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題>




2017年4月2日




2-ロードアイランド州
◇Turbine neighbors are fed up
タービンの隣人はうんざりします

(The Coventry Courier | 2017年4月2日)
http://www.ricentral.com/coventry_courier/news/local_news/
turbine-neighbors-are-fed-up/article_f0d9477e-162f-11e7-8a5a-3f5d19c237f5.html



By Kendra Lolio




COVENTRY コベントリー –



グリーン(Greene)の居住者は
風力エネルギー開発社
(Wind Energy Development LLC)の
ウエスタン・コベントリー(Western Coventry)に
設置されているタービンの影響について、
ますます懸念と失望を募らせていると言います。


多くの隣人が月曜日の町議会の会合に出席して
タービンに関する問題について話をしたほか、
CEOのマーク・デパスケール(Mark DePasquale)氏が
カーズ・トレイル(Carrs Trail)に
太陽エネルギーシステムを建設することを提案した。





風力エネルギー開発社は当初、
デパスケール氏の提案のために、
同社が税金(PILOT)の代わりに
固定費を​​MWあたり5000ドル、
すなわちタービンあたり7,500ドルとする
契約を締結する予定で、
合計で年に6万ドルが町に支払われます。

彼はまた、5メガワットの
AC地上搭載型太陽エネルギーシステムに対して、
1 MWあたり5,000ドルのPILOTを提案した。

この提案には、
WED(風力エネルギー開発社)から町に
年間85,000ドルの支払いが含まれていますが、
会議の直前に議題から削除されました。





デパスケール氏は、
PILOTプログラムに同意するのと引き換えに、
書簡で、町が承認する必要のある計画委員会への
ゾーン変更とゾーニングオーバーレイ地区の作成と
包括的な計画修正案の提言を求めた。






彼女が1日にタービンについて
少なくとも2件の苦情を受け取ったという
カレン・カールソン議員は、
ウエストロングブリッジロード
(West Long Bridge Road)を訪れて、
彼女の有権者たちが何を話していたかを見てきました。


彼女はプロペラのちらつき影響を
目の当たりにするのはちょっと早かったが、
構造物からの騒音が聞こえたと言いました。





「どのように人々が悩まされているのか
理解できます。」と彼女は言いました。

「正直に言って、それは、
前進し続けるジェット機の
ブーンという低い音のようでした。」





カールソン氏は、住民から、
フリッカー効果とノイズの両方が問題であると
聞いています。


住民の中には、冬場に窓がすべて閉まっていても、
彼らはまだ音を聞くことができると言いました。

彼女はまた、
西グリニッジの居住者からも苦情を受けた。

すべてのタワーがコヴェントリー側にあるので、
さらに不利な立場にあると、彼女は主張した。





2時間30分の会議を待って、
何人かの西コヴェントリーの居住者は
彼らの欲求不満を表明しました。




カール・トレイルの居住者である
ダニエル・シールズ氏は、
「このゾーンは工業地区ではなく、
最初から許可されてはなりませんでした。」と
言いました。

「私は最も近いタービンから
2,000フィート離れたところに住んでいます。

典型的な日には、そのボリュームは
相次いでジェットが上空を飛行するのと
同じくらいの高い音量です。」


※ 2000フィート = 609.6 メートル




シールド氏は
タービンが建設される前の
グリーン図書館での情報セッションの間、
住民は建物が不動産ラインを越えて
音を出さないと言われたと、言いました。





「町には彼の85000ドルは必要ない」と
ジョン・シールズ氏は語った。

「包括的な計画が完了するまで、
私はすべてのものに一時停止を置くつもりです。

それは屋上のソーラーのみになるはずで
町のどこにもタービンはありません。」




ビクトリーハイウェイに住んでいる
シェリー・エルダーキン氏は、
地方のライフスタイルのために
コベントリーに移住し、
子供たちと一緒に生活していたと言いましたが、
タービンは生活の質を変えました。




「私は、あなたがこれらの提案を誠実に見て、
私たちの土地を無傷で、
子どものために田舎に保つことを求めます。」と
彼女は言った。




フラット・リバー・ロードの居住者
リンダ・フェーリ氏は、
グリーンに住んでいる人々が
プロジェクトについて誤解させられて、
提案された太陽エネルギーシステムを
ブロードウェル農場(Broadwell Farm)の
近くに配置することを嫌っていると話しました。




「なぜ私たちは
町と取引したい開発者と仕事をしているのだろう?」と
彼女は尋ねた。

「私は町と取引できますか?

私が税金の代わりにできることはありますか?」




「謹んで、Shibleyさん」と、彼女は付け加えました。

「あなたの家から1マイル未満のバーは
動揺し、混乱しています。
私たちの家から1マイル未満のタービンは
さらに破壊的です。

私たちはあなたにお願いしています。

助けてください。」

※ 1マイル = 1.609344 キロメートル



別のフラットリバーロードの居住者は、
WED(風力エネルギー開発社)は
中止を受けて
ウェストログブリッジロードの仕事のために
DEMを断ったが、
しかし、仕事を停止していなかったと述べた。

カールソン氏は、
コヴェントリーのゾーニング関係者が
湿地の違反を確認するために
この地域を訪問するよう要請しました。


彼女は、デパスケール氏からの提案は、
最近7月9日に延長された
太陽電池設置のための一時停止を考慮して
早すぎると感じていると述べた。





「なぜ開発者を迎えるために
包括的な計画を修正するのだろうか」と
彼女は述べた。






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






--------------------------
関連記事
--------------------------


※ 拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題>

2017年3月23日

1-ロードアイランド州
◇Residents complain of issues with turbines
居住者は、タービンで問題について苦情を言う

(The Coventry Courier | 2017年3月23日)
http://www.ricentral.com/coventry_courier/
residents-complain-of-issues-with-turbines/
article_32004724-1028-11e7-9df6-5762fa374322.html

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4638.html


Kendra Lolio



COVENTRY コベントリー –



風力エネルギー開発社
(Wind Energy Development)の
新たに設置された風力タービンに関する
彼女の地区の有権者からの懸念が
高まっていることを引用して、
カレン・カールソン議会議員は今週、
町当局に「注意を喚起して聞いてください。」と
公けの嘆願をしました。





第1地区の議員は、
彼女が
タービンに取り囲まれている住民から受け取った
手紙の抜粋を読みました。





フラットリバーロード
(Flat River Road)の居住者は、
「私たちの家の外に座って
平和と静寂を楽しむという我々の夢は
もはや存在しない」と語った。


「私たちは夜にデッキに座り
私たちが聞くことができるのは風車です。

私たちが寝室の窓を開けて、
私たちが聞くことができるのはすべて風車です。

私たちはそれを聞かずに過ごす日はありません。

それから恩恵を受ける人は
それらの風車の影響に対処する必要はありません。」





カールソン氏(Carlson)は
ウエストロングブリッジロード
(West Long Bridge Road)の
もう一人の居住者を引用しました。


彼らはタービンのプロペラからのシャドーフリッカ、
特に夕日のときに問題を経験していると言いました。


住宅所有者は、
町の既存の風力エネルギー条例を引用して、
毎日その時間にタービンを停止するように要請しました。






「シャドウフリッカーのあるとき
シャドウフリッカーの問題をなくすために
風力エネルギー設備を
シャットダウンする必要があります。」と、
条例は読み取ります。


「シャドウフリッカーの存在は、
風力エネルギー施設の
2,500フィート以内の場所
および敷地境界線で測定するものとする。」


※ 2500フィート = 762 メートル 



条例はまた、申請人がタービンを提案するとき、
フリッカーの影響が近隣の資産に
「重大な悪影響」を及ぼさないことの
証明を要求されることを示している。





カールソン氏は、
「私たちがこれについて何をすべきか知りたい」と
語った。

「彼らは納税者です。

彼らはこれらのタービンから何も得ていない、
そして、注意を払って聞く時です。

私たちは今それを行う必要があります。」




カールソン氏はまた、町の騒音規制によって、
過度の騒音が生活の質を低下させると
指摘しています。





「グリーンとウェスタン・コヴェントリーに
引っ越した人たちは、
多くの騒音なしで
田舎のライフスタイルを望むためにそこにいます。」と
彼女は語った。






タウンマネージャーの
グレアム・ウォーターズ氏は、
ゾーニング部門に苦情を言及したこともあり、
ターナーとの問題を経験した住民との
接触を求められたウォーターズ氏は、
(※ 風力エネルギー開発社CEO)
デパスケール氏自身にも苦情を言及していると述べた。




ウォーターズ氏は、
「私は住民に代わって仲裁することについて
に何の不安も抱いていません。」と述べた。

しかし、デパスケール氏が最初に介入して
直接問題を処理し、直接話し合うことができれば、
それが最も有益だと私は思う」




「すでに条例がある場合、
彼が住民のために何かをすることに
頼るべきではない」とカールソン氏は答えた。




ウォーターズ氏は、
タービンは2016年5月に建設されたばかりで、
最近オンラインになったため、
さらなる調査のために
ゾーニング部門に苦情を任せているという。





シャドウフリッカーに関して
カールソン氏に連絡を取った同じ住宅所有者はまた、
彼らの資産に接している湿地からの水が上がって、
風力エネルギー開発社
(Wind Energy Development)が
タービンのパイプを設置した
近くの出入路の部分から氾濫していることを伝えた。


居住者は、道路の浸食が続くことが、
2015年10月に設置された電線管の
露出につながる恐れがあることを懸念した。

個人がデパスケール氏(DePasquale)
(※ 風力エネルギー開発社CEO)に
連絡を取ったとき、
彼らは、新しく設置された道路に
妥当な排水溝が作られると話がありましたが、
実際には作られませんでした。






「風力エネルギー社が建設した暗渠は閉鎖され、
道路を覆う汚れや砂利を洗い流し、
水が道路そのものを逆流して流れるようになった」





カールソン氏は、
風力エネルギー開発社が
この地域の湿地を改正する許可を
出していないため、
環境管理部
(Department of Environmental Management )が
停止と告知を得ることができたと述べた。


彼女はその事件を「憂慮すべきこと」と呼び、
町当局者がその地域の検査を行うように頼んだ。





「ゾーニング関係者がそこに出て、
最終的にこれを見て欲しいと思っている」と
彼女は言った。

「町の誰かが、私たちの土壌浸食の章である
第200章をチェックしなければなりません。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-----------------------------------------------


□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-24 : ・ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<22-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>ぜひ⇒22-オンタリオ州/画像:疫学者がヒューロン郡タービン調査プロセスを説明 …タービンから10キロメートル以内に住み苦情を受けている人や、半径10キロ圏内の人で苦情がない人を含む調査を追加することで、 2つのグループの違いをうまく識別することができる…エリカクラーク博士 |関連記事| // New⇒2017年7月19日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発









<22-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>




2016年12月7日




ぜひ!⇒
22-オンタリオ州/画像
◇Epidemiologist explains Huron County turbine study process
疫学者がヒューロン郡タービン調査プロセスを説明

(Blackburn News | 2016年12月7日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/12/07/
epidemiologist-explains-huron-county-turbine-study-process/



By Bob Montgomery



画像:

火曜日の夜、クリントンで語った
ヒューロン郡の疫学者 エリカ・クラーク博士。

(photo by Bob Montgomery)


===============================================



風力タービンに関連する
可能性のある健康問題について
実施されている調査の詳細を聞くことができる
昨夜のクリントンのヒューロン郡保健局での
情報会議に、60名近くの人が出席しました。





ヒューロン郡の疫学博士
エリカクラーク博士は、
1月中旬までに完了することを望んでいる
調査の第3草案に取り組んでいると言います。


その時点で、彼らは承認のために
ウォータールー大学の倫理委員会に
完全なパッケージを渡してから、
調査を開始します。




風力タービンの10キロ圏内に住む
ヒューロン郡の誰でも資格があり、
郵便で通知されます。





クラーク博士は、
タービンから10キロメートル以内に住み、
苦情を受けている人や、
半径10キロ圏内の人で苦情がない人を含む
調査を追加することで、
2つのグループの違いを
うまく識別することができると付け加えた。





また、風力エネルギー会社との
リース契約を結んでいる人々の
適格性に関する質問もありました。

クラーク博士は、
非公開協定は、調査参加者の名前が
機密で公開されないため、
誰もが調査に参加するのを妨げないと説明しました。





挙手による投票で、
会議の大部分の人々が、研究の方向性を支持しました。





================================================

画像:

エリカ・クラーク博士は、火曜日の夜、
ヒューロン郡保健ユニット風力タービンの研究について、
クリントンで群衆に語った。

(photo by Bob Montgomery)


================================================





* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。





-----------------------
関連記事
-----------------------


拙ブログ内の検索は日本語のタイトルで行ってください



<1-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2015年10月9日

1-オンタリオ州/画像
◇HEAT members furious with council, resulting in the interruption of the chambers
議会に中断が生じ、HEATのメンバーは議会に激怒

(seaforth huron エクスポジター.com | 2015年10月9日)
http://www.seaforthhuronexpositor.com/2015/10/09/
heat-members-furious-with-council-resulting-in-the-interruption-of-the-chambers

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3840.html


画像:

HEATのメンバーは、
風力タービンとの戦いを続けます。

(ショーン・グレゴリー/ヒューロンエクスポ)

-----------------------

<2-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2015年10月26日

2-オンタリオ州/画像
◇HEAT ask council for support
HEATは、議会に支持を要求します

(シーフォース ヒューロン エクスポジター.com | 2015年10月26日)
http://www.seaforthhuronexpositor.com/2015/10/26/heat-ask-council-for-support

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3841.html


画像:

シーフォースの
風力タービンに対する6年間の戦いは継続します。

タービンに反対するヒューロンイースト
(HEAT)のメンバーは、
政治的な討議参加者に援助を求めるために
10月20日に議会に到着しました。

(Shaun Gregory/Huron Expositor)

--------------------

<3-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2015年11月23日

ぜひ!⇒
3-オンタリオ州/画像
◇Residents says some children are allegedly receiving nosebleeds from wind turbines
伝えられるところでは、住民は何人かの子供たちが、風力タービンから鼻血を受けていると言います

(シーフォース ヒューロン エクスポジター.com | 2015年11月23日)
http://www.seaforthhuronexpositor.com/2015/11/23/
residence-says-some-children-are-allegedly-receiving-nosebleeds-from-wind-turbines

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3842.html


ヒューロンイーストの町役場で
シーフォースにおける地域連絡会の中で、
セント・コランバンの
いくつかのタービンで働いたエンジニアは、
コンサルタントによって行われた
大きな風車は
居住者が「決して聞くことはない」という
ほとんどの声明は嘘であることを
市民に認めました。

「個人的には、
これらのレポートが入り始めたとき、
私はゾッとしました、
私は健康問題があるということを知っていたが、
このような過酷さとは思ってもみませんでした。」と、
ミューラーは言いました。


「このプロジェクトに影響される
子供もいるという事実、
私は親として、その巨大な問題を抱えています。」


彼らはそれらに付けられた特定の名前のない
1-14の資産番号が会議で発表されました。

以下のように彼らの主な懸念や質問がありました:


資産#1

「なぜ、ベッドがなぜ震えるか、
軽く振動するのか知りたいです。

嵐の夜は特に顕著でした。

私はいつも私の寝室の窓を開けて寝ているが、
もうそうすることができません。」



資産#2

「タービンの騒音は
昨晩(10月31日)非常に大きかったが、
誰も追求しないということを知るに至りました。


我々は騒音をかき消すために
一晩中ファンをつけています。

頭が枕に触れるとすぐに、
私は騒音を聞くことができて、
振動を感じることができます。」


------------------------

<4-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月4日

ぜひ!⇒
4-PDF
オンタリオ, プレス・リリース
◇Huron County Health Unit – health concerns from IWTs
ヒューロン郡保健部門 - IWTs(産業用風力タービン)からの健康への懸念

(Area-wide Concerned Residents of Huron County|2016年3月4日)
bsra.ca/wp.../Huron-County-Health-Unit-and-IWT-report.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3844.html


▼フェーズ1

保健部門は、
風力タービンの苦情を追跡するための
調査を展開しています。

カルメン・クローグと
ターニャ・クリスティディズ(ウォータールー大学)が
調査を展開することに関与しています。

少数の影響を受けた個人(5-10)は、
2016年4月のパイロットテスト段階の間、
調査の展開について提案することになります。

調査は(FluidSurveyを使って)、
電子的に利用できるようになります
また、紙の調査も利用できます。

調査は、2016年5月に開始されるものと予想されます。

参加したい人々は、
最初に保健部門に名前を登録する必要があります。

最初のインタビューは、
エリカ・クラーク博士や
さらなる保健部門スタッフによって行われます。

------------------------

<5-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月7日

5-オンタリオ州/画像
◇Board of Health hears delegation on wind turbine health issues
保健委員会は、風力タービンの健康問題について代表団に聞きます

(Goderich Signal Star | 2016年3月7日)
http://www.goderichsignalstar.com/2016/03/07/board-of-health-hears-delegation-on-wind-turbine-health-issues

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3845.html

別の厄介な事実は、
風力企業が、研究は
超低周波不可聴音を含むフルスペクトルではなく
可聴ノイズだけ行われるよう求めたということです。

マレーディは、
風力企業が超低周波不可聴音には
それに対する感受性を持つ人々の健康に
マイナスの影響を及ぼす可能性があることに
気づいていたことを
レポートと声明で明らかにした例を挙げました。

健康への影響は深刻です、
そして、以前の研究は、
子どもたちは家庭にいて、
そして、影響を受けているにもかかわらず、
調査に子供たちを含みませんでした。

-------------------

<6-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月7日

6-オンタリオ州
◇Huron County Health Unit investigating wind turbine health complaints
ヒューロン郡保健部門が風力タービン健康の苦情を調査

(blackburnnews.co|2016年3月7日)
https://blackburnnews.com/midwestern-ontario/midwestern-ontario-news/
2016/03/07/huron-county-health-unit-investigating-wind-turbine-health-complaints/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3846.html


ヒューロン郡保健部門は、
風力タービンから報告された健康影響調査に乗り出します。


誰も、オンタリオ州政府、
風力発電産業は超低周波不可聴音
(インフラサウンド)については何もしていません、
そして、彼らは
それが問題を引き起こすことを知っていました。」と、
ライアンは付け加えます。

超低周波不可聴音(インフラサウンド)は
たいてい聞こえるよりはむしろ感じられる音です。



--------------------

<7-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年3月9日

7-オンタリオ州
◇Epidemiologist to lead Huron County wind turbine study
ヒューロン郡の風力タービン研究をリードする疫学者
(blackburnnews.com|2016年3月9日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/
2016/03/09/epidemiologist-to-lead-huron-county-wind-turbine-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3982.html

風力タービンの近くに住むことに
関連付けられている可能性のある
健康問題への調査をすぐに開始します。

彼らが苦情を得るとき、
それが生物学的であるか
環境問題であるかどうかにかかわらず、
彼らには調査する権限があると
疫学者エリカ・クラーク博士は説明します。

--------------------

<8-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年4月22日

8-オンタリオ州
◇Grey Bruce medical officer encourages residents to join wind study
グレーブルースの医官は、居住者が風力の研究に加わるのを奨励します
(BlackburnNews | 2016年4月22日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/midwestern-ontario-news/2016/04/22/
grey-bruce-medical-officer-encourages-residents-to-join-wind-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3983.html

グレーブルース・保健ユニットは、
風力タービンの健康への影響について
オンタリオに広がる
長期研究に人々が参加するのを奨励しています。

彼らが風力タービンに
影響を受けると言う人々を研究することは、
いくつかの自治体の要請に対する反応です。


----------------------

<9-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年4月15日

9-オンタリオ州/画像
◇Huron County “parts” with MOH
ヒューロン郡は、保健医官を「手放します」
(lfpress.com|2016年4月15日)
http://www.lfpress.com/2016/04/15/
dr-janice-owen-was-appointed-a-year-ago-and-is-the-latest-in-a-string-of-departures

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3984.html

ヘッセルは、
オーエン(保健医官)の離脱は
風力発電所問題とは無関係だった、
そして、作業は
保健ユニットのスタッフによって
続けられると言いました。

---------------------

<10-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月2日

10-オンタリオ州
◇Huron wind turbine study begins
ヒューロン風力タービン研究は始まります

(ベイショア・ブロードキャスティング | 2016年5月2日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=84200

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3985.html


風力タービンの
認められた健康への悪影響に関する
ヒューロン郡保健ユニットの研究の
第一段階は、始まろうとしています。

研究を導くのは、
保健ユニットの疫学者
エリカ・クラーク博士です。

クラーク博士は
保健ユニットは、州および連邦政府と
調査情報を共有すると言います。

彼女は保健ユニットのイニシアチブが
2013年と2014年に行われた
風力タービンに関連のある
カナダ保健省の健康問題の調査に
関連していないことを強調しています。

音響指標分析はまだ検討されており、
連邦政府の研究の結果は
まだリリースされていません。


-------------------

<11-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月18日

ぜひ!⇒
11-オンタリオ州、プレス・リリース
◇Concerned citizens dismayed as wind turbine investigation comes off the rails
風力タービン調査が道を外れることに、心配している市民は落胆します

(健康を心配している市民|2016年5月18日)
https://www.wind-watch.org/news/2016/05/19/
concerned-citizens-dismayed-as-wind-turbine-investigation-comes-off-the-rails/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3987.html

地方のオンタリオは、
決して起こらないかもしれない
ユニークな風力タービン健康調査の
見た目の停止について、今日憤激しています。

4月に、オーウェン博士は
彼女のサービスが不要になったこと、
彼女が休職に置かれたことを知らされました。

これは、彼らの家の近くで
風力タービンの音響放射に
承諾なしで曝露される
ヒューロン郡の人々に対する破壊的な打撃です。


----------------------

<12-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月20日

12-オンタリオ州
◇Turbine turmoil mounts despite delayed investigation
遅れた調査にもかかわらず、タービンの騒動は始まります
(lfpress.com|2016年5月20日)
http://www.lfpress.com/2016/05/20/turbine-turmoil-mounts-despite-delayed-investigation

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3988.html


研究を保留の状態にするという
決定にもかかわらず、
ヒューロン郡で健康の苦情と
風力発電所の調査を促進している
市民のグループは、やめていないと言います。

「それは、暗礁に乗り上げていません。
我々は、それに取り組み続けるつもりです」と、
『健康を憂慮する市民』のスポークスマン
ジーン・マレーディは金曜日に言いました。


-------------------

<13-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月26日

13-オンタリオ州
◇Wind turbine study not dead
風力タービン研究は死んでいない
(ベイショア放送 | 2016年5月26日)
http://www.bayshorebroadcasting.ca/news_item.php?NewsID=84811

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4165.html


ヒューロン郡保健委員会議長
タイラーヘッセルは、
より多くの情報が必要であると言います

ヒューロン郡保健委員会の議長は、
知覚された風力タービンの
健康影響に関する研究は
必ずしも死んでいないと言います。

私たちが昨日あなたに言ったように、
『健康を懸念する市民』グループが
提案した研究は、中止になりそうでしたが
中止したということではありません。


-------------------

<14-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年5月27日

※ これまでの経緯と現状

ぜひ!⇒
14-オンタリオ州
◇Silenced
沈黙する

(タイムズ | 2016年5月27日)
http://wellingtontimes.ca/silenced/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4167.html

保健医療官が解任された後
産業用風力タービンの健康影響に関する
有望な調査は停止しました。

それは5週間前でした。

5月16日月曜日に、
ヘッセルと委員会は再びコースを変えました
そして、それが調査を保留の状態にしていたと
発表しました。


ヒューロンイーストの居住者
ジェリー・ライアンは
オーウェン博士の調査が、
最終的に彼のコミュニティの
産業用風力タービンに関連する
深刻な健康問題を明らかにすることを
期待していました。

しかしながら、
オーウェン博士が解任されたと
彼が知ったとき
先月、喜びは次第に薄れて失望に変わりました。

ライアンは、
彼のコミュニティの人々が答えを望むと言います。

ヒューロン郡のタービンの数は、
520以上に増大する予定です。

彼らは、産業用の風力タービンが
自分の健康へのリスクであるかどうかを
知りたいと思っています。

彼は、オーエン博士の調査が
答えをもたらすことを期待していました。

しかし、オーエン博士は去ってしまった
そして、彼女の調査はどっちつかずの状態です。

彼は、この調査が
ヒューロン郡で破棄されるならば、
他のいかなるコミュニティも
それを引き受けないと予測します。

また、ライアンによると、
それは完壁な研究です。

世界中の他のいくつかの区域は、
ヒューロン郡のような小さい地域に
それほど多くの産業風力タービンを
押し込んでおきません。

-------------------

<15-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年6月6日

15-オンタリオ州/画像
◇University may probe turbine ills
大学は、タービンの病気を徹底調査するかもしれません

(ロンドン・フリープレス | 2016年6月6日)
http://www.lfpress.com/2016/06/06/university-may-probe-turbine-ills

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4168.html


ヒューロン郡は健康についての苦情や
風力発電所の調査のために
ウォータールー大学と提携の可能性を探っています。

-------------------

<16-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年8月5日

16-オンタリオ州
◇Huron County Health Unit partners for wind turbine study
風力タービンの研究ためのヒューロン郡保健ユニットのパートナー
(ブラックバーンニュース| 2016年8月5日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/08/05/huron-county-health-unit-partners-wind-turbine-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4169.html


ヒューロン郡保健ユニットは、
タービンの近くに住む人々に対する
風力タービンからのノイズの影響の研究に
『ウィンド・コンサーンズ・オンタリオ』と
ウォータールー大学と協力することに
合意しました。

-------------------


<17-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年8月8日

17-オンタリオ州
◇Wind Concerns Ontario appeals to Huron County
『ウィンド・コンサーンズ・オンタリオ』はヒューロン郡に訴える

(クリントンニュースレコード|2016年8月8日)
http://www.clintonnewsrecord.com/2016/08/08/
president-of-wind-concerns-ontario-appeals-to-huron-county

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4170.html


産業風力タービン(IWT)の
健康の調査のヒューロン郡委員会を
囲んでいる対話は、進行中です。

-------------------

<18-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年8月9日

18-オンタリオ州
◇Huron mulls partnership to investigate wind farms
ヒューロンは風力発電所を調査するために、パートナーシップを検討します

(ロンドンフリープレス | 2016年8月9日)
http://www.lfpress.com/2016/08/09/huron-mulls-partnership-to-investigate-wind-farms

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4171.html


パートナーシップを続行したくないと
ヒューロン郡が決定した場合
『ウィンド・コンサーンズ』と大学は
別の地域で研究をすることに
目を向けることができると
彼女は言いました。

「同じ様に騒音の苦情に応じることに
興味がある他の自治体が、あります。」



-------------------

<19-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年9月1日

19-オンタリオ州
◇Huron Board of Health in favour of wind turbine study
風力タービンの研究に有利なヒューロン保健委員会
(ブラックバーンニュース| 2016年9月1日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/09/01/
huron-board-health-favour-wind-turbine-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4173.html


ヒューロン郡保健委員会は、
ヒューロン郡の
風力タービンの健康への影響の研究に関して
ウォータールー大学と
『ウィンド・コンサーンズ・オンタリオ』との
提携に賛成票を投じました。


保健ユニットの関与は
日付を集めて、そのデータを分析して
限られている委員会のメンバーに
明らかにして、
それ以外の何物でもなくなりました、
それはまた、保健ユニットの関与は
どんな追加コストももたらさないことを
指摘されました。

------------------------------------

<20-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年10月4日

ぜひ!⇒
20-オンタリオ州
◇Bluewater council hears from Wind Concerns Ontario
ブルーウォーター議会は『Wind Concerns Ontario(住民グループ)』から話を聞く
(ブラックバーン・ニュース | 2016年10月4日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/10/04/bluewater-council-hears-wind-concerns-ontario/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4345.html

------------------------------------

<21-オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査>

2016年12月5日

ぜひ!⇒
21-オンタリオ州
◇Huron health unit begins public meetings for turbine impact study
ヒューロン保健ユニットがタービン影響研究の市民集会を開始
(ブラックバーン・ニュース | 2016年12月5日)
http://blackburnnews.com/midwestern-ontario/2016/12/05/
huron-health-unit-begins-public-meetings-turbine-impact-study/

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4345.html


By John Chippa


ヒューロン郡保健ユニットは、
火曜日の夕方に、
風力タービンの健康影響調査の
調査プロセスを説明するために
公開情報会議を開催する予定です。


彼らは風力タービンの近くに住み、
健康問題を経験している
ヒューロン郡の住民から聞きたいと思っています。

彼らはまた、症状を経験していない住民からの
情報も研究に有用であるため、
健康上の懸念を経験していない人々からの
意見も聞きたいと思っています。


この情報セッションは、
クリントンの
ヒューロン郡保健ユニット複合施設の
図書館で開催されます。
火曜日の午後7時から始まります。


詳細は、ヒューロン郡保健ユニット※
ウェブサイトを参照してください。



追加の会議の開催日は、
地元のメディアと
ヒューロン郡のWebページで発表されます。

======================


※ ヒューロン郡保健ユニット

■Welcome to the Huron County Health Unit
ヒューロン郡保健ユニットにようこそ

(ヒューロン郡保健ユニットホーム>Reports and Statistics> Investigations>
Wind turbine investigation|2016年11月17日 )
http://www.huronhealthunit.ca/reports-and-statistics/investigations/wind-turbine-investigation/


▼Wind turbine investigation
風力タービン調査



このページで更新情報を確認してください

November 17, 2016
2016年11月17日

▽Community Information Meetings
コミュニティ情報会議


ヒューロン郡ほけんユニットは、
市民から質問に答えるだけでなく、
調査プロセスを説明する目的で、
情報会議を開いています。


ヒューロン郡の住民は、
ヒューロン郡保健ユニットが主催する
情報セッションに招待されます。

このセッションでは、
産業用風力タービンへの
住宅の近接性に関連して報告された
人間の健康上の懸念に関連する
今後の調査について述べます。


真相を明らかにする組織的で詳細な
広範囲にわたる調査と
居住者の質問のための時間があります。


この情報セッションは
2016年12月6日火曜日に開催されます。

午後7時から8時30分|
ヒューロン郡保健ユニット|
ヘルス&図書館複合施設、
77722B London Road、Clinton、Ontario。

あなたが出席する予定がある場合は
お知らせください。
電話番号:―――――


追加の会議の開催日は、
地元メディアと
このウェブページを通じて発表されます。



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




======================
研究の内容
======================

※  以下の3月7日のおとしんブログから。


<4-オンタリオ州:ヒューロン郡風力発電所問題>

2016年3月4日

ぜひ!⇒
4-PDF
オンタリオ, プレス・リリース
◇Huron County Health Unit – health concerns from IWTs
ヒューロン郡保健部門 - IWTs(産業用風力タービン)からの健康への懸念
(Area-wide Concerned Residents of Huron County|2016年3月4日)

bsra.ca/wp.../Huron-County-Health-Unit-and-IWT-report.pdf

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-3844.html


TO: All concerned  
     関係者全員

FROM: Area-wide Concerned Residents of Huron County:
    ヒューロン郡のエリア全域の心配している居住者

Jeanne Melady, Gerry Ryan, Patti Kellar, Carla & Mike Stachura
ジャンヌ・マレーディ、ジェリー・ライアン、パッティー・ケラー、カーラとマイク・スタチュラー

SUBJECT: Huron County Health Unit - Health Concerns from IWT’s


2016年3月1日に、ヒューロン郡保健部門は
潜在的な人口の健康被害を調査するために
彼らの立法義務を踏まえて、
風力タービンの潜在的な健康影響に関する
住民の懸念を調査しますと述べました。



保健部門は、2016年5月に
オンラインおよび紙による調査を開始する予定です。



調査についての情報は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)が
懸念を調査するための
次のステップを決定するのを助けます。


保健部門スタッフは、
2016年4月に
レポートの一部として保健委員会に、
彼らの行動計画を提示します。


HCHU(ヒューロン郡保健部門)は
産業風力タービン(IWTs)の近くに住むことから、
健康への悪影響を説明する
HCHU(ヒューロン郡保健部門)への
ヒューロン郡の多数の住民からの対応の結果として、
この決定を下しました。


代表団は、2016年3月3日に
ヒューロン郡保健委員会に
プレゼンテーションをするためにつくられました。

我々の代表団が
HCHU(ヒューロン郡保健部門)によって
情報と決定に健康調査を続行することを
要求していたように、
HCHUは2016年3月1日に2つの会議を予定しました。


2016年3月1日の最初の会議は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
2015年の秋に公衆衛生オンタリオ州で開発された
苦情の追跡フォームをさらに議論するために
カルメンクローグと会談しました。


クラーク博士とカルメンクローグは
2014年に『Safe Wind Energy for All Residents 』
(SWEAR) によって紹介されたので、
一緒に働いています。



その日の後になって、
HCHU(ヒューロン郡保健部門) -
ジャニスオーウェン博士(保健医療・オフィサー)、
エリカ・クラーク博士(疫学)と
ジーン・ガイ・アルバート博士(環境衛生)は
ジャンヌ・マレーディ、ジェリー・ライアン、
カーラとマイク・スタチュラーに会いました。


その会議で、HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
産業風力タービンからの健康苦情に関して
調査を実行する彼らの計画を詳述しました。


以下は、概要です。


▼フェーズ1

保健部門は、
風力タービンの苦情を追跡するための
調査を展開しています。

カルメン・クローグと
ターニャ・クリスティディズ(ウォータールー大学)が
調査を展開することに関与しています。



少数の影響を受けた個人(5-10)は、
2016年4月のパイロットテスト段階の間、
調査の展開について提案することになります。


調査は(FluidSurveyを使って)、
電子的に利用できるようになります
また、紙の調査も利用できます。

調査は、2016年5月に開始されるものと予想されます。

参加したい人々は、
最初に保健部門に名前を登録する必要があります。

最初のインタビューは、
エリカ・クラーク博士や
さらなる保健部門スタッフによって行われます。


▼注:

この調査で提供される情報は、
個人によって所有されます。

これは、保健部門が
それらの反応を提供した人から許可なしで
個々の反応を分けることができないことを
意味します。


人が調査から撤退したいときは、
彼らには保健部門に彼/彼女が提供した
情報の全てを削除するよう依頼する権利があります。

集計(集められる)データだけは、発表されます。


登録は、年齢、性別、住所、
IWTsが設置される前に存在していた健康状況、
どのくらい多くのIWTsが家から見えるかなどの
質問の最初のシリーズに答えることが必要です。

そして、これらの最初の質問は
風力タービンの苦情追跡の一部ではありません。

調査を完了した後に、
個人は、彼らだけに知られている
個人のコードを受けます。


苦情追跡調査に情報を入れるとき、
最初のインタビューに含まれる情報を
入力する必要がないように、
彼らは個人のコードを使用します。


個人が悪影響を経験しているとき、
彼らは調査をオンラインで、または、紙で
全ての項目に記入します。

調査は、コードなしで
アクセスされることができます;
しかし、コードを求める質問があります。


個人のコードは、調査が完了するたびに、
名前、性別、年齢、応対などについての
質問に答えることの代わりです。


調査は、「チック」ボックスと
1-5の「リカート」スケールで構成されます。

調査が完了するまでに
10分もかからないようにする必要があります。

それは、気象状況、騒音の説明
(すなわち、ヒューという音、
ヒューッという音、
ウーという音、ドシン・ドンという音、
ものがくずれたり 衝突する時や
雷・砲などのすさまじい音、
ドーン・ドーンという音、
ビューン・シューッという音、
トーナル・サウンド、その他)、
たとえばその瞬間に経験している健康苦情を含みます


― 頭痛、耳痛み/圧、耳鳴り、吐き気、不安、
頭と胸の圧力、鼻血、心臓の動悸、高血圧、
めまい、睡眠の性質と量を含む睡眠障害、
シャドーフリッカ、その他。



彼らが健康への悪影響を経験するたびに、
居住者は調査の全ての項目に記入することが推奨されます。

気象等変化している場合、
これは一日に数回までとすることができます。


インターネットへのアクセスを持っていない住民は、
それを完了するために紙のフォームで提供して
後でシステムに入力されます。


情報は、1年間各々の人のために集められます。

健康への悪影響は、多くの場合、
季節の天候パターンに依存しているので、これが必要です。


データは、傾向を決定するために、季節ごとに分析します。

プロセスはオープンで透明で、
その結果は、季節に基づいて一般に公開されます。



HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
人々が困難を経験していると規定することについて
パターンを決定しようとしています。


▼フェーズ2

フェーズ1の結果分析は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)が
調査の次のステップを決定するのを助けます。

保健部門は、次のステップが
同意する参加者の自宅内で、そして、その外側で、
可聴ノイズとインフラサウンド
(超低周波不可聴音)の
音響テストを含むかもしれないと述べました。


この時点ではフェーズ2について
利用可能な更なる情報がないので、
フェーズ2の詳細はまだ開発されています。


オーウェン博士は、
HCHU(ヒューロン郡保健部門)の任務は
紹介医師を指定するための
医療紹介センターの設定は含まれていないと
述べました;


しかし、オーエン博士は、
カルメンクローグは、その問題についての
問い合わせを行っていることを知っています。


照会をする気がある医者が見つかるならば、
地域の医師はさらに試験するために
人々、彼または彼女を照会することができます。




▼タイムライン

HCHU(ヒューロン郡保健部門)は、
調査の開発/テスト段階に参加する気持ちがある
献身的な居住者と通信するために、
「健康影響を受けた住民グループ」から
2人の「連絡窓口」が必要になります。

HCHUは、最初の草案調査が
3月末までには完了すると予想します。

HCHUは、4月から始まる調査を
「テストする」ために、
5-10人の献身的なグループを必要とします。


HCHUは、調査の最終版が5月1日までに利用できて、
長期/一年間調査を5月1日から始めるのを予想します。


▼注:

HCHUは、参加者を見つけるための
最善の方法を問い合わせました。

利害関係のある個人は、―――――で、
または、――――――の電子メールで
HCHUに連絡することができます。


我々はまた、プレス・リリース、
ニュースメディア、ラジオ、新聞、
戸別の、
影響を受けている場所へのチラシ、
さまざまな電子メールのリストと
HCHUのウェブサイトを検討しました。

これは、影響を受けた住民の健康苦情が、
長期的に追跡される
産業用風力タービンに関する
オンタリオ州初の郡保健部門の調査です。


▼注:

オーエン博士は、
これは研究でないと強調しました。
それは、調査です。

それは、因果関係を証明しません。


コミュニティ環境保健問題があるように
見えるとき、
HCHUは調査をすることを要求されます。

HCHUがコミュニティから受け取っている
苦情の数のために、
彼らは、調査をしなければならないと思っています。


保健部門は、調査で
風力タービンに関する判定をしません。

彼らは、潜在的人口の健康に有害なものが
あるかどうか調査しているだけです。



2016年3月3日に、
ジャンヌ・マレーディとジェリー・ライアンは、
ヒューロン郡の住民が経験している
健康影響を詳述するプレゼンテーションをしました。

26の家庭についての記述が、
スクリーンに表示されました。
80人以上が、出席していていました。
立見席以外満員でした。
この委員会は市民がめったに出席しません。


2016年3月3日に、ヒューロン郡保健委員会は、
直接スタッフに
「産業風力タービンにさらされる
ヒューロン郡の市民の健康の苦情の懸念について
『ヒューロン郡の憂慮する市民』の
プレゼンテーションに関して
報告書を作成するように命じる」ことを票決しました。


Gerry Ryan (community representative)
ゲリー・ライアン(コミュニティ代表)

電話番号
e-メールアドレス (省略)

Carmen Krogh
カルメン・クロー

電話番号
e-メールアドレス (省略)

Erica Clark, PhD
エリカ・クラーク博士
Epidemiologist, Huron County Health Unit
伝染病学者、ヒューロン郡保健部門

住所、
電話番号
e-メールアドレス (省略)



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



============================================

■Huron County Health Unit
Wind turbine investigation
ヒューロン郡保健部門
ウィンドタービン調査

(Home>Reports and Statistics>Wind turbine investigation )
http://www.huronhealthunit.ca/reports-and-statistics/wind-turbine-investigation/

潜在的人口健康に有害なものを調査する
我々の立法上の義務に合わせて、
ヒューロン郡保健部門は、
風力タービンの潜在的健康影響に関して、
一部の市民の懸念を調査しています。

・・・・・

FAQ


私はヒューロン郡に住んでいません、
参加することができますか?


• いいえ、ヒューロン郡の住民だけが、
調査に参加することができます。

あなたがしばらくの間
ヒューロン郡の
風力タービンの近くに住んでいたが、
その後、移動したならば、
あなたの参加の可能性を議論するために
保健部門に問い合わせしてください。


いつ、調査は始まりますか?

• 我々は、2016年5月に調査を開始します。

・・・・・・

いつ、調査結果は、利用できますか?

• 結果は、調査を通して利用可能となります。

フェーズ1の間に、調査結果は、
季節ごとに分析されて、
市民に対して利用可能にされます。


■Wind Turbine Investigation Registration
風力タービン調査登録

http://fluidsurveys.com/s/IWTinvestigation/



===========================
さらに関心を深めるために
===========================

■Huron East Against Turbines (HEAT)
タービンに反対するヒューロン・イースト(HEATグループ)

http://heatont.blogspot.jp/

-------------------------

■Huron East
ヒューロン・イースト公式ウェブサイト

http://www.huroneast.com/

-----------------------------------------------





□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-24 : ○オンタリオ州:ヒューロン郡風力タービン健康調査 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<1-ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題>1-ロードアイランド州:居住者は、タービンで問題について苦情を言う…町の騒音規制によって、過度の騒音が生活の質を低下させる…カレン・カールソン議員  // New⇒2017年7月30日(日)おとしんの,懇親会が決定しました | New⇒WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発










<1-ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題>




2017年3月23日




1-ロードアイランド州
◇Residents complain of issues with turbines
居住者は、タービンで問題について苦情を言う

(The Coventry Courier | 2017年3月23日)
http://www.ricentral.com/coventry_courier/
residents-complain-of-issues-with-turbines/
article_32004724-1028-11e7-9df6-5762fa374322.html



Kendra Lolio



COVENTRY コベントリー –



風力エネルギー開発社
(Wind Energy Development)の
新たに設置された風力タービンに関する
彼女の地区の有権者からの懸念が
高まっていることを引用して、
カレン・カールソン議会議員は今週、
町当局に「注意を喚起して聞いてください。」と
公けの嘆願をしました。





第1地区の議員は、
彼女が
タービンに取り囲まれている住民から受け取った
手紙の抜粋を読みました。





フラットリバーロード
(Flat River Road)の居住者は、
「私たちの家の外に座って
平和と静寂を楽しむという我々の夢は
もはや存在しない」と語った。


「私たちは夜にデッキに座り
私たちが聞くことができるのは風車です。

私たちが寝室の窓を開けて、
私たちが聞くことができるのはすべて風車です。

私たちはそれを聞かずに過ごす日はありません。

それから恩恵を受ける人は
それらの風車の影響に対処する必要はありません。」





カールソン氏(Carlson)は
ウエストロングブリッジロード
(West Long Bridge Road)の
もう一人の居住者を引用しました。


彼らはタービンのプロペラからのシャドーフリッカ、
特に夕日のときに問題を経験していると言いました。


住宅所有者は、
町の既存の風力エネルギー条例を引用して、
毎日その時間にタービンを停止するように要請しました。






「シャドウフリッカーのあるとき
シャドウフリッカーの問題をなくすために
風力エネルギー設備を
シャットダウンする必要があります。」と、
条例は読み取ります。


「シャドウフリッカーの存在は、
風力エネルギー施設の
2,500フィート以内の場所
および敷地境界線で測定するものとする。」


※ 2500フィート = 762 メートル 



条例はまた、申請人がタービンを提案するとき、
フリッカーの影響が近隣の資産に
「重大な悪影響」を及ぼさないことの
証明を要求されることを示している。





カールソン氏は、
「私たちがこれについて何をすべきか知りたい」と
語った。

「彼らは納税者です。

彼らはこれらのタービンから何も得ていない、
そして、注意を払って聞く時です。

私たちは今それを行う必要があります。」




カールソン氏はまた、町の騒音規制によって、
過度の騒音が生活の質を低下させると
指摘しています。





「グリーンとウェスタン・コヴェントリーに
引っ越した人たちは、
多くの騒音なしで
田舎のライフスタイルを望むためにそこにいます。」と
彼女は語った。






タウンマネージャーの
グレアム・ウォーターズ氏は、
ゾーニング部門に苦情を言及したこともあり、
ターナーとの問題を経験した住民との
接触を求められたウォーターズ氏は、
(※ 風力エネルギー開発社CEO)
デパスケール氏自身にも苦情を言及していると述べた。




ウォーターズ氏は、
「私は住民に代わって仲裁することについて
に何の不安も抱いていません。」と述べた。

しかし、デパスケール氏が最初に介入して
直接問題を処理し、直接話し合うことができれば、
それが最も有益だと私は思う」




「すでに条例がある場合、
彼が住民のために何かをすることに
頼るべきではない」とカールソン氏は答えた。




ウォーターズ氏は、
タービンは2016年5月に建設されたばかりで、
最近オンラインになったため、
さらなる調査のために
ゾーニング部門に苦情を任せているという。





シャドウフリッカーに関して
カールソン氏に連絡を取った同じ住宅所有者はまた、
彼らの資産に接している湿地からの水が上がって、
風力エネルギー開発社
(Wind Energy Development)が
タービンのパイプを設置した
近くの出入路の部分から氾濫していることを伝えた。


居住者は、道路の浸食が続くことが、
2015年10月に設置された電線管の
露出につながる恐れがあることを懸念した。

個人がデパスケール氏(DePasquale)
(※ 風力エネルギー開発社CEO)に
連絡を取ったとき、
彼らは、新しく設置された道路に
妥当な排水溝が作られると話がありましたが、
実際には作られませんでした。






「風力エネルギー社が建設した暗渠は閉鎖され、
道路を覆う汚れや砂利を洗い流し、
水が道路そのものを逆流して流れるようになった」





カールソン氏は、
風力エネルギー開発社が
この地域の湿地を改正する許可を
出していないため、
環境管理部
(Department of Environmental Management )が
停止と告知を得ることができたと述べた。


彼女はその事件を「憂慮すべきこと」と呼び、
町当局者がその地域の検査を行うように頼んだ。





「ゾーニング関係者がそこに出て、
最終的にこれを見て欲しいと思っている」と
彼女は言った。

「町の誰かが、私たちの土壌浸食の章である
第200章をチェックしなければなりません。」






* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■


New!⇒

7月の懇親会が決定しました。
お気軽にご参加いただければ幸いです。

(おとしん 若林)


2017年7月30日(日)に
おとしんアップキープの,懇親会が決定しました。

場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室A
日時:2017年7月30日(日)

   会場オープン 午前9時45分
   開始     午前10時00分
   終了     午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室A



アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New!! 
ぜひ!⇒

WHOの活動
■Development of WHO Environmental noise guidelines for the European Region
欧州地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発

(WHO> Health topics> Environment and health> Noise Activities )
http://www.euro.who.int/en/health-topics/environment-and-health/noise/activities/
development-of-who-environmental-noise-guidelines-for-the-european-region

WHO/ヨーロッパは、
WHOコミュニティ騒音ガイドラインの
地域のアップデートとして
欧州地域のためのWHO環境騒音のガイドラインを
開発中です。


ガイドラインは、
最近行われた重要な研究を組み込む
環境騒音の健康影響に関する
証拠の見直しが含まれます。


証拠が体系的に検討される健康成果は、
次のとおりです:
睡眠障害、不快感、認知障害、精神的健康と福祉、
心血管疾患、聴力障害や耳鳴りや異常な出産結果。



ガイドラインは、航空機、鉄道、道路、
風力タービンおよび個人の電子機器など、
いくつかの環境の騒音源を評価します。

文書はまた、住宅、病院、教育現場や
公共の場などの特定の設定も検討します。

ガイドラインは、
ノイズレベルの減少に対する提言と
ノイズ緩和の健康上の利益に関する
証拠を検討します。



ガイドラインの開発プロセスは
複雑であり、
WHOとの共同作業の下に、
世界各地からのトップ科学者の作業を伴います。


ガイドラインは、WHO欧州地域に焦点を当て、
環境騒音に関する欧州連合(EU)指令で
使用されるノイズの指標と
互換性のある加盟国にガイダンスを提供します。



2002年のEU指令では、長期暴露の指標として
騒音暴露の年平均指標
(LdenとLnight)を導入しました
これは以前の
『1999年コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン』
使用されるものとは異なります。


■WHO guidelines for community noise
WHO headquarters, 1999
コミュニティ騒音のためのWHOガイドライン
WHO本部、1999

http://www.who.int/docstore/peh/noise/guidelines2.html


■European Union Directive on Environmental Noise (2002/49/EC)
環境騒音に関するEU指令(2002/49/EC)

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A32002L0049

環境騒音の評価と管理に関するこの指令は
騒音暴露の有害な影響を制御し低減するための
行動計画を確立することをEU加盟国に要求します

* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。

※  
調査を歓迎している何人かの専門家と
この分野で若干の専門知識を得て
心配している個人は
パネルのメンバーに、公開状を送りました

その公開状についての詳細を報じる
Sherri Langeさんによる
2016年7月19日付けのブログを
機械翻訳しました。

ご参照いただければ幸いです。

<WHO:改正ヨーロッパ地域のためのWHO環境騒音ガイドラインの開発>

2016年7月19日

ぜひ!⇒
◇Wind Warning to World Health Organization-Europe (turbine health effects in the crosshairs)
世界保健機関(WHO)-欧州への風の警告(照準が定められているタービンの健康への影響)

(Master Resource|2016年7月19日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/europe-world-health-organization-wind-effects/

By Sherri Lange

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4185.html




2017-04-23 : ・ロードアイランド州:コベントリー 風力発電所問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

otosin2011

Author:otosin2011
おとしんアップキープ
「音と振動から生活環境を考える会」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR